タグ:Pentax K100D ( 59 ) タグの人気記事

懐かしの Pentax K100D で

2016年10月31日(月曜日)

10年まえの2006年7月16日、発売されて数日の Pentax K100Dを買いました。

うれしくて どこへ行くときも持って行ったものでした。

そのとき使っていたのは ニコンのD70でしたが、K100Dにはカメラ本体に手ブレ補正が付いて
むかしのMFレンズも 焦点距離を入力すれば 手ブレ補正を使うことが出来るという素晴らしさです。

しかし そのうちに何故かニコンに戻って D80からD700と使いました。
それから 松下さんのマイクロフォーサーズのG1、G3も
そして 今はソニーのα7で むかしのレンズをフルサイズで楽しんでおります。

話しは元のペンタックスK100D、なぜ使わなくなったのでしょう。
良くは覚えていないのですが、AFが遅いとかAFが迷うなどの理由ではなく
新しいエネループを入れても すぐにバッテリーが上がってしまうという理由だったように記憶しています。

ひさしぶりに 懐かしいK100Dに エネループ電池を入れて使ってみました。





1
b0069128_1459361.jpg

K100D with smc Pentax DA 18-55mm

これが購入時の姿です

発売されて数日後、ヨドバシカメラ梅田で「本体だけのは売り切れ、キットズーム付きならあります」と言われ
言われるがままに購入したのです

購入の経緯は おじいちゃんと孫 に詳しいです





2
b0069128_159921.jpg

いま撮っても素晴らしい

キットズーム18-55mmF3.5-5.6の描写は素晴らしいですね
とても 600万画素機のK100Dで撮ったとは思えません

でも このキットズーム18-55mmF3.5-5.6の評判は最悪でしたよ





3
b0069128_15133471.jpg

オーディオはカメラの台か?

これもキットズーム18-55mmで撮りました

古い金属製カメラが大好きで 収納棚からハミ出したカメラたちです
オーディオはカメラの台か?





4
b0069128_1520542.jpg

最後のタクマー

わたしが旭光学のレンズで一番好きな スーパー マルチコーテッド タクマー 55mmF1.8です

このレンズは ピントリングにゴム巻きされた タクマー(琢磨)レンズの最後のものです
ピントリングは 金属ローレットのレンズのほうが見た目の恰好は良いのですが
実際の使い勝手は ゴム巻きのほうが上です





5
b0069128_1532891.jpg

最短撮影距離付近で

スーパー マルチコーテッド タクマー 55mmF1.8 をK100Dに付けて
最短撮影距離付近で撮っております

3年まえの正月にコムギを撮った 今では懐かしい写真です

手ブレ補正機構が働いて コムギの眼に微塵のブレもありません

■ 2013年1月17日 12時28分3秒 ■ SMC Takumar 55mmF1.8 on Pentax K100D





6
b0069128_15445561.jpg

P30 と smc Pentax-A Zoom 35-70mm F3.5-4.5

カメラのペンタックスP30は
古いプラクティカ(M42)マウントのレンズを使うときに
ペンタックスSPのファインダーが暗くて見にくいので買った 古レンズ専用カメラです
M42マウントのレンズは 旭光学純正のM42→Kマウントのアダプター(1000円)を使いました

わたしは、旭光学のレンズはタクマーレンズが バヨネットのペンタックスレンズになってからは
K100Dを購入するまで ペンタックスレンズを 1本も買ったことがありませんでした

この smc Pentax-A Zoom 35-70mm F3.5-4.5 は
ブログ友達の くまさんに頂いたレンズなのです

どんな写りを見せてくれるのでしょうか





7
b0069128_1611485.jpg

あかん

smc Pentax-A Zoom 35-70mm F3.5-4.5を K100Dに付けて撮りました

夕方になって暗かったので 内蔵フラッシュをオンにして撮りました

あかん
強烈な露出オーバーです
フラッシュの光量を下げても 露出補正をマイナスしても同じです

ああ そうかぁ
K100Dは むかしのレンズを付けた場合 フラッシュ撮影に難点があったのです
これも K100Dを見限った理由の一つだったのです





8
b0069128_16183990.jpg

ノイズだらけ

フラッシュがアカンのならば ISOを上げてフラッシュ無しで撮ります
K100Dの ISOの上限一杯の ISO3200 です

ニコンFの 黒いフォトミックファインダーの部分を見てください
ノイズがいっぱいです

いやっ、拡大して見ると 画面じゅうノイズだらけです

夜景写真を良く撮っていたわたしは この高ISO耐性が弱過ぎるというのも
ペンタックスK100Dを あきらめた理由の一つだったです





9
b0069128_16291492.jpg

ツァイス似

次の朝 smc Pentax-A Zoom 35-70mm F3.5-4.5 で景色を撮ってみました

おぉ~、なんというコントラストの高さでしょう
カールツァイスのトリオター135mmF4の描写みたいです

そう言えば、旭光学は一時期カールツァイスと レンズの技術提携していましたね
ヤシカがカールツァイスと技術提携するまえの話しです





10
b0069128_16374738.jpg

かえるくん

この smc Pentax-A Zoom 35-70mm F3.5-4.5 は
望遠端の70mmにしたときだけ 最短約25cmぐらいまでのマクロで寄れます

このカエルくん、まだぎっくり腰が少し痛くて 最短撮影距離まで近づいておりませんが
大きく写っているでしょう

眼にジャスピンでないのは わたしの腕が悪いのであって レンズのせいではありません



*******************************************************
 ■ 2016年10月24日~31日撮る
 ■ 1、4、6枚目 Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■   2 、3枚目 smc Pentax DA 18-55mm on Pentax K100D
 ■    5枚目 SMC Takumar 55mmF1.8 on Pentax K100D
 ■  7~10枚目 smc Pentax-A Zoom 35-70mm on Pentax K100D

*******************************************************

600万画素のCCD機 ペンタックスK100Dで撮った
むかしのレンズたち 描写どうでしたでしょうか

レンズは良いが カメラはイマイチですか
わたしも そう感じました









-
by nakajimaakira1948 | 2016-10-31 17:10 | 35-70mm Pentax-A | Trackback(2) | Comments(6)

2011年4月9日(土)

