オプトン・テッサー物語

2006年12月13日(水)

このところ週末は雨で 寒い日が続いています。

寒くて外に出る気がしませんので 家で 「ちゃっぷり、ちゃっぷり」 とか言いながら
ウィスキーを舐め舐め 古~いカメラやレンズのお手入れなんかをしています。

お手入れのあとは 綺麗になったところを パチリ。
へへへ、おっさん趣味ですね。




1
b0069128_23592972.jpg
OPTON TESSAR 75mm F3.5

Rolleiflex 3.5A MX 1951年製です。

しばらく前ですが、千葉の妄想半島にお住まいの choco-oneさん
ひょんなことから 1953年製の二眼レフ minolta Code を手にいれられました。
とても素晴らしい写真を そのミノルタ コードで撮っておられます。

とても羨ましくて、わたしもこの Rolleiflex 3.5A MX (正式名 = Rolleiflex 3.5A ) を引っ張り出して
低速シャッターのネバリを取ったり 貼り皮にクリームを塗ってやったりして
可愛がってやっているのです。

でもコヤツでの撮影は 長いことやっておりません。 
このテッサーは 開放ではシャープというよりも 「穏やかでマッタリ」 という描写です。
でも ほんの少し絞れば、どのテッサーでも同じですが カリカリにシャープです。
春になったら外に持ち出そう (^^)、
そしてスキャナーもほしーけど 置くスペースがありません (;。;)


ところで このRolleiflex 3.5A には OPTON TESSAR 75mm F3.5が付いています。
わたし、オプトン・テッサーという呼び名を聞くたびに この話を思い出します。

第二次世界大戦で負けたドイツは 戦後は 領土を東と西に二分されてしまいました。
世界最大のレンズメーカーであった カールツァイスはドレスデンのイエナ(Jena、旧東独)にあったため
やはりイエナにあった世界最高の光学ガラスメーカーだったショット社などとともに
ロシア占領下の東ドイツの会社になりました。

しかし 一部のカールツァイスとショットのエンジニアは アメリカ軍の手助けで西ドイツに逃れて
西独南部のオーバーコッヘンという小さな町で 細々と テッサーを生産を開始したのです。

OPTON TESSAR の OPTONは オーバーコッヘンのOとNと 光学(Optical)の OPTからとった
愛称だと言われおり オーバーコッヘン製テッサーの意味です。

戦後しばらくは 東独のイエナ製しかカールツァイス名前を使えなかったのですが
西独オーバーコッヘンのカールツァイスは 東独イエナのカールツァイスと
長いあいだ法廷闘争をした結果 和解して オーバーコッヘンも 単にカールツァイスの名前で
テッサーレンズを生産できるようになりました。
現在はカールツァイス財団となり 仲良くやっているようです。

Rolleiflex を造っていたフランケ & ハイデッケ社は 1949年当時ケンカしていた
東独カール・ツァイス・イエナと 西独オーバーコッヘンの両社から テッサーを買い入れました。
それでその当時製造されたいた Rolleiflex 3.5A MX には イエナ製のテッサー付きと
オーバーコッヘン製オプトン・テッサー付きの 2種類が存在するのです。

「オーバーコッヘン製オプトン・テッサーの初期製品には 描写の甘いものがある」
という評判が むかしからあります。
でもわたしは、故郷イエナから遠く離れた地に逃げ移り 歯をくいしばりながら
何とかテッサーに負けないオプトン・テッサーを造りあげたエンジニア達のことを思うと涙が出ます。

確かにこのMXに付いている オプトン・テッサーは、「鷹の眼」と呼ばれて絞り開放から
鋭い写りをみせるテッサーとは やや描写の傾向が異なるような感じがしますけれど
「写りなんかはどうでも良いわい」 という気持ちにさせられます。

もうひとつ、描写傾向の異なる二種類のテッサーを付けて 堂々と Rolleiflex 3.5を売り出した
フランケ & ハイデッケ社の度量にも頭が下がります。





2
b0069128_125482.jpg
TESSAR 50mm F3.5 Carl Zeiss Jena

写真の エキザクタ Varex IIa には 東独イエナ製の テッサー50mmF3.5が付いています。
このテッサーは戦前に造られたものと思われ、アルミ製でちっちゃくてとても可愛いです。

