<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ジュピター 8

2010年3月28日(日曜)

3月26日の金曜日は 定期検診で病院へ行きました。
このまえ行ったと思っていたのに もう2ヶ月経ったのかぁ~。

今回から予約制になったので、朝早くから出かける必要はなくなったのですが
ちょっと撮ってみたいレンズがあったので、やはり朝早くから出かけました。

ロシア製のジュピター8です。
むかし Canon-Pや ライカM3に付けて使いましたが どうもカラー写真ではスッキリしない渋い写りでした。
G1では どんなんかなぁ~



1
b0069128_17152891.jpg

ジュピター 8

外観は こんなレンズです。

ロシア製ですけれど、もとの設計はツアイスのゾナー50mmf2でした。
いやっ、もとの設計は と言うよりも ゾナーそのものと言うほうが良いかもしれませんね。

第2次世界大戦でドイツに勝ったロシアは、ツアイスの図面・製作機械・技術者をひっくるめて自国へ持ち帰り
コンタックスとゾナーなどをそのまま製造したのです。

ロシア語では ジュピター(ギリシャ神話の神・木星の語源)をユピテールと発音します。
ユピテール 8は、モノクロ・フィルムで撮ると結構シャープでしたが
ネガカラーでは どんよりした色相だった記憶があります。

■ 2010年3月28日(日) ■ D700 + Micro 60mmF2.8D ■ 絞り優先オート F8




2
b0069128_17173718.jpg

キングスランド & アムール

絞り優先でF2.8です。
どうでしょうか
う~む、手前の旧家が、いえっ画像全体がフレアーでおおわれているようです。

わたしのジュピター 8は、Zorki-4というライカ型カメラに付いていたもので 製造No.5751515 です。
ソビエト時代の1957年製ですね、この時代のラシアンレンズは製造番号の前2桁が製造年をあらわします。
フードは付いておりませんでした。

■ 2010年3月26日(金) ■ G1 + Jupiter-8 50mmF2 ■ 絞り優先オート F2.8 ■ 露出補正: -1.3EV




3
b0069128_17191153.jpg

原田神社

光線の具合でフレアーは減りました。
色合いは渋いですね、でもなんで露出補正を マイナス1.3EVもかけているんでしょう (涙)


■ 2010年3月26日(金) ■ G1 + Jupiter-8 50mmF2 ■ 絞り優先オート F2.8 ■ 露出補正: -1.3EV




4
b0069128_17201628.jpg

散髪屋さん?

露出を変えずに撮った 桜塚商店街の散髪屋さん?です。

ピントは いちばん手前の椅子の頭部です。

■ 2010年3月26日(金) ■ G1 + Jupiter-8 50mmF2 ■ 絞り優先オート F2.8 ■ 露出補正: -1.3EV




5
b0069128_17214995.jpg

岡町駅

えへへ、ピンボケで~す

これは 背面モニターで撮った画像です
ちゃんとローガン眼鏡をかけてたんですが

■ 2010年3月26日(金) ■ G1 + Jupiter-8 50mmF2 ■ 絞り優先オート F2.8 ■ 露出補正: -1.3EV




6
b0069128_17244887.jpg

あんたっ おまえっ

露出補正を マイナス1.3EVもかけたら 本当の描写が判らんと言われそうですので
マイナス 1/3EVにして撮った画像がこれです。

あんたっ おまえっ と抱き合うやつにピントですが ピントはバッチリですね。
色合いはやはりスッキリしませ~ん

■ 2010年3月28日(日) ■ G1 + Jupiter-8 50mmF2 ■ 絞り優先オート F2.8 ■ 露出補正: -1/3EV




おまけ-1
b0069128_17263779.jpg

桜塚商店街

急に ジュピター50mmがシャープになりました


いひひ、うそです
小さく軽いので持って行った キットレンズでした~

G1に付いてきたのに、ぜんぜん使ってやっておりません 可哀想です
このズームレンズ、ライカ風に バリオ・エルマリートとかネーミングされているかと思いましたが
単に G VARIO ちゅう名前なんですねぇ

■ 2010年3月26日(金) ■ G1 + Lumix G Vario 14-45mm ■ 絞り優先オート 絞り開放 ■ 露出補正: -2/3EV




おまけ-2
b0069128_17282141.jpg

なにやってるん?

