2005年12月31日(土) 大晦日

2005年9月23日、今年の秋のことです。
jikomannteさんに 強引にブログの世界に引きずり込まれました。
そして 写真を愛する素晴らしい皆様にお会いすることができました。

ブログの使い方も 殆んど何もわからなかったのですが これも全部教えて頂きました。
いま 息子には 「デジタルおやじ」 と呼ばれてます。

jikomannteさん、そして素晴らしい皆様 本当にありがとうございました。 m(_ _)m

来年もよろしく お願いします。
どうぞ良いお年を お迎えください。


さて 今年最後の写真も 家で撮ったウジウジ写真になりました。




1
b0069128_17422127.jpg

Varexに ブタ小屋のブースカを眺めさせる

大好きな Exakta Varex IIa に ブタ小屋にいる ブースカを眺めさせてやりました。

本当は コムギを眺めさせてやりたかったのですが、このカメラ動くものは不得手なのです。

■ 2005年12月31日 撮影
■ 撮ったカメラ + レンズ  : Nikon D70 + 初代SIGMA 28mm F1.8
■ 撮られたカメラ + レンズ : Exakta VX-IIa + Biotar 58mm F2.0
■ 撮られたもの        : ブタ小屋のブースカなど  






2
b0069128_1757218.jpg
 
コムギに PCの中のブースカを眺めさせる

ブースカ時計は いつも大きな声で 「朝日がサンサン おはようさん!」 と言うので
コムギはブースカが大嫌いです。

この写真、コムギの鼻のまわりの毛にピントが合ってます。 ← へたくそ

■ 2005年12月31日 撮影
■ 撮ったカメラ + レンズ  : Nikon D70 + 初代SIGMA 28mm F1.8
■ 撮られたもの        : コムギ と PCの中のブースカなど




来年も、バリバリ恥ずかしげ無く ヘタクソ写真を量産いたしま~す (^^)












by nakajimaakira1948 | 2005-12-31 18:21 | 28mmF1.8 AF SIGMA | Trackback | Comments(12)

ヨンサンパーロク物語

2005年12月28日(水)

ヨンサンパーロク というレンズ ご存知でしょうか。

1963年1月にZoom Nikkor Auto 43-86mmF3.5 が
Nikon F 用交換レンズ初の 普及価格ズームレンズとして 日本光学から発売されました。
また同年 Nikorex Zoom 35 という レンズシャッター式一眼レフに
このレンズが固定装着されて発売されました。
焦点距離の43-86mmから、俗に ヨンサンパーロク と呼ばれました。

それまでは ズームレンズと言えば Auto Nikkor Telephoto 85-250mmF4-4.5 という
バズーカ砲のようなのがあっただけで 一般写真ファンにズームレンズは無縁でした。

Nikorex Zoom 35
b0069128_14313973.jpg


中学の同級生に 金持ちの弁護士の息子がおり、そいつが上のNikkorex Zoom 35 を
持っていて見せてくれました。
minolta SR-1 とその標準 Rokkor 55mmF1.8 を宝物のように使っていた少年の私は
ズームリングを回すと ファインダー像が大きくなったりするのに腰を抜かしたものです。
「いつかは僕もズームを」と思ったこのときが 43-86mmとの最初の出会いでした。

学生時代も就職してからも SR-1を使っていたのですが 低速シャッターのガバナーが調子悪くなり、
1975年に Nikomat FT 50mmF1.4付きを 会社の同僚から安く売ってもらいました。
そして最初に買ったニコンのレンズが あこがれの Zoom Nikkor Auto 43-86mmF3.5 の中古でした。

その写りですが、なんと全く良くないのです。
何を撮ってもキリリとしない。遠くを撮っても近くを撮ってもシャープさがありません。
当時高かった硬調フィルムの TRI-Xで試してみてもシャープに写りません。
Rokkor 55mm F1.8 や Nikkor 50mmF1.4 にボロ負けなのでした。
泣く泣く 1ヶ月の保証期間中に 中古を買ったウオジカメラ梅田に無理言って引き取って貰いました。
後で あるカメラ雑誌をよく読むと 「43-86mmは 解像力が悪く、歪曲収差の見本」と
ボロクソに書かれていました。

