カテゴリ:50mmF2 Summicron DR( 6 )

2020年5月5日(こどもの日)

相変わらず COVID-19 が 猛威をふるうなかで、今年も「こどもの日」を 迎えました

DR ズミクロン 50mm F2 を 持ち出しました
このレンズ、近距離では これ以上のボケ味はないという きれいな写りをします


最後には、5月3日に届いた 1957年製の トプコン R を お見せします





1
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08474514.jpg

DR Summicron 50mm F2 on Leica M3

1956年に生産が開始された ダブルレンジ(DR) ズミクロン 50mm F2 を
1954年からの ライカ M3 に 付けています


最近の若い方が 古いズミクロン50mmF2 を 絞り込んで遠景を撮っておられるのを見るにつけ
「もったいない写し方をしているなぁ」と 感じます

ズミクロン50mm や DRズミクロン50mm は、絞り開放付近で近距離を撮ったときの
ピントの合ったところからうしろに なだらかにボケて行く味が特徴のレンズです

また ズミクロンを F4程度以上に絞ると どんなレンズで撮ったのか全く判らない
特徴のない写りになってしまいます


ボケ味の優れているレンズは 収差が残っているので 美しいボケ味が出るのです
コンピューターで設計された近年のレンズでは、残存収差が殆どなく 美しいボケを見ることは少なくなりました


それでは DRズミクロン50mmF2 を ソニー α7 II に付けた 絞り開放写真に行きます

■ 2020年4月30日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8 on Nikon D700





2
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08475120.jpg

これが ズミクロン

新聞を取りに外に出て 置物ミミちゃんを撮りました

これが「ズミクロンのボケ味」です

被写体のミミちゃんから 背景の向こうのお家の塀が なんとも美しくボケていますでしょ





3
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08475666.jpg

本棚のうえ

近距離でも そのボケ味は美しいです

被写体は 黒いミノルタ SRT Super ですが
一番奥の スワジランドの働くおばさんまで なだらかにボケて行きます





4
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08480044.jpg

おひさまっこ保育園

おひさまっこ保育園が 再開されました
みんな 大丈夫だったかい

遠景では そんなに美しい描写とは思えません





5
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08480353.jpg

ひなたぼっこ

ミミちゃんが ひなたぼっこ しています

DR(Double Range) ズミクロンは、ヘリコイドが二つあって 切り替えると 48cmまで寄れます
この写真は ∞~1m の レインジのままで撮っています





6
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08480739.jpg

歪曲収差テスト

なぜ 近距離での後ボケが 美しいのでしょうか

歪曲収差は まったく認められません





7
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08481108.jpg

TOPCON R in 1957

トプコン R です

1957年に造られました
日本国産の ペンタプリズム搭載の 35mm一眼レフでは
ミランダ T、アサヒペンタックス(AP)に次いで 第3番目のカメラです

残念ながら、このカメラに付いていたオリジナルの Auto Topcor 58mm F1.8 は まだありません
写真のレンズは 1963年の RE Auto Topcor 58mm F1.8 を付けています

この トプコン R が わたしの 9台目のトプコンの一眼レフになります
詳細は トプコン物語 を ご覧ください


けっこう高かったので、これからしばらくは 水だけを飲んで暮らさねばなりませぬ
そして オリジナルの オートトプコール58mmF1.8 を 探さなければなりません





8
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08481619.jpg

Primagon 35mm F4.5 on TOPCON R

大好きな 東独のメイヤー光学(Meyer-Optik Görlitz)の Primagon 35mm F4.5 を 付けてみました

1956年の プリマゴン 35mm F4.5 と 1957年の トプコン R
古いレンズと 古いカメラが 対面を喜び合っているようです




*****************************************************
 ■ 2020年4月30日~5月5日 撮る
 ■ 1、7 & 8枚目 AF Micro Nikkor 60mm F3.8 on Nikon D700
 ■ 2 ~ 6枚目  DR Summicron 50mm F2 on SONY α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F2

