プラクティカ IV 1st Version

2016年6月25日(土曜日)

東独のKWが 1959年に同じ東独ドレスデンのツァイスイコンと合併して造った会社
VEB Kamera und Kinowerke Dresden(カメラと映像機械人民公社ドレスデン)製の
1号機 プラクティカIV 1st バージョンを紹介します。

なお 2号機のプラクティカIV 2nd version は、「新しいテッサー50mmの写り」で紹介しています。




1
b0069128_9553262.jpg

プラクティカ IV 1st バージョン

これが プラクティカ IV 1st バージョンの姿です





2
b0069128_9593329.jpg

記念写真

う~む
外観が 2nd バージョンの印象とは 大きく異なりますねぇ

でも良く見ると ペンタ部の前板が黒にKWロゴと白の違い以外は 全く同じようです





3
b0069128_105537.jpg

向かって 左前方より

ペンタ部の下部が黒く塗装されていて PRAKTICA IVの文字が黒塗装の上にあること以外は全く同じものでした





4
b0069128_10101912.jpg

向かって 右前方より

2nd バージョンと比べると 1st バージョンの方が勇ましく見える程度ですね


この プラクティカIV 1st version は、1959年6月から1960年3月までの9カ月間に
15,585台だけ造られて 白いペンタ部になった 2nd ヴァージョンになりました

なんででしょう
わたしは こう思うのですよ

ペンタ部の黒塗装に 白いKWのロゴ
これに KWと合併した旧ツァイスイコンから文句が出たんじゃないかと

旧ツァイスの人々は、なんで新会社製のカメラなのに「KW」のロゴやねん と
旧KWの人々は、合併後の社名のVEB Kamera und Kinowerke Dresden の Kinowerke の KWや と反論

真相は判りませんが とにかく2ndヴァージョンからは KWのマークはなくなったのでありました





5
b0069128_10404391.jpg

KW ロゴ

いひひ、ひし形の枠の中にKWのロゴマークは
KW(Kamera Werke)が、プラクティナやプラクティカに付けていた 誇り高いロゴなのでした





6
b0069128_10523787.jpg

キャンセル可能の自動絞り

プラクティカIV の ミラーボックス下部の 自動絞り機構です

シャッターボタンをゆっくり押すと だんだんと丸い自動絞りのピン押しレバーが前方に出てくるのですが
このカメラでは その運動を機械的にキャンセルできるのです

赤いボタンを左に寄せると 自動絞りのピン押しレバーが出て来ますが
右側に寄せると ピン押しレバーは動きません


b0069128_1059813.jpg

使用説明書では、自動絞りレンズを使うときは 赤いボタンを左側に寄せ
手動絞りのレンズでは 右側に寄せましょうと書いてあります

でも実際には、レンズの後部が出っ張っていて ミラーボックスへの入り込みの大きいレンズでは
自動絞りレンズでも 右側に寄せておかないと シャッターが切れないようになっています

プラクティカ(M42)マウントの黎明期には いろいろな寸法のレンズがあったので
このような干渉を防止する機構を設けていたのだと思われます

わたしが試してみたところでは
1952年設計の カールツァイス普通絞りテッサー50mmでは、赤ボタンを右に寄せないとシャッターは切れず
後の半自動絞りテッサー50mmでは、左右のどちらに寄せておいてもシャッターは切れました





7
b0069128_11244670.jpg

軍艦部

右から、内側に手動式のフィルムカウンターが付いた巻き上げノブ、スプロケット解除ボタン
シャッタースピードダイアル、大型ファインダー、一番左側にISO感度メモ付きの巻き戻しノブ です





8
b0069128_11342077.jpg

巻き上げレバー

ボディ底部に 大きな遊び角を持った巻き上げレバーがあります

巻き上げレバーが三脚の雲台と干渉しないように 三脚穴が端に寄っています
カメラが重たいので 強度に不安がありそうです





9
b0069128_11404966.jpg

シャッターダイアル

シャッターを低速(赤)・高速(黒)で シャッターダイアル内側のダイアルを引き上げ選びます
そのあと希望するシャッタースピードに ダイアル外周を持ち上げて合わせます

