ミノルタ SR-1 のこと

2015年7月17日(金曜日)

中学2年生だった1963年の12月のことでした。

兄貴がニッパーの置物が付いたビクターの電蓄(ステレオ)を買ってもらった ある週末でした。
死んだ親父が 「今日は梅田に行くぞ」とわたしに言います。
前々からカメラが欲しいとせがんでいたわたしは、梅田でカメラを買ってもらえると予感しました。
そのまえのテストで良い成績をとって、死んだ母が「そのうちにお父ちゃんがカメラを買ってくれるよ」と言っていたのです。

梅田は、今の大阪駅前第3ビル辺りにあったウオジカメラでした。
写真やカメラに興味がなかった親父は、会社の同僚からカメラの安売りをしていたウオジカメラを聞いていたようです。
そこで買ってもらったのが ミノルタSR-1でした。

わたしは おばあちゃんに買ってもらった東郷堂のホビックス・ジュニアというおもちゃカメラしか使ったことがなく
絞りとシャッター速度が合わせられて ピント合わせが出来るカメラならば どんなカメラでも良かったのです。
でも 親父は会社の写真好きの人から 「これからは一眼レフの時代だ」と聞いていたようで
ウオジカメラの店員さんに 中級の一眼レフが欲しいと言っておりました。
たしか売値が同額だったアサヒペンタックスSV と ミノルタSR-1 の2機種が最終候補になり
わたしがミノルタSR-1に決めたのです。

どちらも格好が良くて明るい55mmF1.8が付いていて だいぶ迷ったのですが
ミノルタSR-1のファインダーの明るさが決め手だったように記憶します。




1
b0069128_2215463.jpg

最初の一眼レフ

これが ウオジカメラで買ってもらった ミノルタSR-1 です

写真では綺麗に写っていますが 9年間使ったら

1. 1/15秒以下はシャッターが切れなくなった
2. レンズ交換時のロックが効かなくなっている
3. ペンタ部をぶつけて凹みができた
4. レンズ前玉に細かい拭き傷がいっぱいある
5. その他 良く触るところのメッキやペイントがはげて真鍮や鉄錆がみえる

というような状態になりました
今では持ち出すこともしませんが 大事に棚のなかで眠っております

■ Micro 60mmF2.8D on Nikon D700





2
b0069128_2222213.jpg

二代目と三代目

左側が 1961年のSR-1二代目で 外付け露出計が付くようになったもの、SR-1の文字は緑色のペイントです
フィルムカウンターは巻き戻しクランク側で Chiyoda Kogaku(千代田光学)の刻印です

右側は 1963年のSR-1三代目で コーナー部が角ばっている、フィルムカウンターはシャッターボタン側に移動し
Minolta Camera Co., LTD の刻印になりました、親父に買ってもらったのはこの型です

そうそう、SR-1には露出計が無いので しばらくは カンジニアリングで露出を決めていましたが
露出不足、露出オーバーばかりで 親父に泣きついて外付け露出計を買ってもらいました

■ Micro 60mmF2.8D on Nikon D700





3
b0069128_22451161.jpg

Auto Rokkor-PF 55mmF1.8

これが ミノルタ自慢の世界初の2層膜コーティングを施した 「緑のロッコール」です
残念ながら この55mmはウオジカメラで買って貰ったものではなく 20年ほどあとに買ったものです

ミノルタSR→NEX のマウントアダプターは持っていないので
ミノルタSR→マイクロ4/3 のマウントアダプターに マイクロ4/3→NEXのアダプターをはかせています

