2014年9月27日(土曜日)

よく散歩に行っていた 服部霊園が 「わんこ連れ入場禁止」になってしまいました
コムギとミミちゃんには しばらく家のすぐ前の公園で我慢してもらいましょう

この日は 半自動絞りテッサー50mmF2.8を付けたアルファ7で 公園のミミちゃんを撮りました
うまく撮れなかったけれど テッサーは ええですね

エキサイトブログを始めて 10年目に入りましたよ




1
b0069128_6262910.jpg

お尻にピント

向こうを向いてます
ピントはお尻です

ところで ミミちゃんは散歩中ずっとシッポを振りません
ホウキのように シッポで地面を掃きながら歩きます

おいっ、ミミちゃん





2
b0069128_6343920.jpg

なんやぁ~

「なんやぁ~」と振り返る姿が まだ幼いように感じます





3
b0069128_640267.jpg

ミミちゃんの舌

身体は小さいのに ミミちゃんの舌は大きくて長いです
この横顔を見ていると ↓ の「花の応援団」を思い出しましたよ



b0069128_6453950.jpg






4
b0069128_6492713.jpg

おだやか

舌をひっこませて おだやかな表情になりました





5
b0069128_652476.jpg

また出た

また舌が出ました





6
b0069128_6542592.jpg

金具にピント

すまん、ミミちゃん
眼にピントが来ているのは 2枚目ぐらいしかないよぉ (涙)

さぁ 帰りましょ






7
b0069128_6575444.jpg

5時半

朝5時半です
きょうは半自動テッサーで行ってみようと決めたときです

朝の色が出てるかなぁ~


********************************************
 ■ 2014年9月23日撮る
 ■ Carl Zeiss Jena, Tessar 50mmF2.8 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放F2.8

********************************************




8
b0069128_762626.jpg

半自動絞りテッサー

1960年のプラクティカIVの標準レンズ 半自動絞りテッサー50mmF2.8です
いわゆる鷹の目テッサーです
レンズのシリアルナンバーから この半自動絞りテッサーは1959年製です

自動絞りのピンは付いていますが レンズの一番前のリングを回さないと開放にはなりません

ミミちゃんを撮ったときに付いた 公園の砂ぼこりが残っていますね

■ 2014年9月27日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700











by nakajimaakira1948 | 2014-09-27 07:20 | 50mmF2.8 Tessar 半自動 | Trackback | Comments(2)

2014年9月20日(土曜日)

1950年に イハゲーからエクサが発売されたときの標準レンズのひとつが
この エルンスト ルートヴィッヒの Meritar 50mmF2.9 です

以前に マイクロフォーサーズの Lumix G1に付けて撮ったことがあります
そのとき(メリター50mmF2.9)の印象は 3群3枚構成でも良く写るなぁと感じたのです

ソニーのα7でのオリジナル画角では どんな写りになるのでしょうか




1
b0069128_8254483.jpg

Meritar 50mmF2.9

Ernst Ludwig の メリター 50mmF2.9 とは こんなレンズです

精巧なアルミ鏡胴に包まれた 3群3枚構成の95g、小さな可愛いレンズです
1950年代の東ドイツ特有の シアン系の美しいコーティングが6面全部に施されています
絞り羽根は5枚で クリックストップ無しのプリセット絞りが付いています

このメリターの弱点は 最短撮影距離が80cmと長いことなんですが
メイヤー(Meyer-Optik Görlitz)の3群3枚構成の ドミプラン50mmF2.8も 最短撮影距離は75cmで
当時の3枚玉のレンズは最短撮影距離が長かったのですねぇ

