カテゴリ:135mmF4 UV Topcor( 2 )

2018年6月5日(火曜日)

東京光学の UVトプコールは、35mmF3.5 と 53mmF2 は みすぼらしい距離目盛が付いていますが
UVトプコール135mmF4 と UVトプコール200mmF4 では、立派な距離目盛になっています

135mm と 200mmレンズ鏡胴は 白黒のコントラストがシンプルに映えて美しいです




1
b0069128_854485.jpg

UV Topcor 135mmF4 & UV Topcor 200mmF4

UVトプコール135mmF4 と 200mmF4 です

シルヴァーの被写界深度目盛りリングと 黒の対比が素晴らしいでしょ


両レンズとも、写りにはこれと言った弱点はないのですが
最短撮影距離が、UV135mmが 1.8m で UV200mmに至っては なんと6mもあり
これだけは 何とかしてほしかったと思います





2
b0069128_8211818.jpg

UV Topcor 135mmF4 on Alpha 7 II

UVトプコール135mmF4 を α7 II に 付けたところです
135mmでF4と 明るさを欲張らなかったためか
小柄な旭光学のスーパータクマー135mmF3.5より 一回りコンパクトです


     仕様

概要    : 1969年 東京光学機械製 レンズシャッター式一眼レフ用 135mm望遠レンズ 後期型
レンズ構成 : 3群4枚構成
最短撮影距離: 1.8m
絞り    : 5枚
コーティング: アンバー系(だいだい色)主体、シアン(薄水色)単層膜コーティング
フィルター径: φ49mm
マウント  : UV Topcor マウント
重量    : 305g
発売当時価格: 16,400円(ケース1,000円)



それでは UVトプコール135mmF4 の 絞り開放写真を紹介しましょう





3
b0069128_8385981.jpg

こいのぼり

近所に出来た おひさま保育園の新しい園舎です

UVトプコール135mm、トプコンクラブでは 線の太い描写だと評されましたが
なかなか細部まで解像していると思います

ピントは こいのぼりの目玉です





4
b0069128_845847.jpg

minolta 35 Model II

本棚の上の ミノルタ35 II です

やさしくボケた ニッパーくんが カメラを眺めています





5
b0069128_8485880.jpg

カエルくん

6月2日の土曜日の かんかん照りの昼間に散歩です

暑いのに 大きなカエルくんがレインコートを着ています
ワンコやニャンコもおりました





6
b0069128_8551460.jpg

自転車

美しく並んだ青い窓の下に 自転車が停めてあります





7
b0069128_912182.jpg

洋風のお家

もう少し離れて建っていたら 日本の風景とは思えない 洋風のお家たちです





8
b0069128_941827.jpg

すっきり通り

ここも 二つの看板が無ければ 日本の町とは思えない すっきり通りです





9
b0069128_991269.jpg

ぼく おかあさん おとうさん

ぼく おかあさん おとうさん
あっ、おとうさん 隠れないで出てきてよっ





10
b0069128_9133248.jpg

白壁

粋な白壁

きれいなボケ味は REトプコール58mmF1.4 の 血を引いているのでしょうか





11
b0069128_9182950.jpg

かんがえるひと

銅像(これは鉄像ですか?)は ピント合わせが難しいですね





12
b0069128_9223877.jpg

酔っぱらいタヌキ

右から だんだん酔っぱらって 左端では寝込んでいます





13
b0069128_9264194.jpg

商店街抜けたところ

桜塚商店街を抜けたところです

暑いので 半袖すがたの人が多いですねぇ





14
b0069128_931287.jpg

親子

暑いのに おかあさんの買い物袋を両手に持たされて 歩いています



***********************************************
 ■ 2018年6月1日~5日 撮る
 ■ 1 ~ 2枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 3~14枚目 UV Topcor 135mmF4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F4

***********************************************

最短撮影距離が1.8mと長い UVトプコール135mmF4 ですが
街に出て撮るぶんには 不自由はありませんでした



おまけ
b0069128_14580189.jpg









トプコンクラブの評価

UVトプコール135mmF4は、わたしの持っている後期型のほうが切れ味の鋭い描写であるが
全体的に線の太い印象である との評価です

【評価記事】トプコンクラブの記事を Winshot でコピーしました









-

by nakajimaakira1948 | 2018-06-05 09:52 | 135mmF4 UV Topcor | Trackback | Comments(4)
2014年5月16日(金曜日)

相変わらず、α7に古レンズを とっ替えひっ替え付けて楽しんでおります。

そんなとき、マイクロフォーサーズ → ソニーNEX の マウントアダプターを入手しました。

α7にマウントアダプターを付ければ ほとんどの手持ちのレンズがそのままの画角で使えますので
マイクロフォーサーズ→ソニーNEXのマウントアダプターは何のために使うのかと思われるでしょう。

