カテゴリ:35mmF2.8 Flektogon-ゼ( 2 )

フレクトゴン35mmF2.8で

2016年7月2日(土曜日)

東独カールツァイスの フレクトゴン35mmF2.8です

2本持っています
1本は 古いエキザクタマウントのもので
新品のデッドストックを買いましたが 中玉にわずか曇りがあり写りはフレアーだらけでしたです
フレクトゴン35mmF2.8 白鏡胴
フレクトゴン35mmF2.8 白鏡胴 -2
フレクトゴン35mmF2.8 白鏡胴 -3


もう1本は、くまさんから貰ったフレクトゴンで 黒白ダンダラ模様のプラクティカ(=M42)マウントです
こちらのフレクトゴンは 絞りが開放から絞ることが出来ません
でも 最短撮影距離が18cmで マクロレンズ並みなんですよ
きょうは これを紹介してみましょう

写真は 撮った順番に並べています




1
b0069128_8583893.jpg

フレクトゴン35mmF2.8

ダンダラ模様のフレクトゴン35mmF2.8 は こんなんです

こんなレンズ を 最近はゼブラ模様と呼んでいますが
シマウマより 新選組のダンダラ模様に似ていると思うのですが どうでしょう
ちなみに、むかし日本では こんなレンズはゼブラ模様と言わず ダンダラ模様と呼んでおりました


フォーカスリングは 360度近く回転し 無限遠∞マークのすぐ右に最短撮影距離の18cmが見えています


フレクトゴンの右にあるのは 琢磨くんの49mm径のPLフィルターです
2枚のレンズの1枚を回して 要らぬ光線をカットしているのが良くわかる構造です

■ 2016年6月27日 ■ Ai Nikkor 105mmF2.5 on Sony α7





2
b0069128_917897.jpg

フレアー無いねぇ

この写真 フレアーがありません
50年ぐらい昔のレンズなら 右側からの斜め光線で多少フレアーがかかるのですが





3
b0069128_9262297.jpg

蒸し暑いよぉ~

ミミちゃん 「蒸し暑いよぉ~」
わたし   「だらだらしているから暑いのだ、シャキッとせえ」

ピントは目から外れていますが コントラストは恐ろしく良く写っています





4
b0069128_932067.jpg

郵便局へ

旭ヶ丘団地を通って 旭ヶ丘郵便局へ行きます
うれしいミミちゃんは どこへ行った?





5
b0069128_935237.jpg

朝の団地

朝の旭ヶ丘団地です
こどもを保育園へ預けたおかぁさんが通ります





6
b0069128_938347.jpg

わからないもの

なにか わからないものです
前にも撮りましたが 良くわかりません

廃棄ガスのドレン抜きにしては大き過ぎるし





7
b0069128_9433147.jpg

雨がポツリと

旭ヶ丘郵便局で 株の配当を貰ってニヤリです

空は明るいのに 雨がポツリ
ミミちゃん 帰るよ~





8
b0069128_9491647.jpg

しっぽ下げわんこ

しっぽ下げわんこが 秘密の通路を通って家へと急ぎます
リードをグイグイ引っ張って行きます

雨は大丈夫だから そんなに急ぐなよ





9
b0069128_9561084.jpg

緑になって来た

女房が玄関先で育てている 茶色い植物が少し緑色になってきました
これ何というものでしょうねぇ





10
b0069128_1013139.jpg

フード

セミ判(6 x 4.5cm)の ミノルタ セミPの プロマー75mmF3.5用の純正フードが
ウインザー35の カラーシグマー50mmF3.5に ジャストフィットです

どちらも標準レンズなので まずケられないでしょう

最短撮影距離付近かなと思って距離目盛を見ると まだ35cmでした
最短撮影距離の18cmで撮ったら ブレブレでしたぁ




************************************************
 ■ 2016年6月27日~7月2日
 ■ Flektogon 35mmF2.8 by Carl Zeiss Jena on Sony α7
 ■ 絞り すべて開放F2.8

************************************************









-
by nakajimaakira1948 | 2016-07-02 10:19 | 35mmF2.8 Flektogon-ゼ | Trackback | Comments(4)

2011年6月4日(土曜日)
昨年の12月に くまさんにもらった フレクトゴン35mmF2.8を使ってみました。

このフレクトゴンは 絞り込みレバーが付いているのですが
レバーを押しても絞り込めず マウントから飛び出しているピンを押さえても絞れませんでした(涙)

さては くまさん、壊れているのをくれたな (^^)
でも わたしの古レンズの使いかたは だいたい絞り開放だからええもんね。

この縞々ダンダラ模様のフレクトゴン35mmは カールツァイス・イエナ製で、1960年代に造られたとのことで
フレクトゴン20mm、25mmとともに ダンダラ三兄弟を組んでいました。

ただし資料によると、ダンダラ模様のフレクトゴン35mmは単層膜コーティングで
1975年以降の黒鏡胴のものがマルチコーティングとのことでしたが
このフレクトゴンは縞々のダンダラ模様ですが マルチコーティングが施されております。

