さくらのころ

2006年4月9日(日)

さくらの季節です。

きのうは二日酔いで 家でウジウジしていました。
車で出かけた女房は 「黄砂で車が まっ黄色」 とブーブー怒っておりました。

今日は親父の100日で お坊さんと千葉の兄貴夫婦の相手をしてから
NHK囲碁を見てたら もう2時です。

「これはいかん」 と コムギを連れて いつもの服部緑地へ散歩に行きました。
空は どんより雲っており 「白飛ビびより」でしたけんど。

わたしは 花鳥風月を愛でる感性を 持ち合わせておりませんので(^^)
さくらの季節ですが あまり花の写真は撮らんのです。

きょうのレンズは Micro 60mm F2.8 です。



1
b0069128_20235493.jpg

Culvert

服部緑地公園へは いつも服部霊園を抜けて行きます。
写真は 服部霊園にあるカルバート(暗渠=あんきょ)です。

仕事でカルバートを計画することもあり わたし割かしカルバートが好きなんですよ。
トンネルみたいなもんですが 人や自動車は通らず 海水や排水などを流します。

右上のほうに桜が見えておりますね。




2
b0069128_20253310.jpg

うしろすがた

二人でお墓を見ている うしろすがた がありました。




3
b0069128_20264872.jpg

このにおいは

どうも コムギの様子が変です。

立ち止まっては 鼻をクンクン鳴らしています。
あー、バーベキューのにおいです。
もうすぐの服部緑地公園の 桜の樹の下からにおってくるのです。




4
b0069128_2029092.jpg

かも池のさくら

公園じゅう 桜のあるところは どこも人がいっぱいです。
公園じゅう バーベキューのにおいと煙です。
わたしは昼に 兄貴と焼酎ロックをグビグビやりましたので食欲無しです。

かも池に ひっそり桜が咲いていました。
へへへ、ここは池だから バーベキューできません。(^^)




5
b0069128_20504789.jpg

はす

蓮の朽ちたのが かも池の岸に浮いていました。

ちょっと気持ち悪いですねぇー。
蓮の花は あんなに美しかったのに。




6
b0069128_20545070.jpg

Dupont

そうそうに 服部緑地を引き上げました。

家に帰ったら やはり喉が渇いて ビール( 発泡酒ですが [涙] ) を飲みながら
古いデュポンのライターを 磨いてみました。

これ重すぎて 長い間使っていません。




7
b0069128_20552368.jpg

Parker Sonnet

ついでに愛用の シャープペンもシコシコ。
接写したら 結構よごれています。




8
b0069128_20564255.jpg

28mm達 (おまけ)

これはライター、シャープペンを撮った ついでのオマケです。

良く使った 28mmレンズ達です。
この写真ちょっとボケています。

左: 中古で買った Nikkor-H 28mm F3.5、のちに NikonでAiに改造してもらったやつです。

中: TAMRON 28mm F2.5です。 Ai Nikkor を買いに行って これを買わされてしまったやつです。

右: 初代の SIGMA AF 28mm F1.8 です。 MFが欲しかったのですが 発売当初は AFしかありませんでした。


**************************
   共通データー
 ■ 2006年4月9日撮影
 ■ D70 + Micro 60mm F2.8
 ■ プログラムシフト / 絞り優先オート
 ■ ISO 400

**************************

最近、忙しくてブログ更新が一週間に1回しかできません。 ← ずっと前からそうですが。(^^)

そのかわり ブログのスキンを黒バックに変えてみました。
変わり映えしない ワンコ連れ散歩写真の印象を変えるのと、空が白飛びしててもわかりにくいだろう
というコンタンです。
飽きたら また白バックに戻します。 (^^)












トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/4361798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by arizo02 at 2006-04-09 23:37
こんばんは。
2枚目の後ろ姿、赤がとても綺麗です。
とても印象的ですね。
6のデュポンのライター、いい感じですね。
タバコを嗜んでいた頃は、ZippoやRONSONなど
ライターを持つのも楽しみでした。
タバコを止めてみて、その楽しみの部分が
なくなったことが残念ですね。
Commented by tabo2005 at 2006-04-10 05:52
nakajimaakiraさん,おはようございます。
4枚目の桜の構図がとってもいいですね。
6,7番のような写真を是非撮ってみたいです。
でも,拙者は接写のやり方が分からんとです。
共通データを拝見すると,普通のマクロレンズを使えばいいんですね。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-04-10 09:34
arizoさん、おはようございます!
さくらの季節ですが、わたしには特に何といって撮るものがないのですよ。
一年中、代わり映えしない コムギとの散歩写真ばかりです。(涙)

へへへ、このデュポンは新婚旅行のパリで こそっと安く買ったものです。
大分傷がつきましたが 火の付き具合と 閉める時の シャキーンの音は健在です。
タバコは止めたいのですが、止めると千尋の両親や axxxoさんのように
美味しいものを食べ過ぎて ぶひっぶひっと ならないか心配で吸っています。(^^)
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-04-10 10:07
taboさん、おはようございます!
4枚目の桜の写真ですか。
いつも撮る池に 桜が咲いていたのでちょっと入れてみたというノリです。
桜の花は 好きなのですが、ひっそりと咲いている方が どちらかというと好みです。(^^)

