タグ:Nikon D70 ( 80 ) タグの人気記事

D70の思い出

2013年6月15日(土曜日)

撮影意欲が まだ沸いてきません

それで はじめてのデジタル一眼レフ ニコンD70を買った2005年1月から2006年頃の写真を 数枚HDDから拾い出してみました





1
b0069128_11221896.jpg

ニコンD70

憶えておられますか、ニコンD70です

それまで デジタル一眼レフというと APS-C判で30万円ぐらいはしていたのですが
このD70は、キットレンズの18-70mmF3.5-4.5が付いて たしか定価20万円ぐらいでした

それが 発売後1年ぐらい経った2005年の初めには12万円ぐらいになって
ネオ一眼のLumix FZ10を使っていたわたしは D70に飛びついたのでした

現在のデジタル一眼レフと比べますと ファインダーの倍率が低く、
望遠鏡をさかさまに覗いてるというか 井戸の底に映る景色を覗き込んでいるという感じでした

それと背面モニターが 1.8インチと小さくて、 ピントの確認も2~3操作必要でした
でも シャッター速度に1/8000秒を備えており、キビキビした操作感は さすがニコンの一眼レフと思わせました

キットレンズの18-70mmは極めて鮮明で、18mm(35mmフルサイズ換算で27mm)のときの
周辺のタル型収差が少しありますが その程度は他社のキットズームに比べてずっと小さなものでした

■ 2013年6月15日(さっき撮りました)
■ AiAF Nikkor 28-105mm on D700





2
b0069128_11513097.jpg

初撮り

えへへ、exifデータを見てください
撮影枚数が「1」になっているでしょ
初撮りです

なにも設定をいじらずに撮ったので スピードライトが光りました

■ 2005年1月29日
■ Nikkor 18-70mm on D70





3
b0069128_12234269.jpg

おばぁちゃんは英国生まれ

わたし 「コレッ、走るのやめなさい。撮ってあげるから」
コムギ 「へへ~ん、わたしのおばぁちゃんは英国生まれじゃけんね」

意味の判らんことを言って走りまくっております
このころからコムギばかり撮っておりました

■ 2005年11月20日
■ Nikkor 18-70mm on D70





4
b0069128_1235748.jpg

ストーブ犬

わたし 「おいっ、こっち来いよ」
コムギ 「・・・」 寒いので振り返るだけで ストーブのまえから動きません
わたし 「横着者~」
コムギ 「へたくそ~、眼にピント来てないぞ」

■ 2005年12月21日
■ SIGMA 28mmF1.8 on D70





5
b0069128_12434544.jpg

JAL8942

猪名川へ伊丹空港発着の飛行機を撮りに行きました

■ 2005年4月24日
■ SIGMA 55-200mm on D70
■ 猪名川の河川敷にて





6
b0069128_12542966.jpg

三条大橋から

京都へ行きました

■ 2006年5月2日
■ Nikkor 18-70mm on D70





7
b0069128_131301.jpg

桜と高瀬舟

6枚目と同じ日です

木屋町御池あたりの高瀬川です

■ 2006年5月2日
■ Nikkor 18-70mm on D70





8
b0069128_1375595.jpg

ジポー

ジポーライターの彫り物です

■ 2006年3月12日
■ Micro 60mmF2.8D on D70





9
b0069128_13141916.jpg
ぶた小屋

当時住んでいたぶた小屋です

なつかしいデスクトップNECのValuestar と IBMのThinkPadがありますね

■ 2005年12月17日
■ SIGMA 10-15mm on D70





10
b0069128_13275226.jpg

新ぶた小屋

D70のバッテリーを充電して さっき撮りました
だんだんぶた小屋になってきております

■ 2013年6月15日
■ Nikkor 18-70mm on D70



***************************************
 おとついの6月13日
 豊中は37.9℃で 日本で一番暑かったです
 数年前にも 豊中は日本で一番暑い日がありました

 なんとかしてくれ~と思ったら今日は雨です (^^)

***************************************











by nakajimaakira1948 | 2013-06-15 13:32 | 18-70mm DX Nikkor | Trackback | Comments(8)

2013年1月12日(土曜)

う~ん、ぎっくり腰が 完全には治っていません

朝起きるとき 「今日は治っているかなぁ」と そろりそろりと起き上がるのですが
まだ少し痛みが残っています

コムギの散歩は 家の前の小さな公園で済ますので コムギはブスー
ミミちゃんは 最後の予防注射を済まして 散歩に出れるのですが ・・・

というような事で あまり外に出れませんので
30年以上むかしの 非Aiニッコール55mmF1.2の絞り開放で 言い訳写真です



1
b0069128_8414370.jpg

きたない55mm

むかしのMFレンズを使う場合、次に使うレンズを撮っておくこと事をず~っと続けております
レンズが写っている画像(この写真です)の次の画像から そのレンズで撮ったことが判ります

こうしないと、どこからどのレンズに換えたのか判らなくなります
むかし、いなもくさんに教えていただいたテクニックです

それにしても きたないですね
レンズキャップだけして 長いあいだ放ったらかされていたのです

■ 2013年1月8日 ■ Sigma 19mmF2.8 on Panasonic G3




2
b0069128_914392.jpg

非Aiニッコール を マイクロ4/3 に

この55mmF1.2は、ニコンのデジタル一眼レフでは使いにくいのです
D70とD80では使えません、ハマるけれど回らなくて取り付け不可能です
D700では、取り付けは出来ますが 絞りリングが固くなって回りません

それで アダプターを付けた4/3フォーマットのオリムパスのE330や
やはりアダプターを付けた マイクロ4/3フォーマットの松下さんのG1やG3で使っています

今回は 松下さんのG3に付けてます
うん、きれいな赤紫色のコーティングに点々が付いてますね

■ 2013年1月11日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on D700




3
b0069128_926833.jpg

巻き戻しノブ

グスン、「シグネット35と自画像」というタイトルを考えていたのに
ピントは シグネット35の巻き戻しノブです

シグネット35の前の黒いものは コダックのフィルムケースの「ふた」です
ちょうどレンズキャップになるように設計されています




4
b0069128_934184.jpg

キリンさん

動物を撮るときは 「どんなときでも眼にピントを合わすこと」という
むかし読んだ動物写真の本に書いてあったことを いまでも実行しています

でも この写真は 首の青い模様にピントがきてます
ウルトラマンが 「ヘタクソやなぁ」と笑っております




5
b0069128_9411384.jpg

ぽすとs

左から 貯金箱、はんこケース、 トゥクトゥクのガラスです

ぽすとs の「s」は、2個写しているから 複数の「s」で~す




6
b0069128_9502354.jpg

木製車

10年まえ 中国で買った木製クラシック車です

ひとつ買って 数日間アパートでいじくって品質の良いのに驚き
また もうひとつ買いました




7
b0069128_104110.jpg

グレンマランジェ

キリンさんの親子とマーライオンのトンネルの中に見えるのは
英国が誇るシングルモルト、グレンマランジェの缶です

赤いシャツのおじさんを狙いましたが 左上のMORANGIEにピントです

どうもMFアシストから 撮影状態に戻るときに カメラが動くようです (;。;)





