南通にて (その2)

2010年7月25日(日曜)

暑いです。
外に出る気になりませぬ。

それで以前の暑かった夏の日を考えていたら 南通(ナントン)での生活を思い出しました。
週休1日で2年間ほど働いた 江蘇省南通市での日々です。

写真は、わたしが始めて買ったデジカメ、キヤノン IXY Digital 200 という200万画素機で撮っています。
2005年10月、ブログをはじめて20日目ぐらいに 「南通にて」というのをアップしておりますので
今回は 「南通にて (その2)」としました。

「南通にて」よりも まだ古い2002年3月から9月頃の写真です、もう8年前になるのですが
撮るときに考えていた事なんかも思い出しました。

写真は古いものから並べております。




1
b0069128_11144593.jpg

文峯飯店

南通は上海の西北約150kmにある 江蘇省の街です。
150kmといっても 途中に揚子江(中国語で長江)があるため 上海からバスで4時間半ぐらいかかります。
2001年に契約したプラントをここに建設するために 南通で暮らすことになりました。

アパートを借りるまでは 文峯(ぶんぽう=ウェンフェン)飯店というホテルに住んでいました。
この写真は、文峯飯店の入り口から建物へ行く間にある古い橋です。

■ 2002年3月17日14時15分





2
b0069128_11283396.jpg

市政府北側の民家

近代的なビルディングの横に 古い民家がありました。
中国へは2001年に始めて来ましたので、この頃は この程度でも面白いと感じたのです。

■ 2002年3月18日14時8分





3
b0069128_11351531.jpg

ドラゴンボート

南通の中心の市政府のあるところは 東西南北を濠(ごう=堀というか運河みたいなもの)に囲まれています。
早起きして ホテルからテクテク歩いてきました。

ここは濠の南側で 濠南路(ハウナンルー)というところです。
2ヶ月後に この近くにアパートを借りることになります。

ドラゴンボートが走っていきます。

■ 2002年3月25日7時30分





4
b0069128_11455612.jpg

香格里拉の小姐たち

街を歩きまくって 喉が渇いたのでビールを飲みにシャングリラに入りました。
シャングリラを 「香格里拉」と書きます。
ちなみに コカコーラは 「可口可楽」と書きます、発音だけでなく意味も考えているのですね。

