3Dプリンターで作った ナイロン製のマウントアダプター

2019年2月12日(火曜日)

石川県から 3Dプリンターで作った ナイロン樹脂製のマウントアダプターが届きました

アサヒフレックスの M37マウントを M42マウントに変換するものです





1
b0069128_13494519.jpg

ナイロン樹脂製のマウントアダプター

これが 3Dプリンターで作った M37→M42の マウントアダプターです

材質は ナチュラルのナイロン樹脂なので 色は白色です
カーボンブラックを混ぜた黒色も選べたのですが
強度が高くなるぶん 割れやすいのではないかと思って ナチュラルを選びました

この製品には 裏表はなく、レンズのM37ねじに どちら側からでもねじ込めます

外すときに しっかり締まってしまい 取れなくなるときのために
アダプターの裏表の両面に カニ目レンチ用の溝が二つずつ付いています

ただ 写真のように、カニ目溝が 裏表に円周上の同じ位置に彫ってあるので
その部分の 残りの肉厚が薄くなっています
もし このアダプターが割れるようなことがあれば きっとここからですね





2
b0069128_13495272.jpg

レンズに嵌(は)める

1954年の タクマー 58mmF2.4 の M37mmねじに 嵌めます

アサヒフレックスの M37マウントは、フランジバックが 後のペンタックスなどのM42マウントと同じ 45.5mm なので
アダプターの厚さは、タクマー58mmF2.4の 37mmねじより短ければ
レンズのマウント面で ボディと当たって止まるり 同じフランジバックが生きるのです





3
b0069128_13495643.jpg

嵌った

やはり ナイロン製のためか 最初は斜めに入ったりしましたが
慎重にやれば すぐにネジ込めましたぁ


石川県加賀市の DMM make 3Dプリント事業部さん
表面と裏面との カニ目溝の位置を180度ずらせば これは売れますぜ





4
b0069128_13500005.jpg

ペンタックス S3 に 嵌めて

M42 マウントに変換した タクマー58mmF2.4 を ペンタックス S3 に 嵌めてみました

ありがとう、バッチリ無限遠が出ましたよ


ごたく話しは ここまで
ソニー α7 II に、M42→Nex マウントアダプターを介して付けてみました
いつもの 絞り開放写真に行ってみましょう





5
b0069128_14483043.jpg

ええやろ

わたし   「は~い、ミミちゃん こっち向いてぇ」
ミミちゃん 「また ええレンズやねぇって 言わせたいんやろう」「向かんもんね」





6
b0069128_14384811.jpg

青いこみち

このあいだまで、いつ抜け落ちるか判らんので
タクマー58mmF2.4 は 無限遠に合わせて一切触らずに
外付けしたヘリコイドで ピントを合わせていました

レンズのヘリコイドでピント合わせしようが 外付けのヘリコイドで合わせようが
写りに差が出るはずは無いけれど なんかレンズが良く写っているような気がします

「青いこみち」の文字が 最新のレンズに負けないくらい シャープに撮れました





7
b0069128_14385341.jpg

ミニクーパーが いない

いつも 陸橋の上から撮っている 薄緑色のお家です

この日は 近寄って撮ってみました
なぜか 赤いミニクーパーが おりません





8
b0069128_14390769.jpg

逆光で

逆光で 撮ってみました

少しフレアーが認められますが 十分に許容範囲内です





9
b0069128_14392967.jpg




めくれてる

8枚目の 逆光写真を撮ったとき
「あれっ」と 思って 近寄ってみました

顔の部分がめくれて 裏側の木が見えています
悲惨な状態になっても 可愛い顔で「あぶない」と 言ってます





10
b0069128_18560105.jpg

木工所跡地

わたしの好きな 集塵サイクロンがあった 木工所の跡地です

わたしの好きなものが だんだん消えて行きます





11
b0069128_18571837.jpg






陸橋より

なぜか M42マウントにした タクマー58mmF2.4 は
フォーカスリングを無限遠に合わせると すこし オーバーインフィニティになります

無限遠が出ないよりは ずっと好きですが





12
b0069128_18574880.jpg




天竺川

うさぎ川と合流する直前の 天竺川です

写真下側の段差のところで うさぎ川と合流しています

川面に映る住宅が 実物よりもきれいでした





13
b0069128_18575594.jpg



らせん階段

機能美あふれる らせん階段です

塗料の色合いも なかなかええです





14
b0069128_18580027.jpg



秘密の通路

DIY の コーナンへ1分で行ける 秘密の通路です

夏には 通れないぐらい夏草が生い茂ります





15
b0069128_18580587.jpg

にせものマトリョーシカ

写真中央の 緑色の服をまとった 入れ子人形のお嬢さん

マトリョーシカはロシア名物ですが、これは 中国の桂林(グイリン)で買った にせものです
にせものだけれど お嬢さんのなかには 瓜二つの女の子が6人入っています




*********************************************
 ■ 2019年2月8日~10日 撮る
 ■ 1 ~4枚目 1-Nikkor 18.5mm F1.8 on Nikon V1
 ■ 5~15枚目 Takumar 58mm F2.4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F2.4

