REトプコール58mmF1.4で

2014年6月28日(土曜日)

REトプコール58mmF1.4を ソニーα7に付けて撮ってみました。

もう30年以上むかしの話しです
このREトプコール58mmF1.4は、大阪駅の八百富で買った中古のトプコンREスーパーには
切れ味鋭いREトプコール58mmF1.8が付いていたのですが その前玉に熊手でひっかいたような傷があって
写りには関係なかったけれども レンズの傷を見るのがいやになり、アメリカのWoodmereから個人輸入したものです。

まだeBayなんかなかった当時は、個人が海外から通信販売で買うことを「個人輸入」と呼んだのです。

銀塩フィルムで撮った印象は、58mmF1.8のほうが大分シャープでしたが
58mmF1.4は なぜか忘れられない優しい味があったように記憶しています。

デジタル一眼のオリムパスE330を買ったのは このREトプコール58mmF1.4を使いたかったためなのに
なぜか高かった近代インターナショナルのマウントアダプターにはハマらず
その後に買ったミラーレスのLumix G1やG3で楽しんでいましたが、やっぱり元の画角で撮ってみたいです。

前置きが長くなってしまいましたが REトプコール58mmF1.4をα7に付けて撮った写真です
絞りは開放で その優しい写りを楽しんでみました。





1
b0069128_836441.jpg

REトプコール58mmF1.4

REトプコール58mmF1.4を ソニーのα7に付けたところです

距離リングに巻いてあったゴムのリングが無いでしょ
数年前のある日、急にゴムリングが軟化して来たので 竹製のヘラで綺麗にめくり取ったのです
ゴムリングの下には東京光学の検査合格の金色のシールが貼られておりました

ゴムリングが無いと、見てくれは良いのですが 操作性はガタ落ちです
ファインダーを覗きながらですと 距離リングを回しているつもりが絞りリングを回したりしてしまいます

まぁ 1963年製のREトプコール58mmF1.4よ、いつまでも元気でいておくれ~

■ 2014年6月17日 ■ AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700





2
b0069128_8494483.jpg

木製クラシックカー

中国で買った木製のクラシックカーです
粗悪品が多いと言われる Made in Chinaとは思えない良い造りです

左側奥のボケが やや二線ボケになっているようですが
やさしいボケ味です





3
b0069128_8561245.jpg

灯ともしころ

3階のベランダから撮った たそがれどきの公園と 向こうの家々です





4
b0069128_8595837.jpg

アウトフォーカス

えへへ、3枚目を撮る前の アウトフォーカスです
PCから 1メートルほど離れて見てください
美しいでしょ





5
b0069128_943937.jpg

コイン帳

絞り開放ばかりでは シャープネスが判りませんねぇ
これは唯一 絞りをF4まで絞りました





6
b0069128_975419.jpg

カエルくん

ミミちゃんが生まれて47日目に 空輸されて家に来たとき
ブリーダーさんが ミミちゃんと一緒にカゴのなかに入れてくれていた カエルくんです

ティッシュでも新聞紙でも何でも 咥(くわ)えて振り回し すぐにズタズタにしてしまうミミちゃんですが
このカエルくんだけには 噛み付こうとしません





7
b0069128_9231329.jpg

ぴんぼけコムギ

えへへ、ピンボケのコムギです
これはきっと 最短撮影距離の45cm以内で撮っていますねぇ





8
b0069128_927943.jpg

ぴんぼけミミちゃん

これも最短撮影距離以内で撮っているようですが
7枚目のコムギよりはマシですね
右眼にピントが合いかけております


************************************
 ■ 2014年6月17日~24日 撮影
 ■ RE Auto Topcor 58mm F1.4 on SONY α7
 ■ 絞り: 特記ない限り絞り開放F1.4

************************************



おまけ
b0069128_10255762.jpg
大泣き

1949年の写真が出てきました
中央で大泣きしているのが 0歳か1歳のわたしです

左側は、2年2ヶ月年上の兄です
右側は、よく判りませんが 死んだおふくろだろうと思います

どこで撮ったかも判りませんが 生まれた家のまえでしょうか

■ 2014年6月28日 ■ AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700
■ 2014年7月02日 ■ Canon MG5430 の スキャニング写真と入れ替えました












by nakajimaakira1948 | 2014-06-28 09:46 | 58mmF1.4 RE Topcor | Trackback | Comments(9)

2014年6月21日(土曜日)