まだ続きます。
1980年に EMという絞り優先Auto専用機を購入し Manual専用のFTと2本立てで使いました。
交換レンズも Ai Nikkorを数本揃えて楽しんでいました。
Nikon EM は Ai Nikkor しか使えず、旧型の非Aiレンズ は ハマらなかったのです。
ところが 暫らくして ヨンサンパーロクが Aiタイプになって発売されたのです。
アホですので、「前の43-86mmは中古だった」、「前の持ち主が分解してたかも知れん」
「今度は Aiタイプになってる」、「当然解像力は向上、歪は減少」、「でへへ、新品を買おう」
と今度は新品で買いました。
ついでに 「古いFTや ファインダー倍率の低いEMでは 厳密なピント合わせが出来ない」と
ファインダー倍率の大きい FMも買いました。
その結果は!!!
なんとなんと、何も変わらない。
やはり 近くを撮っても遠くを撮っても、絞っても開いても、モノクロでもカラーでも
どうやってもシャープに写らないのです。
この時ばかりは、Nikonに腹が立ちました。
20年間 カス・ズーム造り続けてるのかと。
自分のアホさ加減もイヤになりました、アホさ加減を忘れぬように このヨンサンパーロクは
売り飛ばさず いまも大事に持っています。

駄文の長文、失礼しました。

それから20数年経ち、今日また 「43-86mm、案外デジタルでは ええのとちがうかな」 と
D70での試し撮りです。




1
b0069128_17435834.jpg

レンズ正面

よく写りそうでしょ
きれいでしょ
新品みたいでしょ
殆んど使わ(え)なかったからです (涙)




2
b0069128_17464996.jpg

最広角43mm状態

もともと Nikonのレンズ屋さん、このレンズを35-70mmにしようと
設計を開始したんですって

あーだ、こーだ とやって 出来上がってみたら、ヨンサンパーロク




3
b0069128_17505480.jpg

最望遠86mm状態

このレンズ、ヒゲがあるでしょ
直進式ズームなんで ヒゲで被写界深度を表せるんです。
絞りの色と、ヒゲの色を合わせて けっこう外観は凝っています。

左手で ズーム兼距離リングを伸ばしてヒネるだけなので ワンタッチズームと呼ばれました。




4
b0069128_1758434.jpg

D70 + ヨンサンパーロク

よく似合っています。

全金属製で450g、ずっしり文鎮みたいです。
D200にだったら もっと似合うかも。 えへへ




5
b0069128_1853658.jpg

レンズが重い

D70が590g、ヨンサンパーロク450gで カメラが前に倒れます。
ふとんの上では わかりませんね




6
b0069128_18113842.jpg

歪曲収差 43mm側 タル型

最広角43mm側の収差です。
43mm側では 歪曲収差は あまり目立たないけど
左の電柱が タル型に曲がっているのがわかります。




7
b0069128_18161239.jpg

歪曲収差 86mm側 糸巻き型

最望遠 86mm側の 糸巻き型収差です。
やはり ものすごい曲がりです。
左の柱、右のPVCパイプ、上の手摺り。

さすが雑誌に「歪曲収差の見本」 と書かれただけのことはあります。




8
b0069128_18281170.jpg

色収差(カラー)

ベランダから 自転車で通りがかった親子連れを 撮ってみました。
ほら、どこにもピントが合ってないように見えるでしょ
シャープさが全くないでしょ

1/640秒ですので手ブレはありません。
置きピンしてますので どこかにピントが合うはずです。

これは激しい色収差に起因していると思います。
画像をクリックして 拡大してみてください。
若い女性の自転車の荷台、もっと激しいのが右上の手摺りの部分です。
ものすごい 色収差が出ています。
これが全ての輪郭をアイマイにして 画像のシャープネスを落としています。

カラーだから色収差が 目立つのでしょうか?




9
b0069128_18392139.jpg

色収差(モノクロ)

モノクロで見ても同じですね。
右上の手摺りは ぼやけて見えるほどです。

色収差は 明暗比の大きな部分の 輪郭に顕著にあらわれますね。
この色収差が ヨンサンパーロクの解像力を落としている最大の原因と思われます。




10
b0069128_18481722.jpg

どんなんなら 良く写るの?

