<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アイレス35-III

2015年4月29日(水曜日)

みなさん、アイレスってご存知でしょうか。

このサイトを訪れるみなさんの中では
純さん(HNは jikomannteさん)が お父さんから貰って はじめて使ったカメラとして
知っておられるかもしれませんね。

そうなんです、1960年(昭和35年)に倒産してしまった アイレス写真機製作所のことです。




1
b0069128_1201635.jpg

アイレス35-III

おお~、やって来ました
ヤフーオークションで1,000円だったのに 誰も応札するひともなく
わたしひとりが応札してゲットしたものです

前のオーナーが送付する直前に拭き掃除をしてくれたようで
1955年(昭和30年)製の アイレス35-III はピカピカでした

「シャッターは作動します、それ以外はわかりません」 という説明と
不鮮明な写真が付いていただけですが わたしは飛びついたのでありました

Aires 35-III の 刻印が誇らしげであります





2
b0069128_1214851.jpg

正面から

アイレス35-IIIを正面から見てみます
左から 距離計窓、ブライトフレーム明かりとり、ファインダーと3つの窓が並びます

クロームめっきに輝く H Coral 4.5cmF2 のレンズ
いまのデジタルカメラでは 考えられない美しいデザインだと思います





3
b0069128_1226482.jpg

斜め左前方より

う~む、美しいですねぇ

1955年製ですので シャッターは少し粘っておりますし、貼り皮は割れているところもありましたが
シャッターは何回もシャッターを切るうちに 快調に作動するようになりました





4
b0069128_12335133.jpg

斜め右前方より

おおきな巻上げレバー、銀色に輝く H コーラルレンズです
Hは 6枚構成を示し、コーラルは英語でサンゴを意味します
サンゴのレンズ、なんという美しい命名でしょう





5
b0069128_12435012.jpg

H CORAL 1:2 4.5cm

サンゴのレンズ、H コーラル45mmF2です
コーティングは、アンバー系と薄いシアン系の単層膜コーティングが施されています

特筆すべきは、レンジファインダーでありながら 最短撮影距離が50cmと短いことです
補色系の2重像はちょっと薄い感じですが くっきりしたブライトフレームが美しいファインダーです

