Auto Yashinon-DX 50mmF1.4 で

2013年1月26日(土曜日)

だいぶ前に くまさんに貰った、 ヤシカの オートヤシノン-DX 50mmF1.4 を使ってみました。

このレンズ とても綺麗なんですが、鏡胴にガタがあって 1mm程度レンズが前に出たり 後にひっこんだりします。
当然 ピント位置も大きくズレてしまいます。
なんとか修理できないかと 外側の全てのビスを締めなおしてみましたが 直りませんでした。


今回は、M42マウントなので Lumix G3にアダプターを付けて
左手で鏡胴を手前に引っ張りながらピントを合わせ 絞りはF1.4開放で撮ってみました。




1
b0069128_10371127.jpg

Auto Yashinon-DX 50mm F1.4

こんなレンズです
美しいでしょ

ヤシカのレンズは その殆どが富岡光学で造られておりました
このレンズもそうだと思われます
コンタックスRTSのY/C(ヤシカ / コンタックス)マウントの 日本製ツァイスレンズも富岡光学製でしたね

このヤシノン-DXレンズは、1960年代中期の一眼レフ ヤシカペンタJ-5 などに付いていたレンズでしょう
M42マウントで 自動絞りのオート/マニュアル切替レバー付きです
最短撮影距離は60cmで コーティングは前のほうがアンバー系で 最後部がシアン系の単層膜コーティングが施されています
フィルター径は55mmと大柄で ずっしり重いです

■ Sigma 19mmF2.8 on Lumix G3




2
b0069128_10581794.jpg

バーブラ ストレイサンド

聴いていた バーブラを撮ってみました

プラスティックケースの上からですので 良く判らないですが
眼にピントのつもりです




3
b0069128_1141431.jpg

くすり と ポスト

ぐちゃぐちゃの本棚のうえの くすり と ポスト です
最短撮影距離60cmにして 身体を前後させて撮っております

ポスト貯金箱の艶々した質感が出ております
ボケ味も良いようです




4
b0069128_119283.jpg

シャケくれよぉ

左のクマが シャケ(標準語ではサケですね)をくわえております
真ん中のコグマが 「シャケくれよぉ」と 言ってます

ニッパーくんも 欲しそうに見つめております




5
b0069128_1116924.jpg

ブタ仮面

中学校の図工の時間に彫った ブタ仮面です

眼にピントを合わせたつもりでしたが 鼻あたりにピントが来ています (;。;)




6
b0069128_11201347.jpg

白色しっぽマングース

白色しっぽマングースの写真です

全然わかりませ~ん




7
b0069128_1124528.jpg

初代サンヨン

いひひ、初代の AFニッコール300mmF4 ED です




8
b0069128_11273937.jpg

プリマゴン35mmF4.5

1956年製 メイヤー(Meyer-Optik Görlitz )の プリマゴン35mmF4.5です

この写真が青いのは、PCからの色ではなく WBを白熱灯にしたからです
いつもWBオートばかりでないところを お見せしました




9
b0069128_11342093.jpg

夕暮れ

すこし離れて撮ってみました
カーテンを閉めて 夕暮れの感じです

画面中央は 壊れたベセラートプコンAuto100(= トプコンユニ)の皮ケースです
カメラは壊れていましたが ケースは新品みたいでしょ




10
b0069128_11402490.jpg

絞りを変えて

ヤシノン-DX 50mm、近距離しか撮れないと思われるとイカンので
ちょっと遠くを撮りました

シャッター速度が1/4000秒を越えますので 絞りを開放からF2.8へ変えました
ピントは自動販売機だったと思います



**************************************
 ■ 2~10枚目 2013年1月17日~19日撮影
 ■ Auto Yashinon-DX 50mmF1.4 on Lumix G3
 ■ 絞り開放 F1.4
 ■ ISOオート

