<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヘキサノン AR 50mmF1.7 で

2015年6月28日(日曜日)

1,000円で落札した、コニカAcom-1に付いていた標準レンズ ヘキサノン AR 50mmF1.7です

いつもの ソニー α7 に付けて撮ってみました





1
b0069128_8571985.jpg

Heanon AR 50mmF1.7

ヘキサノン AR 50mmF1.7は こんなレンズです
コニカ Acom-1 の標準レンズですので 1976年製で39年選手と割りに新しいレンズです

ヘキサノン52mmF1.8と比べますと、白かった被写界深度のリングが黒くなり 近代的な外観になっています
F1.7と少し明るくなっていますが まあ誤差範囲ですね

コーティングは 52mmF1.8と同じ アンバー系とシアン系の単層膜コーティングです
ただ 最短撮影距離は55cmと 52mmF1.8の 45cmから大きく後退しています

■ 2015年6月23日 ■ Auto Takumar 55mmF1.8 @F2 on Sony α7





2
b0069128_926936.jpg

わんこカレンダー

コムギが通院していた志水動物病院でもらっていた わんこカレンダーです

絞りはF1.7開放ですが わんこの眼にピントを合わせたつもりなのにぃ
コントラストも低いようですねぇ





3
b0069128_9365113.jpg

レンズ換えたのぉ

これも絞り開放です
う~ん、ヘキサノン52mmF1.8や オートタクマー55mmF1.8より コントラストが低いように思えます

実はこのヘキサノン50mmF1.7は 前玉に少し拭き傷とカビ跡があるのですが
前玉のちょっとした傷は 写りに影響があるとは考えられません

一番後ろの後玉に傷や曇りがあると 写りには致命的ですけんど





4
b0069128_9462970.jpg

フィルターを置く

コニカのボディキャップは持っておりません
ヘキサノン50mmF1.7を取り外したAcom-1には ゴミが入らぬようにフィルターを乗せています

絞り開放だと ボケた点光源がラグビーボール状です





5
b0069128_953166.jpg

ことり公園

ミミちゃんの散歩を兼ねて ゆうちょ銀行へ株の配当をもらいに行きました
フィルター径55mmのNDフィルターは持ってないので 1段強絞ってF2.8です

ピントは 「ことり公園」の文字です

画面が変な形になっているのは 水平が出ていなかったのをGIMPで直したからです





6
b0069128_1045376.jpg

ワンコ兄弟

散歩途中に居たワンコたちです
ピントは 仲良くかごに入っているワンコ兄弟です

えへへ、はじめて ヘキサノン50mmF1.7の実力をみた感じです



**********************************
 ■ 2015年6月23日~25日撮る
 ■ Hexanon AR 50mmF1.7 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE、絞り開放F1.7 & F2.8

**********************************



おまけ
b0069128_10173117.jpg

Hexanon AR 50mmF1.7 mounted on Sony Alpha 7

なかなか近代的な風貌を見せるヘキサノンAR 55mmF1.7です

でも この時代は、旭光学をはじめ ほとんどのメイカーがマルチコーティングを採用していたのに
なぜかコニカは 単層膜コーティングにこだわっていたのです

■ 2015年6月28日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700











by nakajimaakira1948 | 2015-06-28 10:33 | 50mmF1.7 Hexanon 後期 | Trackback | Comments(6)

葉っぱ

2015年6月26日(金曜日)

3階のベランダから 公園の樹の葉っぱを眺めておりました

うんっ?
あっ、コムギが帰って来たよ




1
b0069128_1043358.jpg

葉っぱ

ただの葉っぱに見えますか





2
b0069128_1046145.jpg

おめめ

おめめを入れたら コムギでした





3
b0069128_10474645.jpg

左耳も

左の耳もありました
あんたは 天国では葉っぱになったのかぁ




*********************************
 ■ 2015年6月22日
 ■ VR Nikkor 70-300mm on Nikon D80
 ■ シャッター速度優先AE、1/100秒

*********************************
by nakajimaakira1948 | 2015-06-26 10:57 | 70-300mm VR Nikkor | Trackback | Comments(4)

オートタクマー55mmF1.8 で

2015年6月19日(金曜日)

