よい お年を

2011年12月31日(土曜・大晦日)

みなさま、もうひとつ寝ると2012年ですね
このあいだ 2001年になり新世紀だと言っていたのに はやいものです

2011年の最後は コムギの写真です




1
b0069128_840479.jpg

おいっ

コムギと いつもの服部緑地公園へ行きました
急な坂を 登りきったところです

右前足をあげているのは 「はて、どちらへ行こうかなぁ」 と考えているのです

コムギ 「ううむ」
わたし 「おいっ」





2
b0069128_8431181.jpg

なんやぁ

むつかしい顔をして振り返りましたが
右前足は あげたままでした

コムギ 「なんやぁ」



***********************************
 ■ 2011年12月23日
 ■ Micro Nikkor 60mm F2.8D + D700
 ■ 絞り優先オート、絞りF4
 ■ ISO400
 ■ 露出補正 マイナス1/3EV

***********************************

今年も いろいろ ありがとうございました
来年も よろしくお願いいたします m(_ _)m











by nakajimaakira1948 | 2011-12-31 09:01 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(36)

2011年12月24日(土曜日)

むかし、レンズメーカー製の超広角レンズは使えないという話しを 良く聞きました。

わたしが始めての超広角レンズを手にしたのは
1980年代始めのコシナ20mmですが コシナはそんなに悪いレンズとも思いませんでした。
大きな歪曲収差と 逆光に極端に弱かったですけど。

最近、1972年製のスピラトーン・ネームの シグマ18mmF3.5を手に入れましたので
その試し撮りをしてみました。

1972年と言えば、わたしが働き出した年で もう40年前になります。




1
b0069128_9351081.jpg

Spiratone YS 18mm F3.5

日本のシグマがOEMで造った、スピラトーンの18mm F3.5 とはこんなレンズです

全金属製の鏡胴はずっしりとして ねっとり回る距離リングとともに 高級感があります

単層膜コーティングの反射の数から判断して きっと7枚か8枚構成だと思います
距離や絞り目盛りは、彫りは浅いですが ちゃんと彫りこまれております


最短撮影距離は17cmで 寄れます
フィルター径は72mmと大きいのですが、フィルターが 丸く飛び出した前玉と干渉しないように
また 画面隅がケられないように ステップアップリングを嵌めたようなラッパ型になっています

絞りは開放F3.5からF22ですが、YSマウントはニコン用で F5.6に黒い連動爪が付いています
ニコンの連動爪の黒いのは はじめて見ました

YSマウントとは、シグマの山木社長から取った 「山木システム」の略で 「YS」と名付けたと 読んだことがあります
タムロンでいう 「アダプトール」みたいな、各社マウントに交換可能なマウントでした




2
b0069128_1081583.jpg

焦点距離20mm以下のレンズたち

わたしの 焦点距離20mm以下のレンズたちです

左から
1999年製 Voigtländer (コシナ) Heliar 15mm F4.5
1980年頃 Cosina (コシナ) Wide Angle 20mm F3.8
1972年の Spiratone (シグマ) YS 18mm F3.5
2005年の Sigma (シグマ) EX 10-20mm F4-5.6

右端の シグマ10-20mmは ズームで AF駆動用モーターが入っているので大きいのは判りますが
左端の コシナのコンパクトさに驚きます、やはり一眼レフのレトロフォーカスはデカくなるんですねぇ

ところで、なぜ米国の機材商社のスピラトーン(Spiratone)18mmが シグマ製だと判ったかということですが
製番の Σ-721002585と、レンズキャップのロゴで判るのです
シグマの 「Σ」 印しが入っております

b0069128_10381946.jpgSIGMA Mark 1
ペンタ部の 「Σ」のロゴマークをご覧ください

シグマは レンズメーカーですが カメラも造っています
この写真は 珍品の シグマ マーク1で
富岡光学の トミノン 21mmF3.5 付きです

【写真はインターネットより】








3
b0069128_10475560.jpg

Spiratone 18mm F3.5 on D700

D700に ハメてみました
いひひひ、かっこええです

さあ、写真に行ってみましょう




4
b0069128_10541338.jpg

あかん

絞り開放で 最初の1枚です
あかん (涙)

