カテゴリ:105mmF4.5 Cassar( 2 )

カッサール105mmF4.5

2014年11月6日(木曜日)

寒くなりましたね
パッチを はきました

寒くなったら古レンズです
今回は 西独ミュンヘンの蛇腹専用レンズ カッサール105mmF4.5です





1
b0069128_948214.jpg

Cassar 105mm 1:4.5

カッサール105mm 1:4.5 は こんなレンズです
外観はシンプルですが ヘリコイドが無いので このままでは引き伸ばしレンズぐらいにしか使えませんね

普通絞りはF4.5~32までで 絞り羽根は14枚あります

西独のミュンヘンにあった シュタインハイルが1959年以前に造ったレンズです

なんで1959年以前に造ったと判るねん?
それは こんな資料があるからです


b0069128_9545299.jpg

SEYMOUR's Bulletin in 1959

アメリカのセイモアの1959年のエキザクタの広告の一部分です
上から4段目が Cassar 105mmF4.5 です

■ 2014年11月5日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700





2
b0069128_104297.jpg

純正レンズキャップ

シュタインハイル純正のレンズキャップです

ホコリだらけに写ってますが 実際は綺麗です

接写が効くキヤノンのG7で ISO1600にして撮ったからノイズが出まくっているのです
Münchenの 「ü」のあとに写っている白いゴミは 本当のゴミですけんど

■ 2014年11月5日 ■ Canon Powershot G7 ■ 接写モード ■ ISO1600





3
b0069128_1020522.jpg

蛇腹にセット

カッサールを蛇腹にセットして エキザクタ→NEXアダプターに付けようとしたら ロックが効きません
中国製の安物アダプターでは ときどきこういう事があるのです

手持ちのトプコン製の中間リングを1枚かましたら ロックが効くようになりました

■ 2014年11月5日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700





4
b0069128_10334067.jpg

三脚にセット

三脚にセットしました
べつに三脚を使う必要はないのですが まず接写をやりますので

3群3枚構成のカッサールは、写真では判りませんが 美しいシアン系の単層膜コーティングが施されています

蛇腹の伸縮を調整してピントを合わせます

ところで 蛇腹とカメラの水平が大きくズレているのに気付かれましたでしょうか?
やっぱり 安物アダプターはアカンですねぇ
まあ 普段は三脚なんか使いませんので 別にええけど

■ 2014年11月3日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700





5
b0069128_1052269.jpg

トプコンPR

105mmF4.5開放で接写してみました
被写体は 日本初のレンズシャッター式35mm一眼レフ トプコンPRのネームプレートです
α7の ピント拡大機能を使っています

なんでトプコンPRを写すねん?
えへへ、トプコンPRは1959年生まれで カッサール105mmと同い歳やもんね

三脚を使っていますので ブレもなく綺麗に写ってますね

■ 2014年11月3日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞り開放





6
b0069128_1101876.jpg

トプコール50mmF2.8

ボディは 買って1週間で壊れてしまったトプコンPRですが
トプコールレンズは綺麗で 使ってほしそ~です

■ 2014年11月3日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞り開放





7
b0069128_11113052.jpg

遠景

三脚をそのまま使って 遠景を F8まで絞って撮ってみました
水平の出ていないのは アダプターがアカンからです

画面中央に1枚ベールをかましたような写りですね
右上の 赤い干し物は綺麗に写っているのに

フィルター径は30mm程度と小さくて トイレットペーパーの芯製のフードも使えません

■ 2014年11月3日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞りF8





8
b0069128_11261011.jpg

シュナイダーのキャップ

また近接写真です
ピントは プラクティカIVの シュナイダーのレンズキャップです

ピント拡大を使いましたが しっかりした解像力と優しいボケが嬉しいです ♪♪♪

■ 2014年11月3日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞りF8





9
b0069128_1133485.jpg

公園の樹

秋になって ばっさり枝を切られた公園の樹です

ピントは 画面中央の白い枝の断面をねらっていますが
やはり画面全体がベールを被っています

手持ち撮影です

■ 2014年11月4日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞りF8





10
b0069128_1142508.jpg

動物会議

手持ちで 動物会議を撮りました

ブレないように ISOを6400に上げていますので ブレはありませんが
狙ったズマロン35mmのレンズ名が あまりシャープに写っていないようです

それと 画面中央のベールが気になります
こんど使うときまでに トイレットペーパーを切って特製フードを作ります

■ 2014年11月5日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞りF8











by nakajimaakira1948 | 2014-11-06 11:52 | 105mmF4.5 Cassar | Trackback | Comments(20)

テッサーとカッサール

2007年7月15日(日)

台風が来ました。
みなさま 大丈夫だったでしょうか。

最近は雨ばっかりで、今回の写真は ぜんぶ家でのウジウジ写真です (涙)

