<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

おおみそか

2012年12月31日(月曜日)

いつのまにか 大晦日になりました

今朝撮った いつも変わらない気楽な写真です



来年も よろしくお願いいたします  〇| ̄|_




1
b0069128_9554399.jpg

おおきくなりました

朝ご飯を食べて もうすぐウンチです
トイレに入れられても 元気いっぱいです

ミミちゃん、11月2日家に来た日に634gだったのが 12月30日には1700gを越えております
おおきくなりました
家の中を 2本の足がそろったオオカミ走りで疾走しています





2
b0069128_1051911.jpg

マイペース

マイペースで 転がっているコムギです

やはり舌が出ています




*****************************
 ■ 2012年12月31日朝 撮影
 ■ Ai AF Nikkor 35mmF2D + D700
 ■ ISO1600
 ■ プログラムオート

*****************************











by nakajimaakira1948 | 2012-12-31 10:21 | 35mmF2D AF Nikkor | Trackback | Comments(36)

クリスマスイブの淀屋橋

2012年12月25日(火曜日)

みなさま Merry Christmas ♪♪♪

きのうのイブの夕方 ひさしぶりに淀屋橋へ行きました


ワンコは無しです
身軽なので 重いD700を持って行きました






1
b0069128_10344250.jpg

茫然自失

たそがれの空を飛ぶパン屋さんを見つめて
少年の手の力が抜けてしまっております

パン屋さんは ゆっくり回っているのですが、この少年は茫然自失のまま ずっと見続けておりました

おねぇちゃんは余裕で カメラを取り出してパチリ




2
b0069128_10521146.jpg

中学生のとき

わたしは この近くの菅南中学(菅原道真公の天満宮の南の意味です)という
いまは無くなってしまった中学校に通っておりました

ボートが得意だったわたしは 学校が終わったあと一人で貸しボートを借りて
ここまで漕いで来たときのことです

おおきな船が来て わたしの手漕ぎボートを追い越して行ったのですが
ボートが船の大きな横波を受けて転覆してしまったのです

さいわい夏のことで寒くはなかったのですが 転覆して裏返ったボートを起こすことが出来ません
泳ぎながら、当時あった手すりに ボートのロープを縛り付けました
それから トボトボ歩いて貸しボート屋さんにたどり着き 泣きながら事情を説明しました

親切な貸しボート屋さんは
「ボートは横波に弱い。大きな波が来たら ボートを波と直角の方向に向けなければあかんよ」と慰めて
わたしと一緒に転覆現場まで歩いて行ってボートがあるのを確認し
「よっしゃ、よく手すりにロープを縛り付けれたね。 あとは やっとくので家にお帰り」 と
超過料金も取らずに 後始末をしてくれたのです

