<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

美しいカメラ (その-3)

2013年10月26日(土曜日)

わたしは 良く写る現代のデジタル一眼レフも好きですが
むかしの一眼レフが もっと大好きです

わたしが 35mm判一眼レフで育ったことが影響しているのだと思いますが
ライカなどのレンジファインダーでは決して見られない ボケの中からだんだんクッキリした姿になってくるのが好きなんですよ




1
b0069128_937498.jpg

TOPCON PR

1959年発売の日本初の35mmレンズシャッター式一眼レフ トプコンPR です
レンズは トプコール50mmF2.8が付いています

このカメラ、中古良品を買って 1週間で壊れてしまいました
巻き上げレバーを巻き上げて戻すと ミラーが上がったままになりました
いろいろ弄(いじ)くっていますと 巻き上げレバーが動かなくなってしまいました (涙)

レンズ固定のカメラですので レンズだけを外して楽しむことも出来ません
修理にも出さず、泣きながらその美しい姿を眺めております





2
b0069128_9473149.jpg

TOPCON uni

1964年の 日本初のレンズシャッター式EE一眼レフ トプコンユニです
ビハインド式のレンズシャッターを使用しており レンズ交換が可能です

レンズは UVトプコール53mmF2 が付いています
このレンズは UVトプコール35mmF3.5と共に抜群の写りを見せます

米国の代理店だったベセラーが加わったと言われるデザインは 1963年のトプコンREスーパーと似ております





3
b0069128_1041436.jpg

Exakta VX 1000TL

1966年にフォトキナで発表された イハゲー社最後のエキザクタ VX1000の最終ヴァージョンです
これ以降のエキザクタは 同じドレスデンのペンタコン製か 日本(コシナやペトリ)製となって行きます

写真のレンズは 東独ツアィスイエナ製の パンカラー50mmF1.8です
シャープネスは西独カールツアィスのプラナー50mmF2に負けませんです





4
b0069128_10274943.jpg

Exakta RTL1000

1970年のエキザクタRTL1000です
このカメラはオリジナルのエキザクタを造っていたイハゲー社製ではなく
巻き上げレバーやシャッターボタンが右側に移った東独ペンタコン製です

しかし 初期のシャッターボタンを押すと絞り込まれて最後にシャッターが切れるエキザクタのレンズが使えるように
左側にもシャッターボタンが付いています
またエキザクタの特長であるファインダー交換も出来るようになっています

写真のレンズは、日東光学のテレコミナー105mmF3.5エキザクタマウントです
日東光学は、低価格で安定した性能のプリセットレンズを 多くのマウントで製造しておりました





5
b0069128_1045356.jpg

アサヒペンタックス SP

1964年、言わずと知れたアサヒペンタックス SP です

右肩にスポットマチックと彫られていますが、これは1960年にフォトキナで試作品が発表されたときに
スポット測光が採用されていて名付けられたものですが、4年後の実機では平均測光になっていました
しかし 旭光学は話題になったSPOTMATICの名前を そのまま使用したのです

レンズも言わずもがなの スーパータクマー(琢磨)55mmF1.8です





6
b0069128_10571737.jpg

キヤノンデミ EE17

1966年の キヤノンデミ EE17 です
可愛い可愛いキヤノンデミ

レンズは キヤノンレンズ30mmF1.7です

オリンパスペン以降 爆発的に流行したハーフサイズですね
まだフィルムが高価だった1960年代、20枚撮りが倍の40枚撮れると人気でした
でも米国では フィルムの売れ行きが半分になってしまうのでコダックが大反対

キヤノンデミ EE17、距離計が無いのに明るい30mmF1.7レンズが付いています
絞り開放では 良くピンボケ写真をつくりました





7
b0069128_11101156.jpg

ニコマートFT

1964年製のニコン初のTTL(Through The Lens)露出機 ニコマートFTです
縦走り金属製シャッターのコパルスクェアーの採用もニコン初でしたね

ニコンの名前が付かないニコレックスなどは マミヤのOEMでしたので
最初はこのニコマートもマミヤ製かと思っていましたが このニコマートはニコン製でした

なんでニコン製って判るのん?
巻き上げレバーの感触が ニコンの滑(なめ)らかさです

このニコマートFT、神戸大地震のとき棚から落下しペンタプリズム部にヘコミが出来てしまいました
写真では判らないようにカメラを斜めに置いています (涙)

