カテゴリ:55mmF1.8 Auto 琢磨( 1 )

オートタクマー55mmF1.8 で

2015年6月19日(金曜日)

まだ ヤフーオークションをやっております

おとつい オートタクマー55mmF1.8が付いた アサヒペンタックスS3がやってきました





1
b0069128_9233265.jpg

トプコンRE2

REオートトプコール58mmF1.8が付いた トプコンRE2です

REオートトプコール58mmF1.8は すでに1本持っているのですが
前玉にクマデで引っ掻いたような3本の傷が走っていて
写りには関係ないのですが レンズを見るたびにガックリ来ており
きれいな58mmF1.8をさがしておりました

ボディのトプコンRE2は、金属製縦走りシャッターのコパルスクェアを搭載して
壊そうと思っても壊れないような頑丈さです

高かった割に 汚いボディとレンズでしたが
中性洗剤・無水アルコール・オキシドール・ベンジンを駆使したら 結構きれいになりました





2
b0069128_936297.jpg

RE姉妹

トプコンREスーパーと並んで RE姉妹が記念撮影をしています

RE2       「おねぃさん、こんばんは!」
REスーパー    「いらっしゃい、あなたもベッピンさんだったのねぇ」





3
b0069128_9421713.jpg

UVトプコール50mmF2

これは もう紹介しておりますねぇ

写りは 先行したUVトプコール53mmF2にだいぶ負けていたけれど
その神々しい美しさを誇っている UVトプコール50mmF2です





4
b0069128_947935.jpg

アサヒペンタックスS3

旭光学が1961年に 始めて完全自動絞りを採用した
アサヒペンタックスS3と オートタクマー55mmF1.8です

こんな綺麗な機体が980円なんて、嬉しいですけれど それ以上にS3が不憫で寂しく感じてしまいます

このオートタクマー55mmは スーパータクマー55mmと見分けが付かないほど似ていますが
絞りの回転が このオートタクマー55mmは 他のタクマーレンズと逆になっています

ちょっと小ぶりな Auto-Takumar の文字と 古風なレンズキャップが時代を物語っております





5
b0069128_1022625.jpg

ヤシカが大きい

さっそく オートタクマー55mmF1.8を ソニーα7に付けて撮ってみました
絞りは開放F1.8です

うんっ? 明る過ぎる? なんで?
えへへ 露出補正が+2/3EVになっておりましたよぉ

それにしても 小型だと思っていたヤシカペンタ J-5 よりも ペンタックスS3は小さかったのですね
マウント周りのエプロンも古風でええです





6
b0069128_1014169.jpg

ラグビーフットボール

露出補正を ±0EVに戻して撮ってみました

うん、よろしい
スーパータクマー55mmF1.8と 見分けの付かない写りですねぇ
オートタクマー55mmF1.8と スーパータクマー55mmF1.8は同じレンズでしょうかね

ラグビーフットボールが黄色く写っているのは
このボールは1998年に南アフリカで買った古いもので 実際に黄色く変色しているからです





7
b0069128_10271557.jpg

新しい首輪

これは さっき撮りました
ミミちゃんが 新しい革の首輪をしているでしょ

やはり 絞り開放です



******************************************
 ■ 2015年6月4日~19日撮る
 ■ 1~4枚目 Micro 60mmF2.8D on Nikon D700

 ■ 5~7枚目 Auto-Takumar 55mmF1.8 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE、絞り開放F1.8

******************************************

絞りリングの回転方向の件ですが 記事中では詳しくは書かなかったですが
オートタクマー55mm1.8を含み 旭光学では標準レンズだけが他のタクマーレンズと逆に
撮影の体勢でレンズを上から見たときに 絞りの開放が左側に来るようになっておりました。

これは次のスーパータクマーから 他のタクマーレンズと同じく
右側に開放が来るように改められました。
標準レンズだけが 絞りの回転方向が逆だというのは どう考えてもおかしいと感じたのでしょう。











by nakajimaakira1948 | 2015-06-19 10:39 | 55mmF1.8 Auto 琢磨 | Trackback | Comments(8)