両親にも兄にも話さなかった ボート転覆のこと、ここに来ると懐かしく思い出すのです




3
b0069128_1129417.jpg

ペルシャ料理

ううぅ~、川風がひゅるる 冷たい 寒い

あったかそうなペルシャ料理の屋台です
イランの人々でしょうか




4
b0069128_113857.jpg

みおつくしの鐘

大阪市のマークの塔です

「不」みたいなのが 大阪市のマークですが
これは 「みおつくしの鐘」の形からとったと読んだことがあるような ・・・
ちがっていたら ごめんなさいね




5
b0069128_11452991.jpg

中央公会堂

ルミナリエ大阪ルネッサンスでは、2年ぐらい前からプロジェクターで中央公会堂の壁に サイケデリックな模様を映しています
わたしは オリジナルのほうが好きです

写真は 青白いライトが当たっているようです




6
b0069128_1153875.jpg

水晶橋

水晶橋は 1929年(昭和4年)に日立造船が建設した可動堰(せき)でした

その美しい形態から 後に橋となって 現在は水晶の色にライトアップされております




7
b0069128_1232196.jpg

日本銀行

ひゃあ~、ルミナリエは クリスマスイブと休日が重なり すごい人出です

わたしは早々に逃げ出して 御堂筋の西側へ
日本銀行です

35mmしか持ってきてないので 構図に自由度がありません




8
b0069128_12462293.jpg

御堂筋ライトアップ

御堂筋のライトアップです

ルミナリエだけかと思ったら ここも凄い人です

画面右上のお陽さま(ウソです)が 14本の光線を発射して異様に目立ちますね
ううむ、この35mmF2の絞りは 7枚だったのか




9
b0069128_1254771.jpg

大阪倶楽部

人の多い御堂筋を西側に曲がります

大阪倶楽部です
うん? 2階より上の電灯が消えています
今夜は やってないのかしら




10
b0069128_12584382.jpg

OSTERIA

へへへ、この角は 10番街の殺人が起こるような不気味なとこでしょ

オステーリアは たしかイタリア料理屋さんで~す




11
b0069128_136174.jpg

橋脚

また御堂筋に戻ってきました
大江橋の橋の上から 阪神高速の橋脚を撮っています




12
b0069128_13164275.jpg

北新地

北新地がゴーストタウンのようでした

左側の GOTS5の文字が GHOST(幽霊)に見えましたよぉ~

さあ 帰りましょう




13
b0069128_13205043.jpg

夜の学校

行くときは北大阪急行(地下鉄御堂筋線)でしたが、帰りは阪急電車で帰りました
女房に電話して 「食事をして帰る」と言うと 「クリスマスプレゼントやねぇ」と喜ばれました


写真は 近所の桜塚高校です
昼間は生徒たちで騒々しいですが 夜は怖わ~ です





*****************************
 ■ 2012年12月24日撮影
 ■ Ai AF Nikkor 35mmF2D + D700
 ■ 絞り優先オート & プログラムオート
 ■ ISO800~1600
 ■ 露出補正は それなりに

*****************************











by nakajimaakira1948 | 2012-12-25 13:38 | 35mmF2D AF Nikkor | Trackback | Comments(20)

2台ずつ

2012年12月22日

ひさしぶりに 風邪を引いてしまいました。
退職してからは ほとんど風邪を引かなくなったのにぃ。

それで 写真はしばらく前のものです。
味わい深いカメラを 2台ずつ撮ってみました。

いろいろなことを 歯に衣を着せずに書いておりますが
全部 わたしの独断と偏見に満ち溢れた見解ですので
カッカせずに どうか読み流してくださいね。




1
b0069128_1349373.jpg

1959年製の2台

1959年に発売された2台です

右側が 1959年3月の ミランダ製ミランダS
左側が 1959年6月の 日本光学製ニコンF です

フィルム巻上げが ノブからレバーに
シャッタースピードが 1/500秒から1/1000秒に
ミラーが 巻き上げで復帰から クイックリターンに
絞りが プリセット絞りから完全自動絞りに
セルフタイマーが付いたし

いろいろな進歩があって 似ても似つかぬ性能の機体になりましたが
外観は わたしに言わせれば 「うりふたつ」です




2
b0069128_144037.jpg

撤退と倒産メーカーの2台

左側が 1963年製トプコンREスーパー です、トプコンは1981年に一般カメラ産業から撤退しました
右側が 1964年製ペトリフレックス-7 です、ペトリは1976年に倒産してしまいました

かたや トプコンREスーパーは米国ベセラー商会に外観デザインをまかせてしまい
かたや ペトリフレックス-7は 外観をあのコンタレックスブルズアイに似せて造りました

しかし いまになって見れば 2台とも何と素晴らしいデザインでしょう




3
b0069128_14363248.jpg

思い出の2台

右側が 1963年製の 千代田光学のミノルタSR-1
左側が 1964年製の 旭光学のペンタックスSP です

ミノルタSR-1は 1964年に わたしが死んだ親父に買ってもらった 初めての一眼レフでした
ファインダーは マイクロプリズムもスプリットイメージも無い フレネルレンズだけの全面マットです
でもその明るさは素晴らしく レンズの被写界深度ボタンを操作しながら何でも撮ったものです
中学2年生のときから就職するまでの8年間 ボロボロになるまでずっと使い続けました
写真のSR-1が美しいのは ずっと後で八百富で買った新品同様の同型機だからです
ボロボロになったSR-1は、磨いても綺麗にはならないけれど いまでも大事に持っております