8
b0069128_9461324.jpg

すねてるコムギ

わたし 「コムギこっち向いてっ」
コムギ 「しらんも~ん」

すねています



**************************************
 ■ 3~8枚目: 2013年1月8日~11日撮影 
 ■ 非Ai Nikkor 55mmF1.2 on Panasonic G3
 ■ 絞り F1.2開放
 ■ 露出補正 すべてマイナス1/3EV

**************************************



おまけ
b0069128_10192673.jpg

初散歩

ミミちゃんの初散歩です

コムギは 枯葉を臭っています
ミミちゃんは 枯葉を食べています (;。;)

■ 2013年1月8日 ■ Sigma 10-15mm on D70

えへへ、D700ではなく 超ひさしぶりのD70で撮りましたぁ










by nakajimaakira1948 | 2013-01-12 10:28 | 55mmF1.2 非Ai Nikkor | Trackback | Comments(12)

いろいろ

2012年1月22日(日曜日)

寒い日が続きます

写真は 1月に撮ったものから 適当にピックアップしています

いろいろあります




1
b0069128_9531744.jpg

朝のコムギ

1月5日の朝です
服部霊園の池です
コムギは下痢気味でした

■ 1月5日 ■ Micro 60mm F2.8D + D700




2
b0069128_959288.jpg

見守る

霊園の東端で 見守っておられる二人

■ 1月5日 ■ Micro 60mm F2.8D + D700




3
b0069128_102990.jpg

135mmたち

えへへ、135mmのレンズたちです

左から
カールツァイス イエナの トリオター 13.5cm F4
東京光学 RE Auto トプコール 13.5cm F3.5
ミノルタ MC ロッコール QD 135mm F3.5
キヤノン FD 135mm F2.5
ニコン Ai ニッコール 135mm F3.5
旭光学 Super Multi Coated 琢磨 135mm F3.5
ヴィヴィター (コミネ製) Auto Telephoto 135mm F2.8

■ 1月6日 ■ Micro 60mm F2.8D + D700




4
b0069128_1023242.jpg

しつこく もう1枚

1本づつ ぐりぐりピントリングを回して 絞りリングも回します
最後に、ブロワーでホコリをとって しつこく もう1枚 (^^)

まだ 今世紀を見ていないレンズがあります

■ 1月6日 ■ Micro 60mm F2.8D + D700




5
b0069128_10251192.jpg

ピント忘れ

AFレンズで楽をしていますと MFレンズを使ったときに ピント合わせを忘れます

この写真は ピント忘れの1枚です
コムギが 折りたたんだ毛布に入りこんでいるところを
シャッター半押しでピントが合ったと思って 全押ししています (;。;)

■ 1月19日 ■ Spiratone 18mm F3.5 + D700 ■ 絞り開放




6
b0069128_10333573.jpg

リンカーン ハウス

2ヶ月に1回の病院です

これは病院ではありません
庄内商店街のアーケードの終わり近くの喫茶店です

ファインダーで見ても 全部ピントが来ているように見えますので
距離目盛をたよりに撮っています

■ 1月20日 ■ Spiratone 18mm F3.5 + D700 ■ 絞り F8




7
b0069128_1040178.jpg

庄内駅より

診察が終わり どこへ行こうかと思ったら 雨が降ってきました
マックで食事をしてたら雨はあがったみたいです

この写真も 画面中央の柱に距離目盛で1mで合わせました

■ 1月20日 ■ Spiratone 18mm F3.5 + D700 ■ 絞り F8 




8
b0069128_10504663.jpg

ゾウの公園

愛称 「ゾウの公園」です

■ 1月20日 ■ Spiratone 18mm F3.5 + D700 ■ 絞り F8 




9
b0069128_10553250.jpg

けっ、けっ へたくそ~

18mmで撮ると 相当近づいて撮らないと間の抜けた写真になりますね
にゃんこが 「けっ、けっ へたくそ~」 と笑っています

■ 1月20日 ■ Spiratone 18mm F3.5 + D700 ■ 絞り F8 




10
b0069128_17394159.jpg

新年会

えへへ、1月21日と言えばきのうです
昼から 会社の先輩と二人で新年会でした

場所は いつもの「たよし」です
ちょっと飲みすぎましたぁ

■ 1月21日 ■ Ai AF Nikkor 28-105mm + D700











by nakajimaakira1948 | 2012-01-22 11:02 | 18mmF3.5 Spiratone | Trackback | Comments(6)

箕面(みのお)へ

2008年11月15日(土)

11月12日(水)は快晴でした。
ひさしぶりに箕面へ行って来ました。

元気だったときは、コムギ入りバッグをかついで 箕面まで約10kmを歩いて行ってました。
でもこの日はコムギは家で留守番で、朝9時出発 豊中から阪急電車で行きました。

紅葉のシーズンで、平日にもかかわらず多くの人々が訪れておられました。
水曜日が休みの人って こんなに多いのか~と思いました。

コムギを置いて行ったのは、カメラを2台持って行きたかったからで~す (^^)
写真は撮った順番に並べております。




1
b0069128_14111573.jpg

消防車

阪急豊中駅まで てくてく歩きます。
ピカピカの消防自動車が並んでました。




2
b0069128_15435591.jpg

ライオン

は~い、もう箕面公園です。

去年来たときもここ(スパーガーデン入り口)で一服しました。
そのときはライオンは居てなかったと思いますが




3
b0069128_14162174.jpg

橋本亭

いつも撮る橋本亭です。

右側に写っている人、トリミングしようかと思いましたが まあいいか (^^)




4
b0069128_14242137.jpg

あぶないよ~

おかあさんの手を振り切って 池のほうへ
でも だいぶ手前でビビってるので大丈夫です。




5
b0069128_1426398.jpg

みせのせのせみ

店の背中に赤いセミがおりました。
店の背のセミで うしろから読んでも同じです。

去年は黄色っぽかったのに 赤くなっています ← 毎年 撮っている (汗)

