カテゴリ:50mmF1.8 CZ Pancolar( 2 )

パンカラー50mmF1.8で

2014年5月8日(木曜)

ソニーα7のレンズは 付いてきたキットレンズの28-70mmしかありません
いえっ、交換レンズとして ツァイスの35mmF2.8と 55mmF1.8はあるのですが 高くて買えないのです

それで カールツァイスのパンカラー50mmF1.8を付けてみました

古いレンズは絞りを開放で使ってみたいので 3段落としのND8のフィルターを付けて
ミミちゃんを連れて 二の切り公園までお散歩に出かけました




1
b0069128_1128124.jpg

かっこええスクーター

花屋さんのまえに かっこええスクーターが止まっていました
ええ色のスクーターです
パンカラー50mmは 見たとおりの色を再現しますねぇ





2
b0069128_11321470.jpg

ピントはどこじゃ

ピントはどこじゃ?
手前のトラワイヤーにも合ってませんね

うんっ? 中央上 パンカラー50mmは ミラーレンズみたいな中抜けボケを造るのねぇ





3
b0069128_11354856.jpg

たこやきキャコタ

信号待ちのときに すばやくピントを合わせたつもりでしたが合ってません (涙)
たこやきキャコタ、うしろから読んでも ・・・





4
b0069128_11394792.jpg

本陣

焼鳥 本陣
むかし一回だけここで飲んだことがあります





5
b0069128_11424878.jpg

駐輪場

二の切り公園の駐輪場です
年季のはいった看板ですね





6
b0069128_11444995.jpg

わすれてたよ

わたし   「あんた、黒いから撮るのをわすれてたよ」
ミミちゃん 「どうせ まっ黒です」

ピントはシッポの先です (;。;)





7
b0069128_11494325.jpg
パンカラー50mmF1.8

パンカラー50mmF1.8は こんなレンズです

ツァイスがダンダラ模様のレンズを造ったのは 1960年代の後半から1970年代の初めにかけてですから
このレンズ、かれこれ45~55年ほどまえに造られております

オーバーコッフェンに移った西独カールツァイスは 標準レンズにプラナーの名前を復活させましたが
東独のツァイスイエナは パンカラーでした

まだマルチコーティングになっておらず、薄赤のアンバー系と薄紫のシアン系の単層膜コーティングですが
発色は非常に素直です

同時代の 非Aiニッコール50mmと比べても 解像力は同等、コントラストは優っているように感じます

【追記】2016年6月25日
調べてみましたら このダンダラ模様のパンカラー50mmF1.8は 1969年から造られたそうです





おまけ -1
b0069128_12105421.jpg
おっさんの新しいカメラ

海賊の連中が わいわいガヤガヤ言ってます

船長    「これなんや?」
海賊たち 「あれっ? また おっさん新しいカメラ買ったんかなぁ?」
わたし   「いひひひ」 





おまけ -2
b0069128_12173233.jpg
2段式カメラ

えへへ、ソニーから送ってきたミニチュアα7でした


*******************************************
■ 1~6枚目 2014年4月24日
■ Pancolar 50mmF1.8 with Kenko ND8 on SONY α7
■ 絞り優先オート、絞り開放

■ 7枚目、おまけ-1、-2 2014年4月23日
■ AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700

*******************************************



【おまけ】 もう1枚 パンカラー50mmで撮ったおまけです (2014年5月18日追加)
b0069128_08465648.jpg
蝶ネクタイ

わたしは わんこに服を着せたりリボンを付けたりするのは嫌いなんですが
コムギが散髪屋さんで蝶ネクタイを付けてもらって帰ってきました

♪♪♪ よく似合っているので 記念写真を撮りました

■ 2014年4月25日 ■ Pancolar 50mmF1.8 with ND8 on α7 ■ 絞り開放










 

by nakajimaakira1948 | 2014-05-08 11:45 | 50mmF1.8 CZ Pancolar | Trackback | Comments(6)

2011年7月16日(土曜日)

サマーカットで どこのワンコか判らんようになってしまったコムギを
むかしの パンカラー50mmF1.8で撮ってみました

どこのワンコか判るでしょうか?




1
b0069128_13443485.jpg

あんた どこの子?

金髪が自慢のコムギでしたが
女房に散髪屋さんに連れて行かれて 真っ黒になって帰ってきました

ヨークシャテリアに見えません
シェパードのあかちゃんみたいです




2
b0069128_1403972.jpg

シャープやねぇ

きのう7月15日は8週間に1回の検診で 庄内の脳神経外科病院へ行きました

イエナのパンカラー50mmF1.8を付けて 絞り開放で撮りますと
朝でも7月の強烈な光を受けて 1/4000秒までのG1では 露出オーバーになってしまいます

F2.8まで絞って




3
b0069128_14124228.jpg

元気

病院近くです

コンクリートとアスファルトばかりで 地面は見えません
が、雑草は太陽を求めて わずかな隙間から伸びてきます
元気ですね




4
b0069128_14584292.jpg

スイス

病院からの帰りみちです
薬りを変えたら 悪玉コレステロールのLDLが やっと下がりました ♪♪♪

もうカンカン照りになっていましたので 絞りはF5.6です




5
b0069128_14183191.jpg

ぷファー

今朝です

暑くなるまえにと思って 9時まえに散歩に出ましたが もう十分暑いです
服部霊園で水を飲んで 「ぷファー、うめぇ~」と 言っております




6
b0069128_1423393.jpg

カンテラ少女

ツァイス イエナの標準レンズ、パンカラー50mmも 寄れるレンズです
フィルム面から 35cmまで寄れます

同時代の ツァイス オプトン製の コンタレックスの標準レンズ プラナー50mmF2も30cmまで寄れます
60年代の日本製標準では ミランダと琢磨くんが45cmまで寄れた以外は みな50cm以上でしたね


カンテラ少女が 「あまり寄らないで~」と 恥ずかしがっておりました




7
b0069128_14435137.jpg

いつものミラーで

バッグに入っていても 口を開けてゼーゼーと体温調節をやっています
この格好では 超短サマーカットは判りませんね (^^)



**********************************
    撮影データー
  ■ 2011年7月14~16日撮影
  ■ Pancolar 50mm F1.8 + Panasonic G1
  ■ 絞り優先オート
  ■ 露出補正 すべてマイナス1/3EV

**********************************



おまけ -1
b0069128_1573171.jpg

パンカラー50mmF1.8

東独イエナのパンカラー50mmF1.8です
これも 白黒のダンダラ模様で 1960年ごろに造られたと思われます

ツァイス西独のプラナーと同じく ダブルガウス型の標準レンズです
日本ではなぜかパンカラーは人気がなく プラナーに較べてずっと安く手に入ります

その写りは 西独製プラナーに負けてはいないのですが
鏡胴の造りが コンタレックス用のプラナーなどに較べて大分劣るためでしょうか

■ 2011年7月14日 ■ AF 28-105mm + D700




おまけ -2
b0069128_1581447.jpg

超短サマーカット

散髪した次の朝 散歩に連れ出しました
えらそうに歩いておりますが、2~3分で 「あかん、暑すぎる」 でした

■ 2011年7月11日 ■ Ai AF 35mmF2D + D700











by nakajimaakira1948 | 2011-07-16 15:43 | 50mmF1.8 CZ Pancolar | Trackback | Comments(20)