2011年9月24日(土曜日)

おとつい9月22日に また池田城に行きました。

しばらく前に むかしのスーパー琢磨28mmF3.5を Panasonic G1に付けて池田城を撮りました。
琢磨くんのマルチコーティングで色合い等は満足でしたが どうも綺麗に写り過ぎて不満足で した。

今回は、銀塩フィルムでは 単層膜コーティング特有の 渋い色合いとフレアーがかった写りだった
1960年発売の ニッコールH 28mmF3.5を D700に付けて行きました。

50年以上むかしの ニッコールH 28mmF3.5が撮る池田城の写りはどんなだったでしょう。




1
b0069128_21474892.jpg

ニッコールH 1:3.5 f=28mm

ニコンF用の最初の超広角レンズ ニッコールH 1:3.5 f=28mm とは こんなレンズです。

わたしは 30年ほど昔に大阪駅の八百富で中古で買ったのですが
残念なことに、当時ニコンで Ai 仕様の一眼レフを買えば無償で実施してくれた Ai 仕様に改造してしまいました。
いま考えれば オリジナルの非Aiで持っていたほうが どんなに良かったか。

ニッコールH 1:3.5 f=28mm は、あの脇本善司さんの設計で1960年から1977年まで最初の設計のまま
17年間のあいだ その6群6枚構成の仕様を変えずに販売し続けたのです。

わたしのニッコールH 28mm のシリアル番号は 646297で1971年製造であります。
薄紫と淡いオレンジ色などの単層膜コーティング、最短撮影距離60cm、重さ215g です。

写真では、白色の指標からマウント側の絞りリングが Ai 仕様に改造されております。

■ 2011年9月23日 ■ Micro Nikkor 60mm F2.8D + D700





2
b0069128_22265964.jpg

逆光で

9月22日の朝です

う~む、MFでは ピントを外すかなぁ~と D700にニッコールH 28mmを付けて試写しています
ああ~ そうだ、フォーカスエイド(MF時にピントが合うと マークで知らせる)があったはず

ブースカの右眼にピントを合わせてみると フォーカスエイドの◎印が点灯します
いひひ、いままで使っていなかった機能です

逆光では ちょっとフレアーっぽいけど まあええんじゃないですか





3
b0069128_22382211.jpg

うさぎと門番

はいっ、もう池田に着いて 池田城の門のほうに上がる坂を登っています

坂の途中にあった老人ホームの駐車場に うさぎさんと門番がおりました
門番のうしろの気味が悪~いのは フクロウくんです





4
b0069128_2250819.jpg

池田城正門

木の橋が 正門に続きます

池田城は復刻されたお城ですので 木の橋も新しいですね





5
b0069128_22584524.jpg

茶室

順路に従って歩いてみました

茶室のようなものがありました 





6
b0069128_233697.jpg

風雲池田城

なぜ 「風雲」が 付くのん?

むかしTVで 風雲真田城(ふううんさなだじょう)ちゅうのをやっていたからです
50年以上むかしの話しです





7
b0069128_2393786.jpg

ピンホール池田城

↑ の テーブルで、持参した自作ボディキャップ・ピンホールレンズで撮ってみました
このほうが 「風雲池田城」の感じがしますね





8
b0069128_23175057.jpg

天守閣より

天守閣より池田市内を見下ろしています

前回来たときは コシナ製フォクトレンダー スーパー・ワイドヘリアー15mmを G1に付けて撮りました
10年まえのスーパー・ワイドヘリアーより 50年まえのニッコールH 28mmのほうが良い写りのように思います

レンズの差じゃなく カメラの差のようにも思います
あっ、今回は絞りをF11まで絞っております

訂正)
前回は、コシナ製フォクトレンダー と スーパー琢磨くんの両方で撮っており
ブログにアップしたのは スーパー琢磨くんのほうでした





9
b0069128_23291512.jpg

お城の側面

お城は 側面も新たらし過ぎて 見るものはありません





10
b0069128_23333913.jpg

復刻瓦(かわら)