E330に エキザクタ→4/3アダプターを付けて、手持ちの古レンズで遊んでみました。
東独イエナの カール・ツァイス製 テッサー50mmF3.5 と
西独ミュンヘンの シュタインハイル製 カッサール105mmF4.5 です。



1
b0069128_9563869.jpg

Tessar 50mm F3.5 / Carl Zeiss Jena

東独ツァイス・イエナで1952年から76年まで生産された テッサー50mmF3.5です。
とても小さな可愛いレンズですが アルミ削り出しの鏡胴の仕上げは素晴らしく
寸分の誤差も無く丁寧に造られています。
ニコンの古いレンズはヘリコイドのグリースが悪いのか ピントリングがスカスカになるか
硬くなってしまうかどちらかですが、この古いテッサーのピントリングは ねっとりと快適に回ります。

絞りリングは鏡胴の一番前にあり クリックストップがありませんのでヌルリと連続して回り
E330のファインダーを覗いたままでは 幾らまで絞っているのかわかりません。
明るい視野でF3.5開放、やや暗くなってF8~F11、F22で視野が真っ暗というところです。
絞り羽根は15~16枚もあり、絞ってもいつも円形を保ちます。
わたしはあんまり絞らんので5~6枚でもええのですが。

この写真、自分で自分は撮れないので K100D+SIGMA17-70mmで撮っています。

さて、デジタル一眼で テッサー50mmF3.5の写りはどうでしょうか (^^)




2
b0069128_1030156.jpg

テッサー・コムギ

めずらしく一発でコムギの眼にピントが合いました。
ウソです、数枚撮ったなかでピントが合ったのはこれだけでした(;。;)
露出補正をマイナス1EVかけましたが やり過ぎで白い本がやや黄色いです。

それにしても 手ブレしてませんね。
実はE330を買ってから ISOはずっとオートで使っていました。
ISO1600まで設定できるはずなのに ISO400以上には設定できなかったのです。
この撮影の直前に 「ISO感度拡張設定」というのを取説を読んでやってみたのです。
「ああ、でけた でけた(^^)」 と喜んで ISOを640まで上げてそのまま戻すのを忘れていたのです。
それで手ブレが無いのです、しくしく




3
b0069128_10432916.jpg

女房のサボテン

ベランダで女房が育てているサボテンみたいなやつです。

ファインダーがやや暗くなるまで絞りましたので F8ぐらいと思います。
露出補正+0.3EVですが 実際の色に近いです。
これは何故かISO500です。




4
b0069128_10491696.jpg

電柱

ベランダのすぐ前にある電柱にピントを合わせています。
背景がぼんやりボケていますので 絞りは開放~5.6程度と想像してます。
発色に鮮やかさが欠けていますね。
これも何故かISO500です。




5
b0069128_1058274.jpg

SHIMANO

息子が分解してそのままのマウバ(MTB)の部品です。
SHIMANOの文字にピントを合わせたら 合っていました。 ← 奇跡です
これは露出補正マイナス1EVで 見たとおりの色になりました。

どうもE330では、明るい被写体にはプラス補正 暗い場合はマイナス補正が必要です。
いやっ、これはどんなカメラ・レンズで撮っても必要なことでしたね (^^)




6
b0069128_11304739.jpg

わんこ

PCの上に置きっぱなしにされて 「降ろしてくでぇ~」と言っている100円わんこです。
可哀想ぉ~
この写真は ISO640、露出補正マイナス1EV、内蔵フラッシュ発光です ← めちゃくちゃの設定ですね




7
b0069128_11124876.jpg

テッサーでカッサールを撮る

「レンズ交換の前に 次に使うレンズを撮っておけ」 と inamokuさんに教えて頂きました。

アダプターなどを使ってMFレンズを使用しますと exifデーターでは焦点距離が0mm
開放F値が1.0に表示されてしまいますので 後でどのレンズを使って撮ったのか判らなくなります。
それで、次に使うレンズを今付けているレンズで撮っておくと 後でどの写真から
どのレンズに交換したのか判るので とても便利です ← AFレンズをお使いの方は不要ですよ (^^)

この写真も ISO640、露出補正マイナス1EV、内蔵フラッシュ発光 です。
滅茶苦茶の設定というか 前の写真から何も変えていません ← アホですね(;。;)

さて、シュタインハイルのカッサール105mmF4.5 蛇腹専用レンズで~す。
デジタルでの写りは どんなんでしょうか




8
b0069128_11393545.jpg

カッサール・コムギ

くっ、暗い。
そのはずです、露出補正マイナス1EVを 戻すのをずっと忘れているのです。
ISO640の設定も ずっと戻すのを忘れたままです。
ファインダーに露出補正とISOの設定を出すようにして下さい、オリンパスさん!

