ソニー α7 ゲット

2014年3月29日(土曜日)

出たときからドキドキ、欲しいなぁ

ライカ判フルサイズの ミラーレスカメラです。
フルサイズでありながら 小型軽量の416gです。

でもすぐに マウント部が弱くてガタつくという悪評判で しばらく様子見を続けておりましたが
そんな悪評も いつのまにかどこかへ行ってしまいました。

手持ちの エキザクタマウントやプラクティカ(M42)マウントの古レンズたちが
『このカメラなら オレたちの本当の実力が判るぜ』と 毎日わたしをせめ立てます。

マイクロフォーサーズの小さいフォーマットでは 中央部分だけの画角になってしまうデジタル画像が
α7では レンズの元の画角で全部写るのです。

「前世紀の古いレンズたちに デジタルで21世紀を見せてやる」というのが わたしのライフワークです。
どんなに古いレンズでも元の画角で写せるというソニーの主張に負けて α7を入手することにしました。


レンズ付きのキットにしました。
でも ソニーのレンズは これ以上は買いません。
エキザクタとプラクティカ(M42)だけでも マウントアダプターで 40数本の古レンズが使えますもん。

3月27~28日に28-70mmキットレンズと アダプターで取り付けた古レンズで 試し撮りをしてみました。
写真は、ISOオート、絞り優先オートで すべて絞り開放です。
撮った順番にならべております。




1
ソニー α7 ゲット_b0069128_13385184.jpg

ソニーα7 レンズキット

箱から出したところです
評判は悪いですけど まあかっこええと思います

ソニーのロゴが目立ち過ぎるので マジックで黒く塗ろうかとも思いましたが
いまのところ思いとどまっております

このカメラ、出荷状態ではバッテリーチャージャーが付いておらず
付属の小型トランスとUSBケーブルで ACアウトレット(コンセント)とボディ本体をつないで充電します
別にそれでも良いけれど 予備バッテリーを充電しているときはカメラが使えないですね
あっ、別売でチャージャーも売ってましたぁ

このカメラは 相当コンピュータライズされていますね
専用ソフトをPCに入れると ボディ本体とやりとりして使用者登録までやったり
バージョンアップするときも まるでPCを触っているかのようでした

バッテリー空から満充電に5時間10分はちょっとかかり過ぎですね
昼前から充電をはじめ 終わったのが5時まえですから記述は正しかったです

充電完了を待っているあいだ すこし取扱い説明書を読みましたが 本当に機能満載です
ほとんどは使わない機能ですが、気合を入れて読んだところは
1. MFへの切替え方法
2. MF時のファインダー像の拡大の方法と 拡大時間の無制限化への切替え方

このα7は手ブレ防止機能は内蔵されていないのですが 付属キットズームレンズには手ブレ防止機能があります
へえ~、ちょっとうれしかったです

えっ、2430万画素もあるのん
jpegの最高画質にしたら あまってる1GBのSDでは50枚ぐらいしか撮れないよぉ~
SDカードを買わなくては





2
ソニー α7 ゲット_b0069128_16403554.jpg

きれいに写る

よしよし きれいに写ります

写真は 1963年製のUVトプコール35mmF3.5です
このUVトプコール35mmは、ライツのズマロン35mmF3.5よりシャープです





3
ソニー α7 ゲット_b0069128_16503780.jpg

キットズームレンズ

ボディだけを買おうかとも思ったんですが
AF機能なんかのチェック用に AFレンズも1本ぐらい要るだろうとレンズキットにしました

でもこのレンズ、良く写りそうな予感もします





4
ソニー α7 ゲット_b0069128_1659067.jpg

ミミちゃん登る

きのう3月28日の朝です
ミミちゃんと服部霊園~緑地公園の散歩です

ミミちゃんは、わたしが座ると 寄ってきて飛び上がって わたしの横に座ります

ファインダー像は マイクロフォーサーズのG1やG3よりもだいぶクリアーです
うんっ、比べてる機種が古すぎるって (;。;)