レンズは大分あとの マイクロニッコール55mmF2.8Sを付けています





8
b0069128_11335396.jpg

ニコマートEL

1972年のニコン初のEE露出一眼レフ ニコマートEL です
このニコマートEL、発売後10年以上経った1984年に50mmF1.4付きの新品が大放出され
運良くその1台をゲットすることが出来ました

1974年のカメラ綜合カタログを見ますと、ニコンFが10万円で ニコマートEL は9.8万円 けっこう高かったのです
でも 今とは違って手作りみたいなICの時代です、ICの在庫はもうありませんので ICが壊れたら修理不可能です





9
b0069128_11555288.jpg

ニコンF2 フォトミックS

1973年に発売された ニコンF2 フォトミックS です
今見ると 2段屋根のフォトミックファインダーが巨大ですねぇ

ニコンが「ここまで出来ますぜ」と自慢したかったのか EEコントロールユニットDS-2という別売装置を付けると
シャッター速度優先EE露出が出来ましたが その遅さといったら「ギュイ~ン」と音がして絞りリングをゆっくり回しました

写真のレンズは いわゆるヨンサンパーロク ズームニッコール43-86mmF3.5です
普及価格ズームの走りのAi 版で 格好は良いですが写りは酷(ひど)いものでした





10
b0069128_1241321.jpg

ニコンV1

2011年のニコンV1、10mmF2.8付きです

フォーマットはハーフ(APS-C)サイズよりもまだ小さくて
35mm判に換算すると焦点距離は2.7倍に伸びて 27mmF2.8となります

なんや、タイトルの美しいカメラと違うんかぁ?
いやっ、なかなか美しいカメラだと思うのですが ・・・



*******************************
 ■ 2013年10月25日撮る
 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on D700
 ■ 絞り優先オート、絞りF8
 ■ ISO1600
 ■ Speedlight ON

*******************************


おまけ
b0069128_1257437.jpg

フジカシックスIIC 保証票

1952年の フジカシックスIIC の 保証票です

富士は 3ヵ年保証していたんですねぇ

良い時代だったですねぇ

■ 2013年7月23日 ■ AF Nikkor 28-105mm on D700











by nakajimaakira1948 | 2013-10-26 13:08 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(6)

美しいカメラ (その-2)

2013年10月19日(土曜日)

きのうの10月18日、朝起きたら豊中は寒かったです

おとついまでは暑かったので ベランダの扉は開けて網戸にしてたのに
それを締め切ってもまだ寒いので パッチ出してきて穿きました

うんっ、ええ具合で~す
下半身が暖かくなり落ち着いて、美しいカメラ (その-2)で~す




1
b0069128_710430.jpg

Rolleiflex 3.5A (MX)

1951-54年のあいだ造られた ローライフレックス3.5A(MX)です
西独オプトンテッサー75mmF3.5が付いております

このオプトンテッサーは 「鷹の眼」と言われたするどい東独のテッサーの描写に比べて やや柔らかい印象です
世間の風評では オプトンテッサーのほうがシャープということでしたが ・・・

アパルトヘイトが無くなったとは言え まだまだ黒人による強盗事件が絶え間なく起こっていた1997年の南アフリカ
南ア人の友人に連れて行ってもらったビルの上階で マスターが覗き窓から予約した友人であることを確認して
やっと入れてもらったヨハネスブルクの狭い中古カメラ屋さんに置いてありました