中央のペンタックスSLにピントを合わしたら
周辺光量不足の四隅が ぼんやりボケております




5
b0069128_112771.jpg

たな

絞り開放で カメラ棚を撮ってみました

歪曲収差は18mmにしては 極小のタル型ですが
とにかく 周辺が甘いです




6
b0069128_11134227.jpg

家の裏

無限遠ならどうだと 開放で撮りました

わたしは 超広角レンズで四隅が周辺光量不足で暗くなるのは かまわんのですが
これは ちょっとひどいようですね

歪曲収差は ニコンのAi AF ニッコール20mmF3.5よりだいぶマシです
Ai AF ニッコール20mm、持ってないけんど




7
b0069128_11283137.jpg

近接はどうだ

最短撮影距離付近です、開放で ニコマートELを撮ってみました

画面中央の画質はええけど 画面上下は流れています
右上の流れは なんじゃコレ




8
b0069128_1134777.jpg

すね寝のコムギ

やはり 中央の眼の部分はええけど 左上の布は流れています

コムギ、すまん _| ̄|〇




9
b0069128_11405393.jpg

クリスマスのカフェ

「家の中で撮ってるのでアカンのだ」 と 外へ
176号線沿いのカフェです

距離1m、絞りF8 だけが オレンジ色になっています
よし、それで撮ったらええのか

このレンズ、非Aiですので Mマークに合わさないと絞られないようです
結局、距離1mで絞り開放で撮ったことになり この写真にはピントがありません (;。;)




10
b0069128_115131100.jpg

市役所のわんこ

そんなわけで、絞りF8にして撮った1枚目です

うん?
「本当に絞りF8かぁ」
F8まで絞っても なにも変わらんです
いやっ、きっとこれも開放で撮ったのでしょう

写真も下手くそやし
もっと近づきたかったけれど 植木があって近づけませんでした




11
b0069128_121444.jpg

府営桜塚住宅

これは F8で撮っております

この団地、1972年製と書いてあります

おいっ、スピラトーンよ
君と同い歳だよ~

まだ四隅が暗くなっておりますが 最近のシグマ10-20mmズームよりマシのような気もします




12
b0069128_121539.jpg

ちょうちん

F8で 特には破綻のない描写ですね

と、思ったけれど 左上の電線の色収差がひどいです




*************************************
 ■ 2011年12月23日 & 24日撮影
 ■ 1~2枚目   Micro 60mm + D700
 ■ 3枚目      Micro 60mm + D80
 ■ 4~12枚目  Spiratone 18mm F3.5 + D700
 ■ 絞り 開放 & F8
 ■ ISO 400~1250

*************************************

やはり むかしの人の言ったことは当たっておりました
「40年まえのレンズメーカーの超広角は使えない」です

・解像力不足
・周辺光量不足
・周辺の流れ多し
・色収差多し

現代のシグマ10-20mmをD80に付けて 何も考えずに撮ったほうが数段きれいに撮れます
でも 40年前の超広角の歪曲収差の小ささだけは目を見張るものがありました (^^)











by nakajimaakira1948 | 2011-12-24 13:17 | 18mmF3.5 Spiratone | Trackback | Comments(19)

2011年12月18日(日曜)

一気に寒くなりましたねぇ

コシナの スーパー ワイド ヘリアー 15mm F4.5 を
松下さんのG1に付けて コムギと散歩に出かけました

このレンズ、前世紀末の1999年に コシナさんから発売されたときは
ライカ レンジファインダー用の超広角15mm、距離計には連動しませんが焦点調節可能と
だいぶ話題になりました

