タグ:Sony α7 ( 134 ) タグの人気記事

smc Pentax-A 35-70mm で

2017年10月17日(火曜日)

わたしは 旭光学のタクマーレンズは 多く持っておりますが
スクリューからバヨネットマウントになった ペンタックスKマウントのレンズは
ペンタックスのデジタル一眼レフ用の APSフォーマットのDAレンズ数本のみです

いやっ、よく探すと 1本だけありました
10年ほど前に ブログ仲間の くまさんから頂いた
smc Pentax-A Zoom 35-70mm F3.5-4.5 です

この smc Pentax-A Zoom 35-70mm F3.5-4.5 を ソニーα7に付けて使ってみました





1
b0069128_903335.jpg

smc Pentax-A Zoom 35-70mm F3.5-4.5 on Sony α7

smc ペンタックス-A 35-70mm は こんなレンズです

このレンズは1985年から造られた とてもコンパクトな直進式ズームです
重量も 243gと 非常に軽いです

構成は 8群8枚構成ですが、最後尾の1枚は平面保護ガラスですから 実質は7群7枚構成です
平面保護ガラスを含んで smc(スーパーマルチコーテッド)されています

最短撮影距離は 70cmと遠いのですが、焦点距離60~70mmのあいだで 25cmまで寄れるマクロ撮影が可能になっています

この smc ペンタックス-A 35-70mm の 直進式ズーミングは
カメラ側に引いて70mm(レンズ長さ最小)、被写体側に押し出して35mm(レンズ長さ最大)と
ちょっと違和感がありますが まあ慣れると どうでも良くなるでしょうね

それでは smc ペンタックス-A 35-70mm の 絞り開放写真に行きます


■ 2017年10月10日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8D on Nikon D700





2
b0069128_92737.jpg

壁紙のコムギ

PC を 立ち上げたところです
懐かしい コムギの壁紙です

焦点距離を70mmにして マクロ撮影です





3
b0069128_9363566.jpg

カメラリスト

excel(キングソフトですが) の わたしのカメラリストです

いえっ、カメラリストを見せるのが目的ではありません
マクロ撮影での解像力を見てみたのです
合格です





4
b0069128_9451464.jpg

35mmの歪曲収差

最広角側で出やすい 歪曲収差を見てみました
やはり 右側の端でタル型の収差が出ていますね





5
b0069128_9515124.jpg

ミミちゃんの眼

いつもの寝床の ミミちゃんの眼を 70mmで撮ってみました

拡大して見ていただくと なかなか シャープに写っています

同時期の キヤノンFD 35-70mmF3.5-4.5 よりはシャープです





6
b0069128_9574659.jpg

コニカ オートレックス

また 70mmのマクロ撮影に戻して ぐちゃぐちゃの本棚の上を撮ってみました

ピントは 中央のオートレックスの「KONICA」の文字のつもりです

ニッパーくんも 穏やかにボケています





7
b0069128_1034263.jpg

青い小道

青い小道の左側にいる 「さかなとり」の 兄妹です

画面中央が ちょっとフレアーがかって見えますねぇ

フレアーの出るレンズ 大好きで~す





8
b0069128_10114792.jpg

ええ色 出てる

赤・緑・青・灰・茶・桃・黄色と
どの色も 綺麗に出ていますでしょ ♪♪♪



************************************************
 ■ 2017年10月10日~11日 撮る
 ■ smc Pentax-A Zoom 35-70mm F3.5-4.5 on SONY α7
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放

************************************************

smc ペンタックス-A Zoom 35-70mm は 比較的新しいレンズです
と言っても、1985年製ですので もう30年以上まえのレンズになります

むかし 非Ai ニッコール43-86mmを使って 標準ズームレンズの描写の悪さに驚いたわたしは
長いあいだ ズームレンズ嫌悪症になりました
でも 1980年代になると 良い標準ズームレンズが現れて来ていたようですねぇ









-
by nakajimaakira1948 | 2017-10-17 10:44 | 35-70mm Pentax-A | Trackback | Comments(4)

2017年10月3日(火曜日)

