REオートトプコール58mmF1.4 で ポートレイトを

2018年3月22日(木曜日)

わたしの 大好きなレンズを持ち出しました

東京光学の1963年製 REオートトプコール58mmF1.4 です

同時代の非Aiニッコール50mmF1.4 も コイツにだけは負けたと言ったとか言わなかったとか
とにかく 圧倒的なボケ味の標準レンズでありました

わたしは ボケ味の良さから、REオートトプコール58mmF1.4 は
ポートレイト用のレンズだと思っています

ただし このレンズで撮る若いベッピンさんが おらんのです





1
b0069128_15563542.jpg

RE Auto Topcor 58mmF1.4

これが REオートトプコール58mmF1.4 です

トプコンのカメラは マウント径の小さなエキザクタマウントを採用していましたので
標準レンズで F1.4を実現するには 光線をいっぱい取り込むように
こんな巨大な前玉が必要だったのです

標準レンズではなく 85mmF1.4 のように見えますね

1963製ですので、コーティングは アンバー系のだいだい色が主体で
後ろの方のエレメントに シアン系の薄青色の単層膜コーティングが施されています


それでは 被写体になる人がいないのですが
REオートトプコール58mmF1.4 の 絞り開放のポートレイト写真に行きましょう





2
b0069128_16185753.jpg

ミミと申します

ミミちゃん 「ミミと申します」
わたし   「みんな知ってるよ」

わたしのポートレイトの被写体は コイツしかおりませぬ(涙)





3
b0069128_16233097.jpg

いつまで撮るのん?

ミミちゃん 「いつまで撮るのん?」
わたし   「これで 終わりやよ」





4
b0069128_16275934.jpg

あやつり人形

あやつり人形たち 「えっ、ぼくらでええのん」
わたし      「ポートレイトの被写体がおりませんねん」

人形たちの足が とても優しくボケていますでしょ





5
b0069128_16341111.jpg

わんこたち

ブーツの型崩れ防止の ワンコたちです

「きれいに撮ってね」と 言ってるようです





6
b0069128_16385427.jpg

マスコット熊さん

南アフリカの ラグビーのナショナルチームは スプリングボックスといいます
スプリングボックは カンガルーのあかちゃんのような動物で 南アのナショナルアニマルです
クマさんのユニフォームの胸ポケットに スプリングボックが飛び跳ねています

スプリングボックスのマスコットは このクマさんです
何という名前だったか 忘れてしまいましたよ

1998年に 首都プレトリアのラグビースタジアムで買ったものです





7
b0069128_16495177.jpg

ベッピンさんのブロンズ

南通の狼山のスーパーマーケットに売っていた ベッピンさんのブロンズです

こんなんも ポートレイトって呼ぶのかい?





8
b0069128_1655195.jpg

あたらしい園舎

最後に ポートレイトでない写真を1枚

たそがれどきに、頑張って残業している おひさま保育園の現場です

やはり 柔らかく写っていますね




**********************************************
 ■ 2018年3月19日~22日 撮る
 ■ 1枚目   AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700

 ■ 2~8枚目 RE Auto Topcor 58mmF1.4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F1.4

**********************************************

RE オートトプコール 58mmF1.4 の 絞り開放写真どうでしたでしょうか

被写体がアカンというのは どうしようもありませんが
きれいなボケが出ているでしょ









-
トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/28205073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aitoyuuki32 at 2018-03-22 22:27
これは素晴らしく素直なボケです
柔らかい描写も魅力的で、一本持っておきたい一本ですね
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-03-23 01:51
愛と勇気さん、こんばんは!

はいっ、絞り開放では 4枚目の「あやつり人形」や 5枚目の「わんこたち」のような
素晴らしく柔らかなボケ味を見せます。

これが F2.8程度まで絞ると 画面全体がキリッとします。
コシナが REオートトプコール58mmF1.4を復刻したのもうなずける写りでしょ。

Commented by hasseleica at 2018-03-23 07:40
素晴らしいですネ!
一言で言うなら、「浮き立つような自然なボケ」...通勤中のアイフォンで拝見してますが、帰宅後にMACで再度確認してみます。欲しくなりました(笑)
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-03-23 08:26
hasseleica さん、はじめまして & おはようございます!

