カテゴリ:57mmF1.4 Hexanon AR( 6 )

2019年11月18日(月曜日)

ヘキサノン AR 57mm F1.4 と ミミちゃんが 突如として 野生に帰りました

The Hexanon AR 57mm F1.4 and Mimi chan, suddenly they go wild.





1
野生の Hexanon AR 57mmF1.4 と ミミちゃん_b0069128_13551916.jpg

Hexanon AR 57mm F1.4 on Konica Autoreflex T3

こうして見ると 優等生の姿です

普段は なにを撮っても シャープでいて柔らかい おだやかな写りです

■ 2019年11月18日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2,8D on Nikon D700





野生の Hexanon AR 57mmF1.4 と ミミちゃん_b0069128_13552809.jpg

minolta SRT Super beside a LED lantern

LED ランタンの光だけで ミノルタ SRT Super を 撮りました

あらあらしい描写でしょ





3
野生の Hexanon AR 57mmF1.4 と ミミちゃん_b0069128_13552961.jpg

TOPCON T

おなじ状態で トプコン T を 撮りました

やはり 荒々しい描写です

Hexanon AR 57mm F1.4 の 別の一面を見た思いです





4
野生の Hexanon AR 57mmF1.4 と ミミちゃん_b0069128_13553793.jpg

野生のミミちゃん

ときどき ミミちゃんは クッションを噛んで 咥(くわ)えたままで振り回します

野生に戻り、襲った獲物が 死んでいるかを 振り回して確かめていいるのでしょうか





5
野生の Hexanon AR 57mmF1.4 と ミミちゃん_b0069128_13554203.jpg

獲物を狙って

獲物を狙っています





6
野生の Hexanon AR 57mmF1.4 と ミミちゃん_b0069128_13554627.jpg

襲い掛かる

襲い掛かります





7
野生の Hexanon AR 57mmF1.4 と ミミちゃん_b0069128_13555392.jpg

振る

振り回して、獲物が死んでいるか 確かめているつもりなのでしょう




****************************************
 ■ 2019年11月1日 & 18日 撮る
 ■ Hexanon AR 57mm F1,4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F1.4

****************************************

えへへ、ヘキサノン AR 57mm F1.4 と ミミちゃんの 別の一面でした

おだやかなレンズと 優しいワンコの 荒々しい姿ですが
どちらも 似合っておりませんねぇ









-

by nakajimaakira1948 | 2019-11-18 14:58 | 57mmF1.4 Hexanon AR | Trackback | Comments(6)

美しいカメラ(その4)

2019年10月30日(水曜日)

ひさしぶりに「美しいカメラ」を アップします

いままで このブログにアップした「美しいカメラ」は 以下の通りです
 美しいカメラ
 美しいカメラ(その 2)
 美しいカメラ(その 3)





1
美しいカメラ(その4)_b0069128_09593039.jpg

Werra 1c

1954年に レンズメーカーのカールツァイスから発売された Werra 1c です

機種名も メーカー名も 書かれていない とてもシンプルなデザインです

テッサー50mmF2.8の根元のリングを回すことで フィルムを巻き上げ
同時にシャッターをチャージする セルフコッキングになっているのです





2
美しいカメラ(その4)_b0069128_10000464.jpg

Asahi Pentax SL

1968年の アサヒペンタックス SL です

買った日に 外付け露出計を外そうとして
力があまって ペンタ部に傷をつけてしまいました

最近になって 露出計を外して良く見ると
たいした傷ではありませんでした





3
美しいカメラ(その4)_b0069128_10001070.jpg

Rolleiflex Automat MX

1951年から53年まで造られた ローライフレックス オートマット MX です

醜いセレン露出計が付いていないのが 美しいローライフレックスを代表しているかの様です

西ドイツのオーバーコッフェンのカールツァイス製の オプトンテッサー 75mmF3.5 が 付いています





4
美しいカメラ(その4)_b0069128_10001607.jpg

Konica I NH

1950年8月から53年の8月まで造られた Konica I NH型です

シャッターチャージレバーのロックピンが壊れて
広島の芹沢光機で修理してもらって完調になった コニカ I NH型
小西六の Hexanon 50mmF2.8 が付いています