ニコンV1、昨年の3月29日に買っていますので 16ヶ月ほど経っていますが
トータルで1500枚強しか撮っておりません。
平均したら 1ヶ月に100枚以下、1日に3枚程度しか使ってもらっていない悲劇のカメラなのです。

でも 銀塩フィルム時代を思い起こせば、月に24枚撮りで4本ですから 多く撮っているほうです。

最近、ニコンV1と 純正マウントアダプターFT1に ファームアップの連絡がありました。
だいぶ古くなったV1も 忘れられてなかったのね ♪♪♪

それで ひさしぶりに ニコンV1です。
写真は 撮った古い順番に並べております。




1
b0069128_6393156.jpg

ミミちゃん

なんか すましておりますね

■ 2014年5月24日 ■ DX 18-55mm on V1 with FT1





2
b0069128_6472611.jpg

すずめ

えへへ、ひさしぶりに眼にピントが合いましたよぉ

■ 2014年5月31日 ■ VR 70-300mm on V1 with FT1





3
b0069128_6515288.jpg

サンタさん

若いサンタクロースで~す

古いけれど とてもシャープな、AiSマイクロニッコール55mmF2.8を付けています

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





4
b0069128_6565435.jpg

少年時代

「てっちゃん」でないわたしには どこの電車か判りません
少年時代ちゅう模型雑誌の創刊号に付いておりました

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





5
b0069128_763488.jpg

岐阜でチャンポン

今年の5月20日の手帳日記です

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





6
b0069128_7105457.jpg

シャッター速度ダイアル

トプコンREスーパーのシャッター速度ダイアルです
シルヴァーの仕上げが美しいです

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





7
b0069128_892637.jpg

監督

コートジボアールに負け、ギリシャと引き分け 顔色がありません
釜本、杉山が懐かしいです
サイドからのスローインで センターリングが出来た杉山 ・・・

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





8
b0069128_8156100.jpg

ねぎ

讃岐うどんの カレーうどん
なぜか カレーがどんぶりからこぼれ落ちそうです

実際には全然そんなことはないのですけんど

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





9
b0069128_8195736.jpg

ごくろうさま

穴子のてんぷらと カレーうどんを食べておなかいっぱいです

空を見上げると 足場のうえで一生懸命仕事をされています
お仕事 ごくろうさま

この AiSマイクロニッコール55mmF2.8、開放からすさまじい切れ味を見せるレンズです
4群5枚のクセノタール型です

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





おまけ
b0069128_10304165.jpg

AiS Micro 55mmF2.8 on Nikon V1 and FT1

V1 に FT1を取り付けて AiSマイクロ55mmF2.8を装着したところです
えへへ、かっこええでしょう

ところで、この AiSマイクロ55mmF2.8ですが AiSとは書かれてないし
Aiとも書かれていませんが AiSタイプです

AiとAiSの違いは たしかプログラム露出が可能になったのがAiSだったはずです

■ 2014年6月20日 ■ AF Micro 60mmF2.8 on D700


おわり












by nakajimaakira1948 | 2014-06-21 08:29 | 55mmF2.8 AiS Micro | Trackback | Comments(6)

2014年6月14日(土曜日)

コムギがドッグフーズを食べなくなりました

キャベツと鳥のササミを炊いたものを添えると ドッグフーズも食べていたのですが
それも食べなくなりました

いつもの夏バテかと、ワンコ用のビーフをドッグフーズに添えて食べさせてみたのですが
それでも食べません

腎臓の悪いのはもう治らないらしいのですが、なにか食べないと死んでしまいますので
女房が夜に動物病院へ連れて行き 点滴を打ってもらって帰ってきました

すこし元気になって ドッグフーズにササミを刻んだ「フリカケ」をかけたら食べるようになりました

それからは毎週1回 点滴を打ちに行っております




1
b0069128_12365999.jpg

おぉ~、食べてる

キャベツとササミを炊いたものと ドッグフーズにササミふりかけをかけたものです
まあ、なんでも良いから しっかり食べてね

■ 2014年6月13日 ■ 初代 SIGMA AF 28mmF1.8 on α7 ■ 絞り開放F1.8





2
b0069128_12453036.jpg

こやつ 全く問題なし

晩ご飯を食べて 窓の外を眺めています
こやつは 一時期 肝臓が悪かったんですが 完治して全く問題なしです

なにを考えているのでしょう
生まれて47日目に別れたおかあさんのこと、兄妹のことなどは考えてませんねぇ
きっと「今日の晩飯はうまかったなぁ」とか思っているんでしょう

