トプコン物語

2018年10月31日(水曜日)

トプコンのカメラ 大好きなんです。

本当は タイトルを「トプコン倶楽部」と したかったんですが
「トプコンクラブ」という有名なサイトが既にありますので トプコン物語としました。

手持ちの トプコン(東京光学機械)の 一眼レフを 年代順に紹介して行きます。





1
b0069128_1914478.jpg

TOPCON PR

1959年の トプコンPR です

日本で一番早く レンズシャッター式35mm一眼レフを造ったのは
この トプコンPR ではなくて 1954年の常盤精機製のファーストフレックスでした

ファーストフレックスは立派なカメラでしたが ペンタプリズムを使わずポロミラーだったのと
製作数が少ないので ファーストフレックスを日本最初のレンズシャッター一眼レフとせずに
このトプコンPRを 最初のレンズシャッター式一眼レフとする方も多いようです

ゴタクは さておいて トプコンPR の仕様を見て行きましょう


仕様

概要:     1959年 東京光学製 ペンタプリズム使用の 35mmレンズシャッター式一眼レフ
レンズ:    トプコール 50mm F2.8 3群4枚
コーティング: シアン系(薄青色)と マゼンタ系(薄紫色)の 単層膜コーティング
シャッター:  シチズン MV B, 1~1/500秒 セルフタイマー付き
絞り:     プリセット絞り 絞り羽根 8枚
ミラー:    非クイックリターン 巻き上げで復帰する
大きさ・重量: 130 x 81 x 71mm 620g
発売時価格:  本体 16,500円 ケース 1,300円


まだ クイックリターンミラーになっておらず シャッターを切ったあとは
ファインダーが真っ暗になりますが とても小さくて可愛いカメラです

わたしのトプコンPRは 2台目で、最初のPRは 買って8日目に故障してしまいました
作動時のシーケンスが複雑なレンズシャッター式一眼レフは 故障しやすいようです





2
b0069128_194693.jpg

TOPCON RE Super

1963年に造られた 世界初のTTL(Through The Lens)露出計内蔵の フォーカルプレーン式一眼レフです

露出計は 東芝の協力で造られた ミラーにスリットを切り込みミラー裏側のCdSで測定するもので
どれだけ適正露出からずれているか 一目で判る優れたものです

また レンズ取り付け時にレンズに連動するレバーを設け 開放測光を達成しております

写真のレンズは RE Super から採用された RE Auto Topcor 58mmF1,4 で
多くのプロフェッショナルから ニッコールを凌ぐ素晴らしいレンズと称賛をあびました


仕様

概要:     1963年 世界初TTL露出計内蔵 35mmフォーカルプレーン式一眼レフ
マウント:   エキザクタマウント
シャッター:  布幕横走り B. 1~1/1000秒 ボディ前面水平押し
ファインダー: ペンタプリズム と ウェストレベル交換可能
露出計;    CdS使用 ミラーメーター
大きさ・重量: 146 x 98mm 928g
発売時価格:  60,500円(58mmF1.4付き)


この RE Super は 1983年に大阪駅の八百富で新品同様を購入しました
レンズの前玉に 熊手で引っかいたような傷のある REトプコール 58mmF1.8 が 付いていました
抜群にシャープな写真が撮れましたが レンズの傷がどうしても気になり
米国の Woodmereカメラから 写真の REトプコール 58mmF1.4 を 個人輸入したのです





3
b0069128_2030198.jpg

TOPCON Uni

1964年の トプコン ユニ です

東京光学社内でも、レンズシャッター式一眼レフに ミラーメーターを内蔵するのは「やり過ぎ」の意見があったのですが
とにかく REスーパーで確立したミラーメーターによるTTL露出計を使って
世界初の 自動露出レンズシャッター一眼レフとなった トプコン ユニ です


仕様

概要:     1964年 世界初の EE(自動露出)レンズシャッター式一眼レフ
マウント:   UVトプコール マウント
シャッター:  セイコーSLV B, 1~1/500秒 セルフタイマー付き 全面垂直押し
ミラー:    クイックリターン CdS使用ミラーメーター
大きさ・重量: 134 x 93 x 84mm 845g(標準53mmF2付き)
発売時価格:  26,800円(標準53mmF2付き) 2,000円(ケース)


UVトプコールの名称は レンズエレメントの張り合わせのバルサムに
紫外線吸収の材料を使っていることより命名され 好評をはくしました

UVトプコールマウントは レンズシャッターをビハインド式に取り付けた小口径のもので
交換レンズの前玉は 後玉が小さい分 大きくなっています





4
b0069128_2183791.jpg

TOPCON RE-2

1965年の トプコンRE-2 です

フォーカルプレーンに 金属製縦走り膜の コパルスクエアーSを使い 耐久性を増したもの
ミラーメーター使用のTTL露出計内蔵は変わらず REスーパーとユニとで ミラーメーター三羽烏と呼ばれました


