2017年6月22日(木曜日)

雨の降る日は カメラに面白グッズを付けて遊びます

そんなとき役に立つのが ステップアップリングやステップダウンリングです





1
b0069128_9391511.jpg

Neewer Step-up & Step-Down Rings

左側のピラミッド型のが ステップアップリング
右側の盃(さかずき)型のは ステップダウンリングです

それぞれ 28→30→37→43→52→55→62→67→72→77→82mm と
     82→77→72→67→62→55→52→43→37→30→28mm の
各10個セット、合計20個でアマゾンで1,699円 1個当たり85円と中国製とはいえ超安価です


しかし 何に使うのか?

一番にフィルターの共有化ですね
わたしはフィルター径 82mm、72mm、67mm、62mm、58mm、55mm、52mm、49mm、46mm、43mm、40.5mm 以下略
などのレンズを使いますが、例えば PLフィルターは、49mm・52mm・67mmの3枚しか持っていません

こんなときに、ステップアップリングを使えば 67mm以下のフィルター径のレンズには全部PLフィルターが使えるわけです




2
b0069128_9593827.jpg

43mmの例

オリンパス ペンFTのフィルター径は 43mmです
わたしは43mm径のフィルターは持っていませんので
43mm→52mmのステップアップリングで52mm径としてフィルターを取り付けます

上の写真では 43mm→52mmのステップアップリングを取り付けて
さらに それ以上のより大口径のステップアップリングを全部付けてフードにしたところです





3
b0069128_10291838.jpg

ちょっと広がり過ぎ

ははは、さかずき型のフード ちょっと前が広がり過ぎで 効果は???ですねぇ





4
b0069128_10325875.jpg

ペンF の キャップ

オリンパス ペンF の 43mm径のレンズキャップも持っていません

43mm→52mmのステップアップリングを付けて52mm径として
腐るほどある 古いニッコールの52mmのレンズキャップを取り付けたところです





5
b0069128_1039154.jpg

リバースリングに

ニコンのリバースリングは 52mm用のもの(Nikon BR2)を持っております
写真では、ニコンD70に 55mm→52mmのステップダウンリングを取り付けて 55mmの♂にして
ヘキサノンの 35mmF2.8を リバースで取り付けたところです

ひさしぶりに持ち出した ニコンD70ですが グリップのゴム?が軟化してベトベトしております (涙)





6
b0069128_10485526.jpg

10円玉

グリップがベトベトするD70からリバースリングとヘキサノン35mmを取り外し
それをニコンD700に撮り付けて 10円玉を絞り開放で撮ってみました

リバースでは 広角ほどマクロ倍率が上がります
ヘキサノン AR28mmを付ければ もっと良かったで~す


***********************************************************
 ■ 2017年6月21~22日 撮る
 ■ 1~5枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■   6枚目 Hexanon AR 35mmF2.8 Reverse with BR2 on Nikon D700

***********************************************************

使い方は無限にある Neewer製のステップアップ & ダウンリングですが
43mm径の次が52mm径になっており 46mmと49mm径が抜けております

49mm→52mmは 以前から持っているからいいけれど
ミランダやシグマが採用している 46mm径を入れてほしかったです









-
by nakajimaakira1948 | 2017-06-22 11:17 | 28-105mm AF Nikkor | Trackback | Comments(6)

2017年6月15日(木曜日)

藤本写真工業の E-Lucky Anastigmat 75mmF3.5 での写真です

このレンズ、製造されたのは1950年代の初期と思われ もう65歳選手ですが
銀色に光り輝くその姿、収差が認められない描写性能で まことに気に入っております




1
b0069128_8521874.jpg

横目で見るなぁ

ミミちゃんが わたしを横目で見ます

ミミちゃん 「ギロッ」
わたし   「横目で見るなぁ」

左クリックして 拡大してください
ミミちゃんの右目が くっきり ♪♪♪





2
b0069128_8574950.jpg

あご冷やし

暑いときには あご冷やしです

冷たいフローリングに あごやお腹をベターと付けて、目だけ開いてキョロキョロ
コムギも 良くあご冷やしをやっておりました





3
b0069128_941954.jpg

キヤノン Demi EE17

2台のコニカに挟まれて デミEE17が大きな顔をしています

30mmF1.7が付いたデミEE17
普通のセルフタイマーとは逆方向に動かすのですが 作動が固くなってきていましたので
セルフタイマーを外して チョイと給油したら治りました