当時の最高級レンズシャッターの SEIKOSHA(セイコーシャ=精工舎)-MX との組み合わせです





6
b0069128_1328344.jpg

フラッシュ切り替え

セイコー舎製 MXシャッターのフラッシュ切り替えレバーです
M級フラッシュ、FP級フラッシュ、ストロボの切り替えができます





7
b0069128_1314116.jpg

シャッター速度リングと絞りリング

クローム鏡胴の シャッター速度リングと絞りリングです
どちらも 目盛り数字の刻印が固定で ローレットを刻んだリングを回して合わせます





8
b0069128_13192685.jpg

シャッターボタン と 巻き上げレバー

軽くて ストロークの短いシャッターボタンです
大型の特異なデザインの巻上げレバーです

その間には 自動復元のフィルムカウンターが見えます

肩の部分は 金型屋さん泣かせの複雑な面をみせております





9
b0069128_13333541.jpg

巻き上げレバーの遊び

ここまで巻き上げレバーを引き出して これから巻き上げるところです
レバーの遊びを大きくとって いつも親指を入れておけるように設計されています





10
b0069128_133932100.jpg

軍艦部

軍艦部を見てみます

右から 巻き上げレバー、シャッターボタン、フィルムカウンター、アクセサリーシュー、巻き戻しノブと続き
一番左端に フィルムメモが付いております

こうして見ると 巻き上げレバーの巨大さが良くわかると思います





11
b0069128_13471990.jpg

裏面

ファインダー接眼窓しかなく すっきりしていますね





12
b0069128_13493539.jpg

裏蓋を開いて

裏蓋を開いて フィルム室を覗きます
定石どおりの構造ですが 写真右側のフィルムガイドローラーが珍しいですね





13
b0069128_13545127.jpg

裏蓋

裏蓋のフィルム圧板のスリットが珍しいですね
左側のフィルムガイドローラーとで 摩擦力を減らそうと考えていたようです





14
b0069128_1402290.jpg

どこから撮っても

このカメラ、どこから撮っても どんな角度から撮っても美しいです





15
b0069128_1443660.jpg

もう一度 正面から

最後に もう一度 正面から





16 アイレス写真機製作所の歴史

以前、ヤルーフレックスという35mm判二眼レフを紹介したことがありましたが
アイレス写真機製作所は ヤルーフレックスを作ったヤルー光学が名前を変えた会社でした

ここで ヤルーフレックスやアイレスカメラの設計者 三橋剛 氏を紹介いたします

b0069128_14133290.jpg

 三橋 剛 氏:
       早稲田大学理工学部卒
       戦争中 陸軍兵技中尉、レンズの脈理、研磨の研究を行い、日本光学の監督官をした経歴より
       のちの「アイレスフレックス」で日本光学よりニッコールレンズの供給を受ける
       戦後 岡田光学に就職、岡田社長より金谷氏を紹介される
 
 ヤルー光学:
       昭和22年(1947年) 金谷氏 & 三橋剛氏が 新橋田村町と虎ノ門の間でヤルー光学を起こす
       昭和23年(1948年) 高田馬場へ引越し
       昭和24年(1949年) ヤルーフレックス発表、ヤルーとは朝鮮語で鴨緑江のこと 金谷氏の故郷を偲んだ命名でした

 アイレス写真機製作所: 
       昭和25年(1950年)社名をアイレス写真機製作所に変更する アイレスとはスペイン語で空気のこと
       昭和26年(1951年)01月 アイレスフレックス発表
       昭和30年(1955年)10月 アイレス35 III 発売
       昭和35年(1960年)工場火災、生産不能から07月に倒産する


三橋剛氏の写真は、元アサヒカメラ編集長の白井達男 著 「幻のカメラを追って」 朝日ソノラマ社刊の
ヤルーフレックスの記事中の写真を複写したものです



****************************************
 ■ 2015年4月28日撮影
 ■ AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700

****************************************


60年まえのアイレス35-III を 綺麗な状態で入手できて喜んでいます ♪♪♪
うれしい うれしい (^^)











by nakajimaakira1948 | 2015-04-29 14:59 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(4)

朝 ミミちゃんと散歩

2015年4月24日(金曜日)

今朝 ミミちゃんと 八坂神社まで散歩しました。

腎臓の具合が悪いコムギは 散歩には出かけられないのです。
動物病院の先生が 点滴を週3回も打っている状態では狂犬病の予防注射は打てないと。
コムギが人を噛むことなんかないのですが、もし赤ちゃんが触りに来て コムギがアマ噛みでもしたら大変ですものね。

きょうは久しぶりに、AF28-105mmをニコンD700に付けて 1.5kgの文鎮を首から下げての散歩です。
たまの 首の鍛錬には良いですね。




1
b0069128_13243917.jpg

行くぞ~

わたし   「行くぞ~」
ミミちゃん 「おお~」





2
b0069128_13343238.jpg

ぜいぜい

今朝は暑かったです
元気者のミミちゃんも 舌を出してぜいぜいです

きれいな町並みは 熊野町です





3
b0069128_13384531.jpg

ペロリ

せっかく邪魔くさいのに しゃがんだので もう1枚
わたしを見て 鼻をペロリです

AFの速さは キットレンズの28-70mmをソニーα7に付けたときよりも速いですねぇ
ニッコールの28-105mm、もう15年まえのズームなのに





4
b0069128_13465462.jpg

燃えてる

八坂神社です
ドラム缶の焼却器のなかで 落ち葉が燃えています





5
b0069128_13512116.jpg

もくもくもく

神社のおじさんが 乾燥させていた落ち葉をドラム缶に放り込みました
もくもくもく もくもくもく





6
b0069128_13555041.jpg

手水場

う~ん、いつ見ても だんだん落ちる速度が速くなる水滴は美しいなぁ~





7
b0069128_1421842.jpg

P4

帰り道です

わたし   「おいっ、ミミちゃん なにしてる?」
ミミちゃん 「P4か P41か 確かめてるねん」
わたし   「右の耳、裏返ってるよ~」


************************************
 ■ 2015年4月24日
 ■ AF28-105mm mounted on Nikon D700
 ■ 絞り優先AE、絞り開放

************************************




おまけ -1
b0069128_14101486.jpg

動物会議

動物たち 「おっさん、これゴッツーええやん。1,000円ってウソやろ~」
わたし  「いひひひ、ええやろ~。 でも1,000円やってんでぇ」


ボディもレンズも使った様子があまりない コニカFTAとヘキサノン52mmF1.8です
早くデジタルで撮りたいのに 4,980円もした中国製のマウントアダプターがまだ届かないのです

