去年の京都

2005年12月13日(火)

だいぶ 足首が良くなってきました。

「もう一日 会社休むよ」 って言うと
「もう治っているのでは?」 とゆーような家族の疑わしそうな眼が・・・・。

写真は、去年の9月 急に思い立って フラリと行った京都です。
まだ とても暑い日でした。





1
b0069128_11245333.jpg

ひっそり

清水寺は 観光客や修学旅行生で いっぱい。
裏に廻ると ひんやりした木陰と 斜面に地蔵さんがひっそり




2
b0069128_1131174.jpg

かぜ

暑いので清水から下る坂で 缶ビールを買って飲みながらトボトボ下りました。

とある家の軒先の暖簾が 瞬間のそよかぜで すこし動きました。
八橋屋? あの生八橋なんかの家かな




3
b0069128_113965.jpg

横丁

缶ビールを片手に 八坂神社のほうへ歩いていったら こんな横丁がありました。
出会い頭の 片手撮りですが 手ブレ防止が効いてますね。

西洋人のおばさんとか 人力車のお兄さんとか いろいろ写ってました。




4
b0069128_1147336.jpg

しつこく撮る

缶ビールを石畳において カメラを換えて もう1枚気合を入れて撮ったつもりです。
気合を入れたら、右側の家や街路灯の柱が だいぶ内側に倒れていました。(涙)
わたし、水平・垂直オンチです。




5
b0069128_11584020.jpg

花見小路付近

これ もっとひどい垂直オンチですね。
両手で撮ってるのに。
白い軽装のおばさんと、黒い厚着のお兄さんを入れたかったから あわてて。 ← 言い訳




6
b0069128_1271014.jpg

鴨川

一転 急にかき曇ってきました。

五条側から 四条大橋、下鴨方面を望んでいます。
ここを西に行けば、懐かしい花屋旅館や高瀬川のある木屋町です。




7
b0069128_12143880.jpg

東華菜館

懐かしい東華菜館です。
四条大橋の西詰めにあり、50年前は このビルの左側(東側)から
鴨川の河原に降りて行ったものでした。

懐かしさで 菜館が左に倒れています。 ← また言い訳
通行する人が 大またなのは ポツリポツリと降りだしたからです。





8
b0069128_12232588.jpg

高瀬川

高瀬川沿いに すだれが下がる家が 親戚がやっている旅館花屋です。
50年以上昔、兄貴が伝染病にかかり 私は曽根崎の家から ここ旅館花屋に預けられました。
まだ小学校に入る前だったか忘れましたが とにかく毎日毎日ここの子供達と遊びまくりました。

むかしは高瀬川は 夏にはよく堰き止められて水が引くと ウナギがいっぱいおりました。
川に素足で入り( ヒルに吸われましたが)、手拭いや軍手を使って ウナギを手掴みで捕るのです。
バケツ一杯捕ったウナギは、近所のうなぎ屋さんへ持って行き 蒲焼にしてもらいます。
お礼に うなぎ屋さんには 何匹かウナギをあげます。
蒲焼は花屋に持ち帰り、家族で食べたり お客さんに出したりしました。

ある時は 花屋の子の小学校について行って 教室で女の先生に 「あんた誰? 帰りなさいね」って言われました。
それでも帰らずに 授業中 空いた席に座って遊んでいました。先生も迷惑だったことでしょう。

うぅー、(涙) 懐かし過ぎる。
ここは 母方の祖父の後妻だった 死んだおばあちゃんの実家です。
親戚と言えるかどうかの薄い関係で 今はみんな代替わりしてしまいました。





9
b0069128_12492912.jpg

木屋町

花屋のあるところは 木屋町通りの船頭町というところにあります。
阪急京都線終点の 四条河原町駅のそばです。

裏を流れる高瀬川沿いに 夕方からボンボリに灯がともり・・・。
高瀬川は 幅数メートルの小川で バーやこんな洒落たレストランが連なります。




10
b0069128_12563684.jpg

舞妓さんの酒

清水坂で見た 舞妓さんの酒です。
とても欲しかったのですが 女房に笑われそうで 買いませんでした。

ショーウィンド越しなのでシャープに写っていないのでなく こんな焼き物なのですよーん。




********************************************************
  撮影データー
■ 2004年9月25日撮影
■ Panasonic FZ10
■ Canon IXY D450 ( 4枚目&5枚目のみ )
■ Program Auto
■ ISO Auto

自宅から京都は、車でも電車でも1時間程度で行けます。
でも京都は なかなかうまく撮れません。
今回の写真は デジ一眼を持っていない頃で コンパクト・デジタルで撮っていますが
D70で撮っても まずうまく撮れないだろうと思います。
どこへ行っても懐かし過ぎて 落ち着きがなくなるためでしょうか。← 言い訳です (^^)