750ランドのプライスタグを 720ランド(当時 約1万8千円)に値切って買いました ♪♪♪





2
b0069128_813331.jpg

リコーフレックス ニューダイア

1957年に発売されたリコーフレックス ニューダイアです
レンズは3群3枚構成の リコナー80mmF3.5が付いています

いつも程度の良い中古品がリーズナブルな価格で売っている 庄内のクツワカメラで買いました
ここの親父さんのクラシックカメラに詳しいことと言ったら ・・・
商売とは言え まことに尊敬いたします





3
b0069128_8274674.jpg

ヤシカ Mat-124G

1970-86年まで販売されていた日本製の最終の二眼レフです
3群4枚の ヤシノン80mmF3.5付きです

CdS露出計が付いていて 操作はローライフレックスと変わりません
フードなどのアクセサリーも ローライのものがそのまま使えます

1986年、生産打ち切りがアナウンスされたときに 阪急梅田駅とJR大阪駅のあいだにあった
フジカメラで新品を入手しました





4
b0069128_844186.jpg

ミランダS

1959年のミランダSです
日本製一眼レフでノブ巻上げの最終のカメラです
う~む、美しいです

あのミランダTから 低速シャッターを取りのぞいた低価格機でした
でも シャッター音の静かさはライカM3に匹敵すると思います

付いているレンズは 藤田光学製のソリゴールミランダ50mmF2.8です
マウントは44mmのスクリュー式です





5
b0069128_8554786.jpg

キヤノン FX

1964年の キヤノンFX です
レンズは FL50mmF1.8が付いていました
FLレンズは 真鋳製鏡胴で 小型なのにずっしりと重いです

なんと格好が良いのでしょうか

軟体動物系デザインになってしまったキヤノン一眼レフですが
こんな素晴らしいデザインのときもあったのです





6
b0069128_945112.jpg

EXA 1c

1985-87年に造られた エクサ1c です

もともとは ドレスデンにあったエキザクタを造ったイハゲー社がエクサを造ったのですが
このエクサ1c は 同じドレスデンのペンタコン製です

外装が黒色プラスティックになりましたが 格好はええですねぇ
シャッター速度は相変わらず B、1/30、1/60、1/125、1/175秒の5速だけです

マウントはプラクティカ(M42)です
写真では マミヤのAuto mamiya/sekor 55mmF1.8を付けています





7
b0069128_9203999.jpg

エキザクタ ヴァレックス

1951-54年に ドレスデンのイハゲー社で造られたエキザクタ ヴァレックスです
エキザクタ初のファインダー交換ができる35mm一眼レフでした

上のエクサ1cから見ると だいぶ歳の離れた親戚のおばさんという感じです

ファインダー交換のほか、左側巻上げ、左側シャッター、ゼンマイを使った1/5秒~12秒の低速シャッターなど
特色の多いカメラです

写真では、同時代のメイヤー光学製 プリマゴン35mmF4.5を付けています





8
b0069128_937547.jpg

ニコンF

1959年の日本光学製のニコンFです
「そんなこと知ってるわい」と言う声がほうぼうから聞こえてきますので 説明無しです

でも やっぱり格好ええです
10年以上造り続けられたのもうなづけまする

この写真のニコンFは セルフタイマーや巻上げレバーのプラスティックカバーから
ニューF と呼ばれる後期型です

付いているレンズは ニッコールH 28mmF3.5の Ai改造品です
むかしニコンは Ai型のカメラを買ったら 1本タダでレンズをAi型に改造してくれたのです





9
b0069128_9553751.jpg

フジカシックス IIC

1952年発売 富士写真工業のフジカシックス IICです
流線型のファインダーがスマートです

レンズは3群4枚のフジナー75mmF3.5です
シャッターは セイコー社ラピッドで B、1~1/500秒まで付いています

セルフコッキング(フィルム巻上げでシャッターをチャージする機構)無しのプリミティブカメラです
1枚撮ったら次の写真を撮るために、裏蓋の赤窓を見ながらフィルムをソロリソロリと巻き上げて
絞りとシャッター速度を決めて カンで距離を合わせてから シャッターをチャージして決定的瞬間を待ちます





