テッサーとカッサール

2007年7月15日(日)

台風が来ました。
みなさま 大丈夫だったでしょうか。

最近は雨ばっかりで、今回の写真は ぜんぶ家でのウジウジ写真です (涙)

E330に エキザクタ→4/3アダプターを付けて、手持ちの古レンズで遊んでみました。
東独イエナの カール・ツァイス製 テッサー50mmF3.5 と
西独ミュンヘンの シュタインハイル製 カッサール105mmF4.5 です。



1
b0069128_9563869.jpg

Tessar 50mm F3.5 / Carl Zeiss Jena

東独ツァイス・イエナで1952年から76年まで生産された テッサー50mmF3.5です。
とても小さな可愛いレンズですが アルミ削り出しの鏡胴の仕上げは素晴らしく
寸分の誤差も無く丁寧に造られています。
ニコンの古いレンズはヘリコイドのグリースが悪いのか ピントリングがスカスカになるか
硬くなってしまうかどちらかですが、この古いテッサーのピントリングは ねっとりと快適に回ります。

絞りリングは鏡胴の一番前にあり クリックストップがありませんのでヌルリと連続して回り
E330のファインダーを覗いたままでは 幾らまで絞っているのかわかりません。
明るい視野でF3.5開放、やや暗くなってF8~F11、F22で視野が真っ暗というところです。
絞り羽根は15~16枚もあり、絞ってもいつも円形を保ちます。
わたしはあんまり絞らんので5~6枚でもええのですが。

この写真、自分で自分は撮れないので K100D+SIGMA17-70mmで撮っています。

さて、デジタル一眼で テッサー50mmF3.5の写りはどうでしょうか (^^)




2
b0069128_1030156.jpg

テッサー・コムギ

めずらしく一発でコムギの眼にピントが合いました。
ウソです、数枚撮ったなかでピントが合ったのはこれだけでした(;。;)
露出補正をマイナス1EVかけましたが やり過ぎで白い本がやや黄色いです。

それにしても 手ブレしてませんね。
実はE330を買ってから ISOはずっとオートで使っていました。
ISO1600まで設定できるはずなのに ISO400以上には設定できなかったのです。
この撮影の直前に 「ISO感度拡張設定」というのを取説を読んでやってみたのです。
「ああ、でけた でけた(^^)」 と喜んで ISOを640まで上げてそのまま戻すのを忘れていたのです。
それで手ブレが無いのです、しくしく




3
b0069128_10432916.jpg

女房のサボテン

ベランダで女房が育てているサボテンみたいなやつです。

ファインダーがやや暗くなるまで絞りましたので F8ぐらいと思います。
露出補正+0.3EVですが 実際の色に近いです。
これは何故かISO500です。




4
b0069128_10491696.jpg

電柱

ベランダのすぐ前にある電柱にピントを合わせています。
背景がぼんやりボケていますので 絞りは開放~5.6程度と想像してます。
発色に鮮やかさが欠けていますね。
これも何故かISO500です。




5
b0069128_1058274.jpg

SHIMANO

息子が分解してそのままのマウバ(MTB)の部品です。
SHIMANOの文字にピントを合わせたら 合っていました。 ← 奇跡です
これは露出補正マイナス1EVで 見たとおりの色になりました。

どうもE330では、明るい被写体にはプラス補正 暗い場合はマイナス補正が必要です。
いやっ、これはどんなカメラ・レンズで撮っても必要なことでしたね (^^)




6
b0069128_11304739.jpg

わんこ

PCの上に置きっぱなしにされて 「降ろしてくでぇ~」と言っている100円わんこです。
可哀想ぉ~
この写真は ISO640、露出補正マイナス1EV、内蔵フラッシュ発光です ← めちゃくちゃの設定ですね




7
b0069128_11124876.jpg

テッサーでカッサールを撮る

「レンズ交換の前に 次に使うレンズを撮っておけ」 と inamokuさんに教えて頂きました。

アダプターなどを使ってMFレンズを使用しますと exifデーターでは焦点距離が0mm
開放F値が1.0に表示されてしまいますので 後でどのレンズを使って撮ったのか判らなくなります。
それで、次に使うレンズを今付けているレンズで撮っておくと 後でどの写真から
どのレンズに交換したのか判るので とても便利です ← AFレンズをお使いの方は不要ですよ (^^)