先週の金曜日の9月29日の朝、ヘキサノンAR 28mmF3.5を α7に付けて
ミミちゃんと熊野町の散歩に出かけました




1
b0069128_14162364.jpg

陸橋

良いお天気です
暑くも寒くもないのですが 祖先が寒い国のミミちゃんは もう舌を出しています

陸橋の階段の前で舌を出しているミミちゃんを撮ろうと思ったのに
後ろに走って行っておりません

だれもいない陸橋の写真です





2
b0069128_14224597.jpg

熊野田保育園

いつもフォトジェニックな 熊野田保育園です





3
b0069128_1426592.jpg



熊野田から熊野町に入りました

熊野町は、むかし紀州(和歌山)の熊野に雰囲気が良く似ているということで
熊野という名前が付いたと 豊中市発行の本に書いてありました

熊野町は人家があった所で 熊野田はその田んぼがあった所だろうと
わたしは勝手に思っています

写真の塀は 新しいですねぇ
熊野という名前が付いた頃のものでは ありません





4
b0069128_1435997.jpg

樹齢うん百年

八坂神社にある 樹齢うん百年の楠(くすのき)です





5
b0069128_14382946.jpg

こまいぬ と

狛犬(こまいぬ)と ミミちゃん です

おなじワンコなのに 全然似てませんね





6
b0069128_14422033.jpg

扉を壊す

戦没者慰霊碑の扉を ミミちゃんがリードを引っ張って壊してしまいました



うそですよ
扉は 最初から建付けが悪いのでしたぁ





7
b0069128_14492058.jpg

鐘楼

この鐘楼で打つ 除夜の鐘が 毎年おおみそかに 家まで聞こえて来ます





8
b0069128_14532696.jpg

まだ帰らん

わたし   「ミミちゃん ぼちぼち帰ろうかぁ」
ミミちゃん 「いやや、まだ帰らん」





9
b0069128_14564967.jpg

白壁と黒塀

行きと帰りで 道を変えています

白壁と黒塀の 粋なお家がありました
手前は 蔵でしょうか

ヘキサノンAR28mmには 歪みが認められませんでしょ





10
b0069128_1542116.jpg

旧家

熊野町には 大きな旧家が多いです
維持していくのは 大変でしょうねぇ





11
b0069128_157556.jpg

ゾウさん

ここは 熊野町2丁目児童遊園という小いさな公園です
黄色のゾウさんがおりました





12
b0069128_15115851.jpg

カバさん

オレもいるよ~ と カバさんが口を開けています

日本では、カバはユーモラスな動物と思われていますが
南半球では、ヒポと呼ばれて 人を食べる恐怖の生き物として恐れられています





13
b0069128_1517879.jpg

きつねが居る祠

ミミちゃんが ゾウやカバに全然興味を示さないので 帰ります

熊野町の名物?の きつねの居る祠(ほこら)です
ピントは キツネさんの顔です





14
b0069128_15241346.jpg

ヘキサノン AR 28mmF3.5

この ちょっとくたびれたレンズが 1~13枚目を撮った 小西六の ヘキサノンAR 28mmF3.5 です


1966年(昭和41年)に発売された 28mmとしては 驚異的な性能だと思います
同時代の オートニッコールH28mmF3.5 や キヤノンFL28mmF3.5 も 真っ青です



********************************************
 ■ 2017年9月29日撮る
 ■ 1~13枚目 Hexanon AR 28mmF3.5 on Sony α7
 ■   14枚目 FE 28-70mm F3.5-5.6 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放

********************************************

ヘキサノンAR28mmF3.5 は ほんとうに良く写ります

この時代でヘキサノンAR28mmと良い勝負をするのは
旭光学の スーパータクマー28mmF3.5ぐらいだと思います









-
by nakajimaakira1948 | 2017-10-03 15:42 | 28mmF3.5 Hexanon AR | Trackback | Comments(4)

ミミちゃんと服部緑地

2017年9月26日(火曜日)

先週の木曜日の9月21日、ひさしぶりにミミちゃんと服部緑地へ行きました。

朝晩はぐっと涼しくなりましたが 昼間はまだ暑かったです。




1
b0069128_9113192.jpg

散歩行くかい?

ダレていたミミちゃんに 声をかけました

わたし   「おいっ、散歩行くかい?」
ミミちゃん 「わんっ、行く行く」





2
b0069128_916238.jpg

当たるぅ~

いいえ、当たりません

わはは、左の車は右折で止まっているのです
右の車は走っています





3
b0069128_9213353.jpg

ンイレク

ンイレクではありません
大阪クレインという乗馬クラブの お馬さんバスです

HRC(服部ライディングセンター)と 何か交流があるのでしょうねぇ

お馬さんが出て来るかと しばらく待ちましたが、もう降ろしたあとのようです





4
b0069128_9324322.jpg



日本民家集落の北側の通路にある樹です

大きな穴があり 中に水が溜まっています
左側にあった枝が 抜けて出来た穴だと思うのですが・・・





5
b0069128_9414074.jpg

走りまくる

ひさしぶりの服部緑地が嬉しくて 走りまわっています





6
b0069128_9441145.jpg

小鹿橋

小鹿橋を渡って いなり山のほうへ行きます

わたし   「ミミちゃん ちょっと待って、小鹿橋を撮るから」
ミミちゃん 「知らんもんね」





7
b0069128_949293.jpg

六甲山を眺める

小鹿橋から西側を望んでいます
六甲山が見えます

コムギは ここで写真を撮っている間は たたずんで待っていてくれたのに
ミミちゃんは ぐいぐいリードを引っ張ります





8
b0069128_9555967.jpg

なんやって?

