タグ:Canon IXY D450 ( 9 ) タグの人気記事

「ん?」

2007年4月7日(土)

きょうの豊中は 朝から曇っていて肌寒いです。
晴れて暖かかったら コムギを連れて服部緑地公園へ行こうとおもっていたのですが ・・・

先週は忙しかったので写真を撮っていません。
きょうも家でウジウジしていますので 新しい写真はありまへ~ん。

今年の写真のストックから数枚




1
b0069128_13574660.jpg

ペンギンのなみだ

1月23日の朝日新聞の朝刊の広告を デジカメで撮ったものです。

なんか懐かしいペンギンが 携帯電話を見ながら なみだを流しております。
そういえば むかしもこのペンギンはビールを飲みながら なみだを流していたような (^^)
ちがいましたかねぇ~

■ 2007年1月24日撮影 ■ IXY Digital 450




2
b0069128_1442767.jpg

どんな味かなぁ~

ことしの正月のある日の晩メシです。

以前は息子が座っていたところに コムギがおります。
「どんな味かなぁ~」 と ワインを見つめていますね (^^)

■ 2007年1月8日撮影 ■ IXY Digital 450




3
b0069128_14124865.jpg

安藤さん優勝

実はわたしちょうどこの日は出張で、この会場におったんです。
K100Dに DA50-200mmを付けて 望遠端でISO3200で撮りました。
ちょっとシャープネスは足りませんが、なかなかいい瞬間を撮ってるでしょ (^^)






へへへ、うそでした。
次の日の朝日新聞の朝刊の写真を D450で撮ったんですよ。
VIXでリサイズするときに 少しコントラストを上げてみました。
新聞の写真とは思えないでしょ (^^)

安藤さん、セクシーですね。
わたしは以前から 安藤さんのファンで~す。

■ 2007年3月24日撮影 ■ IXY Digital 450




4
b0069128_14461445.jpg

べっぴんさん

あついあつい滅茶苦茶暑いシーロム通りに ベッピンさんがいました。
こんなん撮るのは恥かしいので 一度はそのまま通り過ぎました。

でもやっぱり撮りたいので、IXYのスイッチONにして押すだけで撮れるようにして後もどり (^^)
ウィンドウの前まで戻って 瞬間にパチリ。

黄色いビルの映り込みはありますが なんとか撮れました。
でも残念無念、綺麗なおめめにピントが合ってません (;。;) しくしく

■ 2007年3月30日撮影 ■ IXY Digital 450




5
b0069128_1425377.jpg

んっ?

おチビちゃんが 顔よりおおきなオニギリを むしゃむしゃ。

そこへ ドアをガチャガチャ開ける音がします。
「 んっ? こりゃいかん、おかあさん帰ってきたよ~ん、オニギリ食べるなって言われてたのに 」
と言ったところでしょうか。

あわてて力の抜けた右手と、それでもオニギリを離さない左手。
ドアを見つめる目と 具合悪そうな眉毛、急いで飲み込もうとする口元。
決定的瞬間ですね。

これも朝日新聞の朝刊の広告を デジカメで複写したものです。
なんの広告か忘れましたが 上下を少しトリミングしています。

■ 2007年3月26日撮影 ■ IXY Digital 450




************************************
・寒いと外に出る気がしません。
・家でウジウジしていると アル中になってしまいます。
・どうすれば良いのでしょう。
Canon G7 か Nikon P5000 を買ったら
どんなお天気でも 外へ出たくなるんでしょうね  (^^)

************************************












by nakajimaakira1948 | 2007-04-07 15:08 | Canon IXY D450 | Trackback | Comments(20)

佐賀関・知多・京都

2006年11月30日(金)

11月27日(月)は大分の佐賀関 日帰り出張。
11月28日(火)の夕方から 愛知県の知多へ2泊3日の出張。
ちかれたびぃー

佐賀関は雨で 写真がありまへん。
知多は 1日目の晩泊まったホテルからの夕焼けと
一杯飲み屋さんでの2枚だけ。(;。;)

今日 知多からの帰りに大阪への のぞみを京都で降りて
駅のまわりをチョイと散歩しました。
でもすぐに小雨が降り出してきたので 各駅停車で新大阪へ帰りました(;。;)