旭光学のペンタックスSPは わたしが就職した1972年にまだ販売されていた 脅威のベストセラーカメラです
絞込み測光でしたがTTL露出計が入り 「みんなが持ってるペンタックス」ちゅう感じでした
ファインダーは露出計の定点と針だけのシンプルなものでしたが マイクロプリズムが中央にありました

「SPを買おうかなぁ」と思いましたが ひょんな事から わたしはニコンにしました
原因は ファインダーの明るさでした
ミノルタSR > ニコンF > ペンタックスの順でした

でも当時のミノルタは どのレンズも絞りリングのクリックが弱く勝手に開放側に動いてしまうことがあるように思えたのです




4
b0069128_15183128.jpg

ドイツの2台

右側は 東独イハゲー社の 1958年製 エキザクタ ヴァレックスIIa (ヴァージョンIII)
左側は 西独ツァイスイコン社の 1959年製 初代コンタレックスです

エキザクタを買ったのは、いろいろな安いレンズで写真を撮るのが好きなわたしが
エキザクタマウントのレンズが 同構成のプラクティカマウント(=M42)レンズよりも ずっと安く買えることを知ったからです
でもエキザクタのボディは 人間工学に反するように これでも落とさんかぁと言わんばかりに 左右がすぼまっていました

コンタレックスブルズアイを買ったのは まあ「見栄」からですね (^^)
1987年に イランと戦争中のイラクから帰国して お金もあったのでついフラフラと
おかげで 25年間のあいだ高価な交換レンズは1本も買えず いまだに付いていたプラナー50mmF2だけです




5
b0069128_15373426.jpg

ライツ社2台

左側が 1950年発売の ライカ IIIf
右側が 1954年発売の ライカ M3 です

どちらも戦後のカメラですが、M3の時代のライカが 機械的な意味でライツ社の一番良かった時代だと思っています
M3以降は 2重像合致機構が簡略されたM2となり そのあとのM4以降では巻き戻しクランクがひん曲がって付いており
ライカは 「性能と美しさ」と思っているわたしには M3以降のライカは相容れませんです

バルナック型最後の(IIIg ちゅう後出しみたいのがありますが)IIIf は、その形が美しいです
おそらくバルナック型、M型を通して一番美しいのではないかと思います
しかし とてもフィルムを入れにくい構造なので 屋外でフィルム交換する必要のある場合は持ち出せませんでした




6
b0069128_1682013.jpg

アメリカで好評だった2台

右側が 1964年のキヤノンFX
左側が 1966年のミノルタSRT101 です

不細工だったキヤノンフレックスから 何とスマートなカメラになったのでしょう、キヤノンFXは
CdSメーターも付いて アメリカで大好評だったのがうなづけます
絞込み操作が非常にやりにくいです、でも外観はカッコええです
いつごろからか キヤノンは軟体動物系のデザインになってしまったけれど ← ごめん 〇| ̄|_

ミノルタSRT101は、そのアメリカでキヤノンを駆逐してしまったとか
TTLになり 空の明るさの影響を受けない評価測光を開発して、ファインダーの抜群の明るさは今までどおり
アメリカでのボロ勝ちもうなづけるのですが、レンズの絞りが開放側に動きやすいのはSR-1のDNAでしょうか




7
b0069128_16372956.jpg

フォールディングカメラ 2台

右側が 1950年製フォクトレンダーの ビトーII
左側が 1951年製ドイツコダックの レチナIIa (type016) です

どちらもレンズに惚れて買ったものですが 実はまだ1枚もフィルムを通しておりません

ビトーII には、テッサー型ですがテッサーを凌ぐといわれる 伝説のカラースコパー50mmF3.5がコンパーラピッドシャッターに
レチナIIaには、シュナイダー製の レチナクセノン50mmF2が シンクロコンパーシャッターに搭載されております