世田谷光機のことを覚えておられるでしょうか?
マミヤ光機のカメラには いつも世田谷光機のセコールレンズが付いておりましたね。

世田谷光機は一時期はマミヤの子会社になりましたが、
マミヤが倒産したあとも社名を昭和オプトロニクスと変えて 現在も精密光学機器を生産しております。

世田谷光機がマミヤの子会社だった時代の マミヤ/セコール55mmF1.8を手に入れました。

どんな写りをするのでしょうか。
このレンズはM42マウントですので ペンタックスのK100Dに付けて使ってみました。





1
b0069128_944055.jpg

AUTO mamiya / sekor f=55mm 1:1.8

オート マミヤ/セコール 55mmF1.8を ペンタックスのK100Dに付けたところです。

4群6枚構成のガウス対称型で フィルター口径は52mm、全金属製で236gと とても緻密に造られています。
コーティングはアンバー系の単層膜コーティングです。

K100Dに取り付けると 琢磨くんの55mmF1.8よりも似合っているようにも思えます。

■ Micro 60mm F2.8 + D700


【マミヤ光機のお勉強】
マミヤ光機は 発明家の間宮精一氏がつくった会社で、6X6判バックフォーカシングのマミヤシックス、
小型16フィルムを使うマミヤ16、レンズ交換できる二眼レフのC220~C330シリーズなどが評価されました。


一眼レフでも試作は非常に早く、1952年には ペンタプリズムを使用した プリズムフレックス・マミヤを発表しました。
b0069128_102128.jpg

【インターネットより】 Prismflex Mamiya 試作品1952年発表

1952年と言えば、旭光学が日本初の35mm判一眼レフのアサヒフレックスを発売した年でしたが
まだペンタプリズムではなく 使いにくいウエストレベル(胸高)ファインダーだったのです。



その後マミヤは、エキザクタ・マウントの「マミヤ プリズマット」などのあまりパッとしない一眼レフを造ります。
わたしの オート マミヤ・セコール 55mmF1.8は、1968年7月に発売された「マミヤ・セコール1000DTL」の標準レンズでした。
b0069128_10384440.jpg

【インターネットより】 mamiya/sekor 1000DTL 1968年7月発売

この写真では、55mmF1.4が付いていますが わたしのは55mmF1.8です。
レンズ外観の雰囲気はまったく同じです。


それでは写真に行ってみましょう。





2
b0069128_10564936.jpg

初写し

えへへ、初写しはコムギです
やはりMFでは 動くものを撮るのは むつかしいです。

■ 2011年4月6日11時8分
■ AUTO mamiya/sekor 55mmF1.8 + K100D
■ マニュアル露出、ISO200、絞り開放、1/400秒、露出補正なし





3
b0069128_1161494.jpg

はな

4月7日、夕方の5時まえからコムギを連れて 近所の旭ヶ丘団地へ散歩に行きました
赤い花ではなく 上のさくらにピントを合わせたつもりです

絞りは開放です





4
b0069128_11155177.jpg
風がピュー

風がピューと吹いて コムギが眼をつぶりました

これも絞りは開放です





5
b0069128_111955.jpg
急にワンコが

コムギを撮っていたら 急にワンコが来ました

ピンボケです
構図も悪いです





6
b0069128_11241396.jpg

遊歩道

動かないものを撮るとええ感じです

絞りF2.8





7
b0069128_11281847.jpg
歪曲収差なし

わたしの見る限り 歪曲収差はありません
さすが マミヤの標準レンズ セコールですね

絞りは たしかF4





8
b0069128_11343866.jpg
がきんちょサッカー団

がきんちょに おじさんがサッカーを指導しておりました
こういう写真、35mm判換算で83mmではちょっと短いですね

絞りF4





9
b0069128_11413526.jpg

お食事処

お食事処にピントを合わせたつもりです
電気が灯ると 暗くなってきた感じがしました

絞りF2.8





10
b0069128_11503781.jpg
黒いだろう

イカリスーパーの入り口で 黒いわんこがおとなしく待っています。

写真を撮ろうとすると ポーズを取って「黒いから写しにくいだろう」って言っています。

「大丈夫、世田谷光機のセコールやぞ~」
しかし 黒いわんこの黒目にピント、疲れましたぁ




******************************************
■ 2011年4月6日~7日撮影
■ AUTO mamiya/sekor 55mmF1.8 + Pentax K100D
■ マニュアル露出、絞り優先オート
■ ISOオート(200~800自動選択)
■ 露出補正 それなりに

******************************************











by nakajimaakira1948 | 2011-04-09 12:04 | 55mmF1.8 Sekor Auto | Trackback | Comments(16)

SL

2009年10月4日(日曜)

10月2日の金曜日は 定期検診で大阪脳神経外科病院へ行きました。
朝から雨が降っておりましたので 行きは女房タクシーです。

帰りは雨があがっていたので ブラブラと徒歩で庄内駅まで歩きます ♪

ところが途中で また雨がぽつぽつ降ってきました
小さい折りたたみ傘しか持ってないし、出すのはじゃま臭いし ・・・
ちょっと雨宿り



1
b0069128_927527.jpg

診察前

受付に診察券を入れてから ポツポツ降ってる中
病院の裏のほうを散歩してみました




2
b0069128_9151475.jpg

ぶらんこ

はいっ、診察は終わりました
雨が止んでいますが また今にも降り出しそうで誰もいませ~ん




3
b0069128_9161643.jpg

おチビちゃん

またポツポツ降りだしました。

上を見上げると おチビちゃんがわたしを見ています。
笑ってカメラを持ち上げると 顔をへっこめながらまだこちらを見てます。




4
b0069128_9171373.jpg

安いかなぁ

まだ庄内駅まで少しあるので ここで雨宿り (^^)
以前のきれいなニコンS2は安かったけど きょうは安いかなぁ




5
b0069128_918944.jpg

庄内駅前踏切

庄内駅まえ商店街でラーメンとビールで昼食。
また雨が降って来ました。

あかん、濡れてはイカンものがある。
今日は早く家に帰ろう。




6
b0069128_9501944.jpg

おねぃさんと電車

単焦点35mmで 向こう側ホームのおねぃさんと電車を撮ると こんなに小さいです ← 当たり前ですね




7
b0069128_919265.jpg

新品?

ひひひ、早く帰りたかったのは コレがあったからです

ピカピカで新品みたいでしょ
金型から出て来たばかりみたいな凹凸ですね




8
b0069128_920165.jpg

SL

まえから欲しかったSLです
それにSLメーターも付いている、これがまた新品みたいで バッテリーも生きてます
これに ピカピカの Super琢磨の55mmF1.8も付いている
純正の49mm径の標準用フードと アクセサリー・シューも付いている

全てに皮ケースが付いていました
こんだけ付いていて1万円でした (^^)




9
b0069128_1045165.jpg

ピントはどこ?