■ 2014年9月19日 ■ AF Micro 60mmF2.8D on Nikon D700





2
b0069128_8435198.jpg

エクサに付いたメリター

きれいなエクサに付いているのが メリター50mmF2.9です

この時代の人々は メリターのような3群3枚構成のレンズを付けて
左右逆像のウエストレベルファインダーで 露出計も無しでしたが
素晴らしい写真を撮っていたのです

写真は EXAKTA ORG より借用しております
なお EXAKTA ORG のサイトは
このブログの下のほうの 「古カメラ・古レンズのサイト」から覗けます

それでは メリターで撮った写真に行きます





3
b0069128_905012.jpg

ベランダより

どうでしょう
昨日撮った写真です

絞り開放で撮った曇り空の遠景写真です
現代の標準レンズと比べますと 大幅にコントラストが不足していますねぇ
でも 歪曲収差は ほとんど見られません





4
b0069128_964930.jpg

動物会議

最短撮影距離付近で撮りました

動物たちに見られているミランダ オートメックスII は シャープに写っています
しかし 動物たちにはベールが1枚かかっているようですね





5
b0069128_9132440.jpg

ぐちゃぐちゃ

最短撮影距離80cmでは テーブルフォトが撮れません
トプコンの一番薄い中間リングのNo.1を付けて 本棚の上のぐちゃぐちゃを撮ってみました

絞りは開放F2.9のままです





6
b0069128_9201382.jpg

ケープタウンの灰皿

中間リングのNo.1を付けると 20cmぐらいまで寄れるようになりました
これが20cmぐらいの最短撮影距離付近です

この明るい絵の灰皿は 南アで働いていたときにケープタウンで買ったものです
たしか 5ランド(当時100円)だったです





7
b0069128_929644.jpg

MF やで~

MFのレンズはええなぁ
AFのレンズみたいに測距の光線が出ませんので
コムギもイヤがりませ~ん


*****************************************
 ■ 2014年9月19日撮る
 ■ Erunst Rudwig Meritar 50mmF2.9 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE 絞りF2.9開放
 ■ 5、6、7枚目は Topcon中間リングNo.1併用

*****************************************



おまけ -1
b0069128_9403854.jpg

服部緑地のコムギ

いつも散歩に行っていた服部霊園が 「わんこ連れ入場禁止」になってしまいました
ウンチの始末をしない飼い主が多いためとか

それで ひさしぶりの服部緑地のコムギです

古レンズの写真と比べますと ピントの精度が違いますね
う~ん、AFは楽ですねぇ

■ 2014年9月7日 ■ FE 28-70mm on Sony α7





おまけ -2
b0069128_9504576.jpg

重いミミちゃん

アイスクリームを食べていると、音で判るのか匂いがするのか ミミちゃんが寄ってきます

ミミちゃん 「あっ、ええなぁ~ ほしいなぁ~」
わたし   「あかん、あんたコムギより重たいやないか」

■ 2014年9月10日 ■ FE 28-70mm on Sony α7











by nakajimaakira1948 | 2014-09-20 10:00 | 50mmF2.9 Meritar | Trackback | Comments(8)

お屋敷街へ

2014年9月14日(日曜日)

秋になってからは 朝晩は涼しくて気持ち良く眠れます

良く寝た金曜日の9月12日の朝、雲雀丘花屋敷(ひばりがおかはなやしき)のお屋敷街へ行ってみました

以前から、雲雀丘花屋敷の花屋敷ってどこにあるのだろうと思っていました
阪急豊中駅で 「雲雀丘花屋敷~川西能勢口」のパンフレットをもらって、それを頼りに探してみることにしました

