オートロッコール PF 58mmF1.4 で 暑い散歩

2018年8月20日(月曜日)

オートロッコール PF 58mmF1.4 を 憶えておられるでしょうか。

1961年に ミノルタが標準レンズで初めて F1.4 を発売したのが このレンズでした。
初期のF1.4標準レンズは まだ収差が多くて このレンズも例外ではありませんでした。

1966年に ミノルタが初のTTL露出計内蔵の SRT-101が発売したのを契機に
オートロッコール PF 58mmF1.4 は 製造を中止され 後継機の MCロッコール PF 58mmF1.4 に なります。


今日は このあまり評判の良くなかった オートロッコール PF 58mmF1.4 での写真です。





1
b0069128_16592280.jpg

Auto Rokkor-PF 58mmF1.4 と MC Rokkor-PF 58mmF1.4

オートロッコールPF 58mmF1.4(右)と MC ロッコールPF 58mmF1.4(左)です

どちらも、一番前のレンズの第一面は 世界最初のミノルタの「緑のロッコール」と呼ばれた
2層膜の アクロマティックコーテイングです


オートロッコールPF 58mmF1.4 では、第一レンズの後ろ側コーテイングから後のコーテイングは
すべてアンバー系(だいだい色)の 単色の 単層膜コーティングが施されています

それに対し MC ロッコールPF 58mmF1.4 では、第一レンズの後ろ側コーテイングから
単層膜コーティングではありますが マゼンタ系(薄赤色)、アンバー系(だいだい色)と シアン系(薄青色)と
変わった色の単層膜コーティングが なされています



外観の違いは、オールブラックのオートロッコールに対して MC ロッコールでは 絞りリングが白色仕上げとなっています

そのほか、MC ロッコールになって フォーカスリングの 凸凹が深くなって
手探りでの 絞りリングとの誤認識が 改善されましたね





2
b0069128_1833666.jpg

両レンズを前から

両レンズを前から見ると 1枚目で述べたコーティングの違いしか判りません

絞り羽根は、オートロッコールが 8枚だったのが MCロッコールでは 6枚になっています


でも かたやオートロッコールの方は 絞り開放での描写は「眠たい」という 悪評価で
MCロッコールになってからは「日本を代表する標準レンズ」と ガラリと評価が異なりました