バリ・アングルの背面モニターは便利です
と言いながら、今日まで1回も使っておりませんでしたぁ~

■ 2010年3月28日(日) ■ G1 + Lumix G Vario 14-45mm ■ プログラムオート ■ 露出補正: -1/3EV




ジュピター 8 50mmF2の描写、だいたいフィルムのときと同じ印象でした。

フレアーが多いのは、むかしは太陽を背に撮っていたので少なかったのでしょうか。
そう言えば、銀塩の時代は 1枚ごとに気を使って撮っていたなぁ~ と思い起こされたのでした。











by nakajimaakira1948 | 2010-03-28 17:34 | 50mmF2 Jupiter-8 | Trackback(2) | Comments(20)

G1 と DRズミクロン

2010年3月20日(土)

EVFのファインダーが見えにくくて 昔のFZ10とあまり変わらないと思って購入を見合わせていたPanasonicのG1ですが
オリムパスがE-P1、E-P2、E-PL1と矢継ぎ早やに コンパクト型のものを出して、Panasonicも GH1、GF-1 と後続機を出して
マイクロ・フォーサーズ最初のG1のレンズキットは、今では コンパクト・デジカメよりも安くなりました。

ええい、ライツレンズ用の一眼カメラとして G1をポチっとやりました。


ところで、わたしの持っているライツ(ライカ社と名前を変えるまえの社名)のレンズは
ズミタール50mmF2
ズミクロン50mmF2 (DR、M型)
ズマロン35mmF3.5

ロシア製レンズも 安物カメラを買うたんびに増えて
ユピテール(ジュピター)8 50mmF2
インダスタール26 50mmF2.8
インダスタール61 55mmF2.8

おっと、日本製もありました
キヤノン 50mmF1.8 (キヤノンP付属)
コシナ製のVoigtländer スーパーワイド・ヘリアー 15mmF4.5
やはり コシナ製Voigtländerの カラー・スコパー 35mmF2.5 Classic



G1は安くなりましたが、アダプターは高いです。
松下さん純正のアダプターを2つ買ったら G1レンズキットよりも高い ・・・ そんなアホなぁ~

そんなことで 安いアダプター屋さんを探していたら
ありましたぁ~、Discover Photo という群馬県のお店が (^^)
注文は電話かメールでと 書いてありますので メールをしたら直ぐ返事が来て購入

あとは G1レンズキットを買うだけ。
これは簡単でした、でも赤や青ボディしかないお店が多くて
ブラックを置いてたお店は最安値ではなかったけれど まあ十分安かったです。

アダプターは昨夜、G1は今朝 届きました。
女房には 受け取るのをしっかりと見られて 「値段のタグ、付けといてね~」 と言われました。




1
b0069128_18332687.jpg

G1 + DRズミクロン 50mmF2

この組み合わせがやりたくて アダプターとG1を買ったのでした (^^)

Leitz のレンズの中を覗いて 写真を撮る、元々のライカでは出来ない芸当です。
ミラーが無いので ペンタプリズムを通して見るのではなく、CCDを通して見ていますが。

レンズがメチャ重たくて G1の軽量ボディが前に倒れます。
レンズキャップを下にかませて 倒れないようにして撮っています。

■ D700 + Micro Nikkor 60mm F2.8D




2
b0069128_18511095.jpg

DRズミクロン

DRズミクロンをデジタルで初めて使いました。

見にくいEVFでなく 裏面モニターで撮りました。
どこかにピントは合うだろうという構図で~す (汗)

絞りは F4です
実際より わずかに彩度が低く写っているようですが これがズミクロンの味ですね

■ G1 + DR Summicron 50mm F2




3
b0069128_192335.jpg

DR

DRって、Dual Range (2段レンジ)の意味で DRズミクロンは 最短撮影距離を切り変えれるんです。

1枚目の写真で、レンズ鏡胴の上の 板みたいなものが見えますが
ライカM3で使うときには、板に眼鏡を差込みますと 通常1メートルまでの最短撮影距離が48cmまで寄れて
二重像合致式距離計も それに応じて48cmまで作動する仕掛けなんです。