オリンパス 「露出補正値は ファインダーに ちゃんと出てまっせ~」
わたし   「あっ、ほんまや ちゃんと出てる。 すんまへ~ん」
コムギ   「舌 出してまっせ~」

ふ~む、なかなか柔らかいええ描写です。ウレピー (^^)



9
b0069128_11515420.jpg

接写コムギ

ええ~い、接写じゃ。
あかん、手ブレしてます。
いやっ、被写体ブレかな

わたし 「コムギ、じぃっとせえ~」
コムギ 「じぃっと出来るかぁ~」

35mm判換算210mmF4.5を 手持ちで接写、まあブレるわなぁと諦めました。




10
b0069128_1204533.jpg

ストロボ・コムギ

いや、内蔵ストロボを焚けばイケるはず と諦めずに カシャ、☆ピカッ☆
うっ、気持ち悪ぅ~

これも ISO640、露出補正マイナス1EV、ただ内蔵フラッシュを発光させただけで
設定は9枚目の写真からノータッチでした。 ← まったくアホですね 
すまん、コムギ m(_ _;)m




11
b0069128_12133046.jpg

流し

やっとISO640に気付き ISOオート(100~400自動選択)に設定しました。
これでクッキリ・バッチリかと思って 家の流しを撮ってみました。

アカン、手前の細いチューブを狙ったんですが ピントは後ろのステンレスの太いほうに合ってるし
発色がイマイチどころかイマサンです。

と思ったら露出補正がマイナス1EVのままでした。← ヘタクソの極致でございます




12
b0069128_12243610.jpg

ゆるいサボテン

これは何か?
はい、露出補正を戻し忘れていることにやっと気付き 今度こそと気合いを入れて
サボテンみたいなんを撮ると こんな 「ゆるい写真」 になりました。

chinpikeさんによりますと、最近はコントラストがギンギラギンで シャープな写真よりも
おだやかで柔らかい ゆるい写真が好まれるとの事です。

まあ、美しいボケ味を確かめたことにしておいて下さい。
本当は 単にピント合わせに失敗している(;。;)のですが。
昔の銀塩フィルムでの接写は いつもこんな調子で失敗ばかりだったですよ~




13
b0069128_12345624.jpg

また電柱

青空バック、露出補正ゼロ、ISOオート、これで綺麗にシャープに撮れなければ
このカッサールはドブに捨てようと(本当は絶対捨てませんが)気合いを入れて撮りました。

来ました来ました! ピントが来ました!
画面中央 手前の電話線?上部のガイシにピントが来ています。
ほんとうは うしろの電柱を狙ったんですが (涙)

まあどこかにピントが合ってるので良しと致します(^^;




14
b0069128_12572337.jpg

Cassar 105mm F4.5 / Steinheil Munchen

こんなんをぶら下げて歩いているオッサンがいたら わたしです (^^)


【お勉強】
カッサール105mmF4.5は ミュンヘンにあったシュタインハイル社が50年ぐらい昔に造った
蛇腹専用レンズです。
蛇腹専用レンズというのは、レンズ鏡胴に焦点調節機構が無く ピント合わせは 蛇腹の伸縮で行います。
↑ の写真で言えば、2本のレールの前の方にある丸いノブを回すことにより蛇腹が伸縮して
ピント合わせが可能になります。
だから最短撮影距離というものも特には無く 長い蛇腹を使えばいくらでも近接できることになります。
また無限遠というものも無く、遠い山々を写す場合でもしっかりピント合わせをせねばなりません。
そうしないと datianさんの言われる 「冥王星にピントが合う(焦点が無限遠を超えてしまう)」 という事になります (^^)


シュタインハイル社は1855年に カール・アウグスト・フォン・シュタインハイル博士が起こした光学会社です。
カッサールの他に クルミナー、クルタゴン、キナー(Quinar) など多くのレンズを製造しました。
日本ではライカマウントのキノン(Quinon)が有名な程度で あまりその名を知られておりませんが、
一眼レフの黎明期には M42マウントや エキザクタマウントの多くの名レンズを発表しました。

↑ の写真、Powershot G7で撮りました。




*****************************************
  撮影データー
■ 2007年7月8日~7月15日撮影
■ 2 ~ 7枚目: E330 + Tessar 50mm F3.5
■ 8~13枚目: E330 + Cassar 105mm F4.5
■ 露出: 絞り優先オート
■ 露出補正: マイナス1EV ~ プラス1/3EV
■ ISO640, 500, オート

*****************************************

「ゆるい写真」 ばっかりですんまへ~ん。

E330で古レンズを とっ換えひっ換えして楽しんでいるのですが
D70、K100Dに較べて 明らかにCCDへのゴミの付着が少ないです。
というか、E330にはゴミが付きませんね~。 うれぴーです (^^)












by nakajimaakira1948 | 2007-07-15 13:50 | 105mmF4.5 Cassar | Trackback(1) | Comments(30)