昆虫館にて




6
b0069128_1432264.jpg

手すり

箕面龍安寺と その修練所を結ぶ橋の手すりです。

龍安寺の「龍」の字は 「さんずい」が付きますが PCで出て来ないので「龍」を使ってます m(_ _;)m




7
b0069128_14394114.jpg

にゃんこ

龍安寺の手水場に にゃんこがいました。
人に慣れているのか わたしがいても知らん顔でボリボリ




8
b0069128_1541785.jpg

また にゃんこ

違うにゃんこが現れました。
ケンカしそうに見つめあっていましたが 次の瞬間にはくっついてじゃれ合っていました。




9
b0069128_1551184.jpg

すまねえ~

この「すまね~おじさん」は 箕面に来れば撮ります。

「許してくだせ~、お代官さま」といつも謝っております。




10
b0069128_1571751.jpg

下山

滝に着きました、が 人が多すぎます。
回れ右をして 今度は下山です。

この たこ焼き・ぜんざい・あまざけ・うどん屋さんは絶好の立地条件です。
まだ入ったことがありません。




11
b0069128_1516664.jpg

水面

せせらぎに映る景色も美しいものでした




12
b0069128_15112048.jpg

わんこ連れ

ふ~む、コムギを連れて来たら ここで遊ばせてみよう。

帽子のひと、きれいなおねぃさんでしたよ~




13
b0069128_15205323.jpg

地ビール

もう箕面駅です。
箕面麦酒は、う~ん 1回飲んだらもう要りません


【追記】 2012年7月31日
このあいだNHKで、箕面の地ビールのうちの黒ビールが
地ビールの世界一に選ばれたということを紹介しておりました




14
b0069128_151215100.jpg

お早くご乗車くださ~い

電車にピント、もみじはボカして
もみじにピント、電車はボカして

とかやっていると、「石橋行き間もなく発車です。お早くご乗車くださ~い」




15
b0069128_15345336.jpg

箕面~牧落間

いちばん後ろに飛び乗って ふと見ると可愛い女性車掌さん (^^)

窓から見える山が箕面の山々で~す




16
b0069128_15365732.jpg

Mc Donalds

石橋に着きました。
もう13時になるところです。

去年 火呂さんと飲んだたこ焼き屋さんがあるはずと 降りて探してみました。
でも無くなっているのか 探せません。
仕方が無いので マクドナルズでチーズバーガー・セット ← 健康そのもの




17
b0069128_15375115.jpg

基督教会 カトリック豊中教会

豊中で阪急電車を降りて プラプラ散歩して帰ります。
抜けるような青空のもと、なかなか上手く撮れない豊中基督 カトリック豊中教会です。

注) gipsymania さんから 豊中基督教会は間違いで カトリック豊中教会が正しいと教えて頂きました。
以前にも一度間違えたことがありますね (汗)
この gipsymania さんは、ヴォーリズ建築ばかり追いかけてブログにアップしている人で 会社の同僚で~す。




18
b0069128_1718414.jpg
みどりのかぜ

この店、この間までハローウィーン用の大カボチャを売っていたのに 花屋さんに戻っています。
だいたいカボチャは花屋さんで売るものかしら?





********************************************
  撮影データ
■ 2008年11月12日撮影
■ 1,2,3,6,11,13,15~18枚目: D80 + SIGMA 10-20mm
■ 4,5,7,8,9,10,12 & 14枚目: D70 + VR 55-200mm
■ プログラムシフト / 絞り優先オート
■ ISO400
■ 露出補正: それなりに

********************************************












by nakajimaakira1948 | 2008-11-15 17:26 | 10-20mm AF SIGMA | Trackback(1) | Comments(35)

古い地図帳

2008年9月26日(金)

このあいだ本を整理していたら 古い地図帳が出てきました。





1
b0069128_11423173.jpg

表紙

こんな表紙です。
中をめくってみたら ・・・




2
b0069128_11441230.jpg

持ち主

大阪府立生野中学校 予四学年C組 大濱金二郎 とあります。

「大濱(おおはま)」 は親父の実家の苗字で、金二郎さんは親父の二人上の兄さんで
わたしからすれば 父方の叔父さんになります。
もうどちらも故人で、金二郎さんが生きていれば95~96歳です。

上のほうに他の2人の持ち主が書かれていますが 違った鉛筆で消されています。
年代からするとちょっと古過ぎると思いますので、叔父さんはこの地図帳は中古で買ったか
先輩なんかに譲ってもらったものと思われます。




3
b0069128_11583065.jpg

1921年製

本の題名は、HANDY-VOLUME ATLAS of the WORLD で By E. G. Ravenstein 博士の13版で
London / Liverpool の GEORGE PHILIPS & SON Ltd.製で
1921年(大正10年)に丸善用に印刷されています。




4
b0069128_1220383.jpg

PUBLISHER'S PREFACE

プリフィスの日付は、November 1920 と書かれています。

そこだけにピントを合わしたら その通りになりました。




5
b0069128_12274933.jpg

Scotland

パッと開いたらこのページでした。

全74枚の地図のページで 11枚がBritishの地図ですから仕方ないですね。




6
b0069128_12281487.jpg

Japanese Empire

大正9年頃ですので 日本帝国という表記になっています。

韓国も北朝鮮も日本の領土にしていますね。




7
b0069128_12303863.jpg

西本州・四国・九州

大阪のまわりを調べてみましたが、淀と堺しかありませんでした。

どの写真もクリックで拡大できますので調べてみてくださいね。



おしまい

**************************
   撮影データー
 ■ 2008年9月19日撮影
 ■ D70 + Micro 60mm F2.8D
 ■ プログラム・オート
 ■ ISO400

**************************











by nakajimaakira1948 | 2008-09-26 13:46 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(29)

暑すぎる緑地公園で

2008年7月6日

このところの休日は 一日中雨だとか 暑過ぎるとかで
だいぶ長いあいだ コムギを散歩に連れて行っておりませんでした。

きのうも 雨が降りそうな天気だったので
「コムギ、晴れてきたら散歩に行こうね~」 とかごまかして結局一日家でウジウジしておりました。

きょうは朝からメチャクチャ暑かったのですが コムギの「散歩行こうよ~」の視線に負けて
とうとう暑いなかをイヤイヤ緑地公園に行きました。

暑かったで~す (^^:
写真は 撮った順番に並べております




1
b0069128_14554424.jpg

散歩行こうよ~

ずっとこの表情です
「ねぇ~、散歩行こうよ~」って 言ってるのです

これ 5月17日の写真です
休みの日は いつもこの顔で散歩をせがまれます (^^:




2
b0069128_1594550.jpg

生き返ったぜ

きょうも 1枚目と同じ顔をして 散歩連れて行け~と言います。

わたし 「外はメチャクチャ暑いぞ、それでも散歩行くかぁ?」
コムギ (^^)
わたし 「暑いって泣くなよぉ~」
コムギ 「ワン」

と言って朝から散歩に出かけたのに、家を出て2~3分で 「暑い、もう歩けるかい」と言います。

しかたないのでバッグに入れてかついで歩き 服部霊園の蛇口で水を飲ませますと
↑ 「プファ~、生き返ったぜ」と言ってます
顔に飲んだ水のシブキがついていますね (^^)