写真は、料理を注文せずにビールばかり飲んでいるオッサンが珍しくて
様子を見にきたウエィトレスの小姐(シャウジェ)たちを撮ったものです。

■ 2002年3月24日13時10分





5
b0069128_11591926.jpg

なかじま飯店

通勤日は車が迎えにきますが、日曜日は車無しで 通訳も付きません。
晩御飯が面倒です。
ホテルの食堂は高いので 外へ出て行ってレストランで食べます。

いつもわたしが行くので、通訳が 「なかじま飯店」 と名付けたレストランです。
文峯飯店の入り口にあります。

■ 2002年4月18日18時33分





6
b0069128_13515844.jpg

音楽盆子

音楽盆子(Music Box) とありますが、ビール(啤酒=ピーチュウ)やコーヒーを出します。
音楽は何がかかっていたか 忘れてしまいました。

■ 2002年4月21日11時49分





7
b0069128_1401438.jpg

砂遊び

濠東緑園という公園の砂場です。

■ 2002年5月18日9時48分





8
b0069128_14114416.jpg

呂元元さん

秘書の呂元元(ルー・ユェンユェン)さんです。
「ルーさん」と わたしが呼ぶと
「ハーイ」と 答えております。

ピントは最悪ですが ルーさんが「ハーイ」と言ってるのが写真でわかるでしょ。

元元という名前は 1月1日の元旦生まれだからだそうです。

開発区福州路の事務所にて

■ 2002年5月31日13時04分





9
b0069128_14224015.jpg

南大街にて

この日は暑かったです。
小姐たちも 口で息をしています。

南通一番の目抜き通りの南大街(ナンダージェ)にて

■ 2002年7月7日16時08分





10
b0069128_14284471.jpg

なんとか竹筒

ある日の晩飯です。

なんとか竹筒と書く料理で、もち米と骨付きブタ肉をセイロで蒸してあります。
あと セロリとユバの炒めものです。

アパートのすぐ前にあった 「宝点傳菜(バウティン ツァンツァイ)」 というレストランです。

■ 2002年7月28日18時28分





11
b0069128_14395155.jpg

宝点傳菜の張さん

わたしは中国語は簡単な言葉しか喋れません。
メニューに料理の写真が載っていない 「宝点傳菜」では、英語を喋るマネージャーの張さんが頼りです。

写真は、説明した料理が判って OKをする張さんです。

■ 2002年7月25日20時11分





12
b0069128_1592437.jpg

福州路事務所より

まだこの頃は現場事務所がなく 現場近くの福州路に事務所を借りていました。
事務所の窓からの風景です。

■ 2002年7月25日13時04分





13
b0069128_15164938.jpg

にわとり屋さん

人民中路にある東方市場の にわとり屋さんです。
オリの手前が売り手で 向こう側が買い手です。

いま1羽売れましたぁ~

■ 2002年8月11日7時38分





14
b0069128_15235280.jpg

路地

不意に女の子が飛び出して来ました。
路地を撮ろうとしていたけれど 思わずパチリです。

南大街の東裏あたりで

■ 2002年8月11日9時36分





15
b0069128_15285651.jpg

雪儿さん

据付業者を決めるとき たいへんお世話になった南京の雪・儿(シュエー・ア)さんです。
南京から わざわざ南通へ遊びに来てくれました。

狼山(おおかみやま)の五重の塔にて

■ 2002年8月17日14時56分





16
b0069128_15453041.jpg

濠南路のペットショップにて

うっ、写りが悪いです。
でも可愛いでしょ、濠南路のペットショップにいたワンコです。

■ 2002年9月7日14時35分




*******************************
  撮影データー
■ 2002年3月17日~2002年9月17日撮影
■ 中華人民共和国 江蘇省南通市
■ Canon IXY Digital 200

*******************************
毎日曜日、D200を持って歩きまわっておりました。
こんな南通の写真は約1万枚ぐらいあります、キリがないのでやめます。



おまけ
b0069128_1558371.jpg

2002年のコムギ

2002年の2月ですので 1歳と7ヶ月です。
今と あんまり変わりませ~ん

一時帰国したとき、散歩に行った服部緑地公園にて


■ 2002年2月16日12時7分
■ Canon IXY Digital 200











トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/13649192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jmiin at 2010-07-26 05:20
小姐さんの写真。いいですねぇ。いかにも中国 って感じです^^;

しかし、1万枚もあるんですか? もの凄い数じゃないですか!
Commented by nakajimaakira1948 at 2010-07-26 10:02
jmiin さん、おはようございます!
日曜日の昼過ぎ、大きな店には他にお客さんはチラホラでした。
小姐たちはヒマだったのか 1人が2人になり どんどん集まって来ました (^^)

延べ2年以上おりました。
一日当りにしたら 大したことありませんね。

Commented by choco-one at 2010-07-26 11:36
nakajimaさぁ~~~ん、こんにちは!
毎日暑いですね―。
あんまり暑いので早朝に草取りや草刈りをして、昼間は部屋で過ごしてます^^

中国のオネ―さんが沢山登場ですね。
nakajimaさんのもてっぷりがわかるよーな・・・略^^;
D200は一眼ですか?
200万画素でもよく写ったんですね。
Commented by nakajimaakira1948 at 2010-07-26 13:30
choco-one さぁぁ~~ん、こんにちは!
はいっ、暑いです。
いまの日本は タイより暑いで~す。
コムギは メガフォンもテーピングも取れたんですが、外の暑さに参ったのか
「散歩行こうよぉ~」と言いませんです (^^:

えへへ、中国の小姐たちは みんな「写歴45年ですがヘタクソです」に登場しているおねぃさんたちです。
もてたこと ・・・ グスン、無いで~す

Canon Digital 200は、露出補正・クローズアップ・ストロボ発光・セルタイマー しか設定箇所のない
カッコええ コンパクト・デジカメです。

Commented by ちくりん at 2010-07-26 14:12 x
nakajimaさん、こんにちは。

鶏は生きたまま持って帰るのでしょうか?
それとも物陰で締めてくれるのかしら?

最後のコムギちゃん、凛々しく写っていますね。
8年前のキャノンのIXY Digital 200、侮れません♪
Commented by nakajimaakira1948 at 2010-07-26 14:33
ちくりん さん、こんにちは!
にわとりを買うと ヒモで足をくくって渡してくれます。
朝、にわとりを買うと 持って帰ってヒモを解いて 食べる前まで遊ばしておくようです。

1歳7ヶ月のコムギ、出張勝ちだったわたしが家に帰ると
それは喜んで ずっとそばから離れなかったものです (^^)

IXY D200、総ステンレス製で 使い込むうちにステンレス上の印刷がこすれて消えてしまって
かえって精悍な感じになりました。
1.5インチのモニターと、2~4倍の拡大しか無かったけれど 良いカメラでした。

Commented by echoes06 at 2010-07-26 18:54
nakajimaさんこんにちは。
どれも活気と臨場感がありますね。
WEB上とはいえ、200万画素でもきれいに写るもんなんですね。
私も考えを少し改めなければなりませんわ。
Commented by nakajimaakira1948 at 2010-07-27 09:46
echoes さん、おはようございます!
南通での生活の 始めの1/4の期間から 良く憶えているのを選んでみました。