この日は、わんこ無しで お供は28-70mmを付けたα7だけです
写真は 撮った順番にならべております




1
b0069128_9293962.jpg

信号待ち

まだ8時半です、豊中駅までブラブラ歩いて行きます

右側の緑は 豊中第三中学校です
忘れ物をしたらしい中学生が 信号待ちであせっています





2
b0069128_9385346.jpg

駅の南口に出て

パンフレットの地図は判りにくい書き方をしてあって 間違って南口に出ました
おばさんに聞いたら お屋敷街は北側(山側)にあるとのことです

写真は おばさんに道を聞くまえに撮った 新しい旧家です





3
b0069128_946596.jpg

雲雀丘花屋敷駅

踏み切りを渡って 山側へ行きます

この辺りでは阪急電車は北ではなく 西を向いて走っているのです
わたしは電車は北側に向かって走っていると勘違いしたのが 間違いの原因だったのです

飲んだ後 阪急電車で眠ってしまい 乗り過ごして良くこの駅まで来たものです





4
b0069128_951489.jpg

駅前の家

駅の前ですけど ええ感じの家があります
ここは まだお屋敷街とは違います





5
b0069128_9573592.jpg

旧 安田邸

う~ん、ここは 旧 安田邸と案内板が出ているけど まだお屋敷街ではないようです





6
b0069128_1015125.jpg

かっこええ建物

急な上り坂を えっちらおっちら上ります
かっこええ建物も ちらほら見えます





7
b0069128_105489.jpg

ハーフティンバーの家

ふ~む、森に囲まれた ハーフティンバーの家もあります





8
b0069128_1083388.jpg

ひとやすみ

う~む、運動不足なのか 坂が急すぎるのか 足が動きません
暑くなってきたので ちょっと ひとやすみ

太い樹の 根の断面です
下へ伸びられないときは横へ伸びるんですねぇ





9
b0069128_10161432.jpg

飛行機です

ゴミではなく 飛行機です
東から飛んで来た飛行機が 伊丹空港の着陸許可を待って旋回しているのです

ここは 宇土観音別院 菩提寺というところです





10
b0069128_10253470.jpg

観音さん

宇土観音別院 菩提寺の観音さんです
阪急電車で貰ったパンフレットの地図に載っているのと 違った場所に立っていました





11
b0069128_10301132.jpg

ひばりがおかやまぼうしこうえん

ええっと この公園を右に行くのか
やまぼうし公園と書いてくれていたら判るのですが パンフレットの地図には公園としか書いていません
ほんとうに右かなぁ





12
b0069128_10345379.jpg

あっちにもこっちにも

あっちにもこっちにも 素敵な建物はあるけど どうも新しすぎるように思います
道を間違えたのかも知れません





13
b0069128_10375725.jpg

あの辺りが お屋敷街の建物?

急な坂から 山の上のほうを眺めます
おお~、あれかなぁ~
あの辺りが お屋敷街の建物?

でも上る道は無いし やっぱり道を間違えたのかなぁ
まあええかぁ





14
b0069128_10443275.jpg

道を間違えました

なんか勾配のゆるい所に出ました
やっぱり道を間違えています





15
b0069128_10475314.jpg

つつじが丘交番

14枚目の写真のところを右に曲がって ここまで降りてきました

つつじが丘交番、あったあった パンフレットの地図に小さくありました
この道は 川西能勢口に降りていく道です

やっぱりどこかで道を間違えたのです
お屋敷街の建物は 1件も見ていないのかも知れません

まあええです
川西能勢口のマクドナルドで昼ご飯にしよう





16
b0069128_10592236.jpg

花屋敷のポスト

バス道を降りて行きます
花屋敷なんちゃらと ポストに書いてあります
こんなん書いてええのじゃろうか





17
b0069128_1135458.jpg

豆坂口のポスト

豆坂口バス停のポストです
だいぶ倒れています





18
b0069128_1110630.jpg

下りは速い

えっちらおっちら上ったけれど 下りは速いです

おおっ、川西能勢口のビルが見えてきました
写真には写ってませんけど





19
b0069128_11155094.jpg

知ってるところ

やっと知ってるところに出ました

日本貿易開祖 銭屋五兵衛 紀念碑
五兵衛さんを知っているのではありません
この裏に ナイチンゲール像があるのを知っているのです





20
b0069128_11241796.jpg

おなじみの坂

右側に川西能勢口駅が見えてます
いつも撮る 茶色のおうちです





21
b0069128_1128850.jpg

掛布監督ない

マクドナルドでダブルチーズバーガーのセットを食べて
阪急電車に乗ったら 眠たくなってきました

眠気覚ましに ノーファインダーで1枚





22
b0069128_11332812.jpg

ペコちゃん

豊中駅から また歩いて帰ります

以前には綺麗だったペコちゃんですが 錆びて凹んでいます





23
b0069128_11403472.jpg

わんこプランター

家の近所まで来ました
可愛いわんこプランターが 「お帰り」って言ってます





24
b0069128_1145121.jpg

どこ行ってたん?