3
b0069128_15211336.jpg

歩けるかい

水を飲んで生き返ったと言ったくせに
わたし 「生き返ったやろ~、ちょっと歩けよ」
コムギ 「くそ暑い、んなもん歩けるかい!」

暑いだろうと背中に水をかけてやったので ヨレヨレの毛になってます。
涼しくなったのか また2~3分歩きましたが、そのあとは足を突っ張ってまったく歩きません。





4
b0069128_15321012.jpg

小屋

涼しそうなところを選んで歩きました

ここは ユースホステルの裏にある 何かわからん小屋です
もうちょっと明るかったんですが 涼しく見えるように 撮るときに露出補正をマイナス1EV かけました (^^:





5
b0069128_15384013.jpg

たまねぎ

日本民家集落の東入り口に干してあった たまねぎです

この東入り口は 何年もまえから閉鎖されております。
いつものように 入園料は払わず鉄柵の間にレンズを突っ込んでの盗み撮りで~す (^^:




6
b0069128_15442398.jpg

出せぇ~

「出せぇ~」 「降ろせぇ~」 「歩かせろぉ~」 と コムギがうるさいので
ちょっとバッグから出して コムギを歩かせてみました。

回転花壇まえにて





7
b0069128_1554127.jpg

うんち

うんちでした (涙)





8
b0069128_15552412.jpg

秘密の場所

涼しいところを求めて わたしの「秘密の場所」へ行ってみました。

手前のお坊さんたちは涼しそうたたずんでおり
遠くに 釣り糸を垂らすひとたちも見られましたよ~





9
b0069128_1613054.jpg

はす?

わたしが勝手に 「カモ池」 と呼んでいる池に 絵に描いたようなドぎつい色の花が咲いておりました
これ、ハスでしょうか?


追記)
choco-oneさんから 「睡蓮だよ」と教えていただきました
ありがとうございました

わたし、草花の名前を ほとんど知らんので~す m(_ _;)m






10
b0069128_1662897.jpg

暑いよ~

いつもは 砂糖に群がるアリンコのように いっぱいいっぱいいるおチビちゃんたちも
この暑さでは殆どいません。

このおチビちゃんも 「暑いよ~」と 木陰に向かっています。

しかしこの暑いなか、左上のおっさんは一人呆然とたたずみ 何をしているのでしょう?
立ち小便だったりして~ (^^)





11
b0069128_16162771.jpg

ひび割れチェック

いつも気にしている ひび割れクマさんです。

よく観察しますと ひび割れが進行しないように 金属のネジみたいなもので割れめを繋いでいるようです。
こころ優しい方がおられるようで嬉しいですが それでもひび割れはだんだん進んで
もうすぐクマさんの左眼に達っしようとしています、しくしく




*********************************************
  撮影データー
■ 1枚目: D70 + 50mmF1.4D 絞り開放 2008年5月17日撮影
■ 2~11枚目: D70 + VR55-200mm 2008年7月6日撮影
■ ISO400
■ 絞り優先オート または プログラムシフト
■ 露出補正: それなりに

*********************************************

追記)
1, 2, 3, 6枚目のコムギの写真
ぜひ ダブルクリックして拡大してご覧くださいね (^^)

ブログにアップするときの リサイズ・圧縮でだいぶ画像のグレードが落ちていますが
拡大して見ていただくと ちょっとは マシになります (^^:












by nakajimaakira1948 | 2008-07-06 16:37 | 55-200mm VR Nikkor | Trackback | Comments(57)

思い出

2008年6月29日(日曜日)

豊中は 今日も早朝から大雨です。 しくしく

昨日は降ったり止んだりででした。 しくしく
でもD80に 一点 「ドット欠け」があることが判り 雨の中をヨドバシカメラへ持って行きました。

夜景が好きなわたしには たとえ一点でも 暗闇の中の星みたいなんが耐えられなかったのです。
症状を書いたメモと サンプル画像をコピーしたCFを持参して説明しました。
現象の確認と修理(CCDの交換?)で 2~3週間の入院とのことです。 しくしく


そんな訳で きょうは雨の豊中で、D70で むかしを懐かしんでおりました。
おっと、M君が会社の近くのIBMで採って来てくれた"やまもも"で 「やまもも酒」 漬けましたよ~ (^^)






1
b0069128_16245255.jpg

網戸

コムギがずっとザーザー降る庭を眺めております。
外から庭に回って どんな顔をしているのか撮ってみました。
スネているのか思いましたが 案外ふつうのキョトンとした顔をしておりました。

この網戸越しの撮影は、musapooさんの写真に影響されておりま~す (^^:





2
b0069128_1626261.jpg

PARKAR

もう30年以上使っている パーカーのシャープペンシルです。

気に入っているのですが こうして拡大してみるとだいぶ汚いですね (^^:





3
b0069128_16272224.jpg

時計とトクトク

腕時計は1996年9月~98年12月に住んでいた 南アフリカで求めたものです。

はめて行った腕時計が電池切れし電池交換代が高かったので 仕事していたSASOL社の土産売り場で買いました。
電池交換代とあまり変わらんような値段だったように記憶しますが いまだに使っています (^^)


Thailandの金属プレートは 何に使うものか良くわかりません、飾りでしょうかね~

トゥクトゥクと呼ばれる 三輪車がデザインされています。





4
b0069128_1630365.jpg

Dupont

ハネムーンで行ったパリで買ったデュポンのライターです

重いので ズボンのポケットに入れるとズボンが下がります
でも必ず一発で火が付きますよ~ (^^)





5
b0069128_16311348.jpg

Seven Stars

これより前は何を吸っていたのか忘れてしまうほど長年吸っている セブンスターです。

日本人はセブンスターという呼び名に何の違和感も感じませんが
英語圏の人たちは セブンと複数なのに「S」が付かない誤りに我慢できなかったのか
ジャパン・タバコにクレームが入ったそうで 十年ぐらい前に「セブンスター」になりました。





6
b0069128_16314933.jpg

岩倉マイナーズ

ながいあいだ弾いていないので ほこりだらけになり高音G線が切れてしまっています。

学生のころ、岩倉マイナーズというギターのバンドをやっておりました。
わたしは作詞とリズムギター担当でした。

バンジョーは気分転換に少しやった程度で G/C/D7を組み合わせたベーシック曲のときだけ使ったものです。

ちなみに「岩倉マイナーズ」の名は、メンバー3人のうち2人が岩倉に下宿しており
また顔に点数をつけると 3人ともマイナス点がつくので 「岩倉のマイナス男達」から命名されました (;。;)





7
b0069128_16323998.jpg

Swintonの農家

1999年2月、古い友人Jamesの息子の結婚式に行ったマンチェスター近郊の
スゥィントンの農家です。

木皿の上に焼き物が貼り付けてある 粗末な壁飾りなんですが思い入れがあり 大事にしております。

写真では焼き物の盛り上がりがあまり判らないですね~






8
b0069128_16333252.jpg

チョコレート自転車

息子がむかし、わたしの誕生日か 父の日かにプレゼントしてくれた自転車です。
うしろのカゴにチョコレートがいくつか入っておりました。





9
b0069128_16341818.jpg

Mar Lion

シンガポールの守り神マーライオンのビールジョッキです。

チャンギ空港の免税店で 2個買うからと値切って買ったんですよ ← 免税店で値切るかぁ~ (^^:





10
b0069128_16352794.jpg

桜坂

オルゴールの仕掛けをご存知でしょうか?

