2014年 11月 06日 ( 1 )

カッサール105mmF4.5

2014年11月6日(木曜日)

寒くなりましたね
パッチを はきました

寒くなったら古レンズです
今回は 西独ミュンヘンの蛇腹専用レンズ カッサール105mmF4.5です





1
カッサール105mmF4.5_b0069128_948214.jpg

Cassar 105mm 1:4.5

カッサール105mm 1:4.5 は こんなレンズです
外観はシンプルですが ヘリコイドが無いので このままでは引き伸ばしレンズぐらいにしか使えませんね

普通絞りはF4.5~32までで 絞り羽根は14枚あります

西独のミュンヘンにあった シュタインハイルが1959年以前に造ったレンズです

なんで1959年以前に造ったと判るねん?
それは こんな資料があるからです


カッサール105mmF4.5_b0069128_9545299.jpg

SEYMOUR's Bulletin in 1959

アメリカのセイモアの1959年のエキザクタの広告の一部分です
上から4段目が Cassar 105mmF4.5 です

■ 2014年11月5日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700





2
カッサール105mmF4.5_b0069128_104297.jpg

純正レンズキャップ

シュタインハイル純正のレンズキャップです

ホコリだらけに写ってますが 実際は綺麗です

接写が効くキヤノンのG7で ISO1600にして撮ったからノイズが出まくっているのです
Münchenの 「ü」のあとに写っている白いゴミは 本当のゴミですけんど

■ 2014年11月5日 ■ Canon Powershot G7 ■ 接写モード ■ ISO1600





3
カッサール105mmF4.5_b0069128_1020522.jpg

蛇腹にセット

カッサールを蛇腹にセットして エキザクタ→NEXアダプターに付けようとしたら ロックが効きません
中国製の安物アダプターでは ときどきこういう事があるのです

手持ちのトプコン製の中間リングを1枚かましたら ロックが効くようになりました

■ 2014年11月5日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700





4
カッサール105mmF4.5_b0069128_10334067.jpg

三脚にセット

三脚にセットしました
べつに三脚を使う必要はないのですが まず接写をやりますので

3群3枚構成のカッサールは、写真では判りませんが 美しいシアン系の単層膜コーティングが施されています

蛇腹の伸縮を調整してピントを合わせます

ところで 蛇腹とカメラの水平が大きくズレているのに気付かれましたでしょうか?
やっぱり 安物アダプターはアカンですねぇ
まあ 普段は三脚なんか使いませんので 別にええけど

■ 2014年11月3日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700





5
カッサール105mmF4.5_b0069128_1052269.jpg

トプコンPR

105mmF4.5開放で接写してみました
被写体は 日本初のレンズシャッター式35mm一眼レフ トプコンPRのネームプレートです
α7の ピント拡大機能を使っています

なんでトプコンPRを写すねん?
えへへ、トプコンPRは1959年生まれで カッサール105mmと同い歳やもんね

三脚を使っていますので ブレもなく綺麗に写ってますね

■ 2014年11月3日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞り開放





6
カッサール105mmF4.5_b0069128_1101876.jpg

トプコール50mmF2.8

ボディは 買って1週間で壊れてしまったトプコンPRですが
トプコールレンズは綺麗で 使ってほしそ~です

■ 2014年11月3日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞り開放





7
カッサール105mmF4.5_b0069128_11113052.jpg

遠景

三脚をそのまま使って 遠景を F8まで絞って撮ってみました
水平の出ていないのは アダプターがアカンからです

画面中央に1枚ベールをかましたような写りですね
右上の 赤い干し物は綺麗に写っているのに

フィルター径は30mm程度と小さくて トイレットペーパーの芯製のフードも使えません

■ 2014年11月3日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞りF8





8
カッサール105mmF4.5_b0069128_11261011.jpg

シュナイダーのキャップ

また近接写真です
ピントは プラクティカIVの シュナイダーのレンズキャップです

ピント拡大を使いましたが しっかりした解像力と優しいボケが嬉しいです ♪♪♪

■ 2014年11月3日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞りF8





9
カッサール105mmF4.5_b0069128_1133485.jpg

公園の樹

秋になって ばっさり枝を切られた公園の樹です

ピントは 画面中央の白い枝の断面をねらっていますが
やはり画面全体がベールを被っています

手持ち撮影です

■ 2014年11月4日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞りF8





10
カッサール105mmF4.5_b0069128_1142508.jpg

動物会議

手持ちで 動物会議を撮りました

ブレないように ISOを6400に上げていますので ブレはありませんが
狙ったズマロン35mmのレンズ名が あまりシャープに写っていないようです

それと 画面中央のベールが気になります
こんど使うときまでに トイレットペーパーを切って特製フードを作ります

■ 2014年11月5日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞りF8











by nakajimaakira1948 | 2014-11-06 11:52 | 105mmF4.5 Cassar | Trackback | Comments(20)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30