注意点は、コンパーシャッターですので フィルムを巻き上げてから 他のシャッタースピードから1/500秒に速度変更をすると
シャッターは壊れてしまいます

まだ撮ったことがありません、でも どちらも評判のカメラですので 描写はインターネットで簡単に調べることが出来ます m(_ _;)m

撮らずにでも判ることを言いますと、レチナは前ブタを開けると非常に持ちにくくなり皮ケースが必須です
ビトーIIは 前ブタを開けても握るスペースがあり 両側のアールが効いて持ちやすいですが吊カンが無いのでやはり皮ケースが必須です




8
b0069128_17241419.jpg

醜くなりかけの 2台

ニコンFからの その後継機の2台です

左側が 1973年製の ニコンF2 フォトミックS
右側が 1980年製の ニコンF3 ハイアイポイント です

日本光学の最初の一眼レフ ニコンFと較べると だいぶ格好が悪くなってきています
シンプルさが無くなって来ています、醜くくなりかけております

わたしは1995年ぐらいから エンシー・ローガンになり 1981年からずっと使っていたF3のファインダーが見にくくなり
ニコンのAF一眼レフを買おうかなぁと思いましたが、オバケのように醜くく巨大なF4になっていたのでやめました
同時に 一眼レフで撮るのをやめました
ちっちゃくて可愛くて安~い コニカ ビッグミニというフールプルーフ(当時はバカチョンと言いました)カメラを使いました

その後F5になって、顔付きは少し温和になりましたが ボディ下部のバッテリーグリップ部が分離出来ないようになって背が高くなり
重さも非常に気にくわず 「やんぺ」でした




9
b0069128_17552890.jpg

重いと軽いの 2台

右側が 1972年の ニコマートEL
左側が 1980年の ニコンEM

この2台は 気にいっているニコンです

ニコマートELは、1985年ごろ デッドストックが大量に出たのを運良く1台入手しました
これ以上新品でストックしておいても 内蔵LSIが壊れたら修理が効かないので放出されたのでしょう
気楽な絞り優先オートとマニュアルシャッター付きの 全金属カメラです
スタイルも、フォルクスワーゲンのジュージアーロのF3より よほどスッキリしています
でも 780gで重たい

ニコンEM、これは新品を買いました
33年ほど昔の若かったときの話しですが 軽くて嬉しくてどこへも持っていきました
いま調べたら ボディが460gです
外装が全部プラスティックなのは、家ではガックリ(;。;) 外ではルンルン♪♪♪
EM、巻き上げが軽く 小刻み巻上げも可能でした




10
b0069128_1826684.jpg

おまけの2台

現在愛用している2台のおまけです

左側が 2008年の パナソニック Lumix G1
右側が 2011年の Lumix G3

1981年ごろ、700gのニコンF3と 同時に460gのニコンEMを使ってました
このときでも 軽いEMでほっとすることがよくありました

2013年になろうとしている今、995gのニコンD700と 同時に336gのLumix G3 を使うと
軽いG3で ほっとする量は むかしの100倍ぐらいです




*******************************
 ■ 2012年10月11日撮影
 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D + D700
 ■ Speedlight ON

*******************************




おまけ
b0069128_18535980.jpg

1500g

11月2日(生まれて47日目)に家に来たとき 634gだったミミちゃん
きのう12月21日(96日目)に量ったら 1500gでしたぁ~

コムギねぇちゃんは 散髪に行っていないよ~

■ 2012年12月22日 ■ Sigma 19mmF2.8 + Panasonic G3











by nakajimaakira1948 | 2012-12-22 19:03 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(12)
2012年12月14日(土曜日)

「121214の写真」 というタイトルですが 判ります?