■ 服部霊園の池で





5
ソニー α7 ゲット_b0069128_1793538.jpg

じんべえザメくん

むかしわたしがクジラだと言ったら choco-one さんに「じんべえザメです」と教えてもらいました
でも くじらに似てるでしょ

■ 服部緑地の円形花壇にて





6
ソニー α7 ゲット_b0069128_1710733.jpg

船乗りパンジー

春らんまん です
船乗りパンジーがおりました

■ 服部緑地の円形花壇にて





7
ソニー α7 ゲット_b0069128_1726516.jpg

ホンダ

思いついて チルトが出来る液晶で撮ってみました
眼鏡をかけて見ましたが 屋外で上を向けたら液晶はほとんど真っ暗です

■ 服部緑地にて





8
ソニー α7 ゲット_b0069128_17313425.jpg

勝手知ったるところ

家の近くまで帰ってきました

ミミちゃんには勝手知ったるところなのか リードをグイグイ引っ張って歩きます





9
ソニー α7 ゲット_b0069128_17381369.jpg

古レンズで

えへへ、ここからはマウントアダプターを使った写真です

ちょっと四隅に 周辺光量不足がみられますね
レンズは何でしょう?





10
ソニー α7 ゲット_b0069128_17461538.jpg

MC MIR20-M 20mmF3.5

くまさんに頂いてから ずっと元の画角で撮りたい撮りたいと思っておりました
ロシア製の MCミール20-M 20mmF3.5 でした
やっと思いがかなえられました

この大きな前玉で周辺光量不足になるのですから 前玉の小さなレンズではなって当然ですねぇ





11
ソニー α7 ゲット_b0069128_18571036.jpg

エディクサマット Reflex D-L

EVF特有のファインダー画像の拡大機能を使って撮りました
が、写真は (;。;)

ピントは エディクサの水平押しシャッターボタンに合わせたつもりなのですが
テッサー50mmF2.8のほうへ行ってますねぇ

絞り開放なので 絞っての焦点移動はありません
わたしの腕が悪いのです

これを撮ったレンズは何でしょう?





12
ソニー α7 ゲット_b0069128_18554919.jpg

トリオター135mm

カールツァイス・イエナ製の トリオター135mmF4の絞り開放で撮りました

1940年に発表されたレンズで
まだプラクティカ(M42)マウントが生まれるまえなので 当時存在したエキザクタマウントです

カールツァイス・イエナの シリアル番号と製造年の資料より
わたしのトリオター135mmF4は 1951年あたり製とわかります





13
ソニー α7 ゲット_b0069128_19272189.jpg

おなじ被写体

おなじ被写体ですみません _| ̄|〇

トリオターよりも大きく撮れて ボケも大きいですね
手前のゼニートBが 完全にボケています

「完全にボケています」 と言えば 撮影者のオツムもそうですけど ・・・
このレンズは何かな?





14
ソニー α7 ゲット_b0069128_19262467.jpg

MC ジュピター 85mmF2

またロシア製の MCジュピター(ロシア語では ユピテール)85mmF2で撮りました

このレンズは、たしかゾナー型3群7枚構成で レンズ前側に重心があります
軽量のα7に付けますと 全体が前側に傾く傾向があります
でも写りは文句なしです





15
ソニー α7 ゲット_b0069128_19493952.jpg

またまた同じ被写体

またまた同じ被写体で すみません

このレンズ、3群3枚なので ライカ判フルサイズフォーマットで撮れば
周囲はグルグルボケが出るかと思ったのですが そうでもなかったです

ピントの合っているとろを除いて 優しくボケています
わたしの大好きな写りです

このレンズは なんでしょう?





16
ソニー α7 ゲット_b0069128_19575845.jpg

Meritar 50mmF2.9

いひひ、1950年代の エルンスト・ルートウィッヒ製 3群3枚構成の メリター 50mmF2.9でした
エキザクタの妹 エクサの標準レンズとして、日本では悪評価タラタラの安物レンズだったです