で、発売されてすぐに 無理して買いましたが 外付けファインダーでは ろくな写真が撮れず
ほとんど 棚の肥しになっておりました

G1では、焦点距離は2倍の30mmになってしまいますが
とにかく レンズを通して世界が見れます

写りは どんなんかなぁ
写真は、いつものように絞り開放で撮り 撮った順に並べています




1
b0069128_943162.jpg

道ばたコムギ

近所の道ばたです

ファインダーで覗けるけれど
被写界深度が深いので ピントが合っているかどうか判りません

ライカで撮るときと同じように レンズの距離目盛を利用して撮っています
やっぱり ピントが甘いです

右下の影は しゃがみ込んで撮っている わたしです




2
b0069128_940768.jpg

公園コムギ

近所の公園です

ピンクの自転車にピントを置いて 置きピンで撮っています
女の子のボールが宙に浮いている瞬間にパチリです

やはり銀塩用のレンズなので 逆光ではゴーストが出ていますね
コムギは 珍しくトコトコ走って ピンボケです




3
b0069128_1025853.jpg

熊野田幼稚園

「〇〇ちゃ~ん、はやく~」と 女の子が叫んでいます
わたしは 〇〇ちゃんが笑いながら出て来るのを フェンスの網からカメラを入れて待っておりました

「あの~」と きれいな声が聞こえます
きれいなおねぃさん先生が 「こどもの顔は 撮らないでくださいねぇ」

せっかくMFアシストで すべり台の出口に置きピンしていたのに
ガックリです




4
b0069128_10115833.jpg

空飛ぶワンコ

空飛ぶワンコがおりました

ワンコの右眼にピントを合わせましたが 開放F4.5でも非常に被写界深度が深いです
理屈は良く判らんのですが、理論上 被写界深度は30mm F9 で撮っていることになるんですって




5
b0069128_10261030.jpg

どうぞ ご自由に

どうぞ ご自由に お持ちください
とは 書いてなかった 生協の冊子




6
b0069128_10302751.jpg

旧家

熊野町の旧家です
このあたり あたらしくした旧家が多いです




7
b0069128_10345896.jpg

丸窓の壁

丸窓の開いた壁に 不思議な影がかかっていました

熊野町にて




8
b0069128_10392035.jpg

なめたら あかん

これっ、コムギ
なめたら あかん

ピントは後ろの木の根元あたりです (涙)

八坂神社にて




9
b0069128_1043392.jpg

ブルーシート

かぶとむしのオーナーさん、半分だけ新しいブルーシートに替えたようです (^^)

MFアシストで フロントのロープにピントを合わせてみました
ええ写りで~す



***************************
 ■ 2011年12月17日撮影
 ■ Super Wide Heliar 15mm F4.5
 ■ 絞り 全部開放

***************************



おまけ
b0069128_10582389.jpg

Voigtländer Super Wide Heliar 15mm F4.5

スーパーワイド ヘリアー 15mm F4.5 は こんなレンズです

 ■ 1999年発売 No.9911089
 ■ ライカL39 スクリューマウント
 ■ 6群8枚構成 非球面レンズ1枚
 ■ 最短撮影距離30cm 距離計非連動
 ■ 重量 105g

しばらくしてコシナさんから ライカMマウントで 距離計連動タイプの新型が発売されました

でも わたしは、バルナック型のIIIf に敬意を表して スクリュータイプが良いのです ← 使いませんけど

■ 2011年12月18日 ■ Micro 60mm F2.8D + D700









 
by nakajimaakira1948 | 2011-12-18 11:21 | 15mmF4.5 S.W.Heliar | Trackback | Comments(10)

幕張へ

2011年12月13日(火曜日)

12月10日(土)と11日(日)は おふくろの13回忌で幕張へ行っておりました。

13回忌と言っても 特に何もするわけでもなく、兄貴の一家と お嫁に行った姪の一家と わたしと女房で飲み食いするだけです。
わたしの息子は 仕事で行けませんでした。

写真は 撮った順番にならべております。




1
b0069128_1253499.jpg

富士山

ウトウトしていたら 「左手に富士山が美しいです」と 機長のアナウンスです
あわててカバンからカメラを引っ張り出し パチリ

寝ぼけていたのか カメラが悪いのか 富士山よりも飛行機の羽根にピントで~す
いやっ、腕が悪いのです




2
b0069128_13131329.jpg

姪の息子

姪(めい)の息子です




3
b0069128_13164038.jpg

11階からの眺め

まだ3時過ぎですが、11時過ぎから始めた宴会も終わり ベランダから酔い覚ましの1枚です

どちら方面を撮っているのか良くわかりませんが、海側でなく山側のほうだと思います

前回は2007年の3月にここに来ていますので 足掛け5年まえです
あのときは、出張帰りに 門前仲町で6時間 arizoさんと飲んだ夜に転がりこんだんです




4
b0069128_13435841.jpg

ランドクルーザー

兄貴と 酔い覚ましの散歩に出かけました
前回来たとき 雨が降ってきたので 行くのをやめた幕張の梅林をめざします

懐かしいランドクルーザーがありました
1986~7年にかけて イラン・イラク戦争中のイラクで ランクルを良く運転しました
う~む、ほんとうに懐かしいです

西日のなかで 古い車体が美しいですね




5
b0069128_13554263.jpg

Konyo Aoki

青木昆陽(あおきこんよう)さんが 甘藷(かんしょ = さつまいも)を育てたところです

説明看板には 日本語でゴチャゴチャだらだら書いてあります
英語は簡単でした
Back in 1735, Konyo Aoki tried to grow sweet potatoes on this land.