いなり山を歩きます

わたし   「ミミちゃん、端を歩きなさい」
ミミちゃん 「なんやって?」





9
b0069128_1003384.jpg

トランペット

この花は いつも水平に咲きます
堂々と トランペットを吹いているように 🎺





おまけ
b0069128_1084821.jpg

ひなたぼっこ

きのう 9月25日に撮りました

気持ち良さそうに ひなたぼっこ しています



**********************************
 ■ 2017年9月21日 撮る
 ■ FE 28-70mm F3.5-5.6 on Sony α7
 ■ 絞り優先オート、すべて絞り開放

**********************************









-
by nakajimaakira1948 | 2017-09-26 10:16 | 28-70mm SONY FE | Trackback | Comments(4)

半自動テッサー50mmF2.8で

2017年9月12日(火曜日)

半自動テッサー50mmF2.8 を α7に付けて お散歩です

この半自動テッサー50mmF2.8は 1959年に出た プラクティカ IV Version 1 の 標準レンズであり
カールツァイス・イエナとして 初めての 半自動絞りのレンズでした

「鷹の眼」と呼ばれて 絞り開放からシャープだった 三半テッサー(Tessar 50mm F3.5)から
プリセットの にっぱちテッサー(Tessar 50mmF2.8) と明るくなり、そして この 半自動テッサー へと続きます


写真は すべて絞り開放で撮っています





1
b0069128_8414180.jpg

半自動テッサー 50mmF2.8

半自動テッサー 50mmF2.8 は こんな外観です

1950年頃から発売された テッサー50mmF3.5(三半テッサー) や
そのあとのプリセットの テッサー50mmF2.8(にっぱちテッサー)よりも だいぶ太く長いですね

前玉側の絞りリングを押し下げて回転し 絞りを設定すると絞り羽根が設定値まで絞り込まれます
その後 再度絞りリングをF2.8まで回転すると 絞り羽根は開いて ファインダーは開放まで明るくなります
シャッターを切ると ボディ内で絞りピン押し板が出てきて レンズの開放ピンを押し設定絞りまで絞ります
これは ペンタックスと同様の絞り機構ですね

■ 2017年9月11日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_981870.jpg

おねぃさんが行く

手前のオレンジ色のポールにピントを合わせていると 自転車のおねぃさんが来ました

そのまま あわててシャッターを切ると
写真は正直ですね

ポールにピントが来て 画面は5度以上の左下がり です





3
b0069128_9171098.jpg

バイク

旭ヶ丘郵便局の横に かっこいいバイクが停めてありました
どこが造ったバイクでしょう





4
b0069128_92457100.jpg

わんこ

旭ヶ丘団地を散歩していると わんこ が 1匹
ピントを合わせていると おばさんの「早くいらっしゃい」の声がします

ピントが合っていないままでパチリ





5
b0069128_931545.jpg

旭ヶ丘団地

だいぶ昔しに、旭ヶ丘団地の中に 1戸建て住宅や しゃれたマンションが出来ました
でも 中には 古風な建物も残っています

この写真、テッサーにしては珍しくフレアーがかかっています
でも非常にシャープに写っています





6
b0069128_9375571.jpg

ここを上がると

ここを上がると とても小さな公園があります





7
b0069128_94011100.jpg

ほくそ笑む

小さな公園では おいしそうな2匹の子豚を見て
テイラノザウルスが ほくそ笑んでいました

コムギやミミちゃんが子供のころ 良く散歩に連れて来たものです





8
b0069128_944501.jpg

電柱の無い街

ここも 旭ヶ丘団地の中だったところです

発色が渋いのは 単層膜コーティングの仕業でしょうか





9
b0069128_9491023.jpg

おひさま保育園

家の近くまで戻ってきました

おひさま保育園の裏側です

また青空になってきました





10
b0069128_9541936.jpg

キヤノン Digital 200

半自動テッサー50mmF2.8 の 最短撮影距離は50cmです
焦点距離50mmレンズで 最短撮影距離50cmは、日本では至って普通なのですが
旧東独のレンズとしては 寄れない部類です

ケンコーの クローズアップフィルターNo.2 を 付けて撮ってみました

わたしの初めてのデジタルカメラの キヤノン Digital 200 です
シャッターボタンの左側の のっぺらぼうの部分には機種名がプリントされておりましたが
丸2年以上 中国で酷使したら プリントが摩耗してきれいに消えてしまいました


****************************************
 ■ 2~10枚目 2017年9月8日 撮る
 ■ Semi-Auto Tessar 50mm F2.8 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F2.8

****************************************




おまけ
b0069128_1095587.jpg

三半テッサー

むかし撮った1950年の 三半テッサー(Tessar 50mmF3.5)の 写真です

小さく軽くて、奥眼(おくめ)で、文字は全て刻印で、重厚感があって 良く写ります
テッサー50mmの中では このレンズが一番好きです

■ AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700




************************************************************
ちょっとフレアーが 三半テッサー50mmより多い感じですが
この頃のレンズみたいに 写りに どぎつさは無いし
ピントさえ合わせれば 結構シャープな写真が撮れますね。

半自動テッサー50mmF2.8は 絞り開放から安心して撮れるレンズでありました。

*************************************************************










by nakajimaakira1948 | 2017-09-12 10:31 | 50mmF2.8 Tessar 半自動 | Trackback | Comments(2)

コムラー 200mmF4.5 の 話し


2017年9月6日(水曜日)

皆さん 三協光機って憶えておられますか?