RE Auto Topcor 58mm F1.4 は、1963年のトプコン RE スーパーの標準レンズでした。
絞り開放では すこし眠たいような写りですが ボケ味の素晴らしさでは 国産の標準レンズのなかでは
類を見ないものです。
また すこし絞った時のシャープネスも 忘れられないものですよ。

エキザクタマウントが災いして 銀塩時代にはユーザーが少なかったのですが
フルサイズミラーレス時代になって その真価が手軽に見られるようになりました。

このブログは、わんこ連れカメラ散歩が主ですが ときどき古カメラ・古レンズを紹介しています。

Commented by ttwgm992 at 2018-03-23 08:38
こんにちは。
今日もミミちゃんはかわいいです。
ミノルタにも58/1.4ありますが、あちらはどうなのでしょうか。
我が家に二本ありますが(爆)
正直、重いしコントラストの低くて眠いレンズだなあと言うのがもっぱらの評価です。
大きさや見た目は好みなのですが。
ネットではあまり話題にさえなっていないようですが。
レビューよろしくお願いいたします!笑
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-03-23 09:35
ttwgm992 さん、おはようございます!

MCロッコール PF 58mmF1.4 ですね。
あれも 非常に良い写りのレンズですね。
絞り開放から 線の細いシャープな画像をつくります。

この画像をご覧ください。
https://nakajimaak.exblog.jp/25014131/

どれもシャープな写りで 決して眠い写りではありません。
ただ シャープネスを追及した結果 2枚目の「ホームズカップ」では
右上に 2線ボケようなものが見られます。

シャープネスを追及したレンズでは 2線ボケは避けられないのでしょうか。
非Aiニッコール50mmF1.4も 後ろボケは2線ボケのような描写になりますね。

MCロッコール PF 58mmF1.4、やはり日本を代表する標準レンズだと思います。
いつまでも 大事にお使いください。

Commented by varifocal at 2018-03-23 10:42
こんにちは。

いいですね、トプコール!
鏡胴のアルミ合金化はコニカとトプコンが業界をリードしてましたが、一抹の不安もあってまだ厚い(笑)
壊れちゃいけないから厚めに作っておこう・・・そういうところが正直でいいメーカーでしたね。
アルミなのに非常に堅くて重い合金(笑)、でもおかげで朽ちたり錆びたりしているトプコールは見たことがないです。(UV系は簡素ですが確実な作りです)是非レンズだけでも復活して欲しいな~と思います。
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-03-23 11:57
想桜さん、おはようございます!

そうですねぇ、クラシックコニカⅠ、Ⅱ、Ⅲでは 鏡胴が銀色でしたが アルミ合金でしたか。

トプコンは 1963年の RE スーパーに付けた REトプコールから 美しいアルミ合金製鏡胴でした。
見たところは、カールツァイスやロシアンレンズの1950年代初期のレンズ鏡胴と変わりませんが
あちらのものは純アルミニウムだったのか 使っているうちに黒ずんだ醜い腐食のようなものが出てきます。

REトプコールの白鏡胴のほうは、アルミにマグネシウムその他を入れて ジュラルミンに近い合金だと思います。
おっしゃるように REトプコールの鏡胴で腐食しているものは見たことがないです。

UVトプコールの35mmや53mm標準レンズは一転して フォーカスリングにブリキ板製の距離指標を巻くなど
徹底したコストダウンがはかられていますが、写りは素晴らしいですね。
東京光学も反省したのか、ユニレックスに付いた UVトプコール50mmF2 は アルミ合金の立派なものになりました。
余談ですが、UVトプコール53mmF2 と UVトプコール50mmF2 は 別設計の異なるレンズです。

Commented by ttwgm992 at 2018-03-23 20:34
こんばんは。

わざわざありがとうございます!
すでにレビュー済みだったのですね、さすがです。
参考にさせていただきます。

それにしても、なかじまさんの写真は、
何気ないのですが、その何気なさがスゴく好きです。
そして不思議といつも立体感を感じるのは、
レンズを愛してその性能を引き立たせておられるからでしょうか。

これからも時々のぞかせていただきます。
(といいながらよく新着をチェックしている笑
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-03-24 08:23
ttwgm992 さん、おはようございます!

1964年に念願の一眼レフ minolta SR-1 を買ってもらってから
ローガン(老眼)が始まるまでの30年間ぐらいは
風景写真や芸術写真風の被写体を狙っておりました。

ローガンになって コニカ ビッグミニ(BM-301)というバカチョンカメラで
肩の力を抜いた気楽な写真を憶えましたよ。

2004年に デジタル一眼レフのニコンD70を手に入れてから
またレンズ沼に はまってしまいました。

わたしの好きな標準レンズです。
1位 RE オートトプコール 58mmF1.4
2位 MC ロッコール-PF 58mmF1.4
3位 スーパーキヤノマチック R 50mmF1.8

また ときどき覗いてやってくださいね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2018-03-22 17:12 | 58mmF1.8 RE Topcor | Trackback | Comments(10)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31