嬉しさで身体が動いて ピントは右下隅の303で~す (^^:




10
b0069128_9222825.jpg

KOMURANON 28mm F2.5

コムラーをご存知でしょうか
倒産してしまいましたが 三協光機が造っていたのが コムラーやコムラノンレンズでした。

カメラ店のご主人に、M42もありますと見せてもらった中で見つけました。
一見これも新品みたいで ちょっとネゴして5千円 (^^)




11
b0069128_92435.jpg

記念撮影

コムラノンが28mmF2.5というスペック以上に大きく見えます、28mmF1.4みたいです。


ところで、
SLメーターを外すときに力を入れ過ぎて、外したメーターとペンタ部が接触しました。
新品みたいだったペンタ部に 醜い深い傷が2箇所できてしまいました、がぁぁぁーーーん !

SLメーターを被せっぱなしにして置けば 二度と醜い傷を見ることもないのでしょうが
バッテリーを交換するときは メーターを外さねばならんのです、しくしく

もう一つ、
コムラノン 28mm F2.5、K100Dに付けて試し撮り
ああ~、AutoとManualの切り替えがありません
デジタルで使うなら いつも開放で撮るか 近代インターナショナルのアダプターが要ります

まぁええか、これは




************************************
  共通データー
■ 2009年10月2日撮影
■ 1~6 & 11枚目 D700 + Ai AF 35mm F2D
■ 7、8、9、10枚目 D700 + Micro 60mm F2.8D

************************************

【教訓】 うれしい時でも 落ち着いて物事に対処しませう




おまけ-1
b0069128_11402777.jpg



コムラノン28mmF2.5の開放です、というより開放でしか撮れません

■ 2009年10月3日
■ K100D + KOMURANON 28mm F2.5
■ Manual 露出




おまけ-2
b0069128_11262725.jpg

コムラノンコムギ

ピントがどこかわかりません (涙)

■ 2009年10月4日
■ K100D + KOMURANON 28mm F2.5
■ Manual 露出











by nakajimaakira1948 | 2009-10-04 10:55 | 35mmF2D AF Nikkor | Trackback | Comments(32)

ハーバービュー・ビュー

2009年2月7日(土)

寒い日が続きます

・・・ が きのうは金曜日、週末が来る (^^)
という事で、通勤カバンにデジ一眼を入れて会社へ

仕事が終わって会社を飛び出しましたが 外は暗~いです

どこへ行こうかなぁ~
結局、地下鉄に乗って 次の駅の大阪港で降りてみました

写真は撮った順番に並べております





1
b0069128_9271885.jpg

FUJIYA

大阪港駅でうしろに降りて テクテクと天保山の方へ歩いて行きます

FUJIYAがありました、けど ポコちゃんペコちゃんの不二家ではありません

なんか歩いている人が少ないです。





2
b0069128_9281243.jpg

ゆきだるま

お好み焼き屋さんの前に ゆきだるま がおりました。
照明が白熱灯なのか暖かい色で ゆきだるまの感じはしませんねぇ





3
b0069128_929797.jpg

やきとり

まだ6時半ですが 歩いている人が非常に少ないです。
まぁ寒いですが めちゃくちゃ冷たいという事もないのに 何でかなぁ~





4
b0069128_932633.jpg

のぞき見

海遊館近くのレストランです。
お客さんは 1組のアベックだけ。

ちょっと のぞき見 してみました (^^:

ハーバービューの店が半分くらい閉まっていました。
歩いている人が少ないのは それででしょうか?





5
b0069128_9325483.jpg

ハーバービュー・ビュー

ここら辺りを ハーバービュー天保山と呼ぶらしいのです
ここから見たこの景色は ハーバービュー・ビュー ですね





6
b0069128_9345253.jpg

2年まえの店

2年ほど前に、いっぱい飲んでエエ気分のおとぅちゃんを ちっちゃな女の子が自転車で迎えに来た店です。
またあんなシーンが撮れたらいいな





7
b0069128_9353471.jpg

なべちゃん

この飲み屋さん、なべちゃんって言うのか

さあ、わたしも帰りましょう





8
b0069128_937202.jpg

魚常

大阪港駅の近くまで戻ってきました。
また飲み屋さんがある。

35mm単焦点レンズは、足で構図を造りますので撮るのに時間がかかります。
その割に、左側のほうが下がってるぞ ← いつもで~す (涙)





9
b0069128_9382290.jpg

陸橋より

大阪港駅へ行く陸橋より





10
b0069128_9391436.jpg

帰ったら

家に着いたら コイツがおりました (^^)



***********************
  共通データー
■ 2009年2月6日
■ D700 + Ai AF 35mm F2D
■ 絞り優先オート
■ ISO800~1600
■ 露出補正 それなりに

***********************




おまけ (2月10日追加)
b0069128_171233100.jpg

帰ろうよ~

2006年11月10日に撮ったもので もう2年3ヶ月も経ちます。
↑の6、7枚目の 「なべちゃん」 です。

「帰ろうよ~」 という題名でアップしていました (^^)

■ K100D + SIGMA 17-70mm
■ プログラムオート
■ ISOオート (200~800自動選択)
■ WB: 白熱灯











by nakajimaakira1948 | 2009-02-07 10:35 | 35mmF2D AF Nikkor | Trackback | Comments(34)

古カメラ

2009年1月24日(土)

今朝 新聞を取りに外へ出たら とても寒かったです。

どこへも行かず、500円DVDの 「ジギル博士とハイド氏」で イングリッド・バーグマンの美貌を見てから
古カメラ・古レンズの相手をしていました。
コムギは散歩に連れて行ってもらえないので すねております。

そんな訳で写真は すこし前に撮った古カメラたちです
K100D に琢磨くんの55mmを付けて 撮ってます




1
b0069128_18183314.jpg

SP + Jupiter 85mm F2

まず ペンタさんのSPに ロシアンの Jupiter-9 85mm F2 です。
ローガン・ランシーの眼で合わせた割りには 前玉(フィルター)にピントが合いました。

撮っているレンズは このカメラに付いていたSuper 琢磨くんではなく
新しい (と言っても40年前?) Super Multi Coat された 琢磨くん 55mmF1.8です。
レンズ名は SMC Takumar となって ピントリングが金属削り出しでなくゴム巻きになっています。

MFレンズ撮影では Exifデータで 絞り値が読み取れません (^^:





2
b0069128_181976.jpg

M3 + Summaron 35mm F3.5

ズマロンの前玉にピントを合わせたんですが ・・・ 全然合っておりまへ~ん。 しくしく





3
b0069128_1820261.jpg

AE-1 + FD 135mm F2.5

中古の標準レンズ付きのAE-1を買ったとき 一緒に手に入れた FD135mmF2.5です。
重いけど明るいレンズだと喜んで 撮ってみたらシャープでなかったです。

デジタルで撮って レタッチでシャープにしてやろう ← ボディがありませぬ

前玉にピントを合わせたのに 合ってないようです。
ピントリングのギザギザがシャープに写っていますね (^^:





4
b0069128_18204687.jpg

F2 Photomic-S + Nikkor 55mm F1.2

見栄で買った 55mmF1.2です、開放ではボーとして まともに写ったことがありません。

逆さになっているレンズは マイクロ55mmF2.8で こいつは開放からシャープです。
いま、E330に付けて 110mmマクロとして使っています。 良い写りで~す





5
b0069128_18211263.jpg

RE Super + RE Auto Topcor 58mm F1.4

この RE Auto Topcor 58mm F1.4 は、フォーサーズ用の 近代インターのアダプターにハマリません。
わたしの個体だけかも知れません、横の58mm F1.8 はハマって使えてますから。
どこかアダプターと当っている所がないかチェック中です (泣)

なお距離リングに巻いてあったゴムは 最近になって溶け出しましたので 泣く泣くメクリました。
そしたら、シルバーの鏡胴に 東京光学の金色の社内品管合格シールが貼ってありました。





6
b0069128_18254384.jpg

Komugi with K100D + Tamron Mirror 500mm F8

タムロンの反射式500mmF8 で撮ったコムギです。

1.7mまで寄れますので 50mmレンズで17cmまで寄れるのと同じです。

コムギも気付かず 自然な表情ですね





***********************************************
  撮影データ
■ 1~5枚目 2008年11月13日、 6枚目 2008年10月9日 撮影
■ 1~5枚目 K100D + SMC 琢磨 55mm F1.8
■ 6枚目   K100D + Tamron 500mm F8
■ ISO 1600

***********************************************

AFカメラのファインダーは スプリットイメージがありませんので
マニュアルでピントを合わせるのは難しいですね (^^:











by nakajimaakira1948 | 2009-01-24 19:53 | 55mmF1.8 SMC 琢磨 | Trackback | Comments(22)

コムギ数点

2009年1月18日(日曜日)

1月5日(月)から出勤しています。

写真は あまり撮ってません。

それで 以前のコムギの写真を数点並べました。




1
b0069128_20341813.jpg

大写し

おおきく写っていますね

■ 2008年5月4日
■ Pentax K100D + SIGMA 17-70mm




2
b0069128_1203553.jpg

どこへ行くのだ

お墓参りにコムギを連れて行きました
後部席にいるわたしを見て あほ面しております

腕がなまったか ピントは ・・・ (^^)

■ 2008年9月20日
■ Canon Power Shot G7




3
b0069128_149071.jpg

おいで

ベランダに出たコムギに 「おいで」と言っても入って来ません
コムギの耳が日光で透きとおってオレンジ色です

■ 2008年11月14日
■ Olympus E330 + 非Ai Nikkor 55mm F1.2




4
b0069128_1225569.jpg

有田焼

有田で買ったクラシックカーが ほこりだらけでしたので 水洗いしてティッシュで拭いていました
コムギが来てペロリ

■ 2008年12月1日
■ Canon Power Shot G7




5
b0069128_1245224.jpg

飼い主と

年末に息子が帰ってきました
コムギの登録上の飼い主は 息子なんです

■ 2008年12月31日
■ Nikon D80 + SIGMA 10-20mm




6
b0069128_1291145.jpg

くんくん

飼い主の匂いのする布団を楽しんでいます

■ 2009年1月1日
■ Nikon D700 + SIGMA 初代AF 28mm F1.8











by nakajimaakira1948 | 2009-01-18 14:43 | 55mmF1.2 非Ai Nikkor | Trackback | Comments(20)

2008年2月9日(土)

いろんなことが重なり のんびりした時間を持つことがなかなか出来ません(涙)
写真もあまり撮っておりません。

それで、昨年末から最近までに撮った写真を日記風に並べてみました。




1
b0069128_11293999.jpg

みんなの ともだちは どろんこと たいよう

阪急西宮北口駅から 北に向かってぷらりぷらり歩いておりました。
こんな幼稚園がありました (^^)

■ 2007年12月16日11時5分 ■ Nikon D70 + SIGMA 10-20mm




2
b0069128_1146353.jpg

スクンビットの おねぃさん

へへへ、べっぴんさんでしょ (^^)
バンコクのスクンビットというところにある カラオケ屋さんのおねぃさんで~す。

■ 2007年12月17日23時31分(現地時刻21時31分) ■ Canon Powershot G7

2月10日追記)
この写真は元の画像を 1/4ぐらいにトリミングしております。

わたしは気が弱いので とてもこんなにおねぃさんに接近して撮る勇気はありませぬ。
G7の1千万画素が効いて、あまり画像の劣化は無いようです。




3
b0069128_14545890.jpg

ピントは ?

日曜日でしたが タイ人6人を連れて京都へ行きました。
仕事みたいなもんですので いやいやながら名所旧跡へ ・・・
(わたしは いわゆる名所旧跡は人が多いので好きではないのです)

みやげもの屋さんに入ったまま なかなか出て来ないタイ人たちを待ちながら撮っています。
ピントは托鉢僧ではありませんね、ひひひ

■ 2007年12月23日12時53分 ■ Pentax K100D + SIGMA 17-70mm




4
b0069128_1282340.jpg

MIR-20M 20mmF3.5

いひひひひひ~、真夜中にウィスキーを舐めながら レンズを眺める
ええもんでっせ~

このレンズは くまさんから頂いた ロシア製超広角のミール20M 20mmF3.5です。
占い師のおばあさんの 水晶玉みたいでしょ (^^:

■ 2007年12月26日0時17分 ■ Canon Powershot G7




5
b0069128_12215027.jpg

ちょっと おくれよ

二本足で立ち上がり 真剣な眼で「ちょっと おくれよ」と言ってます

あか~ん
こんなん食べたら死んでしまうよ

■ 2008年1月2日11時40分 ■ Canon Powershot G7




6
b0069128_12292815.jpg

燻製牡蠣

コムギが見ていたのはこれでした。
燻製牡蠣のオリーブオイル漬けです、これで白波のお湯割りをグビッとやると最高で~す。

でも小型犬に貝類は絶対に禁物なんですよ。

■ 2008年1月2日11時46分 ■ Canon Powershot G7




7
b0069128_12473068.jpg

エミリー・ブロンテ

引越しの準備で古い本を整理していたら 「嵐が丘が」出てきました。

兄のブランウェルが描いた エミリー・ブロンテ(1818-48年)の肖像です。
怨念のかたまりのようなストーリーを書いたわりに なかなかベッピンさんですね

怨念(おんねん)で思い出しました。
「黒猫の怨念」ちゅう怖~い話しを ご存知でしょうか?