この写真では その近接撮影で撮っています

■ G1 + DR Summicron 50mm F2 近接撮影




4
b0069128_20533932.jpg

動くものの撮影

動くものにピントを合わせようとしても、EVFでも背面モニターでも 画面が落ち着くまでに時間がかかり
自信を持ってピント合わせをしたという気持ちになれません (涙)

FZ10のときもそうでしたが、撮っているときの画像と 撮り終ってモニターで見る画像が異なります。
実際に写っている画像のほうが ずっと良いです。

このコムギは ファインダーのEVFを使って撮りましたが
微妙に動くコムギに MFでピントを合わせるのは困難です。
ピントはどこにも合っていないようです (涙)

■ G1 + DR Summicron 50mm F2




5
b0069128_1835819.jpg

G1 + ズマロン35mmF3.5

これは L39(スクリューマウント)の ズマロン35mmF3.5です。

絞りを合わせてから距離を合わせないと 絞り指標も距離リングと一緒に回ってしまいます。

そのむかし、銀塩時代にはシャープだという評判で Mマウントでも同じ構成で生き続けました。
わたしも 小型軽量で良いレンズだと思いましたが ・・・

■ D700 + Micro Nikkor 60mm F2.8D




6
b0069128_2171843.jpg

ズマロンコムギ

これもピンボケですが 手前の木にピントが合っている感じです

一生懸命EVFでピントを合わせたのにぃ

■ G1 + Summaron 35mm F3.5




7
b0069128_21215890.jpg

ズマロン無限遠

絞りF5.6で 無限遠で撮りました。

その結果 「さっぱり」です、「さっぱり アカン」です。

■ G1 + Summaron 35mm F3.5




8
b0069128_21314139.jpg

Color-Skopar 35mmF2.5

コシナ製 Voigtländerの、カラー・スコパー35mmF2.5です。
10年ほどまえに出た新しいレンズですので 2枚目のDRズミクロン50mmよりも発色が鮮やかです。

しかし、やはりピンボケですね

■ G1 + Voigtländer Color-Skopar 35mm F2.5




9
b0069128_21462482.jpg

スコパーコムギ

う~む、これも手前の椅子の手すりにピントが合ってます。
なんででしょう?

コムギは MFではピントが合わないのでしょうか (涙)

■ G1 + Voigtländer Color-Skopar 35mm F2.5




10
b0069128_1840639.jpg

G1 と D700

こんな巨大なカメラを持って歩いてるのかと思うと イヤになります (^^:

■ D70 + DX Nikkor 18-70mm F3.5-4.5
■ Speed Light ON 



*****************************************************************
■ 2010年3月20日(土) 撮影
■ Camera: Nikon D70、D700 & Panasonic Lumix G1
■ Lenses: Micro 60mmF2.8D、DX 18-70mmF3.5-4.5G、DR Summicron 50mmF2
   Summaron 35mmF3.5、Voigtländer Color-Skopar 35mm F2.5

*****************************************************************

1年半ぐらい前に こんな記事が書けたら良かったのでしょうが
その頃は G1がまだ高くて、ライカMレンズ用アダプターも高くて 買えなかったのでした (^^:




3月22日 追記)

純さん、ascesis さん から、「MFアシスト出来るやろ」 「出来る、取説を良く読まんかい」 とのコメントをいただき
早速、取扱い説明書を熟読し ファームアップもしてみました。

アダプターを付けていても ファインダーの狙った部分を5倍や10倍にする 「MFアシスト」が出来ました ♪♪♪
う~ん、ピントがばっちりになりました

すまん G1
すまん 松下さん
取扱説明書をちゃんと読まずに ボロクソに言うて~ m(_ _;)m

うれしくて DRズミクロンを付けたG1を首からぶら下げて コムギを連れて近くの服部緑地で試し撮りで~す。



おまけ-1
b0069128_1424439.jpg

拡大してピント合わせのコムギ

だいぶ良くなったでしょ
F2でちょっと甘いですが とにかく眼にピントが来ました ♪

どの部分を拡大したいかで エリアを ← ↑ ↓ → キーで 動かし、Menuボタンを押すと エリアが5倍に拡大されて
前リングを右に回すと 5倍が10倍になります。
これは はじめから出来たんですが、10秒間だけエリアが拡大されて 元の視野に戻ってしまいました。
ファームアップで シャッターを切るまでは 他の操作をするまでは拡大が続きます。