********************************************************











トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/3900143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ru-ko1 at 2005-12-13 19:38
お地蔵様の写真、話し声が聞こえてきそうですね~。
ビールを飲みながら撮ったにしては、なかなかいい傾き加減だと思います^^
私だったら飲み過ぎてカメラを逆さに持ちそうです^^;
Commented by nakajimaakira1948 at 2005-12-13 20:07
るーこさん、こんばんばんは!
わたし、いつも左が下がるのです。
燃費が悪いので、缶ビールだけでは左下がり直りませんでした。
焼酎やウィスキーのロック2~3杯飲みますと 身体がシャキーンとして
左下がりや 手ブレはなくなり 構図もピシリと決まります。 ← うそっぴー
実はいつもコムギを布袋に入れ 左肩にぶら下げ散歩しますので 左肩を上げ気味で 丁度いいのです。
この日は 暑過ぎてコムギが外に出ず 一人で京都に行ったので左下がりなのです。← また言い訳 
Commented by jikomannte at 2005-12-13 21:02
私も大抵、左が下がりますので、PSエレメンツで水平をある程度直してから公開していますよ。
一眼レフのファインダーは視野率が100%以下ですから、ファインダーで見た以上の範囲が写っていますので、水平を直して欠けた角の分位をトリミングして丁度良いと思うようにしています。(笑)
Commented by nakajimaakira1948 at 2005-12-13 22:08
jikomannteさん、こんばんは!
そーですか、素晴らしい写真の陰では やはりそんな努力をされているんですねー。
わたしは、ナマケモノなので いつも写したままです。
PCが古く メモリーが128MBで リタッチソフトが使えないのです。 ← 言い訳です (^^)
まあ ローガン・ランシー、左下がり、ボロPC、わんこ連れ等 いろいろハンデを背負いながら
ぼちぼち jikomannteさんの世界に近づいて行きますよん。
Commented by jikomannte at 2005-12-13 22:50
いえいえ、私なんかは小さい世界でコチョコチョやってるだけでして。
nakajima先輩の見つめる世界には、余裕と広さを感じます。
私の随分先を歩いていらっしゃると思います。

私こそ、キンガン・ローガン・ランシーで、耳まで遠い上に、右手下の親指シャッターですから。(笑)
Commented by nakajimaakira1948 at 2005-12-13 23:38
jikomannteさん、また こんばんは!
はい、歳だけは ほんのちょっとだけ先を歩いておりまーす。(^^)
毎日 今日は何か新しい発見があるかなーと 少年の眼で世界を見つめようと努めてます。
おかげさまで縦位置画像、小さくできるようになりました。
Commented by arizo02 at 2005-12-14 11:58
ブラリブラリとご一緒に歩きながら、薀蓄をお聞きしているようで心が和みます。夏に京都を訪ねましたが、とても暑かった。季節のいいときに行けると(それも平日に)楽しいでしょうね。

若かりし頃に酔っ払って、同じようにしたたかに膝小僧に怪我をしてしまったことを思い出しました。恥ずかしいような、情けないような。お大事になさってください。
Commented by nakajimaakira1948 at 2005-12-14 13:01
arizoさん、こんにちは!
ありがとうございます、足首は だいぶマシになってきました。
来週から 会社に出るつもりです。 ← 本当はもっと休みたいけど

