手持ちマクロ

2011年2月26日(土曜)

今日の豊中は朝から良いお天気でしたが わたしは外へ行くことが出来ません。
くろねこヤマトが 昨日受け取れなかった物を持って来るからです。

いひひ、トプコンの接写用のエクステンション・チューブなんですよ。
ベローズと組み合わせたら 58mmでも拡大写真が撮れるかな。




1
b0069128_1701571.jpg

Extension Tube

どうですか、美しいでしょ
左側のNo.1~No.3のリングです

エキザクタ用のベローズ(蛇腹)の長さが足りず、昔エキザクタ純製のエキステンション・チューブを買ったんですが
右側の様に各チューブはネジで接続になっており、使用中に思わぬ所が回ってレンズを落としそうになりました。
今回のトプコンのものは全部エキザクタ・バヨネットで軽快に脱着できます。

いやっ、接写拡大写真システムは ニコンのベローズPB-6を持っているのですが
ベローズが長くて重くて、必ず三脚が必要で なかなか引っ張り出す気になりません。




2
b0069128_17172214.jpg

倍率固定装置

No.1 + No.2 + No.3 + 58mm(普通付け)です

この組み合わせで、等倍以上の画像が得られましたが ベローズをかましてないので
接写倍率は一定で もう少し大きくとか小さくとかは出来ません。


1979年(昭和54年)発行の 平岡武夫氏の「マクロ・テクニック」 (現代カメラ新書 No.55)によりますと

クローズアップ (=接写 ) ・・・ 等倍以下
マクロ       (=拡大 ) ・・・ 等倍以上
ミクロ               ・・・ 顕微鏡写真

とのことです。

等倍とは、フィルムや撮像素子に写った状態で 元の物と同じ大きさである撮影倍率を言い
引き伸ばしや 拡大して見る場合の倍率は別の話しです。


現在ニコンは、マクロと言わずにマイクロ ニッコールと呼ばれるレンズを製造しておりますが
このレンズ名称は 等倍以上だけを写すマクロ ニッコールレンズを別に製造していたため
誤解を避けるために 等倍以下のレンズにマイクロという名称を付けたとのことです。




3
b0069128_17353972.jpg

腕時計

平岡さんの分類によれば これはまだマクロ写真の大きさになっていないと思います。
クローズアップ(=接写)ですね。

この時計、ソーラー・バッテリーで電池が要らんのですが
安物のガラスが反射して文字盤が見えにくくて 机の上にずっと居ります (涙)