左上のレバーを巻き上げますと 数個の歯車を介して 金色に光っているドラムがゆっくり下から上に回転します。
ドラムにはイボ(写真では白っぽく見えるブツブツです)が いくつも付いており、
このイボが手前の灰色の板(この板が楽器でチェンバロみたいなもんです)をハジキあげて音を出します。

このオルゴールでは、18枚の異なる音を出す板がありますので 18音の曲を奏でることができるわけです。
ドラムは どの板を弾くか、またその順番、間隔などが正確にイボとして取り付けられているわけです。

ずっとまえ、女房からもらったこのオルゴールは 「桜坂」というわたしの知らない曲を
きれいな可愛いらしい音で奏でてくれます (^^)





11
b0069128_16374345.jpg

じゅごんナイフ かものはしナイフ

2000年のシドニーというと 夏にオリンピックがあったんですよ。

これは、その数ヶ月まえに国際圧力容器学会の講演会(International Council on Pressure Vessel Technology)
に出席したとき、講演の記念に主催者がくれたペーパーナイフです。

ナイフの握る部分がジュゴン カモノハシになっております。← ひひひ エエでしょ (^^:

えっ? 「nakajimaが講演したんか」 ですか?
講演者の横に座って 後の質問に答える役だったんですが 質問はありませんでした (^^)

注記)
お二人の方から 「ジュゴンでなくて カモノハシだよ」とご指摘がありました。
ありがとうございました~、訂正しました




おしまい

**********************
撮影データー
■ 2008年6月29日(日)
■ D70 + Micro 60mm F2.8
■ プログラムシフト 
■ ISO400
■ 露出補正なし


**********************



おまけ
b0069128_1624569.jpg

狼山のおねぃさん

アップして見直してみると おねぃさんの写真がなくて寂しい感じでした。
「おまけ」で 少し前に撮ったおねぃさん写真を1枚追加します。

江蘇省南通市狼山風景区の土産物屋さんで買ったブロンズ風おねぃさんです。
でも ブロンズではなく ロウ石で出来ており外面塗装のおねぃさんでしたぁ~

このおねぃさん 良くブログに現れるでしょ
気に入っております

■ 2008年5月17日撮影 ■ D70 + AiAF 50mmF1.4D











by nakajimaakira1948 | 2008-06-29 18:37 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(36)

膳所~坂本~延暦寺

2008年4月20日(日曜日)

先週の日曜日は ブログ仲間との気楽なカメラ散歩のお出かけでした。
朝10時にJR膳所(ぜぜ)駅で待ち合わせです。

出勤日と同じ朝7時半に家を出れば十分だろうと家を出たのですが
いつも会社に着くのとあまり変わらない時刻に JR膳所駅に着いてしまいました。

待ち合わせまでだいぶ時間があったので 朝の膳所の街を少し散歩してみました。

ワンコと朝の散歩をしている人とすれ違いますと
家を出るとき 「連れて行ってくれ~」 と飛び上がっていたコムギの顔を思い出します (;。;)

写真は いつものとおり撮った順番に並べております。




1
b0069128_22274514.jpg

京阪電車 石山坂本線

JR膳所駅前はロータリーになっていて、
数十メートル先に 京阪電車の膳所駅とその踏み切りがあります。

カンカンカンと音がして踏み切りの遮断機が下がり 京阪電車がやってきました。
最近はどこも イラストを描いた車両が多いですね~ (^^)




2
b0069128_2392115.jpg

朝の膳所

ここまでブラブラ散歩してきました。

歩いている人たちが 何故かみなこのピザ屋さんの右側のほうへ歩いて行きました。
ええ~い、左へ行ったれ!

この写真、左下がりですねぇー





3
b0069128_23151574.jpg

大津キリスト教会

膳所駅の北側の丘にある 大津キリスト教会です。

写真を撮っていたら 印度人らしき神父が出て来て聞きます。

神父  「あの赤い車は あなたのんですか?」
     「Is that red car yours ? 」
わたし 「あんな車がほすぃのですが わたしのんではありません」
     「I want to have that, but unfortunately that one is not mine. 」




4
b0069128_23501841.jpg

射的

膳所駅で4人集合、↑ の京阪石山坂本線で坂本に向かいます。
はい、もう坂本に着きました。

坂本の街は桜とお祭りで 屋台がずらっとならんでいて とてもにぎやかでした。
「おねぃちゃん、そんな持ち方やと当たりませんよ~」




5
b0069128_223869.jpg

オヤツ くれ~

坂本の街の とある旧家のワンコです。

今回ご一緒した biwahamaさん、kumaさん、mooncatさんは 坂本の街は自分たちの庭のような感じでした。
わたしは金魚のフンと言いますか 濡れ落ち葉と申しましょうか お尻りに付いて歩くだけなので
とても楽チンなのでありました。




6
b0069128_236327.jpg

坂本の坂道

お寺の名庭園などを楽しんで お昼ご飯へと急ぐのでありました





7
b0069128_23271164.jpg

そば屋さん にて

お昼ご飯に入った 坂本の有名な(わたしは知らんかった)そば屋さんです。

熱いお茶が出ましたが 持参のフラスコ入りウィスキーを水割りで飲みたかったので
わたし     「冷たい水をください」
おねぃさん   「お薬り(を飲むため)ですか?」
わたし     「はい、薬りです」 ← わたしの薬やもんね (^^)

この写真、左下がりがヒドかったので 1.9度回転させました。
えっ? この写真だけと違うって? ← そうなんです、わたしの写真みな左りが下がります (涙)