外周リングに赤点の指標が付いていて シャッタースピードに合わせるのですが
赤点の指標がとても小さくて 虫めがねが要ります





10
b0069128_11505955.jpg

裏蓋開ラッチ

裏蓋を開けるには このラッチを矢印どおり 上にスライドします
すると いきなり裏蓋が開きます





11
b0069128_1155311.jpg

フィルム室

裏蓋は外れます
深いインローで モルトプレーンなど使っていないのが良いです

フィルム室は丁寧な造りです

ガイドレールの左端が太くなっているのは何故でしょうねぇ
ガイドレールの幅が細いので パーフォレーションの穴を壊すと考えていたのでしょうか




***********************************************************
 ■ 2016年6月23~24日
 ■ AF Nikkor 28-105mm & AF Micro Nikkor 60mm F2.8 on Nikon D700
 ■ Speedlight ON

***********************************************************


プラクティカ IV 1st ヴァージョン でした
頑丈に造られており あと50年は使えそうです









-
by nakajimaakira1948 | 2016-06-25 12:09 | 28-105mm AF Nikkor | Trackback | Comments(2)

ミミちゃんと皿池公園へ

2016年6月18日(土曜日)

暑くなりましたねぇ

豊中は3年ほどまえに 6月に37.9°Cを記録していますので驚きませんけれど


ミミちゃんを連れて アジサイの公園へ涼みに行きました

お供は、シグマの10-20mmを付けたD80です




1
b0069128_1173036.jpg

散歩行くかい?

わたし   「おいっ ミミちゃん、散歩行くかい?」
ミミちゃん 「わん」





2
b0069128_11132010.jpg

家のまえの公園

外は良いお天気で 朝から暑いです

ミミちゃんは トコトコと影に入って行きます





3
b0069128_1118523.jpg

行くよ~

わたし    「お~い、行くよ~」
ミミちゃん  「どこへ?」
わたし    「涼しいとこ」

写真に暑さを出そうと 露出補正を+1/3EVかけてみました





4
b0069128_11231430.jpg

久しぶりやねぇ

わんこ   「おお~、久しぶりやねぇ。どこ行くの?」
ミミちゃん 「知らん」
わたし   「いひひひ」





5
b0069128_11271265.jpg

ええところやろ

わたし   「どやっ、ええところやろ」
ミミちゃん 「・・・」





6
b0069128_11294395.jpg

皿池(さらいけ)公園

近所にある皿池公園です
別名 アジサイ公園と思っています

涼みに来たのに 木陰のベンチが無いです
暑いです





7
b0069128_11342191.jpg

どんな顔してるねん?

首からカメラを外して ノーファインダーで撮っています

わたし   「どんな顔してるねん?」
ミミちゃん 「こんな顔や」
わたし   「悪そうな顔してるねぇ、青田赤道みたいやぞ」





8
b0069128_1140119.jpg

どんな匂いかなぁ

帰り道です
とても小さいヨークシャテリアが出てきました

小さいヨーキー 「どんな匂いかなぁ」
ミミちゃん   「あっち行け」

ちっちゃい時に ミミちゃんがコムギのお尻を匂っていたのと 逆の立場です





9
b0069128_11465246.jpg

帰り道

めちゃくちゃ暑くなってきました
おねぃさんも たまらず冷たい飲み物を





10
b0069128_11493082.jpg

アジサイの季節

いろんなお家で アジサイが咲いておりました

ミミちゃんは 階段があれば必ず上ってみるのです



***************************************
 ■ 2016年6月18日
 ■ SIGMA 10-20mm F4-5.6 on Nikon D80
 ■ プログラムAE

***************************************





おまけ
b0069128_11555970.jpg

SIGMA 10-20mm on Nikon D80

久しぶりに使った シグマ10-20mm F4-5.6 です

ニコンD80は、AFニッコール300mmF4を付けっぱなしで ときどきスズメの夫婦を撮っています

■ 2016年6月18日 ■ AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700









-
by nakajimaakira1948 | 2016-06-18 12:06 | 10-20mm AF SIGMA | Trackback | Comments(4)

たそがれどき

2016年6月11日(土曜日)