そうです、コムラーやコムラノンの名称で 交換レンズを造っていたレンズ専門メーカーです。
1951年に会社が設立されて 1980年に惜しまれつつ倒産してしまいました。


今日は その三協光機が1958年から製造した200mmF4.5 を 紹介します。

1958年当時は、まだ ニコンFや キヤノンフレックスが発売される前で
一眼レフと言えば エキザクタ・プラクティカ(=M42)
国内では ミランダ・旭光学・トプコン・ミノルタのマウントぐらいしかなかった時代でした。

最初の コムラー200mmF4.5は エキザクタ・プラクティカ・ミランダの各マウントを付けて発売されて
1960年に ニコンFとキヤノンRマウントが発売になりました。

ここで 1958年当時の国内の200mm望遠レンズを見渡してみます。

1957年のキヤノン200mmF3.5 と 同年の興和プロミナー200mmF2.8 が ありましたが
どちらも ミラーボックスを併用して ライカ型カメラに使用するレンズであり
このコムラー200mmF4.5 が35mm一眼レフ用の200mmとしては 国内初のレンズでありました。





1
b0069128_818249.jpg

コムラー 200mmF4.5

右側の細身のレンズが キヤノンフレックスが発売されてから
翌年の1960年に造られた コムラー 200mmF4.5 です

絞りリングが二つある外観から プリセット絞りであることが判ります


仕様を書いてみます

概要:     三協光機製 1958年~1968年 35mm一眼レフ交換レンズ
構成:     3群4枚構成 フィルター径 55mmφ
最短撮影距離: 3m までの印であるが 実際にはもっと回り 2.8m 程度まで寄れる
絞り羽根:   16枚 円形絞りでなく F5.6~F11あたりでギザギザの「ダビデの星」状になる
絞り操作:   二つの絞りリングによるプリセット絞り
距離目盛:   メートルとフィートの併記
コーティング: アンバー系(だいだい色)単層膜コーティング
マウント:   キヤノンRマウント、ボディとの連動が無いため R・FL・FDマウントで使用可能
寸法:     φ58mm x 122mm
重量:     450g
発売時価格:  17,500円





2
b0069128_8325562.jpg

銘板

銘板を見てみましょう

銘板には Sankyo Kohki Japan Komura f=200mm 1:4.5 No,1235536 とあります
三協光機の「光機」を 「Kohki」と綴っていますね






3
b0069128_8405234.jpg

16枚の絞り羽根

なんと 絞り羽根は 16枚あります

わたしの持っているレンズでは、カールツァイス・イエナのトリオター135mmF4 と
テッサー50mmF3.5 が 15枚でしたので 羽根枚数最多になります

ところが この16枚絞りですが 円形絞りになっておりません
絞り開放F4.5では円形ですが 絞りF5.6~F11あたりでは 写真のように「ダビデの星」状になります





4
b0069128_8541693.jpg

レンズキャップ

Komura銘が浮き出た 金属製のレンズキャップが付いています
このレンズキャップの裏側には 昔のレンズキャップが皆そうであったように 独特の布が貼られており
レンズには「ヌルッ」と はまります





5

b0069128_96548.jpg


キヤノンフレックスに付けて

同年の1960年に発売された キヤノンフレックス RP に 付けてみました

大柄なキヤノンフレックス RP と 細身のコムラー200mmF4.5 ですが
良く似合っていると思います





6
b0069128_9152731.jpg

α7 に 付けて

ごだごだ ゴタクを述べましたが
コムラー200mmF4.5 を ソニーα7 に 付けて
日本最初の一眼レフ用200mmレンズの 絞り開放写真に行ってみましょう





7
b0069128_923202.jpg

三角屋根

歪曲収差も無く 素直な良い写りだと思います





8
b0069128_929620.jpg

黄色のビル

なにか シャッキとした感じがしません

3群4枚では 解像力が少し不足しているのでしょうか





9
b0069128_9332383.jpg

配達トラック

やはり 解像力が不足しているようですね

それと トラックの白い部分の右側に 青い色収差が出ています





10
b0069128_938212.jpg

夕焼け小焼け

こんなシーンでは 解像力の不足が目立つようです

ピント拡大機能を使って 樹にピントを合わせたのにぃ





11
b0069128_9424770.jpg

陸橋の上から

陸橋の上から撮っています

青い交通表示にピントを合わせています





12
b0069128_9465133.jpg

薄草色と赤色

陸橋の上から 薄草色のお家と 赤色の車を撮ってみました

手ブレしているのかと思いましたが そうでもなさそう
もう少し ピリッと写ってほしいぞぉ





13
b0069128_9533467.jpg

蔵でしょうか

古いお家の離れにある 蔵(くら)のような建物です

しっとり写って 好きな描写です





14
b0069128_957920.jpg

ノッポのお家

豊中でも 木造3階建が増えています

200mmで撮ると 圧縮されて、ノッポのお家に見えますねぇ





15
b0069128_1024178.jpg

三脚使用で

夜中に 三脚を使って撮りました

ISOは16,000まで上げていますが シャッタースピードは 1秒です

どう評価したら良いのか 分からない写真になりました



************************************************
 ■ 2017年8月31日~9月3日撮る

 ■ 1枚目     FE28-70mm on SONY α7
 ■ 2、5、6枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 3、4枚目   1-Nikkor 18.5mmF1.8 on Nikon V1

 ■ 7~15枚目  Komura 200mmF4.5 on SONY α7
 ■ 絞り優先AE、 すべて 絞り開放 F4.5

************************************************

ニコンもキヤノンも まだ一眼レフを造っていなかった時代の コムラー200mmF4.5

写りはどうあれ 大事にしたいと思います










by nakajimaakira1948 | 2017-09-06 10:33 | 200mmF4.5 Komura | Trackback | Comments(2)

