インダスタール26M 50mmF2.8 で 岡町へ

2018年2月4日(日曜日)

先月の1月29日(月)、わたしのブログ初公開の インダスタール26M 50mmF2.8 を 付けた
α7 II を 首から下げて 岡町方面をカメラ散歩しました





1
b0069128_935637.jpg

Industar-26M f=5cm 1:2.8

この ロシアンのインダスタール26M は、1990年頃にオーストリアのLeica Shop から個人輸入した
FED-2 Type-C に付いていた アルミ製鏡胴の可愛いバルナック型ライカマウントのレンズです

インダスタールはロシア語のキリル文字で ИНДУСТАРと綴ります
いつまで経っても なかなかキリル文字は読めませんねぇ

コーティングはシアン系の青とマゼンタ系の赤紫の 単層膜コーティングが施されています


ロシア製(正しくは ソビエト連邦製)の インダスタール銘のレンズは 数多く(40種以上)あり
1930年から造られた 3群4枚構成のテッサー型のレンズの総称です

18x24cm判の大型折り畳みカメラから 16mm判フィルム使用の豆カメラまで
インダスタールと名前の付くレンズは みんな3群4枚構成のレンズだったのです

FED-2 Type-Cは 1958-60年に造られていますので
この インダスタール26M も その頃に造られたものと思われます

手持ちの Jean Loup Princelle著の Russian & Soviet Cameras で調べますと
インダスタール26M は 1956年のFED-2 Type-B に 初めて付けられたそうです

クラスノゴルスク(美しが丘)機械工場などで造られたソ連製のレンズは
シリアルナンバーの前2桁が製造年を表わしていて 特定に便利なのですが
FEDでは そうなっておらず、レンズの製造年を調べるのに難儀します


インダスタール銘のレンズの 最初に付けたカメラの製造年が判る表を作りました
とてもディープな話なので 表は一番最後に添付しております


ゴタクはここまで
Industar-26M f=5cm 1:2.8 の 絞り開放写真に行きます

■ 2018年1月29日 ■ FE 28-70mm F3.5-5.6 on Sony α7 II





2
b0069128_10123750.jpg

四人家族のお家

乳母車の あかちゃん
赤い自転車の 女の子
おかあさん
茶色の車の おとうさん

青いお家に住んで 幸せいっぱい

ピントは 578 です
ええ色が出ていますねぇ





3
b0069128_10264526.jpg

インダスタール50mm の ボケ

ええボケ味出てるかなぁ





4
b0069128_1030585.jpg

アーチレンガ

アーチの煉瓦が美しいです

逆光の中、中央から下部にかけて 虹のように美しい七色のゴーストが出ています





5
b0069128_10372970.jpg

桜塚高校

桜塚高校の さくらの塀です





6
b0069128_10395537.jpg

さくら

まるで ペンキで描いたようです





7
b0069128_10431234.jpg

さくらの正体

この さくらの切り抜き部分を通して お日さんの光が塀の影に写っています

画面全体に 逆光のフレアーが出ていますね





8
b0069128_10471992.jpg

レキ君

悪そうな顔をしたレキ君が 白いワンコに抱きつかれています

すまん、レキ君
悪そうに見えるのは 君の歯だと思ったんですが、首輪の飾りだったのね

首輪の3個の白い部分を隠してみると
強烈なゴーストとフレアーの中で 可愛いレキ君が見られます





9
b0069128_1105176.jpg

原田神社 北門

原田神社の北門は 桜塚商店街に面しています

きれいなおねぃさんが通りがからないかと待つこと1秒、自転車のおばさんが





10
b0069128_1165741.jpg

狛犬

原田神社も1回は写しておかないと バチがあたります

狛犬です





11
b0069128_11123030.jpg

手水場のフタ

手水場のフタが 新しい綺麗なものになっていました

このフタは 古くなると昔の便所の雰囲気が出てきます

15年ほど前の中国は南通市、立派な道路を一歩曲がると 畑の横に公衆便所が多くあり
地面を掘った穴の上に この手水場のフタみたいなものを被せておりました





12
b0069128_11253917.jpg

水筒が並んだ

ゾウの公園に 園児たちの水筒が並んでいました

赤いジャケットの子
ちゃんと 畳みなさいよ





13
b0069128_11304175.jpg

ゾウさん

ゾウさんの背中まで上がって 長い鼻がすべり台でビュ~ン
ちっちゃな子は お腹まで上がってツルン





14
b0069128_11355125.jpg

カエルくん と 園児たち

この写真ピントがありません (涙)

カエルくんが たくさんいるので、一番前のにピントを合わせようとしていると
先生にお手々をつないでもらった園児たちが来ました

ピントを合わせようと フォーカスリングをグリグリ

ああ~ 行ってしまうよぉ
しょうがない、ピーキングマークも出ないうちに パチリです





15
b0069128_11465049.jpg

キョロリ

この写真だけ 2月1日に撮りました

フォーカスリングを最短撮影距離にして わたしが前後に

始めはカメラを見ていたミミちゃんですが
なかなか撮らないので 横をキョロリ





16
b0069128_1153512.jpg

FED Industar 26M on Sony α7 II

この組み合わせで撮りました

フォーカスリングに付いている丸ポッチは 無限遠ロックではありません
フォーカスをし易くするためのポッチです

フィルター径は40.5mmφで ニコンV1の10mmや18mmと同じです

■ 2018年2月2日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700




***************************************
 ■ 2018年1月29日 & 2月1日 撮影
 ■ Industar 26M 50mmF2.8 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F2.8

***************************************

60年近くむかしのレンズですが 優しい色が出ております


お約束の表です

インダスタールの分類
b0069128_12101650.jpg

b0069128_12112168.jpg


で示したレンズは わたしの手持ちのレンズです

もし 3群4枚構成でないインダスタールレンズを お持ちのかたは
このブログの コメント欄にでも お知らせくださいませ









-
トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/28070279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by れおぽん at 2018-02-05 00:07 x
レキ君ですか?
本当はレオ君なのに、レキ君って書かれてしまったのならカワイソです。
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-02-05 06:36
れおぽん さん、はじめまして & おはようございます!

おぉ~、レオ君でしたか。ありがとうございます、納得です。
きっと レオ君の飼い主は 歳とった女性でしょう。

わたしの死んだ母は 若いころ書道をやっていて きれいな文字を書いていましたが
カタカナの「オ」の字は、漢字の「才」みたいな字を書いておりましたものです。

このブログは、わんこ連れカメラ散歩が主で ときどき古カメラ・古レンズを紹介しています。
また お暇なときに覗いてやってくださいね。

Commented by れおぽん at 2018-02-07 14:57 x
実は、
ちょいちょい拝見しております。更新が楽しみです。
私もインダスタール50-2、キャノンFL、FD、ニコンなど、古いレンズを沢山持っております。
Sony α7と α7 IIも持っています。
これらをあまり活用できていないのが我乍ら残念です。
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-02-07 16:13
れおぽん さん、こんにちは!

ちょいちょい見て頂いて ありがとうございます。

おぉっ、れおぽんさんも古レンズのファンでしたか (^^)
しかも α7とα7 IIも おなじですねぇ。

わたしは α7シリーズ用レンズは 初めのα7に付いていた FE28-70mmしか持っていませんので
古レンズを使うしかないのです。

一週間に一度ぐらいの頻度で更新しております。
「次はどの古レンズを使おうかなぁ」と考えるのが楽しみです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2018-02-04 12:17 | 50mmF2.8 Industar 26 | Trackback | Comments(4)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31