1
b0069128_2329218.jpg

知多夕焼け

名鉄朝倉駅付近の ビジネスホテルとは名ばかりの宿から撮った夕焼けです。

一晩泊まってホテル変えました (;。;)




2
b0069128_23313750.jpg

陸橋より

京都駅西側の リーガロイヤル前の陸橋から塩見小路をとおして
東側を望んでいます。

中央に 東山が紅葉しているのが少し見えますね。

背後から 真っ黒な雨雲がしのび寄ってきました。




3
b0069128_23381365.jpg

古い家

古い家がありました。

塩見小路烏丸 上がるにて




4
b0069128_23394050.jpg

HAYASHI

チャップリンが おりました。

塩見小路河原町 西入るにて




5
b0069128_234023100.jpg

橋より

空が真っ暗になり 今にも降りそうです。
そのとき何故か この辺りだけに陽が差しました。

塩見小路河原町 東入るにて



*********************************
共通データー
■ 2006年11月28日 & 30日撮影
■ K100D + SIGMA 17-70mm
■ 露出: プログラムオート
■ ISO: オート(ISO200~800自動選択)

*********************************

重い K100D+17-70mm を持って行ったんですが ・・・・ (涙)



12月1日追記)
おまけで 2枚追加しました (^^)

おまけ-1
b0069128_1094959.jpg

佐賀関にて

1枚だけ 大分での写真がありました。

仕事が終わったころ雨があがりました。
佐賀関の小高い丘より 東の方向を望んでいます。
中央に 四国最西端の佐多岬が 豊子海峡をはさんで霞んで見えています。

佐賀関は 関サバが有名でとても高価です。
同じサバでも 四国側で水揚げされると 関サバとは言えず 普通の値段になるとか (^^)

昼ごはんに 少し関サバの刺身を食べましたが
C級グルメのわたしには あまり大阪で食べるやつと差がわかりません (;。;)

■ 2006年11月27日(月)撮影
■ Canon IXY Digital 450
■ 露出 : マニュアル、 1/3EV マイナス補正




おまけ-2
b0069128_15404717.jpg

常滑のおねぃさん

知多での二日目は 宿を常滑(とこなめ)市のホテルに移しました。
現場最寄の朝倉駅から常滑駅まで 名鉄電車で約20分かかりましたが
こんどは ちゃんとしたビジネスホテルでした (^^)

同僚と食事にいった 常滑の飲み屋さんのおねぃさんです。
甘いもの食べすぎの 前歯がかわいいですね (^^)

■ 2006年11月29日(水)撮影
■ Canon IXY Digital 450
■ 露出 : マニュアル
■ フラッシュ強制発光

この おねぃさん写真は 1週間後ぐらいに削除いたしま~す。m(_ _;)m

2006年12月7日追記)
1週間たちました。
画像を小っちゃくしましたが まだ残しています。
削除したほうが良いかなぁ~












by nakajimaakira1948 | 2006-11-30 23:54 | 17-70mm AF SIGMA | Trackback | Comments(36)

仕事写真

2006年10月15日(日)

また風邪を引いてしまいました。
一年中で一番良い季節なのに。 しくしく

わたしの風邪のパターンは
1. 喉がやや痛くなる
2. 喉がだいぶ痛くなり、身体がだるくなる
3. 熱が出て、空せき・クシャミ・鼻水が大量に出る
4. 熱は下がるが 喉にタンが残り セキと一緒に吐き出す
5. 仕事に熱中している間に いつのまにか治っている

大体このパターンで、4の状態が長く 引いてから治るまで3週間ぐらいかかります。
いま 3の状態で熱っぽくて外へも出られません (涙)

家でウジウジと 500円DVDの古典映画などを見ています。
新しい写真を撮っていませんので 先月末の出張時の仕事写真をアップしました。
カメラは Canon IXY D450 です。