福井までドライブ

2017年8月30日(水曜日)

8月28日の月曜日、夏の長期休暇で家に来ていた息子と 久しぶりにドライブに出かけました。

京都東で名神を降り、琵琶湖の西の161号線を通って 大津市から高島市・敦賀市・若狭町へと進み
帰りは 山越えの 鯖(さば)街道を通って161号線に戻り 名神で吹田までのルートでした。





1
b0069128_13245774.jpg

真野浜 (滋賀県大津市)

30年近く前に来た 161号線沿いの真野浜(まのはま)です

写真のペット病院の右奥側が 真野浜水泳場です





2
b0069128_13321547.jpg

白髭神社 (滋賀県高島市)

白髭神社の 琵琶湖内の鳥居です

白髭神社からの161号線の横断は 相変わらず信号も無く非常に危険です





3
b0069128_13421069.jpg

白髭神社より (滋賀県高島市)

白髭神社から 南側を見ています
朝 豊中を出たときは曇っていたのですが お陽さんが出て来て暑いです





4
b0069128_13525285.jpg

奥琵琶湖パークウェイ (滋賀県高島市マキノ町)

息子が バイクのツーリングで来たことがあるという
奥琵琶湖パークウェイへの途中です

残念ながら 週日は通行止めで奥まで行けませんでした
写真は 大前神社への登り口にあった 別荘風の涼しそうな建物です





5
b0069128_1412395.jpg

さかな街 (福井県敦賀市)

息子は土質調査の会社に勤めていて ここ数年は敦賀の原子力発電所で仕事をしており
この「さかな街」は 自分の庭みたいでした

ここは 観光客相手の海鮮料理屋さんが集まっているところでした
「さざえのつぼ焼き」を各2人前と 「焼き 岩牡蠣(いわがき)」を 各1人前食べました

わたしがほとんど自動車で出かけないのは 美味いものを食べるときはアルコールを飲みたくなるからです
この日は、アルコールもタバコも止めた息子が運転ですから 缶ビールをグビグビグビです
うまかったです





6
b0069128_1420530.jpg

MG (福井県敦賀市)

う~む、英国産の MG が 停まっていました
かっこええですねぇ





7
b0069128_14234032.jpg

敦賀原子力発電所 (福井県敦賀市)

息子が仕事をしている 日本原子力発電 敦賀発電所です

許可証を持っている人と 登録した自動車でしか入れませんので 遠くからパチリです
だいぶ曇ってきました





8
b0069128_14295223.jpg

第十 正宝丸 (福井県敦賀市)

息子が泊まっている民宿近くに停泊していたボートです

7枚目の写真を撮ったのと同じ港からです





9
b0069128_14352876.jpg

もんじゅ (福井県敦賀市)

白木海水浴場から見た 高速増殖炉「もんじゅ」です

30年ほど昔のことですが この「もんじゅ」の 配管設計の一部を担当したことがあります
配管の単純な支持部まで 強度計算書の提出が必要だったのを憶えております





10
b0069128_14451025.jpg

三方五湖 (福井県若狭町)

わたしは2回目でしたが 息子が行きたいと言うので行った 三方五湖です

曇っていて 景色が良く見えなかったので ピントは愚息です



帰りは 鯖街道(367号線)で大津まで戻りました
昔の福井の人々は、鯖(さば)を 担いで 小浜地方から 山越えで京都まで歩いて運んでいたのですねぇ



****************************
 ■ 2017年8月28日 撮影
 ■ FE 28-70mm on SONY α7
 ■ 絞り優先AE、絞りすべて開放

****************************









-
by nakajimaakira1948 | 2017-08-30 15:04 | 28-70mm SONY FE | Trackback | Comments(6)

2017年8月17日(木曜日)

おとついの8月15日、MCミール 20mm を持って 夜の梅田に向かいました





1
b0069128_8392533.jpg

今日は これで

α7に「何を付けて行こうかなぁ」と迷いました

まだ夜を撮ったことがない MC MIR-20M 20mmF3.5 に決めました
あのラシアン製の 占い師のおばさんが使う水晶玉のようなレンズです

後ろのキヤノンFTbは 関係ありません
1/8秒以下が粘っていたのを 給油して治したところです

■ 2017年8月15日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_8534275.jpg

ぶた小屋

α7に付けて ぶた小屋を試し撮りです
うん、よろしい





3
b0069128_8571661.jpg

左上に 黒いものが

この日は夕刻の5時から お初天神通りの「たよし」で宴会なのです

2時間前の3時に家を出ました
待ち構えていたように 雨が降ってきました
岡町駅まで歩いて行くのにぃ
でも 傘を持って来ており 心配は要りませぬ

それより 左上に黒いケラレが出ています
しまった
この中国製のM42用のマウントアダプターは ねじ込みの停止点が行き過ぎており
ミール20mmの 造り付けのフードが写ってしまっているのです