*****************************************************

DR スミクロンの綺麗なボケ味は どんな収差を残していることから来ているのでしょうね

古い ヤシカペンタ ジャガー の Auto Yashinon 50mm F2 と
ヤシカ FFT に 付いていた Auto Yashinon-DS 50mm F1.9 の 写りが
DR ズミクロン 50mm に 似ていたのを思い出します

Auto Yashinon 50mm F2 の 写りです
ジャガーの 50mm F2 で
Auto Yashinon 50mm F1.9 の 写りです
ヤシノン DS 50mmF1.9 で











by nakajimaakira1948 | 2020-05-05 10:31 | 50mmF2 Summicron DR | Trackback | Comments(4)
2016年12月28日(水曜日)

DRズミクロンをソニーα7に付けて ミミちゃんと八坂神社へ行きました

いままでは DRズミクロンを松下さんのLumix G1や G3に付けて撮っていましたので
画面中心部だけを見ていたのです

DRズミクロンで妙見山へ
DRズミクロンで散歩
DRズミクロン開放で通勤


さて フルサイズ絞り開放で撮る DRズミクロン50mmF2の写りは どうでしょうか





1
DRズミクロン50mmF2で 八坂神社へ_b0069128_13572110.jpg

DRズミクロン50mmF2

これが DRズミクロン50mmF2 です

1951年に 沈胴ズミクロン(スクリュー =L39)が生産開始されました
1956年に 沈胴でないリジッドなズミクロン(Mマウント)が発表され、同時にDRズミクロンも生産開始されました

名前の最初のDRとは、Dual Range(ヘリコイドが2重で 48cmまで近接できる)の略号で
米国人が付けた「あだ名」であり、日本では近接ズミクロンと呼ばれています


ところでわたしは、星の数ほどある世界中の DRズミクロン50mmF2の解説のなかで
自分に都合の良い解説だけを憶えるようにしています (^^)

それは ライカコレクターかつ評論家の 中村信一さんの下記です
『ズミクロンを作ったロットの中から、特に物理特性のよいものをDR用にまわしたのではないかと思っている』

1959年(昭和34年)の アサヒカメラのニューフェイス診断室で
ズミクロン50mmF2は、絞り開放の画面中心の解像力が 280本/mmであり
1957~1979年までに生産された世界中の50mmレンズで 最高の値を示していました


う~む、ズミクロン50mmF2 でも世界一
それを上回る DRズミクロン50mmF2 は ・・・


『つべこべ言ってないで 早く写真見せろ』という声が聞こえて来ましたので
写真に行きます

■ 2016年12月28日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
DRズミクロン50mmF2で 八坂神社へ_b0069128_14192895.jpg

