<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

E330 + ビオター58mmF2

2007年5月31日(金)

E330に 近代のエキザクタ→4/3 マウントアダプターをかまして
Carl Zeiss Jena の ビオター(Biotar) 58mm F2 で撮った写真です。

仕事が忙しくなり しばらくアップできませんが
次回は Kilfitt の Makro Kilar 40mm F2.8 の予定です。




1
b0069128_8595091.jpg

少女とにゃんこ

おとついの夜、アダプターが夜到着しました。

さっそく 暗い自分の部屋で試し撮りです。
エンシー・ローガンの眼での MFは大変です。




2
b0069128_945868.jpg

ぶた小屋

ぶた小屋と呼ばれている部屋です。

ピントは マンモスのお皿のつもりです。
部屋はニコチンで黄色いのですが それにしても少し黄色過ぎます。

キットレンズの14-45mmを WBオートで使っても やや黄色っぽいですので
WBを調整しなければなりませんね。




3
b0069128_9105097.jpg

眠たいのに~

眠りかけていたコムギです。
コイツは小麦色していますので 黄色っぽく写っても わからんでしょう (^^)

フォーサーズでは焦点距離が35mm判換算で2倍になりますので ビオターは116mmです。
あわてたので絞り値が良くわかりません。
ファインダーが明るかったので 開放付近だと思うのですが。



**********************************
  撮影データ
■ 2007年5月29日夜
■ E330 + Biotar 58mm F2
■ 絞り優先オート + 露出補正マイナス 2/3 EV
■ 絞り: 忘れました(涙)

**********************************


(6月2日追加)おまけ
b0069128_7582611.jpg

E330 + Biotar 58mmF2

これで撮りました。
自分で自分は撮れない(;。;) ので
Powershot G7 で撮っています。

ビオターは1946~60年まで連綿と同じ構成で造り続けられた
ツァイスイエナの代表選手でした。

50~60年ぐらい昔のビオターですが、まあ何とか写ることがわかりました。
暗い部屋で撮っていますので 若干の手ブレもあるかも知れませんね。

日曜日から またタイに出張です。
休み無く働くのです、とほほ










by nakajimaakira1948 | 2007-05-31 09:23 | 58mmF2 C.Z. Biotar | Trackback | Comments(16)

祖父と孫 (E330ゲット)

2007年5月26日(土)

数日まえ nakajima家に 新参者が来ました

でも 仲間が待っていたのでした





1
b0069128_1733250.jpg

良う来たのう

E330  「こんにちは、初めまして 僕オリンパスE330 と申します!」
シックス 「おぉ、良う来たのう、わしは オリンパス・シックス じゃ。 お前の祖父にあたる」
E330  「おじいさん、nakajima家ちゅうのは どんなとこですか?」
シックス 「そうじゃのう、あるじはチョビひげのオッサンで チビのわんこが一匹おるわい」
E330  「それで僕ぁ~ どぉーすりゃええのですか?」
シックス 「オッサンはシャープな写真が好きで、シャープでなければ棚に仕舞われてしまうぞ」
14-45mmズーム 「ドキっ、僕プレッシャーかかるなぁ~」
シックス 「アホっ、お前もオリンパス一族じゃろ、頑張らんかい」

てなことを、2006年製のE330レンズキットと 1948年製のクローム・シックスは話しておりました。


【お勉強】
このオリンパス・シックスは通称クローム・シックスと呼ばれています。
第2次世界大戦前の1940年に 高千穂光学(現オリンパス)最初の6X6判蛇腹カメラとして
板金製オリンパス・シックスが誕生し、その8年後の1948年に造られたのが
ダイキャスト(精密鋳造)製ボディに美しい銀色クロームめっきを施した2代目、オリンパス・クロームシックスでした。

高千穂光学自慢の ズイコー(瑞光)7.5cmF3.5搭載のクローム・シックスは、発売まえからものすごい評判になり
全国のカメラ屋さんは発売日の前日に 諏訪にあった高千穂光学の工場へ はるばる汽車で参じて
何台かのクローム・シックスを仕入れて また汽車で地元に戻ったのです。
発売当日は 全国のカメラ屋さんの前に クローム・シックスを求める人々の長い行列ができた
という逸話が残っております。