■ 2014年6月13日 ■ 初代 SIGMA AF 28mmF1.8 on α7 ■ 絞り開放F1.8





3
b0069128_130342.jpg

初代 SIGMA AF 28mmF1.8

息子がまだ幼かったころですので もう25年ぐらい昔に買ったレンズです
明るくて 絞り開放から見たとおりの色で写ります
ちょっと重いですが

■ 2014年6月13日 ■ Micro Nikkor 60mm F2.8D on Nikon D700





4
b0069128_138111.jpg

のんびりいこう

今朝は良く晴れていたので コムギを連れて八坂神社まで散歩に行きました
レンズは最近手に入れた昔のマイクロニッコール-P オート 55mmF3.5 を ソニーα7に付けて
絞りは最後まで F3.5の開放です

写真は 熊野田幼稚園の入り口です
けむしが 「のんびりいこう」と 言ってますね





5
b0069128_1317402.jpg

1盛200円

きっと 自家製のオレンジですね





6
b0069128_13243317.jpg

熊野田

わたしの好きな 熊野田のメインストリートです
暑くなってきました





7
b0069128_13302599.jpg

鼻ピン

八坂神社に着きました

丸太を半分に切ったベンチに腰をかけて
バッグから出て来たコムギをねらいます

ピーキングだけで撮ってます
わはは、鼻にピントです





8
b0069128_13344260.jpg

じっとせぇ~

ピントが合っているように見えますが
拡大しますと 合ってないのが判ります

ファインダー像をMFアシストで拡大して撮れば良いのでしょうが
コムギが微妙に動きますので ピーキングで撮るのが精一杯です





9
b0069128_13415624.jpg

前ピン

う~ん、あかん
黒眼にジャスピンとは行きません、前ピンですね





10
b0069128_13461772.jpg

まつげ

エ~ン、まつげにピントじゃぁ~

コムギ  「もう あきらめたらばぁ~」
わたし  「こんどは AFのマイクロで撮ったる」





11
b0069128_13503740.jpg

あれっ

あれっ、水滴が落ちてないのに 輪の波が





12
b0069128_13541357.jpg

ニュートンの法則

そんなことはありませんでした
近づいて良く見ると、法則どおり だんだん速くなる水滴が見られました

水滴が落ち始めたときにシャッターボタンを押しました
シャッター速度は1/100秒です

α7よ、あんたレスポンスええねぇ





13
b0069128_1412391.jpg

ポスト

かっこええポストがありました
でも どこから入れるの?





14
b0069128_1443621.jpg

お花畑

いつもの猫バスです
いつもあわてて撮っています、 これもピントは行き先の「お花畑」です





15
b0069128_1415433.jpg

少年よ

少年よ、あんたは何してるのん?





16
b0069128_14233050.jpg

マイクロニッコール-P オート 55mmF3.5

Micro Nikkor-P Auto 55mmF3.5とは こんなレンズです

1970年発売、ダブルガウス変形型(クセノタール型)の4群5枚構成で 最短撮影距離は24.1cm(レンズ単体で1/2倍)
マゼンタ系とシアン系の単層膜コーティングです

これで 標準レンズ域のマイクロニッコールは3本目になりますが
絞り開放でのシャープネスは どれが一番良いのか判らないですねぇ

外観ちゅうか見てくれは 古い順にかっこええです

■ 2014年6月14日 ■ Micro Nikkor 60mm F2.8D on Nikon D700




***************************************
 ■ 4枚目~15枚目 2014年6月14日
 ■ Micro Nikkor-P Auto 55mmF3.5 on Sony α7
 ■ 絞り優先オート、絞り 開放F3.5

***************************************













by nakajimaakira1948 | 2014-06-14 14:52 | 55mmF3.5 非Ai Micro | Trackback | Comments(8)

ザムビアコイン

2014年6月7日(土曜日)

安物の古カメラや古レンズ以外は ろくなものを持っていないわたしですが
今日は ちょっと珍しいものをお見せしましょう




1
b0069128_0165322.jpg

1965年10月24日

24 OCTOBER 1965 と 刻まれています
これはなんでしょう

■ 2014年3月24日 ■ Canon Powershot G7





2
b0069128_0195174.jpg

世界最大のコイン

北ローデシアが独立してザムビアとなり カウンダ大統領が選ばれた1965年10月24日を記念して発行された
世界最大の寸法を持つと言われているコインです

1998年に南アフリカで仕事をしていたわたしは 契約納期まで1ヵ月を残してプラントを立ち上げることが出来て
うれしくて ジンバブエとザムビア境界のヴィクトリアの滝を見に行ったのです