4
b0069128_17465231.jpg

シャープペンシル

ずいぶん汚いシャープペンに見えますね

このごろあんまり使ってないからです、PARKERと彫ってあるところも 金色のところも拭けばまた綺麗になります。




5
b0069128_175376.jpg

キーボード

携帯電話は殆ど使わないので 昔のタイプで十分なのですが
古いタイプは使えなくなるということで 新しくしたシャープのヤツです。

テレビが見れて音楽も聴けるけれど、テレビは見ないし音楽は iPod nanoだし。

昔のレンズなので 5の数字に色収差が出ています。




6
b0069128_17533285.jpg

これは何でしょう

えへへ、判ったかたはマニアですね

ミランダS という1959年製の一眼レフの ペンタカバーのネームプレート部です。
金型で押して段差を付けて Mirandaの文字も凹んだとろにペイントです。




7
b0069128_1754948.jpg

DELL

これは簡単ですね

机の上のDELLのキーボードのネームプレートです
接写で見るとゴミが溜まっています



8
b0069128_17542839.jpg

被写界深度目盛

カールツァイス・イエナの 初期の3群3枚構成 トリオター135mmF4 の被写界深度目盛です。
50年以上まえのものとは思えないです




9
b0069128_1823017.jpg

シャッター・チャージレバー

ビトー II の シャッター・チャージレバーです

フィルムを巻き上げないとチャージ出来ません
それで二重写し防止になっています、さすがコンパーです




10
b0069128_18231890.jpg

手ブレ感知虫

宝石箱を開けると コイツがいて6本の足を震わせています
もともとは南アフリカで売っていた 「びっくり箱」なんですよ

身体は箱の下から支えられていますが、6本の足は非常に細い針金で身体から吊られています。
それで箱を開けると足が ブルブルブルブル


コイツは 手ブレ感知虫とも呼ばれています
箱を持ってコイツの足が揺れなければ あなたはカメラを持っても手ブレしないということです

ひひひ、これだけブレたらダメですね




11
b0069128_1848387.jpg

ベローズとチューブの併用

ベローズ(蛇腹)を使いますと、蛇腹がペシャンコからレールの長さ一杯まで調整できますので
撮影倍率を ある程度自由に変えることが出来ます。

この組み合わせですと 等倍をだいぶ超えた倍率で写ります。




12
b0069128_1858371.jpg

マクロ10円玉

はいっ、G1のフォーサーズの小さい撮像素子に 10円玉を大きく入れました。
ピカピカの10円玉だったのに マクロで見ると汚れています。

等倍以上では、レンズと10円玉の距離は1cm程度で ファインダー像はグラグラします。
息をする度にピントが狂うし ISOはもう800まで上げてるし、で パチリ

う~ん、ややブレています




13
b0069128_18583537.jpg

春を待つ

朝日新聞の活字です

いわゆる普通の大きさの文字です
新聞の紙も こうやって見ると 凸凹していますね

これはラッキーでブレなく撮れましたが、
やはり等倍以上で綺麗に撮るには ちゃんとしたライティングと三脚が必要ということが分かりました。

あぁ~、疲れました (^^)



***********************************************************
■ 2011年2月26日撮影
■ 1, 2 & 11枚目 Micro Nikkor 60mm F2.8D + D700
■ 3 ~ 10枚目  RE Topcor 58mm F1.4 + Extension Tube + G1
■ 12 & 13枚目  RE Topcor 58mm F1.4 + Bellows + Extension Tube + G1
■ ISO800

***********************************************************


おまけ
b0069128_20583785.jpg

ザムビアの水牛

おまけでアップします

むかし南アフリカで仕事をしていたとき、ヴィクトリア・フォールズ(ヴィクトリアの滝)を見たくて行った
ザムビアのコインに描かれていた水牛です。

コインは、50 NGWEEという 何と発音するのか忘れてしまった 10円玉と同じぐらいの大きさのものです。
そこに描かれている水牛の角は、ザムビアの人々の夢を表すかのように 大きく 長く 美しく
その眼は コムギの眼のように 可愛らしく輝いております。

ベローズを一杯まで伸ばして だいぶ手ブレしておりますが、最後におまけとしてアップします。


■ RE Topcor 58mm F1.4 + Bellows + Extension Tube + G1




おまけ -2
b0069128_22542020.jpg

水牛コイン

ブログ仲間の kyoko さんから、「おまけの水牛コインの全体が見たい」 とのコメントがありました。
50 NGWEE Zambia 、コイン全体をアップします。

こんな小さなコインに 「おまけ」のような可愛いおめめが描かれているのですねぇ ♪♪♪

■ Micro Nikkor 60mmF2.8D + D700 ■ 絞り優先オート 絞りF7.1 ■ ISO1600




おまけ -3
b0069128_8561114.jpg

手ブレ感知虫 全景

純さんから、懐かしいと言われた 「手ブレ感知虫」の全貌です。

愛嬌のある顔をしてるでしょ

この写真は マイクロニッコールで撮っていますが マクロ写真ではないですね

■ Micro Nikkor 60mmF2.8D + D700 ■ 絞り優先オート 絞りF7.1 ■ ISO1600











by nakajimaakira1948 | 2011-02-26 19:32 | 58mmF1.4 RE Topcor | Trackback | Comments(22)

南港から梅田の夜景

2011年2月19日(土曜)
ふ~、やっと週末です。

きのうの2月18日は、花の金曜日でしたので デカいD700をカバンに入れて出勤しました。

仕事が終わって、とても寒かったですけど南港でちょっと数枚撮ってから
いつもは地下鉄で通過する梅田で降りました。

写真は 撮った順番に並べております。



1
b0069128_10285796.jpg

運河

このまえ 古レンズで撮ったコスモスクェア近くの運河です。
おなじような時間帯なんですが だいぶ日が長くなりましたね、空に青さが残っているのが嬉しいです。

前回 「ひょうたんか お尻りか?」 と言っていたのは、街路灯が柱に映っているものでした。




2
b0069128_10364812.jpg

おっとっと

おかあさんに手を持ってもらって オシメの入った下半身が おっとっと

わたしも あわてて左下がりでピン甘で おっとっと




3
b0069128_10441115.jpg

北大阪夜景

阪急グランドビルからです。

ズームレンズを付けてませんので、撮りたかったビルは小さく ヨドバシ梅田は大きくなりました。




4
b0069128_10494680.jpg

ベートーベン氏

横を見ると こわい顔をしたひとが睨んでおりました




5
b0069128_10525881.jpg

ビルの谷間

大阪駅前の通りを 西側に向かって撮っています




6
b0069128_10575828.jpg


ダクト

グランドビルを出て ちょっと散歩をしています

阪急阪神まえにある ダクトです
地下街の汚れた空気を吐き出し 新鮮な空気?を取り入れているのだと思います




7
b0069128_113429.jpg

阪急デパート前

冷たい風がピューとふきます

アカン寒い、帰りま~す



**************************
■ 2011年2月18日(金)撮影
■ Micro 60mm F2.8D + D700
■ 絞り優先オート & プログラムオート
■ ISO1600 ~ 2500
■ 露出補正 マイナス1/3EV