8
b0069128_0143591.jpg

延暦寺駅

ここは比叡山鉄道(通称は坂本ケーブル)の山頂 延暦寺駅です。

そばを食べて元気いっぱいになった4人は
坂本の街の山側から出ているケーブルカーに乗って 比叡山の延暦寺に登ったのです。





9
b0069128_22565424.jpg

琵琶湖南端~大津

あいにく どんより雲っておりましたが
延暦寺駅前の展望台から なんとか琵琶湖が望めました。

見えているのは 琵琶湖の南端部分と大津の街並みです。





10
b0069128_0275259.jpg



板に なんかいろいろ書いてありますが 開宗千二百年だけ判ります。

板のてっぺんには サンスクリット語で何か書いてあるそうです。
サンスクリット語? 印度人もビックリ ← 古るぅ~

この延暦寺、わたしは およそ40年ぶりに訪れたのでありました





11
b0069128_2323277.jpg

2800円わんこ

延暦寺のみやげ物屋さんで売られてたワンコです。
コムギも良くこの格好をします (^^:

この2~3枚の写真、だいぶ暗~いでしょ。
別にわたしの性格が暗いから写真が暗いのではなく、ポツリ ポツリ と雨が降ってきたのです。
それで写真が暗いのです。





12
b0069128_0451712.jpg

プレミアム・モルツ

膳所に戻って 2枚目で撮ったピザ屋さんで反省会です。
みんなコーヒー、わたしだけビール (汗)

ところでこのプレミアム・モルツですが まったく個人的な嗜好で申しますと
プレミアムは味にくせがあり 普通のモルツの方が断然うまいで~す (^^:

おしまい



***************************************
  撮影データー
■ 2008年4月13日撮影
■ 1, 4, 5, 6, 9, 11枚目 D80 + VR55-200mm
  すべて 絞り優先オート、絞り開放
■ 2, 3, 7, 8, 10枚目 D70 + SIGMA10-20mm
  すべて プログラムオート
■ 12枚目のみ D70 + 50mmF1.4 + Close-up No.2

***************************************

biwahamaさんkumaさんmooncatさん
ありがとうございました m(_ _:)m












by nakajimaakira1948 | 2008-04-21 01:25 | 55-200mm VR Nikkor | Trackback(1) | Comments(39)

2008年2月9日(土)

いろんなことが重なり のんびりした時間を持つことがなかなか出来ません(涙)
写真もあまり撮っておりません。

それで、昨年末から最近までに撮った写真を日記風に並べてみました。




1
b0069128_11293999.jpg

みんなの ともだちは どろんこと たいよう

阪急西宮北口駅から 北に向かってぷらりぷらり歩いておりました。
こんな幼稚園がありました (^^)

■ 2007年12月16日11時5分 ■ Nikon D70 + SIGMA 10-20mm




2
b0069128_1146353.jpg

スクンビットの おねぃさん

へへへ、べっぴんさんでしょ (^^)
バンコクのスクンビットというところにある カラオケ屋さんのおねぃさんで~す。

■ 2007年12月17日23時31分(現地時刻21時31分) ■ Canon Powershot G7

2月10日追記)
この写真は元の画像を 1/4ぐらいにトリミングしております。

わたしは気が弱いので とてもこんなにおねぃさんに接近して撮る勇気はありませぬ。
G7の1千万画素が効いて、あまり画像の劣化は無いようです。




3
b0069128_14545890.jpg

ピントは ?

日曜日でしたが タイ人6人を連れて京都へ行きました。
仕事みたいなもんですので いやいやながら名所旧跡へ ・・・
(わたしは いわゆる名所旧跡は人が多いので好きではないのです)

みやげもの屋さんに入ったまま なかなか出て来ないタイ人たちを待ちながら撮っています。
ピントは托鉢僧ではありませんね、ひひひ

■ 2007年12月23日12時53分 ■ Pentax K100D + SIGMA 17-70mm




4
b0069128_1282340.jpg

MIR-20M 20mmF3.5

いひひひひひ~、真夜中にウィスキーを舐めながら レンズを眺める
ええもんでっせ~

このレンズは くまさんから頂いた ロシア製超広角のミール20M 20mmF3.5です。
占い師のおばあさんの 水晶玉みたいでしょ (^^:

■ 2007年12月26日0時17分 ■ Canon Powershot G7




5
b0069128_12215027.jpg

ちょっと おくれよ

二本足で立ち上がり 真剣な眼で「ちょっと おくれよ」と言ってます

あか~ん
こんなん食べたら死んでしまうよ

■ 2008年1月2日11時40分 ■ Canon Powershot G7




6
b0069128_12292815.jpg

燻製牡蠣

コムギが見ていたのはこれでした。
燻製牡蠣のオリーブオイル漬けです、これで白波のお湯割りをグビッとやると最高で~す。

でも小型犬に貝類は絶対に禁物なんですよ。

■ 2008年1月2日11時46分 ■ Canon Powershot G7




7
b0069128_12473068.jpg

エミリー・ブロンテ

引越しの準備で古い本を整理していたら 「嵐が丘が」出てきました。

兄のブランウェルが描いた エミリー・ブロンテ(1818-48年)の肖像です。
怨念のかたまりのようなストーリーを書いたわりに なかなかベッピンさんですね

怨念(おんねん)で思い出しました。
「黒猫の怨念」ちゅう怖~い話しを ご存知でしょうか?

 ・・・・ 後ろを振り返ると黒い猫が
 ・・・・ おんねん (^^)


■ 2008年1月5日14時18分 ■ Canon Powershot G7





8
b0069128_141769.jpg

阪急電車のおねぃさん

画面にゴミが出てきて ヨドバシ梅田経由で入院していたG7を 受け取った夜です。

綺麗なおねぃさん、綺麗に写るかなぁ~ (^^:


■ 2008年1月23日23時19分 ■ Canon Powershot G7




9
b0069128_14162142.jpg

Black Contax

名古屋の ひらりんさんが大阪に来られました。

ヨダレが出そうな ブラック・コンタックスを持って来られていました。
わたしは挨拶もそこそこに いじくり回させて頂きました (^^:

写真では判りにくいですが、軍艦部手前の垂直ギアーでピント合わせができるのですが
そうするとどうしても右手人差し指で距離計窓を隠してしまいます。
まあ、レンズ鏡胴のピントリングを直接回して測距しても良いわけですが
やはりこの垂直ギアーを回したくなります。

ニコンSは 全くこのコンタックスを真似して設計されたのですが
距離計窓だけは 指で隠れぬように垂直ギアーよりレンズ側に移されていました。
こうする事により操作性は飛躍的に改善できたのですが 基線長は短くなってしまいました。

■ 2008年2月2日15時39分 ■ Nikon D70 + Nikkor 18-70mm




10
b0069128_1554957.jpg

UFO

北大阪の夜空に忽然とUFOが現れました。

たまたま夜景を撮っていてこのUFOを捉えたわたしは この写真を朝日新聞社に届けました。
そして読者写真の年間最優秀賞に選ばれ 賞金100万円と副賞のニコンD3を貰いました。