銀塩カラーフィルムで撮りますと コントラストの低い くすんだ色合いになりますが
モノクロでは開放からとてもシャープな写りです。

左側は 東京光学のTOPCON RE Super に付けた RE Auto TOPCOR 58mm F1.4 です。
トプコンはエキザクタ・マウントを採用していました。
エキザクタマウントはマウントの口径が小さく F1.4の明るさを出そうとすると
前玉がこんなに大きくなってしまうのです。
後玉でグッと絞られますので 大きな前玉で光をいっぱい取り込まねばならんのでしょうね。





3
b0069128_1271990.jpg
TESSAR 50mm F2.8

おなじカメラが 2台あるでしょ。

どちらも オプトン テッサー 50mm F2.8 固定装着のレンズシャッター一眼、Contaflex IV です。
1台はボデイは正常だが レンズの無限遠が出ない、
1台はレンズは正常だが、巻き上げ出来ずシャッターチャージ不可、
そんなジャンク2台から、正常なContaflex IV を1台組み立てたものです。

写真中央のピカピカのが ボディ、レンズとも正常なほうで
右手前は ボデイ、レンズともジャンクです、でも文鎮か貯金箱に使えますね (^^)

Contaflex IV は 世界初のレンズシャッター式一眼レフ Contaflex の四代目です。
1963年頃の製品ですが 小型で造形の美しさと造りの精巧さには息をのみます。

このテッサー50mmF2.8の描写は、開放からシャープですが カラー撮影では
やはりコーティングが青色単層のためか コントラストが低く渋い写りです。




*******************************
  撮影データ
■ 2006年12月2日~12日撮影
■ K100D + SIGMA 17-70
■ 絞り優先オート
■ ISOオート(200-800自動選択)
■ 内蔵フラッシュ発光

*******************************

休日も寒くて外に出られまへん (;。;)
寒い冬は きらいです













トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/6184012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by inamoku at 2006-12-13 15:43
好きなんですねぇ。カメラ。
私も何か「コレ」というカメラが持てればいいなと思うのですが、
今のデジカメ市場では難しいですね。

ところで、2枚目に写っているカッコいいサングラスはもしかしてnakajimaさんが着けるんですか??



ぷっ・・・ぷぷっ。


(^_^;)
Commented by choco-one at 2006-12-13 17:31
nakajimaさぁーーーん、こんばんは!
すっごーーーーーいカメラですねー。
沢山ですねー、いっぱいですねー、知らないのが多いですー(; ;
私、最近はフィルムで撮ってまへーん、すんませーん。
あんなサングラスをつけてすごまないでくださいねー(◎ ◎
Commented by jikomannte at 2006-12-13 22:10
この綺麗な机の上を拝見して、私もそろそろ埃だらけの秘密基地の
大掃除をせねばと思うのですが・・・・。
ジャンクのContaflex IV、く、ください。(笑)
秘密基地の書棚の一等地にお迎え致しますよん。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-13 22:18
いなもく さん、こんばんは!
はいっ、好きなんです 多分おねぃさんよりも (;。;)

現代のカメラは 集めて眺めたり 撫でてやって感触を楽しんだりする物体ではなくなりましたです。
そのかわり 昔とは比べ物にならないくらい美しくシャープに写ります。

どちらが良いのかは 全く個人の好みですね。
写真を楽しむといった観点からは 現代のカメラのほうが ずっと簡単に楽しめるのですが
機械としての美しさ、機能美といった面では カメラはずいぶん醜くなったと わたしは思います。

ところで サングラスです
暑い国への出張が決まりましたので 引っ張り出してみました。
これKodakの偏向サングラスですので コンデジの前にかざして回転させると
PLフィルターになるのですよー。
もちろん わたしもハメるのです。 似合うんですよー
ぷっ・・・ぷぷっ。
(^_^;)



Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-13 22:37
choco-oneさぁぁーーん、こんばんは!
約50台のカメラと 幾多のレンズを、金属とガラスのクズにしてはいかんと
時々お手入れなんかしてます。
でもわたしも、ここ数年 全然フィルムを通していません。 デジタルばっかりで~す (;。;)
女房は 「家が傾くー、クズはすぐ売れー、死ぬまでに一台一本づつに値段のタグを付けとけー」 とか
いろいろ喚いております。
利点もあって もう少々あたらしいデジ一眼が増えても女房には 判りませ~ん (^^)

わたしサングラス とても似合うんですよ ← 信用してまへんな
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-13 22:56
純さん、こんばんは!
机の上、じぇんじぇん綺麗ではありません。
女房には絶対触らぬように言ってありますので ものすごいホコリです。
写真を撮るまえに ティッシュで拭きましたが 1枚目の中央にホコリが水で固まった糸の様なものが写っています (涙)