**************************











by nakajimaakira1948 | 2011-02-19 11:11 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(22)

雪の民家集落

2011年2月12日(土曜)

きのう2月11日、朝起きたら雪でした
豊中に雪が積もったのは 何年ぶりでしょう

そそくさと朝食をすまして コムギと緑地公園の日本民家集落へ雪を見に行きました

写真は撮った順番に並べております




1
b0069128_955181.jpg

雪です

朝起きてすぐです
おぉ~ 雪です




2
b0069128_931181.jpg

雪の自転車

9時過ぎに家を出ました
雪が止みそうになって来ました
これはイカン、早く行こう




3
b0069128_912967.jpg

日本民家集落

えへへ、また降ってきました
いつも入場料をケチって 柵の間から撮っている日本民家集落です

中に入っても柵の外から撮っているような構図ですね




4
b0069128_953946.jpg

雪の階段

傘は持たずにジャンパーで来ています
バッグに入ったコムギの頭に雪が積もりますので タオルを巻いています

首から下げたカメラは 1枚写真を撮ったら チャックを下してジャンパーの下に入れます
雪が フィルターやファインダー接眼窓に付いてしまいました

雪の階段を上がって あそこで拭きとりましょう




5
b0069128_971796.jpg

風車の道

こんな天気なのに 民家集落に来ている人はおられました
全部で10人ぐらいだったでしょうか
ほとんどの人がカメラを持って パチリパチリ

雪の日でも わたしの左下がりは変わりません
風車は垂直に立っているのですが




6
b0069128_9123497.jpg

雪の合掌造り

雪の合掌造りです
これが撮りたかったのです




7
b0069128_9233345.jpg

樹と家と雪と

なんとも ええ感じです




8
b0069128_9353191.jpg

合掌造り

最後にもう1枚、パチリ

コムギ、もう飽きたね




9
b0069128_9143479.jpg

ポンプ

ふぅ~、雪が降らないところへ逃げ込みました
天井がビニールで出来ています

古いポンプのようなものがありました




10
b0069128_9391254.jpg

雪のコムギ

日本民家集落を出て 緑地を散歩します

コムギは雪は平気で喜んでおります
足が冷たくないの?




11
b0069128_943269.jpg

雪のウシさん

いつも おねぃさんにお尻を撫でてもらって喜んでいるウシさんですが
雪にはマイった表情であります

さぁー、帰りましょう



**********************
■ 2011年2月11日撮影
■ AF 28-105mm + D700
■ 絞り優先オート 絞り開放
■ ISO400

**********************

豊中の雪は 12時ごろには止んでしまいました











by nakajimaakira1948 | 2011-02-12 10:37 | 28-105mm AF Nikkor | Trackback | Comments(27)

2011年2月5日(土曜日)

東独カールツァイス・イエナの トリオター 1:4 13,5cmをご存じでしょうか。

ピカピカ光る真鍮製の重い鏡胴に、名前のとおり3枚のレンズが 6か所のTコーティングを美しく反射させています。
以前から欲しかった 程度の良いトリオターのエキザクタマウントを手に入れ さっそく試し撮りです。

写真は撮った順番に並べております。





1
b0069128_758887.jpg

Triotar 1:4 13.5cm + G1

これがトリオター135mm F4 です
ああコレかと思われるかたも多いかと思います

ピカピカのクロームメッキ、細身ですがずっしり重い真鍮製の鏡胴、妖しいTコーテイングが外観の特徴でしょうか
Tコーティングというのは、現代のマルチコーティングのT*(ティー・スター)コーティングとは異なり
むかしのツァイス・イエナの 青味のある単層膜コーティングです

トリオター 1:4 13,5cm の生産時期は良く知らんのですが
外観やコーティングからみて 1950~60年代だろうと思っています



【2012年6月25日追記】
トリオター 1:4 13,5cm が カールツァイスから発売されたのは なんと1940年(昭和15年)でした
この当時は まだプラクティカ(=M42)マウントの一眼レフは開発されていなかったので
トリオター13,5cmのマウントは 唯一の一眼レフであった エキザクタ用だったのでした

1952年に 同じカールツァイスから 3群4枚構成のゾナー135mmF4が発売されましたが
トリオターは それからも長らく市場にあったようです

写真工業出版社 2006年刊 「こだわりのレンズ選び Part 2」の 「135mmレンズの知識」より



【2013年7月19日追記】
このトリオター 1:4 13,5cmF4のシリアル番号は 3368323です

カールツァイスのシリアル番号と製造年の表を新しく入手しましたので製造年を調べてみました

まず戦後の1945年から カールツァイスは3百万台を採用して
1949~1952年には320~347万台ですので この時代の中間あたり1950年か1951年製ということになります