来年の夏、暑くて撮った写真が無いときに 続きをアップいたします (^^)

1600x1200 を リサイズで 1500x1125 (長辺を1500にするのは APS-Cでも Full Sizeでも同じ)にして
圧縮を65%(これも他フォーマットと同じです)かけております。

Jpeg、リタッチ無しも 他フォーマットの場合と全く同じで~す。


Commented by kei1709 at 2010-07-27 20:30
日本の「砂場」とはずいぶん違いますね。
海辺かと思って水遊びにしては来ているものが寒い時期だし…「砂場」とはわかりませんでした。
狼…って下に犬科の動物で、狼の子供かと思いましたよ(笑)
Commented by qchan1531 at 2010-07-27 22:28
nakajimaさんが、おねぃさんといつもいうのがわかるなあ。写真ってこうですよね。笑顔。
Commented by nakajimaakira1948 at 2010-07-27 22:42
kei さん、こんばんは!
そうですか、わたしは 父兄が多いだけで 砂場はどこでも同んなじだなぁと思いましたが (^^)

わはは、狼山(おおかみやま)は 五重の塔などがある低い山で 南通の名所なんですよ。

その下のペットショップのワンコ、可愛いでしょ。
大きくなったら ”おおかみ”でしょうか ← 意味不明 (^^:

Commented by nakajimaakira1948 at 2010-07-27 22:58
qchan、こんばんは!
えへへ、デジカメは おねぃさんを撮るためにあると思っていました。

うそで~す、8、11、15枚目 大きく撮ってるのは みんな友達で~す (^^)

Commented by Yokusia at 2010-07-28 06:04 x
中国のお姉ちゃん、みんな愛嬌があってかわいいですね。
素朴なところもいいなぁ。私はこれまで日本以外、アジアと縁が
ないのですが、中国はいつか行ってみたいです。

政府が政府なので日本では悪く言われることが多いけど、これまで
会った中国人はみな、本当に人が良くて優しくて・・・だから良い印象が
強いです。前に寮で隣だった中国人の女の子はがちがちの共産党支持者
(毛沢東と同郷とか・・・)で他の中国人からも距離を置かれていましたが、
お昼時に帰るとお手製のお昼ごはん(もちろん中華!)をよくわけて
くたし、初めて海外に出た時、最初に手を貸してくれたのも中国人でした。

中島さんの中国体験、もっと読みたい(+見たい)です。
続編よろしく・・・^ー^
中島飯店もいつか行ってみたいなぁ。
Commented by mz-dog at 2010-07-28 06:24
ううむ・・・・すみにおけませんなあnakajimaさん。
元元さんに帳さんに雪儿さん。
一人だけ選べって言われても、僕は、その、ううむ・・・・(妄想タイム)
いや、なかなか大陸は美形が多いですなあ。
僕だったら無理矢理仕事作って出張行きます。
Commented by nakajimaakira1948 at 2010-07-28 09:53
Yokusia さん、おはようございます!
いやっ、長く接していますと 中国に限らず おねぃさんはみな可愛いですよ (^^)
中国では 嫌なこともありましたが、いま思い出すのは 楽しい想い出ばかりです。

日本以外の国では、おねぃさんでも政治には一言持っているひとが多いですから
政治に関わることは話しはしませんでしたね。

いま世界の人口は68億人あまり、中国人は13.3億人おりますので
5人に一人は中国人、インドを加えると40%近くが この二つの国民ですね。
世界中どこへ行っても 中国人とインド人はおります、べっぴんさんもいっぱいおります。

わたしの中国体験は、南通という所での仕事中心の想い出です。
そんなんで良ければ また来年にでも続編を ・・・ 

なかじま飯店、にわとり料理が美味しかったです。
焼いたり 蒸したりしたチキン肉を、美味しいタレにつけて食べます。

Commented by nakajimaakira1948 at 2010-07-28 10:05
mz-d さん、おはようございます!
元元さんは 可愛い娘さんでした。
雪儿さんは べっぴんさんでした。

でも仕事が終わったら わたしは日本へ帰らなくてはなりません。
帰国後は、E-メールでのお友達になりました (涙)

まあ定年したら、イラク、南アフリカ、中国と 長く住んだところへ行ってみたいと思うのですが。


Commented by g7_2007 at 2010-07-29 00:33
う~ん、中国のおねぃさんシリーズ化でしょうか...
いい財産をお持ちですね~(笑)
デジタルだと色褪せることなく保存できるのでいいですね。
みなさんも言ってますが、8年前の200万画素恐るべしですね。
最後のコムギちゃんなんか、全然そうは見えませ~ん!!
Commented by nakajimaakira1948 at 2010-07-29 10:27
g7 さん、おはようございます!
はいっ、中国の仕事からデジタルになって おねぃさんが色褪せずに見られます。