でも こうしてα7に付けて撮ってみますと
ちっちゃくて可愛いだけでなく やさしいボケが楽しい良いレンズだったことが判ります



**************************************************************
 ■ 2014年3月27~28日撮影
 ■ 1枚目、10、12、14, 16枚目 AF Nikkor 35mmF2 on Nikon D700
 ■          2~8枚目 SEL2870 28-70mm on Sony α7
 ■            9枚目 MC Mir-20M 20mmF3.5 on Sony α7             
 ■           11枚目 Triotar 135mmF4 on Sony α7
 ■           13枚目 MC Jupitar-9 85mmF2 on Sony α7
 ■           15枚目 Meritar 50mmF2.9 on Sony α7
 ■ すべて 絞り優先オート または プログラムシフトで 絞りは開放です

**************************************************************

エキザクタ、プラクティカ以外の ライカ用やミノルタ用のマウントアダプターなんかも
ぼちぼちと揃えて行きたいと思っています











トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/22347146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by qchan at 2014-03-29 04:12 x
ごごごぶさたです。このニュースには食いつきました。
Commented by jikomannte at 2014-03-29 06:56
フルサイズミラーレスは、カメラ好き中高年の、最高の大人の玩具ですね。
マウントアダプタで昔のレンズがフルサイズで使える。
正にnakajimaさんにピッタリです。(笑)
Commented by sabunikon at 2014-03-29 07:39
おはようございます。
α7、ゲットおめでとうございます。
α7仲間になり嬉しいですう~!
我が家にあるアダプターを見てみたら、Y/C、ニコン、M42、L39、コンタックスGと五つありました。(笑)
目玉親父ミールの写りは魅力的ですね。
周辺部は甘いですが中央部の切れ味や立体感にびっくりしました。
APS-Cで中央部の美味しいところだけ使えるから良いのだといわれることが
多いですが、甘い周辺部も含めてそのレンズの魅力が出るのだと確信いたしました。
これからもお古レンズ本来の画角の実力を見せてくださいね。
Commented by choco-one at 2014-03-29 08:44
nakajimaさぁ~~~ん、おはようございます!
新兵器、楽しみがものすごくふえましたね^^
私も何かほし~んですが、何がほし~のか分からなくなってます^^;
ジンベエザメ・・・すいません、もしかしてクジラかもしれません^^;
尾びれが水平ですよね。
これはサメ君ではなくてクジラ君なのかも・・・いい加減なことを言ったみたいですみません!
調べてみますね^^
Commented by nakajimaakira1948 at 2014-03-29 09:00
qchan、おはようございます!
ごぶさたしております。
えへへ、ニュースという程の出来事ではありませんが
サンデー毎日のおっさんにとっては
手持ちのレンズのほとんどが 元の画角で使えるのは ほんとうに嬉しいことなんですよ (^^)

Commented by nakajimaakira1948 at 2014-03-29 09:06
純さん、おはようございます!
はいっ、このα7を買ったら 手持ちレンズ本来の画角で遊べて 出費はゼロで~す。

きれいに写り過ぎる最近のレンズに飽き飽きしてるおっさんにとっては
おっしゃる通り 最高のオモチャになりそうです。

Commented by nakajimaakira1948 at 2014-03-29 09:21
sabunikon さん、おはようございます!
sabunikon さんのブログを拝見して いつもヨダレを垂らしておりましたよ~。

α7Rにしなかった理由は、α7Rの画素数が大きすぎるからです。
α7では最高画質のjpegで撮っていますが 1枚で15MBを越えるときが多いです。

アダプターは ぼちぼち増やしていくつもりです (^^)

ミール20mmは、写真中央上部の背の高い家の瓦にピントを合わせております。
周辺部の描写が甘いのは、絞り開放で撮っているからだと思うようにしています。

使い方に判らないところがありましたら お聞きしますので 教えてくださいね。

Commented by nakajimaakira1948 at 2014-03-29 12:37
choco-one さぁぁ~~ん、おはようございます!
えへへ、また新しいオモチャです。
このオモチャは、新しいレンズを買う必要がないので 財布にやさしいのでは と思っております。

すみません、choco-one さんに教えて頂いたのは
海遊館のネオンイルミのサメくんで この円形花壇のヤツではありません。

おなじような形をしているので じんべえサメと思ったのです。
尾びれが水平か垂直かで クジラかサメか判るのですかぁ?