まだ ヤフーオークションをやっております

おとつい オートタクマー55mmF1.8が付いた アサヒペンタックスS3がやってきました





1
b0069128_9233265.jpg

トプコンRE2

REオートトプコール58mmF1.8が付いた トプコンRE2です

REオートトプコール58mmF1.8は すでに1本持っているのですが
前玉にクマデで引っ掻いたような3本の傷が走っていて
写りには関係ないのですが レンズを見るたびにガックリ来ており
きれいな58mmF1.8をさがしておりました

ボディのトプコンRE2は、金属製縦走りシャッターのコパルスクェアを搭載して
壊そうと思っても壊れないような頑丈さです

高かった割に 汚いボディとレンズでしたが
中性洗剤・無水アルコール・オキシドール・ベンジンを駆使したら 結構きれいになりました





2
b0069128_936297.jpg

RE姉妹

トプコンREスーパーと並んで RE姉妹が記念撮影をしています

RE2       「おねぃさん、こんばんは!」
REスーパー    「いらっしゃい、あなたもベッピンさんだったのねぇ」





3
b0069128_9421713.jpg

UVトプコール50mmF2

これは もう紹介しておりますねぇ

写りは 先行したUVトプコール53mmF2にだいぶ負けていたけれど
その神々しい美しさを誇っている UVトプコール50mmF2です





4
b0069128_947935.jpg

アサヒペンタックスS3

旭光学が1961年に 始めて完全自動絞りを採用した
アサヒペンタックスS3と オートタクマー55mmF1.8です

こんな綺麗な機体が980円なんて、嬉しいですけれど それ以上にS3が不憫で寂しく感じてしまいます

このオートタクマー55mmは スーパータクマー55mmと見分けが付かないほど似ていますが
絞りの回転が このオートタクマー55mmは 他のタクマーレンズと逆になっています

ちょっと小ぶりな Auto-Takumar の文字と 古風なレンズキャップが時代を物語っております





5
b0069128_1022625.jpg

ヤシカが大きい

さっそく オートタクマー55mmF1.8を ソニーα7に付けて撮ってみました
絞りは開放F1.8です

うんっ? 明る過ぎる? なんで?
えへへ 露出補正が+2/3EVになっておりましたよぉ

それにしても 小型だと思っていたヤシカペンタ J-5 よりも ペンタックスS3は小さかったのですね
マウント周りのエプロンも古風でええです





6
b0069128_1014169.jpg

ラグビーフットボール

露出補正を ±0EVに戻して撮ってみました

うん、よろしい
スーパータクマー55mmF1.8と 見分けの付かない写りですねぇ
オートタクマー55mmF1.8と スーパータクマー55mmF1.8は同じレンズでしょうかね

ラグビーフットボールが黄色く写っているのは
このボールは1998年に南アフリカで買った古いもので 実際に黄色く変色しているからです





7
b0069128_10271557.jpg

新しい首輪

これは さっき撮りました
ミミちゃんが 新しい革の首輪をしているでしょ

やはり 絞り開放です



******************************************
 ■ 2015年6月4日~19日撮る
 ■ 1~4枚目 Micro 60mmF2.8D on Nikon D700

 ■ 5~7枚目 Auto-Takumar 55mmF1.8 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE、絞り開放F1.8

******************************************

絞りリングの回転方向の件ですが 記事中では詳しくは書かなかったですが
オートタクマー55mm1.8を含み 旭光学では標準レンズだけが他のタクマーレンズと逆に
撮影の体勢でレンズを上から見たときに 絞りの開放が左側に来るようになっておりました。

これは次のスーパータクマーから 他のタクマーレンズと同じく
右側に開放が来るように改められました。
標準レンズだけが 絞りの回転方向が逆だというのは どう考えてもおかしいと感じたのでしょう。











by nakajimaakira1948 | 2015-06-19 10:39 | 55mmF1.8 Auto 琢磨 | Trackback | Comments(8)

UVトプコール50mmF2で

2015年6月12日(金曜日)

