マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 で

2018年7月24日(火曜日)

マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 が 大変です




1
b0069128_882916.jpg

上から見ると

上から見ると べつに変わったところはありません

いつもの 奥眼の青い瞳です





2
b0069128_8121661.jpg

横から見ると

横から見ると、フォーカスリングに パーマセルテープが巻かれています

そうなんです
大事に使っていたのに マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 の
ゴムグリップがぺキペキに割れてしまって パーマセルテープを2回巻きしたのです


これで RE Auto Topcor 58mmF1.4、ヘキサノンAR 50mmF1.7 中期型
それと このあいだ紹介した SIGMA High-Speed Wide 28mmF1.8 に 続いて
4本目の パーマセルテープ巻きとなります

なんで 寿命の短いゴムグリップを使うんでしょうねぇ
わたしは フォーカスリングは 昔の金属ローレット製のほうが断然好きです
どうしてもゴム巻きにしたいなら 寿命が半永久的なシリコンゴムあたりを使ってほしいです



ごたくはここまで
マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 を α7 II に付けた
絞り開放写真に行きます





3
b0069128_8425733.jpg

マイクロ ミミちゃん

う~む、どうして まだ単層膜コーティングの時代のレンズに
こんな ベールを1枚はがしたような クリアーな写真が撮れるのかしら





4
b0069128_8493365.jpg

操り人形

ほかのレンズでは 左側の窓からの斜め逆光でフレアーっぽい画像になるのですが

ピントは 女の子の右目です





5
b0069128_8541115.jpg

ハロウィンくまさん

う~ん、残念
ピントが眼でなく 蝶ネックタイに行ってしまいました





6
b0069128_8582480.jpg

ところてんトゥクトゥク

この ところてん の様なものは 何と呼ばれているのでしょう

レーザー光線で絵を描いていると聞きましたが
この写真も トゥクトゥクにピントは来ずに 左側のお家にピントですねぇ





7
b0069128_94830.jpg

シカのあかちゃん

シカのあかちゃんが 五右衛門風呂に入っています

五右衛門風呂は シャーロックホームズのカップです





8
b0069128_984689.jpg

手ブレ感知虫

この愛嬌のある表情の虫の6本の足は
非常に細いスプリングで 胴体から吊り下げられています

あなたが ケースごとこの虫を持ち上げて もし足が揺れなければ
あなたは どんなカメラを使っても 手ブレの心配はありません

この虫は 手ブレ感知虫 と 呼ばれています

この虫の顔、銀河鉄道999の 鉄郎の顔にそっくりですね





9-1
b0069128_9312273.jpg

銀河鉄道スリーナイン機関車

鉄郎の顔から 銀河鉄道スリーナインを思い出しました

鉄郎とメーテルの乗った客車を引っ張った 銀河鉄道999の機関車のつもりです

写真の汽車は、どこで買ったか記憶にないのですが 灰皿です





9-2
b0069128_9204114.jpg

銀河鉄道スリーナイン客車

客車には、鉄郎とメーテル それと車掌さんもいましたね

さらば 鉄郎
さらば メーテル


これは 少年時代という鉄道模型の雑誌の第1号に付いていたものです




*****************************************************
 ■ 2018年7月23~24日 撮影
 ■ 1 & 2枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 3 ~9枚目 Micro Nikkor-P Auto 55mmF3.5 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F3.5

*****************************************************









-
トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/28510503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by gaku0107boo at 2018-07-24 20:38
こんばんわ!
55/3.5マイクロ、やっぱりエエですね。
ワタクシなんぞは55/2.8Sを持っているにもかかわらず55/3.5を買ってしまいました。
ガラスとか陶器を撮ると、その硬さまで写し取ってくれますね。^^
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-07-24 21:22
岳の父ちゃん さん、こんばんは!

わたしも Micro Nikkor 55mmF2.8S も 持っています。
あっ、AF で 等倍まで写せる AF Micro 60mmF2.8D も 持ってました。

3本とも 絞り開放から素晴らしい写りをしますが わたしは古いこの Micro 55mmF3.5 が好きです。
被写体の材質そのものまでというか その本質まで写し出すかのようですねぇ。

Commented by Ataron at 2018-07-25 08:33
お暑つうございます。

私は、ニコン等の銀塩世代のレンズを何本か持っていて、マニュアルフォーカスの操作感がやっぱり好きだったんだという事に、最近になって判ってきました。 それをはっきりさせたのがMicro Nikkor 55mm F3.5で、何処にでもある後期のやつですが。 メカなんかばかし撮ってますけど、でも良く撮れる気はします。
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-07-25 11:19
Ataron さん、こんにちは!

今年の暑さは 格別のように感じます。

はいっ、わたしは α7 II を買ってから、このカメラでは 全て昔のマニュアルレンズで撮っています。
撮影枚数はAFに比べてぐっと少なくなっていますが フォーカスリングをグリグリ回して
ピントばっちりの写真が撮れたときの嬉しさは AFで撮ったときよりずっと大きいです。

Micro Nikkor 55mmF3.5は 1961年から造られ、1981年に Micro 55mmF2.8Sが発売されるまで
世界中でみんなが使いましたので 今でも安価に手に入ります。
写りの確かさでは ナンバー1の マクロレンズだと思います。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2018-07-24 10:07 | 55mmF3.5 非Ai Micro | Trackback | Comments(4)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31