ミノルタに問い合わせた訳ではありませんが
わたしはコーティング以外にも 両レンズのあいだには 設計上の変更があったものと思っています





3
b0069128_18451272.jpg

カメラに付けて

オートロッコールPF は、minolta SR-1 第3世代に
MC ロッコールPF は、minolta SRT Super に 付けています

全金属製のボディに取り付けてもらって どちらのレンズも嬉しそうです



ごたくは ここまで
オートロッコール PF 58mmF1.4 を ソニー α7 II に付けて
「開放では眠い描写」との 悪評価だった 絞り開放写真にいきます





4
b0069128_1911241.jpg

入れ子人形

本棚のうえで クラシックカーとマーライオンに挟まれていても
にこやかに笑っている 入れ子人形のおねぃさんです

彼女のおなかの中には 6人の入れ子人形が入っています


写りはどうかと言われますと「眠い」ちゅうのは当たっているような・・・





5
b0069128_1995494.jpg

ミミちゃん

いつも コイツばかりです

ピントが合ったところでシャッターを押していますが
眼にピントが来ていませんね

ミミちゃんが少し動いたのか、評価どおりの写りなのか よくわかりませ~ん





6
b0069128_19145594.jpg

カエルくん

8月18日の金曜日、暑かったけど 岡町まで散歩に出かけました

ミミちゃんは 家で留守番です
いやっ、暑くなった道路を歩いて 肉球がヤケドをしてはいけませんので


暑いのに、カエルくん 雨傘をさしてご機嫌です
左のチューチューくんは 横向いていますねぇ





7
b0069128_19231197.jpg

だれもいない

いやぁ、朝夕は少し涼しくなりましたが 昼間は滅茶苦茶暑いですねぇ

だれも歩いておりません





8
b0069128_19281660.jpg

サドルの下のバネ

岡町に着きました

自転車のサドルの下のバネです

なんで こんなん撮るのぉ
いやっ、なんとなく





9
b0069128_19381717.jpg

いちとく

暑いです

開店前の王将のベンチに座って コーラを飲んで一服です

「いちとく」って なに屋さんかなぁ





10
b0069128_19422520.jpg

かたすみ II

かたすみ II という カフェです
入ったこと無いけど よく写真に撮ります





11
b0069128_19461088.jpg

くもおとこ

おもちゃ屋さんの店先に スパイダーマンがぶら下がっております





12
b0069128_19493861.jpg

あひるくん

暑いので あひるくんも麦わら帽を被せてもらって 気持ち良さそうです

ちょっと 小さいけれど





13
b0069128_19534691.jpg

路地の風景

ファインダーを覗いたときから 白っぽいなぁと思いました

別に 露出オーバーではありません
左手で ハレ切りすれば良かったのでしょうが
暑さで 頭がまわりませんでした





14
b0069128_201176.jpg

フクロウちゃん

フクロウのおねぃさん

彼女が持っているのは 貝がらで作ったバッジみたいです





15
b0069128_205553.jpg

ゾウの公園

綺麗に塗り直してもらったのに
がきんちょが 誰もスベリに来ません

ゾウさん、暑いなか 穏やかな顔をして じっと耐えてました





16
b0069128_2012890.jpg

お帰り

ミミちゃんに似た置き物が「お帰り」って言います

雨ざらしで 白くハゲたところが出てきました
ぼちぼち 家のなかに入れてやらなくては





17
b0069128_2018388.jpg

とんこつ醤油ラーメン

暑いときには 熱いラーメンです

焼き豚を切らしていたので ベーコンをいれて

これは 最短撮影距離の 60cm付近です




***************************************************
 ■ 2018年8月15日~17日撮る
 ■ 1 ~ 3枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 4 ~17枚目 Auto Rokkor-PF 58mmF1.4 on SONY α7 II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F1.4

***************************************************

ミノルタの58mmF1.4 は、MC ロッコールPF になって 素晴らしい写りになりました

MC ロッコールPF 58mmF1.4 での写真は
下の「カテゴリー」の 58mmF1.4 MC Rokkor から ご覧になれます










トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/28595815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aitoyuuki13 at 2018-08-20 08:10
過去記事のMCロッコールと較べてみましたが
やっぱりコントラストが違いますね

こちらのレンズは順光でも軽くフレアが出ているように見えます^^
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-08-20 08:45
愛と勇気さん、おはようございます!

過去の記事と比べていただいて ありがとうございます。

はいっ、ボケ味の良いところは オートロッコールとMCロッコールは良く似た描写ですが
おっしゃるようにコントラストに だいぶ差があるようですね。

オートロッコールは 30年ほど前に手に入れたレンズですが
銀塩フィルムでは ディジタル以上に差があって、いつも MCロッコールのほうを使っておりました。

最近のレンズの 目が覚めるような描写に飽きてしまい
オートロッコールのフレアーっぽい柔らかな写りが気に入っております。

Commented by ttwgm992 at 2018-08-30 01:07
こんにちは。
いつも楽しく拝見させていただき、また勉強にもなっております。
以前トプコン58/1.4の記事で、ミノルタのこれは眠い、とコメントし、そんなことないよ!とお返事頂いたのですが、
まさに自分はAuto RokkorのほうをA7に付けていたのでした。MC Rokkorのほうも手持ちにありまして、
おっしゃる通り、ぜんぜん写りが違うのですね。
どちらも開放はほんわかですが、MCのほうは1段絞るだけでシャキッとしてびっくりしました
どちらも使いようだとは思うので、それをふまえて今後活用していきたいです。

それにしてもnakajimaさんが撮る写真は、なんか不思議な立体感があって、ほかにも多々ブログはありますが、定期的に新着がないか覗かせていただいております。
ミミちゃんにもよろしくお伝え下さい。
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-08-30 11:56
ttwgm さん、おはようございます!

おぉ~、ttwgm さんは オートとMCの両方をお持ちだったのですね。

緑のロッコールの ひとつ奥のコーティングを見てください。
オートのほうは 全部オレンジ色の単層膜コートですが、MCでは赤・オレンジ。薄青色のコートになりました。
どちらも 5群6枚構成のダブルガウス変形型です。

絞り開放での写りは、おっしゃるように どちらも中心部のシャープネスから
周辺部にかけて柔らかくボケていく味が持ち味です。

わたしは、どんなレンズでも 2段以上に絞ったときの写りには あまり興味がありません。
ライツでもツァイスでも F5.6やF8に絞ると みな同じように良く写るからです。

もしほかのかたより立体感があるとすれば 絞り開放で撮っているからでしょう。

ありがとうございます。
ミミちゃんに「よろしく」って言って頂いたと伝えます (^^)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2018-08-20 06:00 | 58mmF1.4 Auto Rokkor | Trackback | Comments(4)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31