一段とベッピンさんになったデミEE17、E-Lucky Anastigmat 75mmで パチリ





4
b0069128_918273.jpg

キリンさんも あご冷やし

6月13日(火曜日)の朝です
このまえ家で寝ていたので連れて行かなかったミミちゃんと あじさい公園(皿池公園)へ散歩です

キリンさんが暑いからか あご冷やしをしておりました
目にどろが付いていましたが やはり目を開けてキョロキョロしています





5
b0069128_932518.jpg

あじさい公園

あじさい公園(皿池公園)には、きれいなアジサイがいっぱいでした

あじさい公園というのは わたしが言っているだけで 本名は皿池公園といいます
E-Lucky Anastigmat 75mmで 中央のアジサイにピントです





6
b0069128_9393349.jpg

脱力写真

へへへ、ちょっとピントを外してみました

こういう写真を「脱力写真」と呼びます
藤田一咲さんの造語です

落ち着いた感じが漂います、漂いませんかぁ





7
b0069128_9461633.jpg

ぐるぐるボケ

ミミちゃんの後ろの草が 弱いぐるぐるボケです
やはり E-Lucky Anastigmat 75mmF3.5は 3枚構成のレンズの味を残していました
うれしい~

ミミちゃんの舌は「花の応援団」の青田赤道の舌みたいでしょ





8
b0069128_9542079.jpg

夕焼け小焼け

今年の梅雨は 雨が降りませんねぇ

豊中の夕焼け小焼けです
あしたも良いお天気です





9
b0069128_9575084.jpg

E-Lucky Anastigmat 75mmF3.5

美しい E-Lucky Anastigmat 75mmF3.5 です

こんな美しいメッキのレンズは 見たことがありません

藤本写真工業さん、ありがとう



************************************************
 ■ 2017年6月12~14日 撮影
 ■ 1~8枚目 E-Lucky Anastigmat 75mmF3.5 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F3.5

 ■   9枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700

************************************************

とても 65年むかしの引き伸ばしレンズで撮っているとは思えない写りでしょ









-
by nakajimaakira1948 | 2017-06-15 10:15 | 75mmF3.5 E-Lucky 初期 | Trackback | Comments(0)

天日干し

2017年6月9日(金曜日)

近畿地方も梅雨入りしましたね

手持ちのカメラの一部を手入れして 天日干ししました





1
b0069128_1043680.jpg

Minolta SRT Super with MC Rokkor-PF 135mm F2.8

ミノルタSR-1で育ったわたしは ミノルタのカメラが大好きです

一眼レフは、シャッターを高速から低速まで切ってみます

1秒や1/2秒が遅いとか速いのは あまり気にしません
低速シャッター速度での 露出の誤差は小さいですから





2
b0069128_10122443.jpg

Carl Zeiss Werra with Tessar 50mmF2.8

このカメラ、カメラ屋さんのツァイスイコンが造ったのではありません
レンズ屋さんの カールツァイスが造った シンプルデザインのカメラです

レンズシャッターのカメラも まずシャッター速度を確認します
低速シャッターが粘っていたり 切れないときは
前玉を外してシャッターをベンジンで拭きます

絞りは、シャッター速度をB(バルブ)にして
シャッターを切った状態のまま 絞りリングを開閉して確認します





3
b0069128_10221946.jpg

Nikon F3 with Ai Nikkor 50mm F1.8S

電子シャッターのカメラは わたしの技量ではメンテナンスはできません

スイッチONにして 動けばOKとしています





4
b0069128_1029293.jpg

Mamiya Prismat NP with Mamiya-Sekor 58mmF1.7

古いカメラは、巻き上げやシャッター速度の変更などは ゆっくりしましょう
急に作動させると 金属部品でも変形したり破損したりするからです

この マミヤ プリズマット NPは、シャッター速度ダイアルが良く空回りをします
ダイアルがグラグラするときは 空回りの前兆ですので
ダイアルを固定している ローレット部のネジ2本を締めます