*********************************************

3Dプリンターがあれば いろんなものが作れますねぇ

でも まだ少し高いですね、キヤノン製で 36万円です
設計するのも だいぶ難しそうです
欲しいです









-

トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/29252863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by legacy_bg5a at 2019-02-12 20:16
先日の記事拝見してから、レンズ探してますけと、このヘリアー型は高いですねー。テッサーもぼちぼちしますねー。
Commented by varifocal at 2019-02-12 20:50
こんばんは。

オークションでアサヒフレックスⅡA型を落札してしまいました(笑)
今日現物が届いたのですが、何かおかしいな?と思いましたら、カメラ側のレンズマウントがアサヒペンタックスのレンズマウントと交換された改造品でした・・・。でもM37の58/2.4が付いていたので「?」とレンズを外しましたら、なんと37-42のアダプターが付いていました。シャッター幕が不調でカメラは修理が必要です。
アダプターが多分純正ではなく、締め付け調整できるように斜めに切断(完全に分断されています)されており、非常に薄いですがフランジに接する皿がついているのでEマウント用のM42ヘリコイドアダプターに装着すると微妙に無限遠が出ません(笑)カメラ側のマウントでは出っ張りが出ずに装着できるので無限遠が出ます。まだ詳しく観察しておりませんので加工法を思いついていませんが、ヘリコイドアダプター側を削ろうと思っています。
Commented by nakajimaakira1948 at 2019-02-12 22:20
想桜さん、こんばんは!

アサヒフレックスIIA と タクマー58mmF2.4 の セットの入手
おめでとうございます。

わたしが入手したナイロン樹脂製のアダプターは 送料込みで918円でした。
ナイロン製でも良ければ ヘリコイドアダプターを削るのはやめて これを入手されたらどうでしょう。
タクマー58mmF2.4は 素晴らしいレンズですので 918円ぐらい追加しても良いでしょ。

または、前回わたしがやったように M42ヘリコイドアダプターは使わずに
薄型のM42→Nexマウントアダプターと M42単体ヘリコイドを使って、M42中間リングとシムで
フランジバックを調整する方法もあります。

Commented by nakajimaakira1948 at 2019-02-12 22:40
legacy さん、こんばんは!

タクマー58mmF2.4 は レンズ単体で入手しようと思うと高いです。
壊れたアサヒフレックスとのセットのほうが 安く入手できることが多いようです。

テッサー型の タクマー50mmF3.5 についても 同じことですよ。

Commented by legacy_bg5a at 2019-03-11 12:26
影響されて Takumar 58mm f2.4 入手しました。nakajimaさんのより たぶん程度は悪いのですが、やわらかい写りでいいです。ボケがなだらかなのと、ピント位置以外がグワットボケルので、主題が浮き上がりやすい印象ですね。レンズ自体も小型ながらズシリと重く、しっかり造られた感じが伝わりますね。@ヘリア―病感染者より(苦笑)
Commented by nakajimaakira1948 at 2019-03-11 14:38
legacy さん、こんにちは!

琢磨58mmF2.4 の 入手、おめでとうございます。

この 3群5枚構成のヘリアー型のレンズは 日本では珍しいのではないかと思います。

日本での3群5枚構成のレンズは 千代田光学のスーパーロッコール45mmF2.8の梅鉢型、
それに続く スーパーロッコール50mmF2.8 や 多くのレンズがありますが
3群3枚のトリプレットの1枚目を 3枚に貼り合わせた、凸凹凸 凹 凸 の構成です。
ぐるぐるボケが出やすく人気があります。

それに比べて、琢磨58mmF2.4 は 端正な昔風の描写を特徴とする描写ですねぇ。
さすが 世界最古の総合光学会社、フォクトレンダーのヘリアー型の子孫の写りだと思わせます。

大事にしてあげてください。

Commented at 2019-03-13 08:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nakajimaakira1948 at 2019-03-13 16:35
鍵コメ Lさん、こんにちは!

ありがとうございます。
弱そうに思えた ナイロン製のM37→M42のアダプターは 意外に丈夫ですので
わたしは これを使うことに致します。

重ねて ありがとうございます。_| ̄|〇

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2019-02-12 19:50 | 58mmF2.4 Takumar | Trackback | Comments(8)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31