ミミちゃん 「どこ行ってたん?」
わたし   「お屋敷街のちかくまで」


**************************
 ■ 2014年9月12日撮る
 ■ FE 28-70mm on Sony α7
 ■ 絞り優先AE、プログラムAE

**************************

【追記】2014年9月15日
この日は阪急電車豊中駅でもらった「雲雀丘花屋敷~川西能勢口」というパンフレットの
「悠遊一日紀行マップ」という地図を見ながら歩いたのです。
道を間違えたと言っておりますが、いまインターネットで調べたら道はずっと合っておりました。

14枚目にカラフルな建物が写っていますが、これは宝塚造形芸術大学というそうです。
ここを左側に曲がると「悠遊一日紀行マップ」どおりの道順なのでした。

わたしはここを右に曲がって 帰り道の「つつじが丘」に出てしまったのです。
やはり 5枚目からところどころ写っている建物が お屋敷街の古い建物のようです。

阪急電車さん、ごめんなさい。
わたしが間違っておりましたよ m(_ _)m











by nakajimaakira1948 | 2014-09-14 11:51 | 28-70mm SONY FE | Trackback | Comments(10)

Kodalux L

2014年9月11日(木曜)

これはなんでしょう?




1
b0069128_9241430.jpg

これはなんでしょう

小さな古い皮ケースですね
開けてみましょう





2
b0069128_9261683.jpg

小さな宝石

小さな宝石のような 可愛らしい露出計のようです





3
b0069128_9283799.jpg

金属製の露出計

とても小さな だけど全部が金属製の露出計でした
重さは60gです





4
b0069128_936721.jpg

Kodalux L

コダルクス L と 彫りこんであります
う~ん、美しいです





5
b0069128_9432324.jpg

セコニックと供に

どれだけ小さいか SEKONICのオートリーダーL-188と並べてみました

このセコニックL-188も相当古く(1970年代)て 受光素子がCdSの安物です
人間カンジニアリング露出計との比較で いまでもときどき引っ張り出して使っています
非常に低燃費で 30年以上つかってSR44電池を1回交換しただけです

しかしセコニックと比べても 大きさが良くわかりませんねぇ





6
b0069128_1004999.jpg

こんな感じです

コダルクス L は こんな感じです
あれっ、コダルクス L が 恥ずかしがって後ろを向いていますね

eBayで おまけに付いて来たレチナIIc も結構きれいです





7
b0069128_1061152.jpg

おまけ に はめてみました

おまけにレチナIIc が付いて来たというのは コダルクスが欲しかったわたしが言っているだけです
「おじぃさんが使っていたレチナIIc、コダルクス付き」と eBayの出品者は言ってました

eBayでのカメラ関係の出品者には2種類あって
1. 金儲けをねらっている業者や個人
2. 故人の遺品を売っている 古カメラなんかに興味が無い個人
わたしは 主に2.のほうから買っています

今回も コダルクス-Lの単体の相場よりずっと安い値段で レチナIIcも込みでゲットしました
ただしカメラや露出計がちゃんと動くかどうかはリスクが大きいです





8
b0069128_10211377.jpg

レチナに乗せて

レチナIIcに乗せてみました
かっこええでしょ
でもコダルクス-L を付けた状態では皮ケースに入りません

コダルクス-Lの発売は1959年で
レチナIIcの発売期間は1954~57年ですので
出品者のおじぃさんは、レチナを買ったものの どうも露出が合わないので数年後にコダルクスを追加したのでしょう





9
b0069128_10292713.jpg

使い方

使い方と言っても何も連動するものがありませんので非常に簡単です

まず使っているフィルムのASA(=ISO)感度を合わせます
あとは 露出計が示す白い針に 写真のダイアルを回して黄色い針を合わせるだけです
これで 適正露出の絞りとシャッタースピードの組み合わせが読み取れます

ダイアルには *LV値を示す窓もありますので レチナのCタイプなら これをカメラのLV値と合わせれば適性露出の組み合わせになります
*LV値: フィルム感度とシャッター速度と絞り値で決まる 明るさの絶対値

コダルクス-L は、コダックから一応レチナ用として発売されていますが どんなカメラにでも使えます
セレン式の露出計の良さは、CdS露出計のようにスウィッチONにする必要がなく 回して針を合わせるだけで使えることです





10
b0069128_10474619.jpg

下面

コダルクスの下面を見てみます

上側に、Made in Germany (West) と書いてあります、この書き方は きっとゴッセン製ですね
下側に、3-32 とありますが これは製造シリアルナンバーでしょう

アクセサリーシューの角のアールを大きくとっているところは 親切な設計だと思います





11
b0069128_10573285.jpg

全金属製と書いたが

上で 全金属製と書きましたが Lの文字の下に白いものが見えています
これは?