それで 会議中の動物たちに見せびらかして お茶を濁しております

■ 2015年4月22日 ■ FE28-70mm mounted on Sony α7




おまけ -2
b0069128_14213057.jpg

白黒

わたしが何か食べているとき 「わたしにも ちょうだいよ」と 股のあいだに入ってきたミミちゃん

なんで「白黒」ちゅうタイトルやねん? カラーやないか
ぎゅっとはさまれて 目を「白黒」させているからで~す

■ 2015年4月23日 ■ FE28-70mm mounted on Sony α7

う~む、画素数が2倍と多いだけ この組み合わせのほうがシャープに写っているようです











by nakajimaakira1948 | 2015-04-24 14:35 | 28-105mm AF Nikkor | Trackback | Comments(4)

ペトリでミミちゃん

2015年4月16日(木曜日)

4月12日の日曜日 ミミちゃんと服部緑地に行きました
古レンズ遊びの旗艦のソニーα7には このところ ペトリC.C Auto 55mmF1.8が付きっぱなしです

ペトリC.C Auto 55mmF1.8は
1. ペトリは 安物カメラや安物レンズばかり造っていた
2. もう40年以上むかしのレンズで コーティングも単層膜である
3. 最短撮影距離は60cmで 近くのものは撮れない
4. 絞りリングにクリックストップが無いので いつのまにか絞りが変わってしまう
5. マニュアルフォーカスで そもそも動くものがジャスピンで撮れるのか

とか、いろいろ使いにくい所があるのですが その使いにくい所が逆にええのです

上の1~5への 対策(言い訳)としては
1. レンズの値段と描写性能は 比例しない
2. 単層膜コーティングでも ええ色が出ている
3. 60cm以上離れたものを撮る
4. 撮影前に絞りを確かめる習慣を思い出させてくれる
  撮影に出かけるときには 手帳を持って行き 絞り値をメモする
5. 動きものを撮るときは 他のカメラやレンズを使う

大昔には、夜には写真を撮らない撮れないとか、写真は太陽を背にして撮れとか いろいろ制約がありましたが
ペトリC.C Auto 55mmF1.8を付けていても、いまでは 絞り優先オートに合わせるだけで何でも撮れるようになりました

良い時代になったものです

それでは 絞り開放で撮るためにND8フィルターを付けて撮った 写真に行ってみましょう




1
b0069128_1819188.jpg

ハイマチック 7s

ピントの合っているカメラは ミノルタ ハイマチック7s です
7人兄妹の長男だった 叔父さんの遺品です
1966年製です

今でも セルフタイマー以外は快調で
薄いオレンジ色に着色された 明るい二重像合致式ファインダーは とても見やすいです

ペトリ C.C Auto 55mmの写りにも 文句はありませぬ





2
b0069128_18354776.jpg

良く行ったところ

コムギを連れて良く行った 大阪市服部霊園の入り口です
豊中市にありますが 経営は大阪市です
服部霊園の中にある上下水道のマンホールの蓋には 大阪市のマークが入っています

写真は 服部霊園の入り口にある極楽橋から ダクタイル配管とさくらを撮りました
手前の立ち入り禁止の柵にピントを合わせましたが とても40年以上まえのレンズの描写とは思えません





3
b0069128_1850516.jpg

ピッ、ピントが

ミミちゃんの頭にピントを合わせようと思ったのですが
コヤツは動きが速いので どこにもピントが合ってません

この写真のあと、ミミちゃんは溝の右側の方へ行こうと溝に降りたのですが
枯れ葉の下には水がいっぱいで ビチョビチョになりました





4
b0069128_18585138.jpg

ここを上がると

ここを上がると おねぃさんがウシさんのお尻を撫でているモニュメントなんかがある円形花壇の所に出ます





5
b0069128_1953781.jpg

かわいい子

かわいい子が おとぅさんと一緒に走ってきます
バックのトイレに置きピンです

ちっちゃくて判るかい





6
b0069128_19132790.jpg

なに嗅いでるのん?