6
b0069128_1492363.jpg

きれいなおうち

どちらを向いて歩いているのかわかりません
ひたすら 兄貴のあとを歩きます

きれいな英国風のおうちがありました




7
b0069128_14164661.jpg

わんこの散歩

だいぶ 暮れてきました
わんこの散歩をしているおねぃさんがおりました

この写真、暗部にノイズが多いなぁと exif データを見てみますと
■ シャター速度優先オート
■ シャッター速度 1/100秒
■ 絞り 開放F4.5
■ ISO3200 (設定は ISOオート)

どこかで 絞り優先オートをプログラムオートにしたつもりが シャッター優先オートになっていました
なんとこのままで、翌日11日も家に帰るまで ずっと1/100秒で撮り続けたのでありました (泣)




8
b0069128_14405113.jpg

梅林

「これが梅林」と 兄貴が言います
もう真っ暗で 何も見えません

せっかく来たので スピードライトを焚いて1枚、ピカッ
左側の木は 梅ではありませんね




9
b0069128_14542392.jpg

電車で帰ります

見えなかった梅林を見た?あとは 総武線の幕張本郷駅から1駅だけ電車に乗って帰ります

いつも手ブレするのに クリアーだなぁと思ったら
シャッター速度優先で 1/100秒やもんね
しくしく




10
b0069128_1552360.jpg

踏み切り

総武線の幕張駅で降りてしばらく歩くと 京成線の踏み切りがあります

ず~っとむかし来たときは 単線だったように記憶していたのですが
ちゃんと2本線路がありました
兄貴に聞いたら 「昔から ちゃんと2本ある」とのことでした




11
b0069128_1524361.jpg

セダンが無い

12月11日の朝、またベランダに出て下を見ると なんとセダンがありません
幕張のひとは セダンって知らんのかなぁ~




12
b0069128_17136100.jpg

花見川

どなたかのブログで 花見川サイクリングロードを紹介されておりました
それが梅林と同じで 頭から離れず、幕張へ行ったら必ず行くと決めていました

日曜日の11日、帰る準備をして 兄貴に連れて行ってもらいました
これが花見川です

もう海が近く 流れはほとんどありません
写真の手すりの左側数メートルのところに サイクリングロードがありました

サイクリングロードをぷらぷら歩いて 遠回りで幕張駅へ出て帰りました




13
b0069128_17302018.jpg

のぞみ33号

帰りは新幹線です
うなぎ弁当とビールを買って余裕です、これから乗る「のぞみ」をパチリ




14
b0069128_17354339.jpg

富士市と富士山

「のぞみ」でも、「今日は 富士山がきれいです、6分間 富士山が見られます」 とのアナウンスがありました
でも 缶ビール大でええ気持ち

手前のプラントがブレているのは、1/100秒のシャッター速度優先にしているため
左下がりになっているのは いつものことですが、強烈に下がっているのは 缶ビール大のためです

いずれにしても 腕が悪いので~す



************************************  
 ■ 2011年12月10日 & 11日撮影
 ■ Ai AF Nikkor 28-105mm + D700
 ■ 1 ~ 5枚目 絞り優先オート、絞り開放
 ■ 6~14枚目 シャッター速度優先オート、1/100秒
 ■ ISOオート、露出補正すべてマイナス1/3EV

************************************











by nakajimaakira1948 | 2011-12-13 18:29 | 28-105mm AF Nikkor | Trackback | Comments(9)

ポラロイド

2011年12月10日(土曜日)

ポラロイドが また復活しています
   ↓
http://polaroidjapan.com/


デジタルカメラの普及にともない
撮影後その場ですぐ見られるという ポラロイドの最大のメリットを取られてしまって
ポラロイドは もう撤退したのかと思っていたのですが ・・・

それで今日はポラロイド写真です




1-1
b0069128_13281649.jpg

出発進行

かわいい兄妹を乗せて おとうさんワンコが運転手です




1-2
b0069128_13333914.jpg

「出発進行」の元画像

「いつになったら涼しくなるのかぁ」と 大汗をかきながらの散歩中に見つけました
なんとも可愛いので、コムギ入りバッグが邪魔になるのに ひざまづいて撮りました

■ 2011年9月6日
■ AF Nikkor 28-105mm + D700
■ プログラムオート




2-1
b0069128_13453220.jpg

なにしてるのん?