3枚目は少し露出不足で良く判りませんが 手前でボケている ジャンクのContaflexは
もうボロボロで、レンズがしっかりボディに固定出来ずグラグラしています (;。;)

レンズの取り付け取り外しは 裏ブタを取り外して ミラーを跳ね上げて
小さいミラーボックスの中の ビスを外したり取り付けたりしましたので
何本かのビスは飛んで行ってなくなったり ねじの頭がつぶれたりで
レンズがボディにしっかり固定できていないのです (;。;)

まあ、しっかり固定できても無限遠の出ていないレンズですが (^^)
Commented at 2006-12-13 23:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-13 23:35
鍵コメKさん、こんばんは!
わたしは どちらもです (^^)
かわりばんこが良いかもです。

ありがとうございます! そちらのブログに返事致します。
Commented by 京加(o^^o) at 2006-12-14 13:48 x
二眼レフ、懐かしい~。。。って思っちゃいました。
カメラ屋さんでお仕事していた時に二眼レフのコトを知りました。
いろんなカメラにフィルムを入れてあげたりしていたのですが、
二眼レフを持ってくる人はいませんでした。
そして月日は流れ、こんなトコでお目にかかるなんて…(T^T)
って、コレって中はどうなっているのでしょうか?

今までで一番フィルムを入れるのに苦労したのが、
オリンパス???でした。多分(^_^;)上蓋がスライド式に
なったヤツでハーフサイズにとれるカメラです。
って、オリンパスじゃなかったかも~。。。(^_^;)忘れてるぅ~。。。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-14 14:47
京加さん、こんにちは!
(◎◎; ぎょえ~、京加さん、カメラ屋さんでお仕事してたことあるんですかー
いろんなカメラが触れて 面白かっただろうなぁー、楽しかったでしょうねぇー

二眼レフは、写真を撮るレンズと 被写体を眺めるレンズが別々で 縦に2個並んで1枚の前板に取り付けられています。

ピント合わせのノブを回すと前板が前後し、上側のピント合わせレンズの後ろのミラーを通して
カメラ上部のスリガラスのファインダーで ピントを確認するのです。

下側の撮影レンズにだけ シャッターが組み込まれていて、
シャッターを押すとフィルムに光を通して露光します。
上のレンズはいつも光を通していますので、露光時のファインダー像の消滅がないのです。

それとネ、ファインダー像は 9X9cmぐらいのデカさで、その中に6X6cmの写る範囲がワクで判るようになってます。
デジカメの小さいファインダーを覗いたあとに 二眼レフのファインダーを覗くと そのデカさに腰を抜かします。(^^)

こんなに素晴らしい二眼レフなのに 何でスタレたの?
ファインダー像が左右逆像で 動体撮影が至難の技だったんですよ。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-14 14:57
京加さん、書き忘れです!
フィルムの入れにくかったハーフサイズ判のは オリンパス・ペンですね。
裏蓋全体を外すカメラは フィルム装填がやりにくかったですね。

でも底蓋だけを外してフィルムを装填するライカIIIf なんかは もっともっとやりにくく、
フィルム先端を ハサミで幅狭くせねばならんし 屋外でのフィルム交換に15分ぐらいかかるのはザラでした。(T T)
Commented by hirok41 at 2006-12-14 18:04
こんにちは 御邪魔します。
名機を所持されて、その歴史をさかもぼるとは、いいですね。特に歴史あるの機器は、聞かせて戴いて面白そうですね。
また、壊れた2台のContaflexから、正常な1台に仕上げられるとは、素晴らしいですね。
私も機械好きな人間ですから、そんなお話を聞くと心が騒ぎます。若い頃、会社で減圧率の低くなった
赤外真空乾燥機を直したり、ワインダーの分解修理をしたり、Sonyのカセットデッキの駆動ベルト交換を
したりした事はありましたが、精密機は、まだ、やった事はありません。面白いでしょうね!
完成機を使って写真が撮れた時は最高だったでしょう。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-14 18:59
hiroさん、こんばんは!
いま会社で一休みです。 ← 一休みが長いと 評判で~す (^^;
もし Rolleiflex MX のことを言われているなら これは名機ではありません。
オプトン・テッサーが付いているため人気が無く、わたしは南アフリカで仕事をしていたときに非常に安価で入手しました。