ウンチクに付き合って頂いて どうもです。
今回は、写真がひん曲がっているブンを ウンチクでカバーしました。(^^
Commented by choco-one at 2005-12-14 19:56
こんばんは。
足首回復著しいようでよかったです。
京都、懐かしく拝見しました。
清水の裏にこんな所があったとは知りませんでした。
4年間のグータラ生活ではこんな素敵な場所見つけられませんでした。
ところで
とうとう遠近両用メガネつくっちゃいました。
ど近眼、乱視、中心性網膜症・・・これでよく写真撮るよなーって感じです。
Commented by nakajimaakira1948 at 2005-12-14 21:14
choco-oneさん、こんばんは!
ありがとうございます、足大分ましになりました。
わたしも学生時代(岩倉3年&千本中立売1年)は グータラして
写真も minolta SR1 でたまにモノクロ写真を撮るだけでした。
毎日ギターを弾いていたら 4年間はすぐ経っていました。(涙)
エンシー・ローガン・ランシーの境目無しのメガネは、昨年につくりましたが
遠視部が弱すぎるので 今は使っていません。
メガネ屋さんに行くと、検眼して合わすので弱い奴ばかりになりますねー。
わたし 100円ショップで 本当に合う+2.5の奴を買って バッチリ見えるようになり
choco-oneさんのGRD写真の アラサガシしてます。(^^)
Commented by arizo02 at 2005-12-15 13:53
こんにちは。
コメントありがとうございました。
わたしもだいぶ前から老眼がきております。近視ですのでメガネを外せば見えるので、つけたり外したりしております。それに遠近両用にすると、階段を降りる際に、危険だといわれたことがあります。それでなくても、このごろ足腰も衰えはじめ、階段を降りるときがわりとコワイです。
Commented by nakajimaakira1948 at 2005-12-15 15:22
arizoさん、こんにちは!
老眼、具合悪いですねぇ。わたしは遠視老眼なので 遠くは見えるが近くは見えません。
遠視の眼鏡は、クローズアップ・レンズと同じで、かけると近くしか見えません。
普通に歩いたりするときは はずす必要があります。
ファインダーを覗くときは視度調整し 裸眼で見ますので、撮影後の画像確認も裸眼です。
(裸眼で撮影し、画像チェック時だけ メガネをかけるというのは 邪魔くさ過ぎますので)
つまり ほとんど見えてないのです。(涙)
Commented by musapoo at 2005-12-15 20:24
片手撮りの3枚目、みごとに決まってますね。
じっくり構えていたらかえって撮れないような、そんな気がするのですが、スナップ写真はこんな感じで私も撮って見たいです。
Commented by nakajimaakira1948 at 2005-12-15 21:34
musapooさん、こんばんは!
ありがとうございます。
人間の表情や動作でも同じですが、本人が意識していない時に 一瞬光るるものがあるようですね。
わたしは特にそうなんですが、気合を入れて撮るとロクな写真になりません。(T T)
Commented by biwakokayo4 at 2005-12-16 09:54
たくさん写真を見せていただいていろいろ思いながら拝見しました。
知っている所が多いです。
水平、垂直が難しいですね。
私も苦手。(笑)
Commented by nakajimaakira1948 at 2005-12-16 13:39
kayoさん、こんにちは!
>いろいろ思いながら拝見しました
人間を長くやってると 思い出で身動きできなくなることがあります。
アルバム見て昔を懐かしむのは、おっさん、おばさんのすることですね。← 自分がやってる
足が治ったら コムギ連れて また新しい右下がりの写真を量産します。(^^)
Commented by webtyuu at 2005-12-17 07:50
順調に回復されているようで何よりです。
まぁ仕事なんて休める時は休んじゃいましょう!(笑)

京都良いですね~
ボクはあまり良い所を知らないので鴨川の鳥と遊ぶ事が多いのですが
今度は街撮りも頑張ってみます。

D70は格子線が出ますよね?
キャノンにも欲しい機能だけど、アソコはそう言う声は無視ですね(^^;
Commented by nakajimaakira1948 at 2005-12-17 08:36
webtyuuさん、おはようございます。
ありがとうございます。
「足大丈夫ですか?ところで・・・の件ですが・・・」というようなE-mailが バンバン会社から入ります。
(心配するなら入れるなよ)

前に火呂さんも必ず渡っておられると言った川が高瀬川です。
京都は神社仏閣だけでなく いろいろな被写体があるのですが 殆んど行ってません。
と言うより 服部緑地以外はどこへも行ってません。(涙)

はい、D70格子線が出ます。
でも一度出すと ひっこめるのが面倒、ひっこめると出すのが一苦労です。
Canonは昔から、最先端の技術を駆使するアグレッシブな会社ですが
少数意見は取り上げない場合もありますね。
わたし アル中がすすんでシャッター半押しAFが出来なくなったら
Canonの視線入力AF機を 買うしかないと思っています。(^^)
Commented by tusima-kaji at 2005-12-18 13:20
2枚目の「かぜ」はいいですね、夏の暑い日爽やかな暖簾がフワッと風に揺れる様が、なんとも堪りません。
京都の生八橋、最近たべませんね懐かしいあじです。
ラストの「舞妓さんの酒」私なら、ほぼ間違いなく買ったでしょう。(笑)
Commented by nakajimaakira1948 at 2005-12-18 16:58
kajiさん、こんばんは!
ありがとうございます。
外は寒いのに、暑い時期の写真に付き合って頂き どーもです。
kajiさんは、甘辛両党でしょうか?
わたしは 甘いものアカンのです、日本酒も甘いやつは駄目なんです。
でも左端のベッピンさんの 「舞妓さんの酒」は欲しかったです。
名前
URL
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2005-12-13 13:20 | Panasonic FZ10 | Trackback | Comments(20)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31