暑いので ベッドに転がって わたしがカメラを触っているのを眺めてます




2-2
b0069128_13535266.jpg

「なにしてるのん?」の元画像

ポラロイドの画像が かなり赤っぽいですね
昔からなんですが ポラロイドでは日陰や室内写真の場合に赤っぽく写りますね

これは欧米人の白い肌を 日陰や室内写真でも青白くしないためと聞いています
コダックのカラーフィルムも この傾向があります

■ 2011年9月19日
■ Micro Nikkor 60mm 2.8D + D700
■ プログラムオート




3-1
b0069128_1483297.jpg

見つめあう二人

可愛い女の子と コムギが見つめあっています




3-2
b0069128_14125270.jpg

「見つめあう二人」の元画像

女の子 『 あっ、わんわん 』
コムギ 『 えへへ、コムギだす 』

暑さもちょっとマシになった10月、近くの大塚公園の古墳にて

■ 2011年10月20日
■ SIGMA AF 17-70mm + Pentax K100D
■ 絞り優先オート



ポラロイドカメラを買ったのではありません
ポラロイド写真を味わうのは 1978年にSX-7で撮って以来です

あなたのデジタル写真を 四角いポラロイド写真に変換するポラロイド社の無料ソフトがあります
      ↓
http://www.poladroid.net/download.html


【 ダウンロードと使用上の注意点など 】

・ 英文です

・ 無料ソフトです、 「Make a Donation (寄付します)」のボタンがありますが 押さぬこと

・ ダウンロードできたら 大きな「ポラロイドカメラが茶色い写真を吐き出している」アイコンが現れます
 その茶色のところに あなたのjpeg写真を ドラッグ&ドロップします

・ 1~2分でポラロイド写真が出来上がります、だんだん画像が現れてくるのが見られて楽しいです

・ ポラロイド写真のファイルが どこに保管されたか判りませんが、
 Windows-7では ¥デスクトップ ¥ライブラリー ¥ピクチャー の中に保管されます

 
・ jpeg 画像をポラロイド写真に変換してくれますが 真ん中部分だけで両端は切り捨てられます
 日の丸構図の写真を使いましょう











by nakajimaakira1948 | 2011-12-10 05:02 | 17-70mm AF SIGMA | Trackback | Comments(14)

2011年12月3日(土曜日)

さて今回は、プリマドンナという美しい女性と 恐ろしい怪獣のゴンから生まれた
プリマゴンという娘の話しです




1
b0069128_21511215.jpg

Primagon 35mm F4.5

うそでした、レンズの話しです
メイヤーの プリマゴン35mm F4.5を ご存知でしょうか

ドイツのメイヤー光学(Meyer-Optik)は、ヒューゴ・メイヤー が
1896年にポーランドとの国境の町ゲルリッツ(Görlitz)に設立した とても古い光学メーカーでした

b0069128_21543096.jpg 



 ヒューゴ メイヤー(Hugo Meyer 1863-1905年)
 若くして亡くなった ヒューゴ・メイヤー氏です

 【写真はインターネットより】



メイヤー社は 戦前はカールツァイスと並ぶ 著名な光学メーカーだったのですが、第2次世界大戦後は東ドイツに組み込まれ
のちに東独ツァイスとともに VEBペンタコンになり ベルリンの壁崩壊のあとに消滅してしまいました

注) 最近になって日本では 「メイヤー」と読まず 「マイヤー」 と呼ぶかたもおられます
   実際の発音に近いのでしょうが このブログでは むかし通り 「メイヤー」と呼んでおります


さておき、このプリマゴン35mmF4.5 は、1950年の世界初のレトロフォーカス広角 仏国のアンジェニューから
遅れること数年 1956年から1962年まで造られました
わたしのプリマゴン35mmは、シリアルナンバーが 1751437ですので最初期の1956年製です

アルミ削り出し鏡胴に入り 前玉が大きく なかなか堂々とした外観です
最短撮影距離は40cm、絞り羽根は10枚、薄青色と薄赤色の単層膜コーティング(赤色でVのマーク)です
プラクティカ(=M42)とExaktaマウントで製作され わたしのプリマゴンはエキザクタのほうです