この写真も ISO640、露出補正マイナス1EV、内蔵フラッシュ発光 です。
滅茶苦茶の設定というか 前の写真から何も変えていません ← アホですね(;。;)

さて、シュタインハイルのカッサール105mmF4.5 蛇腹専用レンズで~す。
デジタルでの写りは どんなんでしょうか




8
b0069128_11393545.jpg

カッサール・コムギ

くっ、暗い。
そのはずです、露出補正マイナス1EVを 戻すのをずっと忘れているのです。
ISO640の設定も ずっと戻すのを忘れたままです。
ファインダーに露出補正とISOの設定を出すようにして下さい、オリンパスさん!

オリンパス 「露出補正値は ファインダーに ちゃんと出てまっせ~」
わたし   「あっ、ほんまや ちゃんと出てる。 すんまへ~ん」
コムギ   「舌 出してまっせ~」

ふ~む、なかなか柔らかいええ描写です。ウレピー (^^)



9
b0069128_11515420.jpg

接写コムギ

ええ~い、接写じゃ。
あかん、手ブレしてます。
いやっ、被写体ブレかな

わたし 「コムギ、じぃっとせえ~」
コムギ 「じぃっと出来るかぁ~」

35mm判換算210mmF4.5を 手持ちで接写、まあブレるわなぁと諦めました。




10
b0069128_1204533.jpg

ストロボ・コムギ

いや、内蔵ストロボを焚けばイケるはず と諦めずに カシャ、☆ピカッ☆
うっ、気持ち悪ぅ~

これも ISO640、露出補正マイナス1EV、ただ内蔵フラッシュを発光させただけで
設定は9枚目の写真からノータッチでした。 ← まったくアホですね 
すまん、コムギ m(_ _;)m




11
b0069128_12133046.jpg

流し

やっとISO640に気付き ISOオート(100~400自動選択)に設定しました。
これでクッキリ・バッチリかと思って 家の流しを撮ってみました。

アカン、手前の細いチューブを狙ったんですが ピントは後ろのステンレスの太いほうに合ってるし
発色がイマイチどころかイマサンです。

と思ったら露出補正がマイナス1EVのままでした。← ヘタクソの極致でございます




12
b0069128_12243610.jpg

ゆるいサボテン

これは何か?
はい、露出補正を戻し忘れていることにやっと気付き 今度こそと気合いを入れて
サボテンみたいなんを撮ると こんな 「ゆるい写真」 になりました。

chinpikeさんによりますと、最近はコントラストがギンギラギンで シャープな写真よりも
おだやかで柔らかい ゆるい写真が好まれるとの事です。

まあ、美しいボケ味を確かめたことにしておいて下さい。
本当は 単にピント合わせに失敗している(;。;)のですが。
昔の銀塩フィルムでの接写は いつもこんな調子で失敗ばかりだったですよ~




13
b0069128_12345624.jpg

また電柱

青空バック、露出補正ゼロ、ISOオート、これで綺麗にシャープに撮れなければ
このカッサールはドブに捨てようと(本当は絶対捨てませんが)気合いを入れて撮りました。

来ました来ました! ピントが来ました!
画面中央 手前の電話線?上部のガイシにピントが来ています。
ほんとうは うしろの電柱を狙ったんですが (涙)

まあどこかにピントが合ってるので良しと致します(^^;




14
b0069128_12572337.jpg

Cassar 105mm F4.5 / Steinheil Munchen

こんなんをぶら下げて歩いているオッサンがいたら わたしです (^^)