1
b0069128_9514914.jpg

広州空港付近

広州白雲空港が 危険な空港ではないかをチェックしています。
でも肝心の空港が全然写っていませんね。へへへ




2
b0069128_958735.jpg

レストラン

現地出張者が 昼食に毎日使っているレストランです。
清潔さ、味、値段、ウエートレスの小姐達はベッピンか をチェックします。




3
b0069128_102432.jpg

日本料理店

宴会で使っているという日本料理店へ行って
悪い小姐がいないか チェックです。

手前の小姐は 美人(ピョーリャン)で明るくて良い子ですが
声が大昔のTV番組 「ちびっこギャング」のカエル君みたいな シワガレ声でした。
あなた、声をなんとかしなさいよ(;。;)

この写真、内蔵ストロボを焚きました。




4
b0069128_1012750.jpg

K100D+SIGMA17-70

なんで こんな写真が仕事写真かぁー と思われるでしょうね。

いや この前日に IXYのバッテリーを220Vで充電しましたので
この日に撮る現場の写真がちゃんと撮れるかの試し撮りなんですよ ← 言い訳くさい

撮られているカメラK100Dは 殆どホテルで眠っていたのでした。(涙)




5
b0069128_1023980.jpg

現場

わたしの仕事、プラント建設なんです。

土建、機器据付、配管、電気・計装作業に問題はないか、安全面は大丈夫かなどを見てまわり
現場長に改善すべき項目をコメントします。
それから 工事工程と進捗度を確認し、儲かっているかもチェックします。

きらわれる仕事ですね(;。;)




6
b0069128_10191870.jpg

夜店

南沙の街の夜店です。
夕食でだいぶ飲んだあとの散歩時です。
果物は新鮮か、値段は安いかチェックしたのですが ← うそです、ベッピンさんはいないかのチェックです

この写真 人間手ブレ補正が全然効かず ブレブレです。(涙)
実は飲み過ぎると どれぐらい手ブレするかのチェックだったんです。 ← うそです




7
b0069128_10493364.jpg

余さん

現地雇用は 現場長に一任されています。
ちゃんと ベッピンさんを雇っているかチェックしてみました。
この現場の現場長 なかなか良い眼を持っているようでした。

通訳兼事務員の余さんは 美人で明るいボインちゃんでした。

コーヒーを作ってくれています。
「何をいれますか?」 余さんがと聞くので
「砂糖要らん、クリーム要らん、コーヒーの粉だけでいいです」と答えました。
誰かが冗談で 「お湯も要らないよ」

余さんは本当にお湯を入れずに 紙コップにコーヒー粉だけのを持ってきてくれました。(;。;)
真面目すぎると言うか なんともうしましょうか (^^)




というような訳で 今日は仕事写真をお見せ致しました。
お粗末さまでした m(_ _;)m


************************
共通データー
■ 2006年9月25~29日撮影
■ Canon IXY D450
■ プログラムオート / ISOオート

************************












by nakajimaakira1948 | 2006-10-15 11:18 | Canon IXY D450 | Trackback | Comments(42)

去年の京都

2005年12月13日(火)

だいぶ 足首が良くなってきました。

「もう一日 会社休むよ」 って言うと
「もう治っているのでは?」 とゆーような家族の疑わしそうな眼が・・・・。

写真は、去年の9月 急に思い立って フラリと行った京都です。
まだ とても暑い日でした。





1
b0069128_11245333.jpg

ひっそり

清水寺は 観光客や修学旅行生で いっぱい。
裏に廻ると ひんやりした木陰と 斜面に地蔵さんがひっそり




2
b0069128_1131174.jpg

かぜ

暑いので清水から下る坂で 缶ビールを買って飲みながらトボトボ下りました。

とある家の軒先の暖簾が 瞬間のそよかぜで すこし動きました。
八橋屋? あの生八橋なんかの家かな




3
b0069128_113965.jpg

横丁

缶ビールを片手に 八坂神社のほうへ歩いていったら こんな横丁がありました。
出会い頭の 片手撮りですが 手ブレ防止が効いてますね。

西洋人のおばさんとか 人力車のお兄さんとか いろいろ写ってました。




4
b0069128_1147336.jpg

しつこく撮る

缶ビールを石畳において カメラを換えて もう1枚気合を入れて撮ったつもりです。
気合を入れたら、右側の家や街路灯の柱が だいぶ内側に倒れていました。(涙)
わたし、水平・垂直オンチです。