5
b0069128_10412418.jpg

Asahi Pentax ES-II with SMC Takumar 55mmF1.8

機械的な作動は完全ですが 露出計が動かないES-IIです
このような露出計が動かない古カメラは ジャンク扱いで非常に安く入手できます

露出計が動かなくても写真が撮れるように 人間露出計を鍛えておきましょう





6
b0069128_10502926.jpg

Minolta 35 Model IIB with Summitar 50mm F2

このミノルタ35 IIBは、デッドストックかと思うような素晴らしい状態です
シャッター速度と 無限遠での二重像合致の確認だけです


レンズのズミタール50mmF2は 30年まえに絞りリングが動かなくなり
最近 潤滑油の一滴で息を吹き返したヤツです

絞りリングの回転と 沈胴の作動具合を確認しました





7
b0069128_1111371.jpg

Praktica Super TL1000 with Hanimex Automatic 28mm F2.8

どこにも文句が無いプラクティカ Super TL1000 です

しいて文句を言えば、軍幹部のカバーがプラスティック製なのと
シャッターが ストロークの最後で切れて、シャッターフィーリングが悪いことでしょうか

露出計も単体露出計とドンピシャリ ♪♪♪





8
b0069128_111422100.jpg

Zeiss Ikon Hexacon with mamiya-sekor 55mm F1.8

このヘクサコン、お歳のせいか(1952年製)
低速シャッターと高速シャッターの切り替えレバーが固くなってきていました

レバーに潤滑油を一吹きして 数回切り替えると治りました


レンズのマミヤセコールは 少しピントリングがガタついていました
精密ドライバーで小ネジを締めて改善できました





9
b0069128_11233186.jpg

Praktica IV with Semi-auto Tessar 50mm F2.8

どこも悪いところはありませんでした
いわゆるブラックアウトする 非クイックリターンミラーなので丈夫で長持ちです

セミオート テッサーとの組み合わせでは
シャッターボタンを押すと、まず 絞りがカタッと絞られファインダー像が暗くなり
次に ミラーがポンッと上がって真っ暗になり、最後に チャッとシャッターが切れます





10
b0069128_113211100.jpg

Exakta Varex IIa with Tessar 50mm F3.5

シャッター速度は 12秒まで完璧でした
実際は、10秒か15秒か 時計と見合わせておりませんので判りませんが

裏ブタの開閉が少し固くなっていましたので
ラッチの噛み合い部分に潤滑油を一吹きして改善できました

三半テッサーは 問題なしです





11
b0069128_11421269.jpg

Konica Autorex with Hexanon 52mm F1.8

外光式CdS露出計を含めて すべて完璧でした

コニカのカメラは、「親・子・孫と3代にわたって使える丈夫さ」と評した上野千鶴子さん
本当ですねぇ





12
b0069128_11494066.jpg

Topcon RE Super with RE Auto Topcor 58mm F1.4

わたしの大好きな トプコン RE Super

う~ん、シャッター速度1秒と1/2秒が作動しません
何回やっても きっちり1/4秒までで 1秒と1/2秒はアウトです
しくしく

まあ 肝心のトプコール58mmF1.4は快調だからええかぁ





13
b0069128_11574046.jpg

Meyer-Optik Görlitz Primagon 35mmF4.5 on Sony α7

最後に、メンテナンスはしていませんが メイヤー光学のプリマゴン35mmを付けたソニー α7です

1956年製のプリマゴン35mmF4.5、F4.5とは思えない前玉の大きさです
レトロフォーカスにするための大きな凹レンズの後ろの結像レンズは、3群3枚です
トリプレットをレトロフォーカスにしたレンズなのです

ちょっとだけ作例に行きます





14
b0069128_1283316.jpg

阪急バス

プリマゴン35mmの絞り開放の写りです
良い写りだと思います





15
b0069128_1214667.jpg

郵便受け

焼肉屋さんの「もくもく亭」の ポスト型郵便受けです





16
b0069128_12183567.jpg

街角

おばさんが 切れかけています
もう少し中央寄りにしたかったのに

腕が悪いですね





17
b0069128_12221079.jpg

Nikon F with Ai Zoom Nikkor 43-86mm F3.5

プリマゴン35mmでも 天日干しを撮ってみました
ニコン F です

35mmだと カメラが小さくなってしまうのと
被写界深度が分厚いので 網戸が写ってしまうのでやめましたぁ



**********************************************
 ■ 2017年6月8日~9日
 ■ 1 ~ 13枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700

 ■ 14~17枚目 Primagon 35mmF4.5 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F4.5

**********************************************









-
by nakajimaakira1948 | 2017-06-09 12:34 | 35mmF4.5 Primagon | Trackback | Comments(2)