【お勉強】
カッサール105mmF4.5は ミュンヘンにあったシュタインハイル社が50年ぐらい昔に造った
蛇腹専用レンズです。
蛇腹専用レンズというのは、レンズ鏡胴に焦点調節機構が無く ピント合わせは 蛇腹の伸縮で行います。
↑ の写真で言えば、2本のレールの前の方にある丸いノブを回すことにより蛇腹が伸縮して
ピント合わせが可能になります。
だから最短撮影距離というものも特には無く 長い蛇腹を使えばいくらでも近接できることになります。
また無限遠というものも無く、遠い山々を写す場合でもしっかりピント合わせをせねばなりません。
そうしないと datianさんの言われる 「冥王星にピントが合う(焦点が無限遠を超えてしまう)」 という事になります (^^)


シュタインハイル社は1855年に カール・アウグスト・フォン・シュタインハイル博士が起こした光学会社です。
カッサールの他に クルミナー、クルタゴン、キナー(Quinar) など多くのレンズを製造しました。
日本ではライカマウントのキノン(Quinon)が有名な程度で あまりその名を知られておりませんが、
一眼レフの黎明期には M42マウントや エキザクタマウントの多くの名レンズを発表しました。

↑ の写真、Powershot G7で撮りました。




*****************************************
  撮影データー
■ 2007年7月8日~7月15日撮影
■ 2 ~ 7枚目: E330 + Tessar 50mm F3.5
■ 8~13枚目: E330 + Cassar 105mm F4.5
■ 露出: 絞り優先オート
■ 露出補正: マイナス1EV ~ プラス1/3EV
■ ISO640, 500, オート

*****************************************

「ゆるい写真」 ばっかりですんまへ~ん。

E330で古レンズを とっ換えひっ換えして楽しんでいるのですが
D70、K100Dに較べて 明らかにCCDへのゴミの付着が少ないです。
というか、E330にはゴミが付きませんね~。 うれぴーです (^^)












トラックバックURL : https://nakajimaak.exblog.jp/tb/7116970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Digital Phot.. at 2007-07-15 19:54
タイトル : 目から鱗が出てくるわけが無いですが落ちてきた! -MFレ..
どうも、半漁人の額ぶち犬です。 デジ一にハマって以来、いろんな方のデジタル写真ブログを見て回っては 関心しきりだったのですが 今日、とってもコロンブスのたまごっち的な文章を発見しました。 それはnakajima akira''s photobookというナカジマアキラさんのBlogでの、この日の日記に 「レンズ交換の前に 次に使うレンズを撮っておけ」 と inamokuさんに教えて頂きました。 アダプターなどを使ってMFレンズを使用しますと exifデーターでは焦点距離が0mm ...... more
Commented by choco-one at 2007-07-15 14:18
nakajimaさぁーーーん、こんにちは!
台風、雨はかなり降りましたけど風はほとんど吹きませんでした。
今頃が房総半島に最接近なはず?なんですけど静かです。
さっき雨きらいで散歩を拒否していたチョコを連れ出してきました。

それにしてもかっこえーレンズが次々とでてきますねー(^^
私は根性なしなんで、自動で便利なレンズ専門ですー。
古いかっこえーレンズはnakajimaさんの写真で楽しみます(^^
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-15 15:16
choco-one さぁぁーーん、こんにちは!
大阪は今朝未明に大雨と強風に注意ということで 昨晩はビビって寝ました。
朝起きたら 風は強かったけれど青空の快晴でした。
12,13枚目は その快晴の下で撮りました。 けんどイマイチでした (;。;)
午後になって 豊中はまた曇ってきて風も出てきています。
今日も家でウジウジみたいで~す。

古いかっこえーレンズ、なかなか思うように写ってくれまへ~ん (涙)
でも古レンズで楽しんでいるあいだは 自動で便利なレンズを買いませんので財布には優しいです。

古いレンズをデジタル一眼で使うには、ピント合わせ、露出補正、手ブレ(ISO)と
気を使わんとあかん所がいっぱいあります。
銀塩写真では常識だったことが AF、AE、など便利な時代になって 頭から抜けてしまっています。
まあ、ボケ防止にちょくちょく古レンズでの撮影をやって行きます (^^;

今3時15分、また晴れてきました。
コムギが 「どっか散歩に連れて行けー」 と喚いております。
Commented by ちくりん at 2007-07-15 16:09 x
nakajima さん、こんにちは。

天気予報では日曜日に台風がくるっていうことだったので、土曜日に雨の中家内とお出かけしました。
今朝起きてみたらちょこっと青空が~~

蛇腹レンズと言えばあおり撮影?と単純に思っていたのですが、カッサールさんにはそれらしきノブは付いていないようですね。
とするとこれは元々接写用のレンズだったのでしょうか?