出口の門の瓦です
やはり 新し過ぎますね





11
b0069128_23441575.jpg

帰りの階段

帰るときは この急な階段を降ります
いえっ、もちろん来るときに使ってもよいのですけど





12
b0069128_2349479.jpg

城山町

階段を降りると 城山町です





13
b0069128_23515996.jpg

もう1枚 城山町

前回の残念は この城山町でした
今回は 根性を入れて撮りました

ええ~、前回のほうがええってぇ





14
b0069128_2357233.jpg

天守閣を望む

ちょっと池田駅側に下ったところから 天守閣を望んでいます
城山町に住む人々は幸せですねぇ





15
b0069128_08096.jpg

栄町商店街

阪急池田駅に向かって戻ります
平日のお昼まえ、池田駅前まで続く栄町商店街は がら~んとしておりました

アーケードにぶら下がっているのは 池田市のマスコットのウォンバットくんです



******************************************
 ■ 2011年9月22日撮影
 ■ 1、7枚目を除いて Nikkor H Auto 28mm F3.5 + D700
 ■ 7枚目 ボディキャップにピンホール + D700
 ■ 絞り優先オート 絞り開放~F11
 ■ ISO200~3200
 ■ 露出補正 すべてマイナス1/3EV

******************************************

50年以上まえの ニッコールH 28mm F3.5 でしたが
切れ味良く フレアーも目立たず さすがニッコールと思いました











by nakajimaakira1948 | 2011-09-24 00:31 | 28mmF3.5 Nikkor-H | Trackback | Comments(14)

梅田にて

2011年9月17日(土曜日)

先週の土曜日は ひさしぶりに梅田で会社の先輩2人との飲み会でした。
昼12時から飲むのです ♪♪♪

わたしは待ち合わせ時間よりも1時間以上早く行って 梅田をパチリ。

写真は 撮った順番にならべております。



1
b0069128_846414.jpg

一発ガツーンと

ビルの木陰で涼んでいると
怖い顔のオッサンが 「一発ガツーンと やったろか」と言います

汗が引きました





2
b0069128_8565067.jpg

ごめんだよぉ~

このおっさんは 「ごめんだよぉ~」と いつも泣いています





3
b0069128_925083.jpg

北側ビルより

大阪駅まわりが新装されましたが、買い物興味なしでC級グルメのわたしは
エスカレーターで昇れるここだけが気に入ったところです





4
b0069128_91439100.jpg

ズドーン

はいっ、ズドーンと 「たよし」 です
ここに4時間おりました





5
b0069128_922553.jpg

記憶なし

なぜこれを撮ったか 誰の手か 記憶にありません





6
b0069128_931590.jpg

お初天神

お初天神の北側入り口です





7
b0069128_9353051.jpg

梅田新道

ここを 左に行くと国道1号線 右に行くと国道2号線です





8
b0069128_940379.jpg

2軒目

地下街をフラフラ歩いて2軒目です
ブルース・リー と アインシュタインがおりますね
わかもの向きのお店でした

アイ(= わたし) インシュ(=飲酒) タイン(=多飲)





9
b0069128_940394.jpg

どちらがベッピン

2軒目を出ると ベッピンさんがチラシを持って近寄ってきます
よく見るとチラシの本人です
服もチラシとおんなじです

「わたしのブログに 載せてええですか?」
「は~い」





10
b0069128_9591016.jpg

アルパカチューナー

あのアルパカチューナーが 陸橋の上で演奏しておりました

「アルパカチューナーって 知ってるの?」
「知らん」





11
b0069128_1061235.jpg

桜塚商店街

阪急電車で帰りました
岡町駅下車で桜塚商店街です

まだ7時前です
なんとも健康な飲み会だったです ♪♪♪



**************************
   撮影データー
 ■ 2011年9月10日
 ■ AF 28-105mm + D700
 ■ 絞り優先オート、プログラムオート 
 ■ ISO400~1250
 ■ 露出補正 すべてマイナス1/3EV

**************************











by nakajimaakira1948 | 2011-09-17 10:20 | 28-105mm AF Nikkor | Trackback | Comments(20)

ペトリフレックス 7

2011年9月10日(土曜日)