 ・・・・ 後ろを振り返ると黒い猫が
 ・・・・ おんねん (^^)


■ 2008年1月5日14時18分 ■ Canon Powershot G7





8
b0069128_141769.jpg

阪急電車のおねぃさん

画面にゴミが出てきて ヨドバシ梅田経由で入院していたG7を 受け取った夜です。

綺麗なおねぃさん、綺麗に写るかなぁ~ (^^:


■ 2008年1月23日23時19分 ■ Canon Powershot G7




9
b0069128_14162142.jpg

Black Contax

名古屋の ひらりんさんが大阪に来られました。

ヨダレが出そうな ブラック・コンタックスを持って来られていました。
わたしは挨拶もそこそこに いじくり回させて頂きました (^^:

写真では判りにくいですが、軍艦部手前の垂直ギアーでピント合わせができるのですが
そうするとどうしても右手人差し指で距離計窓を隠してしまいます。
まあ、レンズ鏡胴のピントリングを直接回して測距しても良いわけですが
やはりこの垂直ギアーを回したくなります。

ニコンSは 全くこのコンタックスを真似して設計されたのですが
距離計窓だけは 指で隠れぬように垂直ギアーよりレンズ側に移されていました。
こうする事により操作性は飛躍的に改善できたのですが 基線長は短くなってしまいました。

■ 2008年2月2日15時39分 ■ Nikon D70 + Nikkor 18-70mm




10
b0069128_1554957.jpg

UFO

北大阪の夜空に忽然とUFOが現れました。

たまたま夜景を撮っていてこのUFOを捉えたわたしは この写真を朝日新聞社に届けました。
そして読者写真の年間最優秀賞に選ばれ 賞金100万円と副賞のニコンD3を貰いました。






ちゅうのは ウソです。
kumaさん、ひらりんさんと一緒に、inamokuさんとkyokoさんが来られるのを待ちながら
一杯やっているところです。

でもUFOに見えませんか?
えっ?全然UFOに見えませんか、そうですか (;。;)

■ 2008年2月2日18時15分 ■ Nikon D70 + Nikkor 18-70mm




11
b0069128_15301974.jpg

昼間のウィスキー

昼間のウィスキーは良くまわりますね。

なんで昼間から飲んでるねん?
持ってきてくれたから 飲んでるねん
だれが?
ひひひ

■ 2008年2月4日13時27分 ■ Canon Powershot G7




12
b0069128_15355668.jpg

この人が

ひひひ、またウィスキーを注いでくれてるのは タイ航空のおねぃさんです。

飛行機も速いですが スチュワーデスのおねぃさんの動きも素早いので
ブレないようにイソ800に設定したら こんなウソ800みたいなザラザラ写真になりました(;。;)

しかしexifで確かめたら 3時間飲み続けておりますね~ (^^:

■ 2008年2月4日16時22分 ■ Canon Powershot G7




13
b0069128_1547974.jpg

Guinness

ギネスはあまり好きくないとおっしゃるかたもおられますが
わたしは大好きで~す
好き嫌いは身体に悪いです、何でも飲まにゃ~なりませぬ (^^:

アソク通り裏で中華料理を食べたあと、向いのアイリッシュ・パブにて

■ 2008年2月4日20時22分(日本時間で夜10時22分) ■ Canon Powershot G7





14
b0069128_160272.jpg

なにを引っ張ってますのん?

おっさん達 「竜のシッポを引っ張ってまんねん」
おにぃさん 「やわらか~い お手てを引っ張ってまんねん」

スワンナプーム空港にて

■ 2008年2月5日22時00分(日本時間で2月6日00時00分) ■ Canon Powershot G7

おしまい



いま2月9日(土)夕方4時過ぎですが 豊中は雪が降り続いており 大分積もっております。

寒いので窓から雪を眺めています、あしたの朝 雪が溶けずに積もっていたら
コムギを連れて散歩に行こうと思っています。(思っているだけです)

来週は火曜日から また一週間タイ出張です。
30度近い温度差。 しくしく












by nakajimaakira1948 | 2008-02-09 16:17 | Canon Powershot G7 | Trackback | Comments(32)

皮ジャン

2008年1月27日(日)

家を建替えることになり 親父おふくろが住んでいた家に一時避難しております。

わたしの家から数十メートル離れているだけなんですが こんなんも実家というんでしょうかね。
2年前に親父が死んで ときどき千葉から兄貴夫婦が法事に来るときに泊まるぐらいで空家でした。
それでも家具なんかは そのままですので、一時避難の家具とダブルで足の踏み場もありません。

引越し屋さんに大物の家具は運んでもらったんですが まだ前の家に小物がいろいろ残っており
休日にボチボチ運んだりしております。




1
b0069128_21195865.jpg

ぶた小屋の最期

前の家のわたしの秘密基地(女房はぶた小屋と呼びます)の最期です。
写真は、引越し屋さんが来るまでに カメラや大事にしていたものを 自力(リュックに詰めて徒歩で)で運び
そのあと本なんかをかたづけている時です。

嬉しいことに 倫さんに約束していた「悪魔くん」の本が出てきましたよ~ ♪




2
b0069128_21114072.jpg

こんなんです

一時避難の家の2階の むかし兄貴が住んでいた部屋なんですが、オーディオ・カメラ・本などを持ち込んだら
もう足の踏み場もありません (涙)




3
b0069128_21445566.jpg
b0069128_2145653.jpg


カメラ一時避難

引越し屋さんに頼めないこんなヤツ等は リュックに詰めて アホみたいに徒歩で十数回往復したのでありました。

右側の引出しのカメラ達は皮ケースに入っていますので リュックにそのまま詰めて運べたのですが
左側の裸のカメラや殆どのレンズ達は 1台1台、1本1本タオルにくるんでから リュックで運んだのであります (;。;)

写真に写っているぶんは1/3~1/4ぐらいの量で、 寒空の下 それはそれはツラい荷役でありました (^^:




4
b0069128_2215585.jpg

Contarex

カメラやレンズの保管で 一番具合が悪いとされているのが 「皮ケースに入れてタンスに仕舞うこと」 です。

皮ケースは湿気を含みますし 新鮮な空気を遮断してカビが好きな温度を保ちます。
タンスは やはり皮ケースと同じような作用をする訳です。

新鮮な空気に当ててやると レンズにカビは発生しません。
わたしは20年以上、防湿庫なんぞ使わずに シリカゲルを入れたガラス棚でカメラやレンズを保管していますが
ただの一度もカビなんかにやられた事はありませぬ。

ただし、ときどき棚から出して レンズは絞りリングとピントリングをグリグリ回します。
ピントリングを回すことで 新鮮な空気がレンズに出入りするのと、ヘリコイドのグリスが固まるのを防ぎます。
絞りリングを回すことで やはり絞り羽根が潤滑剤でネバるのを防止します。