仕様

概要:     1965年 コパルスクエアS使用の TTL35mm一眼レフ
マウント:   エキザクタマウント
シャッター:  コパルスクエアーS B, 1~1/1000秒 軍幹部垂直押し
ファインダー: アイレベル固定
露出計:    CdS使用ミラーメーター
発売時価格:  39,800円(58mmF1.8付き)2,000円(ケース)





5
b0069128_21313684.jpg

TOPCON Unirex

1969年の トプコン ユニレックス です

この ユニレックスが レンズシャッター式一眼レフの 実質的な最終機となります

ユニレックスは ミラーメーターでのスポット測光と ペンタプリズム部での平均測光を切り替えが出来る
高級EE一眼レフでした


仕様

概要:    1969年 スポット・平均測光切り替え可能な レンズシャッター式一眼レフ
マウント:  UVトプコールマウント
シャッター: セイコーシャSLV B, 1~1/500秒
露出計:   ミラーメーターによるスポット測光と ペンタプリズム部の平均測光
寸法・重量: 130 x 90.5 x 87mm 810g
発売時価格: 33,500円(標準50mmF2付き) ケース 2,000円


東京光学が なぜレンズシャッター式一眼レフを止めたかというと
セイコーシャ(精工舎)からの レンズシャッターの再三の値上げあったようで
上級機である フォーカルプレーンシャッター式のトプコンRE-2との 価格差がなくなり
レンズシャッター一眼レフ機の 安価であるというメリットが無くなってきたからでした





6
b0069128_2264791.jpg

TOPCON Unirex Black

1969年の ユニレックスの黒仕上げです

仕様は ユニレックスと何も変わりません

ユニレックスの白ボディには レンズもシルヴァー仕上げで真っ白の UVトプコール50mmF2 が
ユニレックスの黒ボディには 全身が真っ黒の同じレンズが付きます





7
b0069128_22175012.jpg

TOPCON T

1971年の トプコンT です

しかし このトプコンT は 通常のトプコンT ではないのです

トプコンTは、1971年に 東京光学の米国代理店のベセラー商会からの依頼で REスーパーをベースに造った
電話使用頻度メーターだけを撮る専用機で ファインダーは無く シャッター速度も1/60秒の 1速度でした



b0069128_22275398.jpg

写真の様に 通常のトプコンTには ファインダーはありません
頻度メーターに直に取り付けるので ファインダーは不要なのです

ボディ前面のシャッターボタンも 直に取り付けても押せるように鉄板を折り曲げて 作ってあります
【写真はインターネットより】



b0069128_22445182.jpg

もう一枚 通常のトプコンTを貼り付けておきます

鉄板を押すと ボディ前面のシャッターボタンを押すことになるのです
これが 通常のトプコンTの姿です
【写真はインターネットより】




ところが、わたしのトプコンTには ウェストレベルファインダーが付いており
シャッター速度も B, 1~1/1000秒まであるのです

このトプコンTは REスーパーの後期型に ウェストレベルファインダーを付けたものに
TOPCON T と 刻印しただけのように見えます

しかし わたしのトプコンT は
1. 背面のシリアルナンバーが 71T0136 と 1971年製のトプコンT のナンバーである
2. REスーパーのファインダーは交換可能だが わたしのはウェストレベルが固定装着されている
3. シャッター速度ダイアルの 指標が無い

特別なT型か T型の試作品かとも思われるが 上の通常のトプコンTよりシリアルナンバーが新しい


このトプコンT は 東京青山の明治美術という骨董店から入手しましたが
『故人になったコレクターから譲ってもらった』ので 経緯(いきさつ)は 判らないとのことでした





8
b0069128_23285894.jpg

撮影状態の トプコンT

こうして見ると トプコンREスーパーに通常のウェストレベルファインダーを付けているように見えます

が、ウェストレベルファインダーが固定になっています
ボディとファインダーが 固着しているのかと、すきまに CRC5-56を吹き込んでみましたがだめです


インターネットで調べても 出て来るのは通常のトプコンT ばかりで
やはり わたしのトプコンT は 謎のカメラであります

写真では 1948年のカールツァイスの テッサー50mmF3.5 を 付けています





9
b0069128_23383859.jpg

RE Auto Topcor 200mmF5.6

実は、謎のトプコンTには REオート トプコール 200mmF5.6 が 付いた状態で入手しました

そして その鏡胴には、JAMES R. MATTSON と 以前の所有者の刻印があります
きれいに刻印されているので 素人の作業とは思えません

この人が「故人になったコレクター」でしょうか
Flickr ででも「この人知りませんか?」 と 尋ねてみようかと思っています





10
b0069128_23523574.jpg

ブタ小屋から

ブタ小屋と呼ばれている 3階のわたしの部屋から
REオートトプコール 200mmF5.6 を ソニー α7 II に付けて 絞り開放で撮ってみました

ピントは「かいせい保育園」の 文字だったかなぁ

1965年に発売された REオートトプコール 200mmF5.6 、ええコントラストしてる ♪♪♪





11
b0069128_034296.jpg

記念写真

REオートトプコール135mmF3.5 と 新参の REオートトプコール200mmF5.6 の 記念写真を撮りました

やっぱり レンズは白がええです


おわり


************************************************
 ■ 2018年10月29日&30日 撮る
 ■ 1~9枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 10枚目 RE Auto Topcor 200mmF5.6 on Sony α7 II
 ■ 11枚目 FE 28-70mm on Sony α7 II