Contaflexの1台は中古の正常品を買ったのですが、使っているうちに 無限遠が出なくなりました。
ずっと放っておいたのですが 数年前にジャンクのContaflexを見つけました。
正常な1台に組み立てたと書いておりますが、実際はレンズを入れ替えて
無限遠を出すために 薄~いシムの枚数を調整した程度です。

あとは自分のローガンの眼と ドライバー持つ手の振るえ(アル中かぁー)との戦いでした (^^)

わずかに オーバー・インフ (∞マークまで回すと 無限遠を通り越す)に仕上がりましたが
とにかく遠くにピントが合わせれた時は最高の気持ちでした。
でも上で書きましたように カラーの冴えの無さにガックリしました。
修理(と言う程でもないですが)が出来て とにかく写ったという喜びを味わったあとは
Contaflexで 写真を全然撮ってませ~ん (;。;)
Commented by chinpike at 2006-12-14 21:42
一枚目の右奥のラジオ?がとっても気になったりします。
むかぁしむかぁし、BCL(ご存じですか?)やってたもので。(^^)
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-14 22:16
chinpikeさん、こんばんは!
目ざとく見つけられましたね (^^)
これは中国で仕事していた頃に手に入れた BCL レシーバーです。
けっこう高性能で周波数はデジタル表示します。 今でも時々短波を楽しんでおります。
TECSUNという中国のブランドですが この会社はドイツ、アメリカなどへ
無数のBCLラヂオを OEMで輸出しております。
中国はAC220Vなので、わたしは日本では 100-200Vの昇圧トランスを使用して 楽しんでおります。
わたしは受信専門ですが むかし BCLカードは何枚か貰っています、どこにあるかわかりませんが (;。;)
Commented by C-Nemo at 2006-12-14 22:41
こんばんは。
さながら、nakajimaカメラ博物館のようですが、博物館と違うところは、
単なる飾りになっていないで、ちゃんと手入れされて、スタンバイ状態に
維持されている点ですね。
ローライフレックスは、この前おっしゃっていたものですね。
しかし、個人的には、1枚目の右手に見えるNikonレンズ群が気になり、
2枚目のエキザクタが、め~っちゃめちゃにカッコ良く見えます。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-14 23:12
Good Evening, Captain Nemo
博物館とちがうところは 汚いゴミだらけの机に カメラやレンズを置いているところでしょうね (^^)

はい、そのとおりです。
ローライに限らず ペンタプリズムを外してフードを付けた一眼レフは
写真を撮らなくても スリガラスの上でピントを合わせるだけで なんか眼がウルウルになってしまいます。

MFのNikkorは このように順番に(彼らとしては一年に何度かだけ)棚から出して
ピントリングを回してグリスが固まるのを防止してやり 新鮮な空気を吸わせてあげてます。
そのついでに D70に付けて1~2枚パチリパチリで~す。

エキザクタは このVarex IIaの時代、Exaktaの文字が 花文字でエンボスされていた時代が一番良い時期であり
カメラファンに最も愛されていたときなのでした。

以降 エキザクタの品質はだんだん悪くなって行き ついには日本のコシナに
ボディのOEM生産を依頼するようになって行ったのです。

Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-14 23:28
ネモ船長、続きです!
現在の日本のカメラ産業も 昔日のドイツのカメラ産業界と同じように感じます。
ニコン、キャノン、ミノルタ、ペンタックス、コンタックス/ヤシカ、コニカと
世界に誇る名機を製造した心意気は どこに行ってしまったんでしょう。

デジタルカメラの「初期不良」? そんな言葉は むかしはなかったです。
世に出すまでに 徹底して試作機のテストを繰り返し、確実に性能と耐久性を確認してから販売開始していた
誇らしげに Made in Japan を刻印していた あの品質は どこへ行ってしまったんでしょうね。

Commented by 京加(o^^o) at 2006-12-15 06:20 x
nakajimaさん、説明していただき、感謝です(o^^o)
二眼レフ、カワイイですよね? 実物を手に取って見てみたいです。
写真屋さんは写真に興味があったので、入社しました。
プリントはとても楽しかったです。でも、いろんな写真が世の中には
ありますよね。結婚式からお葬式(故人の顔のアップとかも(^_^;))
に襲名披露とか(^_^;)男女の卑猥な写真とか(^_^;)
人生の勉強をさせていただきました(^^ゞでも、視力が0.04まで
落ちてしまって辞める羽目に…。今でも思い出すのは変な写真ばかり
ですぅ~。。。忘れたい…卑猥な奴とか(T^T)
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-15 12:49
京加さん、こんにちは!
どういたしまして。
二眼レフを 若い女性が首から下げると とても似合うだろうと 常々思っています。
現代では全く人気がありませんので、とても安価で買えますが
50年ぐらい前の製品が殆どですので もし購入されるなら注意が必要です。
カメラ屋のおじさんに 「もし故障がわかったら 返しに来ますので お金も返してね」と 確約とったほうが良いでしょう。