5
美しいカメラ(その4)_b0069128_10001970.jpg

minolta Semi P

1951年 千代田精工製の ミノルタ セミ P です

シャッターは コーナンフリッカー B, 1/2秒~1/200秒が付いて
レンズは 旭光学製の プロマー SII 75mmF3.5 が 搭載されています





6
美しいカメラ(その4)_b0069128_10002810.jpg

Canon Demi EE17

1966年にキヤノンが発売した デミ EE17 です

ハーフサイズの可愛いカメラです
キヤノンレンズ 30mmF1.7 のシャープなレンズが付いています





7
美しいカメラ(その4)_b0069128_10004687.jpg

Vito II

1950年フォクトレンダー製 35mmフォールディングカメラの ヴィトー II です

握りやすく 両サイドを円形に仕上げてあり とても使い勝手が良いです

レンズはフォクトレンダー製の カラースコパー 50mmF3.5 が
シャッターは B, 1秒~1/500秒の コンパーラッピドが付いております





8
美しいカメラ(その4)_b0069128_10003841.jpg

Miranda S

倒産してしまったけれど わたしの大好きな ミランダ

このミランダ S は、日本初のペンタプリズム付き 35mm一眼レフの ミランダ T から
低速シャッターを省略して 1959年に発売されました

仕様は ファインダーが取り外し可能である以外 なんの特徴もないカメラですが
ニコンFが 真似をしたと思われる 美しいボディのデザインと
藤田光学製の ソリゴールミランダ 5cmF2.8 の レンズが素晴らしいです





9
美しいカメラ(その4)_b0069128_10005663.jpg

Olympus 35-S

1955年の高千穂光学製の オリンパス 35-S 4.8cm F2.8 付きです

デザインは 質実剛健であり
シャッターには B, 1秒~1/500秒の 精工舎 MX が付いています

この頃のオリンパスの Zuiko(瑞光)レンズは
焦点距離に関わらず レンズ白濁という 恐ろしい持病がありますが
奇跡的に この 35-S の E. Zuiko F.C. 4.8cm F2.8 は 美しい状態を保っています





10
美しいカメラ(その4)_b0069128_10005208.jpg

Minolta 'A'

1955年の千代田精工製の ミノルタ 'A' です

軍艦部を上から見ると 両サイドが細まって行く いわゆるエキザクタの形です
愛称は ダルマ と呼ばれていたんです

どうして このような 落としやすい形にしたのか判りませんが
シャッターのコーナンフリッカーも ビハインド型に取り付けられて
レンズの Rokkor 50mmF3.5 は ボディから 5~6mm 出っ張っているだけです

いま見ると とても愛嬌のある形をしていると思います





11
美しいカメラ(その4)_b0069128_10010532.jpg

FED 3

1963~72年のソ連時代に造られた ライカコピー型カメラです

ロシアンカメラは このフェド3 を含めて 6台ほど持っておりますが
この フェド3 だけが、巻き上げレバーの滑らかさ、シャッターボタンの軽さと落ち具合の良さ
メッキの付き具合とその色、まるで日本製カメラのような出来具合なのです

両サイドを丸く削いでいるのも ライカに似て手当たりが良く 優れたデザインも魅力です





12
美しいカメラ(その4)_b0069128_10010839.jpg

Fujica SIX IIC

1954年の富士フィルム製 フジカ シックス IIC 型です

流線型のファインダーカバーが 際立って美しいです
これで ファインダーとレンズが同軸上にあれば最高なんですが
アクセサリーシューが邪魔をして ファインダーが向かって左にちょっとずれています