カメラは 順次高速から低速へシャッターを切って行き 低速までシャッターが切れることを確かめます。
特に機械式の古カメラは、時々低速シャッターを切ってやらないと ガバナーの調子が不安定になります。


長々書きましたが、カビに最適の状態で一時保管していますので 今日はこのコンタレックスを皮ジャンから出してやり
グリグリして その後 ↑の記念写真を撮ってやりました。
コンタレックス特有のジャッというシャッター音とともに セレン式の露出計も 45年選手とは思えないほど機嫌よく動いてくれました。




5
b0069128_22263549.jpg

Leica M3

コヤツも 皮ジャンとタンスの湿気で苦しんでおりました(と、思うだけですが)ので 厚着を脱がせてやりました。
「ふぅ~、生き返ったぜ」 と言って喜んでおりました。
いやっ、ドイツ語では カメラ(フォト・アパラート= 写真・機械)は*女性名詞なので
「脱がせて頂いて ダンケ・シェ~ン」 でしょうね (^^)

M3に付けているレンズは DR Summicron 50/2 で、いわゆる近接撮影ができるズミクロンです。


*2008年1月29日 追記)
Yokusiaさんからご指摘を頂き、独語辞書で調べたら カメラ(=Photoapparat)は男性名詞でした。(汗)
大昔しに 誰かに教えてもらったことをずっと信じていて 間違えてしまいました  m(_ _;)m

**2012年2月29日 再追記)
すみません、写真機(Photoapparat)では男性名詞でしたが Kamera(カメラ)で調べますと
女性名詞でした、大昔し教えてくださったかた すみませんでした。




6
b0069128_22382287.jpg

Rolleiflex 3.5A

独製カメラの皮ケースは どれも皮の裏は分厚いビロードです。
ローライフレックスも 「皮ジャン暑いわ、脱がせてちょーだい」 と迫ってきました。

わたし 「(^^) は~い」




7
b0069128_22451856.jpg

Rollei Lens Cap

誇り高い フランケ・ウント・ハイデッカー社の刻印の入ったレンズキャップです。

貴婦人Rolleiflex 3.5Aの青いおめめ Opton Tessar 75mmF3.5を けなげにしっかり守っています。




8
b0069128_2254491.jpg

お帰り~

入院していた Canon G7が戻ってきました。

わたし 「お帰り~」
G7嬢 「ただいま帰りました (^^)」
わたし 「暑いかい? 皮ジャン脱ぐ?」

なぜかCCDにゴミが付いて ヨドバシ梅田経由で入院しておりました。
検査の結果CCDを交換されて、画像番号まで1171になって(;。;) やっと戻って来たのでした。

久しぶりに実家に戻り、緑のおめめが 心なしか恥かしそうでした。




9
b0069128_23124228.jpg

早よ~開けんかい!

ちょっと安っぽい皮ケースの中から 「暑いわい、はよ~開けんかい!」と どなり声がします (^^)




10
b0069128_231329.jpg

Exakta Varex IIa

誰かと思ったら 東独ドレスデンのサウスポーのおっさん エキザクタ・バレックスでした。
このおっさんを見ていますと なぜカメラが*女性名詞なのが理解できません (^^:

皮ケースの右側の、フラッシュ接点部の切り欠きなんか どう見ても小学生のワザで~す。
でも付いているレンズ、C.Z. イエナのテッサーは 世界の一級品でしたです。


*2008年1月29日 追記)
Yokusiaさんからご指摘を頂き、独語辞書で調べたら カメラ(=Photoapparat)は男性名詞でした。(汗)
そうすると この記事はなんにも面白くありませんね (;。;)

**2012年2月29日 再追記)
うえでも書きましたが Kamera(カメラ)で調べますと女性名詞でした。
やはり 「この記事は面白い」ことにしておいてください。




11
b0069128_23263668.jpg

Canon Populaire

キヤノン・ポピュレール です。
コヤツも 汗まみれになっていましたので 皮ジャンから出してやりました。
キヤノン純正のUVフィルターまでハメておりますので さぞかし暑かったのでしょう。

【ところで一言】
レンジファインダーのファンの多くのかたが コシナ・ベッサや コシナ製ツァイスを買われますが
わたしは このCanon P (もう中古品しかありませんが) をお勧めします。
ファインダーの「見え」はベッサにだいぶ負けますが カメラの造りはCanon P が圧倒します。
全金属製ボディの丁寧な仕上げ、太陽光直射でも焦げない超薄ステンレス製のシャッター幕など
格がちがうと言うか 持っていて嬉しくなるカメラですよ (^^)





12
b0069128_23543541.jpg

TOPCON RE Super

東京光学が、1963年に世界で始めて レンズを通して(TTL)測光する一眼レフを発売しました。
それがこのベッピンさん TOPCON RE Super です。

付いていた標準レンズ RE Topcor 58mmのF1.4やF1.8は ニコンFのニッコールを凌ぐと言われたものです。

すんません、皮ジャンの話しが だんだんクラシックカメラの話しになってきましたね m(_ _;)m
RE Super も 暑がっておりましたので 優しく皮ジャンを脱がせてあげました (^^)




13
b0069128_2355144.jpg

Exakta RTL1000

このエキザクタ RTL1000 もエキザクタの伝統を守って ファインダー交換可能な機体でしたが
コストダウンのためでしょうか、ペンタプリズムのカバーを始め 多くの部品にプラスティックを採用しており
Varexの時代に較べますと 品質はだんだん低下して行っております。

人工皮になってしまった皮ジャンは ひん曲がって ボディにフィットしておりませんね (涙)

でも、写真の Carl Zeiss Jena製の パンカラー50mmF1.8は 単層膜コーティングではありますが
銀塩カラーでも素晴らしい発色と シャープネスを見せました。




14
b0069128_025091.jpg

Nikomat EL

分厚い鉄板入りの皮ジャンに身を包まれているのは 日本光学最初の絞り優先オート露出搭載の ニコマートELで~す。
1972年製ですので もう36歳になりますがこんなにピチピチしたベッピンです。

発売された当時は、いわゆるハイ・アマチュアと呼ばれる人々が 「露出オートみたいな素人向け機能は要らん」 と
えらそうに言ったんですよ。
でも一瞬のシャッターチャンスをものにしなければならん新聞社の報道カメラマンを皮切りに
プロがどんどんニコマートELを使ったので 頭の固いハイ・アマチュアも使い出したという話しが残っております。




