カテゴリ:200mmF4.5 Canon FL( 1 )

2016年2月5日(金曜日)

キヤノンFTbという 1971年製のカメラをヤフーオークションで1000円で落としたら
なんとレンズが4本も付いて来ました ♪♪♪

付いて来たのは、キヤノンFD50mmF1.4、FL35mmF3.5、FL200mmF4.5と
シグマHigh-Speed Zoom 80-200mm F3.5-4 の4本のレンズでした。

このうち、FD50mmF1.4 と FL200mmF4.5は ほこりを取ったら綺麗になりましたが
FL35mmF3.5 は これぞ白濁レンズという見るも恐ろしいレンズでした。
シグマHigh-Speed Zoom 80-200mm は 2枚目のエレメントに少し曇りが出ていました。

特に綺麗なキヤノンFL200mmF4.5は 全く使わなかったのではないかと思われる程で新品同様でした。


さっそくキヤノンFL200mmF4.5をソニーのα7に付けて 絞り開放の試し撮りです。





1
b0069128_14165615.jpg

新品同様のFL200mmF4.5

1966年9月から造られた 細長いレンズです

仕様は、4群5枚構成、最短撮影距離2.5m、絞り羽根は8枚、フィルター径48mm
コーティングは マゼンタ系とシアン系のきれいな単層膜です

真鍮製と思われ 細長い割に555gと ずっしりしています

写真に行ってみます





2
b0069128_14193594.jpg

園児たち

家の前の公園で遊ぶ おひさま保育園の園児たちです
絞りは開放のF4.5ですが、解像力・色相も良く さすがキヤノンという写りですねぇ





3
b0069128_14214919.jpg

気付いてる?

最短撮影距離は2.5mですので 近寄っては撮れません
昼寝中のミミちゃんも気付かない、うん? 気付いてる?





4
b0069128_14235130.jpg

ぶた仮面

本棚の上のぶた仮面です
200mmの圧縮効果で、もともとぐちゃぐちゃ状態がより一層ぐちゃぐちゃです





5
b0069128_14251919.jpg

電柱

電線がいっぱいで 近寄るのも怖い部分です
でも すずめの夫婦は良くこの上に停まってピーチクパーチクやっております





6
b0069128_14285249.jpg

ニシイチ

キヤノンFL200mmを外に連れ出しました
200mmになると そんなに被写体がありません

くすり屋さんの看板です





7
b0069128_14304895.jpg

サイドミラー

動くものは ピント拡大しているひまはありません
どこかに合うだろうとピーキングだけで撮ったら 働く車のサイドミラーにピントでしたぁ





8
b0069128_14333663.jpg

べっぴんさん

この写真、ピントが甘いです
街中のポスターなんですが 撮っているとき人が通りがかって
べっぴんさんを撮っているのが恥ずかしいので ちゃんとピントを合わせずにあわてて撮ったのです





9
b0069128_14361173.jpg

スキップ

下校時でしょうね、女の子がスキップしながら通りすぎて行きます
ボケ味も良し




ここまで撮って、ふと同じく細長~いタムロン200mmF5.9を思い出しました

親父に買ってもらったminolta SR-1の初めての交換レンズだったんです
わたしがまだ高校生の時、小遣いを貯めてやっと買った交換レンズです
この時のことは2005年の「TAMRONのこと」に詳しいです

全然シャープに写らなかった泰成光学製のタムロン200mmですが棚を探してみました
おお~、あったあった




10
b0069128_14472080.jpg

タムロン200mmF5.9

非常に細身のレンズです

タムロンがまだ泰成光学を名乗っていたころの1965年ころに買いました
このタムロン200mmF5.9自体は 1963年から発売されておりました
ミノルタSR-1では すべての写真がボケボケに写りました

タムロン200mmF5.9の絞りリングを握って思い出しました
2005年の記事を書いたあと グリグリいじくりまくっていると
まず絞りリングが空回りするようになりました
ビスを外して修理していると今度はビスを無くしてしまって
絞りリングだけでなく ピントリングまで空回りするようになってしまったのです

絞りは後玉側から覗くと1段ぐらい絞られた状態(F8ぐらい)で止まり動きません
幸いにピントリングは 距離目盛りを書いたリングが空回りしているだけで
鏡胴を回せばピント調節はできる状態です

2群3枚構成の もともと超安物のレンズが満身創痍だったのです

よしっ、タムロン200mmF5.9を ソニーのα7に付けて撮ってみよう!
どんな写りになるのかなぁ





11
b0069128_14523787.jpg

ベランダより

おお~、なんというシャープネス
色合いもコントラストも言うことがありません

うれしい~ ♪♪♪





12
b0069128_14541926.jpg

公園

外へ持ち出しますと、どこが壊れるか判りません
またベランダから 家の前の公園の葉をカットされた木を撮ってみました

逆光気味でありますが、フードの無いタムロン200mmはフレアーも無く立派な写りをしてくれました

すまんかった、タムロン
むかし何を撮ってもボケボケだったのは あなたのせいでなく わたしの腕が悪かったのです
ちゃんと撮れば綺麗に写るのでした





13
b0069128_1457148.jpg

記念写真

細長~い 200mmレンズを その当時のカメラに付けて記念写真を撮りました

左 キヤノンFX と FL200mmF4.5
右 ミノルタSR-1 と タムロン200mmF5.9



************************************************
 ■ 2016年2月1日~5日撮る
 ■   2~9枚目 Canon FL 200mmF4.5 on SONY α7
 ■ 11 & 12枚目 TAMRON 200mmF5.9 on SONY α7
 ■ 1,10,13枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700

************************************************




おまけ
b0069128_1554070.jpg

細長いレンズ

細長いキヤノンFL200mmF4.5を α7に付けています
今回の2~9枚目は この組み合わせで撮りました


望遠レンズは 絞り開放からしっかり写らねばなりません
むかしの タムロン200mmF5.9も キヤノンFL200mmF4.5もしっかり写ります
おっと、タムロンは1段ぐらい絞られていますのでF8ぐらいになっていますねぇ

■ 2016年2月3日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





おまけ -2
b0069128_17103995.jpg

見るも恐ろしいレンズ

legacyさんから コメントを頂戴しましたので 上で「見るも恐ろしいレンズ」と紹介した
キヤノンFL35mmF3.5をお見せします

恐ろしいでしょ
前玉から2枚目のエレメントが白濁しております

「けっこう描写が柔らかいレンズ」だそうなので そのうちに分解・洗浄してみようと思っています

■ 2016年2月5日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





おまけ -3
b0069128_21204305.jpg

見るも恐ろしいレンズで

純さんから「見るも恐ろしいレンズで そのまま撮れ」とのコメントがありましたので
いやいやながらアップしてみました

やはり白濁が効いて 全面フレアーの画像となりました
しかし これはこれでなかなかの写りではありませんか?

キヤノンFL35mmF3.5は 1968年5月の発売でした
そんなに古くはないレンズですので 絞り開放から解像力はまあまあですねぇ

■ 2016年2月5日 ■ Canon FL 35mmF3.5 at f3.5 on SONY α7





おまけ -4
b0069128_21211705.jpg

キヤノンFD50mmF1.4 で

ええ~い、ついでじゃ
これも一緒に来た 綺麗なキヤノンFD50mmF1.4で 絞り開放F1.4で撮っています

これはすでに定評のあるレンズですので 写って当たり前で 面白くもありませんねぇ

■ 2016年2月5日 ■ Canon FD 50mmF1.4 at f1.4 on SONY α7











by nakajimaakira1948 | 2016-02-05 15:14 | 200mmF4.5 Canon FL | Trackback | Comments(24)