それは、ミランダのレンズなどは まだソニーNEXマウントのアダプターが発売されておらず
ミランダマウントレンズに ミランダ→マイクロフォーサーズのマウントアダプターを付けて
さらに、マイクロフォーサーズ→ソニーNEXのマウントアダプターを付けることによって
ミランダレンズなどが ソニーα7で使えるようになります。

こんなことをして、ミノルタMC & MD、キヤノンFL & FD、ミランダ、非Aiニッコールなどの古レンズがソニーα7で使えるようになりました。





1
b0069128_13544641.jpg

マイクロフォーサーズ → ソニーNEX マウントアダプター

Samyang 7.5mmF3.5魚眼の 「7.5mm」の文字にピントを合わせましたので はっきりしませんが
レンズ後部のギザギザのリングが マイクロフォーサーズ → ソニーNEX のマウントアダプターです





2
b0069128_13594492.jpg

ぐちゃぐちゃの本棚

えへへ、サムヤンの7.5mm魚眼レンズは 元々マイクロフォーサーズ専用のレンズですから
α7に付けて撮ると こんな具合にケられてしまいます
でもイメージサークル内は とてもシャープです





3
b0069128_1410288.jpg

UVトプコール135mmF4

UVトプコール → M42の マウントアダプターを自作したとき
紹介してもえなかった UVトプコール135mmF4 です

これは M42 → ソニーNEX の マウントアダプターを使っていますので ギザギザのリングはありません
この UVトプコール135mmは1969年製、細身で軽快なレンズで 最短撮影距離は1.8m
コーティングはアンバー系の単層膜コーティングで フードを内蔵しています





4
b0069128_14235777.jpg

あくびの直前

コムギがあくびするのを UVトプコール135mmで撮りました
いつもシャッターが遅れるので 上を向いたときにシャッターを切ったら早過ぎました
あくびの直前です

絞りは F4開放です





5
b0069128_14294080.jpg

あくびのあと

あくびの直後です
残念ながら ピントは眼に合っていませんね





6
b0069128_14343678.jpg

黒いと撮りにくい

黒い眼と黒い顔に境目がないミミちゃんは ピーキングを使ってもピント合わせが難しいです

これも絞り開放F4です





7
b0069128_14435625.jpg

清原VK70R

ニコンFマウントのレンズは ニコンD700を使えば元の画角で撮れるのですが
ニッコール55mmF1.2などの非Aiレンズは 絞りリングが回らないなどの問題があります

この清原VK70Rは、D700で何も問題は無いのですが
マイクロフォーサーズとギザギザリング経由で撮ってみました (^^)





8
b0069128_14443959.jpg

にじみ

おなじみの 清原VK70R の にじみです

ピントは、左側のプラクティカIVに付いたテッサーの 2.8 / 50 の文字です
ふんわりした写りに ドラエモンも居眠っています

絞りは F5開放です





9
b0069128_1550345.jpg

Soligor Miranda (興和)

最後に思い入れのある ソリゴールミランダ50mmF1.9 です
このソリゴールミランダは、あのプロミナーのちゅうより あのコルゲンコーワの興和製です
1960年製と思われます

でも 日本でも中国でも 倒産したミランダのレンズ用にマウントアダプターを造るとは思っていませんでした
それがあるんですねぇ

とにかく ミランダ → マイクロフォーサーズ用マウントアダプターがあったのです
eBayで アメリカから来たものですが メーカー名や生産国などはわかりません
中国製か台湾製の可能性大でしょうね

それに マイクロフォーサーズ → ソニーNEX の マウントアダプターをかませて
興和の50mmF1.9を元の画角で ・・・

マイクロフォーサーズで撮ったときは さすが興和と思いましたが ・・・





10
b0069128_16135443.jpg

佛眼寺

今朝 散髪に行った帰り道に 興和50mmをα7に付けてお散歩です
近所にある 佛眼寺の石標です
中央奥が佛眼寺です

絞り開放F1.9で撮ったとは言え 四隅の描写はあまり良くありませんねぇ





11
b0069128_1623356.jpg

ジープ

コンビニエンスストアーに停まっていたジープです
あまり長い間ピントを合わせていると オーナーが出てきて喜びそうなので
サッとピーキングだけで撮りましたが どうでしょうか

やはり 四隅は甘いですね (涙)

■ 絞り開放 F1.9 ■ シャッター速度 1/6400秒



************************************************************
 ■ 2014年4月30日~5月16日撮影

 ■ 1、3、7、9枚目 AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700
 ■      2枚目 Samyang 7.5mmF3.5 at f3.5 on Sony α7
 ■   4、5、6枚目 UV Topcor 135mmF4 at f4 on Sony α7
 ■      8枚目 Kiyohara VK70R 70mmF5 at f5 on Sony α7
 ■   10、11枚目 Soligor Miranda by KOWA 50mmF1.9 on Sony α7

************************************************************













by nakajimaakira1948 | 2014-05-16 16:56 | 135mmF4 UV Topcor | Trackback | Comments(12)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31