■ G1 + DR Summicron 50mm F2
■ 絞り開放 F2




おまけ-2
b0069128_14243170.jpg

服部霊園コムギ

おまけ-1 では、背面モニターで拡大して撮ってました。
屋外では、背面モニターが鏡のように反射して ぜんぜん見えませんので EVFで見てみますと
これがバッチリ良く見えます ← 視度補正してるも~ん

どうです、構図はアカンけんど 良くピントが来てるでしょ (^^)
うれぴー

■ G1 + DR Summicron 50mm F2
■ 絞り F2.8




おまけ-3
b0069128_14245751.jpg

おうまさん

余勢を駆って、おうまさんのおメメにピントを合わせてみました
おねぃさんを狙ったのではありませんよ

■ G1 + DR Summicron 50mm F2
■ 絞り F2.8











by nakajimaakira1948 | 2010-03-20 22:33 | 50mmF2 Summicron | Trackback | Comments(51)

夕暮れの南港

2010年3月14日(日)

このところ 休みになると雨ばかりでした。

3月12日の金曜日、D700を持って出勤し 仕事が終わってすぐに外に飛び出しました。
天気はそんなに良くなかったですけど 週末のカメラ散歩(^^)は楽しいです。

大阪港へ行こうかとも思いましたが、そのまま南港を散歩しました。
真っ暗になるまえの時間が大好きです。

写真は 撮った順番にならべております。




1
b0069128_8141853.jpg

Mizuno

WTC ビルの手前の ミズノのビルのところで撮りました。
だいたい北を向いております。

このズームレンズ、画面周辺では コマ収差が出て 光がヨットの帆のような形になってますね (涙)




2
b0069128_7472337.jpg

あこがれ

いつも撮る 「あこがれ」です

でも、空に少し青さが残るのは 始めてですね




3
b0069128_749288.jpg

ATC と あこがれ

うしろから撮るか、まえから撮るか、2枚目のように上から撮るかしかありません。

あとは ヤシの木を入れるか 入れないかです。




4
b0069128_815486.jpg

ラッパ吹く

「あこがれ」を撮ったあと ベンチに腰をかけて撮った写真を見ていますと
すぐ横で 天使がラッパを吹いておりました。

両手でラッパを抱えて吹いています、手のように見える左側のものは背中の羽なんです。

青みの残っていた空も もう真っ暗になりました。




5
b0069128_751244.jpg

AGWC

いつものように てくてく歩いて、アートグレイス・ウェディングコーストに来ました。

音楽はなかったけれど 自動車がありました。




6
b0069128_752178.jpg

619-LH0

いひひ、ええ感じの車でしょ

ストロボOff で1枚、ストロボ ON で1枚撮って
これは ON のほうです




7
b0069128_7535511.jpg

WTC Building

工事中で 海岸を通ってコスモスクェア駅に行けません。

信号待ちのときに、いつもの WTC ビルです。





おまけ
b0069128_8522355.jpg

ストロボなし

ストロボなしの写真です

バックの光の色もこのほうが実際に近く 6枚目はこの写真を使おうかとだいぶ悩みました

それで しつこいけれど おまけで m(_ _;)m




****************************
  撮影データー
■ 2010年3月12日(金)
■ D700 + AF 28-105mm F3.5-4.5
■ 絞り優先オート 絞り開放
■ ISO1600
■ 露出補正 -1/3 ~ -2/3EV

****************************

結局、いつもと同じような写真になってしまいました~  (^^;











by nakajimaakira1948 | 2010-03-14 09:00 | 28-105mm AF Nikkor | Trackback | Comments(14)

タイの鉄道

2010年3月7日(日)

雨ばっかりです。
休みになると 雨ばっかりです (涙)

NHKの囲碁対局を見たあと、することもないので また「アルプスの登山電車」を見ておりました。
この世界の鉄道は DVDが付いて590円 とても安いです、と思ったら創刊号だけで あとは1200円らしいです。