6、7枚目のような接写の写真は とても簡単です。
拙者の方法は以下です。
(1) 卓上蛍光灯の光を 思い切り 撮りたい物に当てる。
できるだけ明るく 反射の無いように 角度をいじくります。
(2) マクロレンズは絞りを開放にし 最大に繰り出します。MFに切り替えます。
(等倍付近では、絞っても被写界深度は1mmも厚くはなりません、
それよりも開放でシャッター速度をかせぎ ブレを防ぎましょう)
(3) シャッター速度を確認し 最低でも1/60秒程度が確保できるよう ISOを調節します。
蛍光灯を もっと近づけるのも有効でしょう。
(4) ファインダーを覗きながら 身体を前後に動かしピントを合わせます。
このとき レンズのピントリングは一切 触りません。
撮りたい部分にピントが来たとき シャッターを押します。
この(4)の作業だけは 必ず息を止めてやります。

以上です、ちょっと慣れれば 楽勝ですよーん。(^^)
Commented by biwakokayo4 at 2006-04-10 18:42
同じ28ミリといっても違うんですね。
私はレンズのこととか知らないので・・・。
1枚目、桜を大きく写さず何故暗渠を・・・と思ったら
ちゃんと理由が書いてありました。(笑)
Commented by jikomannte at 2006-04-10 20:08
二人でお墓を見ている後姿、良い感じですね~。
4枚目の桜のフレーミングは秀逸ですね、ステレオ写真のような
立体感を強く感じます、流石!
Commented by datian at 2006-04-10 20:52
Parkerですか、なつかしいです。Parker万年筆はあこがれの万年筆で
した。現在もParkerのシャープペンシルを使われているとはうらやましい
かぎりです。
今はキーボードばかりでパカパカ打って文字にしていますが、
じっくり手書きで何かを書き留めたくなりました。

↓の清原 VK70R 70mm F5、はじめて見ましたびっくり驚きのレンズです。
一枚目で夢の中へ誘い込まれました。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-04-10 21:16
kayoさん、こんばんは!
>同じ28ミリといっても違うんですね。
はい、ちょっとづつ違います。古いニッコールは青色一色のコーティングです
真ん中のTamronは2~3色で、右のSIGMAがマルチコーティングで光が7色に反射します。
前にも言いましたが、レンズのこととか あまり知らないほうがいいですよ。
知れば知るほど ゴタクやウンチクだけ上手になって 写真はだんだん下手になります。

kayoさん、暗い暗渠の奥に かすかに明かりがあるのに 気づかれましたか?
これがいいのですよん。(^^)
桜のように いつも明るく華やかで 皆に好かれるているものよりも、
暗くてジメジメしているけんど もう少しすれば希望の明日が来る暗渠のほうが。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-04-10 21:29
jikomannteさん、こんばんは!
二人の石像の色がちがうので 前にまわって見てみました。
右のは古くからあるやつで、左のが最近造られたものでした。
お金持ちのおじいさんが 石像が一人でいるのは可哀想ぉーと感じて
もう一体つくられたのでしょうねー。

ステレオ写真の背景は 「あまりボカし過ぎてはならない」 と何かの本で読みました。
被写体を背景から浮き上がらせるためには 背景はボケながらも識別できる必要があるそうです。
エラそうに言ってますが、4枚目の立体感はマグレの産物ですよん。(^^)

Commented by nakajimaakira1948 at 2006-04-10 21:43
datianさん、こんばんは!
へへへ、Parkerの古いシャープペンシルには 2Bの芯を入れてます。
もう20年以上使っていますが むかしの手造り品は なかなか壊れません。
わたしにDatianさんのような絵心があれば 3Bを入れていつも持ち歩き クロッキでもするのですが。

清原VK70Rは 写真用というよりは 絵画用のレンズですね。
いつかこれで 古い教会や 鄙びた田舎風景を撮ってみたいと思っています。(^^)
Commented by musapoo at 2006-04-12 21:00
最近、他社製単眼で撮っているため、必然的に中望遠ばかりになっていましたので、正真正銘の35mmを覗いたら広いこと広いこと。
28mmだったら、今の私には魚眼のように感じてしまうかもしれません(^_^;)
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-04-13 13:59
musapooさん、こんにちは!
おっしゃるとおりです。
むかしは、50mmが標準、40mm準広角、35mm広角、28mmは超広角という位置付けでしたねぇ。
実際に、銀塩時代に始めて28mmを使ったときは 「おぉーすごい広角」と感じたものです。
それをこの間D70に付けたら 標準レンズの画角でした。(^^)

レンズのオリジナルの画角が得られる銀塩を また使ってみたい気はしますが、
フィルム代や現像代が高いし フィルムスキャナーが欲しくなるだろうし
やっぱりデジタルで我慢我慢です。
おっと、そう言えばmusapooさん 最近ポジで撮ったり新しいスキャナーを買ったりされてましたね。
えへへ、良いですねー、うらやましいです。(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2006-04-09 21:27 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(12)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31