自転車

冬休みになって 誰もいない熊野田小学校のまえに 自転車がポツンと一台

こんなシーンは ズミクロンが得意とするところです
ボケ味もええです





3
DRズミクロン50mmF2で 八坂神社へ_b0069128_14254786.jpg

露天売り

露天売りのバナナです
露天売りを見ると 中国南通を思い出します





4
DRズミクロン50mmF2で 八坂神社へ_b0069128_14293537.jpg

交通遺児の墓

ここを通ると いつも撮ります
交通事故で死んだ子供のお墓です





5
DRズミクロン50mmF2で 八坂神社へ_b0069128_14322861.jpg

タブチ理容店 横

ふ~む、なぜか画面全体に ハレーションがかかっていますね





6
DRズミクロン50mmF2で 八坂神社へ_b0069128_14354895.jpg

見えてきた

八坂神社が見えてきました
奥の石柱のところが 八坂神社の裏門です





7
DRズミクロン50mmF2で 八坂神社へ_b0069128_14401031.jpg

八坂神社

水平が出ていないのではありません
石段が曲がっているのです

ちょうちんは 垂直にぶら下がっているでしょ





8
DRズミクロン50mmF2で 八坂神社へ_b0069128_14442844.jpg

狛犬

狛犬(こまいぬ)の後ろ姿を撮っていると
ミミちゃんが顔を出しました





9
DRズミクロン50mmF2で 八坂神社へ_b0069128_1447887.jpg

ニュートンの法則

この手水場では ニュートンの法則が撮れました
水滴は だんだん速くなります

なんか コントラストが強いですねぇ
ツァイスのレンズで撮ったみたいです





10
DRズミクロン50mmF2で 八坂神社へ_b0069128_1452933.jpg

禿げミミちゃん

わたし  「どうしたん? あんた禿げてるでぇ」
ミミちゃん「ちゃう、なんか付いてるねん」





11
DRズミクロン50mmF2で 八坂神社へ_b0069128_159276.jpg

赤いツタ

帰り道です
赤いツタが壁を這っています

DRを使っていなかったので
近接に切り替えて 最短撮影距離48cmで撮りました





おまけ -1
DRズミクロン50mmF2で 八坂神社へ_b0069128_1456327.jpg

ISO 3200 で

これは昨日撮ったものです
なんか ボンヤリ写っていますねぇ

むかしのズミクロン50mmが好きなかたは こんな写りが良いのでしょうね





おまけ -2
DRズミクロン50mmF2で 八坂神社へ_b0069128_15152323.jpg

コニカ I

PCの明かりで 逆光になっています

コニカ I の シャッタースピード目盛りはシャープに写っています
しかし フレアーがひどいですね

やはり コーテイングが まだまだだったんですねぇ



**************************************
 ■ 2 ~ 11枚目 2016年12月28日 撮る
 ■ おまけ 1 & 2 2016年12月27日 撮る
 ■ DR Summicron 50mmF2 on SONY α7
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F2

**************************************









-
by nakajimaakira1948 | 2016-12-28 15:28 | 50mmF2 Summicron DR | Trackback | Comments(26)

DRズミクロンで散歩

2010年10月2日(土曜)

このところ G1には DRズミクロンを付けっぱなしです。
先週の日曜日も 通勤の日も G1+ DRズミクロンでした。

G1で動くものを撮るときは MFアシストを使うひまがありませんので MFアシスト無しで撮ります。
動かないものをじっくり撮るときは ファインダーを覗いてMFアシスト5倍で撮ります。

また DRズミクロン50mmF2は 絞り開放で撮っています。
シャッター速度が1/4000秒になったときには 1段絞ってF2.8にしております。

先週撮ったものを 時系列に並べています。



1
DRズミクロンで散歩_b0069128_23282763.jpg

歩けよ

わたし 「歩けよ」
コムギ 「・・・」
わたし 「ほれ、歩け」
コムギ 「べーぇ」

MFアシスト無しで撮ってますのでピンボケで~す




2
DRズミクロンで散歩_b0069128_23335175.jpg

自転車

止まっている自転車は MFアシストを使って じっくりピント合わせできるからええです




3
DRズミクロンで散歩_b0069128_2337982.jpg

ぴんぼけ

じっくりコムギにピントを合わせたのにぃ~




4
DRズミクロンで散歩_b0069128_2341313.jpg

送水口

この写真、F2.8だったかも知れません




5
DRズミクロンで散歩_b0069128_23463159.jpg

ねぇ~

わんこが歩かなくなって おねぃさんに 「ねぇ~」って言ってます
ウンチでした




6
DRズミクロンで散歩_b0069128_23503467.jpg

池のほとり

池のほとりで 元気な集団が飛び跳ねておりました




7
DRズミクロンで散歩_b0069128_2354448.jpg

ツーリング軍団

おねぃちゃんに遅れるまいと チビくんたちも頑張っていますね




8
DRズミクロンで散歩_b0069128_23583721.jpg

さんふらわあ あいぼり

月曜日の9月27日です
WTCビルの新しい歯医者さんに来ています (泣)

