30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ

2016年1月11日(月曜日)

1月8日の金曜日、この日は朝からどんより曇っておりました

屋外で ズミタール50mmF2を絞り開放で撮っても 1/8000秒を使えば何とかいけると踏んで
ミミちゃんを連れて服部緑地公園へ わんこ連れカメラ散歩に出かけました

ズミタールを屋外で使うのは ちょうど30年ぶりになります

わたしは ズミタール用のフードは持っておりませんので
すべて フード無しの絞り開放の描写です





1
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_1243660.jpg

ズミタール 50mmF2

ズミタールをソニーα7に付けたところです

1939~55年まで造られたズミタールですが
わたしのズミタールは シリアルナンバーが 687716で、ライツによると1949年生まれでした

最初はコーティング無しだったのですが 1945年からコーティングされたという歴史に合っており
このズミタールには 薄いアンバー系の単層膜コーティングが施されております

ズミタールがライツの旗艦レンズとして活躍していた時代は
カラーフィルムのASAが 5~25程度だったので、現代のようにNDフィルターを付けなくても
ピーカンの屋外で 堂々と絞り開放が使えたでしょうねぇ

■ 2016年1月11日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_1324744.jpg

喜びません

コムギは「さんぽ」どころか「さんっ」とか「さっ」と言ったら
散歩に連れて行ってもらえるのだと感じて 飛び跳ねて喜んでおりました

ミミちゃんは「散歩行こう」と言っても 何故か喜びません
しかし一歩外に出ますと、コムギはすぐ「バッグに入れてくれ~」と歩かなかったのですが
ミミちゃんは いくらでも速足で歩きます

写真は、散歩に出るまえ ミミちゃんが玄関で つまらなさそうな顔をしているところを
ピーキングも無しで撮ったところです
眼にピントが合ってません





3
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_13173663.jpg

かわった塀

いつも通る道沿いの家のコンクリート塀が 新しくなっておりました

だれも通っていませんでしたので
時間をかけてファインダー像拡大で 手前の四角い穴にピントを合わせました





4
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_13352256.jpg

ダクタイル配管

いつも撮っているダクタイル配管です
ピントは「しのび返し」の部分です

ヘキサノン52mmF1.8や ペトリCC55mmF1.8でも撮っていますが
やや逆光気味だったのか ズミタールF2の写りが一番コントラストが低いですねぇ





5
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_13233385.jpg

こどものらくえん

服部緑地公園に着きました
子供の楽園を撮ってみました

雨が降りそうなお天気でしたので いつもにぎあう公園もひっそりしていますねぇ





6
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_13433897.jpg

眼にピント

眼に ピントを合わせたんですが





7
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_13461973.jpg

タコのすべり台

えへへ、タコのすべり台でしたぁ

ピントは ウィンクしているほうの眼です





8
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_13495915.jpg

新しい建物

タコのすべり台のところから 新しい建物を撮ってみました

普通なら無限遠で撮れる距離ですが
このライカ⇒NEXのアダプターは だいぶオーバーインフィニティに造られており
遠くても慎重にピントを合わせないと 冥王星にピントが合うことになります

手前の水飲み台が やわらかくボケています





9-1
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_13571268.jpg

危険地帯

ミミちゃんが 危険地帯に近づいています





9-2
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_140519.jpg

う~む

危険地帯は 以前紹介しましたようにフォトジェニックなところなんですが
地盤が悪く底なし沼のようになっていて いまでは立ち入り禁止となっております





9-3
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_1485391.jpg

沈んで行く

ミミちゃんが ズブズブと沈んで行きます

ウソですよ
短い足が 底なし沼に沈んで行っているように見えますが・・・
見えるだけです





9-4
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_14145177.jpg

ボールと紙コップ

ミミちゃん 「ボールと紙コップが浮いてるねぇ」





9-5
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_1418193.jpg

しっぽ

どこでも ミミちゃんのしっぽは下がりっぱなしです





10
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_14212320.jpg

ロシア風の建物

野外音楽堂の近くに ロシアンテイストの建物がありました

冬の公園、雨が降りかけのお天気、ロシア風の建物
ズミタールの開放描写にぴったりの被写体だと思いました





11
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_14265748.jpg

花がいっぱい

植物園へと続く池の傍に 花がいっぱい添えられておりました

池でおぼれて死んだ子供を祀っているようです
大好きだったのでしょう、怪獣も 飾ってありました





12
30年ぶりのズミタールで 服部緑地へ_b0069128_14334292.jpg

ミッキーマウス

植物園近くの売店のテーブルに
ミッキーマウスの絵を描いた ドロップの缶が灰皿がわりに置かれていました



***************************************
 ■ 2016年1月8日 撮影
 ■ Summitar 50mmF2 mounted on SONY α7
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F2