イラク、南アフリカでの仕事での写真は 色が劣化し初めています。
イラクの幸掘くんも顔色がありません (^^:
はやくフィルムスキャナーを買って、デジタル保存しなければなりません。

8年前の200万画素の写真ですが、
大きさ(リサイズ)や圧縮を 今のデジタル写真と同じにしていますのでので
ブログ写真の大きさでは差はあまり認められませんが
拡大して見ていただくと 画像の粗さが目につくようですね。

Commented by hirok41 at 2010-07-29 11:57
お邪魔します。
2年間も現地駐在でお仕事をされて居られたのですか。大変だったでしょうね。
何と言っても環境が変わり、言葉が通じない分、大変なご苦労があったでしょう。
でも、現地で会われた美人、厳しいお仕事の中協力者が居られて良かったですね。
表情からしても、みなさん素直そうな方ばかり、良いお話し相手にもなられたでしょう。
2年の間に大きな仕事をされたのでしょう。
今振り返って見られると懐かしいでしょうね。
貴重な写真を見せて戴きましてありがとう御座いました。
Commented by nakajimaakira1948 at 2010-07-29 13:03
hiro さん、こんにちは!
言葉で大変だったのは 休みの日だけだったです。
週日は英語で業者と話せますし、中国語は通訳が付いていてくれましたので。

始めの頃の1人での食事は大変でした。
メニューに料理の写真が載っている店では コレとコレと言って写真を指で示せば良いのですが
写真付きメニューや英語メニューの無い店(南通では殆どの店にありません)では
隣のテーブルで食べている料理を指さして 「アレとアレ」という具合でした (^^)

通訳は会社の上海事務所から 2年間 南通に来てもらいました。
きれいな秘書は、仕事でつながりのあった人の姪かなんかでした。

いろいろありましたが、2004年の1月に帰国いたしました。

Commented by tusima-kaji at 2010-07-30 00:00
こんばんは。
今回は1、14、15枚目に惹かれました。
1枚目はバランスのいい、味のある写真ですね。
橋の感じがいいです。
14枚目は、生活感のある印象に残る少女ですね。
15枚目は素直なフレーミングがいいですね、特に
バックの風景が素晴しいです。(^^)
Commented by nakajimaakira1948 at 2010-07-30 09:20
kaji さん、おはようございます!
1枚目、中国らしくなくて どうしようかなと思ったんですが
想い出がある景色なのでアップしました (^^:

14枚目の少女は笑わずに 「どこのオッサンや?」という顔でわたしを見てるでしょ。
すれちがってからも 妙に印象に残る少女でした。

15枚目、最初のショットは雪さんの綺麗な顔が暗くつぶれましたので
ストロボを発光して撮ったのがこれです。
日中シンクロになって、バックの南通郊外の景色がうまく出てくれました。

Commented by biwakokayo4 at 2010-07-30 11:05
10枚目のご飯がおいしそう。
11. 宝点傳菜の張さん...何がOK?なんて思っていたら(笑)
15. 雪儿さん
11枚目と15枚目は特に入魂の写真ですね。撮影されるときの中島さんのドキドキが伝わってきます。
Commented by nakajimaakira1948 at 2010-07-30 12:50
kayo さん、こんにちは!
えへへ、10枚目の料理 ぶた肉の「ひつまぶし」 みたいでしょ。
おいしいですよ、ビール無しでは食べられませ~ん (^^)

11枚目の張さん、わたしが言った 「smoked = 燻製」の意味が判ってOKです。

15枚目の綺麗な雪さん、はいっ 1枚入魂で 2枚撮りました。
11枚目の張さん、顔にピントが来ておりません (^^:

Commented by datian at 2010-08-01 21:45
 8年前のデジカメながら良い写りですね、写真を振り返ることで
8年前の記憶が浮かび上がってくるのがすごいですね。そこに
写真の威力というか、役目というか、代えがたい魅力がありますね。
 ここに写っている中国の人たちはその後も幸せに暮らしていると
いいですね。
Commented by nakajimaakira1948 at 2010-08-01 22:21
datian さん、こんばんは!
8年前の、200万画素しかないデジカメでも 写したときの気持ちを思い出して想い出に浸っております。

そうですね、これはやはり画像の力だと思います (^^)
撮っておいて良かったなぁと。

3人の友達とは 最近までEメールで通信しておりました。
雪さんは結婚されて、呂さんと張さんは がんばっておられるようです。

名前
URL
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2010-07-25 16:13 | Canon IXY D200 | Trackback | Comments(26)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30