カテゴリ:135mmF2.8 Komine( 1 )

謎のコミネ

2016年3月24日(木曜日)

コミネの名前を知ってる方は 殆どおられないんじゃないでしょうか

むかしアメリカに Vivitar(ヴィヴィター)という写真関係の販売会社がありました
主にレンズを販売しておりましたが 自社工場は持たずに レンズは100%OEMで造ってもらっていました

その Vivitarレンズは どこが造っていたのでしょう
それは Vivitarレンズのシリアルナンバーの 上二桁の数字で判るのです


b0069128_11142566.jpg 


 
 Who made that Vivitar Lens ? の情報です

 【情報はインターネットより】
 

 
 
 シリアルナンバー上二桁28が コミネ製です


今日は このコミネ製のレンズの話しと
Vivitar Auto Telephoto 135mmF2.8 という コミネ製レンズの試写です






b0069128_11312849.jpg

Vivitar Auto Telephoto 135mmF2.8

これがコミネ製のVivitar Auto Telephoto 135mmF2.8です

何の変哲もない普通の135mmです
マルチコーテイングでない事より1975~80年あたりのレンズかと思われます

仕様
レンズ名称:  Vivitar Auto Telephoto 135mmF2.8
レンズ構成:  3群4枚(コーティングの反射より)
マウント:   M42 A/M切り替えレバー付き
コーティング: アンバー・マゼンタ・シアンの単層膜
絞り:     F2.8 - F22
絞り羽根:   6枚
最短撮影距離: 1.5m弱


特筆すべきこととしては、フォーカスリングの回転が 重過ぎでも軽過ぎでもなく
非常に滑らかであることでしょうか

■ 2016年3月21日
■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700





2
b0069128_11412266.jpg

コミネ製 Vivitar 135mmF2.8 on Sony α7

コミネ製ビビター135mm を ソニーα7に付けたところです
とても普通の感じです


コミネをインターネットで調べてみますと

b0069128_11475120.jpg  

  通産省資料
 【インターネットより】



b0069128_11481539.jpg 

 Camerart 資料
【インターネットより】




社名は株式会社コミネで登録され 社長は こみねまんじろう さんでした
小峰か 小峯か 小嶺かなどは判りません

1982年には確かに存在し 1993年には存在してませんね



ところで こんな資料もありました

b0069128_12465071.jpg

【資料は eBayのseller より】

第三節に 面白いことが書いてあるので ちょっと訳してみましょう

コミネにはこんな興味深い話がある
コミネは現在は日東(日東光学)であるが、コミネのミステリアスな情報をもっと聞きたくて
わたしがメールの交換で コミネのチーフエンジニアの一人から聞いた話です
コミネはもともと絹屋さんで、ニコンの顕微鏡的な精密部分の製造下請けを 絹造りの技術を生かして・・・
現在は ・・・ オートフォーカスレンズを造っている



しかし この話はどうもウソのようで
日東光学に電話して聞いた日本人の話しによれば、コミネと日東光学はまったく関係はないそうです



ただし、Vivitar 135mmF2.8の フォーカスリングの回転の 絹を触るような感触は
わたしに「コミネは もともと絹屋さんであった」という話だけは本当かなぁと思わせます

長いコミネの話しは これで終わりです
やはり 謎のコミネですねぇ

それでは ミミちゃんを連れて服部緑地公園へ行ったときの写真に行きます
お供はもちろん、α7と 絹の感触のコミネ135mmF2.8です

■ 2016年3月21日
■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700





3
b0069128_1332137.jpg

いっちに~さんし~

服部緑地公園に着きました

中学生の子供たちが ストレッチしておりました

絞り開放で ピ-キングだけで撮っております
画面中央のグレーの少年にピントを合わせたつもりです





4
b0069128_13401687.jpg

空飛ぶ少年

ドームを撮っていたら 少年が走ってきました
空を飛んでおりますねぇ





5
b0069128_1344092.jpg

くじら か さめ か

いつも撮る くじらかジンベエザメか良く判らんやつです
こいつが嫌いなミミちゃんは あたりにおりません





6
b0069128_1347784.jpg

青田赤道

青田赤道のミミちゃんです

わたし   「何か 言うてみ~」
ミミちゃん 「くぇっくぇっくぇっ」





7
b0069128_13535097.jpg

秘密の公園

いなり山から秘密の公園へ降りてきました

コミネの135mm、絞り開放からコントラストが強いですねぇ





8
b0069128_13564392.jpg

池の底

服部ライディングセンターの前の池が
工事で 池の水がありません

わたしが 手すりから水のない池を眺めていたら
ミミちゃんが 手すりの下を通って 池の底へ行きます

枯葉が池の底に一杯たまっておりました





9
b0069128_1422196.jpg

あおさぎ くん

池の南側には まだ少し水が残っていました
あおさぎくんが エサを探して歩いております

135mmでは あおさぎくんが小さいですねぇ





10
b0069128_1461176.jpg

サッカー少年

小学1年生ぐらいの子供たちが数チーム サッカーをしていました

青いユニフォームの少年の顔にピントを合わせたのですが
半パンツにピントです



**********************************************
 ■ 3~10枚目、2016年3月21日
 ■ Vivitar Auto Telephoto 135mmF2.8 on SONY α7
 ■ 絞り優先オート、すべて絞り開放F2.8

**********************************************



11
b0069128_14113232.jpg

ほんわかミミちゃん

つぎの日、ほんわかしていたミミちゃんを撮ったのですが
後ろの窓が開いていて フレアーがかかったみたいです

 ■ 2016年3月22日
 ■ Vivitar Auto Telephoto 135mmF2.8 on SONY α7
 ■ 絞り優先オート、絞り開放F2.8


*************************************************************
 コミネ製の Vivitar 135mmF2.8 を使ってみました

 どんな写真が撮れるかとワクワクしておりましたが
 PCで見ると コントラストは強いが 解像力は まあまあですね

 やはり日本には既に 旭光学ご自慢のタクマー135mmF3.5や
 トプコール、ニッコール、ロッコールなどの素晴らしい135mmF3.5 があり
 絹の触り心地のコミネも 出る幕はないのでありました

*************************************************************











by nakajimaakira1948 | 2016-03-24 14:40 | 135mmF2.8 Komine | Trackback | Comments(0)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30