Commented by legacy_bg5a at 2014-03-29 22:14
α7は私もちょっと(だいぶ)欲しいんですよねぇ。
第1世代で弱点が指摘されて、改良された第2世代がいいかな。とか、第2世代が出て、値落ちしたところを狙うか。とか勝手に妄想してますが(^^;

まあ、当面は NEXで我慢します。

α7の外装については、確かに SONY の文字が我慢ならんという人もいるようで こんな貼革キットもあるようですよ。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/dressup/20140326_641121.html

これ結構いいかなぁ。と個人的には思っています。
Commented by nakajimaakira1948 at 2014-03-30 08:32
legacy_bg5a さん、はじめまして & おはようございます!
わたしは マイクロフォーサーズのLumix G1やG3は
次世代機が出て安くなったのを購入しました。
古レンズをMFで使うのが主なのに、最新機なんか あほらしくて買えませんでした。
あっ、ニコンV1も V2が発売されてからの購入でしたよ (^^)

でも このα7だけは どうにも我慢しきれずに ・・・

SONY のロゴは 我慢ならんというほどのことはないのですが
そのうちに黒セロテープを貼り付けるかもしれませんねぇ。

ここは ワンコ連れのカメラ散歩が主で ときどき古カメラや古レンズを紹介するブログです。

また たまに覗いてやってくださいね。

Commented by idosan2 at 2014-03-31 16:35
nakajimaさんにぴったりのカメラですよね。
一時期マウントアダプター遊びをしていましたが、フォーサーズやAPS
-Cは画角的に本来の魅力半減ですし、EOSフルサイズもミラー干渉が
あるものがあって、思うようになりませんでしたもんね。

SONYのロゴはプリントですか?
エッチングなら魚拓みたいに型をとって両面テープの付きの薄い人工
皮革を精密カッターナイフで切って埋め込むってのはどうです。^_^;
Commented by nakajimaakira1948 at 2014-03-31 18:57
ido さん、こんばんは!
はいっ、このEマウントのフランジバックは18mmで マイクロフォーサーズの19.3mmより更に短いです。
ライカのLやMマウントのレンズでも 楽に使えるのですよ。

それと わたしの持っている古い型の松下さんのG1やG3に比べて
EVFファインダーが かなりクッキリして見やすくなっております。
それでも ペンタプリズムにはボロ負けですけんど。

SONYのロゴは、マグネシウム外装に厚い黒塗装をしていますので判りにくいですが
浅いエンボスで ひっこんでいます。
指でSONYのロゴを隠しますと むかしのキヤノンA1のような精悍な面構えになります。
カッターナイフを使うような手の込んだ細工は わたしには無理ですよぉ~ (;。;)

Commented by jmiin at 2014-03-31 21:11
うわ。ダメです。
唯一欲しい候補のカメラです。コレ。

ダメ。
Commented by nakajimaakira1948 at 2014-03-31 22:24
jmiin さん、こんばんは!
いひひ、わたしも唯一ほしかったカメラなんですよ。

ダメと言われても まだまだ見せちゃうもんね~
ええでしょ


Commented by lucky562 at 2014-04-01 15:24
nakajimaさん、こんにちは。
α7ゲットおめでとうございます。
昔の銘玉をたくさんお持ちのnakajimaさんにはぴったりのカメラですね。
フルサイズのボケはやはり一味も二味も違います。
Eマウント用のアダプターをいくつか持っており、フルサイズに未練もたっぷりあるんですが
RX10にいってしまいました。
フルサイズでの写真はこれからnakajimaさんのブログで楽しませていただきますね。
Commented by nakajimaakira1948 at 2014-04-01 23:36
lucky さん、こんばんは!
ご無沙汰しております。
はいっ、欲しかったフルサイズのミラーレスカメラを入手しました。
銘玉はもっておりませんが 安物古レンズだけは多く集まってしまいました。

安物古レンズたちが 「俺たちの生まれたとき そのままの画角で使ってくれ~」と申しますので
ボチボチ紹介していくことにいたします。

今までマイクロフォーサーズで 画面中央の美味しい部分ばかり紹介してきたレンズたちですが
これからはα7で、元々の画面の隅々の だらしないところまでお見せしま~す (^^)

名前
URL
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2014-03-29 07:00 | 28-70mm SONY FE | Trackback | Comments(16)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31