距離計なし、もちろん露出計なし、セルフコッキング(巻き上げとシャッター・チャージの連係)なし
裏窓でフィルム番号を合わせて巻き止めるという、いわゆる完全手動の原始カメラですが
ピントの合ったところは確かにシャープです。
わたしの個体は 瑞光75mm表面がすこし白内障にかかっていますが
焼酎に浸したティッシュで優しく拭いてやると しばらくは往年の青色コーティングが蘇ります (^^)





2
b0069128_17332495.jpg

待ってたよーん

「僕も 待ってたよ~ん」 と言ってる銀色のレンズは 東独カール・ツァイス イエナの
ビオター 58mmF2 です。

前回の「エキザクタ物語(レンズ編)」のときは、どっか隅のほうに転がっていて
紹介してもらえなかった可哀想なヤツです。
やはりエキザクタ・マウントなので マウント・アダプター使用で E330で使えます (^^)

はやく エキザクタ→4/3のマウント・アダプターを 買わねばなりませぬ





3
b0069128_1954667.jpg

雨の法善寺横丁

昨夜、またK氏と こんなところへ行ってしまいました。

おぉ、これがE330の初写しかぁ~?
それがちがうのです、これはG7で撮りました。
飲んでばかりいるので まだエキザクタ→4/3マウントアダプターが買えないのです(;。;)

今日はE330での初アップ写真用に 服部緑地でコムギを撮ろうと思っていたのですが
二日酔いで家でウジウジ。
E330での写真は まだ写真と呼べる様なものが撮れてまへん、 次回アップいたします。





4
b0069128_1914487.jpg

寝てたと思ったが

さっき撮った写真です。

散歩に連れて行ってもらえないので フテ寝してたんですが
カメラの気配で眼をあけたとろです。




***********************************************************
  撮影データ
■ 1 & 2枚目  2007年5月26日、Panasonic FZ10、ストロボ発光
■ 3枚目    2007年5月25日、Canon Powershot G7、絞り優先オート
■ 4枚目    2007年5月26日、Canon Powershot G7、ストロボ発光

***********************************************************












by nakajimaakira1948 | 2007-05-26 19:28 | Canon Powershot G7 | Trackback | Comments(22)
2007年5月20日(日)

オリンパスからE410が発売されて 前々から欲しかったE330が
急激に安くなってきました。

それで昨日とうとう E330のレンズキットをポチッと買ってしまいました。
今頃は マウスをポチッと押して買うのですね (^^)
今晩あたり届くかしら、わくわくドキドキ

それがなんで エキザクタ物語 - 2 (レンズ編)と関係あるのかと思われるでしょうね。
それが関係あるのです、長い長い話しになります。

一眼レフ黎明期のレンズマウントは エキザクタ・マウントかプラクティカ・マウントが殆どでした。
プラクティカ・マウントは Pマウントとか単にスクリュー・マウントとか呼ばれていましたが
旭光学のペンタックスが採用したことで一気に拡がり 一時はユニバーサルマウントと言われた時期もありました。
現在M42スクリューマウントとか呼ばれて 人気の高いレンズ群です。

以前の2005年10月7日の記事で紹介しましたが エキザクタは自社製のレンズは持たず
ツァイスやその他のレンズメーカーのレンズを付けていました。
昔のレンズメーカーはレンズを開発すると エキザクタマウントとM42マウントの2種類を造って販売しました。
でもエキザクタマウントを採用した35mm一眼レフは、わたしの知ってる限りでは本家の東独製エキザクタと
日本のトプコン(東京光学)の2社しかありません。

エキザクタマウントの良いところは M42レンズと全く同じ有名なレンズでも、
現代では使用できるカメラ自体が少ないので人気が無くなり 価格がずっと安いというところです。