トプコンユニレックスの標準レンズの UVトプコール50mmF2です

このレンズは 1963年から造られたUVトプコール53mmF2に変わって
1969年にトプコンユニレックスとともに発売された 銀色鏡胴の美しいレンズです

ほとんどの美しいレンズは 良く写るものだと思っていましたが ・・・




1
b0069128_8463470.jpg

UVトプコール50mmF2 銀色鏡胴

こんなレンズです
距離目盛も UVトプコール53mmの板巻き印刷から 距離リングと一体のものになり高級感がアップしています

最短撮影距離は UVトプコール53mmの70cmから 60cmと少し短くなっています
コーティングは アンバー系主体のもので変わっておりません

黒い絞りリングは 自作したUVトプコール→M42のマウントアダプターで
ユニレックスボディでは 絞りリングも銀色で、このレンズと組み合わせると とても美しいです

ソニーα7に付けて 絞り開放での写真に行きます





2
b0069128_954183.jpg

ミミちゃん

なんかピントが来ておりませんねぇ





3
b0069128_9133718.jpg

あかん

あかん、1枚目よりひどいです
ミミちゃん、あんた じっとせぇ~





4
b0069128_9165214.jpg

夜景

う~ん、良くないですねぇ
光源が白くなってしまい 暗部の締まりがありません

と思ったら、露出補正を忘れていましたよぉ





5
b0069128_923262.jpg

ダクタイル管

6月7日の日曜日、ミミちゃんを連れて服部緑地公園へ散歩に行きました

いつも撮るダクタイルパイプです
う~ん、ペトリ55mmF1.8のほうが シャープでボケ味もええようです





6
b0069128_9324569.jpg

ややこしい所

コヤツもコムギと同じで ややこしいところが好きです
ファインダー像を拡大するヒマもありません、やっぱりピンボケです





7
b0069128_938286.jpg

HRC西口

服部ライディングセンターの西口です
乗馬するひとたちにピント





8
b0069128_942423.jpg

秘密の公園より

コントラストが低いですね
実際は もっと鮮やかな色です

でも とても絞り開放の写りとは思えないシャープな描写であります





9
b0069128_946160.jpg

フレアー

斜め逆光で撮ってみました

UVトプコール53mmF2では 出そうと思っても出なかったフレアーが画面全体に出ております
うれしいような さびしいような





10
b0069128_9523735.jpg

ひそひそ話

服部ライディングセンターで おねぃさん達がひそひそ話をしています





11
b0069128_9574030.jpg

登るカメさん

ボチボチですが 確実に木に登っていくカメさんです
カメさん、がんばれ





12
b0069128_1023550.jpg

売店裏側

売店の裏側です
左上にゴミのようなものが写っていますが トンボが写っているのです





13
b0069128_1073178.jpg

トプコンRE-2

えへへ、UVトプコール50mmで REトプコール58mmを付けたトプコンRE-2を写しています

トプコンの一眼レフには、フォーカルプレーン機用の REトプコールなどのエキザクタマウントと 
レンズシャッター機用には UVトプコールと 2種類のマウントがあるのです



**********************************************
 ■ 2015年6月6日~8日
 ■    1枚目 FE28-70mm on Sony α7
 ■ 2~13枚目 UV Topcor 50mmF2 Silver on Sony α7
 ■ 絞り優先AE、絞り開放F2

**********************************************

UVトプコール50mmF2の今回の写りは
先に出たUVトプコール53mmF2に比べて あきらかに劣っております。

これが絞り開放時だけのものなのか もうすこし時間をかけて探ってみます。









-

by nakajimaakira1948 | 2015-06-12 10:25 | 50mmF2 UV Topcor 白 | Trackback | Comments(2)

ヤフーオークションで

2015年6月3日(水曜)

わたしは 1950~60年代の全金属製のカメラが大好きです
1970年代になりますと プラスティックを多用したカメラがだんだん増えてきて魅力はイマイチですねぇ

ところで この2ヶ月ほどで 6台の古カメラが増えてしまいました
ヤフーオークションで せり落としたのです




1
b0069128_13153355.jpg

コニカFTA

これは このブログで紹介済みの1968年のコニカFTAです
ヘキサノン52mmF1.8、フィルター、純正キャップ、革ケースが付いて1,000円でした

家に届いた品物は ほこりだらけでしたが 中性洗剤を含んだ布で拭くと新品同様になりました

前のオーナーは 露出計の回転スイッチが動かないので壊れたと思われたのでしょう
でも回転スイッチは潤滑油をさすと改善できて シャッター優先オート露出も働き完動品となりました
ということは 水銀電池も生きていたのです