さんふらわあ あいぼり が停泊しておりました




9
DRズミクロンで散歩_b0069128_23591653.jpg

AGWCが映る窓

AGWCが ミズノのビルの窓に映っています
絞りはF2.8に絞っています




10
DRズミクロンで散歩_b0069128_084660.jpg

時間待ち

9月29日(水)の朝です
西中島南方駅で人身事故があり 地下鉄が止まっています

みんな桃山台駅構内から出てきて 近くの公園入り口の階段に座り込んで時間待ちです




11
DRズミクロンで散歩_b0069128_0164029.jpg

コスモ夕景

10月1日(金)です
まだ6時過ぎです
はやく暗くなるようになってきましたね




12
DRズミクロンで散歩_b0069128_0171959.jpg

コスモスクェア駅

陸橋が出来て 駅前のマンション側との横断が楽になりました
左側の明るいのが コスモスクェア駅です




********************************
  撮影データー
■ 2010年9月26日~10月1日
■ G1 + DR Summicron 50mm F2
■ プログラムオート、絞りは特記なければ開放
■ ISOオート (100~800自動選択)

********************************

おっと、アップし終わったら日付が変わっておりました。











タグ:
by nakajimaakira1948 | 2010-10-03 00:45 | 50mmF2 Summicron DR | Trackback | Comments(16)

DRズミクロン開放で通勤

2010年7月10日(土)

DRズミクロンをG1に付けて通勤しています。

G1は軽いのですが DRズミクロン50mmF2はずっしり重くて、首から下げるとカメラは下を向きます。
カメラが下を向きますと、ワイシャツのボタンと背面モニターがコスれず良いのですが。

ズミクロンの描写は 開放からF2.8ぐらいで撮ったときに特徴がありますので
写真は 絞らないで撮る夕方の写真が多いです、と言うか 通勤帰りの写真が多いです。

写真は撮った日付順、時間順に並べております。




1
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_1043591.jpg

朝のバス停から

先週7月2日の朝です。
いまにも降り出しそうなお天気ですが 金曜日ですのでルンルン ♪♪♪

めちゃくちゃ左下がり、2.5度回転です。




2
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_10451999.jpg

新大阪駅

帰宅時です、新大阪で千里中央行きを待ちます。

これもだいぶ左下がり、1.5度時計まわりに回転です。




3
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_10461212.jpg

緑地公園前

家の近所の田村書店がなくなり、じゃまくさいけんど 緑地公園前で途中下車して本を買います。

おねぃさんがお菓子を買っています。

う~ん、これはファインダーでMFアシストを使わずに撮っているのに また左下がりです(涙)
1.5度 回転です。




4
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_10575367.jpg

ライブ開始前

これから最後まで 7月8日の木曜日に撮った写真です。


定時になって会社をすぐ飛び出しています。

なんとかいうライブハウスがあり おねぃさんがワンサカ来ます。
ピント? 合わせる余裕がありませぬ。




5
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_11515736.jpg

コスモのおねぃさん

このおねぃさんたちも ライブハウスへ行くのです

あわてて撮ったらピントが来てません




6
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_10593097.jpg

交番前

コスモスクェア交番前です

このおばさんたちは ライブハウスへは行きません。
なんか ブラジルかフィリピンあたりから来られたような おばさんたちですねぇ。

あわてて撮ってないのに ピントが ぜんぜん合ってませ~ん




7
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_1122695.jpg

コスモの夕陽

太陽を入れて撮ったら やはり暗く写りました。
ピントはカンガルー・クレーンです。




8
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_1152460.jpg

大阪港へ

きれいなおねぃさんが歩いて来ました

ライブビューMFアシストに切り替えて ブルブル震える5倍画面(換算500mm)でピントを合わせ
シャッター半押しで構図を確認して(このとき既にピンボケかな) パチリ!