いままで足元にいたのが ピユーと走って何かを嗅いでいます
おいっ、ミミちゃん なに嗅いでるのん?

色は実際に近い色が出ています
カメラのホワイトバランスが良いのでしょう





7
b0069128_1919499.jpg

民家集落裏門

いまは使われていない 民家集落の裏門です





8
b0069128_19235839.jpg

覗き見

日本民家集落は 雪の降っている日以外は いつもタダ見の覗き見です





9
b0069128_19281849.jpg

文化住宅

秘密の公園の向こうの 文化住宅を撮りました
遠景でも 文化住宅だけにピントが来て 絞り開放F1.8の描写の魅力が出ていると思います





10
b0069128_19353685.jpg

HRC

服部ライディングセンターです
左下がりです (涙)





11
b0069128_19375416.jpg

速いカメさん

なぜか動きの遅いカメさんにピントが合わず
水面の木の影にピントです

なんでかなぁ~





12
b0069128_1942961.jpg

日時計

この時 10時8分でした

合ってた?
判りませんが 合っているのでしょう





13
b0069128_19461215.jpg

トンネル

さくらのトンネルです
さくらをクッキリ見せようと この写真はF4まで絞って撮りました



************************************************************
 ■ 2015年4月12日撮る
 ■ Petri C.C Auto 55mmF1.8 with Kenko ND8 Filter mounted on Sony α7
 ■ 絞り優先オート、1~12枚目は絞り開放F1.8 13枚目のみ絞りF4
 ■ ISOオート

************************************************************



おまけ
b0069128_19585957.jpg

FTA と トリスおやじ

いひひひ、見慣れぬカメラとレンズでしょ
ほこりだらけのトリスおやじも うれし泣きしてるでしょ

ヤフーオークションで1,000円で落札した 1968年製のコニカFTAとヘキサノン52mmF1.8です

ヘキサノン52mmF1.8が欲しくて応札したら だれも見ていなかったのか落札しました
ちょっと拭いたら、ほれっ 新品同様になりましたよ
ヘキサノン52mmF1.8は ケンコーのフィルターが付いていたせいか 特にきれいでした

ヘキサノン52mmをどうしてもデジタルで使いたいので アダプターを発注しました
なんで FTAにヘキサノンが付いて1,000円で 中国製のマウントアダプターが4倍以上もするねん

■ 2015年4月16日(さっき)撮る 
■ Petri C.C Auto 55mmF1.8 on Sony α7
■ 絞り優先AE、絞りF4











by nakajimaakira1948 | 2015-04-16 20:23 | 55mmF1.8 Petri CC | Trackback | Comments(10)

南通にて (その7)

2015年4月10日(金曜日)

「南通にて」 の 7回目です。

2001年の年末から 2004年2月末まで足掛け3年間
中国江蘇省の南通市で撮った写真を 思いつくまま貼り付けています。

 南通にて
 南通にて (その2)
 南通にて (その3)
 南通にて (その4)
 南通にて (その5)
 南通にて (その6)


これまで紹介した写真は、初めてのデジカメ 200万画素のキヤノンIXYデジタル200で撮ったものでしたが
今回から 400万画素のキヤノンIXYデジタル400で撮っております。