ヘキサノン52mmF1.8は フィルター付きだったためか新品同様で拭き傷もありませんでした
その写りは、ソニーα7やニコンD700に付けて ヘキサノン52mmF1.8ヘキサノンARをニコンにで紹介したように素晴らしいものでした

4月14日のことでありました
これで ヤフーオークションに味をしめて





2
b0069128_1322475.jpg

ヘキサノン50mmF1.7とコニカAcom-1

ヤフーオークションに味をしめたわたしは 二匹めのドジョウを狙って
4月24日に ヘキサノン50mmF1.7の付いたコニカAcom-1を また1.000円でゲットしたのです

オーナーの説明に コニカAcom-1は 「ときどきしかシャッターが下りない」とあったので
もともとヘキサノン50mmF1.7が狙いのわたしは 本体の壊れているのは気にしておりませんでした

届いた品物は よくこれだけホコリまみれにしたなぁと感心するほどホコリがかかっておりました
それと肝心のヘキサノン50mmF1.7も 前玉に拭き傷が付いていて中玉には少しカビが発生しております

それでも ヘキサノン50mmF1.7をオキシドールと無水エタノールで拭きますと 上の写真程度になりました
ソニーα7に付けて試写してみますと 綺麗に写りました

ボディのAcom-1は、前オーナーの説明どおり ときどきミラーが降りてこなくなります
1978年製のAcom-1の軍艦部はプラスティック製で愛着の涌かない顔付きをしておりますし まあええでしょう





3
b0069128_1491864.jpg

ヤシカペンタ J-5

この1964年のヤシカペンタ J-5は ボディだけのをゲットしました、やはり1,000円です
このボディもホコリまみれでしたが 中性洗剤で拭くと綺麗になりました

シャッター、セルフタイマーは完動ですが 露出計は動きません
まあまあ綺麗なボデイですが ファインダーに黒いゴミがデカデカとあります

レンズは手持ちのM42から 富岡光学製オートヤシノンDX 50mmF1.4を付けています






4
b0069128_13555973.jpg

アイレス35 III

えへへ、かっこええでしょ
1955年製の アイレス35 III です

これも このブログで紹介済みですので詳しくは書きません
とにかく、デザインが良くて レンズのHコーラル45mmF2も美しいです

これは1,100円でしたが オークションの競争相手は1,050円で降りたようでした


寝る前にウイスキーを舐めながら 2~3回 アイレス35 IIIの空シャッターを切っております





5
b0069128_14221125.jpg

トプコン ユニレックス

なんと美しいのでしょう
1969年のレンズシャッター一眼レフ、トプコン ユニレックスです

銀色鏡胴の東京光学のレンズ UVトプコール50mmF2が付いています
わたしは全金属カメラ・フェチでありますが 銀色鏡胴レンズ・フェチでもあり UVトプコール・フェチでもあります

完動品ということで競争相手も多かったのですが なんとか落とせました
さすが高かっただけに ボディもレンズも綺麗です

数年まえに自作した UVトプコール→M42マウントアダプターを使ってソニーα7に付けて
コムギで試写してやろうと思っていたのに 数日してコムギは死んでしまいました

コムギの思い出のカメラになりそうです





6
b0069128_14591853.jpg

マミヤシックス KII型

1956年製の マミヤシックス KII型です
6x6判と 6x4.5判兼用のフォールディングカメラです

マミヤシックスは 1/500秒まである高級型タイプには
オリムパスのズイコー75mmF3.5が付いているのですが
1950年代のズイコー(瑞光)75mmレンズは 殆どのレンズが白内障になるのです
この白内障はオキシドールでは治らず 再研磨する必要があります

このマミヤシックス KII型は、1/300秒までのコパルMXシャッター付きですが
レンズはズイコーではなく マミヤの傘下になるまえの世田谷光機のセコールS(3群4枚構成)が付いています

写真のように、世田谷光機のセコールSは製造後60年経ってもクッキリ澄み切っております
やはり写真はレンズですもんねぇ

コムギが死んで しばらく止めていたヤフーオークションですが また始めてしまったのです
セコールS付きのマミヤシックス KII型でしたが 2,050円でわたしのものとなりました



*****************************************
 ■ 2015年4月14日~5月26日
 ■ AF Micro 60mmF2.8D mounted on Nikon D700
 ■ Speedlight ON

*****************************************











by nakajimaakira1948 | 2015-06-03 15:31 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(6)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30