レンズは テッサー型の 3群4枚の フジナー75mmF3.5 が付いています
シャッターは B, 1秒~1/500秒の セイコーラピッドです





13
美しいカメラ(その4)_b0069128_10040711.jpg

Canon IXY Digital 200

2001年発売の キヤノン イクシ デジタル 200 です

わたしの初めてのデジタルカメラです
中国は南通へ持って行き 約3年間で 1万枚以上を撮りました

小さな 可愛い弁当箱のようなデザインです
軍幹部の機種名の印刷は 手との摩擦で綺麗にはがれ かえってシンプルになり美しいです

いまも 時々電池を充電して まわりの物を撮ったりしています





14
美しいカメラ(その4)_b0069128_10041433.jpg

minolta SRT Super Black

1973年の ミノルタ SRT Super です

最近になって ヤフーオークションで手に入れたカメラです
シャッターが 1/60秒より低速では切れないジャンク品でしたが
ミラーのクイックリターンの関節部に注油して 完動品となりました

SRT Super の 黒は珍しいです
手持ちの MCロッコール PF 55mmF1.7 を 付けて シャッター音を楽しんでおります

緑のロッコールは永遠です





15
美しいカメラ(その4)_b0069128_10041761.jpg

Yashica Penta Jaguar

1961年の ヤシカ ペンタ ジャガーです

ボディには ジャガーという名前以外は 特徴と呼べるものは無いですが
毎晩 その美しいフォルムを眺めて喜んでいます

B, 1/2秒~1/500秒のシャッターは 完調そのもので
レンズの富岡光学製 半自動絞りレバー付きの オートヤシノン 50mmF2 は レトロな写りです





16
美しいカメラ(その4)_b0069128_10042463.jpg

Minolta 35 Model II

1953年の千代田精工製 ミノルタ 35 モデル II 前期型です

ボディに これと言った特徴はありませんが
レンズに「梅鉢」が 付いています

「梅鉢」とは、チヨコー スーパーロッコール © 45mmF2.8 の愛称です
本当の梅は花弁が5枚ですが スーパーロッコール45mmのフォーカスリングには凹凸が6枚あります

むかしのバルナックライカの美しい形態のレンズを含んで
世界中の L39スクリューレンズのなかで このスーパーロッコール45mm の美しさは 10指に入ると思います



*****************************************************
 ■ 2019年10月30日 撮影
 ■ 1 ~ 13枚目 AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700
 ■ 絞り優先AE すべて絞りF16、Speedlight ON

 ■ 2019年10月27日 撮影
 ■ 14~16枚目 Hexanon AR 57mm F1.4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F1.4

*****************************************************

マクロレンズで 絞り込んで撮っても
F1.4 の 標準レンズで 絞り開放で撮っても
撮り方に関係なく 美しいカメラは美しいと思います









-


by nakajimaakira1948 | 2019-10-30 14:33 | 57mmF1.4 Hexanon AR | Trackback | Comments(8)
2019年5月15日(水曜日)

このあいだまで「花冷えじゃ」とか言って エアコンを暖房に入れていたのに
ここ数日は暑くて エアコンを冷房にしています

日本は気象学的には 亜熱帯気候のゾーンに属しますが
最近は 春や秋が非常に短くて 熱帯気候になって来たようです

暑さや寒さに弱い ミミちゃんと暮らしていますと
暑くても寒くても 外出するのが激減している 今日この頃です


そんなときは 家でエアコンを利かして うじうじ写真を撮ります
きょうは、わたしの大好きな ヘキサノン AR 57mmF1.4 です





1
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で うじうじ写真を_b0069128_14054151.jpg

Hexanon AR 57mm F1.4 on Konica New FTA

この ヘキサノン AR 57mm F1.4 は 小西六の初めての F1.4 レンズではありません
コニカ オートレックスが発売された1965年には Hexanon 52mm F1.4 が ありました

52mm F1.4 は なぜか短期間で姿を消し 1966年からは この AR 57mmF1.4 の登場です
AR 57mm F1.4 には 初期型・中期型・真っ黒の後期型があり
わたしのは中期型であると思います