ぜんぜんアカンですね




9
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_1183371.jpg

天満屋のあるビル

以前にも撮ったことがある 天満屋が入っている古いビルです
もとの1階は 半地下になっています




10
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_11950100.jpg

人魚

海をみつめるマーメイドです




11
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_11105866.jpg

船乗り場

すこし暮れてきて 乗船券売り場に灯がともりました




12
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_11121720.jpg

おそろい

コンデジを おそろいのポーズで見ています




13
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_11145123.jpg

みやげ屋さん

いつも撮るみやげ屋さんです。
この暗さですと 家の傾いているのが良くわかりませんね。




14
DRズミクロン開放で通勤_b0069128_11155282.jpg

たこ焼き屋さん

地下鉄への階段のすぐ前にあるたこ焼き屋さんです。

おばさんがこっちを向いてくれないかと 一瞬待ちましたが 忙しそうでした。





****************************
  撮影データー
■ 2010年7月2日、7月8日撮影
■ DR Summicron 50mm F2 + G1
■ すべて絞り開放
■ ISOオート
■ 露出補正 -1/3 ~ -2/3 EV

****************************

G1のMFは、MFアシスト(5倍または10倍拡大)を使わないと ピントがまず合いません。

ズミクロンでは35mm判換算100mmが 500mmや1000mmに拡大されるので
ボディに手ブレ防止機構のないG1では MFアシストでのピント合わせが大変です。

動くおねぃさん写真は あきらめましたぁ~ (^^:











タグ:
by nakajimaakira1948 | 2010-07-10 12:49 | 50mmF2 Summicron DR | Trackback | Comments(24)

DRズミクロンで 妙見山へ

2010年4月3日(土)

ひさしぶりに豊中は 朝から良いお天気でした。
このところ どこへも連れて行ってもらってないコムギは わたしの周りから離れません。

わたしも G1に付いていた Lumix G Vario 14-45mm というキットレンズを使ってみたかったので
コムギを連れて散歩に出かけました。

G1レンズキットは滅茶苦茶軽いので、DRズミクロン50mmも ポケットに入れて (^^)

えへへ、着いたのは 妙見山で~す

写真は 撮った順番に並べております




1
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_22462338.jpg

運転席

阪急電車の川西能勢口駅で能勢電鉄に乗り換えます。
いちばん前の席が空いていました、ラッキー ♪

運転席で~す




2
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_22511381.jpg

かめたに さん

はいっ、能勢電の妙見口駅まえの料理旅館です。
ここのショウウインドウは 裏もガラス貼りで 裏の景色が見えます。

青空だったのに なんか怪しげな天気になってきました




3
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_22591152.jpg

山小屋

ケーブルに乗らずに 歩いて山頂をめざします。
コムギは重いから下ろして リードを付けて歩かせます (^^)

歩きはじめてしばらく行くと いつも撮る山小屋があります。
うまい具合に おねぃさんが2人むこうから来ます。

おねぃさんに気をとられて 左下がりになりましたぁ
山道なので判りにくいですが、奥の鳥居をみると判りますね




4
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_2327115.jpg

修復記念

登山道のわきにある祠(ほこら)へ上がる急階段です
いつも下から見て 「うわぁ、こりゃアカン」 です
きょうも当然パスです




5
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_2391626.jpg

遅いなぁ~

運動不足なので きょうもバテました。
人がいなくなった所でリードを外しますと コムギはトコトコと先に登って行きます。

「お~い、コムギ ちょっと待ってくれー」
「遅いなぁ~」




6
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_2316461.jpg

きつね と たぬき

きつね と たぬき がおりました

歩いているときは きつねを見つける余裕はありません
これは 一休みしているときに見つけました (^^:




7
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_23185211.jpg

大菩薩霊場

はいっ、やっと山頂に着きました

山頂は 大菩薩霊場 能勢妙見山 と呼ばれておりまして、お寺です。

えへへ、写真の雰囲気が変わったでしょ
ここから DR ズミクロン 50mmF2 です。
レンズを換えた1枚目で、絞りは開放F2です。




8
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_23491136.jpg

山上バス停

バス停の標識が 曲がって立っています
わたしの写真が左下がりで曲がっているのではありません

運行表をみると、平日は 10時20分と15時20分の2本だけで
土、日曜と祝日は 運行なし ・・・ なにか間違っているような気がします




9
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_23592071.jpg

妙見リフト

コムギは リフトが嫌いです。
ガタガタ振動するし キーキー音がするし
それでバッグから出よう出ようとするのですが、わたしは出ないように抑えつけます。

それで左手は使えないのに、MFで どうやってピントを合わせたのでしょう?
わはは、コムギ入りバッグを身体の前に回して あごでコムギが出ないように抑えて
両手を使って まえの36番の背もたれにピント合わせです。




10
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_0155138.jpg

妙見ケーブル

ケーブルカーが ないやんか?

ズミクロンは G1では35mm判換算で100mmになります。
ケーブルの改札が始まって 一番にプラットフォームに行ったんですが
レンズが長すぎて ケーブルカー全部は入りません。

あれやこれやしている間に、
つぎ来たひとに一番まえの席は取られるわ 写真はケーブルカー無しやわ (涙)




11
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_0275355.jpg

妙見口 → 山下

逆光気味で フレアーが出るかなぁと思ったら いっぱい出ました。
でも コムギも写って まあええか




12
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_0364883.jpg

車中にて

う~ん、また逆光です
むかしのレンズは 斜め逆光には弱いので~す

きれいなおねぃさんにピントが来ているので 良しとしましょう

山下駅に向かう車中にて




13
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_0422631.jpg

桜塚商店街

最寄駅の岡町駅で下車 桜塚商店街を通って帰りました。

朝9時半に家を出て 16時半をまわっています。
途中サンドウィッチとコーヒーだけ、わんこを連れているとレストランとかに入れてもらえません (涙)

腹へったー




14
DRズミクロンで 妙見山へ_b0069128_043592.jpg

アンパンマン

アーケードを抜けたところにある こども服屋さんです。
ピントは水色のアンパンマンのシャツに合わせました。

バックの服のボケが ズミクロンらしいでボケ具合ですね (^^)



**************************************
  撮影データー
■ 2010年4月3日撮影
■ 1枚目~ 6枚目: G1 + G Vario 14-45mm 
■ プログラムオート  
■ 7枚目~14枚目: G1 + DR Summicron 50mm F2
  7枚目は絞り開放、8~14枚目は絞りF2.8
■ ISO: オート
■ WB: オート
■ 露出補正: すべて -1/3EV

**************************************











タグ:
by nakajimaakira1948 | 2010-04-03 22:36 | 50mmF2 Summicron DR | Trackback | Comments(40)

G1 と DRズミクロン

2010年3月20日(土)

EVFのファインダーが見えにくくて 昔のFZ10とあまり変わらないと思って購入を見合わせていたPanasonicのG1ですが
オリムパスがE-P1、E-P2、E-PL1と矢継ぎ早やに コンパクト型のものを出して、Panasonicも GH1、GF-1 と後続機を出して
マイクロ・フォーサーズ最初のG1のレンズキットは、今では コンパクト・デジカメよりも安くなりました。

ええい、ライツレンズ用の一眼カメラとして G1をポチっとやりました。


ところで、わたしの持っているライツ(ライカ社と名前を変えるまえの社名)のレンズは
ズミタール50mmF2
ズミクロン50mmF2 (DR、M型)
ズマロン35mmF3.5

ロシア製レンズも 安物カメラを買うたんびに増えて
ユピテール(ジュピター)8 50mmF2
インダスタール26 50mmF2.8
インダスタール61 55mmF2.8

おっと、日本製もありました
キヤノン 50mmF1.8 (キヤノンP付属)
コシナ製のVoigtländer スーパーワイド・ヘリアー 15mmF4.5
やはり コシナ製Voigtländerの カラー・スコパー 35mmF2.5 Classic



