スーパー琢磨 35mmF3.5 で ティラノザウルスを

2018年4月16日(月曜日)

大好きな スーパー琢磨 35mmF3.5 です

レンズの本当の名前は スーパー タクマー 35mmF3.5 です

旭光学ゆかりの人物 琢磨さんの名前と、切磋琢磨(せっさたくま)から タクマーと名付けられました





1
b0069128_1240341.jpg

Super Takumar 35mmF3.5 on Sony α7 II

この小さくて可愛いい スーパー タクマー 35mmF3.5 は 1960年に発売されて
アサヒカメラなど多くの写真雑誌で プロの写真家からも大好評を得ておりました


仕様

概要:     1960年発売 ペンタックス スクリュー(=M42)マウント広角レンズ
レンズ構成:  レトロフォーカス 4群5枚
最短撮影距離: 45cm
フィルター径: φ49mm
コーティング: アンバー系(だいだい色)と シアン系(薄青色)の単層膜コーティング
重量:     148g


スーパー タクマー 35mmF3.5 の 絞り開放写真に行きます

■ 2018年4月13日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_13135330.jpg

一人だけ よそ見

あの スーパー 琢磨 35mmがない、はてな どこいったと探していたら
エディクサ Mat DL に 付けたままになっておりました
あぁ~、あった 良かった


それまで スーパー 琢磨 35mmを付けていたエディクサには 同じ琢磨の28mmF3.5を付けて
動物会議のモデルになってもらいました

ひとり右下のほうで、モデルを見ずに よそ見してるやつがおりますね





3
b0069128_1331127.jpg

まぶしそ~

ミミちゃんが まぶしそ~ です

絞り開放のF3.5から よく解像してるでしょ

最短撮影距離の45cmですが、やはり焦点距離の10倍の35cmにしてほしかったです





4
b0069128_13371098.jpg

行ってくるよ

わたし       「行ってくるよ」
置き物のミミちゃん 「どこへ?」

4月14日の土曜日、カメラを首に 出かけます

ほんとのミミちゃんは 留守番で
置き物のミミちゃんとの 挨拶でした





5
b0069128_13435710.jpg

きれいなお家

近所の きれいなお家です

琢磨35mm、歪曲もありませんでしょ





6
b0069128_13462276.jpg

春の日

陸橋から 春の日を見下ろしています

ええ気分です





7
b0069128_1349465.jpg

よ~し カッコええぞ

熊野田小学校です

コーチ  「よ~し、カッコええぞ」
バッター 「えへへへ」

バッターに 打ちやすいボールをトスして スィングをチェックしてます





8
b0069128_13565673.jpg

可愛いい くるま

可愛いい車ですねぇ

でも MFでは 動くものは ジャスピンとは行きません





9
b0069128_1414223.jpg

ひそひそ話し

子豚くん二匹が ひそひそ話しをしています

子豚 A 「おいっ、向こうに 変なヤツがおるでぇ」
子豚 B 「しっ、言うたら あかん」





10
b0069128_1493923.jpg

オレのことかい

つぶやき 「変なヤツったぁ オレのことかい? ちゃんと聞こえているぜぃ」





11
b0069128_14191083.jpg

うひひ

ティラノザウルスが ほくそ笑んでいるのでした

ティラノザウルス 「うひひ~、なかなか 美味そうなヤツらじゃ」
わたし      「おいっ、よだれ よだれ」





12
b0069128_14244049.jpg

電柱のない街

旭ヶ丘団地のなかにある 電柱のない街です

とても すっきりしています





13
b0069128_14313355.jpg

大きな まるい玉

大きな まるい玉です

観賞用でしょうか




**********************************************
■ 2018年4月13日~14日撮る
■ 2~13枚目 Super Takumar 35mmF3.5 on Sony α7 II
■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F3.5

**********************************************

むかし スーパー琢磨35mmF3.5を買ったときのカメラは アサヒペンタックスSPでした。
SPの暗いファインダーとマイクロプリズムでは f3.5では マイクロプリズムが陰ってしまい
ピントを合わせるのが困難でした。

その後、フジカのST605を買って 明るいファインダーとスプリットイメージで
なんとか ピント合わせが出来るようになりました。

ミラーレスカメラでは、絞って暗いシーンでも ゲインが自動で上がって 明るいファインダーのままです。
それと ファインダー像の拡大機能が付いて 動かないものであれば ピントは確実です。

良い時代になったものです。









-
トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/28251523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2018-04-16 14:58 | 35mmF3.5 Super 琢磨 | Trackback | Comments(0)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31