この AR 57mm F1.4 のあとは
絞り開放で撮ると ミニチュア写真が撮れる、あの AR 50mm F1.4 と なります


ごたくはここまで、ヘキサノン AR 57mm F1.4 を α7 II に付けた
絞り開放写真に行きます

■ 2019年5月15日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で うじうじ写真を_b0069128_14055298.jpg

気持ち良さげ

ベランダで 気持ち良さげの ミミちゃん
ちょっと 白目を見せてくれないと 可愛くないです

最短撮影距離付近で撮りました





3
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で うじうじ写真を_b0069128_14055706.jpg

アコースティックギター

ヤマハ CG-102 ちゅう型番の アコースティックギターです

このごろ あまり弾かないのでホコリがいっぱいでした
乾いた布で ホコリを落として 記念写真です





4
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で うじうじ写真を_b0069128_14060579.jpg





時代の節目

平成最後の日の夕刊と 令和最初の日の夕刊です

捨てるまえに 時代の節目として撮っておきました





5
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で うじうじ写真を_b0069128_14061244.jpg

ラーメン

とんこつ醤油ラーメンです
インスタントラーメンではありません、ちゃんとお湯を沸かして茹でるやつです
うまそうでしょ

中国では 羅麺と書いて「ラーミエ」と発音します





6
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で うじうじ写真を_b0069128_14061717.jpg

エル ニッコール

エル ニッコール 50mmF4 です

日本光学の 初期の引き伸ばしレンズです
綺麗な写真も撮れます





7
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で うじうじ写真を_b0069128_14062111.jpg

Twilight Time

ヘキサノン AR 57mm F1.4 で 夕暮れどきを撮ると
なんか 絵に描いたような描写になりました





8
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で うじうじ写真を_b0069128_14062702.jpg





あご冷やし の 態勢

「あご冷やし」とは わたしの造語で
動物が暑いときにやる、アゴやお腹を冷たいものにベッタリ接触させて
涼んでいるというか 伸びている姿を言います

ミミちゃんも あご冷やしをしていたのですが
タイルが熱くなっているので アカンと思ったのか 上体を起こしていますね

後ろ足の恰好が 面白いです


**************************************
 ■ 2019年5月11日~15日撮る
 ■ Hexanon AR 57mm F1.4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F1.4

**************************************



おまけ
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で うじうじ写真を_b0069128_14063387.jpg

すずめ

おかあちゃん か おとうちゃん か 分かりません
おかあちゃん は 胸に深いシワがあるので もう少しこちらを向いてくれたら
どちらか分かるのですが





おまけ -2
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で うじうじ写真を_b0069128_14063710.jpg

トリミング

「おまけ」を トリミングしてみました

ちゃんと 眼にキャッチライトが入っているのは分かりましたが
おとうちゃんかなぁ、胸にシワがありませんねぇ

■ 2019年5月5日 撮る
■ AF-S Nikkor 70-300mm VR on Nikon D80









-

by nakajimaakira1948 | 2019-05-15 15:43 | 57mmF1.4 Hexanon AR | Trackback | Comments(5)
2019年2月18日(月曜日)

今週のレンズは、1966年から造られた ヘキサノン AR 57mmF1.4 です




1
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_13423385.jpg

Hexanon AR 57mmF1.4 on Konica Autorex

1966年からの ヘキサノン AR 57mmF1.4 を、1965年製の コニカ オートレックスに付けています

コニカ オートレックスを買ったひとには 不可能だった組み合わせですが
まことに 良く似合っていると思います


この AR 57mmF1.4 を 絞り開放で使うと、最短撮影距離付近で α7シリーズの ファインダー像拡大機能を使っても
一瞬 フッと画像が ぼやける感じがするときがあります

