ビオター58mmで ぼちぼち

2015年5月27日(水曜)

ぼちぼち 立ち直っています

1957年に造られた カールツァイス・イエナのビオター58mmF2を アルファ7に付けています
このレンズ、絞り開放では解像感のないヘナヘナの写りです

ちょっと絞ると 目の覚めるような写りになるのですが
わたしは ヘナヘナの開放の写りが ビオター58mmの持ち味だと思っています




1
ビオター58mmで ぼちぼち_b0069128_10181012.jpg

絶好調

実は このビオター58mmF2は絶好調なのです

ツァイス・イエナの銀鏡胴の古いレンズは どれもヘリコイドが固くなりピント合わせが困難なのです
このビオターはレンズ後側から見えるヘリコイドに オロナイン軟膏を塗って回転が軽くなって喜んでいたのですが
また固くなって来て困っていたのです

そこで、近所のコーナンで潤滑油を買って来て レンズの後ろ側からちょっと見えているヘリコイドに
付属で付いていたポリエチレン製のノズルを使って プチューと吹き込んでみました

これが大当たりで ヘリコイドをグリグリ回すとウソのように軽く回転するようになりました
品名は クリーンビュー601K48という潤滑剤で、ビールの大缶ぐらいの大きさで300円ちょっとでした
こんなに軽くなるのなら もっと早く潤滑油を買うのでしたよ

写真は ヘリコイドが軽く回転するようになったビオター58mmです

うれしい~ (^^)

■ 2015年5月19日 ■ FE28-70mm on Sony α7





2
ビオター58mmで ぼちぼち_b0069128_10502487.jpg

グァムの神様

ヘリコイドが軽くなったビオター58mmの1枚目、グァムの神様です
絞りは 1段しぼってF2.8だったかな




3
ビオター58mmで ぼちぼち_b0069128_10534325.jpg

窓辺

位牌と骨壷です
絞り開放のヘナヘナの写りです





4
ビオター58mmで ぼちぼち_b0069128_10574377.jpg

にんにく伝説

なにが伝説か知りませんが みそにんにくです
やはり絞り開放で ヘナヘナの写りです





5
ビオター58mmで ぼちぼち_b0069128_1122263.jpg

青いこみち

う~ん、ここで必ずコムギはオシッコしておりました
よくそれだけ ちょっとだけ出せるなぁと思うぐらい一滴だけのオシッコでしたが

絞り開放F2です
光量3段落としの ND8フィルターを使っています





6
ビオター58mmで ぼちぼち_b0069128_1185252.jpg

開放ミミちゃん

コムギが逝ってから すこし元気がありません

うちに来たときからしばらく 「おっぱいちょうだい」と コムギを追っかけまわしていたんだから
仕方ないか






ビオター58mmで ぼちぼち_b0069128_11145140.jpg

キリッ

えへへ、キリッと写っているでしょ
1段半絞って F3.5で撮っております

開放のヘナヘナの写りと すこし絞ったときの解像感の対比が評価されたビオターです



******************************************************
 ■ 2015年5月19日~24日
 ■ 2~7枚目 C.Z.Jena Biotar 58mmF2 mounted on Sony Alphar 7
 ■ 絞り優先AE、絞り開放、F2.8、F3.5

******************************************************





8
ビオター58mmで ぼちぼち_b0069128_11241234.jpg

Biotar mounted on Alpha 7

ビオター58mmF2を α7に付けています

■ 2015年5月25日 ■ Micro 60mmF2.8D on Nikon D700





おまけ
ビオター58mmで ぼちぼち_b0069128_11395284.jpg

ネパール大地震

片方の靴は あとで遺体が誰であるか判別できるように置いたものでしょう
ワンコは嗅ぎなれた飼い主の匂いがするのか 横にすわっています

撮った理由の説明がない写真ではありましたが
ワンコの表情が何ともさびしい光景でありました

【ロイターより】











トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/24522249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by minon at 2015-05-30 19:33 x
何年も楽しく拝見しているのですが、初めて書き込みます。
コムギちゃんのこと、少し立ち直られたとのことで少し安心しました。
なかじまさんには全く及びませんが、私も昭和30、40年代の古いカメラや、安いデジ一でたまに写真をとっています。我が家には犬もいます。
イエナにもちょっと関心があったので大変参考になりました。開放でヘナヘナとのことですが私は結構キリッとしてるなと、写真を拝見して感じました。
ありがとうございました!
Commented by nakajimaakira1948 at 2015-05-30 20:33
minon さん、はじめまして & こんばんは!

コムギのこと ありがとうございます。
家のなかでも屋外でも、これでコムギはあんなことしてなぁとか 散歩の途中にこんなことしてたなぁとか
コムギを思い出すことばかりです。
minonさんちのワンちゃん 大事にしてあげてくださいね。

わたしの持っているイエナのレンズでは、135mmのトリオターが最古参ですが
このビオター58mmも古さでは負けておらず 開放でのヘナヘナの写りが大好きです。

何年もこのブログを見ていただいて ありがとうございます。
古いレンズたち、いつまでも大事に使い続けてあげてくださいね。

Commented by minon at 2015-05-30 22:00 x
お返事いただきましてありがとうございます。
私は開放でヘナヘナというと、なかじまさんも以前に書いておられたと思いますが、オートニッコールの55mm1.2とか同時代の標準1.4レンズのイメージがあって、それらと比べるから締まって感じるのかもしれませんね。
ビオター58mmの描写、やさしい味わいがあってとってもいいですね。
ブログ、これからも楽しみにしておりますので引き続きよろしくお願い致します。
Commented by nakajimaakira1948 at 2015-05-31 08:29
minon さん、おはようございます!

ビオターの58mmの、絞り開放でヘナヘナの写りという表現は むかし飯田鉄さんという写真家が言われたことです。
わたしは昔は絞って撮っていたのですが、あらためて絞り開放で撮ってみて
飯田さんの言われるヘナヘナの写りを実感して それが大好きになったのです。

7枚目の写真のように ちょっと絞れば最近のレンズを凌駕する写りとなります。

ありがとうございます、また覗いてやってください。

名前
URL
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2015-05-27 11:50 | 58mmF2 C.Z. Biotar | Trackback | Comments(4)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31