お勧めの No.1は Yashica (ヤシカ) 124G で1980年頃まで造られていました。
露出計も付いていてるし Yashinon 80mmF3.5の写りはとてもシャープです。

プリントは楽しいですねぇー、でもフィルム現像は一発勝負なので気を使うでしょ (^^)

どんな写真でも大好きで~す、卑猥なやつも ひひひ
Commented by C-Nemo at 2006-12-15 21:29
またまたこんばんは。
続きになるまで書いてくださって、どうもありがとうございます。

>日本のカメラ産業も 昔日のドイツのカメラ産業界と同じように感じます。
私も生意気ながら、同じようなことを感じます。
Nikonが銀塩をやめる宣言をしたとき、とても嫌な予感のようなものを
感じてしまいました。やめるということは、技術を(イコール文化を)
捨てるということに等しいと思うんです。
コシナといえば、Zeiss Ikonが頭に浮びますが(コシナはいい会社と
思いますが)、逆にZeissはそんな風に、BiogonやPlanarの名を
売り渡すようなことしていいのか!? と思ったりもします。
こういうのって、自社の誇りをかけて守るべき名前と品質じゃないのかと。
他社がぜったいに製造できないような技術と品質を、守るべきじゃ
ないのかと思うんですよ。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-15 23:57
ネモ船長、こんばんは!
このあたりに 経営思想の違いが出るのでしょうね。
いまだに ライカ社やハッセル社は 「違いがわかる人だけ 買ってくれれば良い」と
手造りの、高品質だが高価格で売れる優良品を少数製造し続けてています。
そして違いがわかる一部の人を対象として 堅い ビジネスを続けています。

一方、大会社になって、株主に気に入られる様に、毎年右肩上がりの売り上げを期待されている
サラリーマン社長が会社の方針を決めるようになった 日本のカメラ産業界は
その年の売り上げだけに貢献すれば良い、決して長く愛されることの無い、
醜いプラスティック製の、機能満載の、つまらぬカメラを 世に出すことに きゅうきゅうしている様に思われます。

すんません、愚痴ばっかりで 「お前が社長ならどーする」と言うのか が 書けません (;。;)


Commented by tusima-kaji at 2006-12-16 12:28
こんにちは、
オッサン趣味としては少しやり過ぎではあーりませんか、
カメラ50台とは凄いですね。
やはり私は奥さんの 「家が傾くー、クズはすぐ売れー、
死ぬまでに一台一本づつに値段のタグを付けとけー」
の言葉に賛成いたします、特に「...死ぬ前に1台1本
づつに値段のタグを付けとけー」は名言であります。

えへへ、持たぬ者のひがみですよん。^_^;

Commented by 京加(^_^;) at 2006-12-16 18:42 x
nakajimaさん、こんばんは~(o^^o)

>二眼レフを 若い女性が首から下げると とても似合うだろうと 常々思っています。
現代では全く人気がありませんので、とても安価で買えますが
50年ぐらい前の製品が殆どですので もし購入されるなら注意が必要です。
カメラ屋のおじさんに 「もし故障がわかったら 返しに来ますので お金も返してね」と 確約とったほうが良いでしょう。

nakajimaさんも商談上手みたいですね。
私は下手で~すf(^ー^;

>お勧めの No.1は Yashica (ヤシカ) 124G で1980年頃まで造られていました。
露出計も付いていてるし Yashinon 80mmF3.5の写りはとてもシャープです

今は先立つモノがありましぇんが、いつかきっと(o^^o)ですね。

>どんな写真でも大好きで~す、卑猥なやつも ひひひ

そうですかぁ~。50代60キロ台の女性と50代60キロ台の
男性との全裸の絡み写真。。。好きなんですねぇ、nakajimaさんは(^_^;)