あとの AR 50mmF1.4 では そんなことは無いので 非常に不思議な感じです


いつもの α7 II に 付けた 絞り開放写真にいきます
写真は 撮った順番に並べております

■ 2019年2月18日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_13423663.jpg

ミミちゃん

ミミちゃん 「うんっ、またレンズを換えたん?」
わたし   「毎週 換えてるよ」





3
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_13424226.jpg

プラネタス

「まんが」は、小学生だった頃の「少年クラブ」から読み出して 散髪屋さんなどで良く読みました
でも 中学生になった頃からは なぜか読まなくなりました

それが 息子が友達からコピーさせてもらった 1TB近くの膨大な量の「まんが」のソフトを
わたしもコピーさせてもらったので 死ぬまで「まんが」を PCで読むことができるのです

最近のまんがと思われるのが主ですが、古い手塚治虫さんの「火の鳥」などもあります
重い内容の本に疲れたときなどに ときどき読んでいます


プラネタス、これ なかなか面白いです





4
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_13424533.jpg

アイパッチ

今朝9時過ぎから 散歩に出ました

近所の ガスメーターのロボットくんです
左眼にアイパッチをはめて 四角い口で何か叫んでおりますね





5
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_13424974.jpg

送迎バス

幼稚園の送迎バスみたいです
9時半、えらい遅い通園ですねぇ





6
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_13425784.jpg







カエルくん

この カエルくん、最短撮影距離付近で撮ったのですが
α7 II の ファインダー像拡大機能が、一瞬ですが 利かなくなった感じがしました

AR 57mmF1.4 の 薄い被写界深度が そう感じさせるのかも知れませんね





7
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_14333249.jpg



桜の塀

桜塚高校の さくらの花びらを繰り抜いた コンクリート塀です
この桜の壁、大好きなんです





8
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_14333719.jpg



自転車

なんと言うことのない自転車が さりげなく置かれていました





9
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_14334170.jpg



フクロウさん達

以前に撮った「豊ねこ」さんのまえに
フクロウさん達が こわい顔をして留まっております





10
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_14334541.jpg

信号待ち

安くておいしい そば屋さんの前で 信号待ちをする人々

わたしは向こう側に渡るのですが こちらの信号も赤です
小さな三叉路ですが スクランブルになっています





11
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_14334825.jpg

豊中市消防団 大池分団

どう見ても普通の家ですが 消防自動車が用意してあるのでしょうか





12
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_14335259.jpg

豊高通り

クローバー歯科(むかしは無かった)の 右側の道路は 「豊高通り」と呼ばれています
ゆっくりした坂道になっていて、坂を上がると 右に梅花学園 左に豊中高校があるのです





13
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_14335822.jpg




彩菜

いまは寒いので 恩恵はありませんが
夏の暑い日には この「彩菜」の 日陰は とてもありがたいのです





14
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_15070270.jpg

L. Shanti

シャンティとは サンスクリット語で「心の平安」の意味です

ここ 何屋さんでしょうねぇ





15
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_15070838.jpg



天使

もちろん キリストではなく 綺麗な天使の横顔にピントを合わせています

■ カソリック豊中教会 にて





16
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_15072009.jpg

強い

道路のハンドレールの下の コンクリートの僅かの隙間に、コケと雑草が顔を出しています

う~む、強いやつらです





17
ヘキサノン AR 57mmF1.4 と 豊中散歩_b0069128_15072537.jpg

日向(ひなた)

右から、おかあさん ワンコ おじいさん おとうと あたい(踊っています)

わたしが横を通るとき、この女の子は 二つ穴の開いたメッシュのお盆のようなものを顔に当てて
その穴を通して わたしをじっと見つめながら近寄ってくるのです
おもわず 笑ってしまいました




**************************************************
 ■ 2019年2月15日~18日 撮る
 ■ 2~17枚目 Hexanon AR 57mmF1.4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F1.4

**************************************************

ヘキサノン AR 57mmF1.4 の 写り、大好きです
シャープでいて そして柔らかな写りでしょ









-

by nakajimaakira1948 | 2019-02-18 15:49 | 57mmF1.4 Hexanon AR | Trackback | Comments(2)
2018年10月7日(日曜日)