虫めがねでコーティングの反射を調べますと 大きな反射が2個と 小さな反射が6個くっきり見えます
これはレトロフォーカス(結像レンズのフランジバックを凹レンズで伸ばす)の前玉凹レンズ1枚と結像レンズ3枚で
レンズ構成は 4群4枚構成のレトロフォーカスということです

いやっ、メイヤーのドミプラン50mm F2.8は 3枚玉だけれど 抜けの良い写りをしていたのを思い出し
松下さんのG1に プリマゴンを付けて試写してみました


55年むかしの プリマドンナとゴンの娘、プリマゴン35mm F4.5 の写りはどんなんでしょうかぁ~
写真は 撮った順番に並べております。

■ 2011年11月30日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D + D700
 



2
b0069128_2220304.jpg

ラグビーフットボール

ISO 1600 です
高感度ノイズに弱い松下G1なので 暗い部分のノイズが目立ちますが
ラグビーフットボールの質感は出ているのではないかと思います

■ 絞り F4.5 開放




3
b0069128_2229118.jpg

投票のあと

大阪知事選挙の投票のあとです
投票会場の 豊中第三中学校の下駄箱をパチリです

■ 絞り F4.5 開放




4
b0069128_22372716.jpg

しろにゃんこ

豊中三中から八坂神社へプラプラ散歩です
八坂神社で しろにゃんこが すり寄ってきました

動くヤツは MFではジャスピンでは撮れません

■ 絞り F4.5 開放




5
b0069128_2243450.jpg

なにかなぁ~

コムギが 黄色のタライの中の落ち葉を覗きこんでます
コムギのすぐ右側の 砂利にピントが合っています

AFだったら中抜けですが MFなので腕が悪いので~す (涙)

■ 絞り F4.5 開放




6
b0069128_22485314.jpg

エッフェル塔

おねぃさんが エッフェル塔にリボンをかけていました
べっぴんさんだと思ったのですが 左右の目の大きさが違います
レンズのせいではありません

■ 絞り F4.5 開放



7
b0069128_2254198.jpg

枯葉のコムギ

二の切公園のコムギです
ピントが合っているのか いないのか

■ 絞り F4.5 開放




8
b0069128_22574376.jpg

ユンボの関節

プリマゴンに ナウい景色を見せてあげました
「プリマゴンちゃん、あなたの時代には こんなん無かったやろ~」

■ 絞り F4.5 開放




9
b0069128_2342587.jpg

被写体ブレ

ここまで全部 絞りは開放のF4.5でした
2日後の11月29日 またコムギを連れての散歩です

ここからは 1段弱絞ってF5.6です

「これっ、動くな」
ぐすん、被写体ブレです

うさぎ川沿いの公園で

■ 絞り F5.6




10
b0069128_23193468.jpg

うさぎ川

うさぎ川に生える大樹です

これぐらいの距離が プリマゴンにはええのかなぁ

■ 絞り F5.6




11
b0069128_23243117.jpg

はたけ

さすがプリマゴンちゅうか 35mmです
F5.6まで1段弱絞ると おじさんから遠景までシャープです

上野にて

■ 絞り F5.6




12
b0069128_2330267.jpg

古い家

プラプラ歩いて豊中高校の近くまで来ました

古い家の屋根瓦や2階の木製雨戸、ほとんど見たとおり写っています
うれぴぃ~

■ 絞り F5.6




13
b0069128_2336430.jpg

お米屋さん

看板が白くなって読めませんが お米屋さんです
お米屋さんの左の道のすぐ向こうが 豊中高校です

■ 絞り F5.6




14
b0069128_23404962.jpg

ピントは たぬき

35mmでF5.6まで絞っておりますので 被写界深度は深く全面にピントが合って見えます
ピントは ガラス窓の向こうの太鼓をたたく たぬきに合わせました

豊中高校ちかくの幼稚園にて

■ 絞り F5.6




15
b0069128_2346048.jpg

ピュー

画面中央に 可愛い女の子がおりました
撮ろうと思ったら ピューと走って左のほうへ ・・・
はっ、はやい



***********************************
 ■ 2011年11月27日 & 11月29日
 ■ Primagon 35mm F4.5 + Panasonic G1
 ■ 11月27日: 絞りF4.5開放、11月29日: 絞りF5.6
 ■ 露出補正 すべて マイナス1/3EV
 ■ ISO 1600 & オート、WB オート

***********************************











by nakajimaakira1948 | 2011-12-03 00:26 | 35mmF4.5 Primagon | Trackback | Comments(16)