私はその光景が今でも忘れられず思い出すと吐き気がしてきます(O.O;)(o。o;)
Commented by datian at 2006-12-16 22:41
50台のカメラとレンズに乾杯です。
2回読んでも覚えられない複雑な実話をよくササッと
文章にされますね。
オプトン・テッサー物語と題されているので、てっきり
500円DVDの話しかと思いました。横にはCDかDVDの
ケースらしきものが山積みされているので、なおさら
そう思いました。
1台1台にその時の思い出がきっちりと刻印されている
ようで、なかなか印象深かったです。私にはそうした
ものが無いですが、これからオールドレンズにその役を
かってもらおうかとたくらんでいます。
では、ふたたびクラシックカメラとオールドレンズに
かんぱ〜い!!!。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-17 08:36
kaji さん、おはようございます!
返事遅れてすんません m(_ _;)m
16日の土曜日は 親父の1周忌でした。
法事のあと千葉から来た兄貴一家と 昼から飲みまくりで先程眼が覚めました。
相変わらず豊中はどんより曇っていますが 二日酔いであまり寒さは感じません (^^;

今日も雨が降りそうだし 家を傾けているクズ鉄・クズガラスのお手入れをしょうかな~。
寒くなるとグリスが固くなり クズ鉄・クズガラスのピントリングの回転が重いです。
ぐりぐり回していると 掌の温かみでグリスが柔らかくなり クズ・ガラスのご機嫌が良くなりますです (^^)
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-17 08:51
京加さん、おはようございます!
Yashica 124Gは 正確には Yashica Mat (マット) 124Gでした。
Gの付かない Mat124 というのもあり 一つ前の露出計の無い型で、これも素晴らしいです。(^^)

あまり商売気の無いお店が良いでしょうね。
おじさんに 「二眼レフで写真が撮りたいけど あまりお金がない、写らなかったら返品したい」 と女性が言えば
「よっしゃ」 と言ってくれるのではと想像します。

50代対50代ですか、うーん ピカソなんか80数歳のとき20歳のヨメさん貰いましたよ (^^)
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-17 09:13
datianさん、おはようございます!
1970年代に 「クラシックカメラ専科」という雑誌が創刊されました。
古いカメラ・レンズの話が満載で とても面白い雑誌で毎号楽しんで読んでおりました。
オプトン・テッサーの話も たしかこの雑誌で読んだのではないかと思います。
この話が頭にこびり付き、南アで仕事をしていた時 骨董品屋で 安~いローライフレックスMXを見つけ
オプトン・テッサー付きであるのを確かめて さらに値切って1万5千円ぐらいで購入しました。

「クラシックカメラ専科」は、現在でも季刊で年4回ぐらい発売されていると思いますが
最近は筆者たちが若返り 古カメラ・古レンズの逸話などが減ってしまい あまり面白くありません。

datianさん、入手されたオールドレンズの名前で Google検索されますと
きっと製造当時の逸話なんかが読めるんじゃないですか。
古カメラ・レンズに カンパーイ♪ です (^^)
Commented at 2006-12-17 17:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-17 17:22
鍵コメさん、こんばんは!
問題ありません。後でそちらへ伺います (^^)
Commented by りあ・どらむ at 2006-12-17 23:13 x
こんばんわ、D40にとSB400を買ってみました。6、800と共に在るのですがトップヘビーになるので・・。
既存のストロボの場合、ケースなどを含めるとレンズ1本分の容積を使うので携行を躊躇する場合もありました、(でも使うかも・・?と悩む)がこれなら小さなバックのポケットにも入れる事が出来、なおかつ本格的な撮影の補助灯に使えるのでかなりいい物ですよー。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-17 23:36
りあ・どらむ さん、こんばんは!
そうですねぇー、ニコンはカメラメーカーの中では異常と思えるぐらい
昔から本格的なスピードライトに力を入れておりますね。

わたしは殆ど外付けストロボを使いませんので、いまだに30年ぐらい前に買った
SUNPAKのauto20SRという 小さい可愛らしいヤツを使ってます ← いえっ持ってるだけです。