5
b0069128_11584020.jpg

花見小路付近

これ もっとひどい垂直オンチですね。
両手で撮ってるのに。
白い軽装のおばさんと、黒い厚着のお兄さんを入れたかったから あわてて。 ← 言い訳




6
b0069128_1271014.jpg

鴨川

一転 急にかき曇ってきました。

五条側から 四条大橋、下鴨方面を望んでいます。
ここを西に行けば、懐かしい花屋旅館や高瀬川のある木屋町です。




7
b0069128_12143880.jpg

東華菜館

懐かしい東華菜館です。
四条大橋の西詰めにあり、50年前は このビルの左側(東側)から
鴨川の河原に降りて行ったものでした。

懐かしさで 菜館が左に倒れています。 ← また言い訳
通行する人が 大またなのは ポツリポツリと降りだしたからです。





8
b0069128_12232588.jpg

高瀬川

高瀬川沿いに すだれが下がる家が 親戚がやっている旅館花屋です。
50年以上昔、兄貴が伝染病にかかり 私は曽根崎の家から ここ旅館花屋に預けられました。
まだ小学校に入る前だったか忘れましたが とにかく毎日毎日ここの子供達と遊びまくりました。

むかしは高瀬川は 夏にはよく堰き止められて水が引くと ウナギがいっぱいおりました。
川に素足で入り( ヒルに吸われましたが)、手拭いや軍手を使って ウナギを手掴みで捕るのです。
バケツ一杯捕ったウナギは、近所のうなぎ屋さんへ持って行き 蒲焼にしてもらいます。
お礼に うなぎ屋さんには 何匹かウナギをあげます。
蒲焼は花屋に持ち帰り、家族で食べたり お客さんに出したりしました。

ある時は 花屋の子の小学校について行って 教室で女の先生に 「あんた誰? 帰りなさいね」って言われました。
それでも帰らずに 授業中 空いた席に座って遊んでいました。先生も迷惑だったことでしょう。

うぅー、(涙) 懐かし過ぎる。
ここは 母方の祖父の後妻だった 死んだおばあちゃんの実家です。
親戚と言えるかどうかの薄い関係で 今はみんな代替わりしてしまいました。





9
b0069128_12492912.jpg

木屋町

花屋のあるところは 木屋町通りの船頭町というところにあります。
阪急京都線終点の 四条河原町駅のそばです。

裏を流れる高瀬川沿いに 夕方からボンボリに灯がともり・・・。
高瀬川は 幅数メートルの小川で バーやこんな洒落たレストランが連なります。




10
b0069128_12563684.jpg

舞妓さんの酒

清水坂で見た 舞妓さんの酒です。
とても欲しかったのですが 女房に笑われそうで 買いませんでした。

ショーウィンド越しなのでシャープに写っていないのでなく こんな焼き物なのですよーん。




********************************************************
  撮影データー
■ 2004年9月25日撮影
■ Panasonic FZ10
■ Canon IXY D450 ( 4枚目&5枚目のみ )
■ Program Auto
■ ISO Auto

自宅から京都は、車でも電車でも1時間程度で行けます。
でも京都は なかなかうまく撮れません。
今回の写真は デジ一眼を持っていない頃で コンパクト・デジタルで撮っていますが
D70で撮っても まずうまく撮れないだろうと思います。
どこへ行っても懐かし過ぎて 落ち着きがなくなるためでしょうか。← 言い訳です (^^)

********************************************************











by nakajimaakira1948 | 2005-12-13 13:20 | Panasonic FZ10 | Trackback | Comments(20)

いまこんな状態です

2005年12月10日(土)

おんもに 行けないので、今年撮った写真から数点UPしました。




1
b0069128_10513936.jpg

偶然

なぜか こんな写真を 撮っていました。
いま わたし こんな状態です。(^^:

■ 2005年4月1日撮影 ■ 通勤帰りの地下鉄にて ■ IXY D450




2
b0069128_105999.jpg

No Future

席料不要、消費税込みで この値段にしたので 「わたしに明日は無い」、思わず笑ってしまいました。

■ 2005年4月24日撮影 ■ 阪急池田駅前にて ■ IXY D450




3
b0069128_1163074.jpg

でんわ

中国では携帯電話が 1年に1億個以上売れるとか。

みんな電話好きです。
若いおかあさんは電話に夢中、赤ちゃんは 「早く切れー」って言ってるようです。

■ 2005年3月4日撮影 ■ 湖北省 武漢にて ■ IXY D450











by nakajimaakira1948 | 2005-12-10 11:16 | Canon IXY D450 | Trackback | Comments(6)

お手入れのあと

2005年11月18日(金)

お手入れのあとです。

お手入れといってもカメラは シャッターを切るだけ。
レンズは 距離リングと絞りリングを回すだけです。



1
b0069128_1130432.jpg

シンプルでした

TOPCON RE Super の軍艦部です、とてもシンプルでした。
巻き上げレバー、巻き戻しノブ と シャッター速度ダイアルしかありません。

昔は、これで何にも迷わず撮っていました。
今は、いろいろ設定できて 迷った末に シャッターチャンスを逃がしてます。(涙)

F2.0になっているレンズは、東独ツァイス・イエナのBiotar 58mmです。
どちらも眼鏡拭きでピカピカに拭いてやったので ベッピンがあがりました。

■ 2005年1月16日
■ Canon IXY Digital 450
■ F3.5, 1/2 秒




2
b0069128_11503336.jpg

広角レンズ2本

コシナ製Voigtlanderの Super Wide-Heliar 15mm F4.5 と
SIGMA 10-20mm F4-5.6 です。
前者は35mm判レンジファインダーに付けて 15mm、
後者はAPS-C 一眼に付けて 35mm換算 15mm です。

フードは同じような形をしていますが、レンズの大きさ重さは 怪獣と幼児みたい。(笑)
一眼レフのミラーが、いかに広角レンズを設計しにくくしているかが実感できますね。

どちらも シャープでいい色を出しますが、ボケ味は S.W.Heliar のボロ勝ちです。
周辺光量の低下では、SIGMAがややマシでしょうか。

■ 2005年11月5日
■ Panasonic FX5
■ F2.8, 1/60秒, Flush-ON



**************************************
週日は、お見せ出来る新しい写真を撮れません。 (涙)
あしたは休みです。 いい写真撮れるかなー♪
**************************************










by nakajimaakira1948 | 2005-11-18 13:08 | Panasonic FX5 | Trackback | Comments(6)

2005年11月10日(木)

朝の通勤途上
いつもカバンに入れている IXY D450 で撮りました。



1
b0069128_23421475.jpg

咲島(さきしま)より

地下鉄中央線コスモスクェア駅2Fより
向かいの舞島(まいしま)方面を望む。

咲島も舞島も 埋め立てた人工島で地下鉄は海の下を通っています。
会社はこの咲島にあり コスモスクェア駅から徒歩10分ぐらいです。
画面左側中央の C型のゴミみたいのは何でしょうね?(涙)
次の画像には このゴミみたいのは なくなっていました。




2
b0069128_23501570.jpg

街路樹

会社の裏の路です。

美女の後ろ姿と 街路樹で決めたかったのですが
モタモタしている間に 美女はどんどん遠ざかって行きました。 ← どんくさい
ピントはどこにも合っていないような、ブレているような。 ← へたくそ


■ 2005年11月10日
■ Canon IXY Digital 450
■ ISO Auto











by nakajimaakira1948 | 2005-11-11 00:00 | Canon IXY D450 | Trackback | Comments(6)

エキザクタ 物語

2005年10月7日(金)

あたらしい写真が無いので 今日は Exakta (エキザクタ)物語を。

わたしの Exakta は Varex IIa, VX1000, RTL1000の3機です。
その中で最も好きなのが この Varex IIa 花文字です。



1
b0069128_1630058.jpg

花文字浮き彫りヴァージョン

Exakta Varex IIa には いくつかのヴァージョンがあります。

最初のIIa は1956年製で、この花文字浮き彫りヴァージョンは1958年5月から1960年9月まで2年強で 71,440台製造されました。
Jhagee Dresden の刻印が誇らしげですね。
この頃のエキザクタが Jhagee社の最好調の時代で、仕上げもこの花文字ヴァージョン機種が最高だと言われています。