だから このサボテン?のような、明暗比の少ない被写体を撮りますと
色収差が目立たず 解像度を損ないにくそうです。

でも望遠端で撮っているので、左側の柱の 糸巻き型歪曲収差がすごいです。(涙)




11
b0069128_1901440.jpg

ブタ小屋を43mmで

ブースカの向かって左の眼にピントを合わせたつもりです。

眼にピントが来ている感じしませんし、全体にシャープさが足りません。
まあ 色だけは 素直な色が出ています。




12
b0069128_1911045.jpg

ブタ小屋を86mmで

これもブースカの 向かって左眼を狙ってますがシャープネスありません。
特に 物の輪郭がアイマイです。




13
b0069128_19104433.jpg

iPOD nano

ずっとヨンサンパーロクの画像を見たあとに、数年後の SIGMA 28mm F1.8での
画像を見ると シャッキとした解像度を感じます。

やはり単焦点レンズは良いようです。
これも開放で撮っています。


**************************************************
  撮影データー
■ 2005年12月28日撮影
■ No.1~5 : Panasonic DMC FZ10 開放絞り
■ No.6~12 : Nikon D70 + Ai Zoom Nikkor 43-86mm F3.5
( Manual露出、すべて絞り開放、ISOなぜか250 )
■ No.13 : Nikon D70 + SIGMA 28mm F1.8
( 絞り優先Auto、絞り開放 )

**************************************************


そんなわけで、ひょっとしたらと期待した D70によるヨンサンパーロクの試し撮りでしたが
歪曲収差はデジタルでも改善されるはずもなく、解像力の悪さは色収差から来ているものらしく
銀塩による写真と同じような結果になりました。

でも わたしこの「収差の見本」のヨンサンパーロク大好きなんですよー。
D200だったらこのレンズが 絞り優先Autoで使えるし。 D200ほすぃ

ヨンサンパーロク物語、おしまい












by nakajimaakira1948 | 2005-12-28 19:39 | 43-86mm Ai Nikkor | Trackback | Comments(22)

2005年12月27日(水)

私に 人生と言えるものがあるなら 貴方と過ごした あの夏の日々

原曲は スコットランドの古曲です
訳あって イギリスからアメリカへ渡った人が 昔を懐かしんで 歌ったのだろうと想像してます

ときどき 誰もいない時 ギターの爪弾きで歌います
女房の前では この曲 絶対に歌いません

今日は写真なしです
あしたは元気だして 写真UPします
by nakajimaakira1948 | 2005-12-27 22:23 | うだうだ | Trackback | Comments(6)

2005年12月22日(木)

することがないので カメラ棚の整理をしていたら
古い 初代の SIGMA 28mm F1.8 がありました。
AFの奴です。

このレンズは 明るいMF Nikkorの広角が 高くて買えずに泣いていた頃に
SIGMAが安価で出した28mmF1.8で すぐ飛びついて購入しました。
F3等に付けて まだ幼かった息子を撮った記憶がありますので もうカレコレ*20年前のことです。

その後 老眼になったのと、巨大で重そうなAFの Nikon F4 や F5 をみて一眼レフが嫌やになり
一時期 当時バカチョンと呼ばれた気楽なAFの Konica Big-Miniで なんでも撮っておりました。
この頃に 肩肘張らない写真の楽しさを知りました。

それから キヤノンや松下のコンパクト・デジタルを経て、今年の初めに またデジ一眼のD70に
戻ってしまいました。 懲りない性格ですね。(涙)

D70レンズキット購入後は すぐ「レンズ欲しい病」が再発しました。
2、3本AFレンズを買って、SIGMA 28mm もAFであったことを思い出して 引っ張り出してみると
なんと 鏡胴のゴム系塗装が経年劣化して ネバネバ・ズルズルになっています。

使いたい一心で SIGMAにメールし事情を説明すると 
「最悪は 鏡胴の金属が露出するが それでも良ければ無償修理します」 との返事。
送って待つこと1週間 レンズは戻ってきました。
ネバネバ・ズルズルは治っていましたが、印刷だった絞り数値は溶剤で拭いたためか
一部消えかかっていたりしました。