2012年12月14日に撮った写真ということです。

2001年からデジタルに転向したわたしは、撮った写真は全て2台の外付けHDDに保管しております。
失敗作も消去せず 1枚残らず全て保管しております。
まあ 絵日記みたいなものですね。

1年にだいたい5千枚程度撮りますので 今までに撮った写真は合計6万5千枚ぐらいです。
それを カメラ別の大ホルダーの中に、日付と行き先を付けた小ホルダーに写真を入れて整理しています。


こんな感じです

b0069128_13395131.jpg

使ったカメラとだいたいの日付を憶えていれば 大ホルダーで行き先を探せばまず写真は出てきます。
小ホルダーには その日撮った順番に並んで写真が出てきます。
VIXを使って縮小圧縮した写真も入っています。


2台の外付けHDDに保管するのは
(1) 外付けHDDに保管するのが 一番速いのと安価だからです
(2) 2台の外付けHDDに保管するのは HDDは壊れるからです
  1台のHDDが壊れたら 残ったHDDを使って新しく買ったHDDにコピーします
(3) 撮った写真は小ホルダーに入れ 出来るだけ早く PCから外付けHDDに入れます

わたしは RAWでは撮らないし リタッチもしませんので
約6万5千枚で 300GB弱です。
いまは2TBの外付けHDDを2台使っていますが、初期には128GBの外付けHDDでしたが なかなか減らなかったです。


長々書きました
それでは ヘタクソ写真にまいります。




1
b0069128_14141046.jpg

コイツで行きます

今日の写真は コイツで行きます

コシナ製フォクトレンダー カラースコパー35mmF2.5です
1999年に安物カメラのコシナが 何を思ったかベッサという距離計連動カメラを発売したときのレンズです

ライツのズマロン35mmF3.5が カラーではどうも色が悪くフレアーも多いので
一発奮起して(えへへ、ほんとは安かったので~す)買いました

ライカM3なんかに付けて しばらく使いました




2
b0069128_14251192.jpg

鉄人28号のレバー

このレンズは 同じレンズで鏡胴のタイプが2通りありました

P型と言って 短鏡胴のパンケーキ型と
C型と呼ばれる クラシックタイプがありました

わたしのは クラシックタイプのC型です
鏡胴に 金田正太郎くんが鉄人28号を操縦するときのレバー みたいなのが付いているでしょ
それで クラシックタイプと呼ばれたのでした ← ウソです

デジタルでの写りは どんなんでしょう




3
b0069128_14472191.jpg

あったかそう

ミミちゃんはまだ起きていましたが コムギと二人で散歩です

近所の公園のコアラが 服を着せてもらってあったかそうです
いや、子供が忘れた服でしょうね

F2.5では 露出オーバーです
ここからすべて F4で撮っております




4
b0069128_1438278.jpg

ええ感じの車

カブリオーレの ええ感じの車がありました
見たとおりに写ってます

うさぎ川ちかくの駐車場




5
b0069128_14543416.jpg

クリスマス

う~ん、もうすぐクリスマスですね

もうちょっと寄りたかったけれど 最短撮影距離が70cmです
ライカ用としては寄れるほうですが




6
b0069128_145903.jpg

坂道

F4のままで 手前の家にピントを合わせています
解像力は 言うことありませんね




7
b0069128_152193.jpg

置きピン

やはりMFは 動くものに弱いです
緑の道具箱の金具にピントを合わせておいて 置きピンですが
コムギにピントが来ていません

おいっ、ガニマタになってるよ




8
b0069128_15101887.jpg

MonoMax

5周年記念号です
買ってきました




9
b0069128_15123113.jpg

Coach万年筆

12月11日、朝トイレで新聞を読んでいたら MonoMaxという雑誌(読んだことありません)の付録に
Coach(使ったことありません)の万年筆が付いているとの広告がありました

散髪へ行った帰りにゲットです
760円790円の雑誌に こんな立派な万年筆を付けて許されるのでしょうか (^^)