ちゅうのは ウソです。
kumaさん、ひらりんさんと一緒に、inamokuさんとkyokoさんが来られるのを待ちながら
一杯やっているところです。

でもUFOに見えませんか?
えっ?全然UFOに見えませんか、そうですか (;。;)

■ 2008年2月2日18時15分 ■ Nikon D70 + Nikkor 18-70mm




11
b0069128_15301974.jpg

昼間のウィスキー

昼間のウィスキーは良くまわりますね。

なんで昼間から飲んでるねん?
持ってきてくれたから 飲んでるねん
だれが?
ひひひ

■ 2008年2月4日13時27分 ■ Canon Powershot G7




12
b0069128_15355668.jpg

この人が

ひひひ、またウィスキーを注いでくれてるのは タイ航空のおねぃさんです。

飛行機も速いですが スチュワーデスのおねぃさんの動きも素早いので
ブレないようにイソ800に設定したら こんなウソ800みたいなザラザラ写真になりました(;。;)

しかしexifで確かめたら 3時間飲み続けておりますね~ (^^:

■ 2008年2月4日16時22分 ■ Canon Powershot G7




13
b0069128_1547974.jpg

Guinness

ギネスはあまり好きくないとおっしゃるかたもおられますが
わたしは大好きで~す
好き嫌いは身体に悪いです、何でも飲まにゃ~なりませぬ (^^:

アソク通り裏で中華料理を食べたあと、向いのアイリッシュ・パブにて

■ 2008年2月4日20時22分(日本時間で夜10時22分) ■ Canon Powershot G7





14
b0069128_160272.jpg

なにを引っ張ってますのん?

おっさん達 「竜のシッポを引っ張ってまんねん」
おにぃさん 「やわらか~い お手てを引っ張ってまんねん」

スワンナプーム空港にて

■ 2008年2月5日22時00分(日本時間で2月6日00時00分) ■ Canon Powershot G7

おしまい



いま2月9日(土)夕方4時過ぎですが 豊中は雪が降り続いており 大分積もっております。

寒いので窓から雪を眺めています、あしたの朝 雪が溶けずに積もっていたら
コムギを連れて散歩に行こうと思っています。(思っているだけです)

来週は火曜日から また一週間タイ出張です。
30度近い温度差。 しくしく












by nakajimaakira1948 | 2008-02-09 16:17 | Canon Powershot G7 | Trackback | Comments(32)

皮ジャン

2008年1月27日(日)

家を建替えることになり 親父おふくろが住んでいた家に一時避難しております。

わたしの家から数十メートル離れているだけなんですが こんなんも実家というんでしょうかね。
2年前に親父が死んで ときどき千葉から兄貴夫婦が法事に来るときに泊まるぐらいで空家でした。
それでも家具なんかは そのままですので、一時避難の家具とダブルで足の踏み場もありません。

引越し屋さんに大物の家具は運んでもらったんですが まだ前の家に小物がいろいろ残っており
休日にボチボチ運んだりしております。




1
b0069128_21195865.jpg

ぶた小屋の最期

前の家のわたしの秘密基地(女房はぶた小屋と呼びます)の最期です。
写真は、引越し屋さんが来るまでに カメラや大事にしていたものを 自力(リュックに詰めて徒歩で)で運び
そのあと本なんかをかたづけている時です。

嬉しいことに 倫さんに約束していた「悪魔くん」の本が出てきましたよ~ ♪




2
b0069128_21114072.jpg

こんなんです

一時避難の家の2階の むかし兄貴が住んでいた部屋なんですが、オーディオ・カメラ・本などを持ち込んだら
もう足の踏み場もありません (涙)




3
b0069128_21445566.jpg
b0069128_2145653.jpg


カメラ一時避難

引越し屋さんに頼めないこんなヤツ等は リュックに詰めて アホみたいに徒歩で十数回往復したのでありました。

右側の引出しのカメラ達は皮ケースに入っていますので リュックにそのまま詰めて運べたのですが
左側の裸のカメラや殆どのレンズ達は 1台1台、1本1本タオルにくるんでから リュックで運んだのであります (;。;)

写真に写っているぶんは1/3~1/4ぐらいの量で、 寒空の下 それはそれはツラい荷役でありました (^^:




4
b0069128_2215585.jpg

Contarex

カメラやレンズの保管で 一番具合が悪いとされているのが 「皮ケースに入れてタンスに仕舞うこと」 です。

皮ケースは湿気を含みますし 新鮮な空気を遮断してカビが好きな温度を保ちます。
タンスは やはり皮ケースと同じような作用をする訳です。

新鮮な空気に当ててやると レンズにカビは発生しません。
わたしは20年以上、防湿庫なんぞ使わずに シリカゲルを入れたガラス棚でカメラやレンズを保管していますが
ただの一度もカビなんかにやられた事はありませぬ。

ただし、ときどき棚から出して レンズは絞りリングとピントリングをグリグリ回します。
ピントリングを回すことで 新鮮な空気がレンズに出入りするのと、ヘリコイドのグリスが固まるのを防ぎます。
絞りリングを回すことで やはり絞り羽根が潤滑剤でネバるのを防止します。

カメラは 順次高速から低速へシャッターを切って行き 低速までシャッターが切れることを確かめます。
特に機械式の古カメラは、時々低速シャッターを切ってやらないと ガバナーの調子が不安定になります。


長々書きましたが、カビに最適の状態で一時保管していますので 今日はこのコンタレックスを皮ジャンから出してやり
グリグリして その後 ↑の記念写真を撮ってやりました。
コンタレックス特有のジャッというシャッター音とともに セレン式の露出計も 45年選手とは思えないほど機嫌よく動いてくれました。




5
b0069128_22263549.jpg

Leica M3

コヤツも 皮ジャンとタンスの湿気で苦しんでおりました(と、思うだけですが)ので 厚着を脱がせてやりました。
「ふぅ~、生き返ったぜ」 と言って喜んでおりました。
いやっ、ドイツ語では カメラ(フォト・アパラート= 写真・機械)は*女性名詞なので
「脱がせて頂いて ダンケ・シェ~ン」 でしょうね (^^)

M3に付けているレンズは DR Summicron 50/2 で、いわゆる近接撮影ができるズミクロンです。


*2008年1月29日 追記)
Yokusiaさんからご指摘を頂き、独語辞書で調べたら カメラ(=Photoapparat)は男性名詞でした。(汗)
大昔しに 誰かに教えてもらったことをずっと信じていて 間違えてしまいました  m(_ _;)m