G1は安くなりましたが、アダプターは高いです。
松下さん純正のアダプターを2つ買ったら G1レンズキットよりも高い ・・・ そんなアホなぁ~

そんなことで 安いアダプター屋さんを探していたら
ありましたぁ~、Discover Photo という群馬県のお店が (^^)
注文は電話かメールでと 書いてありますので メールをしたら直ぐ返事が来て購入

あとは G1レンズキットを買うだけ。
これは簡単でした、でも赤や青ボディしかないお店が多くて
ブラックを置いてたお店は最安値ではなかったけれど まあ十分安かったです。

アダプターは昨夜、G1は今朝 届きました。
女房には 受け取るのをしっかりと見られて 「値段のタグ、付けといてね~」 と言われました。




1
G1 と DRズミクロン_b0069128_18332687.jpg

G1 + DRズミクロン 50mmF2

この組み合わせがやりたくて アダプターとG1を買ったのでした (^^)

Leitz のレンズの中を覗いて 写真を撮る、元々のライカでは出来ない芸当です。
ミラーが無いので ペンタプリズムを通して見るのではなく、CCDを通して見ていますが。

レンズがメチャ重たくて G1の軽量ボディが前に倒れます。
レンズキャップを下にかませて 倒れないようにして撮っています。

■ D700 + Micro Nikkor 60mm F2.8D




2
G1 と DRズミクロン_b0069128_18511095.jpg

DRズミクロン

DRズミクロンをデジタルで初めて使いました。

見にくいEVFでなく 裏面モニターで撮りました。
どこかにピントは合うだろうという構図で~す (汗)

絞りは F4です
実際より わずかに彩度が低く写っているようですが これがズミクロンの味ですね

■ G1 + DR Summicron 50mm F2




3
G1 と DRズミクロン_b0069128_192335.jpg

DR

DRって、Dual Range (2段レンジ)の意味で DRズミクロンは 最短撮影距離を切り変えれるんです。

1枚目の写真で、レンズ鏡胴の上の 板みたいなものが見えますが
ライカM3で使うときには、板に眼鏡を差込みますと 通常1メートルまでの最短撮影距離が48cmまで寄れて
二重像合致式距離計も それに応じて48cmまで作動する仕掛けなんです。

この写真では その近接撮影で撮っています

■ G1 + DR Summicron 50mm F2 近接撮影




4
G1 と DRズミクロン_b0069128_20533932.jpg

動くものの撮影

動くものにピントを合わせようとしても、EVFでも背面モニターでも 画面が落ち着くまでに時間がかかり
自信を持ってピント合わせをしたという気持ちになれません (涙)

FZ10のときもそうでしたが、撮っているときの画像と 撮り終ってモニターで見る画像が異なります。
実際に写っている画像のほうが ずっと良いです。

このコムギは ファインダーのEVFを使って撮りましたが
微妙に動くコムギに MFでピントを合わせるのは困難です。
ピントはどこにも合っていないようです (涙)

■ G1 + DR Summicron 50mm F2




5
G1 と DRズミクロン_b0069128_1835819.jpg

G1 + ズマロン35mmF3.5

これは L39(スクリューマウント)の ズマロン35mmF3.5です。

絞りを合わせてから距離を合わせないと 絞り指標も距離リングと一緒に回ってしまいます。

そのむかし、銀塩時代にはシャープだという評判で Mマウントでも同じ構成で生き続けました。
わたしも 小型軽量で良いレンズだと思いましたが ・・・

■ D700 + Micro Nikkor 60mm F2.8D




6
G1 と DRズミクロン_b0069128_2171843.jpg

ズマロンコムギ

これもピンボケですが 手前の木にピントが合っている感じです

一生懸命EVFでピントを合わせたのにぃ

■ G1 + Summaron 35mm F3.5




7
G1 と DRズミクロン_b0069128_21215890.jpg

ズマロン無限遠

絞りF5.6で 無限遠で撮りました。

その結果 「さっぱり」です、「さっぱり アカン」です。

■ G1 + Summaron 35mm F3.5




8
G1 と DRズミクロン_b0069128_21314139.jpg

Color-Skopar 35mmF2.5

コシナ製 Voigtländerの、カラー・スコパー35mmF2.5です。
10年ほどまえに出た新しいレンズですので 2枚目のDRズミクロン50mmよりも発色が鮮やかです。