D70で撮ってみると AF合焦は遅いし 画質/発色はイマイチに思えました。
その時は コムギを数枚撮っただけで そのまま棚に押し込み忘れてしまっていたのです。

長い長い説明でしたが その 初代 AF SIGMA 28mm F1.8 を使ってみました。

*2014年11月4日追記
インターネットで調べたら、初代のシグマ28mmF1.8は 1991年の発売でした。





1
b0069128_20531166.jpg

コムギで ピントテスト

コムギを ひざに乗せ最短距離で ピントのテストです。
F1.8開放です。
ちゃんと眼にピントがきてる。
発色もええんでないの。 うれぴー

以前に撮ったときは D70の設定を 出荷状態のままにしていました。
いまは やや記憶色重視、青味を抑える設定です。





2
b0069128_2056259.jpg

FMとボケ

左手で持ったFMにピントを合わせ、片手撮りで ブタ小屋を背景にボケを見てみました。
これも開放です。
まあまあキレイなボケで いい色でてる。 うれぴー

でもFMには ピント合ってないですぅ。




3
b0069128_20573239.jpg

ストーブ犬

ストーブの前から離れようとしない コムギです。
声をかけても 振り向くだけで動きません。 

わたし 「横着者ぉー」
コムギ 「へたくそぉー」

これは眼にピンが来ず 背中あたりに来ています。 これまた絞り開放です





4
b0069128_2131120.jpg

さぼてん?

雪の降った今朝の撮影です。
女房が育てているサボテン???にも、あらい塩のような雪がうっすら。

絞りF2.8です。
わたし あまり絞らんのです。
絞るのなら 明るいレンズ要らんと思っています。





5
b0069128_20521885.jpg

SIGMA 28mm F1.8

これがそのレンズです。
正式名を SIGMA HIGH-SPEED WIDE AF 28mm F1.8 ASPHERICAL と言います。 長すぎるわい

始めは AFだけが発売され、MFファンの要望で 後にMFも発売されました。
58φのフィルター径で ずっしりと重いです。450gぐらいの感じです。

注) この写真は接写の効く Panasonic FZ10 で撮っています。
   (自分で自分は撮れないもーん)





6
b0069128_2121668.jpg

雪のベランダ

今朝は 豊中にしては大雪でした。
これは DX 18-70mm で撮りました。





7
b0069128_219131.jpg

サンダル

ベランダに出て撮ろうと思いましたが サンダルに雪が・・・ やめる

これも DX 18-70mm で撮っています。




*************************************************************
  共通データー
■ 2005年12月20~22日撮影
■  1 ~ 4枚目 初代 SIGMA 28mm F1.8 on Nikon D70
   6 & 7枚目 DX 18-70mm F3.5-4.5 on Nikon D70
■ 絞り優先Auto
■ 5枚目のみ Panasonic DMC FZ10
   
古い初代の SIGMA 28mm F1.8ですが、D70では 35mm判換算で42mmF1.8となり
50mm(換算75mm)よりは使いやすそうです。
ただちょっと わたしには重すぎますね。

*************************************************************












by nakajimaakira1948 | 2005-12-22 23:05 | 28mmF1.8 AF SIGMA | Trackback | Comments(35)

2005年12月18日

月曜日から出勤すると 会社に連絡しました。

歩行練習を兼ねて 寒いのでいやがるコムギを布袋に詰め
きのうの夕方 ひさしぶりに散歩に出てみました。




1
b0069128_1237212.jpg

さむい

めちゃくちゃ寒いです。
かぜもピューピュー。

いつもならまだ 腕白小僧やヨチヨチが いっぱいいる時間なのに
大曽公園には 人がまばらです。
コムギも布袋から 首を出しません。




2
b0069128_12401331.jpg

野球

と思ったけれど、この寒い中で子供達が野球をしていました。

気をつけなさいよ、おじさんみたいに 靭帯痛めるなヨー。
早く帰って温かい お湯割り飲みなさいネー。 ← ?




3
b0069128_12473791.jpg

ここ寒い

ここは風も強く、おまけに暮れてきてホントに寒い。
足も痛くなってきました。




4
b0069128_12525042.jpg

コーヒー屋さん

とっぷり暮れました。

あれっ、この間まで ここドーナッツ屋さんだったのに
いつの間にか コーヒー屋さんに代わってる。




5
b0069128_12563864.jpg

あかちょうちん

車も 帰るの急いでる。

コムギ、ぼくらも早く帰ろう。




6
b0069128_132656.jpg

アボガドあるかなー

近所の八百屋さんです。
わさび醤油のアボガドで 熱いお湯割りを飲んでやろうと
ちょっと入り口を探しましたが 無い。

中まで入ると おばさんに足蹴られそうでやめました。




7
b0069128_1365331.jpg

あっ、帰ってる

車があるので、買い物に出かけていた女房が戻っています。

このあたり駐車場が少ないのです。
わたしも10年くらい前に 駐車場難民になり、
狭い庭を 駐車スペースに改造しました。
カッコいい車ほすぃのですが、ここには入りません。(涙)