どうみても扱いにくそうなレンズで挑戦される姿勢を尊敬します。
次回は綺麗なおねぃさんも宜しくお願いいたします。
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-15 18:48
ちくりんさん、こんばんは!
昨日は雨でしたので わたしは一日家でウジウジしておりました。
雨でもお出かけですか、もし撮影行であれば素晴らしいで~す (^^)

あおり撮影と 蛇腹専用レンズには直接の関係はありませんです。
どんなレンズでも蛇腹を使って偏芯など光軸をずらせることで「あおり撮影」ができます。
レンズに特徴があるのでなく 蛇腹とレールに仕掛けがあるのですよ (^^)

蛇腹専用レンズというのは 拡大撮影を目的としたレンズではなく
望遠レンズ(望遠に限りませんが望遠が多いです)でありながら 鏡胴と繰り出し装置が無いぶん
とても軽量・コンパクトにでき、このカッサールなんか105mmなのに長さが4cm足らずです。

レンズ自体でチルトやシフトの出来る いわゆるシフトレンズがありますがだいぶ高価ですね。

MFレンズは確かに扱いにくて失敗もしますが 何とか撮れたときは嬉しいものです。
綺麗なおねぃさんを 古レンズでやわらかく撮りたいですが、あっちこっちレンズを触っているあいだに
おねぃさんが 「あほか」と言って去って行ってしまいそうです (^^)
Commented by 額ぶち犬 at 2007-07-15 19:51 x
nakajimaさん、はじめまして。
最近E-330を買った者です。
こちらのBlog、大変参考にさせていただいています。

MFのレンズを交換前に撮る!はとっても参考になりました。
ありがとうございます。
これからもチョコチョコ拝見させていただきたく思います。
では、失礼します。
Commented by chinpike at 2007-07-15 21:38
ははは、ぬるい写真ですか。(笑)
ちょっとニュアンスは違いますが、ホントはゆるい写真です。
ま、どっちでもいいか。(笑)
ええっと、たとえば写真誌カメラ日和とかを立ち読みしてただけると
わかると思います。
多分みんなシャープかつハイコントラストのいわゆるデジタルテイスト
に飽きてきたのかなあとおもいます。
それで違った表現を求めているのかと。

からだの中まで写されそうなレンズです。(汗)
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-15 22:04
額ぶち犬さん、はじめまして & こんばんは!
E-330を買ってから キットの14-45mmは殆ど使っておりません。
取説もちょっと読んだだけで 古レンズに走っておりますので、失敗ばかり重ねています(涙)

「次に使うレンズを撮っておけ」 は、ブログ仲間のinamokuさんに教えて頂いたのです。
わたしも重宝しているテクニックであります (^^)
絞り値が判らんというのは わたしも困っていますが、わたしはあまり絞りませんので
うっすらとした記憶と 実際の画像から 「1段絞りぐらいだろう」とか推定しております。

ここは、わんこ連れのカメラ散歩が主体の 気楽なブログですが
ときたま古レンズによる写真なんかも紹介しております。
気が向いた時でも また覗いてやってくださいね (^^)
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-15 22:16
chinpikeさん、こんばんは!
おおっ、そうでした 「ゆるい写真」でしたね、記事を修正しておきました (^^;
でも、「ゆるい」 と 「ぬるい」 って感じが似ておりますね。

むかし 一生懸命シャープな写真が撮りたいと気張っておりましたので
今でもシャープな写真が好きで なかなか「ゆるい写真」を楽しむ気持ちの余裕がありません (涙)