**2012年2月29日 再追記)
すみません、写真機(Photoapparat)では男性名詞でしたが Kamera(カメラ)で調べますと
女性名詞でした、大昔し教えてくださったかた すみませんでした。




6
b0069128_22382287.jpg

Rolleiflex 3.5A

独製カメラの皮ケースは どれも皮の裏は分厚いビロードです。
ローライフレックスも 「皮ジャン暑いわ、脱がせてちょーだい」 と迫ってきました。

わたし 「(^^) は~い」




7
b0069128_22451856.jpg

Rollei Lens Cap

誇り高い フランケ・ウント・ハイデッカー社の刻印の入ったレンズキャップです。

貴婦人Rolleiflex 3.5Aの青いおめめ Opton Tessar 75mmF3.5を けなげにしっかり守っています。




8
b0069128_2254491.jpg

お帰り~

入院していた Canon G7が戻ってきました。

わたし 「お帰り~」
G7嬢 「ただいま帰りました (^^)」
わたし 「暑いかい? 皮ジャン脱ぐ?」

なぜかCCDにゴミが付いて ヨドバシ梅田経由で入院しておりました。
検査の結果CCDを交換されて、画像番号まで1171になって(;。;) やっと戻って来たのでした。

久しぶりに実家に戻り、緑のおめめが 心なしか恥かしそうでした。




9
b0069128_23124228.jpg

早よ~開けんかい!

ちょっと安っぽい皮ケースの中から 「暑いわい、はよ~開けんかい!」と どなり声がします (^^)




10
b0069128_231329.jpg

Exakta Varex IIa

誰かと思ったら 東独ドレスデンのサウスポーのおっさん エキザクタ・バレックスでした。
このおっさんを見ていますと なぜカメラが*女性名詞なのが理解できません (^^:

皮ケースの右側の、フラッシュ接点部の切り欠きなんか どう見ても小学生のワザで~す。
でも付いているレンズ、C.Z. イエナのテッサーは 世界の一級品でしたです。


*2008年1月29日 追記)
Yokusiaさんからご指摘を頂き、独語辞書で調べたら カメラ(=Photoapparat)は男性名詞でした。(汗)
そうすると この記事はなんにも面白くありませんね (;。;)

**2012年2月29日 再追記)
うえでも書きましたが Kamera(カメラ)で調べますと女性名詞でした。
やはり 「この記事は面白い」ことにしておいてください。




11
b0069128_23263668.jpg

Canon Populaire

キヤノン・ポピュレール です。
コヤツも 汗まみれになっていましたので 皮ジャンから出してやりました。
キヤノン純正のUVフィルターまでハメておりますので さぞかし暑かったのでしょう。

【ところで一言】
レンジファインダーのファンの多くのかたが コシナ・ベッサや コシナ製ツァイスを買われますが
わたしは このCanon P (もう中古品しかありませんが) をお勧めします。
ファインダーの「見え」はベッサにだいぶ負けますが カメラの造りはCanon P が圧倒します。
全金属製ボディの丁寧な仕上げ、太陽光直射でも焦げない超薄ステンレス製のシャッター幕など
格がちがうと言うか 持っていて嬉しくなるカメラですよ (^^)





12
b0069128_23543541.jpg

TOPCON RE Super

東京光学が、1963年に世界で始めて レンズを通して(TTL)測光する一眼レフを発売しました。
それがこのベッピンさん TOPCON RE Super です。

付いていた標準レンズ RE Topcor 58mmのF1.4やF1.8は ニコンFのニッコールを凌ぐと言われたものです。

すんません、皮ジャンの話しが だんだんクラシックカメラの話しになってきましたね m(_ _;)m
RE Super も 暑がっておりましたので 優しく皮ジャンを脱がせてあげました (^^)




13
b0069128_2355144.jpg

Exakta RTL1000

このエキザクタ RTL1000 もエキザクタの伝統を守って ファインダー交換可能な機体でしたが
コストダウンのためでしょうか、ペンタプリズムのカバーを始め 多くの部品にプラスティックを採用しており
Varexの時代に較べますと 品質はだんだん低下して行っております。

人工皮になってしまった皮ジャンは ひん曲がって ボディにフィットしておりませんね (涙)

でも、写真の Carl Zeiss Jena製の パンカラー50mmF1.8は 単層膜コーティングではありますが
銀塩カラーでも素晴らしい発色と シャープネスを見せました。




14
b0069128_025091.jpg

Nikomat EL

分厚い鉄板入りの皮ジャンに身を包まれているのは 日本光学最初の絞り優先オート露出搭載の ニコマートELで~す。
1972年製ですので もう36歳になりますがこんなにピチピチしたベッピンです。

発売された当時は、いわゆるハイ・アマチュアと呼ばれる人々が 「露出オートみたいな素人向け機能は要らん」 と
えらそうに言ったんですよ。
でも一瞬のシャッターチャンスをものにしなければならん新聞社の報道カメラマンを皮切りに
プロがどんどんニコマートELを使ったので 頭の固いハイ・アマチュアも使い出したという話しが残っております。




15
b0069128_04295.jpg

Pentax SP

「こんなに寒いのに 皮ジャン無しで寒くないかい?」
と、声をかけたくなる 楚々とした美しさのPentax SP です。

トプコンRE Superよりも早くからTTL測光の機能を備えた一眼レフとして フォトキナで試作機が発表されながら
SPの実機はRE Superより数年も遅れて発売され しかも名前のスポット測光ではなく平均測光だったという悲劇の女王であります。

しかし今も昔も世間は美女を放ってはおかず、その安価・軽量・コンパクトな美貌により
Pentax SPは 国内外で爆発的に売れ、東独プラクティカのマウントだった Pマウント(プラクティカ=M42)は
ペンタックスのPに由来するんだろうと誤解されるほど有名になったのです。


おっと、写真のSPに付けているレンズは kumaさんに頂いた おロシアン製ミール20mmF3.5で~す (^^)




16
b0069128_152772.jpg

Nikon F

シャッターボタンが手前過ぎて押しにくいという以外 このカメラに文句はありません。
ほんとうにタフで 良く出来たカメラだと思います。

写真の皮ケースは F2のケースなんですが特に問題なくはまりますので
コヤツに着せております。
弟の服が気に入って 横取りして喜んでいる兄のようにも見えます (^^)





*******************************************
  撮影データー
■ 1枚目のみ2008年1月14日撮影、他は2008年1月26日撮影
■ 1~3枚目: K100D + SIGMA 17-70mm
■ 4枚目~16枚目: D70 + Micro 60mm
■ プログラムオート / プログラムシフト

*******************************************





おまけ
b0069128_135158.jpg

ベッドのコムギ

足の踏み場も無いので コムギが荷物のあいだに入り込むと 何処にいるのか判らなくなります。
それでベッドの上にあげております。

どうも様子が違うので 落ち着きがありません (^^)

■ 2008年1月19日撮影 ■ D70 + AF Nikkor 50mmF1.4  ■ F3.5 1/50秒











by nakajimaakira1948 | 2008-01-27 01:42 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(57)