毎年6月11日になると思い出すことがあります。

小学校の低学年のころ 担任の先生がおっしゃったのです。
「6月11日になり梅雨(つゆ)になりました。梅雨は1か月続きます」と。

夏は 6月・7月・8月で、9月1日からは 秋が始まるように
わたしは 「6月11日に梅雨が始まり7月10日に梅雨は終わる」と覚えたのです。

中学、高校へ行ってた時も「6月11日~7月10日までが梅雨である」と言い張って
クラスの友達が「そんなことはない」と言っても全く信じられなかったのです。

いつごろ、梅雨入りや梅雨明けは 気象庁が適当に決めるものなので
毎年ちょっとずつ異なるものなのだという事を知ったのか 今でもわかりません。



暑かった梅雨の日の たそがれどき
きれいだったので Ai ニッコール105mmF2.5 で撮ってみました。





1
b0069128_8324655.jpg

北向いて

この景色、いままで何回撮ったことでしょう
もう8時まえなのに まだ空が明るいです

Ai ニッコール105mmF2.5 の 絞り開放です
ISOをオートにしていたら ISO6400まで上がっておりました





2
b0069128_8401913.jpg

南向いて

う~む、もう35年まえごろに買った Aiニッコール105mmF2.5ですが
絞り開放から よく写ります

これもISO6400になっているので だいぶノイズが出ていますが
手持ちで これだけ撮れたら言うことなしです

もう少し暗くなったら、5~6km向こうの 江坂の大同生命ビルの赤い航空障害灯が見えます





3
b0069128_8564285.jpg

Ai ニッコール 105mmF2.5

Ai ニッコール 105mmF2.5 を α7に付けています

分厚いレンズエレメントが効いて レンズの重心が前に寄っていますが
そのおかげか良く写る 4群5枚構成の歴史のあるレンズです





4
b0069128_9343.jpg

何台目かなぁ

ヤマハの新しいギターです

高校、大学で ヤマハを3台
南アフリカで 韓国製を1台、中国の南通で やはり韓国製を1台

う~む、6台目になります


スリーフィンガーは出来なくなってしまいましたが
アルペジオは問題なし

ぼちぼち爪弾いて むかしの曲を歌っております




****************************************************
 ■ 2016年6月10日~11日
 ■ 1 & 2枚目 Ai Nikkor 105mmF2.5 on Sony α7
 ■ 3 & 4枚目 AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700

****************************************************









-
by nakajimaakira1948 | 2016-06-11 09:20 | 105mmF2.5 Ai Nikkor | Trackback(1) | Comments(6)

スピラトーン18mmF3.5で

2016年6月3日(金曜日)

夏になりましたねぇ


1972年のスピラトーン18mmF3.5です

このレンズ、日本のシグマが 米国の写真商社スピラトーン(Spiratone)に OEMで造っていたものです

ニコンFマウントですので ニコンD700に付けて撮っていましたが どうもうまく写りません
それで マウントアダプターを付けて ソニーα7のピント拡大機能を使ったらうまく写るかを試してみました

結果は ・・・




1
b0069128_9292482.jpg

よっしゃ

よっしゃ、ピント拡大機能を使うと ねらったところにピントが合うようです





2
b0069128_935829.jpg

しかし

しかし 18mmで絞りをF8まで絞っているのに
いまいち シャキッとしません





3
b0069128_9384523.jpg

足、熱いやろ

タイルは 触れないほどではありませんが かなり熱くなっています

わたし    「足、熱いやろ」
ミミちゃん  「なんの これしき」





4
b0069128_9461340.jpg

気を抜くと

ちょっと気を抜くと こんなピンボケ・アホづらになってしまいます





5
b0069128_9495024.jpg

夏の日

ピントは 画面中央の三角屋根のお家です

F8まで絞っているのに 4隅の周辺光量不足が目立ちますねぇ
それと 18mmでF8なら 画面全体がもっとキリッと写ってほしいです

それでも ニコンD700に付けたときよりも幾分マシなような気もします

ニコンD700に付けたときの写真です
「スピラトーン18mmF3.5 の写り」
「スピラトーン18mmF3.5 むかしの写り」





6
b0069128_103691.jpg

こんなヤツです

正式名を SPIRATONE YS 1:3.5 f=18mm といいます
なかなかカッコええでしょ

1972年当時は 「レンズメーカーの超広角レンズは使えない」という評価でした

わたしは 歪曲収差が非常に少ないという印象を持ちました

アカンのは
1. ビネッティング(周辺光量不足)が大きい
2. 解像力が不足している
というところでしょうね



**************************************************
 ■ 2016年6月2日撮る
 ■ 1~5枚目 Spiratone YS 18mmF3.5 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE 絞りF8

 ■  6枚目 AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700

**************************************************









-
by nakajimaakira1948 | 2016-06-03 10:26 | 18mmF3.5 Spiratone | Trackback | Comments(2)