4
b0069128_9114015.jpg

車内にて

だいぶ濡れてしまったミール20mmを 拭いています
拭き終わって 車内を見渡すとガラガラです

おっさんは避けて 可愛いおねぃさんをパチリ





5
b0069128_9165330.jpg

梅田

雨は 弱くなったり強くなったりして 降り続いています

まあ 暑いですから 濡れるのは平気ですが





6
b0069128_921418.jpg

時空の広場

ここは いつも変わったディスプレイが楽しいところなんですが
この日は何にも無しです

時計にピントを合わせて





7
b0069128_9271153.jpg

グランフロントを望む

また激しく降って来たようです

上側中央が グランフロントです





8
b0069128_9324963.jpg

白い美女

みんな スキンヘッドですね

暗いところでは フードによるケラレも弱くなります






b0069128_9374176.jpg

たよし へ

お初天神通りの北側の入口です

露出補正していませんが 空が真っ白になっていません
うれしい





10
b0069128_9433664.jpg

美女現る

この夜は、川崎から関西撮影旅行中の qchanと俊介くん親子、京都から g7さんが駆けつけてくれました


宴もたけなわです
「nakajimaさ~ん、久しぶりぃ」と タブレット片手に美女が現れました

うそピョーンでした
彼女は どこかのお酒のメーカーのキャンペーンガールでしょう

「わたしのブログに載せるけど ええ?」
「どうぞ、どうぞ」





11
b0069128_1003868.jpg

お初天神

3時間半ほど「たよし」で飲んだあと 恒例のお初天神参りです





12
b0069128_1063584.jpg

お初天神東口

今回 わたしが撮りたかった「お初天神東口」です

雨上がりに 光源がにじみ フレアーが出た描写は わたしの好みですが
手前の門に 少しタル型の歪みが出ているのが残念です





13
b0069128_10151264.jpg

恐ろしいヤツ

お初天神通りに エイリアンのような恐ろしいヤツがおりました
タブレットPCの画像を 通る人々に見せております





14
b0069128_1024940.jpg

帰り道

また雨が激しくなって来ました
qchan・俊介くんが乗る地下鉄の入口に急ぎます

傘の間から 人気(ひとけ)のない路地を撮っています
う~ん、こんな写り 大好きです





15
b0069128_10351827.jpg

運転席

阪急電車の梅田駅
g7さんは京都線へ 、わたしは宝塚線に

一番後ろの車両の一番後ろの席に座って 運転席をパチリ

明暗の激しいシーンですが なんとか写ってくれました


*************************************
 ■ 2017年8月15日撮影
 ■ MC MIR-20M 20mmF3.5 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F3.5

*************************************

qchan、俊介くん、g7 さん
雨の中 どうもありがとうございました

MC MIR-20M 20mmF3.5 よ
あなたは 夜でも良く写るのねぇ









-
by nakajimaakira1948 | 2017-08-17 10:50 | 20mmF3.5 MIR-20M | Trackback | Comments(10)

2017年7月20日(木曜日)

うれしい事がありました

キヤノンFD→NEX のマウントアダプターは3個目なのですが
やっと無限遠の出るアダプターを入手できたのです

早速 FD用のピンを抜き取り スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8が使えるように改造しました
抜いたところから光が入るので 無限遠の出ないアダプターから取り出したピンを短く切りはめ込みました

わたしは 古いレンズを使うときは いつも絞りは開放ですので
これで キヤノンFLや FDレンズも使えるのです





1
b0069128_935162.jpg

K & F Concept アダプター

無限遠の出るFD→NEXマウントアダプターを使って
スーパーキヤノマティックR 50mmF1.8を α7に取り付けたところです

これまで使った中国製の FD→NEXマウントアダプターは
程度の差はあっても どれも無限遠が出なかったのです
ひどいものでは 約20mまでしか写らなかったんですよぉ~

今回のFD→NEXマウントアダプターは 中国K&F社製で 送料込みで2,520円でした ♪♪♪

そんなに嬉しいか?
嬉しいです
それは スーパーキヤノマティックR 50mmF1.8の写りが とても気に入っているからです

1959年のキヤノン初の一眼レフ キヤノンフレックスの標準レンズだったんです
フィルター径58mmの大柄なレンズで アンバー系(だいだい色)の単層膜コーティングで
絞り羽根は6枚、最短撮影距離は60cmです

■ 2017年7月20日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_1065345.jpg

自転車

きのう7月19日、暑いので外に出るのを嫌がるミミちゃんを家において
スーパーキヤノマティックR 50mmF1.8を付けたα7を首から下げて 朝の9時から散歩に出ました

このレンズ、絞り開放で近距離の被写体を撮ると とても被写体を浮き上がらせます
まぁ、明るい標準レンズで撮ると みんなそうなんですが
わたしの思い込みから来るのかスーパーキヤノマティックR 50mmF1.8は特にそう思います