まあ、古レンズで撮りますと 勝手に「ゆるい写真」になってくれるようです。

>からだの中まで写されそうなレンズです。(汗)
どんな高性能レンズでも、遠視老眼のわたしがMFで使う限りは そうは写らないと思います。 しくしく
Commented by biwahama at 2007-07-16 10:42
nakajimaさん お久しぶりで~す。お元気でしたか?
雨ばかり続いて うじうじの1週間でしたね。心も晴れなくて 私もうんざりしてました。
この台風で梅雨前線が動き出せば もう夏空でしょうね。
この雨で 家の外周りの工事もはかどらず・・・。
今日は雨も上がり早くからブルトーザーが五月蝿いです。
舌を出したコムギちゃん可愛いです。うちのメリーは 工事のおっちゃんに
吠え立ててうるさい~!また痩せてきました・・・。食べても痩せていきます。
Commented by tusima-kaji at 2007-07-16 13:09
こんにちは。
オールドレンズといってもnakajima さんのは並じゃない
ですね、蛇腹の伸縮でピントを合わせるカッサールとかを
見ると昔の暗箱を思い出しますねー。

そのうち4×5インチほどのCCDを使った電子式暗箱が
開発されたりして...。(笑)
テッサーやカッサールで被写体にされるコムギちゃんも
大変ですね、さんざん写されたあげく目ん玉にフラッシュ
の光まで焼き付けられて...カワイソゥ。^_^;

ところで、やっと大型台風の脅威から逃れたと思ったら
今度は新潟、長野に震度6強の地震発生とは、日本列島
もだんだん住み難くなってきましたねー、大地震が発生
する前にはやいとこ手持ちのオールドレンズのデジタル
試写を済ませた方がよいですよー。(^_^)
Commented by inamoku at 2007-07-16 14:42
近頃私もフォーサーズに興味が湧いております。
というのも、ペンタではNikonのレンズが使えないけど
フォーサーズではアダプタ経由で使えるからです。
エギザクタも使えるし・・・・・。
410とかが投げ売り状態になったらゲットするかもです。(笑)
しかし、テッサーはやはり世界のベストセラーですねぇ。
Commented by sabigari at 2007-07-16 15:31 x
nakajimaさんこんにちは、
それにしても沢山カッコイイ古いレンズをお持ちですね、やっぱり保守管理
とかは注意深くしてらっしゃるのですか?レンズを制作した人たちもきっと
涙流して喜んでいると思いますよ。
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-16 15:59
biwahama さん、こんにちは!
相変わらず 夏暑く冬寒い古い家に住んでおります。
暑さ、連日の雨、湿気などで あまり元気はありません。
隣の家が売りに出されて、買った人が最近リフォームを始められ、その音でコムギが吼えまくっています。
ワンコは新しい音にとても敏感ですので メリーちゃんも気が気でないのでしょう。
時々コムギを抱っこして 隣の工事を見せて納得させようとしているのですが
コムギはアホですので 吼えまくりを止めません。

メリーちゃん、眼が見えないので余計に不安なんでしょうね。
ブルの音がしても biwahamaさんが笑っていれば メリーちゃんも落ち着くと思いますよ。

はい、また暑い夏がやって来ます。
ビールが(うちは 発泡酒です) 一段と美味しくなりま~す (^^)
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-16 16:14
kaji さん、こんにちは!
ははは、なんにもカッサールみたいな邪魔臭いレンズを使う必要は無いのですが
関西に大地震が来るまえに 古レンズに21世紀の景色を見せてやりたいと思って使っとります。
でも雨ばっかり続きますので外に連れ出せず 古い家の中でのワンコ撮りです。

カッサール105mmは、E330では210mmになりますので 10枚目の外科写真みたいなんでも
カメラからコムギまでは結構葉なれておりまして そんなに眩しくないはずで~す (^^)

柏崎、2発目の地震が来たみたいですね。
日本はどうなっているんでしょう。
親殺し、子殺し など滅茶苦茶なことをやっているので、神さんがとうとう怒り出したみたいです。
早く 古レンズの試写を終えなければなりませんね。
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-16 16:26
いなもく さん、こんにちは!
エキザクタ、トプコンREのレンズをお持ちでないのであれば 4/3フォーマットカメラは あまりお勧めしません。
やはり焦点距離が2倍まで伸びるのは ツライものがあります。
ニッコールは D200で絞り優先オートで使えるではありませんか。