F、F2、F3ともに巻き戻しノブ軸の上に シュー・アダプターをスライドさせて取り付ける 使いにくいもので
この時代に既にストロボがキライになってしまいました。

ストロボは、D70でもK100Dでも カメラ本体に内蔵のを使っております (;。;)
Commented by りあ・どらむ at 2006-12-17 23:46 x
うーん確かにF2、3ともに専用を所有してますが使いづらいですねぇ。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-18 10:05
りあ・どらむ さん、おはようございます!
外付けストロボを使わないくせに D70にストロボのシンクロ・ソケットが付いていないのを さびしく感じています。
アクセサリー・シューは ホット・シューになっており コードで繋ぐ古いストロボが使えません (;。;)
Commented by hirok41 at 2006-12-18 14:42
こんにちは 先日、デジカメWatchを見ていたら、FinePix S5 Proの記事が載っており、内容を読んでいました。
そうすると基本ボディーは、D200を使用していて、レンズマウントはNikonFマウントそれに非CPU内蔵レンズが
装着できると書かれていましたよ!価格は高くて買えませんが、これは、古いレンズも可能という事でしょうか?
私の勘違いかも知れませんが、であれば、富士さん、Nikonオールドレンズ洋を考えたのでしょうか。
Commented by biwakokayo4 at 2006-12-18 15:21
nakajimaさんのコレクションすごいですね。
私はカメラがたくさんあるとどれがどれだかわからなくなりそうです。
付属品も含めるとなおさらでしょう。
それを大事に手入れされて、
カメラに対する愛着が素晴らしいです。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-18 18:46
hiroさん、こんばんは!
非CPU内臓レンズというのは レンズの開放F値などの情報のCPUを内臓していないレンズのことです。
古いMFレンズは全部が非CPUレンズですが Ai Nikkorレンズは D70でも使えることは説明したとおりです。
ただし露出計が働かないのは hiroさんもご存知のとおりです。
さらに D200であれば MFのAi Nikkorでも露出計が働き レンズの開放F値をカメラに入力することにより絞り優先撮影ができます。

わたしの言う 非Aiレンズというのは 原則的にニコンのデジタル一眼に機械的に ハメられないレンズです。
これはD200に対しても同じことです、非Aiレンズを無理に突っ込んで回転させると カメラを破損します。

<長くなるので ↓に後半を書きます>
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-18 18:57
hiroさん、<後半>です。
ちょっと富士の S5 Pro の仕様を覗いてみました。(^^)
使用可能なレンズをみると
・非CPUレンズでも A (絞り優先オート露出)や M(マニュアル露出)で使用可能とありました。

これは D200の仕様表と全く同じ表現であり、レンズの開放絞り値をカメラに入力することによって
露出計が Ai Nikkor に対して働き 絞り優先オートによる撮影が可能になるということです。
非Ai Nikkor をハメて回転させると やはりS5 Pro を破損させると思われます。

D70にも、この機能でも良いから 付いていたら良いんですがねぇー (;。;)
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-18 19:13
kayoさん、こんばんは!
古女房や子供に相手にされなくなりますと、古カメラ 古レンズが相手です。
文句を言わないぶん、可愛いで~す。
あっ、コムギも同じで~す。(^^)

Commented at 2006-12-18 21:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-18 22:51
鍵コメさん、こんばんは!
ありがとうございました。了解です。
でもなんで 意地悪じいさんやねん?
Commented by デジタル一眼レフペンタックスフ at 2006-12-19 11:54 x
相互リンク依頼
サイトの内容の素晴らしさを拝見いたしまして、是非とも当サイトに登録していただきたくメールをいたしました。

サイト名
デジタル一眼レフペンタックスフォーラム
http://www.dslr-p-forum.com/index.html

登録先
http://dslr-p-forum.com/xoops1/modules/yomi/regist_ys.php?mode=new
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-19 15:34
デジタル一眼レフペンタックスフォーラムの管理人さん、こんにちは!
登録しましたけれど、お気に入り写真のURLの貼り付けが うまくいかず
写真なしで登録されました。(涙)

このexciteブログから写真を選んで、プロパティからURLをコピーして
貼り付けましたが うまく行きません。
写真もヘタクソですが コンピュータもヘタクソですので、お気に入り写真の貼り付け方を もっと詳しく書いてください。
タイトルバナーのURLと仰られても 何のことかわかりまへーん(;。;)
Commented by デジタル一眼レフペンタックスフ at 2006-12-19 18:09 x
こちらで設定しますので写真のurlを教えてください。登録されたurlをクリックすると「URLに該当するページが見つかりません」と表示されます。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-20 00:12
デジタル一眼レフペンタックスフォーラムの管理人さん、こんばんは!