3
b0069128_10191424.jpg

大曽公園

ミミちゃんが嫌がる暑さですね

いつも おチビちゃん達でうじゃうじゃの大曽公園の砂場ですが 誰もいません

暑さ知らずのコアラくん以外は みんな暑さに伸びています





4
b0069128_1025368.jpg

暑そう

家も自動車も暑そうです

暑くて 屋根も自動車も黄色くなっています





5
b0069128_10302697.jpg

細長い家

阪急電車の豊中駅に向かっています

ちょっと影に入って一休みです
細長いちゅうか薄っぺらい建物がありました





6
b0069128_10372775.jpg

プラットフォームより

ここは 阪急電車の中山観音駅です

豊中駅まで来て 汗を拭いていたとき
ちょっと電車に乗って涼んでいこうと思ったのです

人の多い梅田方面行きでなく 宝塚方面行きの電車にしました
電車はガラガラに空いており 冷房が効いてとても気持ちがええです

さあ戻ろうと電車を降りたのが 中山観音駅です
プラットフォームから暑そうな町を眺めています
小さな時計台のある建物がありました、きれいなトイレでした


中山観音と言えば、1984年に息子が生まれたときに
親父・おふくろ・女房・息子と一緒に「さらし」を返しに来たことがあります
う~む、懐かしい
ちょっと降りて 中山観音を見てみよう





7
b0069128_1134660.jpg

水子地蔵

中山寺は駅から50mぐらいのところにありました
全然記憶にないです

入ってみると まず水子地蔵がありました
安産だけでなく 死産した赤ちゃんもここで祀っているのですねぇ
合掌





8
b0069128_119678.jpg

紺色の五重塔

う~ん、紺色の五重塔は初めて見ましたよ

このあと 一転掻き曇ってきて 小雨が降ってきました
だいぶ山の中に来てるので 天気が変わりやすいのですね





9
b0069128_11161210.jpg

ハス

中山寺では いたるところに ハスの花が咲いていました





10
b0069128_11175813.jpg

裏山

紺色の五重塔のところから 裏山を眺めています
夏でも涼しそうな家々ですね


1959年の スーパーキヤノマティックR 50mmF1.8の 初めての無限遠撮影です

空を トリミングしました





11
b0069128_11235273.jpg

灯篭

灯篭です

明るいところの回りに すこしフレアーが見られます





12
b0069128_11265513.jpg

前ボケ

スーパーキヤノマティックR 50mmF1.8、前ボケもなかなか美しいですね





13
b0069128_11311671.jpg

怖わっ

帰ります

入口にいた おっさんです

怖わっ
安産のお寺なのに なんでそんなに怖い顔してますのん





14
b0069128_11365417.jpg

また豊中

また 豊中に戻ってきました

暑い
たまらず コンビニで缶ビールを買ってグビグビグビ~





15
b0069128_11414524.jpg

カエルくん

ビールを飲んだら 余計に暑くなってきました

よろよろ歩いていると 道端に大きなカエルくんがおりました
しゃがみ込んでピントを合わせます
良く見ると とても気合の入った表情をしています

カエルくん 「おいっ、おっさん 気合を入れて歩けよ」
わたし   「はいっ、わかりました」



*****************************************
 ■ 2017年7月19日 撮る
 ■ Super-Canomatic R 50mmF1.8 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F1.8

*****************************************

朝9時から12時まで 3時間の小旅行でした









-
by nakajimaakira1948 | 2017-07-20 11:57 | 50mmF1.8 Canomatic R | Trackback | Comments(4)

2017年7月6日(木曜日)

今日は 1972年製のスピラトーン18mmF3.5を持って コーナンへ行きました。
ちょっと欲しいものがあったのです。

別に コーナンのCMをするつもりは無いのですが
わたしの家から 秘密の通路を通ると 1分で行けるのです。




1
b0069128_18181737.jpg

Spiratone 18mmF3.5

これが スピラトーン18mmF3.5です
米国の写真関係の商社スピラトーン社に シグマがOEMで納めたレンズです

レンズのシリアルナンバーとレンズキャップに シグマのΣマークが誇らしげです
1972年と言えば レンズ専門メーカー製の18mmは珍しかったのです

フィルター口径72mmの堂々としたレンズで
最短撮影距離17cmで アンバー系の単層膜コーティングが施されています


このレンズ、ニコンFマウントなので 最初ニコンD700で撮っていたのですが どうも変な写りでした
ソニーα7の ピント拡大機能を使うようになって ようやく写真らしきものが撮れるようになって来ました

■ 2017年7月6日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_18423997.jpg

砂場

コーナンへ行く途中というか ちょっと家の前の公園の砂場を撮ってみました
絞りは 最後の写真までずっと F8です

18mmの割に ピントはシャープネスに欠けておりますが
同時代の キヤノンFL 19mmF3.5でも良く似たものでしたね





3
b0069128_18565233.jpg

ここに入って

まず 忍者のように ここに入ります

近所に住む人たちでも見落とすような 狭い隙間です





4
b0069128_191378.jpg

ここを上がって

この ちょっとした坂を上がります





5
b0069128_1941943.jpg

ここに出ます

左側の草の生えた道が さっきの道です

ミミちゃんは、画面の奥の道路まで戻って来ると もう自分の庭のように歩きます





6
b0069128_19104645.jpg

草花売場

駐車場を右に曲がると すぐコーナンの草花売場です

左側に見えるのがコーナンです





7
b0069128_19135414.jpg

カメラを下向けたら

ちょっとカメラを下向けたら
さすが18mmです、極端に下すぼまりです





8
b0069128_19163849.jpg

わんこの気持ち

はいっ、コーナンでの買い物は終わり 元の忍者の道を戻っています

肩の高さの辺りに マンションの駐輪場があります

ここで写真を撮ると わんこの気持ちが判りますね





9
b0069128_19225231.jpg

赤い車

家に着きました

赤い車と 自転車のおねぃさんを撮りたかったのですが
18mmでは あっと言う間に おねぃさんは豆粒になっていました





10
b0069128_19295141.jpg

食べれないよぉ

ミミちゃん 「 食べれないよぉ 」
ミミちゃんは 何か食べるものが入っているのかと 期待していたようです

コーナンで買ったのは このタッパウエアーみたいな収納ケースでした
本棚からはみ出してきた 小さなレンズたちを入れるのです




*********************************************************
 ■ 2017年7月6日 撮る
 ■ 2~10枚目 Spiratone 18mmF3.5 made by SIGMA on Sony α7
 ■ 絞り優先AE すべて絞りF8