8
b0069128_13125371.jpg

ブタ小屋

部屋に帰り着きました。
女房は わたしの部屋を 「ブタ小屋」と呼びます。
別に いいもんねー。

ブタ小屋では落ち着けて 手持ち1/3秒でもブレないもんねー。




****************************************
  共通データー
■ 2005年12月17日撮影
■ Nikon D70 + SIGMA 10-20mm
■ 絞り優先Auto
■ ISO200~400

痛い右足首を かばって歩いていると 腰とか背筋とかが
おかしくなってきました
また足首の痛みも 戻ってきたみたい
コムギも嫌がっていたし 散歩行かねば良かったか知らん

****************************************












by nakajimaakira1948 | 2005-12-18 13:24 | 10-20mm AF SIGMA | Trackback | Comments(18)

去年の京都

2005年12月13日(火)

だいぶ 足首が良くなってきました。

「もう一日 会社休むよ」 って言うと
「もう治っているのでは?」 とゆーような家族の疑わしそうな眼が・・・・。

写真は、去年の9月 急に思い立って フラリと行った京都です。
まだ とても暑い日でした。





1
b0069128_11245333.jpg

ひっそり

清水寺は 観光客や修学旅行生で いっぱい。
裏に廻ると ひんやりした木陰と 斜面に地蔵さんがひっそり




2
b0069128_1131174.jpg

かぜ

暑いので清水から下る坂で 缶ビールを買って飲みながらトボトボ下りました。

とある家の軒先の暖簾が 瞬間のそよかぜで すこし動きました。
八橋屋? あの生八橋なんかの家かな




3
b0069128_113965.jpg

横丁

缶ビールを片手に 八坂神社のほうへ歩いていったら こんな横丁がありました。
出会い頭の 片手撮りですが 手ブレ防止が効いてますね。

西洋人のおばさんとか 人力車のお兄さんとか いろいろ写ってました。




4
b0069128_1147336.jpg

しつこく撮る

缶ビールを石畳において カメラを換えて もう1枚気合を入れて撮ったつもりです。
気合を入れたら、右側の家や街路灯の柱が だいぶ内側に倒れていました。(涙)
わたし、水平・垂直オンチです。




5
b0069128_11584020.jpg

花見小路付近

これ もっとひどい垂直オンチですね。
両手で撮ってるのに。
白い軽装のおばさんと、黒い厚着のお兄さんを入れたかったから あわてて。 ← 言い訳




6
b0069128_1271014.jpg

鴨川

一転 急にかき曇ってきました。

五条側から 四条大橋、下鴨方面を望んでいます。
ここを西に行けば、懐かしい花屋旅館や高瀬川のある木屋町です。




7
b0069128_12143880.jpg

東華菜館

懐かしい東華菜館です。
四条大橋の西詰めにあり、50年前は このビルの左側(東側)から
鴨川の河原に降りて行ったものでした。

懐かしさで 菜館が左に倒れています。 ← また言い訳
通行する人が 大またなのは ポツリポツリと降りだしたからです。





8
b0069128_12232588.jpg

高瀬川

高瀬川沿いに すだれが下がる家が 親戚がやっている旅館花屋です。
50年以上昔、兄貴が伝染病にかかり 私は曽根崎の家から ここ旅館花屋に預けられました。
まだ小学校に入る前だったか忘れましたが とにかく毎日毎日ここの子供達と遊びまくりました。

むかしは高瀬川は 夏にはよく堰き止められて水が引くと ウナギがいっぱいおりました。
川に素足で入り( ヒルに吸われましたが)、手拭いや軍手を使って ウナギを手掴みで捕るのです。
バケツ一杯捕ったウナギは、近所のうなぎ屋さんへ持って行き 蒲焼にしてもらいます。
お礼に うなぎ屋さんには 何匹かウナギをあげます。
蒲焼は花屋に持ち帰り、家族で食べたり お客さんに出したりしました。

ある時は 花屋の子の小学校について行って 教室で女の先生に 「あんた誰? 帰りなさいね」って言われました。
それでも帰らずに 授業中 空いた席に座って遊んでいました。先生も迷惑だったことでしょう。

うぅー、(涙) 懐かし過ぎる。
ここは 母方の祖父の後妻だった 死んだおばあちゃんの実家です。
親戚と言えるかどうかの薄い関係で 今はみんな代替わりしてしまいました。