コンピュータもヘタクソのおっさんの無理を聞いて頂きありがとうございます。
わたしも「確認」をクリックしてみましたが「URLに該当するページが見つかりません」と表示されガックシしました。

この写真(絵)は、MS Paintで描き、jpgに変換してexciteブログにアップしたもので
個人的にとても気に入っております。
URLは つぎのとおりです。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200606%2F17%2F28%2Fb0069128%5F1321367%2Ejpg

最後の4文字を Ejpegのまま登録したら「URLがおかしい」と受け付けられなかったので
E.jpegと Eとjpegの間に カンマを入れて登録しております。
Commented by qchan1531 at 2006-12-20 22:40 x
こんばんは。nakajimaさん。Tokyoもさむいです。
>でも文鎮か貯金箱に使えますね (^^)
最後まで読ませていただきましたが、上のは秀逸??イエナのこと勉強になりました。テッサーのblog記事早速読ませていただきます。
※私も、あこがれてBlogたてました。今後ともどうぞよろしく。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-20 23:19
qchanさん、こんばんは!
豊中もとても寒いです。
ウィスキーを舐めながら 皆さんのブログを徘徊しております。

古いテッサーが大好きです。
わたしの以前(2006年7月22日)のブログで テッサーで服部緑地やコムギを撮ったものを
アップしていますので ご笑覧いただければ幸せです。

ここは 肩のこらない気楽な ワンコとの散歩写真などをアップしているブログです。

ブログの立ち上げおめでとうございます (^^)、こちらこそ どうぞよろしくお願いします。
また たまに覗いてやってくださいね (^^)
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-12-21 16:42
デジタル一眼レフペンタックスフォーラムの管理人さん、こんにちは!
さっきサイトを見たら、ヘタクソなロゴが現れておりました (^^)
ありがとうございました。

ただ最初の http://www.dslr-p-forum.com/index.htmlの画面で
ログインできません。
ログインは必要ないのでしょうか?

まずい事に、登録したメールアドレスに届いた そちらからの確認メールは消去してしまいました。
「パスワード」は いつも同じなので判るのですが「ユーザー名」がわかりません。

「パスワードを忘れた時」の手順で 何回かやってみましたが ダメでした。(;。;)
Commented by デジタル一眼レフペンタックスフ at 2006-12-21 21:48 x
ランキングサイトの登録とホームページのユーザー名とパスワードは違います。 登録されているかを調べるにはトップページのパスワード紛失をクリックして、登録に使用したメールアドレスを記入して送信してください。登録されていない時はユーザー情報がありませんと表示されます。その時はもう一度新規登録をしてください。
Commented by ArraveAttalge at 2011-06-03 07:38 x
Добрый день дорогие друзья, мы готовы подарить Вам 5% скидки на лубую путевку купленную по этому объявлению!!!! Для того чтобы получить скидку достаточно при бронировании путевки назвать кодовое слово larussiaGO и скидка на любой тур в ваших руках!!!!!

<a href=http://larussia.com/italytour>Экскурсионные туры В Италию</a>
<a href=http://larussia.com/italytour>Шоп туры в Италию</a>
Commented by nakajimaakira1948 at 2011-06-04 06:14
Hi ArraveAttalge !
I've visited your site but unfortunately I do not understand russian language.

Commented by droneourl at 2013-06-04 12:23 x
Hellllo. And lllBye

<a href="http://33j9XdkVwmyttUfG.ru/" target="_blank">итовния сущевская 20</a><br>
Commented by Rhivoppyrip at 2013-06-21 20:02 x
<a href=http://samui-today.ru/villy-na-samui/>
<img>http://s40.radikal.ru/i090/1303/5b/5610746f6e9f.jpg</img>
<img>http://s001.radikal.ru/i194/1303/f4/4ecaebbc31f5.jpg</img>
</a>

Tegs: погода в тайланде в феврале тайланд видео смотреть <b>товары из тайланда интернет магазин</b>.

<u>виллы в аше на самуи </u>
<i>виллы в мерефе на самуи </i>
<b>виллы в запорожье на самуи </b>

<a href=http://samui-today.ru/villy-na-samui/>частных виллы в хабаровске на самуи </a>
Commented by Rhivoppyrip at 2013-07-07 05:46 x
<a href=http://www.teh-snabgenie.ru/benzogeneratory.html>
<img>http://www.teh-snabgenie.ru/images/benzogeneratory-1.jpg</img>
<img>http://www.teh-snabgenie.ru/images/benzogeneratory-2.jpg</img></a>

Tegs: контур интернет магазин бензогенераторов <b>сварочный полуавтомат</b>.

<u>trimble </u>
<i>дизельные генераторы </i>
<b>весы cas </b>

<a href=http://www.teh-snabgenie.ru/benzogeneratory.html>надежный бензогенератор </a>
Commented by nakajimaakira1948 at 2013-07-07 07:30
Hey, Rhivoppyrip さん
How can you access my Blog ?
I refuse any comments with only alphabet :D
名前
URL
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2006-12-13 01:58 | 17-70mm AF SIGMA | Trackback | Comments(55)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30