1940年の トリオター 135mm F4 で

2019年7月6日(土曜日)

東独カールツァイス イエナの トリオター 135mm F4 です

1940年に そのころ唯一の一眼レフであった エキザクタ用の交換レンズとして造られました
3群3枚構成のトリプレットですが そのコントラストの良さは さすがカールツァイスです

レンズの詳細は「トリオターで とりよった~」に詳しく書いております





1
b0069128_09585632.jpg

C.Z.J Triotar 135mm F4 on Exakta Varex

トリオター 135mmF4 を 1950年製のエキザクタ ヴァレックスに付けたところです
まことに 良く似合っていると思います





2
b0069128_09590188.jpg

Carl Zeiss Jena Triotar 135mmF4 on Sony α7 II

トリオター135mmF4 は、エキザクタにしか似合わないです
こうして見ると 海賊の親分が使う細身の望遠鏡みたいでしょ

トリオター135mmF4 は、細身ですが真鍮製で ずっしり重く 実測で500gあります
1945年からは コーティングが施されて 青い瞳が美しいです


それでは いつもの絞り開放写真に行ってみます





3
b0069128_09590539.jpg

置物ミミちゃん

残念、ちょっと眼にピントが合ってませんねぇ





4
b0069128_09591095.jpg

天竺川

いつも水量が少ない天竺川ですが このところの雨で川らしくなっています

トリオター135mmが 見たとおりの色合いを出しています





5
b0069128_09591567.jpg







街路灯

天竺川の遊歩道の街路灯です

3枚構成ですが、ぐるぐるボケはなく 優しいボケ味です





6
b0069128_09591919.jpg



自転車

通路いっぱいに 直角に自転車を停めて・・・
ママチャリだから仕方がないか

背景のボケが美しいでしょ





7
b0069128_09592494.jpg

軍用バイク

ナチスの兵隊さんが乗るバイク みたいな色ですね





8
b0069128_09592850.jpg

合流点

右上が うさぎ川の最後
左のカルバート(暗渠=あんきょ)は 一般下水で
写っていない手前は 天竺川です





9
b0069128_09593574.jpg

はたらくくるま

わたしは 働く車が大好きなのです





10
b0069128_09594000.jpg

おひさまっこ保育園

この おひさまっこ保育園は
むかしは わたしの実家があったところだったのです





11
b0069128_09594589.jpg

ミミちゃん

拡大してご覧ください
ちゃんと 眼が写っています





12
b0069128_09594900.jpg

キリンさん

キリンさんの いじけた様な眼が大好きです

これが トリオター135mmF4の最短撮影距離です
1.5mの指標を超えて回り 1.4mぐらいです





13
b0069128_09595528.jpg

新居

いままで使っていたベッドは コムギから譲られたものでした
女房が汚いと言って捨ててしまいました

コムギの思い出が いっぱい詰まっていたベッドだったのにぃ

わたし   「ミミちゃん、寝心地はどうや?」
ミミちゃん 「・・・ 眠たいよぉ」




************************************************
 ■ 2019年7月1日~6日 撮る
 ■ 1 & 2 枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 3~13枚目 C.Z.J Triotar 135mm F4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F4

************************************************

銀色の分厚いクロームめっきを施された トリオター135mmF4

プリセットでもない普通絞りのこのレンズ
あと50年、いやっ100年たっても この優しい写りを続けていくことでしょう









-


トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/29508180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Ataron at 2019-07-09 10:57
こんにちは、

135mmあたりの焦点距離は、理想的なレンズを作り易いと聞いた事があります。 その理屈の真偽は判りませんが、それまでの技術のレベルで経験的にそうだったのかも知れません。 ともあれ、自転車の写真など、自然で穏やかなボケの見本の様な写真ですね。

そして、色。 個人的には色彩の誇張された絵に傾きがちですが、本当ににありのままの色も忘れない様にしないとと、いつも思います。
Commented at 2019-07-09 18:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2019-07-06 11:35 | 135mmF4 C.Z Triotar | Trackback | Comments(2)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31