10月2日の火曜日、朝から素晴らしいお天気でした。

ミミちゃんを連れて 旭ヶ丘団地の奥まで わんこ連れカメラ散歩に行きました。

お供は、いつもの α7 II に この日は ヘキサノンAR 57mmF1.4 です。





1
ヘキサノンAR 57mmF1.4 と お散歩_b0069128_15403090.jpg

ヘキサノンAR 57mmF1.4 と 50mmF1.4

左側が ヘキサノンAR 57mmF1.4、右側が AR 50mmF1.4 です

57mmF1.4 は 1966年に発売されており、右側の50mmF1.4 よりも 6~7年まえのレンズですが
画面中央のシャープネス、そこから なだらかにボケて行く優しい描写は
さすが 小西六といった写りです

こうして2個を並べてみますと 57mm と 50mm の 文字以外 見分けがつかないです


■ 2018年10月7日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
ヘキサノンAR 57mmF1.4 と お散歩_b0069128_15571546.jpg

なだらかなボケ

見た通りの色ですが ピントを合わせた人々以外は なだらか前ボケ・後ろボケです





3
ヘキサノンAR 57mmF1.4 と お散歩_b0069128_1614519.jpg

水飲み小僧

ひさしぶりに 水飲み小僧を撮りました

彼の眼にピントを合わせたら 鼻はだいぶボケています





4
ヘキサノンAR 57mmF1.4 と お散歩_b0069128_1661128.jpg

旭ヶ丘団地

画面中央の 白い建物の壁にピントを合わせています

建物より前は すべて前ボケですし 奥は後ろボケです





5
ヘキサノンAR 57mmF1.4 と お散歩_b0069128_16105968.jpg

リスくん・さかなくん・カメさん

真ん中の さかなくんにピントです

すまん、リスくん カメさん





6
ヘキサノンAR 57mmF1.4 と お散歩_b0069128_16151857.jpg

うひひ

うひひ、もうすぐ オレっちに 食べられてしまうのも知らずに ・・・


いつも 同じつぶやきの ティラノザウルスでした





7
ヘキサノンAR 57mmF1.4 と お散歩_b0069128_16221782.jpg

トンネル

園児が造ったトンネルの下を 他の園児が くぐって行くのです

トンネルが低すぎて うまく通れませんでしたぁ

この写真、ピントが悪いですねぇ





8
ヘキサノンAR 57mmF1.4 と お散歩_b0069128_16253893.jpg

カリフォルニア風

カリフォルニア風の お家です





9
ヘキサノンAR 57mmF1.4 と お散歩_b0069128_16281481.jpg

黒猫

黒猫ヤマトの宅急便

この車に描かれている 親猫が子猫をくわえている絵 大好きです





10
ヘキサノンAR 57mmF1.4 と お散歩_b0069128_1631859.jpg

2番目

2番目のボールにピントです

いつも撮っている方向の 逆側から撮ってみました





11
ヘキサノンAR 57mmF1.4 と お散歩_b0069128_1634262.jpg

ひなたぼっこ

散歩中は チョロチョロして撮ってもらえなかった ミミちゃん

昨日 ひなたぼっこをしているところを 1枚




**************************************
 ■ 2018年10月2日 と 10月6 & 7日
 ■ Hexanon AR 57mmF1.4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F1.4

**************************************

人間の眼で見る世界は ボケなどは無いですが
カメラで撮る世界は ボケさせようと思えば いくらでもボケさせれますねぇ









-
by nakajimaakira1948 | 2018-10-07 16:45 | 57mmF1.4 Hexanon AR | Trackback | Comments(4)

ヘキサノン AR 57mmF1.4 で

2018年8月8日(水曜日)

1966年の ヘキサノン AR 57mmF1.4 です

手持ちの RE Auto トプコール 58mmF1.4、MC ロッコールPF 58mmF1.4
ヤシノン DX 50mmF1.4、ニッコールS 50mmF1.4、キヤノンFD 50mmF1.4 といった
明るい標準レンズのなかでも かなり良い写りをするほうだと思います