21世紀の現在、エキザクタマウントのレンズが使えるカメラを羅列しますと

1) 東独イハゲー製のエキザクタカメラ、これは本家本元ですので 使えて当たり前ですね
2a) トプコン(東京光学)の一眼レフ、RE-Superなどはエキザクタマウントなので
   そのままエキザクタマウントのレンズが使えます
2b) マミヤ光機の一眼レフ、 MamiyaプリズマットCLP もエキザクタマウントを採用していました
   輸出が主体の機体であったため詳細を良く知りませんが 当然そのままエキザクタマウントのレンズが使えるはずです
3) キヤノンのFDマウントカメラ、Canon F-1、AE-1などにアダプターを付けて使えます
4) キヤノンのEFマウントカメラ、Canon EOS-1 や KISS-Digitalなどにアダプターを付けて使えます
5) ミノルタのSRマウントカメラ、 Minolta SR-1 や X700などにアダプターを付けて使えます
  ミノルタは長年 純正の エキザクタ→SRの マウントアダプターを造っておりましたね
6) ライカのLやMマウントカメラ、 Leica IIIf、M3や Canon-P、コシナBessaなどにアダプターを付けて使えます
   しかし距離計は連動しませんので レンズの距離目盛を利用して 目測でピント合わせをします
7) その他、アルパ、ミランダ、マミヤやコニカの一眼レフも 純正アダプターでエキザクタマウントが使えます
8) フォーサーズマウントのカメラ、オリンパスE300や松下L1などにアダプターを付けて使えます

このうちで現行の一眼レフで使えるのは 3)Canonの銀塩の各カメラ、4)CanonのEFマウントデジ一眼と
8)フォーサーズマウントの オリンパスと松下さんのデジタル一眼レフです。
ただし 4)CanonのEFマウント用のアダプターでは、東京光学製のREマウントは使えません。
全てのエキザクタマウントのレンズが使えるデジタル一眼レフは 8)のフォーサーズだけと言うことになります。


ひひひ、長い話しでしたが 前々からE300やE330などのフォーサーズが欲しかったのは
手持ちの数本の 古~いエキザクタマウントのレンズ達を使いたいためだったのです (^^)

今日は 手持ちの古~いエキザクタマウントのレンズの写真です。
古レンズに興味をお持ちでないかたは アホらしいでしょうが
我慢して見てやってつか~さい 



【追記】2014年11月14日
2013年11月にソニーより フルサイズのミラーレスカメラ α7シリーズが発売されました。
わたしも2014年3月末にα7を入手しました。
エキザクタ→SONY NEXのアダプターを使って エキザクタレンズをフルサイズで楽しんでおります。

【追記】2016年4月5日
2b)で マミヤプリズマットCLPが海外専用機と書いておりますが
そのあと1961年に マミヤプリズマットNPが エキザクタマウントのままで国内発売されています





1
b0069128_1636183.jpg

RE Auto TOPCOR 1:1.4 f=58mm

東京光学が 世界で始めてTTL測光の35mm一眼レフ TOPCON RE Superを発売したときの標準レンズです。
1963年発売ですので もう40年以上前のレンズです。
エキザクタマウントは マウント径が小さいので F1.4の明るさを得るには
他社に較べてより大きな前玉が必要なのでしょう、前玉がデカイです。
また高屈折率のガラスが高価だった時代ですので 標準レンズですが50mmではなく
58mmという焦点距離になっています。

↑ のレンズは、25年ぐらい昔 中古をニューヨークのWoodmereから個人輸入したもので
確か40ドルぐらいでした。
新品みたいに綺麗な個体でしたが、銀塩カラーでは 開放では少し寝ぼけた描写でした。





2
b0069128_16561456.jpg

Kilfitt Makro Kilar-D 1:2.8 4cm

レンズ単体で無限遠から等倍寸前の接写までこなす 開放F2.8のスゴイ奴です。
大きなサカズキのような外観は ただものではないという雰囲気を漂わせます。

リヒテンシュタイン公国という小国の キルフィット社が1960年に世に出したレンズで
わたしが知っている限り、M42、エキザクタ、アルパのマウントがあります。

なおキルフィット社が世界で始めての無限遠~等倍近くまでのマクロレンズを出したのは1955年で
Makro Kilar-E 1:3.5 4cm とMakro Kilar-D 1:3.5 4cm でした。
EとDの違いは シングルヘリコイドとダブルヘリコイドの違いで ダブルヘリコイドのほうが
1:1.1倍までの接写ができます。