重量感たっぷり
カートリッジも2本付いてましたぁ
書き味もよろしいです




***************************************************
 2012年12月14日撮影
 ■    1枚目 Sigma 19mmF2.8 + Pana. G3
 ■    2枚目 Micro 60mmF2.8D + Nikon D700
 ■ 3~7枚目 Voigtländer Color Skopar 35mmF2.5 + Pana. G3

 2012年12月15日撮影
 ■ 8~9枚目 Micro 60mmF2.8D + Nikon D700

***************************************************



おまけ -1
b0069128_15334142.jpg

出してほしぃなぁ~

目が合いました

「出してほしぃなぁ~」

■ 2012年12月8日 ■ Sigma 19mmF2.8 + Panasonic G3




おまけ -2
b0069128_15342218.jpg

出せ~、出せ~

ミミちゃん 「出せ~、出せ~」

■ 2012年12月8日 ■ Sigma 19mmF2.8 + Panasonic G3



おしまい











 
by nakajimaakira1948 | 2012-12-15 15:43 | 35mmF2.5 C. Skopar | Trackback | Comments(14)

冬の日の散歩

2012年12月8日(土曜日)

寒くなりました

暑いのもいやですが 寒いのはもっといやです

写真は、きのう12月7日 午後にすこし暖かくなってから
コムギを連れて 服部霊園、泉ヶ丘小学校から旭ヶ丘幼稚園へ散歩に行ったときのものです

撮った順番に並べております




1
b0069128_8474361.jpg

天竺川ほとり

服部霊園へ行くのには 天竺川に沿って南に歩きます
写真の金網は ガレージと個人宅の境です




2
b0069128_8524091.jpg

ダクタイルパイプ

服部霊園へ入る極楽橋を渡る ダクタイルパイプです

豊中市にありますが 服部霊園は大阪市のものです
水道の使用量を正確に計るため 専用のダクタイルパイプと計量器があります




3
b0069128_8591859.jpg

いつものところ

もう自分のものと思っているでしょうか
いつも必ずこの番地ポールをクンクン臭って まわりを見渡します




4
b0069128_941254.jpg

端っこコムギ

コムギを端っこにいれて 円形の建物をバックにと思ったんですが
コムギが動いて後ろにピントです

あとで AF-Cで撮れば良かったと考えるのですが
いつもAF-Sでピントを合わせ カメラを振って構図を整えています
AF-Cって まだ使ったことがないです




5
b0069128_9124860.jpg

Jonathan's School

泉ヶ丘小学校の前の坂道に 赤い看板の家がありました
International School とありますが なんか和風の家ですね




6
b0069128_917407.jpg

体育館まえ

泉ヶ丘小学校の体育館から女の子たちが出てきて キャーキャー言ってます




7
b0069128_9205519.jpg

女の子ふたり

旭ヶ丘幼稚園の塀の絵です

これは園児が描いたのでしょうか
それとも 看板屋のおっさんが 園児の絵を見ながら忠実に絵を移したのでしょうか




8
b0069128_9262478.jpg

テイラノザウルス

旭ヶ丘幼稚園の横の急な階段をのぼりますと ごく小さな広場がありました

テイラノザウルスがおります
エサにする子豚もおり テイラノザウルスがほくそ笑んでおります



*********************************
 ■ 2012年12月7日撮影
 ■ Sigma 19mmF2.8 + Panasonic G3
 ■ 絞り優先オート、プログラムオート

*********************************




おまけ
b0069128_9372856.jpg

ちびっこギャング

12月2日、家に来てから1ヶ月たちました
ちびっこギャングは、家に来た日が47日目で634gだったのが 77日目で1050gになりましたぁ


■ 2012年12月2日撮影 ■ Sigma 19mmF2.8 + Panasonic G3











by nakajimaakira1948 | 2012-12-08 09:45 | 19mmF2.8 AF SIGMA | Trackback | Comments(10)

梅田で一杯

2012年12月2日(日曜日)

きのうの12月1日の土曜日、用事で梅田に出かけました

13時半に 「たよし」で待ち合わせの用事でした
待ち合わせ場所からして 一杯飲みの用事ですね (^^)

写真は撮った順番にならべております




1
b0069128_9232283.jpg

携帯電話

ちょっと 十三(じゅうそう)で途中下車してチョロスナップを




2
b0069128_9283731.jpg

黒金魚?