悪い病気が また再発しております

それは アラバマ州サツマから来ました





1
b0069128_2033290.jpg

なんじゃこれは

なんじゃこれは
きれいなおねぃさんがランプの光を見ております

ちがいます
見てほしいのは 画面右下のカメラとレンズです





2
b0069128_20443865.jpg

ペトリフレックス 7

そうです
アメリカはアラバマ州サツマからやって来た ペトリフレックス 7 です

eBay の写真で見たときは 薄汚れた外観でした
家に届いた荷物を開けますと、やはり薄汚れたカメラとレンズが 新品かと見間違うような綺麗な皮ケースに入っておりました

薄く中性洗剤を溶かしたお湯でカメラ本体を拭きますと 新品同様にピカピカになりました
コンタレックスに似ている露出計も 手持ちのHD625水銀電池を入れると元気に動きだしました

前玉に茶色いホコリがぎっしり溜まったレンズは ボディ以上に汚い状態でしたが
ブロアーでホコリを吹き飛ばし 無水エタノールで数回ていねいに拭きますと 拭き傷も無い綺麗な前玉でした
レンズの後玉は 1回もレンズ交換をしなかったのかと思えるほど綺麗な状態のままでした

手垢まみれだったシルヴァー仕上げのレンズ鏡胴も 中性洗剤で拭きますと写真のようにピッカピカです ♪♪♪


ボディとレンズが綺麗になったところで ペトリフレックス 7 の仕様です

・ 発売: 1964年
・ 型式: 35mmペンタプリズム固定一眼レフ
・ 露出計: 外部連動CdS露出計付き 絞り・シャッター速度・ASA感度に連動
・ ファインダー: 中央に角型マイクロプリズム付き 露出計定点付き
・ シャッター: B、1~1/1000秒 (ペトリで1/1000秒付きは珍しいのです)
・ シャッター位置: ボディ前面45度シャッターボタン
・ マウント: ペトリスピゴット式 (キヤノンFL、前期FDと同様 レンズを押し付けスピゴットを回転し固定します)
・ レンズ: ペトリ CC 55mmF1.8、最短撮影距離60cm、青・黄色単層膜コーティング付き
・ 重量: 約1kg (55mm F1.8レンズを含んで)





3
b0069128_2231353.jpg

記念写真

ペトリフレックス 7 の デザインの元になった コンタレックス I 型 (ブルズアイ)との記念写真です

1959年発売の西独ツァイスイコン製 威風堂々のコンタレックスと較べましても
1964年発売のペトリフレックスは そのデザインは負けておりませんね

ただし 5年間の間に何をしておったかと言われると 露出計がセレンからCdSに変わったぐらいですが


【ペトリのお勉強】
ペトリという変わった名前のメーカーは 株式会社 栗林(くりばやし)写真機械製作所という正式名称でした

1919年(大正8年)創業で、小西六写真工業(コニカ)に次いで 日本で2番目に古いカメラメーカーでした
1959年には ペトリペンタという一眼レフを発売しております

b0069128_22361434.jpg  ペトリ最初の35mm一眼レフ
  ペトリペンタ
  オリコール 50mmF2 (M42) 付き
  1959年発売

  (写真はインターネットより)




ペトリは 多くの栗林ファンに惜しまれつつ 1977年に倒産してしまいました
倒産後 労働組合がしばらくカメラ生産を続けたと聞いております

b0069128_22414969.jpg  実質 ペトリの最後のカメラとなった
  ペトリ MF-1 です

  マウントは ペトリ スピゴット型ではなく またM42に戻っています
  1977年発売です

  以降のペトリネームのカメラは コシナ等の他メーカー製になります

  (写真は インターネットより)




こんなカメラもありましたね

b0069128_2372323.jpg  ペトリ V6
  ペトリ CC 55mm F1.8 付き 皮ケース含み23,800円
  低価格で有名になりました

  (写真はインターネットより)






4
b0069128_23152682.jpg

ゼニット B

こんなんどうですか

1968年製の ソ連KMZ(クラスノゴルスク機械工場)製 ゼニットB です
日本のダイエーで売られていた メプロゼニットから露出計を取り外した兄弟機です

なにも特記することのない仕様です
・型式: 35mmペンタプリズム固定一眼レフ
・ミラー: クイックリターン式
・ファインダー: 全面すりガラスマット製、視野率80%程度
・シャッター: B、1/30~1/500秒
・マウント: プラクティカ (M42)
・巻き上げ巻き戻し: レバー巻上げ ノブ巻き戻し

