アトムレンズの黄変除去

2015年8月7日(金曜日)

1960年代、レンズエレメントに放射性物質の酸化トリウムを含んだ新種ガラスを使った
いわゆるアトムレンズが多くのメーカーから発売されました。

アトムレンズの比較では、旭光学のスーパータクマー50mmF1.4が 放射線量の多さでは日本チャンピオンですが
含トリウムレンズの特徴であるレンズ黄変のすごさでは ミノルタのMCロッコールSI 28mmF2.5が
日本チャンピオンでないかと思っています。

カメラに付けてファインダーを覗きますと Y2フィルターを付けたのではないかと思うほど
真っ黄色な世界になります。
「MC ロッコール SI 28mmF2.5 試写」に その黄色い世界が見れます。

ところで本題です。
酸化トリウムによる黄変レンズは 紫外線で黄色を除去できるのです。
八百富さんの実験結果です。





1
b0069128_9481780.jpg

日光浴

真夏の強烈な太陽光線には 紫外線がふんだんに含まれています。
MC ロッコール SI 28mmF2.5 は、酸化トリウムを含んだエレメントは後玉から2枚目なので
マウントを上にして太陽光線を浴びせております。

紫外線滅菌器などを使うと 黄変をもっと速く除去できるようなのですが
雨が降らないか、ほこりを被っていないか、ちょっと黄色さはましになって来たか等と
ボチボチ楽しみながら除去する真夏の日光浴法で 暑さを忘れている今日この頃です。

今5日目ですが こころなしか黄変がましになって来たように思えます。

■ 2015年8月6日 ■ FE 28-70mm on Sony α7




2
b0069128_952530.jpg

むすこ

えへへ、1985年3月のむすこの写真が出てきました。
7ヶ月で やっと座れるようになったときです。

■ 1985年3月 ■ Ai-S Nikkor 50mmF1.8 on Nikon F3 ■ Scanning with Canon MG5430











by nakajimaakira1948 | 2015-08-07 10:04 | 28-70mm SONY FE | Trackback | Comments(8)