15
b0069128_04295.jpg

Pentax SP

「こんなに寒いのに 皮ジャン無しで寒くないかい?」
と、声をかけたくなる 楚々とした美しさのPentax SP です。

トプコンRE Superよりも早くからTTL測光の機能を備えた一眼レフとして フォトキナで試作機が発表されながら
SPの実機はRE Superより数年も遅れて発売され しかも名前のスポット測光ではなく平均測光だったという悲劇の女王であります。

しかし今も昔も世間は美女を放ってはおかず、その安価・軽量・コンパクトな美貌により
Pentax SPは 国内外で爆発的に売れ、東独プラクティカのマウントだった Pマウント(プラクティカ=M42)は
ペンタックスのPに由来するんだろうと誤解されるほど有名になったのです。


おっと、写真のSPに付けているレンズは kumaさんに頂いた おロシアン製ミール20mmF3.5で~す (^^)




16
b0069128_152772.jpg

Nikon F

シャッターボタンが手前過ぎて押しにくいという以外 このカメラに文句はありません。
ほんとうにタフで 良く出来たカメラだと思います。

写真の皮ケースは F2のケースなんですが特に問題なくはまりますので
コヤツに着せております。
弟の服が気に入って 横取りして喜んでいる兄のようにも見えます (^^)





*******************************************
  撮影データー
■ 1枚目のみ2008年1月14日撮影、他は2008年1月26日撮影
■ 1~3枚目: K100D + SIGMA 17-70mm
■ 4枚目~16枚目: D70 + Micro 60mm
■ プログラムオート / プログラムシフト

*******************************************





おまけ
b0069128_135158.jpg

ベッドのコムギ

足の踏み場も無いので コムギが荷物のあいだに入り込むと 何処にいるのか判らなくなります。
それでベッドの上にあげております。

どうも様子が違うので 落ち着きがありません (^^)

■ 2008年1月19日撮影 ■ D70 + AF Nikkor 50mmF1.4  ■ F3.5 1/50秒











by nakajimaakira1948 | 2008-01-27 01:42 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(57)

妙見山へ

2008年1月10日(木)

もう12時をまわって 日付がかわりました。
だいぶ眠たいのですが しばらく写真をアップしていなかったので更新します。

写真は、1月4日(金)に kumaさんと妙見山に登ったときのものです。

朝9時に地下鉄淀屋橋駅で待ち合わせ、阪急で梅田~川西能勢口へ 能勢電鉄に乗り換えて妙見口へという経路です。
妙見口からは ケーブルやリフトを使わず、歩いて山頂まで登りましたです。

健脚のかたなら1時間程度の山道ですが
運動不足のわたしは、どんどん先に行かれる健脚のkumaさんに 「ちょっと休みましょう」 を連発して
2時間半くらいかかってなんとか登れたのでありました (;。;)

写真は 撮った順番に並べております。




1
b0069128_0221327.jpg

能勢電車

川西能勢口からは能勢電車に乗って 妙見口に向います。
この写真は、最前列車両の運転席のすぐ後ろから 嬉しそうな顔(^^)をして
すれ違う電車を撮ったものです。

以前は能勢(のせ)電車は 阪急電鉄のお古を使っていたと記憶するのですが
最近は、どの電車も阪急電鉄と同じ新しいタイプの車両になっておりました。




2
b0069128_029681.jpg

妙見口駅

ここに来ると いつもこの駅舎を撮ります。

小さくて可愛らしい駅舎です。
駅の裏は すぐ山ですね。




3
b0069128_0313339.jpg

駅前

駅前には二軒の店屋さんがあります。
飲物や食物はここで買っておかないと 頂上まで何もありません。

右側に見える道路を てくてく歩いて行くと ケーブル乗り場の方へ行けます。




4
b0069128_0372678.jpg

なんてん

てくてく歩きながら パチリパチリです。

農家の庭先に なんてんの実がなっておりました。
「なんてんの実」って 冬になるものでしたかね~




5
b0069128_0413354.jpg

白板

吉川中学校の校門の横の白板に
ギター・リサイタルのポスターが貼ってありました。

きっとここの卒業生で ギターのプロになったおねぃさんでしょうね (^^)

おねぃさんの左眼が反射でみえましぇ~ん、(;。;)




6
b0069128_0481319.jpg

さびしい家

塗り壁がはがれて ちょっとさびしい家もありました。
でも右前側の板塀は サイケデリック調で~す ♪




7
b0069128_0532985.jpg

ポスト

ケーブルカー乗り場の近くに 年季のはいった 郵〒便ポストがありました。
何回も塗りなおしているんですね~




8
b0069128_0564256.jpg

新瀧公民館

前にも撮った 新瀧(しんたき)公民館です。
ええ天気になってきました、やはり日頃の行いがええから ・・・ (^^)

ケーブルカー乗り場の近くです




9
b0069128_131790.jpg

酒屋さん

ケーブルカー乗り場の駐車場から見下ろすと いい感じの家並みが見えました。
酒屋さんでしょうか




10
b0069128_0593658.jpg

ストーブ

ケーブルカーには乗らずに 歩いて登っています。
古いストーブが枯葉まみれになってておりました。




11
b0069128_1113732.jpg

トタン屋根

トタン屋根の家がありました。

もう だいぶ疲れてきましたよ~




12
b0069128_112599.jpg

急過ぎる

こんな急な階段も登ったのです。

・・・ うそで~す

登りたかったけれど わたしの足が拒否しましたです(;。;)、「あかん、急過ぎる」って




13
b0069128_1212938.jpg

灯篭

山頂に着いて 甘酒も飲んで、ほっとしてから撮った灯篭です。
ガラス窓もええ感じでしょ (^^)

えっ? なんで山登ってるときの写真がないのかって?
そんなもん、健脚のkumaさんに遅れず付いて行くのに必死のパッチで
写真どころではなかったのです。

ほんとうに死にそうだったんですよ~ (T T:




14
b0069128_1325090.jpg

ほほえみ

下山時は リフトとケーブルカーを乗り継いで降りました。
「ほほえみ」っちゅうのは 登って来るケーブルカーの名前です。
ちなみに、乗っているケーブルカーは 「ときめき」っちゅう名前でした。

「ほほえみ」も 「ときめき」も おばちゃん運転手さんでした~




15
b0069128_1373835.jpg

妙見口駅にて

はい、もう妙見口駅にもどりました (^^:
まだ3時過ぎですが 空は今にも泣き出しそうでとても暗いです。

わたしは 疲れはてておりました。




16
b0069128_144841.jpg

お初天神

は~い、妙見口~川西能勢口~梅田と同じ経路で戻って
お初天神通りの「たよし」で 焼酎をしこたま飲んでごきげんで~す (^^)