12
b0069128_114086.jpg

ディフューザーでした

これは露出計の入射グリッドの上に被さるディフューザーです
写真のカバーの左端にあるノブを上にあげると ディフューザーを右側にずらすことが出来るのです





13
b0069128_1192185.jpg

ディフューザーをかけて

ディフューザーを全部かけたところです
コダルクスは きっとゴッセン製だと言ったのは
このプラスティック製ディフューザーの色が 他のゴッセン製露出計のディフューザーと同じだからです

コダルクスにディフューザーをかけて 皮ケースにしまいます
皮ケースには、アクセサリーシューのメスが設けられており はめるとガッチリ固定され動きません





14
b0069128_11202767.jpg

3台のレチナ

左から、レチナIIa、レチナIIc、レチナIb です

レチナは種類が多いので 決して買うまいと思っていたのに
Kodalux L につられて また増えてしまいました



****************************************
 ■ 2014年9月10~11日
 ■ AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700
 ■ Speed Light ON

****************************************


ディフューザーをかけない時に コダルクスの露出がセコニックの露出とだいたい同じになります
ディフューザーをかけたときには 露出を何分の1にするのかが良く分かりません
自分で試したところでは LV値で4段から5段(露出で1/16~1/32)にすると良いように思います
暗い部屋のなかで計ると ディフューザーの有り無しの差は1段ぐらいになります

うんっ、これは入射光式と反射光式を切り替えるディフューザーかしら?
どこかから コダルクス-Lのマニュアルを入手して 読んでみなくてはなりません











by nakajimaakira1948 | 2014-09-11 11:31 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(8)

デスクトップはDELL

2014年9月6日(土曜日)

秋になりました

デスクトップのPCを更新しました




1
b0069128_842082.jpg

前のはデル

前のデスクトップPCは DELL製でした
自分でカスタマイズした仕様で発注した DIMENSION 3100Cちゅう奴でした

OSは ウィンドウズXPで なかなか使い勝手は良かったのです
メモリーも1GBを4GBまで増設したのですが レスポンスの遅さが目立ってきて
「砂時計」を眺める時間が増えてきたのでした





2
b0069128_8523923.jpg

今度もデル

今度もデルの OPTIPLEX 3020 という奴です
ぐっと小さいシャーシがええです
DELLの中国人のおねぃさんに電話して注文です

オプションは
1. OSを ウィンドウズ8から ウィンドウズ7に変更
2. サウンドバーの追加
3. OSが壊れたときのための リカバリーCDの追加
だけです

CPUは、ペンティアム Core i5、メモリーは4GB です
値段は 前のDIMENSION 3100Cの約6割です
PCは すごいデフレですねぇ ♪♪♪





3
b0069128_914549.jpg

ぐちゃぐちゃ

デスクトップPCは新しくなったけれど
ブタ小屋は ますます ぐちゃぐちゃです (涙)


***************************************
 ■   1枚目 2014年6月14日
 ■ 2~3枚目 2014年9月04日
 ■ Samyang Fisheye 7.5mmF3.5 on Lumix G3
 ■ 絞り開放 F3.5

***************************************

デルのモニターは、レノボのノートPCみたいにギラギラ反射せず とても見やすいです
失敗したのはサウンドバー、ろくな音がしないので まえのDELLに付いていたスピーカーを使ってます

ところで、井山名人は強いですねぇ
最初は 河野九段が勝つかと思って見ていたんですが











by nakajimaakira1948 | 2014-09-06 09:28 | 7.5mmF3.5 Samyang | Trackback | Comments(2)