カテゴリ:500mmF8 Tamron 反射式( 1 )

2006年2月1日(水)

銀塩時代の1984年に買った 反射式望遠レンズ TAMRON 500mm F8 で
トリさんを撮りに 服部霊園の池に行ってみました。

D70 は、MFレンズを付けると露出計が働かず 露出はカンなので だいぶデタラメです。

わたしの ローガン・ランシー目玉では 35mm判換算で750mmになるミラーレンズでは
動く トリさんを撮るのは無理ということが わかりました。

それでも 恥ずかしげなく UPしちゃうもんねー (^^)




1
b0069128_23463192.jpg

すずめ

首をかしげて可愛かったけど 露出暗すぎ (涙)




2
b0069128_2349172.jpg

すずめ 3羽

1枚目と同じシーンです、露出を変えて撮りました。




3
b0069128_235055100.jpg

すずめの眼

すずめです (逆から読んだら) すでめずす




4
b0069128_14422955.jpg

すずめを大きく

2mぐらいまで近づいて 大きく撮りました。
やはり 眼ん玉を狙っています。
ピントは紙みたいに薄いです。
ずっとピントを合わしていると だんだん眼が疲れてしまって (涙)

このレンズは 1.7mまで寄れて 望遠マクロが出来るのが うたい文句です。
焦点距離500mmで 最短撮影距離1.7mは、50mmで17cm ということになり
たしかにマクロ撮影が出来ますが 被写界深度が薄すぎて MFではとても難しいですね。

PS) 画像が暗すぎたので VIXで少し明るくしました。




5
b0069128_23573496.jpg

かも -1

距離が離れると 被写界深度もやや厚くなりますが
泳いでいるので MFで眼にピントを合わせるのは 実質不可能ですね。




6
b0069128_2358251.jpg

かも -2

べつに 何ということもない画像ですね _| ̄|○




7
b0069128_0118.jpg

かも -3

ほとんどが 眼にピントが合っていない中で これと次の2枚だけが
マグレ当たりのようです (^^)




8
b0069128_025354.jpg

かも -4

マグレ当たりの2枚目です (^^)




9
b0069128_06077.jpg

あおさぎ

だいぶ離れた 高い樹のてっぺんに いつもの あおさぎ がいました。
あおさぎって あまり可愛ゆい感じのないトリですね。(^^)

撮影距離は50mぐらいでしょうか。
これくらい離れると 撮影は楽ですが トリさんが小さくなります ← 当たり前ですね

背景の樹の枝は 二線ボケの見本のようですね。





********************************
共通データー
■ 2006年1月29日撮影
■ Nikon D70 + TAMRON 500mm F8
■ Manual 露出 (シャッター速度は カン )
■ 三脚使用
■ JPEG、ノートリミング の撮りっぱなしです

********************************

感想は グタグタ書きません
 
全部ピントは 眼をねらいましたが ・・・・ しくしく (泣)
AFミラーレンズ ほすぃ!



追加
b0069128_17304883.jpg

Tamron 500mmF8 + D70

タムロン 反射式500mm F8 と D70の組み合わせです

調べてみたら このレンズは1983年に発売されておりました


■ 2006年4月30日撮影













by nakajimaakira1948 | 2006-02-01 00:20 | 500mmF8 Tamron 反射式 | Trackback(1) | Comments(26)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31