梅田に着いて 茶屋町方面をぶらぶらパチリパチリです

この水槽と水、なんかよごれておりますが 見たとおり写っているんですよ
巨大な黒金魚?の おめめが可愛ゆいです




3
b0069128_9341574.jpg

スカイビルと貨物駅

朝早く家を出たもんで、ヨドバシ梅田で46mm径の保護フィルターを買ったりして時間をつぶしたあと
ひさしぶりに大阪駅ビルの屋上にあがって スカイビルと貨物駅をパチリ

今にも降りだしそうな空です




4
b0069128_9405663.jpg

ヒットラー風

ポツリポツリ降ってきました
寒くなって 駅ビルから大丸ルクアの横を通って紀伊国屋へ向かいます

大丸ルクアのウィンドウに ヒットラー風のおっさんがおりました




5
b0069128_946839.jpg

ホロゴンで

ホロゴン16mmをコンタックスG1にはめて
わたしを狙っておられるのは 宇部・博多のsabunikonさんです

昨日京都で講習会があり 博多への帰りに大阪へ出てこられたのです
5時間ほど飲むうちに 何でも話せる昔からの友達のようになりました

わたしも さっき買った46mm径フィルターをシグマの19mmにはめて
sabunikonさんと 撮り合いです




6
b0069128_9594457.jpg

お初さんと徳兵衛さん

酔いざましに sabunikonさんと お初天神へ散歩です

真新しかったお初さんの銅像も みんなが触るもので だいぶ風格が出てきました
しかし 目玉の部分はへっこんでいますので白っぽいままで なかなか美人になりません
あと50年ぐらい経ったら美人になるのでしょう




7
b0069128_10112974.jpg

おっと手振れ補正なしだったょ

お初天神から大阪駅へ
「あれが阪急です」と 一枚パチリ

右端の美人を入れようと あわてて撮ったらブレブレです




8
b0069128_1017157.jpg

ウィンク

阪神百貨店の横を歩いていますと
きれいな3人連れの真ん中のおねぃさんがウィンクします




9
b0069128_1027584.jpg

八百富にて

お連れした八百富で sabunikonさんは コンタックスのTVSを買われました
どうもコンタックスにはまっておられるようです

八百富のショウウィンドウが倒れかけています
ぐあい悪いですね




10
b0069128_10333617.jpg

古今亭

大阪駅で sabunikonさんとお別れし
新梅田食道街の横を通って帰ります

通りがかるおねぃさんやおばさんは寒そうですが
古今亭のなかは あったかそうです




11
b0069128_10374420.jpg

あんパン屋さん

この あんパン屋さん、むかし雑誌に紹介されてから超有名になりました
いつもあんパンを買う人たちで 列ができていますが この晩は少ないようです




12
b0069128_1043274.jpg

雑居ビル

阪急岡町駅で降りて ブラブラ家に帰ります

この雑居ビル、レストランやバーがあって むかし一度入ったことがあります
バーだったけど いまではママさんは変わっているでしょうね

まだ8時過ぎです
コムギやミミちゃん ご飯を待ってるかな~




*****************************************
 ■ 2012年12月1日撮影
 ■ 1 ~ 4枚目 Lumix G 14-45mm + Panasonic G3
 ■ 5 ~12枚目 Sigma 19mm F2.8 + Panasonic G3
 ■ 絞り優先オート、プログラムオート

*****************************************

sabunikon さん、どうも ありがとうございました











by nakajimaakira1948 | 2012-12-02 10:59 | 19mmF2.8 AF SIGMA | Trackback | Comments(14)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31