************************************************

トプコンのカメラは なんでも大好きです
トプコールレンズは どれも良く写ります









-
トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/28772842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Ataron at 2018-10-31 10:40
お早うございます。

トプコン愛に満ち溢れたページですね。 読んでいると、私の思い込んでいた技術進歩の歴史より、トプコンは5年位早く技術を開拓していた感じがします。 未だ普通のセレン露出計のカメラが店に並んでいた時代に、既にCdsを使っていたという感じなんです。 後から掘り出せば、こっちがもっと早いなんてことはあるかも知れませんが、当時の元気なメーカーの姿が思い浮かびます。 鉄腕アトムがTV放送され始めた頃ですね。

REオートトプコール200mm の「刻印」ですが、向きがレンズの他の指標文字と逆ですね。 これは、プレゼントとか、ユーザーの誇らしさで、後から彫ったものではないでしょうか。 面白いなあと思って検索して見たら、現在の技術で刻印している動画のあるページが出て来ました。

https://www.lomography.jp/magazine/254601-a-behind-the-scenes-look-at-the-petzval-engraving-process-jp

文字型を叩いて彫る刻印はレンズには使えないから、昔も尖ったルーターの付いた専用機械で彫ったと思うのですが、どこでどんな風に彫ったのか知りたくなります。
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-10-31 11:15
Ataron さん、おはようございます!

はいっ、記事の最後に書きましたが トプコンのカメラとトプコールレンズ 大好きなんです。
特に トプコンの一眼レフが好きです。
フォーカルプレーン式でも レンズシャッター式でも ガッチャンと大きな音をたててシャッターが切れます。

トプコンの最盛期のカメラは 殆んどが世界初とか日本で最初とかの機構が付いていたように思います。
USネイビーにも 多くのトプコンカメラが採用されて 耐久性のあるカメラの証(あかし)でしたね。

レンズにネームを入れるのは キヤノンなんかもやっているようですね。
LOMOの ペッツバールレンズは、描写は感心しませんが 真鍮製鏡胴にエングレーブされた文字を見ると
本当に欲しくなってしまいます。

Commented by wakaba_19mg at 2018-10-31 19:12 x
こんばんわ。

高校の時、アルバイトで貯めたお金で買ったのが「トプコン ユニ」でした。
当時、キヤノンやニコンは知っていましたがトプコンは知りませんでした。トプコン以外は買えなかったのです。
シャッターが前面に付いていたのが珍しかったです。

トプコンが東京光学であると知ったのは、会社に入ってから使っていた工具顕微鏡にトプコンの銘板を見つけた時でした。

トプコールレンズはコシナから復刻版として出た「オートトプコール1.4/58mm」をPENTAXにM42アダプターを介して使っています。(最近は使っていませんが・・・)
Commented by varifocal at 2018-10-31 21:00
こんばんは。

謎と言えば、私もSAMPLEという刻印の入ったRE200を持ってます。
TESTという刻印の入った機種もあるみたいです。後半はOEMで作っていたカメラもレンズもありましたからなかなか面白いメーカーです。
先日、綺麗だけど動かないウィンクミラーとフィルムカウンターが無いR(こちらも動かない)を骨董市で入手しました。Rの方についていたオートトプコール58/1.8はガタガタで整備したいところですが、イモネジが錆で2本回らず、ねじ山も錆で崩壊しているので外観の清掃のみでストップしています。2台とその他諸々で2千円なのでまぁいい買い物だったかな?と思っています。
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-11-01 08:32
wakaba さん、おはようございます!

そうですか、アルバイトでトプコン ユニを買ったんですか。

あの当時は レンズシャッター式一眼レフは フォーカルプレーン式一眼レフより大分安かったんです。
しかし 数年のうちにレンズシャッターそのものがメーカーの都合で値上がりし
東京光学は、最後まで競争した興和ともども レンズシャッター式一眼レフから撤退します。

REオートトプコール58mmF1.4は 非常に評判の良いレンズでしたね。
コシナが 現代風にアレンジして復刻したのも うなずけます。

現在も トプコンは 産業用光学機器の雄として生き残っております。
トプコンに幸あれ です。

Commented by nakajimaakira1948 at 2018-11-01 08:49
想桜さん、おはようございます!

そうですねぇ、キヤノンや日本光学と比べて会社の規模が小さかった東京光学は
試作品やサンプル品を 社内の希望者に有償でわけてあげたと読んだことがあります。
わたしのトプコンT も、ひょっとしたらその試作品かサンプル品ではないかと思います。

骨董市で ウィンクミラー と R ですか。ええですねぇ。
修理技術のある想桜さんなら きっと往年の完動品状態にできるでしょう。
がんばって修理して、ブログにアップされるのを 楽しみに待っております。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2018-10-31 00:37 | 200mmF5.6 RE Topcor | Trackback | Comments(6)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31