いなもくさんの「次に使うレンズを 今のレンズで撮っておけ」 がえらい評判です。
わたしも必ず実践しております。
MFレンズの絞り値までは判りませんが どの写真からどのレンズを使ったかが判るだけでも
大進歩であります (^^)

>410とかが投げ売り状態になったらゲットするかもです
わたしは 投売りになったカメラ・レンズばかり買っています (涙)

>テッサーはやはり世界のベストセラーですねぇ
同感です、テッサーに当たり外れ無しです
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-16 16:39
sabigari さん、こんにちは!
海外の古レンズは むかし個人輸入(海外の通信販売を 昔こう呼びました)で入手しました。
いづれも びっくりするような安価で購入しましたです。

>やっぱり保守管理とかは注意深くしてらっしゃるのですか?
いいえ、何にもしておりませんよ
除湿庫のような高級なものも 一切使っておりません。
ガラスの付いた普通の本棚に ただ置いているだけです。
レンズも子供も 甘やかしてはなりませぬ。
「カビなんかはやしたら 捨ててしまうからね」 と どやし付け
時々(年数回ぐらいでしょうか) 本棚から出して ヘリコイドを回して絞りリングを回して
新鮮な空気を吸わしてやっている程度です。

古カメラや古レンズ達、えらいオッサンの家に来てしまったなぁ~と 泣いております (^^)
Commented by kei1709 at 2007-07-16 23:25
コムギちゃん、ほとんど黒目でかわい~ぃ!
下のコムギちゃん、こわいです。見なきゃよかった。(笑)
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-17 09:16
kei さん、おはようございます!
ごぶさたしておりますが お元気なようですね (^^)

わんこは大体 黒目がちなようですね。
でも拡大すると 気持ち悪いです。

暑い、湿気が多い、仕事忙しい、こんな時こそ休日はコムギとカメラを抱えて
どこかへ出かけたら良いのでしょうが 休みも家でウジウジしている今日この頃です (;。;)
Commented by patapatamaman at 2007-07-17 09:29
おはようございま~す
コムギちゃん、やっぱり可愛いですね~
植物やコムギちゃんは柔らかいトーンだと優しい雰囲気で
見ている方も優しい気持ちになるようです♪
5のマウンテンバイクの写真はなるほど!です
焦ってとんでもない補正をして仰天する事がありますぅ。。。
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-17 11:07
patapon さん、おはようございます!
やわらかい感じに撮りたいと思って やわらかく撮れたのならば とても嬉しいのですが
8枚目のコムギは、期待していたのよりも柔らかい描写なので 記事は「負け惜しみ」です (;。;)

アダプターを付けたMFレンズでの撮影は、絞り優先オートで撮りましても
露出が不足したりオーバーだったりします。
それとは別に、暗い被写体ではマイナス露出補正 明るい被写体ではプラス露出補正が必要なので
頭がこんがります。 まぁボケ防止には良いのでしょうが (^^)

わたしはISO感度を設定変更したあと、いつも戻し忘れるんです。
ISOの設定値は、ぜひファインダーで見えるようにして欲しいで~す。
Commented by qchan1531 at 2007-07-17 12:34
こんにちは。蛇腹のレンズおもしろかっこいいですね。
オリンパスさんについておりますと、医療機械か顕微鏡かという感じもしたりして。(根拠ないです)CANONさんだとこうは行かないのではないでしょうか。テッサークンは2.8とはまた違うタイプなんですね。奥が深いです。
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-17 23:32
qchan さん、こんばんは!
仕事であがいております、いま帰宅してビール(発泡酒)を飲み終えたところです (;。;)

そうですね、オリンパスのコア製品はカメラじゃなくて 胃カメラとか医療用、業務用の光学製品ですもんね。
10枚目のストロボ・コムギみたいなんが オリムパスの真骨頂かと思われます (^^)