たしかにこの後の VX1000, RTL1000などは だんだん材質や仕上げが劣っていきます。




2
b0069128_17521654.jpg

精密/左巻き

独語のexaktaは 英語のexact であり 「精密」ということでしょう。

ところで Exaktaの各タイプは やや大柄なボディで あまり精密という感じはしませんね。
もうひとつの Exaktaの特徴は、シャッターボタン、巻き上げ操作などが左手用になっていることです。
左巻きなどというと、頭が?とすぐ考えますが、元々のエキザクタの設計者が左利きだった?とも言われています。
顕微鏡に付けたときに 左側に巻き上げレバーがあったほうが右手で巻き上げしやすいからという説もあります。




3
b0069128_180134.jpg

ファインダー交換式

Exaktaの特長は、ヴァレックス以降 全機種がファインダー交換可能になっていることです。

アイレベル・ファインダーは、ペンタプリズムと大きなスプリットイメージ距離計付きの ピントグラス(焦点板)が一体になっており
ファインダーを外すといきなりミラーが見えます。
ニコンなどファインダーを外してもピントグラスが残り そのままウェストレベルで使えるタイプとは異なります。

ウエストレベル・ファインダーは 角型ルーペを内蔵し、素透しファインダー(単なる四角い穴ですが)も付いています。
ウエストレベル・ファインダーを使った撮影は、二眼レフでも同じですが 天地正像/左右逆像で ちょっと慣れが必要ですが非常に楽しいものです。




4
b0069128_18122919.jpg

Tessar 50mmF3.5

Exaktaのメーカーの Jhagee (イハゲー)は 自社ではレンズを造りませんでした。
いろいろなレンズメーカーが、競ってExaktaマウントのレンズを製造しました。
だって当時は M42ネジマウント (Practicaマウント)と このエキザクタマウントしかなっかたのですから。

上の写真のレンズは、Varex IIa と一緒に買った 東独カール・ツァイス Jena(イエナ)の Tessar 50mm F3.5 です。
アルミ鏡胴の可愛らしいレンズですが、切削加工、刻印文字への色入れなど仕上げは素晴らしいです。
絞り羽根は14~15枚(写真では良くわからない?)もあり どの絞り値でもほぼ真円を保ちます。
銀塩での写りの方は、白黒では結構シャープですが カラーでは渋い色に仕上がりスッキリ感がありませんでした。




5
b0069128_18314433.jpg

おまけ

これは「おまけ」です。
TOPCONの一眼レフは Exaktaマウントを採用していましたので、このような組み合わせが可能です。
大きな いかついTOPCON RE Super と 可愛い Tessar 50mmF3.5 のアンバランスな組み合わせです。



以上1~5の写真は、Canon IXY D450 で撮っています。











by nakajimaakira1948 | 2005-10-07 18:44 | Canon IXY D450 | Trackback | Comments(7)

SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC

2005年9月23日(金)- その2

おとついの9月21日、ヨドバシ梅田で SIGMA 10-20mm F4-5.6 を買いました。
うまく撮れるかなー


b0069128_1439640.jpg

15mmレンズのこと

2000年に 友人のJames Dentonの息子Jasonの結婚式でマンチェスターに行きました。

当時買ったばかりのコシナ製 Voigtländer Super Wide-Heliar 15mm F4.5 を
古る~いCanon-P に付けて マンチェスターの田舎や ロンドンの街並みを撮りまくったのでありました。
帰国してから画像を見ると、ねらったものがみな豆粒のように写っており
ヘタクソ写真のオンパレード、15mmは難しいと感じたものです。

『S.W-Heliar 15mm F4.5は 距離計式カメラのレンズだったからダメだった』
『SIGMA 10-20mm はD70で撮るのだから 画像をファインダーで確認できて うまく撮れるはず』 と
自分に言い聞かせて(汗) 買いましたよ。

■ Canon IXY D450 で撮影












by nakajimaakira1948 | 2005-09-23 14:39 | Canon IXY D450 | Trackback | Comments(2)