安物レンズで写真を撮るのが趣味のわたしですが、このマクロキラーは けっこう高かったです
どうしても使ってみたくて 20年ぐらい前に四日市の辻カメラ商会から買いました。

青色の単層コーティングですが、銀塩カラーでも 少し絞るととてもシャープな描写でした。





3
b0069128_17275633.jpg

Nitto Tele Kominar 1:3.5 105mm

日東光学は1960年代に コミナーという安価なプリセット絞り式の交換レンズを造っていたメーカーです。
でも最初にコミナーの名声を広めたのは 暗室で使う引き伸ばしレンズだったんですよ。

↑ のコミナー 105mmF3.5は、TOPCONやEXAKTAの一眼レフを買った後に
中望遠レンズが欲しかったんですが RE TOPCORは みな高くて買えなかったときに
大阪駅の八百富カメラで見つけた 新品みたいに美しいのに安かったレンズです。
コーティングの反射数から 3群4枚のテッサー型の構成と思われます。

すぐにRE-Superに付けて試し撮り、新品みたいに美しい理由が すぐ判りました。
シャープじゃなかったんですよ (;。;) ← それで前の持ち主は 殆ど使わず レンズが美しい?
でもデジタルのE330なら またちがうかも知れません、楽しみで~す。(^^)

2007年5月26日 追記)
1967年の「カメラ綜合カタログ」で コミナー 105mmF3.5 を調べてみました。
種類:望遠、焦点距離:105mm、明るさ:F3.5、写角:23度、レンズ構成:4群5枚
絞り形式:プリセット、最小絞り:22、最短撮影距離:1.2m、フィルター径:46mm
全長:68mm、最大径:60mm、重量:250g、価格:10,500円(フード・皮ケース付き) でした。





4
b0069128_1747017.jpg

RE Auto TOPCOR 1:1.8 f=5.8cm

これは TOPCON RE Super を中古で買ったときに付いていた RE オート・トプコール58mmF1.8です。

わたしが使ったエキザクタマウントのレンズの中で 一番シャープでした。
それもそのはず、画像平均解像力190本/mmという 驚異の解像力を誇った 旧Topcor 58mm F1.8 を
完全自動絞りにして外装デザインを変えて RE Auto Topcor という名前にしただけですもん。

レンズの前玉にスリ傷が数本ついており 見てくれを気にする 「ええかっこしー」のわたしは
58mmF1.4を個人輸入(昔は海外の通信販売からの購入をこう呼びました)して RE Super に付けたのでした。

58mmF1.4をF2まで絞った描写よりも このレンズのF1.8開放のほうが断然シャープだった記憶があります。
E330で また試してみよう、ひひひ 楽しみです。





5
b0069128_1757118.jpg

Carl Zeiss Jena Tessar 50mm F3.5

写真のカメラ エキザクタ・バレックス IIa に付いていたレンズ 東独イエナのテッサー50mmF3.5です。

これもWoodmereからの輸入です。 
いつの時代のテッサーなのか良く知りませんが
アルミ削り出し鏡胴の仕上げの良さから 1950~60年代のものと想像してます。

カメラのバレックスIIaは 1958年ころの製品ですが、
エキザクタを造ったイハゲー社は レンズは造りませんでしたので、
時代の異なるボディとレンズの組み合わせで売られている事も多いのです。

このレンズは、銀塩白黒ではシャープでしたが カラーでは渋い色でシャープさもイマイチでした。
でも デジタルでは違うかも知れんのですよ~ (^^)





6
b0069128_18173146.jpg

Carl Zeiss Jena Pancolar 50mm F1.8

上の写真のカメラ、1970年製のエキザクタ RTL1000に付いていたレンズ
東独カールツァイス・イエナ製 パンカラー 50mmF1.8 です。

ところでこのレンズは自動絞りになっており、他の古いエキザクタで使うと 絞り開放でしか使えません。
E330でも開放でしか使えないので、何とか後ろのピンを押し込んで固定する工夫が必要です。
接着剤で固定するのが簡単なようですが、接着剤が乾くときに出すガスで レンズが曇るという
うそみたいな話があります。