**************************************

鏡胴がガタついていますが 良く写るレンズですね
くまさん ありがとうございました




おまけ
b0069128_1153587.jpg

ぴんぼけミミちゃん

動きが速くて ミミちゃんの目玉にピントが合いません
これ食べれるかなぁと 草を見ています

体重は 2kgで落ち着いております

■ Sigma 19mmF2.8 on Lumix G3











トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/19898172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jmiin at 2013-01-27 12:49
面白いレンズですね。
僕もヤシノン君は1本 M42を持っていますがなかなか味のある
写りが楽しめるので好きなレンズです。(たしか1.8でした)
このレンズは1.4なのでピントのスリル感がより強く感じます。
Commented by 岳の父ちゃん at 2013-01-27 13:10 x
こんにちわ!
このボケ感、アウトフォーカス部の雰囲気、
どこかで見たような気がしますよ。
そう、プラナーです。
私の勝手な思い込みなんでしょうかねー。
Commented by sabunikon at 2013-01-27 18:00
こんばんは。
すこしくすんだような発色、味があって大好きです。
レンズが黄色っぽく見えるのですがアトムちゃんなのでしょうか?
初代サンヨンの外見は迫力ありますねえ。
今回もお宝レンズをいろいろ見れて楽しかったですよ~!
Commented by qchan1531 at 2013-01-28 01:18
その節はお世話になりました。
私のblogも容量制限を越えまして。
新しいblogで師匠をtopにもっていきますので、お楽しみに。
それにしても初代300mm 。いつからの所有で?
Commented by nakajimaakira1948 at 2013-01-28 08:11
jmiin さん、おはようございます!
そうですか、jmiin さんも M42のヤシノンをお持ちでしたか。

このヤシノン-DXもそうですが、1960年~75年頃の各社一眼レフの標準レンズは
とても良い描写のレンズが多いですねぇ。

スリルのない写真ばっかりでしたが 楽しんでいただけたのなら本望で~す。

Commented by nakajimaakira1948 at 2013-01-28 08:26
岳の父ちゃん さん、おはようございます!
えへへへ、ヤシノンDX 50mmF1.4開放のボケ感は プラナーに似ておりますか。
まあ 富岡で造られたという事は同じですが、まだツァイスの設計ではありませんよ (^^)

わたしの唯一のプラナーは、1959年のコンタレックスに付いていた 50mmF2のプラナーですが
もう少し解像力は上ですが フレアーが付きまとう写りです。

むかしの標準レンズは どれも優しい良い写りをするように思うのですが
これは わたしの勝手な思い込みなんでしょうかね~ (^^)

Commented by nakajimaakira1948 at 2013-01-28 08:58
sabunikon さん、おはようございます!
マルチコーティングでなかった むかしのレンズの発色は、現代のレンズの発色と少し違うことも多いですね。

3枚目のポスト、カキ色に写っておりますが 実際はもう少し赤いです。
でもオロナイン軟膏のビンの白いところなどは 見たとおりの発色です。

1枚目で前玉が黄色く見えるのは アンバーコーティングの色です。
このレンズがアトムレンズかどうかは知りませんが、
マウント側から覗いてみても 黄色っぽい感じは全くありませんです。
でも このヤシノンDXの直前の時代のヤシノンはアトムレンズでしたね (^^)

お宝ちゅうようなレンズは 持っておりませ~ん (;。;)

Commented by nakajimaakira1948 at 2013-01-28 09:12
qchan、おはようございます!
いいえっ、こちらこそ ありがとうございました。

エクサイト、わたしはどれぐらい使っているかなぁと調べましたら
8年間で 1.022GBでした。

> 師匠をTopに
いやっ、支障はラストでお願いします

初代サンヨンは、発売されて12年後の 2009年2月26日に手に入れております。
http://nakajimaak.exblog.jp/10421567 で紹介しておりましたぁ。

Commented by nakajimaakira1948 at 2013-01-29 16:42
qchan、こんにちは!
すみません、間違いを正します。

初代サンヨンは 1987年発売ですので 22年後に手に入れたことになります。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2013-01-26 10:17 | 50mmF1.4 Yashinon DX | Trackback | Comments(9)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30