10
b0069128_10151842.jpg

シグネット35

1951-58年まで造られた コダック シグネット35です
わたしのシグネット35は 1955年生まれです

レンズは銘玉の誉れ高い エクターレンズ 44mmF3.5です
カメラに別に何も特徴は無いけれど、写りの良さと可愛さで 60年後の現在でも人気のあるカメラです

コダック、倒産の申請をしたけれど その後どうなっているんでしょうね





11
b0069128_102794.jpg

トプコン RE Super

1963年のトプコンREスーパーです
世界初の TTL露出計内蔵の一眼レフでした

付いているレンズは これも銘玉の誉れ高いREオートトプコール 58mmF1.4です

レンズの距離リングの巻きゴムがありません
数年前のある日 ゴムが急に軟化してしまったので竹のヘラで 「そぎ落とした」のです

ゴムが無くても見てくれはそんなに悪くはないですが 操作感はぐっと悪いです (涙)





12
b0069128_10422039.jpg

キヤノン Populaire

1959年の キヤノンP (ポピュレール)です
とてもすっきりしたデザインです

レンズは キヤノンレンズ50mmF1.8、なんとも味の無い名前ですね

それまでのキヤノンのレンジファインダーの高級仕様を ポピュラー路線に変える意味で名付けたのでしょうか
ファインダーには 35mm、50mm、100mmのフレームがいつも出ているようになりました

でも B、1~1/1000秒のフォーカルプレーンシャッターには 薄ステンレス幕を使用しており
合わせやすい一眼二重像合致式ファインダーはとても使い勝手が良かったです





13
b0069128_11101969.jpg

コンタフレックス IV

1956年の西独ツァイスイコン製 コンタフレックス IV です
なかなか可愛いでしょ

レンズは西独製テッサー50mmF2.8ですが オプトンテッサーとは書かれていません
1956年、もうカールツァイスの東独西独のケンカは終わったのでしょうね

このコンタフレックスのファインダーは スプリットイメージとマイクロプリズム併用の明るいもので
3年後のニコンFと比べても コンタフレックスの方が優れているとしか言えないものです

また 巻き上げや巻き戻しノブの精密感は ライカM3をしのぐ立派な仕上げとなっています





14
b0069128_1135787.jpg

なにしてんのん?

1963年のミランダ オートメックスII を撮っていると
スワジランドのNgwenya(ングウェニャ?)のゾウさんが擦り寄って来て
「なにしてんのん?」って言います

オートメックスIIと 興和製のソリゴールミランダが声を合わせて
「写真撮ってもらってんねん」と 答えます


おわり


******************************
 ■ 2013年10月18日撮る
 ■ Ai AF Nikkor 35mmF2D on D80
 ■ 絞り優先AE
 ■ ISO1600
 ■ Speedlight ON

******************************












by nakajimaakira1948 | 2013-10-19 11:51 | 35mmF2D AF Nikkor | Trackback | Comments(8)

美しいカメラ

2013年10月12日(土曜)

美しいカメラを眺めていると 気分が和(なご)みますね




1
b0069128_675834.jpg
Yashica 35-ME

美しいでしょ

このカメラは、1978年の3月に金剛のダイエーで1万5千円で買って
翌日からのパリ~ローマの新婚旅行に持っていったのです
なぜ一眼レフを持って行かなかったのでしょうね

小さいけれど35mm判フルサイズで、シャッター速度 1/8~1/650秒のプログラム露出
レンズはテッサー型38mmF2.8で 距離計なしの4点ゾーンフォーカスです