パンカラーの描写は、新しいだけあって 銀塩カラーでも自然な色でシャープな写りでした。


追記)2008年某月に発見
よく見たら絞りリングの後ろ側(ボディ側)に 絞りを開放にしたり絞ったりする爪がありました。
琢磨のようなAやMの記号もなく ぼんやり見ていると見落としてしまう小さな爪です。
これを絞りこみ側に固定して E330でめでたく Pancolar50mmF1.8が全絞りで使えました (^^:





7
b0069128_18351821.jpg

Steinheil Cassar 1:4.5 105mm

西独ミュンヘンのシュタインハイル社1952年製の 蛇腹専用レンズ カッサール105mmF4.5です。
見るからに超接写が出来そうなレンズなんですが 実際は この付属のベローズでは それほどの接写はできません。
そのかわり蛇腹と併用して 無限遠までの撮影が可能です。
別に自慢になることではなく、蛇腹に付けないと無限遠が出ないレンズなのです。

蛇腹専用レンズは、ピント合わせのヘリコイド機構を省略してあり、蛇腹の伸縮でピント合わせをするのです。

だから(ヘリコイドを省略している分) 一般に蛇腹専用レンズというのは 安いですね。
わたしは安いレンズが大好きなんです (^^)

このレンズをカメラに取り付けて、三脚を使わずに 蛇腹を伸縮しながら風景にピントを合わせていて
写真好きな人に 「蛇腹を使った接写では、三脚を使ったほうが良いですよ」と言われたことがあります (^^)

なかなかカッコいいレンズでしょ。
写りですか? ひひひ、銀塩ではイマイチで~す





おまけ-1
b0069128_196258.jpg

minolta SR→Exakta アダプター

中学2年生の時に なんかで表彰されて、喜んだ親父が買ってくれた ミノルタSR-1の
使用説明書に載っていた エキザクタ→ミノルタSR のマウントアダプターです。
定価千円というのが 中学生にはとても高くて買えませんでした。

おっと、今も近代インターナショナルの エキザクタ→フォーサーズの マウントアダプターが
高いので どうしょうかと悩んでいます。
やはり性格というのは 変わりませんね~ (涙)
でもアダプターを買わんと 初期の目的のエキザクタマウントのレンズ達が使えまへん。 しくしく





おまけ-2
b0069128_1962062.jpg

右手が上

同じく、ミノルタSR-1の使用説明書に載っていた カメラの構え方です。

とても純真な少年だったわたしは、この使用説明書の構え方の写真を見て
カメラは縦位置の場合 右手を上にして撮らなければならんと何回も練習したのです。

それで今でも 縦位置で右手が下のかたを見かけますと 落ち着かないのです (^^)




エキザクタ物語 - 2 (レンズ編) おしまい


********************************
   撮影データー
 ■ 2007年5月20日撮影
 ■ 1枚目~7枚目: Panasonic DMC FZ10
 ■ おまけ1 & 2 : Canon Powershot G7
 ■ 露出: プログラムオート
 ■ ISO: オート

********************************











by nakajimaakira1948 | 2007-05-20 19:35 | Panasonic FZ10 | Trackback(1) | Comments(36)

中之島暮色

2007年5月13日(日)

昨日は土曜日なのに なんたら能力向上研修会に引っ張り出されました。
朝9時から夕方6時まで みっちりです(涙)

でも会場が中之島センタービル、 「ひひひ、これは終わってから夕景が撮れる」 と
カメラを持って(もちろんカバンに隠してですが) 研修会に出かけたのです。

内容はともかく、美人の女性講師だったのと 昼食が美味しかったので
土曜日出勤 許しておきませう。

で、夕景ですが これは内容がイマイチです。
Nikon D70で夕景、夜景を撮るときは 手ブレしないように緊張感を持って撮るのですが
手ブレ補正付きのK100Dでは どうも気楽に構えてしまい イマイチ・イマニー写真が多いです (;。;)

写真は いつものように撮った順番に並べてま~す。




1
b0069128_10524512.jpg



会場は堂島川に面したビルでした。
早く着き過ぎたので ちょっと近くを散歩してみました。
でも あまり撮るようなものがありませんでした。

写真は ややこしい所に係留されて寝ている船たちです。




2
b0069128_1059680.jpg

許して~

研修が終わって 堂島川沿いの遊歩道を御堂筋方面に歩いていました。

牛みたいな怪獣が、Go Go! と快調なおねぃさんに上に乗られて
「ひぃ~、重いよ~、参りました~、許して~」 と ビローンと両手を広げて苦しんでいました。可哀想ぉ~