**********************************************************

いままで スピラトーン18mmF3.5で撮った写真は
ブログの右側のカテゴリー欄の 18mmF3.5 Spiratone から見れます









-
by nakajimaakira1948 | 2017-07-06 19:49 | 18mmF3.5 Spiratone | Trackback | Comments(6)

2017年6月29日(木曜日)

1960年製のミランダ オートメックスに付いていた標準レンズが ソリゴールミランダ50mmF1.9です

このレンズは コルゲンコーワの興和の光学事業部で造られました
当時 ミランダ以外の興和自社製のカメラには まだプロミナーをレンズ銘に冠しておりました

今日は この興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9です





1
b0069128_12202567.jpg

興和製ソリゴールミランダ50mmF1.9

これが少なくとも1960年には 欧米で発売されていたミランダ オートメックスに付いていた
興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9 です

当時 ミランダのカメラは日本国内では販売されず 欧米だけで発売されており
欧米からの情報では ミランダ オートメックスは1959年製という説もあります

写真の ミランダ→マイクロ4/3 マウントアダプターの後ろに付いている白いギザギザのリングは
ミランダ→マイクロ4/3 マウントアダプターを ソニーNEXマウントカメラで使うための
マイクロ4/3→ソニーNEX の マウントアダプター間のアダプターで ブリッジアダプターと呼ばれるものです

このブリッジアダプターは まだソニーNEX用のマウントアダプターがあまり出回っていない頃に
先行していた 各種のマイクロ4/3用アダプターを ソニーα7で使うために入手したものです


それでは、興和製ソリゴールミランダ50mmF1.9を ソニーα7に付けた絞り開放写真に行きます

■ 2017年6月29日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_1247234.jpg

元気いっぱい

蒸し暑くなってきても食欲旺盛で 元気いっぱいのミミちゃんです
ミミちゃんのギョロ目がシャープに写っております

興和製ソリゴールミランダ50mmF1.9は 最短撮影距離が45cmと使いやすいです
キャノンもニコンも この当時の標準レンズは最短撮影距離が60cmだったのにぃ





3
b0069128_1363571.jpg

さかなとり

いつも撮る さかなとり です





4
b0069128_1385822.jpg

旭ヶ丘団地

この出入り口を出て 左に曲がると すぐ旭ヶ丘郵便局があります





5
b0069128_13114732.jpg

せん たくや くん

洗濯屋さんの せん たくや 君 です

だいぶ古くなって 目が消えかけている せん たくや君ですが
この日は 新しいネッカチーフを巻いてもらって嬉しそうです





6
b0069128_13175867.jpg

欄干

郵便局の帰り道の天竺川です

欄干の前ボケが美しいでしょ





7
b0069128_13215786.jpg

ミランダ オートメックス II

わたしの 興和製ソリゴールミランダ50mmF1.9 は
この 1963年製の ミランダ オートメックス II に付いて アメリカから里帰りしました

きれいに掃除を済ませた障子のような 大きなセレン受光部が スッキリした表情を見せています

興和製ソリゴールミランダ50mmF1.9 は、今ソニーα7に付けて この写真を撮っていますので
オートメックス II には Auto Miranda 28mmF2.8を付けています





8
b0069128_13342069.jpg

ふたり

いつも ふたり仲良く腰を下ろしている 操り人形たちです

薄い、アンバー系(オレンジ色)と マゼンタ系(薄紫色)の単層膜コーティングのせいでしょう
左側にハレーションが出ています





9
b0069128_1343234.jpg

長靴わんこ

玄関にいる 長靴わんこたち です

可愛く撮れていますが これも左側に ハレーションが出ていますねぇ




**************************************************
 ■ 2017年6月26日~29日 撮る
 ■ Soligor Miranda 50mmF1.9 made by KOWA on Sony α7
 ■ 絞り優先AE 絞り開放 F1.9

**************************************************




おまけ
b0069128_135458100.jpg

29連勝

将棋の藤井聡太4段が デビュー以来無敵の29連勝です

ニコニコ動画で、谷川9段と里美女流名人の妹さん(名前は失念)が 実況中継をやってました
映像は 谷川9段と里美さん、右下では 肝心の藤井くんはトイレへ、相手の増田4段が考えています

机の上のカメラは ミランダ オートメックスで
カメラの左に 興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9が写っています

■ 2017年6月26日 ■ Enlarging Lens Fujinar-E 50mmF4.5 on Sony α7









-
by nakajimaakira1948 | 2017-06-29 14:11 | 50mmF1.9 Soligor 興和 | Trackback | Comments(4)