カテゴリ:60mmF128 ピンホール( 1 )

ピンホールレンズの工作

2006年1月9日(月)

「科学のタマゴ」という少年雑誌 2005年2月号の付録の 実験カメラに
ピンホール・レンズ(正確にはピンホール筒でしょうか)が付いていました。
この実験カメラは、レンズ、絞り板2種類、焦点板、ピンホール、フィルム/印画紙など
いろいろ取り替えて楽しめる すごい奴です。

ちょうどD70を買ったあとだったので、何とか このピンホール筒を使って
D70のデジタルで ピンホール写真を撮りたいとずっと思っていました。

親父の葬儀一切が片付き 少し時間ができましたので
D70のピンホールレンズを工作して 試し撮りしてみました。




1
b0069128_15532055.jpg

材料一式

下が実験カメラですが 今回は使用しません。
上右の小さいのが ABS樹脂製の ピンホール筒です。
約0.1mmの穴(写真では小さ過ぎて見えません)が明いていて 2mm程度のフランジが付いています。

上左がNikonの樹脂製ボディキャップ、上中央が 今日ボディキャップに穴を明けたものです。
この穴に ピンホール筒を突っ込んで出来上がりです。
書くと簡単ですが、穴明けが結構大変です。




2
b0069128_16113438.jpg

工具

使った工具は 実はこの二つだけです。ほかに工具を持ってません。(涙)

ねじ用ドライバーで まずボディキャップの中心らしき所に下穴を明けます。
そのあと、大型ハサミの刃で グリグリ拡大して行きます。
穴の偏心ぐあいや真円ぐあいを見ながら ゆっくりとグリグリします。

人間の眼は結構確かですので 何回も確認しながらグリグリやれば うまく行きます。
作業途中 タバコを一服して 出来具合を見ながら またグリグリ。
タバコを吸わずにあわててやると きっと失敗しますよん。




3
b0069128_1623357.jpg

穴が明いたキャップと ピンホール筒

ピンホール筒のフランジで止まるようにし、ヌケ止めはピンホール筒と穴の摩擦力だけです。
そのために、穴は少し小さい目に明け ピンホール筒を無理やりパチンと突っ込むのです。
ピンホール筒とボデイキャップは接着せずに またはずして他のカメラにも使いたいからです。

この丁度良い大きさの穴に仕上げるのが 結構やっかいです。
またタバコを一服して、明いた穴にピンホール筒を押し付け あとどれくらい穴をひろげねばならんかを確認します。
上の写真は ピンホール筒が穴にパチンとはまる様になった状態です。




4
b0069128_16343819.jpg

出来上がり

出来上がって ボディキャップにピンホール筒を パチンとハメこんだところです。
穴は真円にはできなかったのですが ピンホール筒のフランジに隠れて 見ばえ良し。 うれぴー

ここで喜んでしまって 水洗いしなかったことを 後で大後悔します。




5
b0069128_16402420.jpg

望遠

ピンホールとCCDの距離が長いと 望遠になります。

これは リバースリングとアタッチメントリングを使って 望遠ピンホールにしたところです。
後でわかるんですが、コレ付けずに 直接D70に付けた方が 広角になって使いやすいです。

この写真、喜びで手が震え(アル中でかな) ブレてます。でへへ




6
b0069128_1645955.jpg

D70にハメてみる

ピンホールデジカメの雄姿です。

えへへ、なかなかカッコイイと言うか レンズキャップしかハメてないと言うか ・・・
殆どカメラの重量だけで 軽い軽い。 うれぴー (^^)

ところで こんな記念写真を撮るとき ブタ小屋では写す所がないのですねー。(涙)




7
b0069128_16453997.jpg

実験カメラと記念写真

実験カメラと ピンホールデジカメになったD70の 記念写真です。
カメラの下に敷いているのが 少年雑誌 「科学のタマゴ」です。




8
b0069128_16505167.jpg

科学のタマゴ

とても楽しませてもらったお礼に 「科学のタマゴ」のCMです。
学研発行、オールカラー、67ページ、実験カメラの付録付きで 1680円です。

漢字には全部ひらがなルビ付きで タメになる?漫画もいっぱいです。
小学校高学年用の雑誌でしょう。

さあ、ピンホールデジカメで 早速撮ってみよう (^^)




9
b0069128_1657293.jpg

初写し - ベランダから

ぎょえー! 公園の向こうの家が 大きく写っています (^^) ウレピー(^^)
リングを付けて望遠になっています。( 写真-5を 参照願います )

が、画面中央やや右に 強烈なゴミが付いています。
グリグリやった時の 削りカスがボディキャップに残っていたのでしょう。えーん




10
b0069128_1658635.jpg
せんたくもの

ボディキャップ直付けにして広角にしました。
このほうが写りは良さそうです。
花柄がいい色に写っています。(^^)




11
b0069128_16585714.jpg

ヒズミないねー

ヨンサンパーロクの歪はひどいけど、ピンホール写真はレンズが無いので 歪曲がありません。
ゴミは ばっちりクリアーですね。(涙)




12
b0069128_170378.jpg

ご立派な写り

なかなか立派な 写りです。
色も実物どおり 出ています。

ゴミも 大変立派です。 しくしく




13
b0069128_1711698.jpg

ブースカを撮ろう

室内のブースカに挑戦です。

屋外では うっすら景色が見えていたファインダーですが 室内で覗くと全く真っ黒です。
写る範囲は カンで想像します。
露出時間は4秒です。 何年ぶりかで三脚を引っ張り出しました。




14
b0069128_1715412.jpg

コムギを撮ろう

コムギを撮ってみました。
ISOを1600まで上げて シャッター速度をかせぎ 2秒にしました。

2秒でも コムギは当然じっとしていません。
これも 三脚使用です。
ボヤけているぶん ゴミもボヤけていますね。 (^^)




*******************************************
撮影データ
 ■ 2006年1月9日撮影
 ■ 1~ 8枚目 : Panasonic DMC FZ10 マクロ設定
 ■ 9~14枚目 : D70 + 実験カメラ用 ピンホール
 ■ シャッター速度 : 1/2秒 ~ 4秒
 ■ 露出 : 全部 カンです

屋外で ISO400 1秒程度で 適正露出となりましたので
ピンホールのF値は 約128~256程度かと思われます。

レンズ無しのピンホールだけでも 結構写るもんですねー
レンズ屋さん、もっと頑張って貰わんとイケンよー!

だけど このゴミ、ブロワーしゅぽしゅぽ で取れるかなー (涙)

********************************************












by nakajimaakira1948 | 2006-01-09 17:39 | 60mmF128 ピンホール | Trackback | Comments(21)