カメラは変わっても、45年間つちかった へたくそ写真は変わっておりませんね。




1
b0069128_19342759.jpg

濠南路の眼鏡橋

IXY D200の時代に買った 中国製の超安物三脚を使って撮っています

超安物の三脚を使うときには、風などでカメラがグラグラしないように
上からカメラを三脚に押し付けて 2秒セルフタイマーで撮っています

■ 2003年11月28日





2
b0069128_19512897.jpg

人民公園

濠南路にある人民公園です
中国の都会の夜は美しくライトアップされています

■ 2003年11月28日





3
b0069128_1956388.jpg

濠南路

昼間は自転車や自動車が行きかう濠南路ですが 晩御飯を食べてからの散歩では誰もいません

■ 2003年11月28日





4
b0069128_2022591.jpg

軍小区

人民開放軍の軍小区(軍人が寝泊りするところ)です

門番の部屋に誰もいないのを確認してから 三脚を使って撮ってます

■ 2003年11月28日





5
b0069128_2072423.jpg

濠南別業

南通出身のえらい人、張さん(もう故人でした)の別荘(別業)です
なんでえらかったのかは忘れました

■ 2003年11月28日





6
b0069128_2012118.jpg

露店

住んでいたアパートの前の 露店ちゅうか青空市です

もう朝の10時過ぎですので お客さんは誰もいません
みんな ひまそうです

■ 2003年11月30日 10時9分





7
b0069128_20165364.jpg

マクドナルド

ブランチを食べに 南大街(ナンダージェー)のマクドナルドに行きました

定時になるとテレビが子供番組を放映します
みんなそろって 画面を見ながら踊っています ♪♪♪

■ 2003年11月30日 10時41分





8
b0069128_20253544.jpg

桃港路の馬さん

マックを出たあと うろうろ散歩します

桃港路という通りに 銅の馬さんがおりました
愛嬌のある表情をしています

■ 2003年11月30日 13時27分





9
b0069128_20352269.jpg

焼きそば

現場事務所の昼ごはんです

わたしはこの頃 この焼きそばに凝っておりました
現場近くの食堂から出前してくれて これだけはいっていて 5元(当時75円)でした

焼きそばというよりも 焼きうどんの食感でしたが ブタ肉と野菜もいっぱいでおいしかったです

■ 2003年12月4日





10
b0069128_20454412.jpg
 
ぶた炒め と 黄酒

寒い日にはコレですね
ぶた炒めと ぬる燗の黄酒(フォンチュー =紹興酒)です

ぬる燗は、ウエィトレスの小姐の手をとって 手のひらをさすって示します
うそですよ、手のひらを見せると判ります

右にあるのは ピータン豆腐、これは夏でも冬でもおいしいです

■ 2003年12月6日 ■ 八仙城の順金美食にて





11
b0069128_2135219.jpg

濠東路の家

中国では ほとんどの家が赤レンガで出来ています

この濠東路の家は 屋根瓦以外は全部が赤レンガでで出来ていますね
となりの家が建て直しをしていますが 壊れたあとは赤レンガだけです

地震がない国は これで良いのです
地震が起こると ひどいことになるのですが

■ 2003年12月7日





12
b0069128_2103750.jpg

桃鳩路

ここは市政府の役所があるところで きれいな街です
SARS騒ぎが起きたとき わたしはここの上島(サンタオ)コーヒーまで晩御飯を食べに来ていました

■ 2003年12月7日





13
b0069128_21212153.jpg

写真屋さん

証明書に写真が要るので 写真屋さんに行きました

わたしは きれいなひとを見ると 手が震えてうまく撮れません
いまでもそうです

写真屋さんの小姐が 写真を撮りに来たひとの髪を直しています
が、ピントは奥の小姐あたりに行ってしまいましたぁ

■ 2003年12月19日





14
b0069128_21321375.jpg

廃バス

ある日から 廃バスが捨てられていました
まだ十分使えそうなのに、もっと汚いバスも走っているのにぃ

バスのうしろの赤レンガの建物が わたしの住んでいたアパートです

■ 2003年12月20日





15
b0069128_2138081.jpg

黄色のじゅうたん

この写真は南通ではありません

プラントが完成して 2004年の4月に落成式に招かれて南通に行きました
式のあと、わたしが来ているのを知って 一緒に苦労したサブコンが隣の海門(ハイムン)市へ招待してくれたのです

朝 ホテルの室で目が覚めたら、ハイムンの村は一面の黄色のじゅうたんでした
たしか ナタネと聞きました

■ 2004年4月10日7時30分 ■ ハイムン市 国際大飯店713号室より



**************************************************
  すべて Canon IXY Digital 400 で撮っています。

  調べてみますと 「南通にて (その6) 」の最後のほうから
  IXY Digital 400 を使っていますね。

**************************************************











by nakajimaakira1948 | 2015-04-10 21:58 | Canon IXY D400 | Trackback | Comments(6)

さくらの散歩

2015年4月3日(金曜日)

3月30日の月曜日、先輩と散歩しました

ヨドバシ梅田(待ち合わせ)→JR東西線北新地駅→大阪城北詰駅→太閤園→外国人アパート→銀橋
→造幣局→天満宮→梅田「たよし」→大阪駅第3ビル→JR大阪駅→阪急梅田駅→岡町駅 のコースでした