テッサーはネ、生まれたときは確か50mmF4.5で それからF3.5やF2.8に
進化していったと思います。
50~60年ぐらい昔のドイツでは、いろいろ名前は付け変えられても
3群4枚構成の名玉は 殆どがカール・ツァイス・イエナ製のOEMじゃないかと思っています。
そんな目で見ますと、当時の独国製のコンパクトな標準レンズは みなテッサーに見えてきます。
それまでの3群3枚構成のトリプレット型レンズ構成に 1枚レンズを貼りたしただけなのに
テッサー型のレンズの描写は ほんとうに安定していますね。
Commented by hirok41 at 2007-07-18 20:28
こんばんわ オールドレンズの味をデジタルカメラで楽しめるなんて本当に楽しいですね。
オリンパスは定評がありますが、2倍になると、やはりと望遠側になり私の使用範囲では少し使い辛くなりますね。
でも、ごみの付かないのは良いですね。今のところ現場でレンズ交換をするものですから、ごみに気を遣います。
今年の祇園祭は10日から雨の日が多くこういう時にはよけい気を付けなければなりません。
今のところ、D70を元気に使っています。その内、仲間が増えるかも知れませんが、まだ、今のところ思案中です。
こういうのも何か楽しい時期時期かもしれません。
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-18 23:34
hiro さん、こんばんは!
はい、古いエキザクタ(トプコール含む)マウントのレンズを E330で楽しんでおります。
このカメラは この目的で購入しましたので 現代のオリムパス・瑞光レンズを買う気持ちはありません。← 本当か?

E330、D70やK100Dに較べて ゴミの付着が皆無に近いのは良いですね。
他社も是非この技術を盗んでほしいと思います。

>現場でレンズ交換をするものですから、ごみに気を遣います
>雨の日が多くこういう時にはよけい気を付けなければなりません
hiro さん、これは逆です。
雨で湿気の多い日は 空気中の塵埃を雨が叩き落すので ゴミがCCDに付きにくいです。
家でレンズ交換をする時にも 「必ずお風呂で交換する」という方がおられるぐらいです。
雨の屋外でレンズ交換する場合は もちろん雨滴の浸入に気は使わなければなりませんが
軒下などで雨滴がしのげるならば 晴天の風の強い日などよりは余程条件は良いと考えられます。

わたしは以前に申しましたように 古いMFニッコールが絞り優先オートで使える
安いニコンのデジ一眼が発売されるまでは D70とK100Dを使い続けるつもりです ← 本当か? (^^)
Commented by hirok41 at 2007-07-19 10:53
レンズ交換時のごみ進入:なるほど、大気中のほこりやごみは細かい水滴が付着して少なくなり交換時には
入り難い訳ですか。参考にさせて戴きます。
この一月に撮影に出掛けた時、雪がちらつく中、レンズを交換した後、暖房の効いたビルの中でレンズ内が曇りだし、
まるでソフトフィルターを掛けた様になってしまいました。
これは湿度の問題だっただけにいずれにしろレンズ交換は気を遣います。ありがとう御座いました。
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-19 12:57
hiro さん、こんにちは!
空気中には多かれ少なかれ水蒸気が存在します。
暖かい空気はが保有できる水蒸気の量は、冷たい空気が保有できる水蒸気の量より多いです。
それで暖かい空気の中に冷たい物(例えばカメラ)を持ち込みますと
その冷たい物のまわりの空気が冷えて冷たい空気になりますので
今まで保有出来ていた水蒸気を保有できなくなり 水を造ってしまいます。結露と言います。

冬場に、暖房している部屋のガラス窓にだけ水滴が出来るのは この結露の理屈によります。
寒い屋外から急に暖かい部屋や 植物園の温室などに入りますとレンズやファインダーが曇りますね。
結露が発生しているのです。

いつもカメラバッグには ポリ袋を入れておきましょう。
屋外で雨が降ってきたらポリ袋を被せてバッグに仕舞います。
寒い屋外から暖かい部屋に入る時も カメラを裸でなくポリ袋に入れて持ち込み
室温になってから取り出しますと結露が防げます。