ヘキサノンでは AR 50mmF1.4 という標準レンズが あとから出ましたが
わたしは、どちらかと言えば このヘキサノン AR 57mmF1.4 のほうが好きです





1
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_755298.jpg

なぜ 57mm

なぜ 57mmF1.4 なんでしょう
わたしは ヘキサノンは絞り開放から安定した写りをみせる 52mmF1.8 も 大好きなんですが
ヘキサノン 57mmF1.2 という銘レンズもありましたね

まぁ レンズを製造して正確に測定してみると 52mm、57mm だったんでしょう


とにかく ヘキサノン AR 57mmF1.4 は 美しいレンズです





2
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_8103464.jpg

Hexanon AR 57mmF1.4 on Sony α7 II

ヘキサノン AR 57mmF1.4 に ミノルタ製の55mm用フードを被せて
α7 II に 付けたところです

なかなか 似合っております


それでは この組み合わせで撮った 絞り開放写真に行ってみます





3
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_8182670.jpg

暑いよ~

モデルは、いつも こいつです

ミミちゃんの右目だけに ピントが合っています

「暑いよ~」と ノビておりますが 食事は喜んでバリバリ食べています





4
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_8242191.jpg

眠くなってきた

強烈に暑いので、こやつ 食べて、うんちして、眠るだけです

ミミちゃん、はやく涼しくなったらええのにねぇ





5
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_8291181.jpg

コサイン誤差

少年の右目にピントを合わせてから カメラを振って
少年と少女全体の構図にしたら コサイン誤差でピンボケになりました

でも 毛糸の帽子が とても柔らかに写っています





6
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_836019.jpg

マシになった

横位置にして、ピント合わせ後 カメラを振る量を減らしたら
コサイン誤差は マシになりました





7
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_8395432.jpg

minolta 'A'

美しいダルマさん、ミノルタ 'A' です

最短撮影距離45cm付近です
軍艦部の後ろ側に すこしだけ美しい色収差が見られます





8
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_8485281.jpg

Konica I

これは、1948年の 50mmF3.5 付きのコニカ I では ありません
1951年の、50mmF2,8が付き 距離計に補色鏡を入れた 後期型です

横にあるのは「粒うに」です
冷たいビールと一緒に舐めたら どんだけ美味いか・・・





9
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_904823.jpg

窓辺のキリンさん

ピントを合わせて そのまま撮りました

構図は良くないですが コサイン誤差はなく
お眼々がシャープに写っています





10
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_98491.jpg

たそがれの保育園

暑かったお昼も過ぎて たそがれ時がやって来ました

小西六の 柔らかい写りです





11
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_912968.jpg

木陰の小道

暑いからといって 家のなかの写真ばかりでは いけません
外の写真です

涼しそうな 木陰の小道です

自転車は 暑そうですが





12
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_9171972.jpg

暑そうな魚取り

涼しそうな木陰の小道から
暑そうな魚取りを撮ってみました

いやぁ~、ほんとに暑そうです





13
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_922341.jpg

カサ ブランカ

暑いので、中国で買った カサ ブランカ を見ています

この ルイザを演じるのは





14
ヘキサノン AR 57mmF1.4 で_b0069128_92643100.jpg

イングリッド

イングリッド バーグマン です

わたしが外国の女優さんで 一番好きだった イングリッド

再会した むかしの恋人のリック(ハンフリー・ボガード)を 見つめて 目に涙をいっぱい
う~む 美しい




**********************************************
 ■ 2018年7月31日~8月7日
 ■ 1 & 2枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 3~14枚目 Hexanon AR 57mmF1.4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F1.4

**********************************************

1966年の ヘキサノン AR 57mmF1.4 の 写り、なかなかええでしょ









-
by nakajimaakira1948 | 2018-08-08 09:45 | 57mmF1.4 Hexanon AR | Trackback | Comments(6)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30