と思って撮ったんですが、PCで拡大して見ますと 三羽のトリさんでしたよ。
でも 怪獣が苦しんでるように見えるでしょ。




3
b0069128_1114279.jpg

中央公会堂

もう7時前なのに まだ明るいので、いくら待っても車が絶えません。

「おっ、車がいない」 と思ってシャッターを切りましたが ちゃんと次の車が来てました (涙)
もう撮らんも~ん




4
b0069128_11204471.jpg

踏ん張るひと

相撲の行司みたいなチョンマゲのおっさんが 橋の上でえらく踏ん張っていました。




5
b0069128_11234826.jpg

水晶橋たそがれ

いつも御堂筋側から撮る水晶橋ですが この日は東側から撮ってみました。
いつも同じような写真をアップしていると 誰も見てくれなくなるという危機感からです (^^)



6
b0069128_1128762.jpg

機械室?

これも良く撮る 水晶橋のたもとにある機械室みたいなヤツです。
階段を広く入れ過ぎたですね



7
b0069128_11322978.jpg

日本銀行

コレ暗いのにブレてないでしょ。
ISO800で1/40秒、手ブレ補正が付いたK100Dでブレる訳が無いと思われるでしょう。
前後のカットは ブレブレでした (;。;)

御堂筋越しに 道路向いの市庁前から望遠側で撮りました。




8
b0069128_11385183.jpg

えらそうに

片手を腰に えらそうにデカい態度のヤツがおりました。
眼もデカいヤツでした。

大阪市庁前にて




********************************
共通データー
■ 2007年5月12日撮影
■ K100D + SIGMA 17-70
■ 絞り優先オート / プログラムオート
■ ISOオート(200~800自動選択)

********************************

今日は 写真の枚数少ないでしょ。
ろくな写真が撮れなかったからです。 しくしく












by nakajimaakira1948 | 2007-05-13 11:51 | 17-70mm AF SIGMA | Trackback | Comments(29)

コムギ Limited

2007年5月6日(日)

GWは、4連休 / 5月2日出勤 / また4連休の予定でした。

ところが、5月1日の朝、 硬くなったフランスパンを食べていて
うわアゴの皮が少しめくれました。
それで 「ケナログ」 という口腔用のクリーム状の薬を 塗って養生していたのです。
が、その晩に食べた 湯豆腐とウィスキーのロックが決定的に悪かったようで
皮はドンドンめくれて 硬いもの・熱いもの・冷たいもの・アルコール類が食べ飲みできなくなりました。
とほほ
それで5月2日は、体調不良ということにして会社は休みました。

そんな訳で、9連休になりました。
今日の豊中は早朝から雨、どこへも行けそうにありません。

結局、この連休は2勝7敗で終わりそうです。
「勝ち」 は、外へお出かけした日 (^^)
「負け」 は、家でウジウジしていた日 (T_T)

写真は 「勝ち」の日に撮ったものですが もう上あごの皮がめくれた後ですので
イマイチです。




1
b0069128_9392897.jpg

マウバ

早起きして (休みの日は なじぇか早起き出来ますねん)
マウバで服部緑地へ行ってみました。

「マウバ」とは 息子が使っていた言葉で、マウンテン・バイクの略語です。
2~3年前にタイヤ交換してから 一度乗っただけで 久しぶりのマウバでした。

ピントは手前のタイヤ部分ですよん。
金型から出てきたばかりみたいで、凹凸部分にヒゲが残っていますね (^^)




2
b0069128_9504789.jpg

ひみつの公園

息子が幼かったころ、「ひみつの公園」と呼んでいた公園です。
どこが秘密なのかわかりませんが。

コムギは女房のフトンにもぐりこんで寝てましたので 連れてきてません。
一度、肩にコムギ入りのバッグを掛けてマウバに乗ったら
驚いてバッグから飛び出そうとしましたので それからはコムギ肩掛け自転車はやめました。