1974年発売 定価19800円でした





2
b0069128_6322664.jpg
フェド-2

口の悪い米国人から 「貧乏人のライカ(Poorman's Leica)」と言われた
1958年のロシア(当時はソ連)製ライカ型カメラです

でも 距離計の基線長は長いし、一眼式ファインダーには視度調整装置も付いているし
ライカIIIfより確かに使い易いです

付いてるインダスター26M 5cmF2.8、モノクロなら言うことなしです
たしかウィーンのフォトアーセナル ライカショップからの個人輸入です





3
b0069128_65757100.jpg
レチナ IIa

レチナは どろ沼にはまるので買うまいと思っていましたが
きれいな IIaが びっくりするほど安く手に入るようになりましたね





4
b0069128_7364979.jpg
ミノルタ ハイマチック7s

父方の叔父さんの遺品です

長い間 先生をされていた7人兄妹の長男だった叔父さん
死んだ親父とは疎遠だったけれど わたしは良く家に遊びに行ったものです

ハイマチック7s、世界最初の宇宙カメラ ミノルタ ハイマチックの子孫です
1966年発売だし レンズ名がロッコールPFなのに なぜか「緑のロッコール」ではありません

でもファインダーにも3層コーティングを施し、抜群に合わせやすい2重像合致式ファインダーです





5
b0069128_841187.jpg
ゾルキー 4
 
1956年のゾルキー4です
フルシチョフ書記長のお気に入りのカメラでしたね

付けているのは ライツのズミタール50mmF2で 1939年~1955年まで製造されたレンズです
わたしが始めて買ったライツのスクリューレンズですが 絞り羽根がF2.2ぐらいで固まってしまっています

左側にあるのは ゾルキー4の使用説明書です
ロシア語で書かれていて読めませ~ん





6
b0069128_843888.jpg
ゾルキーおばさん

ゾルキー4の使用説明書、読めないけんど絵は判ります
フラッシュのところです

ゾルキーおばさんが 右手上で縦型写真を撮っていますね





7
b0069128_8294717.jpg
ゼニットB

1968~1973年まで造られた ソ連KMZ(クラスノゴルスク機械工場)製のゼニットBです

皆さんは ペンタプリズム前面にセレン露出計を貼り付けたゼニットE(日本ではメプロゼニット)をご存知でしょう
ゼニットBは、E型のセレンメーターを取り外したもので E型から1年遅れて発売されました

わたしのゼニットBは ソ連製にしては珍しく軽いシャッター感触です

レンズのヘリオス44M-4は だいぶ後の時代のM42レンズで自動絞り対応型です
オート/マニュアル切替が無いタイプですので 自動絞りで無いゼニットBとの組み合わせでは 絞り開放専用となります





8
b0069128_845275.jpg
ペンタックスP30

1984年発売の プログラム露出専用のペンタックスP30です

この時代のペンタックスは Aシリーズの大きく醜いタイプが主力機を占めていた中で
サブのPシリーズは コンパクトで可愛いです

M42からKバヨネットになって インターチェンジブルな魅力が無くなりました
わたしの唯一持っているKバヨネットマウントのレンズ 35-70mmズームは くまさんからの頂きものです





9
b0069128_944567.jpg
アサヒペンタックス SL

う~む、美しい

やっぱりペンタックスは PENTAXの上に小さくASAHIと書かれたアサヒペンタックスの時代が一番ですね
ドイツ人旅行者も ビートルズの面々も 日本に来れば必ずボディだけ買って帰ったと言われるあのペンタックスSPの末裔で
このSL型は1968年に発売されています





10
b0069128_9165497.jpg
ライカ IIIf

第2次世界大戦5年後の1950年に現れたライカIIIf です
美しいですねぇ

使いやすいか?
こんなに使いにくいカメラは そんなにないのではと思われます (涙)
フィルムがなかなか入らないのです

付けているレンズは 1946年~1960年に造られた ズマロン35mmF3.5です
シャープなレンズですが 半逆光でフレアーが出やすいです





11
b0069128_9441749.jpg
ヘキサコン

1949年の最初のペンタプリズム機のコンタックスSの フラッシュ同調ソケットの位置を改良した コンタックスDの輸出版が
このヘキサコンです

使い勝手は ミラーがクイックリターンで無いので驚きますが
シャッターの高低速度の切替の仕組みが面白いなど けっこう使えます

ペンタプリズム部のエルネマン塔が ツァイスイコンからペンタコンへ社名が変ろうとしているのを表しているようです

レンズはカールツァイスの定番テッサー50mmF2.8で 描写は「鷹の眼」と呼ばれたシャープさです
このレンズ、1948年説と1952年から造られた説とがあります
無限遠で後方への突出が大きく 日本製M42マウント一眼レフではミラーと干渉することが多いです