外国コインの収集が趣味のわたしは 昼飯時にタクシー運転手に10US$ほど渡して
「銀行へ行って ありったけの昔のコインと交換してきてよ」と言って ビールを飲みながら待っていたのです

運転手が帰って来て ジャラジャラと渡してくれるコインの中に この大きなコインがあったのです
うれしいわたしは ヴィクトリアの滝の見学やナイトクルーズの最中も このコインをシコシコ磨いていたものです

南アフリカに戻ってから 図書館で調べてみると なんと「世界最大のコイン」と書いてあったのです

■ 2014年3月24日 ■ Canon Powershot G7





3
b0069128_0364510.jpg

スーパー琢磨28mmF3.5

左側は 会社の先輩から頂いた スーパー琢磨28mmF3.5
右側は eBayでせり落とした スーパー琢磨28mmF3.5

左側の琢磨くんは、アンバー系の単層膜コーティングで前玉前面が白内障にやられておりましたが
オキシドール治療で全快しました ♪♪♪
右側の琢磨くんは、スーパー琢磨という名前ながら なんとマルチコーティングが施されていたのでした

こうして2本並べて正面から見ますと 右側のマルチコーテッドのほうが反射が少なく(ヌケが良いと言います)
レンズの中側までくっきり見えるのが判りますでしょ

■ 2014年6月3日 ■ AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on D700




4
b0069128_0505668.jpg

30秒 注視すると

30秒間 べっぴんさんの鼻の頭の3色を注視してください
30秒たったら 右側の白いところを見てください

なんと ・・・・

【写真】 インターネットより





5
b0069128_0554294.jpg

姪に抱っこされて

珍しいでしょ
ミミちゃんが 若い女性に抱っこされて喜んでいます

■ 2014年5月31日 ■ FE 28-70mm on SONY α7





6
b0069128_0595260.jpg

へこたれるミミちゃん

ねえちゃんたちが帰ってしまって へこたれているミミちゃんです

■ 2014年6月1日 ■ FE 28-70mm on SONY α7





7
b0069128_1445.jpg

うん? 新しいカメラ?

ペンタ部に黒テープを貼ったα7で 初めてコムギを撮りました

コムギ 「うん? 新しいカメラ?」

■ 2014年6月6日 ■ FE 28-70mm on SONY α7





8
b0069128_19429.jpg

F が 付かない F

このカメラ、本体はニコンFなのに 名前にF が付きません
1959年に発売されたニコンFは ファインダー部の露出計が改良され続けましたが 名前はニコンFフォトミックでした
9年後の1968年になって 絞りをガチャガチャ回すことにより 開放F値をボディに伝えるようになりました
そして その名前は ニコン フォトミックFTn と Fの名前が消えたのです

付けているレンズは 1970年のマイクロニッコール-P オート55mmF3.5です

■ 2014年6月6日 ■ FE 28-70mm on SONY α7





9
b0069128_1211924.jpg

おむすびマーク

ニコンSシリーズや 古いニコンFには ボディにおむすびマークが付いていました
このマークは 本当はおむすびではなく レンズとプリズムを組み合わせたものでした

1968年製のフォトミックFTnファインダーを付けたこのニコンFには おむすびマークが付いていました

■ 2014年6月6日 ■ Canon Powershot G7





10
b0069128_1294257.jpg

たぬき

たぬきの暖簾(のれん)です
韓国料理屋さんの入り口です

珍しいですねぇ

■ 2014年6月6日 ■ FE 28-70mm on SONY α7





11
b0069128_1334699.jpg

庄内 牛立(うしだて)

1967年(昭和42年)の 豊中市庄内牛立です

阪急電車や むかし懐かしい自動車が頑張っています

【写真】 インターネット「北摂アーカイブス」より





12
b0069128_1424177.jpg

今は 庄内東町

牛立という地名は無くなっておりました
でも 1967年当時とあまり変わってないようですね

■ 2014年6月6日 ■ FE 28-70mm on SONY α7













by nakajimaakira1948 | 2014-06-07 06:15 | Canon Powershot G7 | Trackback | Comments(8)