写真は、いやがるkumaさんを 無理やり引っ張って行った お初天神です。



おしまい


******************************
  撮影データ
■ 2008年1月4日撮影
■ K100D + SIGMA 17-70mm
■ プログラムオート または 絞り優先オート
■ ISOオート(200~800自動選択)

******************************

kuma さん、ありがとうございました
お疲れさまでした












by nakajimaakira1948 | 2008-01-10 01:55 | 17-70mm AF SIGMA | Trackback | Comments(30)

2007年12月9日(日)

うぅ~、寒いです。

暑さにも寒さにも弱いわたしは、せっかくの久しぶりの連休だった昨日は
一日じゅう家でウジウジ震えておりました。

タイで撮った写真を整理していたら、K100DやG7の画像に ゴミが写っています。
なんでレンズ交換できないG7にまで ゴミが入るのか~

今回は、ホテルから投稿したら「サイトが見つかりません」 と途中で切れてしまって
投稿できなかった写真たちに その後撮った写真を少し加えております。

だいたい撮った順番に並べております。




1
b0069128_5222279.jpg

Tシャツのワンコ

土曜日の朝、近くのシリッキット女王湖公園まで散歩してみました。
スクンビットの大通り アソク通りの綺麗なビルの玄関で
Tシャツを着せてもらったワンコが寝ていました。

わたしは 「今日は朝から暑いなぁ~」と思ったんですが この国では冬なんでしょうね。

■ 12月1日9時 Asoke通りにて




2
b0069128_5304377.jpg

ワンコお断り

シリキット女王湖公園は 動物お断りなんです。
コムギが一緒だったら きっと怒るでしょうね。

■ 12月1日9時53分 シリキット女王湖公園にて




3
b0069128_5341276.jpg

シリキット女王湖公園

カンカン照りになってきて 喉がかわきます。
タイでは公園ではアルコールを売りません (涙)

背景のビル群は スクンビットの街です

この写真 いつもの様に左下がりですが、それよりも空のゴミたちが気になります (涙)

■ 12月1日10時30分ころ




4
b0069128_5382672.jpg

カーボーイ通り

ホテルに戻る途中です、
夜になるとセクシーなおねぃさんでいっぱいのカーボーイ通りですが 朝は眠っています。

右側のおにぃさんが写ってる店で やっと冷た~いSINGHAビールにありつけました (^^:

■ 12月1日11時ころ 




5.
b0069128_540541.jpg

Shark

ビールを飲んで やっと落ち着いて 街を観察できるようになりました
悪そうなサメ君です、上下の△型の歯が 完全にかみ合ってますね (^^)

■ 12月1日11時ころ スクンビットのカーボーイ通りにて




6
b0069128_5465848.jpg

女子大のお釈迦さん

ビールを飲んでさわやかな気持ちになりました。
ホテルでシャワーをとも思ったんですが、 うんにゃ もっと歩くんだと素通りです。

ホテル近くの女子大構内にいた お釈迦さんです。
ふつう良く見かけるお釈迦さんは 細~い眼ですが、きれいな女子大生を見つけたのか
このお釈迦さん おめめが まん丸です (^^)

■ 12月1日 Sukhumvit 23通りの女子大にて




7
b0069128_5482619.jpg

KFC

女子大の近くの地下鉄の駅から 慣れ親しんだシーロム駅へ
そして昼ごはんは シーロム通りのKFCへ入ってみました。

フライドチキン4本・チップス・コーヒーのセットで 99バーツ(約350円)です。
ちょっと高いかな。
テーブルには、ピリカラ味のケチャップと タイ風スパイスの2本が置かれています。

写真はおねぃさんにピントを合わせていますので ちょっと判りにくいですが
チップスのお皿にちょっと出しているのは ケチャップではなくてタイ風スパイスです。

■ 12月1日 シーロム通り




8
b0069128_553493.jpg

昼寝

友達になったワンコがいる タクシン橋へ行ってみました。
エーン、いつものベンチに わんこはおりませんでした (しくしく)

橋へ登る階段から見下ろすと わんこが2匹昼寝してました。
このあいだ迄は、暑いところを避けて日陰で昼寝していたのに
この日は日向で眠っておりました。

■ 12月1日 タクシン橋




9
b0069128_555202.jpg

看板

12月2日の日曜日です、朝から10~15Km離れた バンコク中央駅まで散歩しました。

旅行社の看板です。
なかなかキャッコいいディーゼル車ですね
列車から出ている煙みたいに見えるのは ヨゴレで煙ではありませ~ん

■ 12月2日朝10時ころ スクンビット通りにて




10
b0069128_631136.jpg

160/30番地

バンコクの大動脈 ラマ4世通りですが、きたない家もあります。

しゃがむのがシンドくて 見下ろす感じで撮りましたので 下すぼまりに写りました。
他人には、ちゃんとしゃがんで 「下すぼまりにならん様に撮れ」と言いながら (涙)

■ 12月2日10時半 ラマ4世通りにて




11
b0069128_6531369.jpg

にゃんこ

にゃんこが葉っぱの匂いを嗅いでいます。
SINGHAビールのライオン?も 「どんな匂い?」って言ってますね (^^)

■ 12月2日10時40分ころ ラマ4世通りにて




12
b0069128_705060.jpg

ラマ4世通り

ラマ4世通りは こんな感じの通りです。
写真の坊さんがラマ4世ではないでしょうね (^^:

■ 12月2日10時40分ころ ラマ4世通りにて




13
b0069128_75263.jpg

ええ匂いしてるかぁ~

兄弟ワンコでしょうか
危ないよ、道路に飛び出さないようにね

■ 12月2日10時40分ころ ラマ4世通りにて




14
b0069128_711321.jpg

屋台

夕方が近づいて 屋台のおっさんがトリを焼き始めています。
まだ開店前です。
コレなかなか美味しいです、まわりの汚いものも 夜になったら判らんようになるし

けむりにAFが迷って、手前の水の入ったタライにピントです。しくしく

■ 12月4日17時半ころ スクンビット23通りにて




15
b0069128_7295282.jpg

ホテルのおねぃさん

部屋のキィーを受け取るときに 「クン・スワイ・マァ」と言ったら ニッコリ
「クン・スワイ・マァ」って どういう意味でしょう (^^)

■ 12月4日夜





********************************
  撮影データ
■ 2007年12月1日~4日
■ 1 ~ 8枚目 K100D + SIGMA 17-70mm
■ 9 ~15枚目 Power Shot G7

********************************

12月17日(月)から またタイに行かにゃならんのですよ~ん (;。;)
ゴミ取りに出していたら間に合わんし、カメラどうしようかなぁー












by nakajimaakira1948 | 2007-12-09 08:15 | Canon Powershot G7 | Trackback | Comments(33)