しかし、やはりピンボケですね

■ G1 + Voigtländer Color-Skopar 35mm F2.5




9
G1 と DRズミクロン_b0069128_21462482.jpg

スコパーコムギ

う~む、これも手前の椅子の手すりにピントが合ってます。
なんででしょう?

コムギは MFではピントが合わないのでしょうか (涙)

■ G1 + Voigtländer Color-Skopar 35mm F2.5




10
G1 と DRズミクロン_b0069128_1840639.jpg

G1 と D700

こんな巨大なカメラを持って歩いてるのかと思うと イヤになります (^^:

■ D70 + DX Nikkor 18-70mm F3.5-4.5
■ Speed Light ON 



*****************************************************************
■ 2010年3月20日(土) 撮影
■ Camera: Nikon D70、D700 & Panasonic Lumix G1
■ Lenses: Micro 60mmF2.8D、DX 18-70mmF3.5-4.5G、DR Summicron 50mmF2
   Summaron 35mmF3.5、Voigtländer Color-Skopar 35mm F2.5

*****************************************************************

1年半ぐらい前に こんな記事が書けたら良かったのでしょうが
その頃は G1がまだ高くて、ライカMレンズ用アダプターも高くて 買えなかったのでした (^^:




3月22日 追記)

純さん、ascesis さん から、「MFアシスト出来るやろ」 「出来る、取説を良く読まんかい」 とのコメントをいただき
早速、取扱い説明書を熟読し ファームアップもしてみました。

アダプターを付けていても ファインダーの狙った部分を5倍や10倍にする 「MFアシスト」が出来ました ♪♪♪
う~ん、ピントがばっちりになりました

すまん G1
すまん 松下さん
取扱説明書をちゃんと読まずに ボロクソに言うて~ m(_ _;)m

うれしくて DRズミクロンを付けたG1を首からぶら下げて コムギを連れて近くの服部緑地で試し撮りで~す。



おまけ-1
G1 と DRズミクロン_b0069128_1424439.jpg

拡大してピント合わせのコムギ

だいぶ良くなったでしょ
F2でちょっと甘いですが とにかく眼にピントが来ました ♪

どの部分を拡大したいかで エリアを ← ↑ ↓ → キーで 動かし、Menuボタンを押すと エリアが5倍に拡大されて
前リングを右に回すと 5倍が10倍になります。
これは はじめから出来たんですが、10秒間だけエリアが拡大されて 元の視野に戻ってしまいました。
ファームアップで シャッターを切るまでは 他の操作をするまでは拡大が続きます。

■ G1 + DR Summicron 50mm F2
■ 絞り開放 F2




おまけ-2
G1 と DRズミクロン_b0069128_14243170.jpg

服部霊園コムギ

おまけ-1 では、背面モニターで拡大して撮ってました。
屋外では、背面モニターが鏡のように反射して ぜんぜん見えませんので EVFで見てみますと
これがバッチリ良く見えます ← 視度補正してるも~ん

どうです、構図はアカンけんど 良くピントが来てるでしょ (^^)
うれぴー

■ G1 + DR Summicron 50mm F2
■ 絞り F2.8




おまけ-3
G1 と DRズミクロン_b0069128_14245751.jpg

おうまさん

余勢を駆って、おうまさんのおメメにピントを合わせてみました
おねぃさんを狙ったのではありませんよ

■ G1 + DR Summicron 50mm F2
■ 絞り F2.8











by nakajimaakira1948 | 2010-03-20 22:33 | 50mmF2 Summicron DR | Trackback | Comments(51)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30