フレクトゴン35mmF2.8で

2016年7月2日(土曜日)

東独カールツァイスの フレクトゴン35mmF2.8です

2本持っています
1本は 古いエキザクタマウントのもので
新品のデッドストックを買いましたが 中玉にわずか曇りがあり写りはフレアーだらけでしたです
フレクトゴン35mmF2.8 白鏡胴
フレクトゴン35mmF2.8 白鏡胴 -2
フレクトゴン35mmF2.8 白鏡胴 -3


もう1本は、くまさんから貰ったフレクトゴンで 黒白ダンダラ模様のプラクティカ(=M42)マウントです
こちらのフレクトゴンは 絞りが開放から絞ることが出来ません
でも 最短撮影距離が18cmで マクロレンズ並みなんですよ
きょうは これを紹介してみましょう

写真は 撮った順番に並べています




1
フレクトゴン35mmF2.8で_b0069128_8583893.jpg

フレクトゴン35mmF2.8

ダンダラ模様のフレクトゴン35mmF2.8 は こんなんです

こんなレンズ を 最近はゼブラ模様と呼んでいますが
シマウマより 新選組のダンダラ模様に似ていると思うのですが どうでしょう
ちなみに、むかし日本では こんなレンズはゼブラ模様と言わず ダンダラ模様と呼んでおりました


フォーカスリングは 360度近く回転し 無限遠∞マークのすぐ右に最短撮影距離の18cmが見えています


フレクトゴンの右にあるのは 琢磨くんの49mm径のPLフィルターです
2枚のレンズの1枚を回して 要らぬ光線をカットしているのが良くわかる構造です

■ 2016年6月27日 ■ Ai Nikkor 105mmF2.5 on Sony α7





2
フレクトゴン35mmF2.8で_b0069128_917897.jpg

フレアー無いねぇ

この写真 フレアーがありません
50年ぐらい昔のレンズなら 右側からの斜め光線で多少フレアーがかかるのですが





3
フレクトゴン35mmF2.8で_b0069128_9262297.jpg

蒸し暑いよぉ~

ミミちゃん 「蒸し暑いよぉ~」
わたし   「だらだらしているから暑いのだ、シャキッとせえ」

ピントは目から外れていますが コントラストは恐ろしく良く写っています





4
フレクトゴン35mmF2.8で_b0069128_932067.jpg

郵便局へ

旭ヶ丘団地を通って 旭ヶ丘郵便局へ行きます
うれしいミミちゃんは どこへ行った?





5
フレクトゴン35mmF2.8で_b0069128_935237.jpg

朝の団地

朝の旭ヶ丘団地です
こどもを保育園へ預けたおかぁさんが通ります





6
フレクトゴン35mmF2.8で_b0069128_938347.jpg

わからないもの

なにか わからないものです
前にも撮りましたが 良くわかりません

廃棄ガスのドレン抜きにしては大き過ぎるし





7
フレクトゴン35mmF2.8で_b0069128_9433147.jpg

雨がポツリと

旭ヶ丘郵便局で 株の配当を貰ってニヤリです

空は明るいのに 雨がポツリ
ミミちゃん 帰るよ~





8
フレクトゴン35mmF2.8で_b0069128_9491647.jpg

しっぽ下げわんこ

しっぽ下げわんこが 秘密の通路を通って家へと急ぎます
リードをグイグイ引っ張って行きます

雨は大丈夫だから そんなに急ぐなよ





9
フレクトゴン35mmF2.8で_b0069128_9561084.jpg

緑になって来た

女房が玄関先で育てている 茶色い植物が少し緑色になってきました
これ何というものでしょうねぇ





10
フレクトゴン35mmF2.8で_b0069128_1013139.jpg

フード

セミ判(6 x 4.5cm)の ミノルタ セミPの プロマー75mmF3.5用の純正フードが
ウインザー35の カラーシグマー50mmF3.5に ジャストフィットです

どちらも標準レンズなので まずケられないでしょう

最短撮影距離付近かなと思って距離目盛を見ると まだ35cmでした
最短撮影距離の18cmで撮ったら ブレブレでしたぁ




************************************************
 ■ 2016年6月27日~7月2日
 ■ Flektogon 35mmF2.8 by Carl Zeiss Jena on Sony α7
 ■ 絞り すべて開放F2.8

************************************************









-
タグ:
トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/25972075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by legacy_bg5a at 2016-07-02 11:44
ゼブラのフレクトゴン、見た目は気に入っていたんですが、写りはもうひとつ気に入らなくて(優等生すぎるのかな?)手放してしまいました。どうも自分はZeissには縁がないようです。買っちゃ売り、買っちゃ売りで手元に残らないです。(^_^;)
Commented by nakajimaakira1948 at 2016-07-02 15:17
legacy さん、こんにちは!

わたしは、このダンダラ模様のフレクトゴン35mmよりも 古いアルミ合金製のシルヴァー鏡胴のほうが好みです。

ツァイスのレンズは コントラストと解像力を楽しみ
ライツのレンズは ボケ具合を楽しむのですよ、むかしのレンズの話しですが (^^)

> 買っちゃ売り、買っちゃ売りで手元に残らないです
わたしは逆に 一度でも使ったことのあるレンズは 絶対にお嫁に出せない体質なんですよ。

Commented by 341aki at 2016-07-02 16:18
私も以前フレクトゴンを持っていましたが半年で手放しました。デザインは好きなのですがもう少し柔らかい描写が好きなものですから。レンズ病も今は落ち着いています。
Commented by nakajimaakira1948 at 2016-07-02 18:57
341aki さん、はじめまして & こんばんは!

> フレクトゴンを持っていましたが半年で手放しました。デザインは好きなのですが
もう50~60年むかしの話しですが
ライツは4群6枚のガウス対象型の標準レンズを選びましたが
ツァイスは3群7枚のゾナー型で標準レンズを設計したのです。
ガウス型は 収差の補正には都合が良い構成ではありましたが
ゾナー型は 3群レンズ特有の多くの収差を持っておりましたが 解像力とコントラストではガウス型に優るものでした。

もともと ツァイスのレンズは 柔らかいボケ味などを狙ってはいなかったのでしょう。

わたしは、古いライツのほんわか描写も ツァイスの切れ味も どちらも大好きです。
ただし 古いレンズの話しで、コンピュター設計の現在では ライツもツァイスもニコンもキャノンも
みんな絞り開放から切れ味十分で どれも面白味は無いように思います。

このブログは、わんこ連れカメラ散歩を主に ときどき古カメラ・古レンズを紹介しております。
また たまに覗いてやってください。

名前
URL
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2016-07-02 10:19 | 35mmF2.8 Flektogon-ゼ | Trackback | Comments(4)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31