9
b0069128_12492912.jpg

木屋町

花屋のあるところは 木屋町通りの船頭町というところにあります。
阪急京都線終点の 四条河原町駅のそばです。

裏を流れる高瀬川沿いに 夕方からボンボリに灯がともり・・・。
高瀬川は 幅数メートルの小川で バーやこんな洒落たレストランが連なります。




10
b0069128_12563684.jpg

舞妓さんの酒

清水坂で見た 舞妓さんの酒です。
とても欲しかったのですが 女房に笑われそうで 買いませんでした。

ショーウィンド越しなのでシャープに写っていないのでなく こんな焼き物なのですよーん。




********************************************************
  撮影データー
■ 2004年9月25日撮影
■ Panasonic FZ10
■ Canon IXY D450 ( 4枚目&5枚目のみ )
■ Program Auto
■ ISO Auto

自宅から京都は、車でも電車でも1時間程度で行けます。
でも京都は なかなかうまく撮れません。
今回の写真は デジ一眼を持っていない頃で コンパクト・デジタルで撮っていますが
D70で撮っても まずうまく撮れないだろうと思います。
どこへ行っても懐かし過ぎて 落ち着きがなくなるためでしょうか。← 言い訳です (^^)

********************************************************











by nakajimaakira1948 | 2005-12-13 13:20 | Panasonic FZ10 | Trackback | Comments(20)

にゃんこ

2005年12月11日(日)

左足を痛めて おんもに 行けません。(涙)

今年撮った にゃんこ の写真です。




1
b0069128_910331.jpg

横顔

横顔なかなかベッピンしゃんですね。

このときは、コムギ(わんこ)を布袋に入れて撮っていました。
「ワンコなんか嫌いよ」 とすましています。




2
b0069128_9154957.jpg

正面

しつこく正面にまわると 大分こわい顔で

にゃんこ 「いい加減にしなさいよー」
わたし  「ハイ いい加減にします、よさようなら」
コムギ  「こわー」

服部緑地公園の円形花壇にて 2005年3月26日




3
b0069128_9292039.jpg

黒にゃんこ

夏の早朝です。
チビ黒にゃんこが 木陰で寝ていました。

コムギは怖いので ウゥーと うなりました。
チビ黒は 別に怖がる様子もなくムックリ。




4
b0069128_936055.jpg

アップで撮るの?

にゃんこは 全く落ち着いています。
コムギは ビビってます。




5
b0069128_9413753.jpg

bye-bye

にゃんこ 「なんだ もう帰るのかー、バイバーイ」
コムギ  「 ほっ!」

桜塚の大塚古墳にて 2005年8月16日




  共通データー
■ Nikon D70 + SIGMA 55-200mm
■ 絞り優先Auto
■ 3,4 & 5枚目は 内蔵Speedlight ON












by nakajimaakira1948 | 2005-12-11 09:55 | 55-200mm AF SIGMA | Trackback | Comments(10)

いまこんな状態です

2005年12月10日(土)

おんもに 行けないので、今年撮った写真から数点UPしました。




1
b0069128_10513936.jpg

偶然

なぜか こんな写真を 撮っていました。
いま わたし こんな状態です。(^^:

■ 2005年4月1日撮影 ■ 通勤帰りの地下鉄にて ■ IXY D450




2
b0069128_105999.jpg

No Future

席料不要、消費税込みで この値段にしたので 「わたしに明日は無い」、思わず笑ってしまいました。

■ 2005年4月24日撮影 ■ 阪急池田駅前にて ■ IXY D450




3
b0069128_1163074.jpg

でんわ

中国では携帯電話が 1年に1億個以上売れるとか。

みんな電話好きです。
若いおかあさんは電話に夢中、赤ちゃんは 「早く切れー」って言ってるようです。

■ 2005年3月4日撮影 ■ 湖北省 武漢にて ■ IXY D450











by nakajimaakira1948 | 2005-12-10 11:16 | Canon IXY D450 | Trackback | Comments(6)

靭帯損傷

2005年12月9日(金)

昨夜 同僚と 会社の近くの飲み屋さんで飲んだあと
道路の段差で転倒しました。
帰宅後あまり痛いので 真夜中に豊中市民病院の緊急病棟へ行きました。
レントゲンの結果は 「骨折はしていない」 ということでしたが
急患担当の内科医だったので 詳細は専門医に診てもらえとのことでした。