先輩の行きたかったのは 太閤園と外国人アパートと大阪天満宮でした
JR東西線の大阪城北詰駅は ロンドンのチューブと似て地下2階ですが地上に上がるエスカレーターがありません

毛糸のセーターの上にキルティングのジャッケトを着たわたしは
運動不足もたたって 大阪城北詰駅で地上に出るまでに すでに大汗でした




1
b0069128_1004768.jpg

じょうろ

古いけれど良い感じの じょうろがありました

■ 阪急岡町駅に向かう途中





2
b0069128_1041264.jpg

さくら電車

阪急梅田駅に さくら電車がありました

■ 梅田駅のポスターです





3
b0069128_1064271.jpg

大阪屋

待ち合わせまでに JRガード下をうろちょろ





4
b0069128_1084880.jpg

藤田美術館

藤田美術館の一部を外の壁からパチリ
藤田美術館は太閤園と道路をへだてて向かい合っています

JR東西線北新地駅で地上に出るのに大汗をかいて ここではキルティングのジャケットを脱いでいます





5
b0069128_10154428.jpg

仁王さん

太閤園は結婚式場になっておりますが 古いものがいろいろありました





6
b0069128_10191470.jpg

石灯篭

太閤園の日本庭園の石灯篭です





7
b0069128_10213631.jpg

屋外テーブル

手前の 「たいまつ」が印象的です
南アフリカの ビアーパーティの夜を思い出させます





8
b0069128_10295411.jpg

外国人向けアパート

すぐ近くにあった 外国人向けだったアパートです
なんか新しくなってしまっていますね

左横から 川側に下りてみます





9
b0069128_10345792.jpg

アパート裏側から

ここは大川沿いの公園になっていました
さくらの季節ですねぇ





10
b0069128_10415376.jpg

銀橋と遊覧船

外国人向けアパートの裏の公園から 川向こうの造幣局を見ています
ちょうど遊覧船がやってきました

銀橋と書いていますが 本当の銀橋(桜ノ宮橋)は奥のほうの橋で
見えている橋は新銀橋です





11
b0069128_10483085.jpg

さくらのみやはし

でも 新しい橋は「新桜ノ宮橋」とは書かれず 「さくらのみやはし」とありました





12
b0069128_10525514.jpg

階段塔

銀橋を渡ると 川べりに下りるクラシックな外観の階段塔があります





13
b0069128_10571138.jpg

らせん階段

階段は らせん階段になっています





14
b0069128_11181920.jpg

門番室

造幣局の門番室です
女の子たち なにを見ているの?





15
b0069128_1059916.jpg

グラヴァーさん

造幣局博物館にあったグラヴァーさんのレリーフです

長崎のグラヴァーさんかな
説明文を読みませんでしたぁ





16
b0069128_11165939.jpg

ウシさん

大阪天満宮のウシさんです

みんな賢くなるように 額しか撫でないのでしょうか
と 思ったら 背中も撫でられていました





17
b0069128_11275153.jpg

「たよし」

足も疲れて のども渇いて おなかも減って ようやく 「たよし」に着きました

うれしいことがありました
ビールのあと、2本目の黒霧島にカードを渡すと なんとサービスで黒霧島を持ってきてくれました
いままで 「たよし」に何十本と黒霧島をキープしてきましたが無料サービスは初めてです ♪♪♪





18
b0069128_11385644.jpg

尊徳くん

良いざましに 大阪駅前弟3ビルの32階へ
二宮尊徳くんが 黄色い帽子を被って勉強しています





19
b0069128_11453774.jpg

たそがれ梅田新道

いつもの展望台から たそがれ梅田新道を1枚
黄砂でしょうか、遠くが霞んでいます





20
b0069128_114917.jpg

ゾウの公園

岡町商店街を出たところにある ゾウの公園です

だれかが ゾウさんの目にまゆげを描いたので ちょっと怒っているように見えますが
ほんとは やさしいゾウさんです

おしまい


*************************
 ■ 2015年3月30日撮影
 ■ FE28-70mm on SONY α7
 ■ 絞り優先AE & プログラムAE
 ■ ISOオート

*************************











by nakajimaakira1948 | 2015-04-03 11:58 | 28-70mm SONY FE | Trackback | Comments(6)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30