でも蒸し暑いタイでは状況が全く逆で、冷房の効いた屋内から屋外に出たとたんに
カメラも わたしの体も結露しております (涙)
Commented by rin6174 at 2007-07-22 10:18
コムギちゃん、ストロボ我慢してたんでしょうか・・・エライですね

細かい設定をいじりながら撮るということにも勿論面白さがあるのだと思いますが、
自動で便利なカメラで、専ら切り取る部分だけを考えてシャッターを押してます
いや、勿論それすら思うようには行っていませんが(泣)
思うように行かないと言えば視力の低下です
薄暗いとてきめんに焦点が合い辛くなってきました
ファインダーを必死で覗いてもピントが会っているのかどうかよくわかりません・・・
眼鏡をかけており、ファインダーに当たるから余計です

・・・まだ出来上がりませんが、眼鏡を先日新調しました
日頃の見え方も含め、少しは改善されるといいんですが・・・
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-07-22 16:09
倫さん、こんにちは!
なんかコムギの目玉を わたしがストロボ光で痛めつけているように感じられているのですが
換算210mmの望遠で撮っておりますので だいぶ離れて撮ってるんですよ (^^;

わたしも倫さんと同じで 普段はピントはAFまかせ、構図とタイミングだけで撮っています。
遠視老眼ですので 通常は裸眼です。
ファインダーも 視度調整をプラス一杯にして 裸眼で覗いています。
仕事で細かい図面や数字を見るとき、PCを使うときだけ眼鏡をはめます。
写真を撮ったあと いちいち眼鏡を取り出してかけるのは面倒なので
裸眼のまま構図の確認ぐらいしかしていません。
だから後でPCを見て 「あっと驚くタメゴロー」という事がしばしばです (涙)
それで、今回のようにMFレンズで撮った写真は 殆どが狙ったところ以外にピントが合っています(;。;)

眼鏡屋さんで眼鏡を合わせてもらって 使ってみますといつも度が弱いのです。
高いお金を払って合わせた眼鏡で重宝しているのは皆無です。
写真を見るときは 100円ショップで2~3個買った どぎつい眼鏡を使っとります。


Commented by mizuki_2004 at 2009-02-23 19:58
こんばんは~
スキン変えられたんですね。お写真も大きくなって見ごたえがあります。
Tessar 50mm f2.8だけでなく Tessar 50mm f3.5もお持ちなんですね。
昨日で店頭で初めて見たテッサーはこちらと同じ物だったと思われます。
Prakticaマウントでこんな風格のあるレンズがあるとは、露知りませんでした。

一眼だけでなく、レンジファンダーの50年代以前のカメラはこれまたカッコよいです。
クラシックなカメラはライカしか知りませんでしたが、ebay見ていると
妙な知識がついて困ります。

>「次に使うレンズを撮っておけ」
なるほど。いつも空とか、地面ははさんでいましたが、これならもっと確実ですね。

Commented by nakajimaakira1948 at 2009-02-23 21:44
みずきん さん、また こんばんは!
えへへ、そうなんですよ スキンを変えてみました。
このスキンに変えたのは 写真を大きく見せたいというのが理由でした。
でも頂いたコメントや 見て頂きたいサイトが下のほうに集まるのは好きではありません。
いろいろスキンを変えるのも好きではないのですが 決定版が見つかるまで我慢ください m(_ _;)m

この記事で見せたかったのは 1枚目、7枚目と14枚目のレンズの姿だったと思います。
特に1枚目の アルミ削り出しのテッサー50mmF3.5は、わたしの宝物のひとつです。

こういう宝物の写りを見ていますと シャープだとか綺麗だとか言うよりも
写っているだけでシビレてしまいます (^^)

「次に使うレンズを撮っておけ」 は そのとおりなんですが、いつもレンズを変えてから
「あぁ しまった、撮るのを忘れた」になって なんで撮ったのかわからなくなっております (^^:

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nakajimaakira1948 | 2007-07-15 13:50 | 105mmF4.5 Cassar | Trackback(1) | Comments(30)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31