今朝、近所の整形外科で診察してもらった結果
左足首靭帯損傷(靭帯が伸びている)で
普通に歩けるまでに 約3~5週間とのことです。とほほ

松葉杖では ワンコ連れカメラ散歩 も出来そうにありません。
そんなわけで しばらく 写真のUPは 撮り貯めたストックからになりそうです。

忘年会シーズンです。
みなさまも 十分注意なさってくださいね。
今日は写真無しです。 エェーン











by nakajimaakira1948 | 2005-12-09 12:44 | うだうだ | Trackback | Comments(12)

淀屋橋下車

2005年12月02日(金) 夜の部

朝の ISO1000 のショックを引きずって
通勤帰りに 地下鉄淀屋橋で途中下車してみました。

中央公会堂付近で クリスマスのイベントをしていると
聞いていたからです。

写真は 撮った時刻の順番に 並べています。





1
b0069128_111843.jpg

1. 日本銀行
御堂筋沿いの日本銀行です。
こうして見ると 50mm(換算75mm)の画角は 狭いですね。





2
b0069128_1134887.jpg

2. Christmas電飾
市役所から中央公会堂にかけて 樹に電飾をつけていました。
電飾の下は ハナ金でもあり相当な人出でした。





3
b0069128_1162410.jpg

3. 中央公会堂
おなじみの中央公会堂です。
ライトアップの色が ややどぎつ過ぎますね。





4
b0069128_1185925.jpg

4. 中之島図書館
図書館が 絵筆で描いたように写っています。
まるで合成写真みたいですね。
手持ち1/5秒です。





5
b0069128_1225632.jpg

5. 中之島図書館
こんどは しつこく正面から撮りました。
なにか写真には見えませんね。
全く絵画の趣きです。
手持ち1/4秒です、電飾を見ると手ブレがわかります。
D70のAutoが効いて 肉眼よりもずっと明るく写っています。





6
b0069128_1282197.jpg

6. はし
公会堂の北側にある堂島川にかかる*水晶橋です。
中之島は北側の堂島川と 南側の土佐堀川にはさまれた 中州なのです。

追記)*水晶橋は元々は橋ではなく 堂島川可動堰と呼ばれた浄化のためのゲートでした。
夜間ライトアップの川面からの反射が美しく いつしか水晶橋と呼ばれるようになり
現在では正式に 「橋」になりました。(ネット検索して調べました)





7.
b0069128_1294796.jpg

7. 公会堂全景
堂島川側から 中央公会堂を望みました。





8
b0069128_1312360.jpg

8. 橋脚
6と同じ水晶橋です。
御堂筋側(西側)から見たところです。





9
b0069128_1363425.jpg

9. 御堂筋より
御堂筋の大江橋より 堂島川にかかる水晶橋を望んでいます。
右手に ライトアップされた中央公会堂が小さく見えています。





10
b0069128_1452047.jpg

10. 新地
いわゆる北新地です。
出勤の おねぃさんの後姿が --- 。
うぅーむ、ながい間 新地に行ってないなー。(涙)





11
b0069128_1485267.jpg

11. お初と徳兵衛
曽根崎心中の お初と徳兵衛です。お初天神の中にあります。
わたしはこの近所で生まれ、幼い頃はこの お初天神で ビー玉して遊んだものです。





12
b0069128_1541162.jpg

12. お初天神横丁
お初天神の東側の出口は こんな具合に 飲み屋さんに連なります。
大体ママさん一人とか、板さんと二人とかの小さい店が多いです。





13
b0069128_158031.jpg

13. 観覧車
阪急梅田駅の東側です。
結局、淀屋橋から梅田まで ぶらぶらパチリパチリと歩きました。
はじめは 少し寒かったけれどだんだん暖っかくなり 梅田では汗ばむほどでした。
早く帰って ビール飲もう (^^)




***************************************
  共通データー
■ 2005年12月02日撮影
■ Nikon D70 + 50mm F1.4D ---- 1枚目 & 2枚目
   Nikon D70 + DX 18-70mm ---- 3枚目~13枚目
■ ISO 400 ~ 1600
■ 絞り優先オート
■ 全部 手持ちなので微妙にブレてます。
   4枚目と5枚目は 大分ブレてます。

***************************************

12月6日追記)
6、8、9枚目の橋の名前を インターネットで調べてみました。
水晶橋という橋でした。
橋の「いわれ」を 6枚目に書いておきました。












by nakajimaakira1948 | 2005-12-03 02:17 | 18-70mm DX Nikkor | Trackback | Comments(19)