スイスの登山鉄道をみていると、バンコクのフア・ランポーン駅や鉄道博物場を思い出しました。
ちょっと古い写真から ひらい出してみました。




1
b0069128_2395879.jpg

アルプスの登山電車

こんな雑誌で 50分のDVDが付いて590円です。
ブタくんも びっくり

■ 2010年3月7日 ■ D700 + Micro 60mm




2
b0069128_2317521.jpg

フア・ランポーン中央駅

バンコクの中央駅の Hua Lamphong 駅です

■ 2009年11月8日 ■ D80 + VR 18-55mm




3
b0069128_23252920.jpg

4203号

駅の草花のあいだから 4203号をパチリ

■ 2009年11月8日 ■ D80 + VR 18-55mm




4
b0069128_23282031.jpg

操車場

のんびりしています。
わたしが写真を撮っていても 誰もなんにも言いません (^^)

■ 2009年11月8日 ■ D80 + VR 18-55mm




5
b0069128_2329559.jpg

汽車マーク

子供のころ見た覚えがあるような 汽車マークです

■ 2009年11月8日 ■ D80 + VR 18-55mm




6
b0069128_23395110.jpg

行き先表示板

奥の列車の窓の下に赤い板が見えますが、その表示板ですね。
英語も書いてあります。

■ 2009年11月8日 ■ D80 + VR 18-55mm




7
b0069128_23485253.jpg

何かなぁ~?

よくわからんものがありました。
海賊の宝箱でしょうか?

フアランポーン駅の北側の橋より

■ 2009年12月5日 ■ D80 + VR 18-55mm




8
b0069128_001610.jpg

走る4011号

これも フアランポーン駅の北側の橋から撮っています。
えらく左側に傾いておりますね。

■ 2009年12月5日 ■ D80 + VR 55-200mm




9
b0069128_042769.jpg

鉄道博覧場

屋根のない博覧場です
やはり フアランポーン駅の北側にあります

■ 2009年12月5日 ■ D80 + VR 18-55mm




10
b0069128_074549.jpg



カンテラ

古いカンテラだと思いますが どうでしょう?

博覧場にて

■ 2009年12月5日 ■ D80 + VR 18-55mm




11
b0069128_0102055.jpg

鉄道戦車

たしか戦車だと書いてあったように思います (汗)

博覧場にて

■ 2009年12月5日 ■ D80 + VR 18-55mm

追記) 2010年6月6日
第2次世界大戦で使われた タイ国軍の装甲車両でした
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/3832/tank.html




12
b0069128_015386.jpg

待合室

古い待合室を博覧場に移設して 暑さをしのぐ休憩室にしておりました。

■ 2009年12月5日 ■ D80 + VR 18-55mm




13
b0069128_0191080.jpg

汽車製造会社

日本製ですね。

しゃがみ込んで撮ったら 立つときに暑さで立ちくらみしました。
博物場からフアランポーン駅に移動して 冷た~いシンハービールを飲みました (^^)

■ 2009年12月5日 ■ D80 + VR 18-55mm


おわり です
おっと 日付が変わっています











by nakajimaakira1948 | 2010-03-08 00:33 | 18-55mm VR Nikkor | Trackback | Comments(17)

懐かしの demi EE17

2010年3月1日(月)

先週の土曜日は 散髪に行きました。
家に帰ったら コムギが散歩に行こうよと言います。
でもコムギも これから女房に散髪に連れて行かれるのでダメだったのです (^^)

日曜日は朝から雨で コムギはまた散歩に連れて行ってもらえなかったのです。
わたしも散髪して コムギを連れて服部緑地に行こうと思っていたのですが 行けなかったのです。

それで日曜日はどこへも行かず、ブログの更新もせずに ゴムプレイヤーで映画を見てみておりました。
それで月曜日の今日、懐かしの demi EE17 をアップです (意味不明ですね)




1
b0069128_22175746.jpg

Demi EE17

懐かしの demi EE17 です
ちかごろ、オリムパス・ペンが話題になっておりますが
わたしは この キヤノン デミ のシリーズのほうが デザイン的に優れているんじゃないかと思います。