■ FE28-70mm on Sony α7





4
b0069128_22575913.jpg

遠景

いつもの遠景です
F4と 珍しく絞っています

50年以上むかしのレンズとは思えません

■ Auto Rokkor-PF 55mmF1.8 on Sony α7





5
b0069128_233790.jpg

パチリ

眠っていると思って近づいたら おめめをパチリ
絞りはF2.8です

■ Auto Rokkor-PF 55mmF1.8 on Sony α7





6
b0069128_2361723.jpg

レチナ IIc

露出計の付いていないレチナIIc は 50mmF2.8のシュナイダーのクセノン付きです

絞りは 開放で撮ってます

■ Auto Rokkor-PF 55mmF1.8 on Sony α7





7
b0069128_23121773.jpg

ミミちゃん

じっとしておりません
被写体ブレしています

絞りは開放です

■ Auto Rokkor-PF 55mmF1.8 on Sony α7





8
b0069128_2315199.jpg

マミヤ6 KII

オートロッコール55mmに ケンコーのクローズアップレンズNo.2 を付けてみました
息を止めて マミヤ6 KII を撮ってみました

絞りはF5.6まで絞って 最短撮影です

■ Auto Rokkor-PF 55mmF1.8 with Kenko Close-up Filter on Sony α7





9
b0069128_2322188.jpg

世田谷光機

マミヤ6 KII の セコールS 75mmF3.5 のレンズです
マミヤの傘下になるまえで SETAGAYA Koki (世田谷光機)のネームが誇らしげです

絞りは 同じくF5.6

■ Auto Rokkor-PF 55mmF1.8 with Kenko Close-up Filter on Sony α7





10
b0069128_2329131.jpg

SR METER 2

SRメーター2です

これも同じ型ですが 親父に買ってもらった露出計ではありません

買ってもらったヤツは壊れて 御堂筋本町にあったミノルタに修理に出しました
しばらく快調でしたが また壊れてしまいました

これは20年以上あとに 自分で買った中古品です

■ Auto Rokkor-PF 55mmF1.8 with Kenko Close-up Filter on Sony α7





11
b0069128_23372712.jpg

千代田光学

二代目SR-1の CHIYODA KOGAKU の刻印です

千代田光学は ミノルタカメラになる前の社名です
工場は大阪府堺市にありました

F5.6まで絞ると 最近のレンズより良い描写だと思うのは わたしのひいき目でしょうか

■ Auto Rokkor-PF 55mmF1.8 with Kenko Close-up Filter on Sony α7





12
b0069128_23464623.jpg

アクロマティック コーティング

ミノルタ自慢の 2層膜コーティング 「緑のロッコール」です
う~む、美しい

この写真は以前撮ったものです

■ 2013年9月14日 ■ Micro 60mmF2.8D on Nikon D80




****************************
 ■ 2015年7月12日~17日撮影

****************************

ミノルタに幸あれ!











トラックバックURL : http://nakajimaak.exblog.jp/tb/24699925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by gaku0107boo at 2015-07-18 16:29
こんにちわ!
SR-1は私の高校時代に友人が持って私に見せびらかしていたのを思い出しました。
手触りが気持ちよかったのを憶えております。

Auto Rokkor-PF 55mm、私も持っておりますが(私のはF2ですが)、素晴らしい写りですよね。
しばらく保管庫に眠っていましたので、久しぶりに出してあげよかな・・・。^^
Commented by nakajimaakira1948 at 2015-07-18 17:07
岳の父ちゃん さん、こんにちは!

はいっ、わたしも嬉しくてSR-1を 友達に見せびらかしていたものです。
シャッター速度が1/500秒までだったことだけは 人には言わなかったけれど少し残念でした。

Auto Rokkor-PF 55mmの写りは素晴らしく、高かったカラーフィルムは滅多に使いませんでしたが
カラーで撮ったときは 綺麗に撮れたプリントも一緒に持ち歩いて見せびらかしておりました。

「緑のロッコール」、55mmF2も同じ写りでしたねぇ。
ぜひ ロッコール55mmF2を持ち出して 使ってあげてくださ~い。

Commented by 想桜 at 2015-07-18 22:04 x
こんばんは。

ロッコールレンズの描写は、提携前のレンズも含めてライツのレンズに雰囲気が似ている様に思います。
カメラ本体の巻上フィーリングもなんとなく似ている気がします。
だから提携したのでしょうね(笑)
ZEISSがアサヒ→ヤシカに流れた様なビジネスライクな提携ではではなかった様に思います。
実質的な立場は既にミノルタの方が上でしたが、ライツの申し出に対し「喜んで提携しますよ」という感じだったとか。そんなミノルタもコニカも何で無くなっちゃったのか…残念でなりません(涙)せめてレンズだけでも製造を続けて欲しかったです。
Commented by nakajimaakira1948 at 2015-07-19 08:46
想桜さん、おはようございます!

ミノルタの一眼レフの 巻上げとシャッターボタンが同軸のデザインは
1954年のライカM3を真似たものと思います。
巻き上げのフィーリングは だいぶ違いますが。

古いライカのガウス型レンズの特徴は 絞り開放からF2.8ぐらいまでの独特のボケ具合にあります。
古いロッコールは このあたりの絞りでも解像力が良くてフレアーも感じられません。
最近のライカのレンズは 絞り開放からシャープでボケ具合も見るものがありません。

ミノルタはライツとの提携前から M型ライカの部品をライツに供給しておりました。
ライツは部品供給の時代から ミノルタの実力を良く知っていたものと思われます。

カール・ツァイスは、レンズ設計が続けられるのなら 旭光学でもヤシカでもどこでも良かったのでしょう。
旭光学は、ツァイスとの交流を通してだいぶレンズ設計の勉強ができたのでしょうね。
ツァイス設計の旭光学レンズが2~3本、いまでも高値を付けております。


Commented by sabunikon at 2015-07-21 16:46
中島さ~ん、こんにちは。

これがミノルタSR-1なんですね。
高校の先輩たちはSR-101を使っている方が多かったです。
ペンタックスと同じように優しい外観でとても好きなカメラでした。

ロッコールの写りはエモーショナルでドラマティックな感じがします。
M-ロッコール40mmを好んで使っていますが似ている気がします。
Commented by nakajimaakira1948 at 2015-07-21 18:45
sabunikon さん、こんばんは!

はいっ、これがミノルタSR-1です。
このあと New SR-1などが出て、そのあとが TTLが入った SRT-101ですね。
どれもミノルタらしい優しい顔つきでしたが わたしは初期のSR-1が好きでした (^^)

M-ロッコール40mmは、ライツと技術提携していたときのライツミノルタCLの標準レンズですね。
90mmはライツで造りましたが、40mmはミノルタ製とライツ製の両方あり
どちらの写りもマニアの話題になった良いレンズでしたね。
末永く愛用なさってくださ~い。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2015-07-17 23:57 | 55mmF1.8 Rokkor PF | Trackback | Comments(6)