12
b0069128_1035662.jpg
ペトリ フレックス-7

1964年のペトリ フレックス-7です

どこかで見たようなと思われるかたは 相当のカメラマニアです
そうです、1959年の西独ツァイスイコン製のコンタレックス ブルズアイそっくりなんですよ

付けているレンズは 11枚目のカールツァイスのテッサー50mmF2.8です
M42→ペトリバヨネットの ペトリ純正マウントアダプターを使って取り付けています
無限遠でもミラーの干渉はなく問題無しです

問題はペトリのバヨネット、レンズを締め付けるスピゴットのメスがボディ側に残りますので
スピゴット径より大きな径のレンズは嵌(はま)らない事です





13
b0069128_10201939.jpg
プラクティカ Super TL1000

M42のご本家、東独プラクティカ1980年の Super TL1000です
と言っても造ったのは ドレスデンのペンタコンです

付いているレンズは11枚目のM42のテッサー50mmF2.8です

「M42マウント」は もともと「Pマウント」と呼ばれていました
この「Pマウント」を ペンタックスのPから来ていると思っている方がおられるようですが
「プラクティカマウント」を略して 「Pマウント」と呼ばれたのでした

旭光学はペンタックスを造るとき プラクティカねじマウントを採用したのです





14
b0069128_10351961.jpg
Super TL1000 & ミール20mm

プラクティカ Super TL1000に ソ連製広角レンズのミール20mmF3.5を付けたところです

あまりタイトルの「美しいカメラ」という感じはしませんが メカニカルな感じがいたします

終わり




***********************************
 ■ 2013年10月11日撮る
 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D80
 ■ 絞り優先オート
 ■ ISO1600

***********************************

美しいカメラを撮ろうと思ったのに だんだんM42着せ替え人形みたいになってしまいました
またそのうちに 美しいカメラの 「その-2」をやります












by nakajimaakira1948 | 2013-10-12 10:50 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(8)

緑 と わんこ

2013年10月5日(土曜日)

緑のコーティングと ワンコ達です





1
b0069128_8141350.jpg

緑のコーティング

右側が 1962年のミノルタSR-1と アクロマチックコーティングのAuto Rokkor PF 55mmF1.8です
第一面が 「緑のロッコール」の多層膜コーティングです

左側は 1980年のプラクティカ Super TL1000と Hanimex Automatic MC 28mmF2.8です
ほとんど新品のカメラとレンズで 1000円ほどで買った東独ペンタコン製の超安物です
付いていた日本製(チノン製でしょうか)のハニメックス28mmは 緑のマルチコーティングがとても美しいです

1980年といえば ニコンが初めてのプラスティック外装のニコンEMを出した年で
この時代から 安物カメラが耐久消費材ではなくなってきましたね

この美しいプラクティカも 軍艦部はプラスティック製です

■ 2013年10月5日7時41分
■ AF Nikkor 85mmF1.8S on Nikon D700
■ 絞り優先オート F1.8開放





2
b0069128_8481151.jpg

暑かった朝のコムギ

暑かった去年の夏のコムギです
サマーカットしてもらって ご機嫌ですね

■ 2012年8月25日6時53分
■ G Vario 14-45mm on Lumix G1
■ プログラムオート





3
b0069128_8573029.jpg

匂うミミちゃん

こいつは スリッパが大好きです

■ 2013年9月10日15時57分
■ Sigma 19mmF2.8 on Lumix G1
■ シャッター速度優先オート 1/250秒 F2.8開放

おしまい











by nakajimaakira1948 | 2013-10-05 09:15 | 85mmF1.8S AF Nikkor | Trackback | Comments(4)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31