この デミEE17は 1966年に最後のデミとして発売されたもので
30mm F1.7のレンズなど ハーフサイズ・カメラとしては最高級のスペックのように思います。





2
b0069128_22381280.jpg

30mm 1:1.7

レンズは Canon Lens SH 30mm 1:1.7 という レンズが付いております
距離がピタリと合ったら 大変シャープな写りをしました。

絞り開放や1段絞りが好きなわたしは 良くピンボケをつくりました。





3
b0069128_2219844.jpg

シャッターボタン

シャッターボタンは この時代のEEカメラに共通した感触で
長いストロークで最後に パチーンと切れます。

画面右側の黒い丸は CDS露出計の受光窓です。





4
b0069128_2220467.jpg

距離合わせレバー

鋳物で造られた距離合わせレバーです。

このカメラは距離計は無く、距離目盛によるゾーンフォーカスですが
ファインダー内に 山(∞)、人が3人(中景)、人の横顔(近景)のマークがあります。





5
b0069128_22215156.jpg

シャッター速度リング

シャッターは B、1/8~1/500秒まであります。

このカメラは シャッター速度優先式EE(いまで言う AE)ですので
絞り(レンズ前玉外周にあります)を Aマークに合わしておけば
シャッター速度に応じて 絞りを調節してくれます。





6
b0069128_2224291.jpg

巻き上げレバー

巻き上げレバーは とても可愛いいかたちをしています。
この巻き上げレバーの形は、キヤノンP型あたりから来ているのですが より可愛くなっております。

ラチェットが入っていて こんな可愛いいレバーですが こきざみ巻き上げが出来ます。





7
b0069128_22251661.jpg

巻き戻しクランク と 裏蓋開閉レバー

巻き戻しクランクと 裏蓋開閉レバーです。

そのあいだには、フラッシュのシンクロ接点が顔を出しています。





8
b0069128_22294994.jpg

底面

底面です。
左から 三脚穴、スプロケット解除ボタン、ASAセットダイアル、電池室フタ です。

SEIKOシャッターが デ~ンと名前を誇示しておりますね。





9
b0069128_22455381.jpg

裏蓋オープン

裏蓋を開けたところです。
ファインダー覗き窓があるだけで とてもシンプルです。

ボディの製造番号は 638820 です。





10
b0069128_22514946.jpg

記念写真

は~い、Digital の IXY D200と 記念写真です (^^)

このデミEE17は 1970年代の中頃に新品のように綺麗なのを大阪駅の八百富(ヤオトミ)で買いました。
なぜか 発売当時と変わらない値段だったです。

6 x 6 の オリムパス クロームシックスが中古カメラを買った最初で
その次が 50mmF1.8付きの Canon P型で、デミEE17は たしか3台目の中古カメラでした。

わたしの始めてのデジタルカメラの IXY D200とのご対面で~す。


【Canon Demi EE17 仕様】 1967年カメラ綜合カタログをそのまま抜粋しました

■ 1966年発売
■ 型式: CDS使用の最高級ハーフサイズ完全EEカメラ
■ レンズ: 30mm F1.7 ヘリコイドによるゾーンフォーカス式
■ ファインダー: 情報ファインダー、ゾーンフォーカスマーク、ブライトフレーム、絞り目盛り付き
■ EE機構: CDS使用シャッター優先式EE ASA100でEV4.5~17 手動絞り可能
■ 使用感度: ASA 25~400
■ シャッター: B、1/8 ~ 1/500秒 X接点
■ フィルターサイズ: 34mm ねじ込み式
■ 大きさ・重量: 117 x 71 x 48mm 445g
■ 現金正価: カメラ 15,800円 ソフトケース 1,200円 リストストラップ 800円





*************************
  撮影データー
■ 2010年3月1日 撮影
■ D700 + Micro 60mm F2.8D
■ 絞り優先オート F5
■ ISO 800
■ 露出補正 -0.3EV ~ -1.3EV

*************************


懐かしの キヤノン デミEE17を撮ろうと思ったのは
ブログの先輩の純さんが 自作の 「デミ ブラック 」 をアップされたからだったのでした。

純さん自作の Canon Demi Black
b0069128_23285289.jpg











by nakajimaakira1948 | 2010-03-01 23:20 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(24)