さておき フレクトゴン35mmF2.8は、開放ではどんな写りをするのでしょうか。




1
b0069128_16521545.jpg

Flektogon 35mm F2.8 + G1

この写真では良く分かりませんが マルチコーティングが施されております。

縞々のダンダラ模様のフレクトゴンは 単層膜コーティングだそうですが
このフレクトゴンはレンズが改良される直前なのか すでにマルチコーティングです。

わたしの スーパー琢磨28mmF3.5も 名前はスーパーですがマルチコーティングが施されております。
この時代はそのへんは ええ加減であります。


ところでこのフレクトゴン35mmは、5群6枚構成のレトロフォーカスで 最短撮影距離はなんと18cmです。
今なら35mmマクロと言えますね。

そう言えばフレクトゴン三兄弟は みんな最短撮影距離が短いです。
フレクトゴン20mmなんか15cmまで寄れるとのことです。


b0069128_17115243.jpg  【インターネットより】
  フレクトゴン ダンダラ三兄弟

  左奥 フレクトゴン20mmF4
  右奥 フレクトゴン25mmF4
  手前 フレクトゴン35mmF2.8



このフレクトゴン35mmは プラクティカ(=M42)マウントなんですが
ペンタさんのK100Dで使うより MFアシストができる松下さんのG1で使うほうがジャスピンになるので
G1に付けて使っています、そのかわり焦点距離は2倍になって70mmですけんど。


■ Micro 60mm F2.8D + D700
■ スピードライト発光




2
b0069128_1730452.jpg

ブタ小屋

だんだん むかしのブタ小屋になってきました。

なにかにピントが合えばエエと MFアシストを使わずに撮っています。
それでも一応 緑のマトリョーシカ人形を狙っております。

やはりマルチコーティングの威力で 古レンズ特有のフレアーがありませんね、うれぴー




3
b0069128_17401648.jpg

フクロウ

最短撮影距離18cmで撮ってみました

ウィスキーが入っていたフクロウの焼き物です
こわい眼が眠たく写っているのは 息を止めきれずに少しピントがずれたためです

マイクロ フォーサーズに付けて撮りますと 被写界深度の深いマクロレンズのようになりますが
オリジナルの35mmフォーマットなら こうはいきませんね




4
b0069128_17494120.jpg

うすめ

眠っていると思ってソーっと近づいたのに 気配で薄目を開けます
ピントは薄目のなかで~す (^^)




5
b0069128_17561534.jpg

金属塊

バルナックタイプのなかで 最も美しいスタイルを持つと言われる IIIf の軍艦部です
まさに金属の塊という感じです

撫で回すのにはええですが こんな使いにくいカメラは ・・・
まずフィルムが なかなか入りませ~ん




6
b0069128_18156100.jpg

銘板

リコーフレックス ニューダイアの銘板です
ネームプレートと訳さずに 銘板と呼ぶのがふさわしいような彫りの深さですね




7
b0069128_1824164.jpg

柵のすきまから

はいっ、家のなかでのウジウジ写真はおしまい、ここからは屋外です

服部緑地公園の日本民家集落です
いつものように 柵のすきまから撮っています

みどりの葉っぱを多く入れているのは
絞りがF2.8開放から絞れませんので シャッターが最高速度を超えないようにするためで~す




8
b0069128_18324857.jpg

風力計

ペットボトルと細竹で うまく作ってあります
プロペラも ペットボトル製ですね

風が吹くと勢い良くまわり 風の強さが分かります
また 竹にハメ込んであるだけなので 風向きが変わると風力計全体も回ってうまくまわります




9
b0069128_18412577.jpg

麦わら帽子

麦わら帽子の きれいなおねぃさんがおりました


b0069128_18472331.jpg  えへへ、ほんとは こんなんでした






10
b0069128_18514292.jpg

喜ぶワンコ

家に帰ると ワンコが黄色いやつに撫でられて喜んでいました。


うそですよ~
緑地公園管理事務所の入り口を入ったところに こんなやつらがおりました




11
b0069128_1858384.jpg

あごめくれクマさん

ひび割れクマさんが あごめくれクマさんになっています




12
b0069128_1921165.jpg

コムギの世界

いつも下から見上げているコムギの世界は こんなんでしょうか



*****************************************
 ■ 2 ~ 6枚目 2011年5月31日~6月2日撮影
 ■ 7~12枚目 2011年6月3日撮影
 ■ Flektogon 35mm F2.8 + Panasonic G1
 ■ 絞り優先オート、絞り開放 (開放でしか撮れません)
 ■ 露出補正 すべて -1/3EV

*****************************************

絞れるけれど絞らないで撮るのが 古レンズでのわたしの撮りかたではありますが
絞れないので絞らないで撮るのは ちょっとツライですね

でも、最短撮影距離の短さと マルチコーティングの威力で 縞々ダンダラ35mmの実力にうならされました ♪♪♪



おまけ(6月5日追加)
b0069128_1018942.jpg

二線ボケ

フレクトゴン35mmF2.8の近接能力の高さは判りました
後ろボケの具合はどうでしょう
いつもボケのテストに使うところへ行きました

背景の建物(トイレです)の屋根が二線ボケです
やはり解像に力を入れたレンズ、近接が効くレンズは 後ろボケが二線ボケになるようです

■ 2011年6月3日撮影 ■ Flektogon 35mm F2.8 + Pana. G1 ■ 絞り開放











by nakajimaakira1948 | 2011-06-04 06:03 | 35mmF2.8 Flektogon-ゼ | Trackback(1) | Comments(18)