***************************************

ズミクロンが登場するまで ライカのフラグシップ標準レンズだったズミタールの描写
いかがでしたでしょうか

このズミタールも F4~F5.6ぐらいに絞りますと
現代レンズと変わらない 何もおもしろくない描写になってしまいます











トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/25258703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by legacy_bg5a at 2016-01-11 15:22
ズミタール、私も持ってましたが、手放してしまいました。
スペインのバイヤーから買ったのですが、どうやら、2個いち物件だったようで、距離計と実際のピントがどうもあわなくて(^_^;)

ズミタール、絞ると面白みはないものの、ズミクロン並に写るらしいですね。
Commented by nakajimaakira1948 at 2016-01-11 16:12
legacy さん、こんにちは!

そうですか、legacyさんのズミタール 調子が悪くて手放されたのですか。

わたしが ライツのレンズは大好きなのに あまりライカを使わなかった理由は
構造が複雑過ぎるからなんです。

レンズの後ろを見てください、ねじが出たり入ったりしてるでしょ。
この直進具合をライカのボディのカムが受けて レンズの撮影距離の変化を二重像合致距離計で見ている訳です。
だからレンズのねじの出入りが狂っても ボディ側のカムが狂っても 距離計自身が狂っても
ライカは距離計と実際のピントが合わなくなります。

ライカは、「ドスンと置いても距離計は狂う」と言われておりますが 本当は何が狂っているのか分からないのです。

長くなりますので 次に続きます。

Commented by nakajimaakira1948 at 2016-01-11 16:24
legacy さん、続きです。

一眼レフはその点、留意点は一つだけです。
ミラーからフィルムまたはセンサーまでの距離と ミラーからピントグラスまでの距離を同じにしておけば
必ず見えたものが写るものになります。

ライカ用レンズでも 一眼レフやミラーレスで使えば レンズを通して実際に写るものを見ながら撮れるわけで
わたしが どんなレンズでも一眼レフやミラーレスを使って撮る理由もそこにあります。

長々と「ごたく」を述べましたが、ズミタールの絞り開放の描写 わたしは大好きです。

Commented by gaku0107boo at 2016-01-12 22:43
こんばんわ!
私も遅まきながら?Sonyのミラーレスを買ってしまいました。
これで古い銘レンズがデジタルで使えるゾ~。v^^
・・・でもマウントアダプター、まだ全然持ってませんデス。はは・・。
レンズも大して持ってませんがnakajimaさんみたいにお気に入りレンズで撮る日を夢見ております。
Commented by nakajimaakira1948 at 2016-01-13 06:47
岳の父ちゃん さん、おはようございます!

えへへ、ブログ見せていただきましたよ。

NEX-C3を入手されたんですね、おめでとうございます。
銘レンズをデジタルで撮って ばりばりアップしてくださいね。

マウントアダプターは、ぼちぼち揃えて行けばよいです。
最近は アマゾンで中国製のマウントアダプターを多く紹介しておりますが
品質は価格相当という感じです。

ともかく「オールドレンズをデジタルで」の世界へ ようこそ ♪♪♪

Commented by sabunikon at 2016-01-15 14:05
こんにちはー!😃
ズミタールのウェットで緻密な描写がたまらなく良いです。
底無し沼のミミちゃんと幹の質感が惚れ惚れします。
私も欲しいですがお高いのでがまんがまんでーす(笑)
Commented by nakajimaakira1948 at 2016-01-15 16:43
sabunikon さん、こんにちは!

ありがとうございます。

ズミタールらしい描写が出たのは 雨が降りそうなお天気のせいでしょうねぇ。
わたしも 底無し沼周辺の描写が気に入っております。

ズミタールは17万本も造られていますので、ライツの標準レンズの中では人気がなくて
値段も一番安いんじゃないかと思いますよ。
sabunikonさんなら。飲み屋さん数回で買えます (^^)

名前
URL
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2016-01-11 14:52 | 50mmF2 Summitar | Trackback | Comments(7)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31