3
b0069128_959197.jpg

HRC

服部ライディング・センターの前です。

久しぶりに自転車に乗ったら もうお尻りが痛いです。
一時間も乗っていないのにぃ~ (涙)

上あごが痛いし、お尻りも痛くなってきたので もう帰ります。

このちょっとした早朝サイクリング(と言えるんか) をしただけでも
「勝ち=お出かけ日」 にカウントして 2勝7敗です。
最近のタイガースよりは すこしマシか (T_T




4
b0069128_10105775.jpg
 
コムギLimited-1

ひひひ、なんで コムギLimited か わかりますぅー?
わからんでしょ




5
b0069128_10112362.jpg

コムギLimited-2

ひひひ、ペンタックスの FA77mm F1.8 Limited ちゅう銀色のレンズで撮ったから
コムギLimited なんですよ~ (^^)

「え~? 安もんレンズ好きの nakajimaが~?、ウソこけぇー」 と思われるでしょ。
ひひひ、しっかし 本当なのれす

5月4日、ブログ仲間(というか飲み仲間ですね)の kumaさんが服部緑地公園へ
コムギを撮りに来られたのです。

そのとき持って来られたレンズが 三本の Limited 三姉妹(じぇんぶ銀色、ヨダレたら~)で
その中の 77mmを わたしのK100Dに しばらく付けさせて頂いたので~す。

焦ってしまって 設定なんか全部忘れて、プログラム露出のままで撮っていますので
あとで exif データを見たら 絞りは 2枚とも F3.5になっていました。
絞り開放でも 撮っておきたかったですね




********************************************
撮影データ
■ 1~3枚目 Canon Powershot G7
■ 4~5枚目 K100D + FA 77mm F1.8 、 プログラム露出

********************************************

朝10時の待ち合わせ、コムギ撮りのあと わたしはコムギを家に置きに帰って
12時半過ぎに緑地公園駅で再合流、まず中華料理+生ビールで プファー
まだ上あごが痛いので ギョーザをフゥーフゥーふいて冷やして食べました。

それからが大変、なんばに繰り出して カメラ屋さんを何軒か冷やかしてプラプラ・パチリ散歩、
その後 飲み屋さんを二軒はしごして、終電間際の地下鉄なんば駅でお別れでした。

しかしわたしは地下鉄「緑地公園駅」で降りて、kumaさんの御土産の焼酎2本を
駅のコインロッカーから取り出し、タクシーが来ないので 大汗をかきながら焼酎2本を持って
ひと気のなくなった深夜の服部緑地を パチリパチリ(じぇんぶ手ブレでした)しながら
家まで歩いて帰ったのでした。
万歩計は 2万3千歩でした。

ほんとうの外出を この日1日とすれば、 このGWは1勝8敗ですね。
こりゃ 阪神タイガース並みです 

ここまで書いて、空を見ると雨が止みそうな気配です。
コムギ、晴れたら散歩連れていってあげるよ~












by nakajimaakira1948 | 2007-05-06 11:16 | 77mmF1.8 FA Pentax | Trackback | Comments(46)

出勤日と休日と

2007年5月1日(火)

ゴールデン・ウィークですね (^^) 皆様、いかがお過ごしでしょうか?

わたしは 家でごろごろウジウジの連続で~す。
きょうの豊中は 朝から雨が降っております。

写真は、GW直前の4月27日(金)の出勤日と
GW2日目の4月29日(日)に撮ったものです。


【第一部】 出勤日

1
b0069128_1054722.jpg

朝のコスモスクェア

朝の通勤時の 咲洲(さきしま)です。
ビルは左から順に、ハイアット・リージェンシー、ミズノ、WTC ビル です。

右手の赤い花(ツツジですか?)に埋もれているように見えるのは
ワイン・ミュージアムで ワインが飲めます ← 当たり前ですか




2
b0069128_1016682.jpg

くじらのベーコン

はいっ、もう夜になりました。

先々週の金曜日ご一緒したばかりの kumaさん、maehashiさんと
またまた なんばで楽しいオフ会(いや飲み会)でした。
仕事は苦しい、オフ会楽しい (^^:

写真は 懐かし~いクジラのベーコンです。
わたしは大きくなるまで ベーコンと言えばクジラだと思っていました。
初めてブタ肉ベーコンを食べたとき、そのことを言って皆に笑われたのも懐かしい思い出です。




3
b0069128_10315365.jpg

だし巻きたまご (^^)

じゃ~ん、焼きたて あつあつの だし巻きたまご です。
おネギも入ってる。

それも一人に1個づつ、トータル3個、う~ん感動です、うるうる
左側のmaehashiさんのんや、向こう側のkumaさんのんよりも わたしのだし巻きたまごが少し大きい!
また感動、うるうる (T_T)

この夜の飲み会の名目は 「G7オフ会」でした。
わたしがヨドバシで予約したけれど、2~3週間順番待ちと言われたG7の皮ケースを
kumaさんから他店で見つけたと連絡があり 「買っておいてください」と頼んでいたのです。

maehashiさん、事前に「G7オフ会」とご存知なくて ごめんなさい m(_ _;)m
kumaさん、ありがとうございました _| ̄|〇




4
b0069128_10534075.jpg

薩摩白波

ひひひ、薩摩白波の ダブル、オンザロックで~す




5
b0069128_10564630.jpg

逆襲

三人とも良い気持ちで 地下鉄のなんば駅に向かっていたら
(◎◎; 足元の床を叩き割って くじらが グヮ~ンと飛び出しました!

さっき くじらのベーコン食べたから 怒ってはるのん?



*****************************
【第一部】 共通データ
● 4月27日(金)撮影
● Canon Powershot G7
● プログラムオート / 絞り優先オート
● ISOオート

*****************************



【第二部】 休日

6
b0069128_11224566.jpg

火を噴くコムギ

GW2日目の日曜日です。
朝はゆっくり寝て、ブランチを食べながら飲みながら NHK囲碁杯を見て
それからコムギを連れて ブラブラと服部緑地公園への散歩です。

朝から 「散歩行こーよー」 とまつわり付いてたのに、なかなかわたしが腰をあげないので
怒ってスネていたコムギです。
それで、公園へ行く途中の霊園で 引き綱をはずしたとたんに 口から火を噴いています。
と、いう具合に見えるでしょ (^^)




7
b0069128_11314018.jpg

たぬき

いつも撮るたこ焼き屋さんの片隅に
タイガースたぬきが おりましたよ。




8
b0069128_11343484.jpg

合掌造り

先週、出張で飛騨の高山に行ってきました。
そのとき撮った 合掌造りです。

↑ うそでした
服部緑地内にある 日本民家集落です。
柵の中は有料です、これは柵の外から撮ってますので無料です。




9
b0069128_1141154.jpg

ブルー

ペンタックス・ブルー です。
プログラム・オートで露出補正なしですが、いい色が出ました。 うれぴー (^^)
それ以外は べつに何の意味もない写真です。




10
b0069128_11504669.jpg

のらにゃんこ

ムスーとして こっちを向きません。
「これ食べるー?」 と言って 手を出してみても 知ら~ん顔しています。
何にも食べるもの持ってませんけど。

コムギなら 「これ食べるー?」 と言うと なにをしてても すぐこっちを見るんですが。

回転花壇前にて




11
b0069128_1158433.jpg

おねぃさん

きれいな おねぃさんも わんこも もう帰るみたいです。
西日とウンチ袋が印象的でした。

さぁ~コムギ、帰ろうか




12
b0069128_121290.jpg

伊賀屋石材工業所

帰り道にある 石屋さんの倉庫です。




13
b0069128_126274.jpg

皮ケース

ひひひ、首から いいもんブラ下げてるでしょ
皮ケースに入ったG7で~す (^^)

K100Dと G7の2台を首から下げての散歩でした。
普通なら、カメラ2台が ガチンガチン当たって傷だらけになるのですが
このクラシックな皮ケースのおかげで 傷付きませ~ん、うれし~



*****************************
【第ニ部】 共通データ
● 4月29日(日)撮影
● K100D + DA50-200mm
● プログラムオート / 絞り優先オート
● ISOオート(200~800自動選択)

*****************************












by nakajimaakira1948 | 2007-05-01 12:20 | Canon Powershot G7 | Trackback | Comments(34)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31