なにも特記することのないボディではありますが あえて特長をあげれば
電子シャッターでないので 調子が悪くなっても修理すれば必ず治ります
また 全金属製の素直なデザインなので 親・子・孫と3代 いやにならずに使えそうです

このデザインが、ライカフレックスやコンタックスRTSの元になったというのは 考え過ぎでしょうか





***************************
   撮影データー
 ■ 2011年9月7~8日
 ■ AF Micro 60mm F2.8D + D700
 ■ 絞り優先オート
 ■ スピードライトON
 ■ 露出補正 すべてマイナス1/3EV

****************************

* 悪い病気
倒産、廃業したメーカー製の カメラやレンズを集める病気のことです













by nakajimaakira1948 | 2011-09-10 00:14 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(18)

いろいろ

2011年9月3日

八坂神社の写真でコムギのお腹が出て 小太りになったように思いました。
体重を測ったら なんと4.5kgもありました。

このあいだフェラリアの薬りを貰いに行ったときは 3.9kgだったのに。
暑くなって食欲がなくなったので、缶詰の肉なんかをドッグフーズに混ぜて食べさせたのがアカンかったのです。

いま ダイエット中です。


その他いろいろ、写真は撮った順番に並べております。




1
b0069128_1114437.jpg

こんなん食べて

コムギは1日2食なんですが
わたしが昼ご飯を食べるときに ときどき缶詰の肉をちょっと食べさせたり

■ 8月23日 ■ Ai AF 85mm F1.8 + D700 ■ 絞りF2




2
b0069128_11145624.jpg

ゴロリ

暑いもんで 家のなかでゴロリとさせていたのもアカンかったのです

■ 8月23日 ■ Ai AF 85mm F1.8 + D700 ■ 絞りF2




3
b0069128_11345220.jpg

レゴ電車

この電車、レゴで出来ているんですね

■ 8月28日 ■ AF 28-105mm + D700 ■ 梅田キディランド




4
b0069128_11355355.jpg

かつら

Curl C Girl という かつらです

■ 8月28日 ■ AF 28-105mm + D700 ■ 梅田キディランド




5
b0069128_11372499.jpg

かもめ

かもめが飛んで来ました

■ 8月28日 ■ AF 28-105mm + D700 ■ 梅田タワーレコード付近




6
b0069128_11545139.jpg

はちきん

梅田は 高校の同級生2人との飲み会でした
日曜日の晩は お客さんも少ないです
2軒目やし~ (^^)

■ 8月28日 ■ AF 28-105mm + D700 ■ 梅田はちきん




7
b0069128_1221531.jpg

桜塚商店街

阪急電車で岡町駅下車
酔い覚ましにパチリ

■ 8月28日 ■ AF 28-105mm + D700 ■ 桜塚商店街




8
b0069128_1262082.jpg

運転席右側

運転手右側の窓の後ろの席から撮りました

■ 8月31日 ■ AF 28-105mm + D700 ■ 能勢電鉄にて




9
b0069128_1264150.jpg

ノーファインダー

きれいなおねぃさんがいっぱい
ノーファインダーでパチリ

ちょっとレンズが上向き過ぎでした

■ 8月31日 ■ AF 28-105mm + D700 ■ 能勢電鉄にて




10
b0069128_12174588.jpg

豊中駅まえ

阪急豊中駅まえの陸橋から 東側を望んでいます

■ 8月31日 ■ AF 28-105mm + D700 ■ 阪急豊中駅まえ




11
b0069128_12231350.jpg

原石コレクション

豊中駅前の本屋さんで 宝石の原石コレクションを売っていました

水晶、オニキス、アメジスト、めのう等の他 ピカピカのんが30個入って1260円、
わたしは こういうのに弱いのです、飛びついて買ってしまいました

家に帰って むかしの鉱物標本と並べてニヤニヤしてます
生活に困ったら、1個取り出して 宝石屋さんへ売りに行こう (^^)

■ 8月31日 ■ AF 28-105mm + D700 ■ 碁盤のうえのコレクション

おしまい











by nakajimaakira1948 | 2011-09-03 12:42 | 28-105mm AF Nikkor | Trackback | Comments(12)