戦後のトリオター135mmは ピカピカの真鋳製鏡胴から 光沢の無いアルミ製鏡胴になりましたが
戦後しばらくは ずっしり重たい(実測でジャスト500gでした)真鋳鏡胴で造り続けられていたのですね





2
b0069128_9144813.jpg

カバさん

135mmF4の割に ファインダー像はクッキリ見えます
それでMFアシストなしで撮ったら カバさんの目にピントが合っておりません

F4開放で





3
b0069128_9152094.jpg

お月さん

ううむ、これはいかんと MFアシストでお月さんの表面を撮りました

うそです
照明灯と天井の仕上げを撮ってみました

つまらんもん撮るなっ m(_ _;)m

F4開放





4
b0069128_9163279.jpg

トリさんのおうち

G1に付けますと 35mm換算で270mmになりますので 適当な被写体が少ないです
これは 朝もやのかかる桃山公園です

ぶるぶる震えるトリさんのおうちを 時間かけて撮ってますと
ピカピカの鏡胴が珍しいのでしょうか カメラ好きな人が集まってきました

1枚撮って そそくさと退散です

F4開放





5
b0069128_9171529.jpg

フィレンツェ

はい、イタリアはフィレンツェに着きました

うそです コスモスクェア駅から撮っています、きょうはWTCビルにある歯医者さんで定期健診です
会社は昼からです

F5.6で





6
b0069128_918115.jpg

AGWCの飾り

アートグレイス・ウェディングコースト入り口の飾りです
撮るときはファインダー像が揺れまくりますが 撮ったあとはブレはありませんね

F5.6で





7
b0069128_9185957.jpg

ライブの車

近くで良く撮る古い車です

この車を 離れたところから撮るのは初めてです

F5.6 で





8
b0069128_920166.jpg

AGWC と クレーン

ATCビルのほうへ渡る陸橋の途中から撮っています
AGWCと うしろのカンガルークレーンとは 2Kmぐらい離れています
と言うより クレーンは向かい側の島にあるのです

さすが換算270mmです

F5.6 で





9
b0069128_9204637.jpg

さんふらわあ あいぼり

ATCビルの裏の海です
この日も 「あこがれ」はおりませんでした

青空が灰空に変わってきました

F5.6 で





10
b0069128_9214677.jpg

銅製のダクト

これは何でしょう

船の甲板でよく見かけるような
「ご飯できたで~」と コックさんの声を 甲板で働く人々に届けるためのものでしょうか
船内の空気を入れ替えるダクトの出口でしょうか

F5.6 で





11
b0069128_9232036.jpg

はな

えへへ、ピントがくるっているようです

さあ、いやだけど歯医者さんへ行こう

F5.6 で





12
b0069128_9261692.jpg

夜店

昼から仕事して 帰るときのものです

今日もライブがあり 夜店が出ております
だいぶ手ブレしておりますね

F4 開放で





13
b0069128_927534.jpg

ひょうたん?

いつもこの階段を上がってコスモスクェア駅のほうへ行くのですが
何か良く判らんものが写っていました
ひょうたん? おしり? 何かなぁ~
こんど良く見てみます

F4 開放で





14.
b0069128_9323272.jpg

阪急バス

桃山台のバスロータリーに座って バスを待っています

暗いから ピカピカのレンズを出しても見るひとはおりません

F4 開放で





15
b0069128_9335545.jpg

トリオター と バレックス

トリオター 1:4 13,5cmを 同時代のエキザクタ バレックスIIa に付けてみました
やはり よく似合っております





16
b0069128_9363911.jpg

曲がり

フロリダからやって来た 綺麗なトリオターですが、フィルター枠が曲がっています (涙)

前のオーナーいわく
『 このトリオター13,5cmは 25年前に亡くなった最愛のおじぃちゃんのものでした。
彼はこのトリオターが大好きで いつも使ったあと大事にしまっていました。 綺麗な状態を100%保証します 』 と

だけど梱包が薄い段ボール箱だけで、プチプチで巻いたり 紙を詰めたりしないで送ってきたため
どこかでゴツンと当たって 曲がってしまったものでしょう

まぁ、レンズと鏡胴は非常に美しいので 彼のおじぃちゃんの取扱いの良かったのはうなずけます (^^)



*********************************************************
 ■ 2011年2月4日撮影
 ■ 1、15、16枚目 Micro Nikkor 60mm F2.8D on Nikon D700
 ■ 2  ~ 14枚目 Carl Zeiss Jena Triotar 1:4 13,5cm on Lumix G1
 ■ 絞り 開放F4 & F5.6
 ■ ISO オート & 800

*********************************************************











by nakajimaakira1948 | 2011-02-05 11:01 | 135mmF4 C.Z Triotar | Trackback | Comments(14)